検索 - みる会図書館

検索対象: ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達から 60件ヒットしました。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


毛 糸 の 花 束 を あ な た に 。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


そ し て 家 に 入 っ た お 母 さ ん は 台 所 の い す で 新 聞 を 読 す る と 、 ま た レ バ ー ト が 、 し ゃ べ り だ し た 。 「 今 か ら 私 の 友 だ ち を 紹 介 す る 。 ハ チ の ピ ー ク だ 。 み な が ら 。 ハ ン ラ ケ ッ ト を 食 べ て い た 。 お ば あ ち ゃ ん は 、 よ だ れ を た ら し な が ら ね て い る 。 そ ん な こ う け い を 見 「 ピ ー ク ? 」 と 、 ま た 質 問 声 で 一 言 っ た 。 「 こ い つ は 、 う る さ い が 、 も し 気 に 入 っ た ら 言 っ て て ほ く は ヘ 屋 に 入 っ て い っ た 。 そ し た ら 十 四 の め が ね と ぼ う し を つ け 、 む ら さ き 色 く れ 。 し つ こ か っ た ら 次 へ い く ぞ 。 」 の ス ー ツ を 着 た ね ず み が 、 立 っ て い た 。 そ し た ら い き レ バ ー ト が そ う い う と 、 ピ ー ク が し ゃ べ り だ し た 。 な リ 、 し ゃ べ り は じ め た 。 ぼ く は そ の こ う け い を 見 て 、 す ご い 早 さ で 、 「 ぼ く の 名 前 は 、 ピ ー ク 。 と っ て も 元 気 だ ぜ 。 そ れ そ ろ そ ろ ぼ く は 長 く な い と 、 感 じ た が ぼ く は 生 き て い る 。 し か も ま だ 、 一 〇 さ い だ 。 ぼ く は 意 し き を は っ き で も い や っ て い う な ら お や す く し と く ぜ 。 兄 ち ゃ ん ど う す る ? り さ せ 立 ち 直 し た 。 そ し て ね ず み が ぼ く は そ の ピ ー ク を あ き れ た 目 で 見 て い る と 、 レ 「 わ た し の 名 前 は 、 レ バ ー ト ・ ボ ッ カ だ 。 君 の 学 校 ー ト は そ れ を 判 断 し た の か 、 生 活 を 見 せ て も ら っ た よ 。 「 え ? 「 次 。 と 、 言 っ て レ バ ー ト は 動 き 出 し 、 ぼ く も レ バ ー ト の 「 は っ き り 言 っ て 君 の 生 活 は 、 い い と は 言 え な い 。 背 後 に そ っ て 歩 き だ し た 。 そ し た ら ピ ー ク が 、 あ わ て な の で 、 よ く し て あ げ よ う 。 」 声 で 、 「 ど う い う 意 味 ? 「 お 、 お い ち ょ っ と ま て よ 。 お れ と 友 だ ち に な っ た 「 と に か く つ い て き た ら 、 分 か る ら ク ー ル に な っ て モ テ モ テ に な っ ち ゃ う ぜ 。 し 、 し か そ し て 、 ぼ く は 、 わ け も 分 か ら ず そ の ね ず み の 背 後 も い つ で も バ ラ い ろ の 生 活 を 送 れ る ぜ ! 」 を つ き な が ら つ い て 行 っ た 。 そ し た ら 、 そ こ ら に 広 が と い い な が ら 声 が 小 さ く な っ て い っ た 。 る 広 が る お 花 畑 に つ い た 。 そ し て レ バ ー ト が ポ ケ ッ ト 次 は 、 小 さ な 池 が あ リ ま し た 。 そ し た ら 今 度 は 、 レ ー ト が 、 ポ ケ ッ ト を あ さ ぐ り 、 エ サ を 取 り 出 し ま し か ら と て も ち い さ な 笛 を 取 り 口 に つ け 吹 き 出 し た 。 「 ピ イ た す る と 、 十 四 の 子 ど も バ チ が 、 こ ち ら に 飛 ん で き た 。 す る と あ わ が う き 上 が り 青 い 魚 が 出 て き て 、 4

