検索 - みる会図書館

検索対象: 日本の街道 5 京への道

日本の街道 5 京への道から 161件ヒットしました。

日本の街道 5 京への道


お ス ~ 物 は 、 第 二 吉 野 山 の 桜 ー ー 神 木 と し て 信 仰 に 支 え ら れ て き た も の て 、 4 月 上 旬 か ら 下 旬 に か け て 、 下 千 本 、 中 千 本 、 上 千 本 、 奥 千 本 と 移 り 咲 く 。 前 川 佐 美 雄 氏 に 吉 野 の 花 吹 雪 に つ い て 聞 い た こ と が あ る 。 よ く よ く 運 の い い 花 見 客 で な け れ ば 、 こ の 花 吹 雪 を 見 る こ と は 出 来 な い 前 川 氏 も 、 花 時 の 吉 野 へ は 何 度 も 行 っ た が 、 花 吹 雪 を 見 た の は 一 度 た け た と い う そ れ は 花 が 満 開 と 見 え る こ ろ 、 一 陣 の 風 が 谷 か ら 吹 き 上 っ て 、 満 目 の 花 を 空 中 高 く 舞 い 上 ら せ る 、 そ の 現 象 を 一 一 一 口 う 。 ど こ の 花 に も 、 花 吹 雪 と い う こ と は あ ろ 、 つ か 、 吉 野 の 花 吹 雪 の 壮 観 は ま た 特 別 な の だ 。 し か も そ れ は 、 大 和 に 居 住 し て 、 何 度 も 吉 野 の 花 見 に 行 っ た こ と の あ る 者 で も 、 め っ た に 見 る こ と は 出 来 な い の だ 、 と い う 。 ( 山 本 健 吉 『 遊 糸 繚 乱 よ り )

日本の街道 5 京への道


も 若 て 住 に 分 花 第 八 や 山 あ 狭 、 持 大 か 折 お 瀬 せ 々 京 つ の 往 し 原 れ 峠 、 を の た 海 時 た に て を 大 東 大 か の 三 は 西 越 原 に 原 、 へ え と 、 ロ ら 面 千 サ 影 院 後 道 て さ 鴨 か バ を 、 鳥 を 、 か 川 ら 、 静 建 羽 と 近 の の 若 カ か 礼 天 る 江 ば 源 狭 レ に 門 皇 と の り 流 路 イ し 院 や 、 朽 - , 、 の ヘ な の が 順 水 木 き 丹 ー 向 ど ば 余 徳 坂 に 波 っ か 魚 せ 生 天 峠 出 高 で う 介 て を 皇 を て 地 あ 類 い 送 の 越 、 と る の を る 。 御 え 保 比 : 清 京 。 た 陵 て 坂 良 ら 鯖 ま 寂 、 小 お で 山 か 街 運 た 光 ろ 代 浜 敦 地 な 道 ぶ 、 院 ン : 々 に 賀 の 高 な の 至 に 間 野 は 魚 の ど 法 る 至 を 川 の 道 が 親 。 る 、 沿 比 ひ 道 は あ 王 と 道 途 と い 叡 で 、 つ が く と 中 に の

