検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽 仮名の悲劇

写楽 仮名の悲劇から 500件ヒットしました。

写楽 仮名の悲劇


や お ぞ う 写 楽 は 市 川 高 麗 蔵 を 、 市 川 八 百 蔵 と 並 ん で 最 も 多 く 描 い て い る 。 こ れ は 高 麗 蔵 が 当 時 人 気 の 出 か か っ て い る 新 進 ス タ ー で あ っ た こ と に も よ る が 、 し か し そ れ 以 上 に 写 楽 が 高 麗 蔵 を 好 ん で い た か ら で は な い か と 思 う 。 三 代 目 市 川 高 麗 蔵 は 四 代 目 松 本 幸 四 郎 の 子 供 で あ り 、 安 永 元 年 、 父 の 名 を つ い で 高 麗 蔵 と な っ た 。 春 好 が こ の 高 麗 蔵 の 絵 を 描 い て い る 。 高 麗 蔵 の 特 徴 は 、 は な は だ 高 い 尖 っ た 鼻 で あ る 。 こ う い う 先 天 的 な 鼻 の 高 さ は 、 荒 事 の 役 者 で あ る 高 麗 蔵 に 幸 い し た に 違 い な い 。 鉤 型 の 眉 毛 、 鋭 い 目 、 高 い 鼻 、 へ の 字 型 の ロ と 、 そ し て 皺 。 春 好 ら し い 似 顔 紜 で あ る 。 の 春 英 の 描 い た 高 麗 蔵 の 絵 と 写 楽 お よ び 豊 国 の 描 い た 高 麗 蔵 の 絵 に つ い て は 、 す で に 第 六 章 か た き う ち の り や い ば な し で く わ し く 比 較 を し た 。 同 じ 寛 政 六 年 五 月 の 桐 座 『 佐 志 賀 大 3 敵 討 乗 合 話 』 の 志 賀 大 七 の 絵 掲 を 描 き な が ら 、 春 英 絵 と 写 楽 絵 と は 大 い に 異 な っ て い た 。 そ し て 写 楽 の 高 麗 蔵 は 、 寛 政 八 年 に 豊 国 が 描 い た 佐 々 木 巌 流 あ る い は 石 川 五 右 衛 門 と 思 わ れ る 高 麗 蔵 の 絵 に 、 は な は だ よ く 似 社 て い た の で あ る 。 豊 国 も ま た 、 こ の 市 川 高 麗 蔵 が 得 意 で あ っ た ら し く 、 高 麗 蔵 の 絵 を 「 役 者 舞 台 之 姿 絵 」 に お い て 少 な く と も 五 点 描 い て い る 。 そ し て こ の 豊 国 の 絵 と 写 楽 の 絵 と は 、 相 互 に た い へ ん よ く 似 て い る 。 そ の 一 つ 一 つ に つ い て 、 こ こ で 比 較 は 行 わ な い が 、 一 点 だ け 一 言 及 し て お き た い 絵 が あ る 。 大 正 十 四 年 、 豊 国 没 後 百 年 の 記 念 遺 作 展 の 出 品 作 を 集 め た 『 豊 国 浮 世 絵 集 』 ( 大 正 燔 年 雄 山 閣 ) に 、 私 は 次 の 図 を 見 出 し た 。 大 判 の 半 身 像 で 版 元 は 山 口 屋 忠 助 で あ る が 、 こ の 絵 は 写 楽 の 第 三 期 の 間 判 半 身 像 の 高 麗 蔵 の 絵 ( ロ 絵 8 ) と 瓜 二 つ で あ る 。 多 少 眉 毛 の 形