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


や 弟 は 酒 に よ っ て 体 を 壊 し 入 院 し 、 退 院 後 1 カ 月 の 飲 酒 ・ 食 事 制 始 め て 止 む る こ と の 善 た る を 覚 り こ ん ち ょ う や 限 を 言 い 渡 さ れ た に も か か わ ら ず 、 1 カ 月 後 は 飲 め る 、 以 前 よ り も 今 朝 真 に 止 め た り や こ れ 量 を 減 ら せ ば い い の だ ろ う と 解 釈 し 、 根 本 的 な 反 省 に は 至 っ て い な 此 よ り 一 た び 止 め 去 っ て ま さ ふ そ う ほ と り と ど 将 に 扶 桑 の 挨 に 止 ま ら ん と す せ い が ん し ゆ く よ - っ と ど 私 も 弟 が 入 院 し て い る 間 、 自 ら の 生 活 態 度 を 反 省 し 、 こ う な 淸 顏 宿 容 を 止 む る こ と な ん た だ せ ん ま ん し れ ば 弟 の 禁 酒 に つ き あ い 、 酒 を 飲 む こ と は こ れ か ら 控 え よ う と 奚 ぞ 止 千 万 祀 の み な ら ん や 思 っ た こ と も あ っ た 。 私 の 誓 い は 弟 が 退 院 し て 三 日 目 に あ っ さ り う ん さ ん む し よ う 雲 散 霧 消 し た 。 以 下 、 ざ っ く り 現 代 語 訳 。 と う え ん め い さ け を や む 東 晋 の 詩 人 陶 淵 明 に は 止 酒 と 題 す る 詩 が あ る 。 ボ ク 街 で 働 く の 嫌 だ か ら さ 、 ひ き ニ ー ト や っ て ん だ よ ね 。 ご ち そ う は 家 で 作 る 野 菜 だ け 、 楽 し み は 子 供 と 遊 ん で や る だ け な ん だ け じ よ う ゆ う や ど や 居 は 城 邑 に 次 る を 止 め ど 最 高 に 楽 し い わ 。 し よ う よ う お の ず か か ん し 逍 遥 し て 自 ら 閑 止 す た だ 酒 だ け は や つ ば や め ら ん な い ん だ よ ね 。 夜 は 飲 ま な い と 寝 ざ 坐 す る は 高 蔭 の 下 の み に 止 め れ な い し 、 朝 も 飲 ま な い と 布 団 出 れ な い し 。 い や 、 や め よ う と は 思 っ と ど ひ つ も ん う ち 歩 む は 篳 門 の 裏 の み に 止 む て ん だ け ど 体 調 悪 く な る ん だ よ ね 。 て 言 う か さ 、 酒 や め た ら 楽 し く よ た え ん き 好 き 味 は 止 だ 園 葵 の み な い で し ょ ? や め た ら 良 い 事 あ る っ て 言 わ れ て も 、 ホ ン ト か ど う よ ろ こ た ち し 大 い な る 歡 び は 止 だ 稚 子 の み か 分 か ん な い し 。 や 平 生 酒 を 止 め ず だ け ど 、 今 朝 思 い き っ て ス パ ッ と 酒 や め る こ と に し た 。 こ れ で こ こ ろ や 酒 を 止 め な ば 情 に 喜 び 無 し 仙 人 の 世 界 行 け て 、 超 イ ケ メ ン に な っ て 、 千 万 年 以 上 長 生 き 確 定 だ や わ 。 暮 れ に 止 む れ ば 安 ら か に 寝 ね ら れ ず あ し た や た あ た と う え ん め い 晨 に 止 む れ ば 起 っ 能 わ ず 陶 淵 明 、 や め る 気 ゼ ロ で あ る 。 こ の 陶 淵 明 と い う 人 は 、 「 帰 り な じ こ れ や き き よ ら い と - っ げ ん き ょ - っ 日 々 之 を 止 め ん と 欲 す る も ん 、 い ざ 」 か ら 始 ま る 「 帰 去 来 の 辞 」 や 、 理 想 郷 を 指 す 「 桃 源 郷 」 え い え い や お さ と ・ つ か げ ん き 営 衛 は 止 む れ ば 理 ま ら ず の 語 源 と な っ た 「 桃 花 源 記 」 な ど で 有 名 な 中 国 を 代 表 す る 詩 人 で あ た や 徒 だ 知 る 止 む こ と の 楽 し か ら ざ る を る 。 朝 廷 か ら の 招 き を 断 り 隠 遁 し 続 け 、 田 園 の 生 活 を 描 写 し た 詩 文 や お の れ 未 だ 知 ら ず 止 む る こ と の 己 に 利 あ る を を 数 多 く 残 し た 、 世 界 最 強 ク ラ ス の ひ き こ も り ニ ー ト で あ る 。 と ど さ と

