検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽

写楽から 287件ヒットしました。

写楽


利 用 し た コ レ ク シ ョ ン 所 蔵 家 名 に つ い て は 、 基 本 的 に 本 書 の 初 版 段 階 で 判 明 し て い た 所 蔵 家 名 を 掲 載 し て い る が 、 浮 世 絵 の 所 蔵 が そ の 後 他 人 に 移 っ た こ と が 確 認 で き た も の に つ い て は 、 新 し い 所 蔵 家 名 を 載 せ た 。 E D B A 略 語 「 古 美 術 (Altkunst) 」 ー ベ ル リ ン グ イ ド ・ プ レ ッ ト ハ ウ ザ ー (GuidoBretthauser) 博 士 ー ミ ュ ン ヘ ン デ レ ン ベ ル グ (Derenberg) 博 士 ー ハ ン プ ル グ 聞 ・ べ ー レ ン ス (Behrens) 総 領 事 ー ハ ン プ ル グ 212

写楽


六 代 目 市 川 団 十 郎 。 紋 丸 に 鯉 登 り 。 前 の 名 前 ( 俳 名 ) 成 田 屋 三 升 。 赤 と 暗 緑 色 。 ZO ワ 3 0 、 1034 。 ( 「 ー 大 鼻 の 男 ー 」 ) >k0 図 版 。 瀬 川 菊 之 丞 。 紋 菊 に 蝶 。 前 の 名 前 ( 俳 名 ) 浜 村 屋 路 孝 ( 路 考 ) 。 暗 緑 色 で 、 黒 の 縁 の 付 い た 着 物 。 下 着 は 紫 、 赤 、 白 。 図 版 。 山 下 金 作 。 紋 蝶 。 前 の 名 前 ( 俳 名 ) 天 王 子 屋 里 虹 。 紫 、 黒 の 縁 の 付 い た 着 物 。 赤 と 白 の 下 着 。 以 前 は 。 図 版 。 中 山 富 三 郎 。 紋 水 に 浮 か ぶ 花 。 前 の 名 前 ( 俳 名 ) 近 江 屋 錦 車 。 女 方 。 花 模 様 の 櫛 。 > 。 追 加 図 版 。 市 川 高 麗 蔵 。 紋 丸 に 半 分 の 花 が 四 つ ( 紋 一 覧 表 ・ ) 。 前 の 名 前 ( 俳 名 ) 高 麗 屋 錦 升 。 腕 を 組 ん だ 男 だ て 。 追 加 図 版 。 市 川 八 百 蔵 。 紋 リ ン ド ウ 。 前 の 名 前 ( 俳 名 ) 橘 屋 中 車 。 半 分 閉 じ た 扇 子 を 持 っ 。 ・ 9 。 追 加 図 版 。 た 大 名 。 着 物 の 上 の 紋 z 2 図 中 村 仲 蔵 ( 紋 8 、 ヴ ィ ニ エ が 言 う よ う な 此 蔵 で は な い ) 。 紋 五 本 縞 か ら な る 源 氏 の 紋 だ が 、 上 部 が 切 れ て い る の で 正 確 に 同 じ で は な い 。 前 の 名 前 ( 俳 名 ) 堺 屋 秀 鶴 。 男 だ て 。 帽 子 と 体 に び っ た り 合 っ た 長 袖 の 胴 衣 は 赤 。 着 物 は 黒 と 淡 黄 色 の 縞 模 様 。 非 常 に 色 鮮 や か で あ る 。 V257 。 オ ー ベ ル ト (Aubert) 一 覧 表 で は Ⅷ 230