写楽 仮名の悲劇


テ レ ビ に お け る 池 田 満 寿 夫 氏 の 新 説 本 論 に 入 る 前 に 少 し 論 じ て お き た い こ と が あ る 。 そ れ は で 放 映 さ れ た 池 田 満 寿 夫 氏 こ れ ぞ う の 写 楽 論 に つ い て で あ る 。 こ の 説 は 写 楽 絵 の 作 者 は 写 楽 絵 に 登 場 す る 道 化 役 者 中 村 此 蔵 そ の 人 で あ る と い う 説 で あ る 。 こ れ は 昭 和 五 十 九 年 七 月 一 日 夜 八 時 か ら の 特 集 「 謎 の 絵 悲 の 師 ・ 写 楽 」 と し て 放 映 さ れ た も の で あ る 。 な に ぶ ん 総 合 テ レ ビ は 聴 視 者 も 多 く 、 信 頼 名 性 も 高 く 、 そ の 上 そ れ は 版 画 家 と し て 写 楽 の 後 輩 に あ た る 有 名 な 芸 術 家 池 田 満 寿 夫 氏 の 説 で 一 仮 楽 あ る の で 、 こ の 番 組 は 大 評 判 と な り 、 写 楽 Ⅱ 中 村 此 蔵 は あ ま ね く 知 ら れ る よ う に な っ た 。 そ し て 聴 視 者 の 中 に は 、 も う 写 楽 は 中 村 此 蔵 で あ る と 思 い 込 ん だ 人 も あ り 、 私 が こ の 著 書 を 書 く と 言 っ た ら 、 も う 決 ま っ て い る の に 何 を 書 く 必 要 が あ る か と 忠 告 し て く れ る 人 さ え い た 。 池 田 氏 が 写 楽 を 中 村 此 蔵 と 決 め つ け た の に は い く つ か の 前 提 が あ る 。 そ の 前 提 を 論 理 的 に 整 理 す る こ と は 必 ず し も 容 易 で は な い が 、 次 の よ う な 条 件 の 上 に 推 理 は 成 り 立 っ て い る と 思 一 、 写 楽 絵 は 四 期 に わ た る が 、 そ の 中 で 第 一 期 の 作 品 の み が 彼 の 真 作 で あ る 。 ひ ろ じ 一 一 、 写 楽 は 東 洲 斎 を 名 乗 る が 、 俳 号 を 東 洲 と し て 名 乗 る 役 者 は 三 代 目 大 谷 広 次 で あ る 。 そ さ さ や 肥 、 い に は 、 止 め た 方 か よ い と い う 囁 き か あ る か 、 し か し 、 も う ど う に も な ら な い 。 真 実 を 知 り た い と 思 う 私 の 心 の 要 求 は 、 も う ど う に も な ら な い 。 危 険 を 冒 し て 写 楽 探 求 を 始 め よ う と 思 、 つ 0 0 や ま す お

写楽 仮名の悲劇


ゆ ら て つ じ Ⅷ 研 究 浮 世 絵 師 葛 飾 北 斎 説 由 良 哲 次 昭 和 年 ( 「 芸 術 新 潮 」 7 月 号 ) テ レ ビ 能 面 師 土 左 ヱ 門 の 次 郎 太 大 岡 信 昭 和 年 ( 8 月 日 放 映 ) し ば こ う か ん せ つ 研 究 浮 世 絵 師 司 馬 江 漢 説 福 富 太 郎 昭 和 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 号 ) え の も と ゆ う さ い 四 研 究 版 元 蔦 屋 重 三 郎 説 榎 本 雄 斎 昭 和 年 ( 『 写 楽 ー ま ば ろ し の 天 才 』 新 人 物 往 来 社 ) こ れ は 昭 和 四 十 四 年 ま で の 表 で あ る が 、 そ の 後 目 に つ い た 説 を つ け 加 え る と 以 下 の よ う に な る で あ ろ 、 つ か 劇 研 究 俳 人 谷 素 外 酒 井 藤 吉 昭 和 年 ( 川 月 新 日 「 読 売 新 聞 」 ) い っ ぴ っ さ い ぶ ん ち ょ う の 引 研 究 浮 世 絵 師 一 筆 斎 文 調 出 井 祐 治 昭 和 妬 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 肥 号 ) 一 一 ん ど ・ つ 名 反 研 究 絵 師 片 山 写 楽 近 藤 喜 博 昭 和 町 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 絽 号 ) 楽 芻 研 究 阿 波 藩 絵 師 矢 野 典 博 瀬 尾 長 昭 和 年 ( 「 季 刊 浮 世 絵 」 号 他 ) と し お 引 研 究 版 元 蔦 重 工 房 説 鈴 木 敏 夫 昭 和 簡 年 ( 「 江 戸 の 本 屋 』 中 央 公 論 社 ) げ さ く し ゃ み わ そ う 研 究 戯 作 者 山 東 京 伝 谷 峯 蔵 昭 和 年 ( 『 写 楽 新 考 』 文 藝 春 秋 ) 研 究 版 元 蔦 屋 重 三 郎 阿 部 清 昭 和 年 ( 3 月 S 日 「 読 売 新 聞 ー ) 小 説 秋 田 蘭 画 の 絵 師 近 松 昌 栄 高 橋 克 彦 昭 和 年 ( 『 写 楽 殺 人 事 件 』 講 談 社 ) 劇 画 浮 世 絵 師 喜 多 川 歌 麿 石 ノ 森 章 太 郎 昭 和 田 年 ( 「 死 や ら く 生 』 中 央 公 論 か つ ひ こ