日本の街道 5 京への道


石 上 神 宮 の 参 道 ー 一 石 上 神 宮 は 布 都 御 魂 の 剣 を 祭 り 、 多 量 の 刀 剣 を 蔵 し て い た 。 大 和 朝 廷 の 武 器 庫 て も あ っ た 。 ツ 、 一 見 わ ぎ へ わ が 見 が ほ し 国 は 葛 城 高 宮 吾 家 の あ た り や ま む ら ご り ゅ う 華 道 山 村 御 流 磐 之 媛 が 故 郷 の 葛 城 の 吾 が 家 を み た い と 、 難 波 か 山 の 辺 の 道 を 南 か ら 北 へ 歩 い て 終 わ り に 近 づ く こ ら 山 代 川 ( 淀 川 ) を さ か の ば り 、 奈 良 山 を こ え て 奈 ろ 、 円 照 寺 と い う 禅 林 の 威 厳 を 保 ち つ つ も 何 と は な く 良 を す ぎ 、 大 和 も す ぎ て や っ て き た 、 と い う 意 味 で み や び や か さ を 秘 め た 寺 が あ る 。 土 地 の 人 は こ れ を や ま む ら ご て ん ほ う じ よ う う み あ る 。 こ の 歌 か ら も 、 大 和 が 奈 良 の 南 に あ る 大 和 盆 「 山 村 御 殿 」 と よ ぶ 。 三 島 由 紀 夫 の 遺 作 『 豊 饒 の 海 』 に 月 修 寺 と あ る の は 、 こ の 寺 を イ メ ー ジ と し て い る 。 地 東 辺 の 一 地 域 で あ る こ と が わ か る 。 歌 の な か の 磐 三 百 余 年 に わ た る こ の 寺 の 法 燈 を 護 る 尼 門 跡 が 華 道 山 之 媛 は 、 山 の 辺 の 道 を 奈 良 か ら 大 和 へ と 南 に た ど っ 村 御 流 の 家 元 で あ る 。 て い る の で あ る 。 寺 の 所 在 地 の 山 村 ( ・ ) は 、 名 の ご と く 大 和 高 原 い く ひ だ と こ ろ で 道 が 少 し あ と が え り に な る が 、 行 燈 山 古 の な だ ら か な 裾 の 幾 襞 か に 囲 ま れ た 静 か な 村 で あ る 。 墳 と 西 殿 塚 古 墳 と の 中 間 に 、 天 長 九 年 ()i 三 ) に 弘 法 そ の 山 陰 に 、 ま た 野 辺 に 、 強 く あ る い は ひ そ や か に 咲 ち ょ う が く じ 大 師 に よ っ て 開 か れ た と い う 長 岳 寺 が あ る 。 地 名 く 四 季 折 お り の 花 の 姿 を 山 村 御 流 は こ こ ろ と し て い と く ど ご み ず の お を と っ て 釜 ノ ロ の お 大 師 さ ん の 名 で 親 し ま れ て い る 。 そ れ は 、 開 山 後 水 尾 天 皇 第 一 皇 女 、 得 度 し て 禅 僧 あ み だ 大 道 文 智 女 王 が 、 生 母 明 鏡 院 に 、 春 寺 の ま わ り の 花 を る 。 平 安 後 期 の 木 造 阿 彌 陀 三 尊 像 や 鎌 倉 時 代 の 楼 門 と っ て 捧 花 供 養 を し た の が 流 儀 の 始 ま り で あ る の と も な ど が あ り 、 四 月 か ら 五 月 に か け て 八 重 桜 や つ つ じ か か わ っ て い る 。 「 花 は 野 に あ る ご と く 」 を 信 条 と し 、 の 花 の な が め も 美 し い 信 仰 に 根 付 き 山 居 の 風 を う っ し た 山 村 御 流 に 、 自 然 と ま じ わ る こ と 少 な く 迷 い 多 き 現 代 人 が 魅 せ ら れ る の は 石 上 神 宮 と 悲 恋 の 影 媛 も っ と も で あ る 。 か ん ご う 大 和 古 墳 群 を 通 り ぬ け て し ば ら く 行 く と 、 環 濠 し ゅ う ら く 聚 落 の 竹 之 内 が あ る 。 こ の よ う に 村 の ま わ り に 堀 に 着 く 。 左 の 道 を と る 、 い っ た ん 下 手 へ く だ っ て 北 全 長 九 〇 、 を つ く る の は 自 衛 の た め で 、 室 町 時 代 ご ろ の 成 立 で 上 す る と 、 道 に 接 し て 西 乗 鞍 古 墳 ( メ ト ル ) や や メ ー ト ル 、 さ ら に そ の 北 、 天 理 大 あ ろ う 。 ふ つ う は 平 野 部 に 多 く 、 山 す そ の た か み に 東 に 東 乗 鞍 古 墳 ( 全 長 一 八 あ る 環 濠 は 珍 ら し い 。 古 代 の 山 の 辺 の 道 は も う 少 し 学 の 運 動 場 に 接 し て 前 方 後 円 墳 の 西 山 古 墳 ( 低 地 を 通 っ て い た だ ろ う 。 ) が あ る 。 天 理 図 書 館 の あ た り か ら 右 に 曲 が る お と ぎ や っ き 竹 之 内 の 北 の 乙 木 の 集 落 を ぬ け た と こ ろ に 夜 都 岐 と 、 石 上 神 宮 に 行 け る 。 ネ 社 が あ る 。 道 標 に 従 っ て 右 の 道 を と る と 、 石 上 石 上 神 宮 は 国 譲 り の 神 話 に 活 躍 す る 布 都 主 神 を 祭 も の の べ 神 宮 の 神 宮 寺 で あ っ た 永 久 寺 の 跡 を 経 て 、 石 上 神 宮 神 と し 、 古 代 の 軍 事 氏 族 と し て 著 名 な 物 部 氏 が 祭 祀 い そ の か み し も て ふ つ ぬ し 7 02