写楽


初 代 鳥 居 派 初 代 清 信 ( 落 款 な し ) 。 鎖 を ち ぎ る 主 人 公 ま た は 魔 神 と し て の 役 者 中 島 勘 左 衛 門 。 版 元 : 小 松 屋 。 1703 年 直 後 の 最 も 早 い 時 期 の 、 鉛 丹 と 黄 汁 を 用 い て 手 で 着 色 さ れ た 細 絵 ( 丹 絵 ) 。 ク ル ト 所 蔵 初 代 鳥 居 派 初 代 清 信 。 役 者 : 初 代 瀬 川 菊 三 郎 と 初 代 市 村 竹 之 丞 。 版 元 : 伊 賀 屋 。 金 粉 と に か わ 絵 具 を 用 い て 手 で 着 色 さ れ て い る ( 漆 絵 ) 。 ク ル ト 所 蔵 ル 、 121 学 ー り 鳥 居 派 二 代 目 清 倍 。 役 者 : 富 士 の 近 く を 遍 歴 す る 歌 僧 西 行 役 ま た は 曽 我 物 語 の 作 中 人 物 役 の 初 代 市 村 竹 之 丞 。 版 元 : い せ や 。 金 粉 、 に か わ 絵 具 、 赤 褐 色 、 黄 色 を 用 い て 手 で 着 色 さ れ て い る 。 ク ル ト 所 蔵 鳥 居 派 二 代 目 清 信 四 郎 。 1748 年 に 竹 田 出 雲 に よ っ て 書 か れ た 「 忠 臣 蔵 」 第 七 幕 か ら の 、 浪 人 の 首 領 由 良 之 助 の 息 子 力 弥 と そ の 愛 人 お 軽 を 演 じ る 役 者 佐 野 川 市 松 と 中 村 粂 太 郎 。 版 元 : 江 戸 の 丸 屋 。 若 者 の 帽 子 の 上 で 二 枚 の 版 木 を 摺 り 重 ね る こ と に よ る 、 淡 紅 色 と 青 緑 色 の 二 色 摺 。 ク ル ト 所 蔵

写楽


龍 蔵 は 、 人 け の な い 路 地 で は 出 会 い た く な い 一 級 の 無 頼 漢 の 典 型 と し て 登 場 す る 。 つ ま り 、 こ の 役 者 自 身 が ま さ に 模 範 的 な 犯 罪 者 の タ イ プ で な け れ ば な ら な か っ た わ け で あ る ! ( ・ 、 図 版 番 号 を 五 代 目 団 十 郎 が 演 じ て い る よ う な 、 古 典 的 に 特 徴 づ け ら れ た 卑 劣 漢 、 陰 謀 家 と し て の 家 老 高 師 直 の 役 は 、 役 者 の 貪 欲 さ と 好 色 さ を 同 時 に 表 し て い る ー ー ー そ れ は 武 蔵 守 で あ っ た こ の 男 。 、 図 版 番 号 聖 が 「 陰 謀 と 愛 」 の 名 に お い て 行 っ た と こ ろ の も の で あ ろ う ! ( z ・ 3 菊 之 丞 は 自 分 が 演 ず る 若 い 娘 の 半 ば 子 供 の 顔 の 中 に 、 無 思 慮 な 色 つ ほ さ を 込 め て 、 そ し て そ れ に 、 自 分 が ど の ぐ ら い 愚 鈍 に 見 え て い る か を 想 像 せ ぬ ま ま 喜 ん で 自 ら を 投 影 さ せ た ( ・ S* 、 図 版 番 号 的 ) 。 ま た 中 山 富 三 郎 は 女 方 の 役 の 中 で 、 自 分 自 ら 抜 け 目 が な く て 、 き わ め て 狡 猾 な な ら ず 者 で 0 、 図 版 番 号 。 あ る こ と を 秘 匿 す る こ と か で き な い ( z ・ 3 図 版 番 号 侍 本 蔵 役 の 虎 蔵 は 、 水 牛 の 愚 鈍 さ と 古 風 な 威 厳 を 合 わ せ 持 っ 男 で あ る ( 、 主 役 を 演 じ る 彦 三 郎 は 、 自 分 が 扮 す る 主 人 公 の 忍 耐 を 越 え た 脳 萎 縮 と 痴 呆 を 示 し て お り ( 、 図 版 番 号 ) 、 ま た こ の 病 気 の 浪 人 は 松 助 の 演 技 の 中 で 一 人 の 個 人 に な っ て し ま い こ ろ う 。 ・ 、 図 版 番 号 ) 。 こ れ ら 激 情 に か 感 染 を 恐 れ る 偏 狭 固 陋 な 人 た ち は 彼 を 避 け て 通 る (z 3 ら れ た 人 た ち を 要 約 し た も の か ら 四 つ の 気 質 を 見 つ け 出 す の は 、 非 常 に 簡 単 な こ と で あ る 。 1 ラ 7