写楽 仮名の悲劇


め に は 、 脚 本 を 豊 か な 想 像 力 で 解 釈 し 、 そ の 芝 居 の 登 場 人 物 を 役 者 に 重 ね あ わ せ て 、 自 ら の 想 像 の 舞 台 が 描 つ う ぎ よ う こ の け る ほ ど に 芝 居 に 通 暁 し て い な け れ ば な ら な い 版 下 絵 は 、 そ う し た 写 楽 の 資 質 と そ の 仕 事 の 秘 密 を 示 し て い る よ う に 思 わ れ る 。 こ の 版 下 絵 に 、 大 谷 鬼 次 、 せ が わ き く の じ よ う ば ん ど う み つ こ ろ う 瀬 川 菊 之 丞 、 坂 東 三 津 五 郎 の 三 人 を 描 い た も の が あ り 、 そ れ が 大 和 万 歳 姿 の 仲 蔵 と 菊 之 丞 の 写 楽 絵 、 お よ び 豊 国 絵 に 、 大 変 よ く 似 て い る 。 版 下 絵 の 鬼 次 の 足 は 、 写 0 、 の 楽 絵 の 仲 蔵 の 足 の か た ち に よ く 似 て い て 、 菊 之 丞 の 着 す そ 一 る 物 の 文 様 や 裾 の 垂 れ 具 合 は 、 逆 に 豊 国 絵 に 似 て い る の 楽 、 称 は 面 白 い 。 鬼 次 す な わ ち 仲 蔵 の 紋 が 、 〈 中 字 車 〉 で は く つ わ ぐ 第 を 絵 な く 、 版 下 絵 で は ま だ 、 大 谷 一 門 の 〈 轡 〉 に 鬼 の 字 、 レ / 司 / / , レ 」 下 で あ る こ と に 注 意 す る 必 要 が あ ろ う 。 版 下 絵 は 仲 蔵 を 写 襲 名 す る 前 に 描 か れ た の で あ る 。 こ れ を も と に 、 豊 国 絵 や 写 楽 絵 は つ く ら れ た と み る べ き だ ろ う 。 あ い ば ん 沢 村 宗 十 郎 の 孔 雀 三 郎 に つ い て は 、 写 楽 は 間 判 の 一 人 半 身 像 と 細 判 の 一 人 全 身 像 の 二 点 を か た お か に ざ え も ん な と ら 描 い て い る 。 細 判 は 「 片 岡 仁 左 衛 門 の 紀 の 名 虎 」 ( 次 頁 ) と セ ッ ト を な す 夜 の 場 面 を 描 い た た け や ぶ そ と ・ つ ば も の で 、 背 景 の 竹 ~ 數 に は 不 気 味 に 卒 塔 婆 が た っ て い る 。 写 楽 は 第 三 期 の 細 判 に は し き り に 背 256