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


私 の 文 化 レ ベ ル が あ ま り に も 低 す ぎ て 比 較 に も な ら な い が 、 こ と の な い 大 き な 困 難 に 直 面 し て 戸 惑 っ て い る 、 ご く あ り ふ れ た 人 間 に 過 ぎ な い の が 彼 ら な の だ 。 故 に 、 「 何 者 に も な れ な い 若 者 た ち 」 の 人 、 な ん と な く 他 人 と は 思 え な い 詩 が 多 い と に も か く に も 、 酒 を 良 く す る の も 悪 く す る の も 、 飲 む 人 間 の の 罪 は 、 半 分 は 卓 越 性 の 無 い 彼 ら の 側 に あ る し 、 半 分 は 「 何 者 か に 心 が け に こ そ あ る の で は な い だ ろ う か と 私 は 思 う 。 こ の 文 章 を ご 覧 な ら な け れ ば な ら な い 」 と 要 求 す る 社 会 の 側 に あ る 。 社 会 の 病 理 と に な っ た 皆 さ ん は 、 周 囲 に 迷 惑 を か け た り せ ず 、 健 康 に 気 を つ け て 、 し て よ り 検 討 し な け れ ば な ら な い の は 後 者 だ ろ う 。 「 何 者 か に な ら な け れ ば な ら な い 」 と い う 要 求 は 、 二 重 の 誤 り を 含 楽 し く お 酒 を 飲 ん で い た だ き た く 思 う 。 ん だ 命 題 で あ る 。 一 つ は 、 我 々 は 何 者 か に な る こ と が で き る 、 と い 昔 の 立 派 な 人 た ち も 飲 ん で た ん だ し 。 う ん 。 う 点 で 。 も う 一 つ は 、 何 者 か に な ら な い 限 り 我 々 は 何 者 で も な い 、 と い う 点 で 。 こ の 命 題 は 決 定 的 に 誤 っ て い る 。 我 々 は 人 間 で あ る 、 我 々 は 神 で は な い 、 第 一 の 点 に つ い て 検 討 し て み よ う 。 我 々 は パ ン 屋 に な れ る 。 花 屋 我 々 は 天 使 を 目 指 す で あ ろ う 者 で あ る に な れ る 。 政 治 家 に な れ る 。 学 者 に な れ る 。 芸 術 家 に な れ る 。 会 社 下 園 知 弥 ( 天 使 論 研 究 家 ) 員 に な れ る 。 可 能 性 が あ る と い う 点 に お い て は ー ー 可 能 性 の 大 小 を 問 わ な け れ ば ー ー ー 現 代 人 は あ ら ゆ る 職 業 に 開 か れ て い る 。 職 業 だ け 現 代 に は 様 々 な 「 選 択 の 自 由 」 が 溢 れ て い る 。 千 年 も 昔 、 西 で は な い 。 