検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢から 637件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


囲 わ た し だ け こ う も 恋 を す る の だ ろ う か か き つ ば た の よ う に 頬 赤 ら め た あ の 娘 は ど ん な 気 な の だ ろ う 花 に 寄 せ る は な た ち ば な 葉 一 筋 の ま ま で 糸 を わ た し は 搓 る あ の 方 に 花 橘 を 玉 に 通 し て 送 ろ う と 思 っ 萬 て う ぐ い す の 通 う 垣 根 の 卯 の 花 の 憂 い こ と が あ っ て か 君 が 見 え な い 卯 の 花 の よ う な あ だ 花 一 つ 咲 か し た こ と も な い 人 に 恋 い 渡 る こ と か 片 思 い の ま ま で か た お 跖 か き つ は た ↓ 一 三 四 五 。 「 加 吉 都 播 多 」 ( 三 空 l) の 仮 名 書 例 が あ り 、 そ の ハ が 清 音 で あ っ た こ と が 知 ら れ る 。 垂 れ 下 が っ て い る 三 枚 の 外 花 被 片 を ハ タ ( 幡 ) に 見 立

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


は 4 た ち ば な ほ と と ぎ す が 花 橘 の 枝 に と ま っ て 鳴 き と よ も す と 花 は は ら は ら 散 っ て 行 集 仕 様 の な い ば か ほ と と ぎ す だ こ の 今 こ そ 声 も 嗄 れ る ほ ど に 来 鳴 き と よ も 葉 せ ば よ い の に 萬 今 晩 の お ぼ ろ 月 夜 に ほ と と ぎ す が 鳴 い て い る 声 の 音 の 遥 け さ よ う は な づ き ょ 3 さ っ き や ま 五 月 山 の 卯 の 花 月 夜 に ほ と と ぎ す い く ら 聞 い て も 飽 き な い ま た 鳴 か な い も の か ほ と と ぎ す が 来 て 鳴 い て く れ な い も の か 家 の 庭 の 花 橘 が 地 に 落 ち る の を 見 た い 花 橘 ↓ 一 四 0 四 ( 花 橘 の 玉 ) 。 0 枝 に 居 て ー こ の 居 ル は 鳥 が と ま る こ と を い う 。 1 う れ た き や 醜 ほ と と ぎ す ↓ 三 0 七 。 鳴 9. い て ほ し い 今 、 鳴 か な い の で い う 。

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


ど こ の 庭 の 梅 の 花 な の か ( ひ さ か た の ) 清 い 月 夜 に こ ん な に 散 っ て 来 る の 8 は お く り も の う わ さ 集 梅 の 花 の 真 っ 先 に 咲 い た 枝 を 手 折 っ た ら 贈 物 だ と 言 っ て と か く 噂 す る だ 葉 ろ う か 萬 ど こ の 庭 に あ っ た 梅 な の だ ろ う こ ん な に も 咲 い て い る こ と よ 行 っ て 見 た く な る ほ ど に 来 て 見 そ う な 人 も 居 な い か ら わ が 家 の 梅 の 初 花 よ 散 っ て も よ い ぞ 雪 が 冷 た い の で む や み に は 咲 か な い の だ な 梅 の 花 よ ま ま よ 当 分 そ う し て い る が い い さ 誰 が 園 の 梅 の 花 そ も ー こ の 係 り に 対 四 す る 結 び の 文 末 に 助 詞 ハ を 補 っ て 倒 置 す れ ば 、 「 ・ : こ こ だ 散 り 来 る は 誰 が 園

