検索 - みる会図書館

検索対象: シナリオ 2016 2月号

シナリオ 2016 2月号から 134件ヒットしました。

シナリオ 2016 2月号


事 で す 。 私 は ア ニ メ や 子 ど も ド ラ マ を 五 百 本 ほ ど 書 い て き ま し た 。 初 稿 で 通 っ た の は 数 本 。 あ と は 一 行 一 句 か ら 大 直 し ま で 数 々 あ り ま し た 。 ア ニ メ を 書 い て い た と き 、 プ ロ デ ュ ー サ ー 氏 の 駄 目 だ し が き つ く 、 若 い 女 性 ラ イ タ ー が 三 宅 直 子 泣 き べ そ で 、 「 そ ん な に 言 う な ら 自 分 で 書 け ば い い の に 」 と 言 う の で 、 「 そ 、 つ よ ね 」 と 私 も う な す い た の で す が 、 そ の プ ロ デ ュ ー サ ー 氏 は 、 シ ナ リ オ の 面 白 い と こ ろ は 「 こ こ 面 白 い ね 」 と 言 っ て く れ ま し た 。 こ の コ 1 ナ ー は 通 信 講 座 を 受 講 し て い る 思 う こ と も あ る だ ろ う と 思 っ た の で す 。 過 日 、 第 鬨 回 創 作 テ レ ビ ド ラ マ 大 賞 の 授 賞 一 方 々 に 誌 上 で 補 講 を し て い る も の で す が 、 シ シ ナ リ オ に は 直 し が 付 き も の で す か ら 、 長 式 に 行 っ て き ま し た 。 今 年 は 999 本 の 応 募 ナ リ オ 一 般 の こ と と し て お 話 し て い き ま す 。 年 シ ナ リ オ 業 を や っ て い る と 直 し が あ っ て 当 が あ っ て 、 大 賞 1 編 、 佳 作 1 編 、 奨 励 賞 2 編 一 最 近 、 シ ナ リ オ の 直 し に つ い て 思 う こ と が た り 前 と な っ て い ま す 。 で も 、 直 し に 慣 れ て の 受 賞 で し た 。 私 も 一 一 次 審 査 に 加 わ り ま し た あ り ま し た 。 あ る 講 座 で の こ と 、 私 が 受 講 生 い な い 人 に は 、 何 か 指 摘 さ れ る と シ ョ ッ ク を が 、 そ の 中 に は 受 賞 作 は あ り ま せ ん で し た 。 の ひ と り こ 、 大 賞 は 翌 々 年 の 3 月 に ド ラ マ と な り 、 放 映 。 い く つ か 気 に な る 箇 所 を 指 摘 し 受 け る の で し よ う 。 さ れ ま す 。 ド ラ マ 化 に は 直 し が 入 り ま す 。 た と こ ろ 、 彼 女 が 気 色 ば ん で 、 た と え 、 自 分 の 作 品 が 完 璧 だ と は 思 っ て い な く て も 、 け な さ れ た 、 否 定 さ れ た と 衝 撃 を 大 賞 受 賞 者 に 祝 辞 を 贈 っ た 方 々 が 、 「 先 生 の 一 言 う 通 り に 直 し た ら 、 わ た し の 作 品 受 け る の で は な い で し よ う か 「 直 し に め げ な い で 頑 張 っ て 」 と 、 エ ー ル を で は な く な り ま す 」 と 言 っ た の で す 。 ま た 別 の 文 章 講 座 で も 、 シ ナ リ オ に は 直 し が 付 き も の と い う の は 、 送 っ て い ま し た 。 「 小 説 家 も 編 集 者 の ア ド バ イ ス で 手 を い れ る シ ナ リ オ 作 法 に い ろ い ろ な 技 法 が あ っ て 、 そ ち な み に 、 こ の 創 作 テ レ ビ ド ラ マ の 前 身 は そ う だ 」 と 話 す と 、 れ を い か に 駆 使 す る か が 問 わ れ ま す 。 算 数 の 『 懸 賞 テ レ ピ ド ラ マ 』 コ ン ク ー ル と 言 っ て Z 「 そ れ じ ゃ 、 誰 が 書 い た か 分 か ら な い じ ゃ あ よ う に 答 え は 一 つ で は な く 、 い ろ い ろ の 意 見 の 主 催 で 、 私 は こ の 時 に 応 募 し 大 賞 を い た だ き ま し た 。 1970 年 の こ と で す が 出 て き ま す 。 そ れ を い っ た ん 受 け 入 れ て か り ま せ ん か 」 と 、 す か さ ず 言 う 人 が い ま し た 。 私 は 一 瞬 、 言 葉 に 詰 ま り ま し た 。 が 、 そ 、 つ ら 、 表 現 し て い く の が シ ナ リ オ ラ イ タ ー の 仕 そ の 時 は さ ほ ど の 大 直 し は な か っ た も の の シ ナ ソ オ 皿 シ ナ リ オ 作 家 協 会 通 信 講 座 誌 上 教 室 通 信 講 座 生 と シ ナ リ オ 志 望 者 へ 直 し は 誰 の も の か