国 籍 を 変 え る こ と も で き る し 、 容 姿 を 変 え る こ と も で き る し 、 異 な る 性 に な る こ と す ら で き る 。 無 論 限 界 は あ る が 、 現 代 の 洋 史 に お い て 「 暗 黒 の 中 世 」 と 呼 ば れ た 時 代 に は 、 そ の よ う な 自 由 は 存 在 し て い な か っ た 。 か ら し て 、 我 々 の 多 く は 、 選 択 の 自 由 法 制 度 と 科 学 技 術 に お い て は 、 大 体 の モ ノ に 「 な る 」 可 能 性 は 開 か れ て い る 。 こ れ が 我 々 現 代 人 の 勝 ち 得 た 自 由 で あ る 。 こ の 勝 利 自 体 と は 近 代 思 想 の 勝 ち 得 た ト ロ フ ィ ー で あ る と 信 じ て い る 。 だ が 、 こ の 勝 利 が 単 な る 錯 覚 に 過 ぎ な い こ と は 、 僅 か な が ら に 認 め ら れ は 誇 っ て 良 い だ ろ う 。 し か し 、 決 定 的 な 誤 り が こ の 自 由 に 起 因 し て 誘 発 さ れ る 。 そ れ は 、 こ こ で 言 う 「 な る 」 が 我 々 の 性 格 な い し 生 の つ つ あ る 事 実 で あ る 。 現 代 社 会 に は 、 何 者 に も な れ な い 、 何 者 に も な ろ う と し な い 若 在 り 方 を 規 定 す る 意 味 で の 「 な る 」 、 す な わ ち 「 で あ る 」 と 同 義 に 者 た ち が 溢 れ て い る 。 選 択 の 自 由 が あ る の に 、 な ろ う と 思 え ば 何 捉 え ら れ て し ま う と い う 誤 り で あ る 。 あ る 人 間 が パ ン 屋 に な る と い ハ ン 屋 と な っ た か う こ と は 、 彼 が パ ン 屋 で あ る こ と を 意 味 し な い 者 に で も な れ る は ず な の に 、 何 故 彼 ら は 何 者 に も な れ な い の か ら に は 、 彼 は 確 か に パ ン 屋 で あ る 。 そ の よ う に 言 う こ と が で き る 。 或 い は 、 な ろ う と し な い の か 。 彼 ら の 怠 慢 だ ろ う か 私 は 知 っ て い る 。 彼 ら は 決 し て 怠 慢 で は な い 。 勤 勉 だ と も 一 一 一 〔 文 法 上 ・ 論 理 上 の 誤 り は 見 出 さ れ な い 。 し か し 、 誤 解 を 招 か な い よ う に 厳 密 に 言 う な ら ば 、 こ の よ う に 言 う べ き な の で あ る 。 「 彼 は パ か っ て 経 験 し た こ え な い が 、 平 均 的 な 人 間 が そ う で あ る よ う に 、