写楽 仮名の悲劇


品 の 真 偽 の 鑑 定 が そ ん な 機 械 で 簡 単 に で き る と 考 え る の は お か し い 。 そ し て 第 二 期 以 後 の 作 品 が 偽 作 で あ る と し た ら 、 何 の た め に か く も 大 量 の 偽 作 の 錦 絵 が 、 下 っ 端 役 者 の 余 技 で あ る 写 楽 の 作 品 と し て 、 か く も 大 量 に 作 ら れ た か と い う こ と は さ つ ば り 説 明 か っ か な い 。 ま た 三 代 目 大 谷 広 次 の 俳 号 が 東 洲 で あ る こ と は 既 に 前 か ら 気 付 か れ て い た こ と で あ り 、 決 し て 池 田 満 寿 夫 氏 や デ ィ レ ク タ ー の 発 見 で は な い 。 そ し て 三 代 目 大 谷 広 次 が 東 洲 を 名 乗 っ た と し て も す べ て 大 谷 家 に 属 す る 人 が 東 洲 と い う 俳 号 を 名 乗 る こ と は で き な い 。 む し ろ 弟 子 は 容 易 に 師 の 芸 名 を 継 げ な い よ う に 、 師 の 俳 号 も 瞿 れ 多 く て 弟 子 が け っ し て 名 乗 っ て は に な ら な い も の で あ ろ う 。 そ し て 俳 号 も 芸 名 と 共 に 伝 え ら れ る 例 か 多 い 。 た と え ば 初 代 市 川 団 さ ん じ よ ・ つ は く え ん さ い ぎ ゅ う い い 、 二 代 目 団 十 郎 は 三 升 と い し 五 代 目 団 十 郎 は 白 猿 と い っ た 。 と こ へ 十 郎 は 俳 号 を 才 牛 と ろ が 七 代 目 団 十 郎 は 三 升 と も 白 猿 と も 名 乗 っ た し 、 九 代 目 団 十 郎 も 三 升 を 名 乗 っ た 。 も と も 章 一 , と 俳 号 は 個 人 の も の で 弟 子 が 同 じ 俳 号 を 名 乗 る と い う こ と は あ り え な い 。 格 の 低 い 役 者 か 師 匠 の 俳 号 を 名 乗 る よ う な こ と は 師 匠 の 芸 名 を 名 乗 る よ う な も の 、 そ う い う こ と が 許 さ れ る は し ゅ ・ つ き し ゅ ・ つ か く し い 、 俳 号 を 秀 鶴 と い っ た 初 代 中 村 仲 蔵 の 弟 子 で ず は な い 。 そ れ に 中 村 此 蔵 は 俳 号 を 秀 亀 と 、 あ る 。 従 っ て 三 代 目 大 谷 広 次 と も 、 後 に 二 代 目 中 村 仲 蔵 を 名 乗 る 三 代 目 大 谷 鬼 次 と も 何 の 関 系 も な し , ー 。 足 っ て 中 村 此 蔵 を 大 谷 家 に 属 す る 役 者 で あ る と 考 え る 前 提 そ の も の が 誤 り で あ り 、 ま た 秀 亀 と い う 俳 号 の 此 蔵 は 東 洲 と い う 俳 号 と 何 の 関 係 も な い の で あ る 。 ま た 画 家 は 画 面 に 必 ず 自 分 の 自 画 像 を 、 し か も も っ と も 印 象 的 な 自 画 像 を 残 す と い う 池 田 氏 の 説 は 、 版 画 家 池 田 氏 を 考 え る と き に は 大 変 興 味 深 い 告 白 で あ る が 、 そ れ を 一 般 的 な 公 理 と し て 写 楽 探 し の 決 お そ