シナリオ 2016 2月号


実 際 に ド ラ マ と な っ た の を 観 る と 、 文 字 で 書 直 し は 自 分 の た め 。 駄 目 出 し さ れ て も 自 分 映 画 や ド ラ マ を 観 る こ と 、 シ ナ リ オ を 読 む い た も の が 立 体 化 し 、 実 際 に そ こ に あ る よ 、 つ の 作 品 と し て 、 い 血 注 い で い く こ と で す 。 こ と を 、 い 掛 け て く だ さ い に 演 じ ら れ て い る の に は 驚 き で し た 。 通 信 講 座 だ け で は な く 、 学 ぶ こ と は 苦 難 が 改 め て シ ナ リ オ は 映 像 を 想 定 し て 書 く も の 伴 い ま す 。 今 、 私 も シ ナ リ オ 講 座 な ど を 持 っ 一 受 講 生 の 作 品 】 だ と い う こ と 、 そ の た め に 直 し は 必 要 な の だ た り す る よ う に な っ て 、 直 し を 出 す 立 場 に い 花 火 と 身 に し み ま し た 。 ま す 。 受 講 生 の 方 た ち の 作 品 を 読 む と 、 そ の 仕 事 を 始 め た 頃 は 直 し を 辛 い と 思 っ て い ま 作 品 の 完 成 し た と き の 姿 が 浮 か ん で き ま す 。 武 井 花 衣 し た が 、 指 摘 さ れ た と こ ろ を 直 す と 話 が グ ン そ の 作 品 の あ る べ き 姿 、 ゴ 1 ル が 見 え る の と よ く な る こ と が 実 感 出 来 、 自 分 で 不 備 に 気 で す 。 昔 、 プ ロ デ ュ ー サ ー 氏 が 厳 し い 直 し を 〇 浜 辺 へ 向 か う 道 ( 夜 ) 付 い て 直 し に 取 り 組 む よ う に な る と 、 作 品 の 出 し て い た の は 、 こ の ゴ ー ル を イ メ ー ジ し て 、 裕 貴 ( 幻 ) 、 ス マ ー ト フ ォ ン を 耳 に 当 て 仕 上 が り に 手 応 え を 感 じ て い っ た の で す 。 私 た ち の お 尻 を 叩 い て い た の だ と 、 思 い 当 た な が ら 歩 い て い る そ れ に は 師 の 石 森 史 郎 先 生 の 教 え が あ り ま り ま す 。 裕 貴 「 い や 、 だ か ら さ 、 野 暮 用 だ っ て 。 し か し た 。 あ る 若 手 の ラ イ タ ー が プ ロ デ ュ ー サ ー た ね え だ ろ ? : ・ 直 し は 作 品 を 仕 上 げ て い く た め の プ ロ セ ス : は ? 浮 気 ? 」 の 直 し に 不 満 を 言 う と 、 先 生 は 、 な の で す 。 