検索 - みる会図書館

検索対象: うたかたの花

うたかたの花から 397件ヒットしました。

うたかたの花


う た か た の 花 目 次

うたかたの花


散 る 花 は た だ ひ た す ら に 待 ち 侘 し 心 知 ら ず や う た か た の 花

うたかたの花


う た か た の 花 小 浜 清 子 La お ん 〃 方 ア み み ど ん り 。 。 ん 0 〃 盟

うたかたの花


っ た 。 「 早 春 の 花 」 と ど こ か に 書 い て あ っ た の で 、 ま だ あ る か と 期 待 し て い た の だ が 、 今 日 は 四 月 十 日 す ぎ な の で 、 す で に 「 早 春 、 で は な い と い う こ と か 。 い ず れ に し て も 、 ミ モ ザ 探 し を 続 け よ う 。 私 に と っ て は 、 青 春 の 花 な の だ か ら 。 い つ の 日 か ミ モ ザ の 花 咲 く パ リ を 訪 れ て み た い と 切 に 願 う ば か り だ っ た 。 リ で は あ ち こ ち に 八 重 桜 が 咲 い て い る 。 今 年 は 旅 行 中 の た ミ モ ザ の 花 探 し は 幻 に 終 わ っ た が 、 パ め 、 「 花 見 ー は ム リ と 諦 め て い た の に 、 こ れ は 意 外 だ っ た 。 マ ロ ニ エ の 白 い 花 も 見 た 。 花 の パ リ 八 重 桜 咲 く 四 月 な り ミ モ ザ な け れ ど 春 に 会 ひ け り

うたかたの花


降 る 雨 は い か な 言 の 葉 秘 す べ け む エ ジ プ ト の 碑 は 解 け に け る ら し 散 る 花 は た だ ひ た す ら に 待 ち 侘 し 心 知 ら ず や う た か た の 花 つ ご も り と 知 り て 又 見 る 暦 か な な す こ と も な き 明 け 暮 れ な れ ど ろ 96

うたかたの花


て い く 。 そ れ を 繰 り 返 す と 、 何 か が 心 に 残 り 、 定 着 す る 。 そ れ が 「 作 品 」 と し て 結 実 す る 。 多 分 芸 術 家 は こ の よ う に し て 、 作 品 を 作 る の だ ろ う 。 未 熟 な 私 で は あ る が 、 作 家 の 作 品 の 制 作 過 程 を 知 っ た よ う な 気 が し た 。 ミ モ サ の 花 四 十 年 以 上 前 に フ ラ ン ス 語 を 習 い 始 め た こ ろ 、 フ ラ ン ス 人 の 先 生 が 貸 し て く れ た 絵 本 の 中 に 、 黄 色 い ミ モ ザ の 花 が 満 開 の 場 面 が あ っ た 。 そ の 時 初 め て 、 フ ラ ン ス で は 春 に ミ モ ザ の 花 が 咲 く こ と を 知 っ た 。 あ る 料 理 番 組 で は フ ラ ン ス 帰 り の 歌 手 が 、 「 フ ラ ン ス 人 は 春 に は 『 ミ モ ザ サ ラ ダ 』 を 作 り ま す 」 な ど と 言 っ て 、 卵 の 黄 身 を 使 っ た サ ラ ダ を 紹 介 し て い た 。 以 来 春 に な る た び に 、 フ ラ ン ス で ミ モ ザ の 花 を 見 た い と い う 思 い が あ っ た が 、 フ ラ ン ス を 訪 れ る 機 会 は あ っ て も 、 な か な か 「 春 ー で は な か っ た 。 今 回 、 「 イ タ リ ア プ ラ ス パ リ 」 ツ ア ー を 申 し 込 ん だ の も 、 そ ん な 思 い か ら だ っ た 。 ま ず イ タ リ ア の フ ィ レ ン ツ ェ の 花 屋 で 聞 い て み た 。 以 前 見 た 映 画 で は 、 イ タ リ ア で は 一 月 ご ろ 咲 く よ う だ 。 案 の 定 、 「 ミ モ ザ な し 」 と そ っ け な い 。 花 屋 を 出 て 通 り を ぶ ら っ く と 、 野 外 の レ ス ト ラ 訪 ン の 鉢 植 え に は 、 黄 色 い 花 が 多 い 。 ミ モ ザ で は な い ら し い が 、 正 確 な 名 前 は 店 の 人 も 知 ら な か っ 再 た 。 そ の 後 注 意 し て 見 る と 、 フ ィ レ ン ツ ェ か ら ヴ ェ ネ ッ ィ ア へ 向 か う バ ス の 車 窓 か ら 、 黄 色 い 花 が ロ 目 立 つ よ う に 感 じ ら れ た 。 日 本 の 春 は 、 桜 色 、 淡 い ピ ン ク 色 が 好 ま れ る が 、 イ タ リ ア は 黄 色 い 花 が 多 い よ う だ 。 パ リ の 花 屋 で も ミ モ ザ の 花 を 探 し て み た 。 「 ミ モ ザ は 冬 の 花 よ 。 一 月 か 二 月 に 咲 く の よ 」 。 意 外 だ 507