写楽 仮名の悲劇


の 小 山 田 太 郎 の 絵 で あ る 。 こ の 絵 は 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 を 証 明 す る 有 力 な 手 が か り を 与 え る が 、 し か し 豊 国 の 名 の 大 判 の 一 人 半 身 像 の 最 初 の 作 品 と し て も 重 要 な 意 味 を も っ て い る 。 ど う い う っ た や わ け か 、 蔦 屋 版 の 写 楽 の 一 人 半 身 像 が 消 失 し た 後 に 、 泉 市 版 以 外 の 豊 国 の 一 人 半 身 像 が 現 れ る の で あ る 。 こ れ は け っ し て 偶 然 と は 思 え な い の で あ る 。 に ど の か け か つ い ろ そ が ロ ー ジ ャ ー ・ co ・ キ ー ズ 氏 は 、 寛 政 七 年 正 月 桐 座 の 『 再 魁 罧 曾 我 』 の 坂 田 半 五 郎 演 す る お う み の こ と う た 近 江 小 藤 太 を 描 い た 一 人 半 身 像 と 、 同 じ 芝 居 の 市 川 八 百 蔵 を 描 い た 一 人 半 身 像 を 、 豊 国 の 最 お お ( び え 初 の 大 首 絵 と さ れ る が 、 あ の 高 麗 蔵 の 小 山 田 太 郎 を 描 い た 間 判 の 一 人 半 身 像 ( ロ 絵 8 ) が 先 ~ 立 っ と す れ ば 、 そ れ を 契 機 と し て 豊 国 は 泉 市 専 属 か ら 自 由 に な っ て 、 他 の 版 元 か ら 役 者 絵 の 出 版 を 始 め た と 考 え な く て は な ら な サ の 国 こ う し て 寛 政 六 年 の 十 一 月 か ら 始 匠 巨 ま る 豊 国 の 大 判 一 人 半 身 像 は 寛 政 八 年 に な る と 数 を 増 し て く る 。 そ し て 第 の 寛 政 八 年 七 月 に は 写 楽 絵 の 第 一 期 の 曾 み に あ っ た 二 人 半 身 像 が 作 ら れ 始 め 、 以 後 も い ろ い ろ な 形 式 の 役 者 絵 が 作 ′ 再 念 「 記 ら れ る の で あ る 。 言 っ て み れ ば 、 写 国 田 豊 太 楽 と 豊 国 の 役 者 絵 の 形 式 は 、 写 楽 絵 375 6 譬 ゅ ケ 貸