受 講 生 の 方 た ち の 作 品 が 直 し を 入 両 手 で 丁 寧 に ス マ ー ト フ ォ ン を 持 ち 、 通 「 プ ロ デ ュ ー サ 1 に 何 を 指 摘 さ れ た の か 、 よ れ て 少 し す っ 良 く な っ て ゴ ー ル に 達 し た と き 話 を 続 け る 裕 貴 。 く 耳 を 傾 け ろ 。 反 論 す る の は 十 年 早 い 」 さ ら は 、 ご 当 人 よ り 私 の ほ う が 嬉 し く な り ま す 。 裕 貴 「 し て ね え っ て 。 俺 に は 百 合 だ け だ っ て に 「 直 し の と き は 、 ち ま ち ま 直 さ す に 全 部 書 ど う か め げ ず に 精 進 し て い た だ き た い と 願 、 つ ず っ と 言 っ て ん じ ゃ ん 。 マ ジ で 」 き 直 す つ も り で か か れ 」 と お っ し や っ た の で ば か り で す 。 に も 関 わ ら ず 、 ス マ ー ト フ ォ ン で 時 間 を す 。 私 は そ の 言 葉 を 胸 に 刻 ん で き ま し た 。 今 回 の 武 井 花 衣 さ ん の 『 花 火 』 は よ く で き 確 認 す る 。 話 を 冒 頭 に 戻 す と 、 直 し が 受 け 入 れ ら れ な た 作 品 で す 。 す で に 経 験 が お あ り の 様 子 。 頑 裕 貴 「 と に か く 、 今 日 は ダ メ な ん だ よ 。 今 度 い の は 、 直 さ れ た 否 定 さ れ た と い う 受 け 身 の 張 っ て ラ ス ト ま で 続 け て い っ て く だ さ い 。 埋 め 合 わ せ は す っ か ら さ 。 ご め ん な 」 気 持 ち が あ る か ら で は な い で し よ う か 二 人 の 男 女 が そ れ ぞ れ 別 の 相 手 が い る の を 強 引 に 電 話 を 切 る 裕 貴 、 繰 り 返 し 時 計 を 自 分 の 作 品 を な ん と か よ く し た い と 思 う と 隠 し て い る と い う 設 定 が う ま く 出 来 て い ま す 。 見 て 。 直 す こ と は 苦 で は な く な り ま す 。 た と え 何 回 始 め の 携 帯 電 話 の と こ ろ で 、 「 百 合 」 と い う 裕 貴 「 や つ べ 」 走 り 出 す 。 も 直 し が あ っ て も 、 そ れ は 私 の 作 品 だ と 思 う 、 名 前 を 二 度 言 っ て 強 調 し て お き ま す 。 次 に 、 か ら で す 。 何 度 も 手 を 入 れ て 完 成 し た と き や 花 火 の 場 で 彼 女 を 「 舞 」 と 呼 ぶ の と 、 対 応 す り 遂 げ た と い う 達 成 感 が 湧 い て き ま す 。 る と 、 効 果 的 に な る で し よ う 防 波 堤 ( 夜 ) 〇