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


不 良 詩 人 で も あ っ た の で あ る 。 ま さ に ロ ッ ク ー こ の 時 代 に ま だ エ レ キ ギ タ ー が 生 ま れ て い な い こ と が 心 底 悔 や 高 瀬 一 樹 ( 無 職 ) ま れ る 。 非 常 識 ・ ア ン チ モ ラ ル 上 等 な 、 千 年 ほ ど 時 代 を 先 取 り し た ラ イ フ ス タ イ ル で あ っ て も 後 世 に 名 が 残 る の だ か ら 、 さ す が と 言 う 酒 を 飲 め 、 そ れ こ そ 永 遠 の 生 命 だ 、 べ き か 。 羨 ま し い 限 り で あ る 。 し る し ま た 青 春 の 唯 一 の 効 果 だ 。 そ ん な レ オ ナ ル ド ・ ダ ・ ヴ ィ ン チ や 平 賀 源 内 と 同 じ ジ ャ ン ル に 花 と 酒 、 君 も 浮 か れ る 春 の 季 節 に 、 属 す る 彼 が 、 終 生 愛 し て や ま な か っ た 酒 。 何 を 隠 そ う 、 私 も 酒 は 大 ひ と と き た の し め 一 瞬 を 、 そ れ こ そ 真 の 人 生 だ ー 好 き で あ る 。 さ ら に 一 一 一 一 口 え ば 私 の 家 族 は み な 酒 が 好 き で あ る 。 そ し て 酒 で 身 を 持 ち 崩 し か け て い る 。 主 に 健 康 面 で 。 人 生 の 儚 さ を 快 楽 主 義 的 に う た っ た こ の 詩 は 、 十 一 世 紀 セ ル 父 は 家 に 帰 れ ば 必 ず 晩 酌 に 芋 焼 酎 を 飲 み 、 母 も 週 末 に ハ イ ボ ー ジ ュ ー ク 朝 ベ ル シ ャ の 数 学 ・ 天 文 学 者 で あ り 詩 人 、 オ マ ル ・ ハ イ ヤ ー ル や ワ イ ン を 飲 む こ と を 楽 し み と し て い る 。 私 が 知 る 限 り 、 そ う 酷 ム の 詩 集 ル バ イ ヤ ー ト の 一 篇 で あ る 。 い 飲 み 方 を し て い る わ け で は な い の だ が 、 一 一 人 と も 病 院 に 数 年 来 お 彼 は 科 学 者 と し て 二 項 定 理 の 発 見 や 暦 の 改 正 な ど 様 々 な 功 績 を 世 話 に な っ て い て 高 血 圧 の 薬 が 欠 か せ な い し 、 口 癖 は 「 痩 せ な き や 」 こ ん に ち で あ る 。 残 し 、 今 日 で は 特 に 詩 人 と し て そ の 名 が 知 ら れ て い る 。 彼 の 作 品 に は 、 幾 度 と な く 酒 が 登 場 す る 。 イ ス ラ ム 法 で は 一 般 き っ と 酒 や 食 事 の と り 方 を は じ め と し た 生 活 習 慣 の 改 善 が 必 要 に よ く 知 ら れ て い る よ う に 、 そ の 成 立 当 初 か ら 現 代 に い た る ま で 飲 な の だ ろ う 。 酒 は 私 の 両 親 に 新 た な 出 会 い と 交 流 の 場 を 、 さ ら に 生 酒 は 厳 禁 と さ れ て き た 。 そ の た め 当 時 の 神 学 者 達 か ら 彼 は 飲 酒 や 宗 き る 目 標 ま で も 与 え て く れ て い る の だ 。 教 観 に 関 し て 多 く の 批 判 を 受 け た 。 弟 も 酒 が 好 き だ っ た 。 鹿 児 島 で 大 学 生 を し て い た 弟 は 、 今 年 の 彼 は 表 向 き に は 神 学 者 た ち の 主 張 を 容 れ な が ら も 、 神 学 者 た ち 春 に め で た く 卒 業 と な っ て い る 。 し か し 残 念 な が ら 卒 業 式 に は 参 加 の 説 く 教 え へ の 懐 疑 や 批 判 を そ の 詩 の 中 に 残 し て い る 。 彼 の 唯 物 論 で き な か っ た 。 的 な 考 え 方 は 、 正 当 な イ ス ラ ム 教 の 見 解 と は 相 反 す る も の だ っ た 。 卒 業 式 の 数 日 前 に 救 急 車 で 運 ば れ 、 緊 急 入 院 し た の で あ る 。 と セ ル ジ ュ ー ク 朝 の ス ル タ ン に 仕 え 、 イ ス ラ ム 世 界 で は 高 名 な 天 書 く と 、 な に や ら 不 穏 な 感 じ が で て 、 こ の 後 弟 は 死 ん だ 、 と で も 書 才 学 者 と し て 知 ら ぬ 者 は 無 い こ の 知 識 人 は 、 そ の 実 、 真 面 目 な イ ス き た く な っ て し ま う が 決 し て そ う で は な い 。 私 の 気 分 で 弟 を 殺 し て ラ ム 神 学 者 を 何 度 プ チ ギ レ さ せ て も 、 全 く 反 省 の 色 も な く 自 作 の 詩 は い け な い 。 す い で ボ ロ ッ カ ス に こ き お ろ し 、 酒 が 無 い と 生 き て い け な い と の た ま う 弟 は 急 性 膵 炎 で 3 週 間 の 入 院 と な っ た 。 こ の 病 気 の 原 因 は 、 ど だ か ら は 私 は 洒 を 飲 む の だ