うたかたの花


振 り 返 り 鳴 か ず 飛 ば ず の 人 生 と 一 口 に か 言 は む 房 総 の 村 時 は た だ 止 ま り た る な り ポ ン ペ イ の 遺 跡 の 上 に 青 き 花 咲 く か の 阿 修 羅 そ の 巷 と も 思 ほ え ず 海 に 漂 ふ 島 原 の 影 ち ま た 自 選 和 歌 集 ろ 99

うたかたの花


( 展 望 台 ) 。 タ ワ 1 ホ テ ル 泊 。 奈 良 も 今 日 が 最 後 。 朝 宅 急 便 で パ ン フ な ど 資 料 を 自 宅 へ 送 る ( 一 一 一 六 〇 円 ) 。 こ れ で 、 手 荷 物 は 黒 の 大 袋 の み 。 着 替 え ( 一 回 分 ) と 靴 し か 入 っ て い な い の に 、 重 い 。 こ れ 以 上 は ム リ 。 国 内 旅 行 は 、 最 近 は 初 め て だ が 、 一 人 で 荷 物 を 移 動 す る の は 厄 介 。 海 外 の パ ッ ク ツ ア ー の 方 が や り や す い 奈 良 か ら 吉 野 へ は 、 二 回 乗 り 換 え ( 西 大 寺 、 橿 原 神 宮 前 駅 ) が あ り 、 往 復 四 時 間 近 く か か る 。 奈 良 の 駅 の ホ 1 ム は 分 か り に く い 。 何 度 も 人 に 聞 い て 、 や っ と 乗 り 込 ん だ 。 七 時 半 奈 良 駅 を 出 て 、 吉 野 に 着 い た の は 九 時 半 ご ろ 。 ケ ー プ ル カ ー が あ る 。 中 腹 ま で 登 り 、 ト ン ポ 返 り で 下 山 。 奈 良 へ 戻 る 。 き ん ぶ せ ん じ 吉 野 は 西 行 や 吉 野 朝 廷 ( 南 朝 ) ゆ か り の 土 地 で あ る 。 奈 良 時 代 に 建 て ら れ た 寺 ( 金 峰 山 寺 ) も あ り 、 霊 場 だ っ た よ う だ 。 西 行 の 庵 の 跡 が 残 っ て い る ら し い が 、 そ こ ま で 行 か ず 。 吉 野 山 を 見 た だ け で 、 満 足 。 「 吉 野 山 や が て い で じ と 思 ふ 身 を 花 散 り な ば と 人 思 ふ ら ん 「 願 は く ば 花 の も と に て わ れ 死 な ん そ の き さ ら ぎ の 望 月 の こ ろ 」 。 西 行 の 歌 が 思 い 出 さ れ る 。 今 年 は 特 に 花 の 咲 く の が 早 く 、 十 日 も 前 に 桜 の 季 節 は 終 わ っ て い た が 、 遅 咲 き の 桜 が 二 、 三 本 残 っ て い た 。 「 花 は 盛 り に 、 春 月 は く ま な き を の み 見 る も の か は 」 と は 『 徒 然 草 』 の 言 葉 で あ る 。 多 分 桜 の こ ろ は 、 ホ テ ル 代 も 高 の 乗 り 物 も 混 雑 し て い る こ と だ ろ う 。 連 休 ( 五 月 初 め ) の 前 な の で 、 今 は ま だ 静 か に 吉 野 山 が 見 峨 ら れ る 。 吉 野 の 名 所 め ぐ り の バ ス も あ る が 、 二 時 間 以 上 か か る の で 、 や め た 。 結 局 ケ ー プ ル で 、 中 腹 ま で 上 が り 降 り し た だ け で 、 電 車 に 乗 り 、 奈 良 へ 戻 っ た 。 特 急 に 乗 り 込 む と 、 車 両 に は 誰 も い な ( 指 定 席 ) 。 貸 し 切 り の よ う な 気 分 で あ る 。 吉 野 は 平 安 の 昔 か ら 花 の 名 所 と し て 有 名 ら し い が 、 ろ 71