シナリオ 2016 2月号


〇 お こ 年 前 に 会 社 を 興 し た 。 中 卒 で イ ン タ ー ネ ッ 升 美 「 あ な た た ち 、 本 来 の 自 主 研 修 に 戻 っ て 。 升 美 は 、 三 秒 、 意 味 を 考 え て : : : 唖 然 と ト の 広 告 代 理 店 を 立 ち 上 げ た ん だ 。 い す る 。 ま 大 学 見 学 に 行 く の 。 こ の 人 の 一 言 う こ と は 極 じ や 社 員 が 一 一 百 人 、 中 に は 東 大 卒 も い る 」 論 な の 。 あ と で 説 明 す る か ら : : : さ あ 、 行 っ 升 美 「 : : : プ ロ ジ ェ ク ト に : : : 失 敗 ? 」 生 徒 た ち の 目 が 驚 き に 見 開 か れ 、 升 美 は 水 野 尾 「 だ れ も か ば っ て く れ な か っ た 」 ク ラ ク ラ す る 。 生 徒 < 「 で も 先 生 : : : 」 升 美 「 偉 そ う だ か ら 味 方 が い な か っ た 。 水 野 尾 「 東 大 は 出 な く て い い 使 え ば い い ん 升 美 「 駅 、 分 か る で し ょ ? ー ー 大 学 見 学 ! 」 先 輩 は 努 力 家 だ か ら 、 自 信 持 つ の は 当 然 よ 剣 幕 に 押 さ れ て 、 生 徒 三 人 は 三 畳 間 か ら ピ ザ ー ラ で も 、 メ ニ ュ ー ぜ ん ぶ 暗 記 し て た 。 出 て い く 。 で も 仕 事 は ひ と り じ ゃ 回 せ な い 。 孤 立 し て 〇 キ ッ チ ュ な ブ テ ィ ッ ク 水 野 尾 「 田 舎 の ま じ 5 め な 先 生 ( 升 美 ) の 理 辞 め た 」 水 野 尾 「 高 校 時 代 の バ イ ト で 服 飾 販 売 の 楽 し 想 論 し か 聞 い た こ と が な い 。 違 う 価 値 観 見 水 野 尾 「 あ れ は 、 時 給 が 安 か っ た か ら ー ー 」 さ に 目 覚 め た 女 の 子 が 即 攻 で 中 退 し て は じ せ て 、 悩 ま せ て 、 自 分 で 決 め さ せ れ ば い い 」 升 美 「 ( 言 い 訳 を 無 視 し て ) い つ も 気 が か り め た の が こ の プ テ ィ ッ ク だ 。 ビ ニ ー ル の 升 美 「 ホ ン ト に や り た い こ と が あ る 子 は 、 教 だ っ た 。 心 配 だ っ た 。 見 て ら れ な い の 、 だ っ テ ー プ ル ク ロ ス を ワ ン ピ ー ス に す る 、 た だ 師 が な に 言 っ た っ て 飛 び 出 し て く 。 ( 生 徒 て : : : じ つ は ね 」 一 発 の ア イ デ ィ ア が 受 け て 、 い ま じ や 年 商 た ち が 出 て い っ た 戸 口 を 指 し て ) 子 供 な の 。 水 野 尾 「 ? 」 四 億 円 」 先 輩 、 片 歳 の と き 、 そ ん な に 立 派 だ っ た ? 」 升 美 は 興 奮 か ら 醒 め て 、 ロ を つ ぐ む 。 生 徒 た ち が ざ わ め き 、 升 美 は い た た ま れ 水 野 尾 「 ー ー ー 」 升 美 「 ・ : ・ : 再 就 職 は ? 」 升 美 「 私 が 正 し い な ん て 思 っ て な い 。 生 涯 安 水 野 尾 「 : : : 」 泰 だ っ て 言 わ れ た 公 務 員 の 給 料 だ っ て ガ タ 升 美 「 ( た め 息 が 漏 れ る ) 頭 、 下 げ な い も ん 神 田 川 が 見 え る 老 朽 化 し た ア バ ー ト ガ タ 下 が っ て る 、 私 の 給 料 だ か ら よ く 知 っ な あ 」 い ま ど き 風 呂 ト イ レ 共 同 の 三 畳 間 に 、 水 て る 。 な に が い い か な ん て だ れ に も 分 か ら 水 野 尾 「 : : : 升 美 見 て て : : : い ま の オ レ に 腹 野 尾 が 一 同 を 連 れ て く る 。 な い 。 分 か ら な い か ら 必 死 な の 。 ち ょ っ と が 立 っ た 」 水 野 尾 「 一 方 、 こ の 部 屋 の 住 人 は 一 流 大 卒 、 で も 幸 せ に 近 い 道 選 ん で く れ な い と 送 り 出 升 美 「 ? 」 一 流 企 業 に 入 社 し た 。 自 分 が 提 案 し た プ ロ せ な い 。 ー ー ー 私 の 生 徒 よ ー 水 野 尾 「 む か し と 同 じ だ 。 い つ も 真 っ す ぐ で 、 ジ ェ ク ト の 失 敗 の 責 任 を 問 わ れ て ク ビ に 水 野 尾 が 背 中 を 丸 め て 、 お 茶 を 淹 れ は じ 一 生 懸 命 で ・ : オ レ 、 お 前 の そ 、 つ い う と め る 。 な っ た 」 ・ : 。 じ つ は さ 」 素 直 に 感 心 す る 生 徒 た ち を 見 て 、 升 美 は 升 美 「 : : : 勝 手 に い い の ? 」 升 美 「 ー ー 」 我 慢 の 限 界 に な る 。 水 野 尾 「 オ レ の 部 屋 だ か ら 」 水 野 尾 は ロ ご も り 、 や お ら 、 升 美 に お 茶 こ : -8