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


な い 、 と 一 言 え る ん じ ゃ な い だ ろ う か ふ と ん か ら 一 歩 も 出 な い ま ま 、 が ギ リ リ と 締 め 付 け ら れ る 繊 細 な リ 5 ア 充 ? 」 知 る か ひ と り で ぼ ん や り と 考 え 事 を し て い る み た い だ な と 思 っ た 。 ジ ン で ト リ ッ プ 三 千 世 界 。 自 分 は 万 里 を 駆 け る 。 お 前 は ど う だ 、 駆 け て る か ? ) で を 隠 側 茶 「 よ 縁 お は ち か 節 は 和 の さ 関 べ 夢 平 頃 体 ろ 力 の ら の 球 よ 表 団 頃 が 年 代 、 ち 集 の な 学 術 人 ろ 芸 芸 現 年 し 高 低 っ 後 合 校 ぼ ウ 団 べ 集 、 お 学 向 る 」 ョ 集 か 編 踏 元 小 日 啜 遁 現 団 ・ 舞 ジ 表 集 画 里 ア 現 企 暗 ニ 、 花 は 流 れ て ど こ ど こ 行 く の 。 オ レ と 六 根 清 浄 チ ム チ ム チ ェ リ ー 合 表 」 は 。 マ 総 合 ま 味 形 画 お 前 と 大 五 郎 イ ン 情 欲 の 宴 大 感 謝 祭 。 川 総 し 趣 人 映 「 お ま ん た 囃 子 で わ っ し よ い わ っ し よ い ! 」 「 イ エ ス 、 マ ム ! 」 保 育 園 の お 遊 戯 会 だ か 何 だ か で 、 私 は オ ズ の 魔 法 使 い の 意 地 悪 な 北 面 の 武 士 、 甕 棺 ぶ ち 込 み 大 気 圏 外 へ シ ュ ー ト ! 肺 胞 、 肺 胞 、 魔 女 役 を 演 じ た 。 大 人 た ち は 褒 め そ や し 、 そ の 時 の 快 感 が 忘 れ ら れ め 養 老 霊 費 。 見 え る 。 世 界 の 理 が 見 え る : : : 。 金 づ ち オ リ ン ピ ッ ク は ず 小 学 校 で は 演 劇 部 に 入 っ た 。 を 倒 産 し ま し た 。 は じ け る 潮 の 香 り 、 そ う こ こ は テ キ サ ス 。 モ ン ゴ ル 自 分 で 一 一 一 口 う の も 何 だ が 、 演 劇 部 で は 人 気 者 で あ っ た と 思 う 。 即 興 と こ 人 が び び る び ー 。 平 和 台 球 場 か ら こ ん に ち は 、 三 波 春 夫 が サ ー チ & で お ど け た 芝 居 を し て み せ 滑 稽 を 演 じ な が ら も 、 誰 よ り も 才 能 が あ る デ ス ト ロ イ 。 黙 っ て 人 の 話 を 聞 け ! 爆 発 資 産 ポ ド カ ル プ ス ・ ナ ギ 。 る と 思 っ て い た 。 見 ー へ 時 速 4 で 小 学 校 6 年 生 、 最 後 の 公 演 で の 私 の 役 は マ フ ィ ア の ポ ス で あ っ た 。 「 間 題 で す 太 郎 く ん は 自 宅 か ら 2 離 れ た ス ー カ 向 か い 、 買 い 物 か ご に リ ン ゴ と バ ナ ナ と 大 豆 の 水 煮 を 同 時 に 放 り こ 主 人 公 を 脅 し 、 部 下 を 引 き 連 れ 暴 虐 の 限 り を 尽 く す 。 一 一 百 人 規 模 の ち み な が ら こ の 国 の 未 来 に 思 い を 馳 せ つ つ 家 族 の 健 康 と 幸 せ を 祈 っ て 会 場 に 私 は 心 躍 っ て い た 。 小 学 生 な が ら マ フ ィ ア 映 画 を 観 て 研 究 し 、 い る と 、 突 然 昔 の 彼 女 と の 楽 し か っ た 記 憶 が フ ラ ッ シ ュ バ ッ ク し 胸 凄 味 の あ る 声 の 出 し 方 、 風 格 あ る 立 ち 振 る 舞 い を 練 習 し た 。 高 瀬 一 樹