日本の街道 5 京への道


妙 心 寺 駅 ー ー ー 洛 西 の 京 福 電 鉄 の 沿 線 。 こ の 線 路 は 帷 辻 ( か た び ら の つ じ ) か ら 嵐 山 に む か う 。 左 手 は 衣 笠 山 。 前 に も 触 れ た よ う に 右 京 は 早 く 寂 れ て し ま っ た の 京 の 七 ロ で 、 一 条 大 路 の 西 端 が ど の あ た り か は は っ き り し な 長 い あ い だ 王 城 の 地 だ っ た 京 都 へ は 、 四 方 八 方 か ら い の だ が 、 だ い た い 花 園 妙 心 寺 の 北 門 か ら 西 北 二 〇 街 道 が 集 ま っ て い た 。 そ れ ら の 街 道 の 入 り 口 に 当 た る 土 地 に は 、 「 ロ 」 の つ い た 地 名 が つ い て い て 、 俗 に の あ た り だ ろ う と 思 わ れ る 。 な な く ち 〃 京 の 七 ロ な と い わ れ て き た 。 た ん ば ぐ ち 田 園 に な っ て し ま っ て い た 旧 平 安 京 の 西 北 隅 に 禅 さ っ 国 鉄 山 陰 本 線 に 「 丹 波 ロ 」 と い う 駅 が あ る 。 こ れ は 刹 妙 心 寺 が 建 立 さ れ た の は 、 南 北 朝 時 代 の 康 丞 兀 年 丹 波 地 方 か ら は い っ て 来 る 街 道 、 つ ま り 山 陰 道 の 入 り き ぬ が さ や ま く ら ま ぐ ち ) の こ と だ っ た 。 こ の あ た り は 北 に 衣 笠 山 、 西 口 を 示 す 地 名 で あ る 。 上 京 に は 鞍 馬 ロ 通 り と い う 東 西 か も が わ に ケ 岡 が 見 え て 、 二 〇 年 く ら い 前 は 郊 外 地 の 感 じ の 通 り が あ る が 、 こ れ は そ の 東 端 の 賀 茂 川 畔 の あ た り あ わ が 、 鞍 馬 街 道 の 入 り 口 だ っ た か ら で あ る 。 東 海 道 は 粟 が 色 濃 く 残 っ て い た 所 な の だ が 、 近 ご ろ は だ い ぶ 住 た ぐ ち 田 口 で 京 へ は い り 、 山 中 越 え の 伊 賀 街 道 は 荒 神 口 に 達 宅 が 混 み 合 っ て き た 。 そ れ で も 妙 心 寺 の 寺 内 か ら 望 し て い た 。 む 北 門 は 、 う し ろ に 形 の よ い 衣 笠 山 を 背 負 っ て 、 ほ か に 大 原 を 通 っ て 来 る 若 狭 街 道 、 伏 見 を 通 る 奈 良 し ゅ う ざ ん か に も 京 の 寺 と い っ た 趣 を 見 せ て い る 。 街 道 、 竹 田 街 道 、 鳥 羽 街 道 、 西 国 街 道 、 周 山 街 道 な 妙 心 寺 を 過 ぎ る と 、 わ ず か な が ら 下 り 坂 に な っ ど 、 そ れ ぞ れ の 入 り 口 に 「 ロ 」 の 地 名 が あ っ た よ う だ き よ う こ ち す た て 、 道 は 宇 多 川 を 越 え る 。 こ の 川 は 金 閣 寺 の 鏡 湖 池 が 、 今 は 廃 れ て し ま っ て 使 わ れ て い な い 。 「 七 ロ 」 と は い う が 、 こ れ は 語 呂 が よ い か ら そ う い っ た だ け の こ か ら 流 れ て 来 た 川 で 、 一 条 通 り は そ の 谷 を 横 断 し て と で 、 実 際 は も っ と 多 か っ た わ け で あ る 。 い る わ け で あ る 。 西 一 条 商 店 街 を 通 り 過 ぎ る と 西 大 路 通 り 、 渡 る と つ ば き じ ぞ う い ん 右 側 に 椿 寺 地 蔵 院 が あ る 。 小 さ な 門 を く ぐ る と 正 り こ ば れ る の で 「 五 色 の 散 り 椿 」 と し て 知 ら れ て い ぼ さ つ ひ た い ふ く 面 に 地 蔵 堂 が 見 え る 。 本 尊 の 地 蔵 菩 薩 は 額 に 傷 痕 が る 。 こ の 椿 咲 く 南 庭 の 垣 の 外 に 、 元 祿 赤 穂 浪 士 の 復 し ゅ う あ っ て 、 水 争 い の 鍬 先 で 傷 つ け ら れ た の だ と い う 説 讎 に 陰 で 力 を 貸 し た 義 商 天 野 屋 利 兵 衛 の 墓 も あ る 。 話 が 伝 え ら れ 、 今 で も 近 所 の 人 の お 参 り が 絶 え ず 、 椿 寺 の す ぐ 東 側 に 流 れ て い る 川 が 紙 屋 川 で 、 『 今 こ 、 つ し よ だ れ か 格 子 に は 涎 掛 け が た く さ ん 結 び つ け て あ る 。 昔 物 語 集 』 に は こ の 川 の 一 条 橋 の ほ と り に 狐 が 出 こ の 寺 の 庫 裡 の 南 庭 に は 、 秀 吉 遺 愛 と い う 樹 齢 四 て 、 滝 ロ の 侍 を 化 か す 話 が は い っ て い る 。 秀 吉 が 洛 〇 〇 年 余 の 椿 の 古 木 が あ っ て 、 一 木 に 紅 ・ 白 ・ 薄 中 洛 外 の 境 界 と し て 築 い た 御 土 居 は 、 椿 寺 と 紙 屋 川 紅 ・ 紅 白 絞 り な ど の 花 が 咲 き 、 花 び ら が 一 片 ず つ 散 と の 間 を 北 か ら 南 へ 延 び て い た の だ が 、 今 は あ と か ト 、 、 を く わ こ 、 つ 上 へ い ぜ ん さ い ′ 」 く 4 5