写楽


、 4 、 図 版 番 号 四 。 三 代 目 瀬 川 菊 之 丞 、 二 代 目 大 谷 鬼 次 、 二 代 目 坂 四 番 目 の シ ー ン ( ・ 芻 東 三 津 五 郎 ) は 、 す で に 写 楽 で 二 度 、 す な わ ち 最 初 の 細 絵 シ リ ー ズ の 9 と ・ 新 ( 図 版 番 号 幻 、 と 図 版 番 号 1 3 、 ) で 見 て き て い る 。 こ れ は 「 忠 孝 貴 人 伝 」 の ド ラ マ に 由 来 す る 。 こ れ に は 猿 回 し の ジ ョ ジ ロ ウ ( ? ) が 、 と て も 愛 ら し い 子 猿 、 三 味 線 、 そ し て こ の 四 つ 足 の 獣 が そ の 上 で 跳 ね 回 る 木 の 台 と 一 緒 に 登 場 す る が 、 さ ら に 獅 子 の 面 を 付 け た 踊 り 手 と し て 跳 ね 回 り ( 獅 子 舞 ) 、 滑 稽 な ダ ル マ の 模 様 の 着 物 を 着 た 彼 の 邪 悪 の 弟 キ ジ ュ ウ ( ? ) 、 そ し て 最 後 に 二 人 の 妹 で 瓢 簟 と 私 の 知 ら な い 道 具 を 持 っ た お 俊 が 出 て く る 。 獅 子 の 踊 り 手 は 二 つ の バ チ を 持 っ て 大 き な 手 太 鼓 を 叩 い て い る 。 五 番 目 の シ ー ン ( ・ 芻 、 5 、 図 版 番 号 部 。 三 代 目 坂 本 彦 三 郎 、 二 代 目 中 村 助 五 郎 、 岩 井 喜 代 太 郎 ) は 、 主 人 公 が 有 名 な 渡 辺 ( 綱 ) 一 族 の 高 官 に ま つ わ る ド ラ マ か ら と っ た も の で あ る 。 冬 の 夜 、 氷 で 覆 わ れ た 木 々 、 寒 さ の 中 で ざ わ っ い て い る 茂 み 、 そ し て 雪 が 降 っ て い る 。 こ の 高 官 は 竹 の 格 子 戸 の 前 に 立 っ て 、 き ら び や か な 絹 の 着 物 に 、 く る く る 回 り な が ら 舞 い 落 ち る 雪 か か か ら な い よ う に 傘 を 差 し て い る 。 麦 藁 の 帽 子 を 被 り 、 醜 く 太 っ た 彼 の 従 者 は 、 半 身 半 獣 の 森 の 神 フ ァ ウ ヌ ス の よ う に 寒 さ に 身 を 縮 め て 、 彼 の 主 人 の 紋 の 入 っ た 提 灯 を 地 面 に 置 い て い る 。 お 茶 屋 の 娘 が 内 側 か ら 扉 を 開 い て 、 二 人 を 見 つ め て い る 。 六 番 目 の 浮 世 絵 ( ・ 芻 、 6 、 図 版 番 号 別 。 一 一 代 目 市 川 高 麗 蔵 、 市 川 男 女 蔵 、 中 山 富 三 郎 ) に は 四 番 目 と 同 じ よ う に 、 大 き な カ エ デ の 木 が 描 か れ て い る 。 こ の 木 と も う 一 本 の 木 の 間 に 179