シナリオ 2016 2月号


幸 せ で あ る よ う に 水 野 尾 「 : : : 決 め た 。 ・ : : ・ 再 就 職 」 結 真 実 「 : : : じ つ は 」 チ を 入 れ る 。 升 美 「 ( 耳 を 疑 、 つ ) ー す べ て を 告 白 し よ う と し て 、 ハ ッ と す る 。 浜 田 山 「 ご 搭 乗 の み な さ ま に コ ッ ク ピ ッ ト か 水 野 尾 「 ち ん け な 金 融 会 社 だ 。 : : : 青 森 く ん い つ の 間 に か 、 ク ラ リ ネ ッ ト ( ) が 立 っ ら ご 案 内 し ま す 。 羽 田 空 港 混 雑 の た め 、 当 て い る だ り の 」 機 、 し ば ら く 離 陸 を 待 っ こ と に な り そ う で 升 美 は 驚 く 始 が 結 真 実 に 頭 を 下 げ 、 ク ラ リ ネ ッ ト の す 」 升 美 「 : : : 先 輩 、 実 家 九 州 だ し 大 学 東 京 だ し 、 前 に 行 き 、 ふ た り は な に か 小 声 を 交 わ し 浜 田 山 が 、 副 操 縦 士 を 窺 う 。 青 森 に 来 る 理 由 な ん か 」 な が ら 歩 き 去 っ て い く 。 副 操 縦 士 「 ・ : ・ ( ど う ぞ 、 と 目 で 促 す ) 」 ・ ・ ー ー ー ま さ か ? ・ と 思 、 つ 浜 田 山 が 口 を 開 く 結 真 実 「 : : : ( 呼 び 止 め た い が ) 」 か ん わ た く し ご と 水 野 尾 が 初 め て 顔 を 上 げ る が 、 素 直 に な 明 太 子 を 手 に 取 り 残 さ れ る 浜 田 山 「 こ の 間 に 、 私 事 の ご 報 告 と お 礼 を れ る 性 格 で は な い 。 い つ ま で も 、 動 け な い で い る 述 べ た い と 思 い ま す 。 : こ の 青 森 行 き い き な り 、 バ ス の 扉 を 閉 め る 。 結 真 実 「 ) 夢 の ジ ャ パ ネ ッ ト た か た ? 1207 便 が 、 私 、 機 長 浜 田 山 の ラ ス ト フ 笑 お う と し た 頬 に 、 涙 が ポ ロ リ と こ ほ れ ラ イ ト と な り ま す 。 本 日 、 定 年 退 職 を 迎 え 升 美 「 ( び つ く り し て 扉 を 叩 き ) ・ る 。 ま す 」 を 重 ね よ う と す る が ) 」 疑 惑 が 確 信 に 変 わ り 、 ふ い に 涙 が 溢 れ 、 機 内 ( 夕 方 ) 歓 び で 全 身 が 震 え 、 ど う し て い い か 分 か 〇 ス ポ ッ ト ( 夕 方 ) ら な く な り 、 自 分 で も 思 い も か け な い 言 ブ ッ シ ュ バ ッ ク さ れ た 7 3 7 の エ ン ジ 浜 田 山 の 妻 と 思 わ れ る 恵 ( ) だ け が 熱 葉 が 溢 れ る 。 ン が 轟 音 と と も に 回 転 す る 。 牽 引 車 が 離 心 に 耳 を 傾 け て い る が 、 修 学 旅 行 の 一 団 155 名 は 、 騒 が し く 、 ま っ た く 聞 い て 升 美 「 : : : 生 き て て よ か っ た 」 れ て 、 B737 は 地 上 走 行 を は じ め る 。 し オ し 扉 に 、 お で こ を 預 け る 。 操 縦 室 ( 夕 方 ) 浜 田 山 の 声 「 思 い 起 こ せ ば 三 十 七 年 前 、 新 生 、 〇 同 ・ タ ー ミ ナ ル 操 縦 し て い る の は 、 副 操 縦 士 と 、 浜 田 東 亜 国 内 航 空 に 入 社 、 パ イ ロ ッ ト と し て の 山 だ 。 ホ ル ン ス マ ホ を 持 っ た 結 真 実 が 立 っ て い 第 一 歩 を 踏 み 出 し ま し た : ・ : ・ ( つ づ く ) , る 。 ー ー 窓 外 を 見 な が ら 上 機 嫌 に ハ ミ ン グ し 7 3 7 は 前 を 行 く 7 7 7 と 同 時 に プ 人 ご み か ら 現 れ た の は 、 始 だ 。 レ ー キ を か け て 停 ま る て い る 升 美 は 、 隣 席 の ハ ル ミ が 、 や は り ハ ミ ン グ し な が ら 、 大 水 槽 に 捨 て た リ ン 始 は 照 れ 臭 そ う に 、 福 岡 土 産 の 明 太 子 を 副 操 縦 士 「 ラ ッ シ ュ で す ね 。 ・ : ・ : 相 当 、 待 手 渡 す 。 グ を 玩 ん で い る の に 気 づ き 、 顔 を 見 合 わ た さ れ そ う で す 」 結 真 実 は 震 え る 手 で ス マ ホ を 渡 す 。 浜 田 山 は ヘ ッ ド セ ッ ト の マ イ ク の ス イ ツ せ る 。 : ( 質 問 〇 〇 107 ー