日本の街道 5 京への道


攻 ケ 辻 ー ー ー か っ て 南 朝 ィ 軍 と 幕 府 軍 が 激 突 し た を 1 こ の 三 叉 路 は 、 桜 の 名 所 下 の 千 本 が 尽 き る あ た り に あ る 。 吉 野 の 朝 こ の 山 な み を 修 験 者 た ち が 駆 け ぬ け 、 時 に 都 落 ち の 貴 族 た ち も 悲 愁 の 暮 ら し を こ の 山 に す ご し た 。 あ ん ぐ う る の だ が 、 本 稿 で は 南 朝 の 行 宮 が 営 ま れ た 吉 野 山 と 離 れ て お り 、 一 夜 に し て そ の 道 を 踏 破 し た と い う の は 、 信 じ ら れ な い 。 そ の 周 辺 を 叙 述 対 象 と す る こ と に し た い 。 と も あ れ 、 こ う し て 賀 名 生 に 難 を 避 け た 天 皇 は 、 後 醍 醐 天 皇 脱 出 の 道 影 繁 を 遣 わ し て た だ ち に 吉 野 山 へ 助 力 を 要 請 す る 。 け ん む 延 元 元 年 = ) 十 二 月 二 十 一 日 の 夜 陰 の こ と 今 で こ そ 吉 野 山 は 、 本 邦 一 の 花 の 名 所 と し て の 名 ば 建 武 三 年 ( 一 あ し か が た か う じ で あ る 。 先 に 将 軍 足 利 尊 氏 と の 講 和 を 受 け 入 れ て 比 か り 高 い が 、 当 時 の 吉 野 山 は 修 験 道 を 中 心 と し た 宗 叡 山 を 下 り 、 花 山 院 に 幽 閉 さ れ て い た 後 醍 醐 天 皇 が 教 の 霊 場 と い っ た 性 格 が 強 く 、 多 数 の 僧 兵 い わ ゆ る だ い し ゅ 忽 然 と 姿 を 消 し た 。 の ち に 判 明 し た こ と で は 、 刑 部 吉 野 大 衆 を 擁 し て い た 。 そ の よ う な 吉 野 大 衆 の 武 力 、 か げ ・ 、 レ げ ・ 大 輔 景 繁 と い う 者 の 手 引 き で 、 女 装 し て 花 山 院 を 脱 を 、 天 皇 は 再 起 の た め の 頼 み と し た の で あ る 。 さ て 、 景 繁 を 迎 え た 吉 野 山 で は 、 満 山 の 衆 徒 が 寄 出 し た の だ が 、 南 北 朝 時 代 は こ の 後 醍 醐 天 皇 の 脱 出 せ ん ぎ 劇 を も っ て 幕 を 開 く 。 り 集 っ て 僉 議 を 行 い 、 天 皇 の 味 方 を す る こ と に 決 し も り な が 『 太 平 記 』 に よ る と 、 天 皇 は こ の 時 、 奈 良 街 道 を 通 た 。 す で に 数 年 前 、 彼 ら は 天 皇 の 皇 子 大 塔 宮 ( 護 良 な し ま っ て 、 ま だ 夜 の 明 け な い う ち に 、 ひ と ま ず 梨 間 の 宿 親 王 ) を 盟 主 に 仰 ぎ 、 鎌 倉 幕 府 の 大 軍 と 鉾 を 交 え た に 入 っ た と い う 。 梨 間 の 宿 は 、 現 在 の 京 都 府 城 陽 町 経 験 が あ っ た か ら だ 。 や が て 天 皇 は 出 迎 え の 若 大 衆 な し ま 奈 島 に あ た る 。 そ こ で 行 装 を あ ら た め た 天 皇 と そ の 三 〇 〇 人 ほ ど に 護 衛 さ れ て 賀 名 生 を 出 発 し 、 か く て う ち ゃ ま 一 行 は 、 白 昼 に 奈 良 市 街 を 通 り ぬ け 、 夕 方 に は 内 山 吉 野 山 は 南 朝 の 本 拠 と な る 。 な お 、 天 皇 が 賀 名 生 か と い う 所 に つ い た 。 さ ら に そ こ か ら 馬 に 乗 っ て 先 を ら 吉 野 入 り し た 道 筋 に つ い て は 後 述 す る 。 急 い だ と こ ろ 、 空 中 に 光 り 物 が あ ら わ れ て 前 途 を 照 あ の う 石 柱 も 悲 し 南 朝 の 皇 居 址 ら し て く れ た の で 、 明 け 方 に は 賀 名 生 に 着 く こ と が で き た と い う 。 当 然 の こ と な が ら 、 吉 野 山 に は 南 朝 関 係 の 遺 跡 が そ ま の 、 っ ち - 内 山 は 、 ) し ま の 天 理 市 杣 之 内 の 旧 名 だ と い わ れ す こ ぶ る 多 い 。 山 中 に 四 通 八 達 し た 道 を 辿 り な が る 。 そ う す る と 天 皇 は 、 奈 良 か ら 山 の 辺 の 道 沿 い の ら 、 主 な と こ ろ を の ぞ い て み よ う 。 昨 今 吉 野 山 を 訪 れ る 人 は 、 可 半 が 近 鉄 電 車 に 乗 っ 官 道 を 一 路 南 下 し 、 桜 井 で 山 田 道 に 入 っ て 飛 鳥 の 里 を な な め に 縦 断 、 重 坂 峠 越 え の コ ー ス を 辿 っ て 賀 名 て 吉 野 川 を 渡 り 、 終 点 の 「 吉 野 」 駅 に お り 立 つ よ う 生 へ と 入 っ た の で も あ ろ う か 。 た だ し 天 理 市 と 賀 名 だ が 、 南 北 朝 時 代 に は ま だ 舟 渡 し だ っ た 。 そ の 渡 し む た 生 と で は 、 直 線 距 離 に し て も 三 〇 キ ロ メ ー ト ル 以 上 場 は 、 柳 の 渡 し ま た は 六 田 の 渡 し と い い 、 近 鉄 鉄 橋 ご だ い ご ノ 7 5 ー ー 吉 野 の 山 に 散 っ た 南 朝 の 悲 歌