写楽


私 に は 常 に 、 あ た か も 八 百 蔵 の 目 か ら 写 楽 自 身 が 私 を 見 つ め て い る か の よ う に 感 じ ら れ る 言 う に 言 わ れ ぬ 悲 し み を 湛 え て 、 た だ し 非 常 に し つ か り と み つ め て い る の だ 。 グ ロ テ ス こ う し た 目 の 創 作 者 に ク な 銀 色 の 地 の 大 首 絵 の 創 作 者 を 人 々 は 賛 美 し て い る に 違 い な い 、 人 々 は 好 意 を も っ た に ち か い な い ー ( 、 図 版 番 号 無 駄 な 骨 折 り 。 源 歌 麿 が 同 じ 八 百 蔵 を 彼 の 美 人 画 で 好 ん で 用 い た 技 法 で 、 美 し い 若 者 と し て 描 く と い う こ と を 敢 え て し た と き 、 彼 の 浮 世 絵 は 大 騒 ぎ を 引 き 起 こ し た 。 誰 も 新 し い 技 法 を 望 ま な か っ た し 、 硬 直 し て し ま っ て い る 舞 台 の 馬 鹿 者 た ち の か っ て の 旧 態 依 然 た る 仕 事 ぶ り は ド グ マ に な っ て し ま っ た 。 歌 麿 は そ れ に も か か わ ら ず そ れ を む だ 骨 に 終 わ ら せ る た め に 、 気 に 掛 け て な い 態 度 を と っ て い た 。 し か し 、 歌 舞 妓 堂 写 楽 は ど う だ っ た の か ? 「 彼 は 気 に 入 ら れ な か っ た の で あ る 」 こ れ が す べ て で あ っ た 。 失 脚 し た こ の 偉 人 の 言 う こ と は 、 も は や 信 用 さ れ な く な っ て い た 。 歌 舞 妓 堂 も ま た 、 他 の 絵 師 た ち の 中 に 、 彼 を ほ と ん ど コ ピ ー し た 初 代 国 政 の よ う な 模 倣 者 を 見 つ け た 。 ズ ッ コ は 彼 の 『 Toyokuni 』 ( 図 版 ) で 、 こ の 絵 師 ( 国 政 ) の 絵 を 一 枚 発 表 し た が 、 こ の 絵 は 我 々 の 八 百 蔵 の 絵 の お 粗 末 な 盗 作 の 印 象 を 与 え る 。 ア ー サ ー ・ デ ィ ビ ソ ン ・ フ イ ケ は 、 あ る 女 方 の 役 者 の 非 常 に 出 来 の 悪 い 半 身 像 を 描 い た 彼 の カ タ ロ グ の 摺 物 ( ・ Ⅷ ) の 中 に 、 自 身 の 名 前 を 「 春 門 」 と い う 暗 示 的 な 筆 名 で 隠 し た 写 楽 の 門 人 の 筆 跡 を 見 分 け よ う と し た 。 し か し こ れ は 思 い 違 い で あ る 。 白 ( 柏 ) 楊 亭 春 門 は 書 き 添 え ら れ た 歌 の 詩 人 で 、 そ の 絵 自 体 に は 落 款 は 押 さ れ ず 、 そ れ に 後 期 の こ の 作 品 に は 写 楽 の