うたかたの花


目 の 届 く 限 り 連 な る 長 城 は 三 千 年 の 歴 史 も つ な り 常 緑 樹 が 多 い せ い か 、 青 々 と し た 山 々 は 秋 を 感 じ さ せ な い 。 ふ と 「 紅 葉 は 二 月 の 花 よ り も 紅 な り ー と い う 漢 詩 の 一 節 を 思 い 出 し た 。 ど の 辺 の 光 景 で あ ろ う か 。 そ の 後 各 地 を 歩 い た が 、 中 国 の 秋 は 緑 が 多 い と い う 印 象 を も っ た 。 ヴ ェ ル サ イ ユ 宮 殿 に 行 く 道 や シ ャ ン ゼ リ ゼ を 埋 め 尽 く す 黄 色 の 秋 景 色 に は 出 会 う こ と は な か っ た 。 紅 葉 を 見 た の は 、 最 後 の 地 、 上 海 の 名 園 ・ 豫 園 で あ っ た 。 燃 え る よ う な 紅 葉 が 曇 り 空 を 背 景 に く つ き り と 浮 か び 上 が っ て い た 。 や は り 「 紅 葉 は 二 月 の 花 よ り も 紅 な り ー は 本 当 だ っ た の だ 。 他 の 所 で も 時 々 「 黄 色 の 秋 ー を 見 た が 、 フ ラ ン ス の よ う に 「 黄 色 一 色 ー に 染 ま っ た 秋 で は な い 。 や は り 中 国 の 風 景 は フ ラ ン ス と は 違 う 。 水 墨 画 、 山 水 画 の 世 界 に 代 表 さ れ る よ う に 、 独 特 の 色 合 い の よ う だ 。 リ コ ウ 漓 江 下 り の パ パ ラ ッ チ ( 物 売 り ) 西 安 か ら 桂 林 へ 飛 行 機 で 行 き ( 一 時 間 四 十 分 ) 、 桂 林 で 漓 江 下 り の 遊 覧 船 に 乗 っ た 。 夜 来 の 雨 で 川 の 水 は 濁 っ て い た 。 九 時 頃 乗 船 し 、 十 二 時 半 ご ろ 下 船 と 聞 い て い た が 、 十 時 半 ご ろ 昼 食 が 運 ば る 。 ろ う 8

うたかたの花


る 思 い が し た が 、 そ れ で も な ん と か 自 分 の 理 解 し た 「 フ ラ ン ス 文 化 ー の ほ ん の 一 部 で も 自 分 の 言 葉 で 表 現 し 、 活 字 に し 、 出 版 の 機 会 を 得 た い と 願 っ た 。 出 版 の 話 は 、 旅 行 の 前 に 浮 上 し て き た が 、 本 決 ま り と は い え な か っ た 。 版 権 だ け は 、 出 版 社 が 押 さ え た よ う だ が 、 私 は 無 名 の 新 人 で あ り 、 翻 訳 、 出 版 の 話 は 我 な が ら 半 信 半 疑 だ っ た の だ 。 し か し 、 翻 訳 、 出 版 の 話 は 私 を 浮 き 立 た せ た 。 そ れ は 学 生 時 代 か ら の 夢 だ っ た 。 大 学 で フ ラ ン ス 語 を 専 攻 し た の も 、 文 学 に 関 心 が あ っ た か ら だ し 、 自 分 だ っ て 何 か 書 け る か も し れ な い と い う ひ そ か な 野 心 も あ っ た 。 長 い 長 い 不 幸 な 生 活 の 闇 の 中 で 、 私 の 追 い 求 め た た っ た 一 つ の 夢 だ っ た の だ 。 今 回 、 フ ラ ン ス 旅 行 を 決 意 し た の も 、 こ の 出 版 の 見 込 み が あ っ た か ら だ し 、 翻 訳 に 際 し て 地 理 的 歴 史 的 背 景 を 知 り た い と い う 切 実 な 願 い が あ っ た か ら だ っ た 。 私 に と っ て は 、 す べ て が 「 翻 訳 」 と 結 び つ い て い た 。 も ち ろ ん 、 私 は ツ ア ー の 添 乗 員 に も 仲 間 に も そ ん な こ と は 一 切 打 ち 明 け な か っ た が 、 や は り 私 の 言 動 は ほ か の 人 た ち と は 少 し 違 っ て い た か も し れ な い 。 互 い に 違 和 感 が あ っ た こ と は 否 め な い 。 だ が 、 旅 の 間 中 、 出 版 の 希 望 は い つ も 私 の 心 の 中 に 躍 っ て い た 。 そ の 晩 は ニ 1 ス に 泊 ま り 、 早 朝 「 朝 市 ー に 出 か け た 。 野 菜 、 果 物 を は じ め 、 い ろ い ろ な 食 品 が 並 べ ら れ て い た 。 鉢 植 え の 花 も 何 種 類 も あ っ た が 、 そ れ ほ ど 珍 し い も の は 見 当 た ら な か っ た 。 花 は ア フ リ カ 原 産 の も の が 多 い ら し い が 、 近 年 日 本 で は 普 通 の 花 屋 で さ え 、 カ タ カ ナ の 名 前 の 花 が 所 狭 し と 並 ん で い る せ い も あ る 。 あ る 店 の 前 が オ ー プ ン カ フ ェ に な っ て い て 、 そ こ の テ ー プ ル の 上 の ペ 1 ー ク ロ ス が 目 に 止 ま っ た 。 ガ ス 灯 、 鉢 植 え の 花 、 カ フ ェ の 様 子 が 描 か れ て い る 。 店 主 ら し い 人 に 値 段 を 聞 く と 、 「 よ か っ た ら 、 も っ て い っ て い い よ 」 と 言 う 。 私 は 礼 を 言 っ て 、 そ れ を 大 事 に か か