日本の街道 5 京への道


大 原 の 水 流 ー ー 大 原 の 霧 や 木 々 の 雫 を 集 め た 烹 流 れ は 、 や が て 高 野 川 を ・ に な っ て 京 の 町 て 加 茂 川 に 合 流 す る 。 4 お は ら ′ 」 こ う え ぶ み つ づ い て い る 。 だ か ら い っ そ の こ と 大 原 御 幸 の 道 筋 で あ る 江 文 峠 お お は ら さ ん ぜ ん い ん こ れ た か 古 知 谷 か ら 大 原 の 三 千 院 ま で は 二 キ ロ メ ー ト ル ほ の 小 径 を 歩 い た り 、 惟 喬 親 王 の 墓 や 、 音 無 の 滝 な ど ど の 道 の り で あ る 。 へ 足 を 伸 ば す 方 が 味 わ い が あ っ て よ い か も し れ な 大 原 は 全 体 が 小 盆 地 に な っ て い る 。 京 都 は 本 体 そ や ま し な の も の が 盆 地 で あ っ て 、 そ の ま わ り に 山 科 盆 地 と 岩 大 原 の 里 の 入 り 口 に か か っ て い る の が 花 尻 橋 、 そ : 倉 盆 地 と い う よ う に 、 、 し く つ も の 衛 星 的 な 盆 地 を 抱 こ に こ ん も り と し た 林 が あ っ て 、 こ れ を 花 尻 ノ 森 と え 込 ん で い る 。 呼 ん で い る 。 し や め ん ち 大 原 と は 名 の み で 、 実 は さ さ や か な 小 原 だ が 、 四 八 瀬 の 赦 免 地 踊 り と カ マ 風 呂 方 を 山 垣 に 囲 ま れ 、 真 ん 中 に 大 原 川 の 白 い 川 原 が あ る ば か り で 、 周 辺 を 眺 め や る と 四 方 に 緑 し た た る 山 大 原 か ら 都 へ 行 商 に 出 て い た 大 原 女 も 、 今 は 昔 の 垣 が つ ら な り 、 昔 か ら の 隠 れ 里 で あ っ た こ と が う な 物 語 と な っ た 。 大 原 ば か り か 八 瀬 か ら も 各 地 へ 行 商 、 す け る 。 に 出 て い た も の で 、 こ ち ら は 小 原 女 と い っ て い た 。 と こ ろ が こ の 小 天 地 に 、 沢 山 の 訪 問 客 が 詰 め か け か っ て は 山 間 の 地 で 、 田 畑 が す く な く 生 活 の た め 行 て 、 休 日 な ど は 押 し 合 い へ し 合 い し て い る 。 た し か 商 に 出 て い た け れ ど 、 今 は 昔 の 話 に な っ た 。 と こ ろ に 春 は 花 、 秋 は 紅 葉 が よ い け れ ど 、 冬 の 大 原 の 方 が で 八 瀬 と 大 原 の 間 は 意 外 に 遠 い 。 本 来 の 姿 を 取 り 戻 し た よ う で 、 静 か に 降 り し き る 雪 い つ だ っ た か 、 こ の 途 中 で 雪 に 出 逢 っ た 。 み る み 景 色 が な ん と も い え ぬ 山 里 の 風 情 を み せ て く れ る 。 る う ち に 紛 々 と 舞 う 牡 丹 雪 の た め す っ か り 視 界 を 閉 か す り と に か く 、 近 ご ろ は 土 産 物 店 や 小 料 理 屋 が 乱 立 ざ さ れ て し ま い 、 一 面 の 杉 山 に 飛 雪 が 飛 白 模 様 を 描 し て 、 な ん と も す さ ま じ い 商 魂 ぶ り で あ る 。 い て 、 そ れ は 思 わ ず 息 を 呑 む ほ ど 美 し い 眺 め を 呈 し じ ゃ っ こ う い ん て い た 。 三 千 院 、 寂 光 院 は あ ま り に も 有 名 で 、 今 さ ら っ お ん こ く ぼ し 洋 づ け 大 原 の 里 で 柴 漬 が つ け ら れ る よ う に な っ た の は 、 け 加 え る こ と も な い く ら い だ 。 ″ 御 国 母 三 十 に し て け ん れ い も ん い ん 経 読 ま す 寺 〃 と 歌 わ れ た 寂 光 院 は 、 建 礼 門 院 に は じ こ の 雪 の 多 い 、 し か も 湿 潤 な 土 地 柄 が 香 り 高 い 紫 蘇 あ ん じ ゅ こ け に わ ま る 庵 主 さ ん の 寺 、 尼 寺 で あ っ て 、 三 千 院 は 苔 庭 の を 育 て る の に 適 し て い た か ら で 、 こ の あ た り で は 柴 か な た に 浮 か ぶ 阿 彌 陀 堂 の た た ず ま い が そ の ま ま 浄 漬 の 土 産 物 が 目 に つ く こ と で あ る 。 土 を 現 し て い る 。 ど ち ら も 大 変 な 数 の 参 詣 人 で お ち か っ て は 何 も な い 全 く の 山 中 道 だ っ た が 、 今 は あ き ず お ち で き な い の が 玉 に 疵 で あ る 。 ち こ ち に ド ラ イ プ イ ン や 小 料 理 屋 を 見 か け る よ う に お は ら め