シナリオ 2016 2月号


自 主 研 修 は 、 マ ジ 、 は ず せ な い か ら 」 教 頭 「 廣 田 先 生 、 把 握 さ れ て ま し た か 」 〇 江 ノ 島 紀 伊 国 屋 旅 館 ・ ロ ビ ー ( 夜 ) 「 な ! 」 と 言 う ふ う に 目 く ば せ さ れ て 、 廣 田 「 : : い や あ 」 升 美 、 廣 田 、 4 組 担 任 の 山 下 み ず ほ ( ) 、 恭 平 は 笑 顔 を 返 す が 、 な ぜ か ち ょ っ と 引 教 頭 「 女 子 の 生 理 周 期 は 把 握 し と い て ほ し い な み し ず く き つ っ て い る 。 大 西 教 頭 、 養 護 教 諭 の 波 雫 朝 ( ) ら と 申 し 上 げ た は ず で す 」 教 師 陣 、 角 田 と タ 子 の 添 乗 員 コ ン ビ を 背 香 織 「 波 雫 先 生 、 矢 吹 く ん を お 願 い し ま す 。 教 師 た ち が か す か に 苦 笑 す る 。 に 、 学 年 主 任 の 香 織 が 、 体 育 座 り し た 班 班 長 会 議 を つ づ け ま す よ ー 教 頭 「 : : : 言 い た か な い で す よ 、 私 だ っ て 。 長 た ち に 説 明 し て い る 。 タ バ コ 吸 っ た 生 徒 の 親 が 教 師 の 責 任 を 追 求 香 織 「 飛 行 機 の 遅 れ は と も か く 、 問 題 は 行 動 〇 同 ・ 食 堂 ( 夜 ) す る ん で す 、 な ん で 持 ち 物 検 査 し な い の の 遅 れ で す 。 ( ホ ワ イ ト ボ 1 ド を 指 し ) 明 か っ て 。 驚 き ま し た よ 、 期 末 で は 。 カ ン ニ 生 徒 た ち が 修 学 旅 行 ら し い 投 げ や り な タ 食 を 腹 に 詰 め 込 ん で い る 日 は 集 合 と 朝 食 を 十 分 早 め た の で 、 伝 え て ン グ し た の は 机 を も っ と 離 さ な い 学 校 の 施 く だ さ い 貴 延 は ほ と ん ど 手 を つ け て い な い 。 設 問 題 だ っ て 親 御 さ ん が : そ う い う 親 き ん ば ち 班 長 た ち は メ モ で は な く 、 ス 【 マ ホ の 写 真 長 太 郎 は モ リ モ リ と 食 い 、 お 坊 ち ゃ ん ら は 必 ず 、 金 八 先 生 を 引 き 合 い に 出 す 。 あ ん で す ま せ る 。 し い 健 一 郎 は い ち い ち 匂 い を 確 か め て か な の 居 な い か ら テ レ ビ に な る ん だ っ て 、 大 一 香 織 「 で は 、 添 乗 の 角 田 さ ん 、 お 願 い し ま す 」 ら ロ に 入 れ る 。 人 が ど う し て 分 か ら な い ん で す か 」 角 田 「 明 日 は 、 み な さ ん 待 望 の 東 京 で す 。 ま あ 、 達 也 は 、 離 れ た 席 で 沈 ん だ 表 情 の 有 紀 を 香 織 が そ っ と 教 頭 の 膝 に 手 を 置 い て 、 落 一 青 森 よ り は 田 舎 だ け ど ね 。 ( と 、 い ち お う チ ラ 見 す る 。 ち 着 か せ る 。 ほ か に 、 今 日 は 問 題 は 笑 い を 取 っ て ) : : : 第 一 の 注 意 点 は 、 混 雑 デ ザ ー ト の ミ カ ン を 勝 利 が 掴 み 、 恭 平 に 香 織 「 : : : 先 生 が た で す 」 投 げ る 。 こ っ そ り 携 帯 ゲ ー ム を し て い た 1 組 、 廣 田 「 恭 平 「 ( ナ イ ス キ ャ ッ チ し て 、 笑 う ) 」 こ た 班 班 長 の 柴 恭 平 ( 片 ) が 、 「 」 と 見 る 。 勝 利 「 ( も 、 ニ カ ッ と 応 え る ) 」 玄 関 か ら 荷 物 を 抱 え て 入 っ て 来 る の は 3 〇 フ ラ ッ シ ュ か っ と し 〇 長 谷 寺 の 今 川 達 也 組 の 矢 吹 勝 利 (E=) だ 。 同 ・ 宴 会 場 ( 夜 ) 教 師 た ち は 上 等 な 懐 石 料 理 だ 。 よ 廣 田 「 ( も 気 づ い て ) 矢 吹 円 朝 「 ( 書 類 を め く り な が ら 淡 々 と ) 3 組 の 〇 江 ノ 島 紀 伊 国 屋 旅 館 ・ 宴 会 場 ( 夜 ) 勝 利 「 ち す 」 せ 廣 田 「 ち す じ ゃ な い よ 、 風 邪 な ん だ ろ 。 ひ と 矢 吹 勝 利 く ん は 平 熱 で し た 。 同 じ く 3 組 、 廣 田 は 、 達 也 の こ と を 報 告 で き な い 。 り で 来 た の か 」 田 端 さ ん が 八 幡 宮 で 腹 痛 を 訴 え ま し た 。 生 み す ほ 「 ( 時 計 を 見 て 立 ち 上 が る ) ・ 勝 利 「 医 者 と 親 、 行 っ て い い っ て 。 明 後 日 の 理 痛 な の で 心 配 あ り ま せ ん 」 ハ ト ロ ー ル に 行 っ て き ま す か 。 ( 香 織 に ) : で は 。 8