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


あ さ さ わ お の す み よ し 住 吉 の 浅 沢 小 野 の か き つ ば た を 衣 に 摺 り 付 け て 着 る の は い つ の こ と や ら け い と う 秋 が 来 た ら 移 し 染 め に で も し よ う と わ た し が 蒔 い て お い た 鶏 頭 の 花 を い 集 っ た い 誰 が 摘 ん で し ま っ た の だ ろ う は ぎ 3 か す が の 葉 % 春 日 野 に 咲 い て い る 萩 は 片 枝 だ け ま だ 蕾 の ま ま で す 便 り だ け は 絶 や さ な 萬 い で く だ さ い あ き は ぎ 花 が 見 た さ に 恋 し く 思 い な が ら 待 っ た 秋 萩 は 花 だ け 咲 い て 実 を 結 ば な い の で は な か ろ う か の ち わ が 妻 の 庭 の 秋 萩 は 花 が 咲 い て い た 時 よ り 実 を 結 ん で 後 に こ そ 恋 し さ が 増 し た こ と だ っ つ み 住 吉 の 浅 沢 小 野 ー 住 吉 ↓ 一 一 哭 ( 住 吉 の 岸 の 埴 生 ) 。 浅 沢 小 野 は 住 吉 大 社 の 東 南 方 に あ っ た 低 湿 地 の 一 帯 か と い う 。 〇 か き つ は た ↓ 一 三 四 五 。 ◆ い つ に な っ た ら 恋 い 慕 っ て い る 女 性 に 接 す る こ と が で き る だ ろ う か 、 の 意 。 な っ せ ん 2 移 し ー 移 し 染 め 。 捺 染 用 に 草 木 の 花 や 葉 の 汁 な ど を し み 込 ま せ た 紙 。 ま た そ れ を 用 い て 染 め る こ と 。 こ こ は 後 者 。 0 韓 藍 の 花 ー カ ラ ア ヰ は け い と う 。 ひ ゅ 科 の 一 年 草 。 秋 、 茎 の 頂 に 鶏 の と さ か 状 の 花 を つ け 、 そ の 花 の 汁 を 染 料 に し た 。 じ を 、 ま き そ の 種 子 は 春 直 蒔 に し 、 移 植 し な い 。 こ

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


お お と も の さ か の う え の い ら つ め 大 伴 坂 上 郎 女 の 歌 一 首 は な た ち ば な 五 月 の 花 橘 を あ な た の た め に こ う し て 玉 に 通 し ま し た 散 っ て し ま う の が 集 惜 し く て き の あ そ ん と よ か わ 葉 紀 朝 臣 豊 河 の 歌 一 首 萬 鵡 わ が 妻 の 家 の 垣 の 内 の ゆ り の 花 ゆ り ー あ と で と 言 う の は い や と 言 う の と 同 じ こ と で す た か や す 高 安 の 歌 一 首 ひ ま 暇 が な く て 五 月 だ と い う の に あ な た の 庭 の 花 橘 を 見 な い ま ま で 終 る の か お お み わ り い ら つ め お お と も り や か も ち 大 神 女 郎 が 大 伴 家 持 に 贈 っ た 歌 一 首 ほ と と ぎ す が 鳴 い た そ の 時 あ な た の お 宅 に 行 け と 追 っ た の は ち ゃ ん と 着 い た で し よ う か 1505 2 玉 に こ そ 貫 け ー 玉 ニ 貫 ク は 五 月 ノ 玉 と し て 緒 に 通 す こ と 。 橘 は そ の 実 も 花 も 五 月 の 玉 に 貫 く よ う に 詠 ま れ て い る 。 一 種 の 生 理 現 象 で 未 成 熱 の ま ま 落 ち た 実 は 緒 に 通 し や す い が 、 花 は 花 び ら が 一 枚 一 枚 ば ら ば ら に 散 る た め 、 緒 に 通 す こ と つ み は 困 難 。 お そ ら く 蕾 の 段 階 で 採 集 し 、 明 か ら 先 端 へ つ ぎ つ ぎ 糸 を 通 し て い っ た も の で あ ろ う 。 原 文 は ほ と ん ど す べ て の 古 写 本 に 「 玉 尓 貫 」 と あ り 、 タ マ ニ ッ ラ ヌ ク と 読 む べ き だ と 思 わ れ る が 、 「 貫 」 を ッ ラ