写楽


者 ' 、 似 (b) (a) 下 絵 画 の 新 版 図 版 な し g と を く っ て 類 し て し 、 る が 鼻 は そ れ ほ 張 さ れ て い な い 落 款 歌 妓 呈 い る 0 左 向 き 里 っ ほ い 黄 の 刀 の 鞘 を 上 持 ち 上 げ て る 隈 取 り は 赤 と 冂 21 中 村 仲 蔵 高 位 の 侍 大 き い 光 沢 の あ る 里 帽 子 を か ぶ 紫 の 格 子 の 着 物 を 着 て 扇 子 を 持 た 役 落 款 は と 同 じ Gi 671 図 版 な し (d) 中 村 家 の 人 の 役 者 小 姓 落 款 な し Su M K 図 版 中 山 富 郎 方 落 款 舞 妓 堂 艶 宝 竟 画 図 版 Ba Ba Ba 2 図 版 1 市 川 八 百 蔵 位 の 侍 落 歌 舞 妓 画 K 図 版 な 説 明 は 本 文 九 頁 以 降 3 2. そ れ ぞ れ 人 の 半 身 像 を 描 た 大 で 地 は 明 る 色 多 分 十 枚 正 確 248

写楽


ズ ム 的 な も の で は ま っ た く な か っ た ! 伝 統 に つ い て 何 ら の た め ら い も な く 、 最 終 的 結 論 を 8 絵 画 の あ ら ゆ る 分 野 で の 歌 麿 の 発 見 か ら 引 き 出 し た 男 、 葛 飾 北 斎 は 、 の ち に 傑 作 版 画 の 民 族 的 芸 術 性 に 実 際 に と ど め を 刺 し て 、 そ れ を 純 粋 絵 画 に 逆 戻 り さ せ た 。 す で に 我 々 が 聞 き 知 る 通 り 、 『 画 本 虫 撰 』 の 版 元 の 重 三 郎 の と こ ろ に 出 入 り し て い た 写 楽 は 、 当 然 の こ と な が ら こ の 作 品 の こ と を よ く 知 っ て い た 。 彼 が 有 名 な 歌 麿 と 個 人 的 な 接 触 が あ っ た か ど う か 、 私 に は 疑 わ し い 。 例 の 誇 り 高 い 、 個 性 的 な 歌 麿 が 、 舞 台 で 騒 が し い 所 作 を す る 人 を 描 く こ と に 対 し て 、 ど の ぐ ら い 消 極 的 な 態 度 を と っ た か 、 我 々 は 知 っ て い る 。 彼 は そ も そ も 控 え 目 で 、 親 し み や す い 性 格 で は な く 、 ま た 彼 の 芸 術 家 仲 間 よ り も 、 む し ろ 美 し い 女 性 に 彼 流 の 理 解 を 求 め た 。 ま さ に こ の 時 期 に 、 「 青 楼 」 の 重 苦 し い 雰 囲 気 の 中 に い た 大 変 に 美 し い 娘 が 、 彼 を 愛 の 虜 に し て し ま っ た 。 そ の 娘 は 「 扇 屋 」 の 魅 力 的 な 滝 川 で 、 当 時 彼 女 は そ こ の 女 仲 間 で 、 有 名 な 花 扇 よ り ず っ と 人 気 が あ っ た 。 そ し て 、 や っ と 有 名 に な り か け て い た 歌 麿 に は ポ ス タ ー と 役 者 絵 の 絵 師 に な る た め の 時 間 は 、 確 か に わ ず か し か な か っ た 。 し か し 写 楽 は ま っ た く 違 っ た こ と を 感 じ ざ る を 得 な か っ た ! 石 燕 の 模 範 的 な 結 論 の 中 に 、 稲 妻 の よ う に 彼 の 頭 を よ ぎ っ た あ る 言 葉 が あ っ た 。 そ れ は 発 言 全 体 の 中 の 核 心 的 言 葉 、 つ ま り 「 自 然 の 写 し 」 で あ っ た 。 そ れ は 全 面 的 に 彼 の 新 し い 芸 名 、 写 楽 に 対 応 す る も の で あ っ た , 自 然 を 写 す ー ー し か ら ば な ぜ 最 小 の 生 物 か ? そ の 傑 作 こ そ 人 間 で は な か っ た の か ? そ し て 、 こ の よ う に 写 す と い う 行 為 は 物 質 と し て 存 在 す る も の の 退 屈 な 模 写 を 意 味 し な い と 、