日本の街道 5 京への道


京 の 甍 ( い ら か ) は 瓦 葺 、 切 妻 造 、 中 二 階 の 町 家 が 軒 を 連 ね て い る 。 内 部 は 間 ロ よ り 奥 行 き が 深 く 、 ぎ の 寝 床 " と 呼 ば れ る 。 ー カ 茶 屋 ー ー 祇 園 ・ 花 見 小 路 通 り 、 四 条 の 角 に あ る 。 歌 舞 伎 『 仮 名 手 本 忠 臣 蔵 』 の 七 段 目 と し て 有 名 て あ る 。 万 と も い う 。 た 。 し た が っ て 当 時 の 大 路 小 路 も 、 右 京 の 地 域 で 8 は 、 現 在 の 道 路 と 部 分 的 に し か 合 致 し な い 。 例 え ば 平 安 京 の 四 周 に あ っ た 四 筋 の 大 路 を 見 て ひ が し き よ う ご く も 、 北 の 一 条 大 路 、 南 の 九 条 大 路 、 東 の 東 京 極 大 路 ( 寺 町 通 り ) は 残 っ て い る が 、 西 の 端 に あ っ た 西 京 極 大 路 は あ と か た も な く 、 わ ず か に 西 京 極 の 地 名 を 残 す だ け で 、 幻 の 大 路 に な っ て し ま っ て い る の で あ る 。 す ざ く 平 安 京 の メ ー ン ス ト リ ー ト だ っ た 朱 雀 大 路 は 、 幅 八 五 メ ー ト ル と い う 大 道 で 、 左 右 両 京 を 分 け て 、 大 ら じ よ う も ん 内 裏 の 正 門 朱 雀 門 か ら 九 条 大 路 に 立 っ 羅 城 門 ま で 、 ま っ す ぐ に 延 び て い た 。 こ の 道 の 延 長 が 「 鳥 羽 の 作 り 道 」 と い わ れ て 、 の ち の 鳥 羽 街 道 、 平 安 京 へ 入 る 表 道 路 に な っ て い た 。 せ い ぜ い 多 く 見 積 も っ て も 人 口 一 〇 万 く ら い の 都 市 に 、 幅 八 五 メ ー ト ル の 道 路 が あ っ た の だ か ら た い か ら す ま し た も の だ 。 明 治 四 十 五 年 に 烏 丸 通 り が 現 在 の 二 七 メ ー ト ル 幅 に 拡 張 さ れ た と き 、 ロ の 悪 い 京 都 人 は 「 広 す ぎ て 横 断 す る と 風 邪 を ひ く 」 と い っ た そ う だ 。 八 五 メ ー ト ル も あ る と 、 ひ い た 風 邪 も 治 っ て し ま う か も し れ な い 。 両 側 に 柳 の 並 木 を そ な え た こ の 大 道 路 も 、 一 一 世 紀 の 中 ご ろ に な っ て 内 裏 が 使 わ れ な く な る と 、 ま っ た く の 無 用 の 長 物 に な っ て し ま い 、 耕 し て 畑 に す る 者 が 現 れ た り し て い る 。 現 在 の 千 本 通 り が そ の 朱 雀 大 路 の 名 残 だ が 、 明 治 の 末 ご ろ ま で は 、 丸 太 町 通 り

日本の街道 5 京への道


至 敦 、 竹 生 島 ・ 朽 木 谷 良 山 花 折 中 を 途 - 原 ま ′ 八 瀬 出 町 周 山 草 津 至 関 亀 山 京 て 、 そ れ ま で 北 流 し て い た も の が 、 こ の あ た り か ら 行 き 来 が 多 く 、 北 陸 の 海 で と れ た 魚 が 、 都 人 の 所 へ 届 け ら れ た も の で あ る 。 東 へ 曲 が っ て 、 琵 琶 湖 へ 注 ぐ こ と に な る 。 あ ゆ お う み や ば け い 小 浜 か ら 、 今 で い う と 国 道 三 〇 三 号 線 を 東 南 へ 向 鮎 や ア マ ゴ の 名 所 で 、 近 江 耶 馬 渓 の 名 も つ い て い か っ て 進 む と 、 上 中 町 に や っ て く る 。 く ま が わ じ ゅ く 昔 、 熊 川 宿 と い っ た 所 で 、 軒 の 低 い 当 時 の 宿 場 夏 な お 涼 し い 渓 流 に 奇 岩 怪 岩 が ご ろ ご ろ し て 、 街 お も か げ ・ 町 の 俤 が ま だ 残 っ て い る 。 道 を 行 く 鯖 商 人 た ち の 眼 を た の し ま せ た こ と だ ろ こ こ は 古 墳 の 多 い 所 で 、 古 代 若 狭 の 国 の 繁 栄 と 文 う 。 し の 化 を 偲 ば せ る 。 み か た こ 朽 ち ゅ く 名 園 の た た ず ま い こ の 上 中 で 、 敦 賀 や 三 方 湖 か ら や っ て き た 鯖 商 人 ぼ だ い じ と 小 浜 の 商 人 が バ ッ タ リ 出 会 っ た こ と だ ろ う 。 近 江 源 氏 の 支 流 に 朽 木 一 族 が あ っ て 、 そ の 菩 提 寺 き の め こ う し よ う じ か い づ 敦 賀 か ら 木 ノ 芽 峠 を 越 え て 、 海 津 へ 抜 け 、 そ こ か だ っ た 興 聖 寺 が 小 高 い 丘 の 上 に み え て く る 。 こ ぼ り え ん し ゅ う ら 舟 に 乗 っ て 琵 琶 湖 の 湖 西 の 沿 岸 を め ぐ っ て 、 和 邇 さ ら に そ の 朽 木 氏 が 造 園 し て 、 小 堀 遠 州 が 手 を と ち ゅ う り ゅ う げ し ゅ う り ん じ へ 上 陸 し て 、 竜 華 越 え で 途 中 へ 入 る 商 人 も い た け れ 加 え た と い う 秀 隣 寺 庭 園 が 遺 っ て い る 。 戦 国 の く り は ん と , っ げ ・ ヘ く つ き ど 、 主 流 は や は り 、 九 里 半 峠 を 経 て 、 朽 木 谷 へ 入 こ ろ 、 兵 乱 を 逃 れ た 足 利 将 軍 が 仮 住 ま い し て い た と っ た も の と 思 わ れ る 。 い う が 、 今 は す っ か り 朽 ち 果 て て 、 か っ て の 面 影 を 偲 ぶ の み で あ る 。 と い う の は 、 こ の 道 が も っ と も 近 か っ た か ら で 、 今 で も 湖 北 の 保 坂 か ら 上 中 へ 抜 け る 山 あ い の 道 は 、 め っ た に 訪 れ る 人 も な く 、 静 か に 、 大 自 然 に 抱 か 夏 で も ひ ん や り と し た 日 か げ に な っ て い る 。 れ て 朽 ち て 行 く 名 園 の た た ず ま い は 、 人 の 世 の 無 情 へ だ 近 江 と 若 狭 と を 隔 て る 山 ま た 山 の あ い だ を く ぐ り を 訴 え る か の ご と く 、 小 さ な 滝 音 を ひ び か せ て い 抜 け て 、 鯖 商 人 は 朽 木 谷 へ 入 っ て い っ た 。 冬 は 積 雪 の た め 、 全 村 閉 じ 込 め ら れ て 交 通 が 途 絶 朽 木 村 は 、 東 西 に そ び え た つ 高 い 峰 み ね に 挾 ま れ え 、 ヘ リ コ プ タ ー で 食 糧 を 運 ぶ よ う な 土 地 柄 で あ る た 文 字 ど お り の 谷 地 で 、 高 山 性 の ブ ナ の 原 生 林 が 見 が 、 最 近 は め っ た に そ ん な こ と は 起 こ ら な い と 、 土 事 で あ る 。 地 の 人 が 話 し て い た 。 鮎 の 季 節 は 釣 人 が 訪 れ る け れ ど 、 そ れ 以 外 は 、 わ あ ど が わ 朽 木 谷 は 、 安 曇 川 に 沿 っ て 集 落 が 点 々 と つ ら な っ ざ わ ざ 訪 ね て く る 人 も す く な い 。 た だ し 、 ど こ で も て い る 。 も っ と も 賑 や か な 所 は 市 場 で 、 川 は 湾 曲 し そ う で あ る が 、 北 陸 か ら 京 へ と 行 き 来 す る ト ラ ッ ク か み な か く つ き の こ