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


心 一 つ で 成 就 す る 、 と い う 気 持 で あ ろ う 。 8 は し き や し ー ハ シ キ は か わ い い の 意 の 形 容 詞 ハ シ の 連 体 形 。 ヤ シ は 間 投 助 詞 。 哀 惜 ・ 追 慕 の 情 を 表 出 す る 感 動 詞 に 転 ず る こ と も あ る が 、 こ こ は 原 義 的 用 法 。 〇 毛 桃 ー 桃 の 品 種 名 か 。 そ の 果 実 に 産 毛 の よ う な 小 毛 が 密 生 し て い る と こ ろ か ら い う の で あ ろ う 。 〇 本 繁 み ー 本 繁 シ は 、 根 本 近 く か ら 出 た 小 枝 が 多 い こ と 。 心 底 か ら 絶 え 間 な く 思 っ て い る こ と の た わ ぎ へ け も も と え 。 〇 花 の み 咲 き て 成 ら ざ ら め や も ー は し き や し 我 家 の 毛 桃 本 繁 み 花 の み 咲 き て 成 ら ざ ら め あ だ 花 だ け で 実 ら ず じ ま い 、 な ど と い う こ と が あ ろ う か 。 愛 を 実 ら せ て み せ る 、 と い う 決 意 。 や も 若 桂 の 木 ー カ ッ ラ は か つ ら 科 の 落 葉 高 木 。 春 、 葉 に 先 立 っ て 淡 紅 色 の 小 さ な 花 を つ け る 。 少 女 の た と え 。 〇 花 待 む か を つ い 間 に ー イ は 連 体 格 の 下 に 付 く 間 投 助 向 っ 峰 の 若 桂 の 木 下 枝 取 り 花 待 つ い 間 に 嘆 き つ る か も 詞 。 少 女 が 成 人 す る の を 待 っ 気 持 。 息 の 緒 に 思 へ る 我 を ー 命 の 綱 と し て 頼 り に 思 っ て い る わ た し な の に 。 こ の ヲ は 、 、 な る も の を 、 の 意 。 0 山 ぢ さ 七 花 に 寄 す る ー え ご の 木 。 山 野 に 自 生 す る 小 高 木 。 五 第 〕 い き を 月 ご ろ 白 い 花 が 総 状 に 咲 く 。 0 花 に か ー 息 の 緒 に 思 ( る 我 を 山 ぢ さ の 花 に か 君 が う つ ろ ひ ぬ ら む こ の 花 は 、 一 時 期 華 や か だ が 実 意 の な い も の の た と え 。 〇 う つ ろ ひ ぬ ら む ー ウ ッ ロ フ ↓ 一 三 三 九 ( う つ ろ ふ 色 ) 。 た ら ち ね の 母 が そ の 業 る 桑 す ら に 願 へ ば 衣 に 着 る と い ふ も の を 1358 ゅ め わ か か つ ら わ れ し づ え な も と し げ く は ね が ま き ぬ