写楽 仮名の悲劇


「 筆 意 の 媚 う る ハ し く 墨 色 の 容 顔 た を や か な れ ば た と へ 麁 画 の つ ゞ れ 草 筆 の 素 裸 を 画 と も こ う ふ ん ふ え ん 予 が 活 筆 ハ 姓 施 ( 中 国 の 美 女 西 施 の 誤 記 か ) な り ま た 紅 藍 紫 青 の 錦 を ま き 紅 粉 に て か の 不 艶 か ら ゑ あ ら は そ の 君 を 塗 か く せ ど も 唐 画 の 浅 ま し さ に ハ 日 追 て 五 体 の 不 具 を 顕 し 其 情 愛 を う し の ふ に お よ ぶ つ じ ぎ み し た ね 依 て 予 が 筆 料 ハ 鼻 と と も に 高 し 千 金 の 太 夫 ニ く ら ぶ れ バ 辻 君 ハ 下 直 な る も の と 思 ひ 安 物 を 買 こ む 板 元 の 鼻 ひ し げ を し め す 」 こ れ は 寛 政 八 年 ご ろ の 作 と 思 わ れ る 鶴 屋 版 の 『 錦 織 歌 麿 形 新 模 様 』 と 題 す る 錦 絵 に 彼 が 書 天 人 い た 言 葉 で あ る が 、 こ の 「 怪 敷 形 を 写 し 。 「 異 国 迄 も ト 其 恥 を 伝 」 え 、 「 五 体 の 不 具 を 顕 し 」 、 る 辻 君 の ご と き 下 直 な る も の と い う の は 誰 の 絵 を さ す の で あ ろ う 。 こ れ は よ く 写 楽 を 論 ず る 場 め 合 に 引 用 さ れ 、 そ れ が 写 楽 を さ し て い る の で は な い か と さ れ る が 、 し か し 、 果 た し て そ う 考 を 屋 え ら れ る か ど う か は 疑 問 な の で あ る 。 こ の 二 つ の 文 章 は 、 そ う い う 怪 し き 形 を 写 し た 、 辻 君 元 の よ う に 下 直 な 画 家 を 非 難 す る と と も に 、 そ う い う 安 物 を 買 い こ ん だ 版 元 を 非 難 し て い る の で あ る 。 こ の 版 元 と い う の は 明 ら か に 蔦 屋 で あ り 、 鶴 屋 版 の 錦 絵 で 歌 麿 が こ の よ う に 蔦 屋 の 章 「 一 ・ つ が ん 悪 口 を い う の は 、 十 分 よ く 理 解 で き る こ と な の で あ る 。 傲 岸 な 人 気 画 師 で あ る 歌 麿 は 蔦 屋 専 す り し 属 の 一 流 の 彫 師 ・ 摺 師 を 写 楽 に と ら れ て 、 屈 辱 の 思 い を 味 わ っ た の で あ ろ う 。 も し 安 物 を 買 い こ ん だ 版 元 が 蔦 屋 で あ る と す れ ば 、 怪 し き 形 を 写 し て 異 国 ま で も そ の 恥 を 伝 え 、 五 体 の 不 具 を 顕 す 辻 君 の よ う に 下 直 な 絵 描 き は 、 蔦 屋 か ら 歌 麿 と と も に 百 四 十 枚 を 超 す 錦 絵 を 出 版 し た 写 楽 と 考 え な く て は な ら な い 。 し か し 写 楽 は 寛 政 七 年 一 月 に も う 消 え て い る の で あ る 。 嫉 妬 と い う も の は 、 ほ と ん ど い つ も 現 在 勢 力 を 有 し 、 彼 と 権 力 と 名 声 を 争 う 人 間 に 向 け ら れ る 135 よ つ る や す は だ か

写楽 仮名の悲劇


定 的 な 鍵 と し て 利 用 す る こ と は 論 理 の 飛 躍 で あ ろ う 。 池 田 説 の 難 点 池 田 氏 が 中 村 此 蔵 説 を 導 き 出 し た 三 つ の 論 点 が す べ て 確 実 な も の で な い と し た な ら ば 、 そ の 前 提 の 上 に 立 っ た 彼 の 推 論 の 結 果 生 ま れ た 中 村 此 蔵 説 が 十 分 説 得 的 で な い の は 当 然 で あ ろ 、 つ 。 そ し て 池 田 氏 は 中 村 此 蔵 を 写 楽 と 考 え た と き の 論 理 的 難 点 に つ い て 少 し も 説 明 を あ た え て い な い こ の 相 当 舞 台 の に し い は ず の 下 っ 端 の 役 者 が 、 は た し て 百 四 十 二 枚 に わ た る 質 量 と も に 優 れ た こ の よ う な 絵 を 描 く 技 術 を ど こ か ら 学 び 、 そ し て そ の 制 作 の 時 間 を ど こ か ら え 悲 の た の か 。 池 田 氏 は 第 一 期 の み を 写 楽 自 身 の 真 作 と 考 え て い る の で 、 中 村 此 蔵 が 百 四 十 二 枚 を 仮 描 い た こ と に な ら な い が 、 第 一 期 の 彼 の 絵 二 十 八 枚 だ け を と っ て も 、 こ の よ う な 大 傑 作 を な 楽 ぜ 下 っ 端 の 道 化 役 者 が 描 く こ と が で き た の か 。 そ し て 素 人 に 描 か せ 、 社 運 を か け た あ の よ う き っ た や な 立 派 な 画 を 出 版 す る と い う 大 冒 険 を あ の 利 に さ と く よ く 目 の 利 い た 版 元 蔦 屋 が 行 っ た の か ま た こ の よ う な 大 傑 作 の 絵 を 描 い た 以 上 、 な ぜ 彼 は う だ つ の 上 が ら ぬ 道 化 役 者 を や め て 画 家 た れ に せ に 転 向 し な か っ た の か 。 第 二 期 以 後 の 作 者 が 別 の 作 者 で あ る と す れ ば 、 誰 が 偽 の 写 楽 絵 を 作 か ふ き は ら と し ろ う っ た の か 。 『 歌 舞 伎 年 表 』 ( 原 敏 郎 昭 和 引 , 、 靄 年 岩 波 書 店 ) を 見 る と 中 村 此 蔵 は 初 代 中 村 仲 蔵 二 七 三 六 ー ・ 九 〇 ) の 弟 子 で 、 酒 を 飲 み す ぎ て 舞 台 に 穴 を あ け て 師 匠 に 叱 ら れ た 話 が 出 て く る 。 そ し て 彼 は 文 章 を よ く し 文 集 を 残 し て い る 。 も ち ろ ん 彼 が 絵 を 描 い た こ と は ど こ に も 書 か れ て い な い 。 こ の 間 彼 は 舞 台 に 出 演 し て い る 。 こ の 説 に は 難 点 が 多 す ぎ る 。