日本の街道 5 京への道


淀 城 ー ー ー 廃 城 に は 亡 び た 人 々 の 見 果 て ぬ 怨 念 が さ ま よ い 、 愁 色 の 漂 い を 感 じ る 。 淀 城 に は そ う し た 詩 情 が あ る 。 1 成 し た 。 当 然 そ こ に は 旅 の 疲 れ を い や し 、 一 夜 の 興 望 ま れ る 。 春 日 ・ 賀 茂 と な ら ん で 朝 廷 の 崇 敬 も 深 を 催 す 遊 楽 の 里 が あ っ た 。 撞 木 町 と 柳 町 に は 遊 廓 、 く 、 ま た 源 氏 の 柤 師 と し て も あ が め ら れ た 。 世 に し よ う か ど う し よ う じ よ う 稲 荷 ・ 墨 染 ・ 中 書 島 に は 茶 屋 町 が あ っ て 繁 盛 し た 。 「 寛 永 の 三 筆 」 と し て 知 ら れ る 松 花 堂 昭 乗 八 だ が 江 戸 中 期 以 後 、 二 つ の 遊 廓 は さ び れ 、 茶 屋 町 は 六 三 ) は 、 そ の 社 僧 で あ っ た 。 し だ い に 拡 大 し 、 な か で も 中 書 島 は 地 の 利 を 得 て 大 男 山 の す ぐ 西 が 橋 本 。 も と は 一 寒 村 で あ っ た が 、 か ん も ん 繁 盛 で あ っ た と い う 。 寛 文 年 間 (— ( ) の こ ろ か ら 旅 宿 が で き て 、 町 並 み を 形 成 し た 。 そ の 旅 宿 に は 二 、 三 人 の 女 が い て 一 び く に 「 淀 の 川 瀬 の み ず ぐ る ま 夜 妻 の 役 割 を し た り 、 @ や 比 丘 尼 ( 黷 翫 淀 は 秀 吉 の 愛 妾 淀 君 の 居 住 し た と こ ろ と し て 知 ら 売 色 し 私 の こ と な ど も い て 評 判 の 里 と な っ た 。 れ る が 、 そ の 居 城 は い ま の 淀 城 で は な く 、 納 所 の 地 三 味 や 太 鼓 が 船 と め る に あ っ た と い う 。 い ま い う 淀 城 は 、 伏 見 廃 城 後 、 そ ふ し ん の 遺 材 を 移 し て 新 た に 松 平 定 綱 に よ っ て 普 請 さ れ 、 淀 川 は 京 ・ 大 坂 を 結 ぶ 幹 線 で あ る が 、 ま た 洪 水 と 治 水 の く り か え し の 歴 史 を も ち 、 古 代 ・ 中 世 に お い 寛 永 二 年 ( 一 一 0 に 完 成 し た 城 で あ る 。 城 は 木 津 川 宇 治 川 ・ 桂 川 の 三 川 合 流 の 中 洲 に 築 か れ た た め 、 て も そ の 事 実 は 枚 挙 に い と ま が な い 。 近 世 に な る と ぶ ん ろ く 「 淀 六 ヶ 町 」 と い う 六 町 の 城 下 町 も 、 城 内 三 町 と 城 ま ず 秀 吉 が 、 文 祿 年 間 (L 込 一 ) に 大 規 模 な 淀 川 改 外 三 町 に 分 か れ て い た 。 修 工 事 を お こ な い 、 い わ ゆ る 「 文 祿 堤 」 を 構 築 し こ の 城 内 町 と 城 外 町 を 結 ぶ の が 大 ・ 小 二 つ の 淀 橋 た 。 こ の 堤 が で き て か ら 、 伏 見 ・ 大 坂 間 の 近 道 と し で 、 淀 大 橋 は 木 津 川 に 架 か り 、 淀 小 橋 は 宇 治 川 に 架 て 枚 方 の 町 が い っ そ う 重 要 と な っ た 。 そ し て 慶 長 六 か っ て い た 。 京 か ら 伏 見 を 経 て 陸 路 大 坂 へ 向 か う に 年 (8 ~ , ) 枚 方 ・ 三 矢 ・ 岡 ・ 岡 新 町 ・ 泥 町 の 五 カ 村 を は 、 城 外 町 納 所 か ら 淀 小 橋 を 渡 っ て 城 下 内 に 入 り 、 も っ て 枚 方 宿 と 定 め ら れ 、 京 街 道 の 人 馬 継 ぎ た て の そ こ か ら 淀 大 橋 を 渡 っ て 抜 け た の で あ る 。 宿 場 と な っ た 。 と こ ろ で 、 宇 治 川 が 淀 川 に 合 流 し た あ た り の 左 岸 ま た 枚 方 は 、 淀 川 茶 船 い わ ゆ る 「 く ら わ ん か 船 」 み ず ぐ る ま に 、 「 淀 の 川 瀬 の 水 車 、 誰 を 待 つ の か く る く る と 」 の 発 着 場 と し て 賑 わ い 、 「 こ こ は ど こ じ ゃ と 船 頭 衆 い か り と う た わ れ た 水 車 が 廻 り 、 そ れ が 淀 の 一 つ の 風 物 詩 に 問 え ば 、 こ こ は 枚 方 鍵 屋 浦 、 鍵 屋 浦 に は 碇 は い ら と し て 、 旅 行 く 人 の 心 を な ご ま せ た 。 ぬ 、 三 味 や 太 鼓 が 船 と め る 」 と う た わ れ 、 鍵 屋 は そ 淀 の 城 下 を は ず れ る と 、 す ぐ 左 手 に 男 山 八 幡 宮 が の 船 宿 と し て 繁 盛 し た 。