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


死 神 で す 0 死 神 ・ ・ と な い や し か し ・ 死 神 と は こ ん な 可 愛 ら し い 姿 を し と っ た の か 0 お 迎 え に 上 か り ま し た こ れ で も 死 神 よ 員 方 の 魂 を 奪 い に き た の ー そ う か そ う か と う と う わ し に も お 迎 え が き た の じ ゃ な 本 当 に し い の ね ? 7 お 蔭 で 長 生 き さ せ て も ろ う た わ が 人 生 に 悔 い は 無 し ・ ど う ぞ 魂 を 持 っ て っ て お く れ し 家 族 に 恵 ま れ わ し は い 、 幸 せ じ ゃ っ た ・ 覚 悟 は で き て お る

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


い か が だ っ た だ ろ う か 、 こ れ が 彼 ら の 夢 見 る こ と を 止 め た 時 で あ る 何 と 、 い う 具 体 性 の 無 さ だ ろ う か 大 半 が 夢 見 る こ と を 止 め た 具 体 的 な エ ピ ソ 1 ド で は な く 、 夢 見 る と は 何 な の 、 し 一 し 何 か に 成 り た い 或 い は 成 り た か っ た と い う 願 望 は 彼 ら の 中 に 血 い の か も し れ な い 具 体 的 な 考 え を 持 た ぬ 浅 薄 さ を 自 覚 せ ぬ た め 、 達 観 に 取 り 繕 っ た 卑 屈 で 現 実 を 受 け 入 れ た 振 り を し な が ら 、 、 妬 み と 自 己 嫌 悪 の 中 で 生 き る が 故 僕 た ち は 「 夢 な ど 初 め か ら 無 い 」 と 言 う の だ こ れ を 時 代 が 生 み 出 し た 世 代 だ と 切 り 捨 て て も よ い も の だ ろ う か い 「 ゆ ど り 」 一 は 夢 す ら も 生 み 出 さ な か っ た の か し か し 、 、 彼 ら は こ ~ の 「 「 さ か し ま 」 、 に 作 品 を 書 い た 夢 無 き 所 か ら は 何 も 生 ま れ な い 、 少 な く と も 私 は そ う 思 う 夢 を 挫 折 し た 者 も 言 夢 な ど 無 い と 言 う 者 も い 心 の 奥 底 で は 夢 を 渇 望 し て い る の ・ で は な い か : 渇 望 か ら 行 動 を 起 こ し た も の に 成 果 が 伴 う と は 言 い 緲 い 世 の 中 で あ る が 、 「 さ か し ま 」 へ の 寄 稿 が 夢 の 発 掘 に な り 、 そ し て 読 者 諸 君 の 心 の 琴 線 に 触 れ る ご と を 望 む ば か り で あ る 一 ー ヂ み

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


そ れ は 多 分 悔 い の な い よ う に 生 き る っ て な ん だ よ ! ( 0 ) 魂 か ら や リ た い と 魂 か ら や り た い こ と っ て 思 っ て る こ と を や り 遂 げ る っ て こ と か な ほ ん し ゃ あ ま た 会 い ま し ょ D タ イ 7 た 、 た し 0 よ か っ こ な ん だ ろ う / の か よ お END 57

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 第二号 何者にも成れない或いは成ろうとしない若者達


悪 い け ど 遠 慮 し と く わ あ ん た の 魂 は 未 練 が あ る そ ん な 魂 欲 し く な い の ラ フ あ ん た が 悔 い の な い よ う に 生 き て そ れ で も 死 に た く な っ た と き は 容 赦 な く 魂 奪 っ ち ゃ う か ら D っ ゅ