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


87 巻 第 七 1255 1259 1259 こ と ~ 默 . あ ら じ と 言 の な ぐ さ に 言 ふ こ と を 聞 き 知 れ ら く は 悪 し く は あ り け り 1255 1256 1257 草 深 百 合 ー 茂 み の 中 に 咲 く 百 合 。 〇 花 笑 み に 笑 み し が か ら に ー 花 が 咲 い た よ う に に つ こ り し た ば か り の こ と で 女 の 笑 顔 を 好 意 の 現 れ と 誤 解 し た 男 か ら 、 た と え ば 「 花 笑 み に 笑 ま し し 故 に 妻 と 頼 ま む 」 と い う よ う な 歌 を 贈 ら れ て 返 し た 歌 で あ ろ う 。 笑 ミ シ の 主 語 は 作 者 ( 女 ) 。 カ ラ ニ ↓ 二 九 七 ( 手 に 取 る が か ら に 忘 る ) 。 〇 妻 と 言 ふ べ し ゃ ー ペ シ ャ は 、 相 手 の 言 動 を 非 難 す る 表 現 。 ◆ あ な た は 笑 っ た 、 確 か に 笑 っ た 、 も う わ た し の も の 、 と い う よ う な 理 不 尽 な 男 の 言 葉 に 答 え た 歌 。 黙 ー だ ま っ て い る こ と 。 ま た 何 も し な い こ と 。 〇 言 の な ぐ さ ー こ の ナ グ サ は 、 相 手 の 気 持 を 落 ち 着 か せ る た め の 発 言 。 〇 聞 き 知 れ ら く ー 聞 キ 知 ル の 主 語 は 作 者 。 女 か 。 9 佐 伯 山 ー 所 在 末 詳 。 一 説 に 、 広 島 県 佐 伯 郡 の 山 か と す る 。 〇 卯 の 花 ー う つ ぎ の 花 。 う つ ぎ は 、 ゆ き の し た 科 の 落 葉 低 木 。 初 夏 に 五 弁 の 白 い 花 を つ け る 。 〇 か な し き が ー カ ナ シ キ は カ ナ シ キ 児 の 意 。 こ の ガ は 所 有 格 。 〇 手 を し 取 り て ば ー テ ハ ↓ 一 三 四 三 ( 我 し 刈 り て ば ) 。 原 文 に 「 子 鴛 取 而 者 」 と あ る が 、 「 子 」 は 「 手 」 の 誤 さ へ き や ま う 佐 伯 山 卯 の 花 持 ち し か な し き が 手 を し 取 り て ば 花 は 散 る り と す る 『 万 葉 代 匠 記 』 の 説 に よ る 。 あ は る か す み ゐ た だ 春 霞 井 の 上 ゅ 直 に 道 は あ れ ど 君 に 逢 は む と た も と ほ り 来 も い く さ ぶ か ゆ り 道 の 辺 の 草 深 百 合 の 花 笑 み に 笑 み し が か ら に 妻 と 言 ふ べ し ゃ 臨 時 こ ろ も そ つ き く さ お も 月 草 に 衣 そ 染 む る 君 が た め 斑 の 衣 摺 ら む と 思 ひ て へ は な は な ゑ ま だ ら こ ろ も す ゑ 1257 1258

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


花 を 詠 む う ぐ い す の 枝 移 り し て い た 梅 が 散 り 方 に な る と 桜 の 花 の 時 が 近 づ い た 集 桜 花 の 時 が 過 ぎ た わ け で は な い の に 見 る 人 に 惜 し ま れ る う ち に と 思 っ て 葉 今 散 る の で あ ろ う 萬 わ た し が 髪 に さ し て い る 柳 の 糸 を 吹 き 乱 す こ の 風 で 妻 の 梅 が 散 っ て い る こ と だ ろ う か 毎 年 梅 は 春 咲 く の に ( う っ せ み の ) 世 の 人 わ た し に は 春 が な い こ と よ あ な が ち 鳥 が つ つ く と い う わ け で は な い が 縄 を 張 っ て 守 っ て や り た い 梅 の 花 で あ る よ 1858 1857 木 伝 ふ ー 木 の 枝 か ら 枝 〈 飛 び 移 る 。 習 慣 的 現 在 。 〇 う つ ろ へ ば ー ウ ッ ロ フ ↓ 一 匿 九 ( う つ ろ ふ 色 ) 。 こ こ は 花 が 散 り 落 ち る こ と を い う 。 〇 か た ま け ぬ ー カ タ マ ク は 春 ・ 秋 ・ タ な ど の 語 に 接 し 、 そ の 時 期 ( 時 間 ) に な る こ と を い う 。 こ こ は そ の 時 期 が 近 づ い た こ と に 用 い て い る 。 時 は 過 ぎ ね ど ー こ の ト キ は 最 盛 期 ・ 時 節 を い う 。 〇 恋 の 盛 り と ー こ の 恋 は 花 を 溺 愛 す る 心 を い う 。 人 に 惜 し ま れ る う ち に 散 ろ う と 思 っ て 、 の 意 。 〇 今 し 散 る ら む ー 強 意 の 助 詞 シ は ラ シ と 呼 応 す る の が 普 通 。 た だ し 、 今 シ は 複 合 し て 一 語 の よ う に 用 い ら れ る こ と が 多 い 。 こ こ