写楽


。 半 年 間 〔 〕 ) 創 作 活 動 を ( 〔 新 、 〕 。 ) 止 め た ( o 〔 新 〕 。 彼 は そ れ を 断 念 し た 〔 〕 両 方 の 単 語 〔 新 、 〕 の ち に 〔 〕 ) 。 彼 は 五 代 目 白 猿 、 の ち に キ ョ ウ ジ ュ ウ ロ ウ と 名 乗 っ た 幸 四 郎 、 半 四 郎 、 菊 之 丞 、 仲 蔵 、 富 十 郎 、 広 次 、 助 五 郎 鬼 次 な ど を 描 い た ( o 〔 新 〕 。 五 代 目 白 猿 、 幸 四 郎 、 菊 之 丞 、 仲 蔵 、 富 十 郎 、 鬼 次 〔 新 〕 ) 、 そ し て 彼 は 背 景 ( o 〔 新 〕 ) を 雲 母 で 覆 う や り 方 で ( 〔 新 〕 。 彼 は 多 数 の 雲 母 摺 絵 を 描 い た と 言 わ れ て い る 〔 新 〕 。 彼 は い わ ゆ る 雲 母 摺 絵 を そ の 発 明 者 と し て 制 作 し た 最 初 の 人 物 で あ っ た 彼 は 雲 母 摺 絵 の 発 明 者 で あ っ た 〔 新 〕 ) 、 寛 政 ( 一 七 八 九 年 、 ) 年 間 の 初 期 か ら 、 通 常 雲 母 摺 絵 と 呼 ば れ る た く さ ん の 摺 物 を 制 作 し た ( 〔 新 〕 ) 。 ( 角 括 弧 内 は 補 足 ) 「 写 楽 は 普 段 は 十 郎 兵 衛 と い う 名 を 名 乗 っ て 、 江 戸 の 八 丁 堀 に 住 ん で い た 。 彼 は 〔 も と も と 〕 斎 藤 家 の 能 役 者 で 、 〔 自 ら 〕 東 洲 斎 〔 の 名 前 で 〕 世 襲 藩 主 〔 蜂 須 賀 治 昭 〕 の 阿 波 地 方 に 最 古 の 文 献 の 復 元 の 試 み 207

写楽


式 組 。 富 右 衛 門 の 版 画 も 、 追 加 図 版 。 市 川 高 麗 蔵 と 五 代 目 市 川 団 十 郎 。 字 の 書 か れ た 箱 ( ( ? ) ( 笈 ) を 持 っ た 六 部 ( 仏 教 徒 の 巡 礼 者 ) 役 。 岩 井 半 四 郎 。 訪 れ た 寺 の 名 前 が 載 っ て い る 木 札 の 東 を 首 に 巻 い た 女 巡 礼 者 役 。 >ä ( 二 枚 の 絵 ) と > 。 ( 二 枚 目 の 版 画 の 落 款 か ら は 、 「 ー 楽 」 だ け し か 残 っ て い な い 。 ヴ ィ ニ エ は 「 写 楽 」 と し か 載 っ て い な か っ た と 、 間 違 っ た 推 測 を し て い る 。 彼 が 所 蔵 す る 三 枚 目 の 版 画 の 地 は 自 称 無 色 ) 。 追 加 図 版 。 2 糸 判 。 黄 つ ぶ し 。 落 款 は 一 行 。 私 が 今 ま で グ ル ー プ に ま と め る こ と が で き な か っ た 個 別 の 浮 世 絵 。 男 方 坂 東 三 津 五 郎 。 水 色 の 帽 子 を か ぶ り 、 背 中 に 柴 の 束 を 背 負 っ て い る 。 右 向 き 。 >ä0 追 加 図 版 。 市 川 門 之 助 。 刀 を 差 し 、 扇 子 を 持 っ て 、 右 を 向 い て 立 っ て い る 上 品 な 侍 役 。 両 手 を 隠 し て い る 。 ( 版 元 印 は 削 り 取 ら れ て い る ) 。 図 版 な し 。 237