写楽 仮名の悲劇


あ ろ う か 。 芸 術 家 は 独 自 の 美 意 識 を 開 拓 し な く て は 、 一 流 と は い え な い 。 当 代 一 の 人 気 絵 師 で あ る 豊 国 が 、 ど う し て 自 分 の 名 を け が す よ う な こ と を す る の か 。 ま た 、 人 は 真 似 を し よ う こ の 一 点 を と っ て も 、 写 楽 と し て も 、 こ の よ う な 個 性 的 な 絵 は 真 似 の で き る も の で は な い と 豊 国 は 同 一 人 物 と 考 え ざ る を え な い よ う に 田 5 わ れ る 。 な か ぞ う び っ た り 重 な る 仲 蔵 の 大 首 4 ス 第 六 章 で 私 は 、 同 一 場 面 を 描 い た 写 楽 と 春 英 の 絵 を 比 較 し た が 、 ま た 同 一 の 役 者 の 同 一 の 比 絵 役 を 描 い た 春 英 と 豊 国 の 絵 が あ る 。 豊 国 の 絵 は 寛 政 六 年 九 月 の 河 原 崎 座 『 仮 名 手 本 忠 臣 蔵 』 お の さ た く ろ う 新 に お い て 斧 定 九 郎 を 演 ず る 大 谷 鬼 次 ( ロ 絵 を 描 い た も の で あ る 。 鬼 次 は そ の 年 の 十 一 月 、 掲 二 代 目 中 村 仲 蔵 を 襲 名 し た が 、 こ の 絵 は ま だ 大 谷 一 門 の 〈 轡 〉 紋 で あ る 。 大 谷 鬼 次 は 、 市 や っ こ 川 高 麗 蔵 と と も に 写 楽 が 最 も 描 く こ と を 好 ん だ 役 者 で あ り 、 郵 便 切 手 に な っ て い る 「 奴 江 戸 こ つ け い か ん 比 兵 衛 」 の 絵 ( ロ 絵 西 は と く に 傑 作 で あ る 。 こ の 十 二 分 に 滑 稽 感 を も っ た 悪 役 の 表 情 が 、 豊 国 の 描 く 定 九 郎 の 絵 に も 実 に よ く 出 て い る 。 そ し て 奴 江 戸 兵 衛 の 絵 で も そ う で あ る が 、 と く に 手 の 表 情 が す ば ら し い 。 お そ ら く 鬼 次 は 、 こ う い う 印 象 的 な 手 の 演 技 を し た に 違 い な い ち か ら こ ふ 腕 に は カ 瘤 が 描 か れ て い て 、 力 い つ ば い 舞 台 を つ と め る 精 気 あ ふ れ る 鬼 次 の 定 九 郎 を 、 豊 国 は 的 確 に 捉 え て い る 。 ま っ た く 鬼 次 の 描 き 方 は 、 豊 国 と 写 楽 は 同 じ で あ る と い っ て よ い み や こ ざ す が わ ら て ん じ ゅ て な ら い か が み ま た 豊 国 は 寛 政 八 年 七 月 の 都 座 『 菅 原 伝 授 手 習 鑑 』 の 松 王 丸 ( ロ 絵 を 演 じ た 二 代 目 中 2 村 仲 蔵 の 絵 を 描 い て い る 。 こ れ は 先 の 「 役 者 舞 台 之 姿 絵 」 の 豊 国 の 絵 以 上 に 写 楽 の 描 い た 第