シナリオ 2016 2月号


仕 方 な く 、 ま す タ イ ト ル バ ッ ク は 、 黒 バ ッ ク に 野 菊 の 花 一 輪 を 撮 っ て ご ま か す こ と に し た 。 そ 、 つ こ 、 つ し て い る 内 、 サ ン ミ ュ ー ジ ッ ク か ら 、 早 々 と 松 田 聖 子 の ス ケ ジ ュ ー ル が フ ァ ク ス さ れ て き た 。 制 作 主 任 と 一 緒 に ス ケ ジ ュ ー ル を 組 ま な け れ ば な ら な い 僕 は 、 一 瞥 し て 、 絶 望 的 な 気 分 に な っ た 。 連 続 し て 聖 子 を 撮 影 出 来 る の が せ い ぜ い 三 日 、 後 は 見 事 な く ら い 飛 び 飛 び で 、 『 >< 月 >< 日 は 二 時 間 だ け 撮 影 可 能 』 な ど と 書 き 込 ま れ て い る 。 だ が 、 結 髪 ( 一 部 は か つ ら ) や メ ー ク だ け で 準 備 に 一 時 ( か か る か ら 、 実 質 、 ワ ン シ ー ン ど こ ろ か 数 カ ッ ト し か 撮 れ な い 日 が 続 く だ ろ う 。 そ れ で い て ト ー タ ル 、 聖 子 は 二 週 間 あ ま り し か こ ち ら に 渡 さ れ な い の だ 。 現 代 劇 で ア イ ド ル 性 を 前 面 に 出 し た 企 画 な ら と も か く 、 撮 ら ね ば な ら な い の は 時 代 劇 な の だ 。 そ れ に お そ ら く 新 人 監 督 は ネ パ り に ネ バ る だ ろ う し 、 出 来 る だ け 主 役 の 出 演 時 間 を 案 配 し て あ げ た い 。 あ あ 、 目 の 前 真 っ 暗 。 ま 、 そ れ は 決 定 稿 が 上 が っ て き て か ら ゆ っ く り 考 え る と し て 、 と に も か く に も 今 は 特 報 の 算 段 で あ る 。 気 を と り 直 し て 聖 子 の ス ケ ジ ュ ー ル 表 に 目 を 落 と す と 、 『 >< 月 △ 日 日 比 谷 野 音 コ ン サ 1 ト と 書 か れ て い る 。 「 西 井 さ ん 、 撮 影 班 を 仕 立 て て ロ ケ 行 っ て い い で す か ? 「 ど こ へ だ 。 作 品 の 舞 台 に な る 矢 切 の 渡 し か ? あ ん な と こ 、 今 は す っ か り 寂 れ ち ま っ て 」 「 違 い ま す 。 