日本の街道 5 京への道


椿 寺 地 蔵 院 ー ー 浄 土 宗 の 寺 。 , こ の 椿 の 古 木 は 加 藤 清 正 が 朝 鮮 の 蔚 山 城 か ら 持 ち 帰 り 秀 吉 に 献 上 し た も の と い う 。 た も な い 。 御 土 居 が 残 っ て い た こ ろ は 竹 藪 つ づ き の 寂 し い 川 端 で 、 春 先 に な る と 藪 椿 が い た る と こ ろ に 赤 い 花 を つ け て い た そ う だ が 、 今 は 川 底 も コ ン ク リ ー ト に な っ て 、 う ぐ い す は し 鶯 の 嘴 洗 ひ け り 紙 屋 川 ( 暁 台 ) Ⅲ い た け や ぶ と い っ た 風 情 は ま っ た く 見 ら れ な い 。 京 の 歳 月 を 刻 ん だ 大 通 り 橋 を 渡 る と 大 将 軍 八 神 社 が あ る 。 平 安 京 建 設 の と き 、 王 城 守 護 の た め に 都 の 四 方 に 祀 ら れ た 大 将 軍 社 の 一 つ だ と い わ れ る 。 古 い 神 像 が 八 〇 体 あ ま り も 保 ほ う よ け 存 さ れ て い る の が 珍 し く 、 今 は 方 除 の 神 社 と し て 信 物 仰 を 集 め て い る 。 一 神 社 の 前 を 一 五 〇 メ ー ト ル ほ ど 行 く と 、 一 条 通 り は 御 前 通 り と 食 い ち が い に 交 差 を す る 。 そ の 御 前 通 り が 平 安 京 の 西 大 宮 大 路 で 、 こ こ を す ぎ る と 通 り の 右 側 は 大 内 裏 の 北 辺 に な り 、 主 と し て 官 の 蔵 な ど が 並 ん で い た よ う で あ る 。 庶 民 的 な 活 気 の 溢 れ る 北 野 商 店 街 が つ づ く こ の 通 り を 、 か っ て は チ ン チ ン 電 車 の 愛 称 で 親 し ま れ た 市 電 北 野 線 が 走 っ て い た 。 車 庫 の 跡 に は そ の 一 台 が 保 存 さ れ て い る 。 か ぎ 一 条 通 り は 六 軒 町 通 り で 、 鍵 の 手 に 北 へ 折 れ て す ぐ に ま た 東 へ 延 び て い る 。 こ の あ た り は す で に 西 陣 、 今 ま で 歩 い て 来 た 道 筋 と は 一 変 し て 、 京 風 民 家 京 の 立 ち 並 ぶ 落 ち つ い た 雰 囲 気 の 通 り に な る 。 や が て 千 本 通 り を 横 断 す る 。 か っ て の 朱 雀 大 路 の 譎 延 長 が 、 大 内 裏 跡 の 原 野 を 縦 断 し て で き 上 が っ た 通 栄 た か が み ね り だ 。 ど こ ま で も 北 へ 行 け ば 、 鷹 峰 か ら 北 山 の 峠 朝 を 越 え て 遠 く 若 狭 へ つ づ く 古 道 と な り 、 南 は 鳥 羽 を よ ど 経 て 淀 か ら 大 阪 へ 通 じ て い る 。