写楽 仮名の悲劇


つ る や き し い 。 寛 政 五 年 頃 か ら 歌 麿 は 蔦 屋 以 外 の 本 屋 で 、 特 に 蔦 屋 と 並 ぶ 大 版 元 で あ る 鶴 屋 喜 右 衛 門 か ら 彼 の 美 人 画 を 出 版 し 始 め る の で あ る 。 も は や 、 歌 麿 絵 を 自 社 の 専 売 特 許 と し て し こ た ま し 、 カ は い 。 こ の 頃 の 歌 麿 の 秘 戯 画 の 中 に 蔦 屋 の 紋 を つ け た 人 物 が 登 場 し 、 遊 、 か せ ハ \ わ 、 け ・ に は 、 女 に 、 錦 絵 を 出 し て や る か ら サ ー ビ ス を し て く れ と 一 言 う 絵 が あ る が 、 こ れ は 明 ら か に 歌 麿 の 蔦 屋 に 対 す る 敵 意 を 示 す も の で あ ろ う 。 こ の よ う な 情 勢 の 中 で 、 蔦 屋 は 歌 麿 に 代 わ る べ き 新 し い 専 属 絵 師 を 求 め て い た の で あ る 。 そ し て 、 そ の 蔦 屋 の 眼 鏡 に か な っ た の が 東 洲 斎 写 楽 で 人 あ り 、 そ し て そ の 結 果 つ く ら れ た の が 、 あ の 百 四 十 二 点 に 及 ぶ 写 楽 の 錦 絵 で あ っ た の で あ る 。 も し 、 る こ れ ら の 状 況 を 考 え る と き 、 と て も 写 楽 を 阿 波 の 能 役 者 と 考 え る こ と は で き な い め 現 在 の 大 出 版 社 が 全 く 無 名 の 素 人 の 小 説 を 著 作 集 と し て 売 り 出 し た と し た ら 、 そ れ は 狂 っ た を 屋 企 画 で あ る と い わ ざ る を え な い だ ろ う 。 私 は 、 最 後 の 瞬 間 ま で 優 れ た 出 版 者 で あ る と と も に 、 利 に さ と い 商 人 で あ っ た 蔦 屋 重 三 郎 が こ う し た 狂 っ た 企 画 を 許 す は す は な い と 思 う 。 版 と す る と 、 写 楽 Ⅱ 阿 波 の 能 役 者 ・ 斎 藤 十 郎 兵 衛 説 は き わ め て 成 立 困 難 な 説 で あ る と い わ ね 章 ば な ら な い 。 と す れ ば 我 々 は も う そ ろ そ ろ 『 増 補 浮 世 絵 類 考 』 の こ の 一 文 の 呪 縛 か ら 自 由 に 第 な ら な く て は な ら な い で あ ろ う 。 こ れ ま で の 写 楽 = 別 人 説 の 点 検 榎 本 雄 斎 氏 は そ の 労 作 『 写 楽 ー ま ば ろ し の 天 才 』 ( 昭 和 年 新 人 物 往 来 社 ) に お い て 、 昭 和 四 十 四 年 現 在 ま で の 写 楽 研 究 の 表 を つ く っ て い る 。 も ち ろ ん こ れ は 、 写 楽 の 作 品 研 究 と い う 川 7 え も ん