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


鳥 に 寄 せ る 春 に な る と も ず が 草 に 潜 む よ う に 見 え な く な っ て も わ た し は 眺 め ま し よ う 集 君 の 辺 り を 葉 か お 鳥 の 絶 え 間 な く 鳴 く 春 の 野 の 草 の よ う に 絶 え 間 な い 恋 さ え も す る こ 萬 と よ 1899 花 に 寄 せ る う は な い た 春 に な る と 卯 の 花 を 傷 め て わ た し が よ く 越 え た 恋 人 の 家 の 垣 間 も 荒 れ て し ま っ た こ と よ 梅 の 花 の 散 0 て い る 園 に わ た し は 行 こ う 君 の 使 い を じ っ と 待 0 て い ら れ な く て そ の ひ そ ↓ 一 一 一 突 部 立 。 こ の 巻 十 の 「 相 聞 」 も お お む ね 媒 体 と す る 物 に よ っ て 分 類 さ れ て い る 。 春 さ れ ば ー カ ヤ グ キ の 中 の 動 詞 成 分 1 ク ク に か か る が 、 名 詞 形 で あ る た め 、

完訳 日本の古典 第四巻 萬葉集 ㈢


あ き づ の お ば な あ き は ぎ か り い お ~ 秋 津 野 の 尾 花 に 刈 り 添 え て 秋 萩 の 花 を 屋 根 に 葺 き な さ い 君 の 仮 廬 に 6 咲 い て い る と も 知 ら ず に い た ら 何 と も あ り ま せ ん が こ の 秋 萩 を あ な た は 集 む や み に 見 せ て 困 り ま す 葉 山 に 寄 せ る 萬 秋 が 来 る と 雁 が 飛 び 越 え る 竜 田 山 立 っ て も す わ っ て も 君 を 思 い ま す も み し 紅 葉 に 寄 せ る く ず 家 の 庭 の 葛 の 葉 は 日 増 し に 色 づ き ま し た い ら っ し や ら な い あ な た は ど ん な 気 で す か ( あ し ひ き の ) 山 さ な か ず ら が 赤 く 色 づ く ま で も 妻 に 逢 わ ず に わ た し は 恋 し 続 け る こ と よ 2295 秋 津 野 ↓ 一 三 六 八 ( 秋 津 ) 。 こ こ も 所 在 末 詳 。 〇 尾 花 刈 り 添 ヘ ー 仮 廬 の 屋 根 を か や 葺 く 料 と し て 尾 花 ( 萱 ) を 刈 る 際 、 花 の 咲 い て い る 萩 も 一 緒 に 刈 り 載 せ た ら 風 趣 が あ ろ う 、 と い う 内 容 と 思 わ れ る が 、 語 の 続 け 方 が 混 乱 し て い て 疑 問 が あ る 。 仮 に 尾 花 の 下 に 助 詞 ニ を 補 っ て 解 し た 。 〇 花 を 葺 か さ ね ー 葺 ク ↓ 一 六 三 七 ( 尾 花 逆 葺 き ) 。 サ は 敬 語 の 助 動 詞 ス の 未 然 形 。 ネ は 希 求 の 終 助 詞 。