日 比 谷 の 野 音 へ で す ー て な わ け で 、 『 ダ ン プ 渡 り 鳥 』 で 二 ヶ 月 近 く 北 海 道 ・ 東 北 地 方 ロ ケ を 共 に し た ( と い う か 一 緒 に 温 泉 巡 り を 楽 し ん だ ) 出 先 哲 也 カ メ ラ マ ン ( 『 ド カ べ ン 』 『 暴 走 族 シ リ ー ズ な ど ) に 特 別 に お 願 い し 、 3 カ メ ラ 体 制 で 野 音 へ と 繰 り 出 し た 。 十 三 年 ほ ど 前 、 完 全 武 装 で 演 壇 を 占 拠 す る 某 党 派 に 対 し て 角 材 片 手 に 殴 り 込 み を か け た 日 比 谷 野 音 の ス テ ー ジ は 、 そ の 日 は 数 千 本 の ペ ン ラ イ ト に 彩 ら れ て い た 。 松 田 聖 子 は フ リ ル の 付 い た ぶ り つ こ ミ ニ ス カ ー ト で 登 場 し 、 超 満 員 の 観 衆 に 応 え な が ら ヒ ッ ト 曲 の メ ド レ ー を 歌 い 出 す 。 後 は カ メ ラ マ ン た ち に 任 せ る し か な く 、 勝 負 は 編 集 作 業 だ 。 相 手 役 の オ ー デ ィ シ ョ ン 風 景 と 若 干 の 実 景 を 入 れ た 特 報 一 が 完 成 し た 頃 、 決 定 稿 が 印 刷 さ れ て き た 。 一 読 す る と 、 案 の 定 、 聖 子 が 演 じ る 民 子 と い う 主 役 は 出 ず つ ば り で あ る 。 聖 子 は テ レ ビ ド ラ マ の 端 役 し か や っ た こ と が な く 、 演 技 に 関 し て は ま っ た く の 未 知 数 。 相 手 役 の 桑 原 正 も ズ プ の シ ロ ウ ト だ 。 あ あ 、 難 関 に 次 ぐ 難 関 : す る と 、 澤 井 さ ん が ス タ ッ フ ル ー ム に 入 っ て き た 。 「 ど う だ 。 こ の ホ ン 」 「 し ん ど い で す ね え 」 「 だ ろ ? ど こ が し ん ど い , 「 は ア 。 言 わ せ て い た だ け れ ば 、 ぜ ん ぶ が 「 は は 。 正 直 な ャ ツ だ な 。 じ ゃ あ 、 ど こ を ど う い う 風 に 直 し た ら い い ? 」 「 そ う 言 わ れ て も オ : : こ こ と こ こ 、 民 子 、

シナリオ 2016 2月号


ア ス カ さ ん は 不 可 解 そ う に 、 ジ ャ ケ ッ ト 朝 海 と 清 春 が 、 か ら 大 音 量 で 流 れ る ぶ つ 倒 れ た 高 速 道 路 、 ビ ル が 横 倒 し に 姿 の 清 春 を 凝 視 す る 世 界 は そ れ を 愛 と 呼 ぶ ん だ ぜ 』 に 合 わ な っ た 三 宮 あ た り 、 火 災 が 広 が り ほ う ば 清 春 「 ? 」 せ て 叫 ぶ よ 、 つ に 唄 、 つ う か ら 黒 煙 が 吹 き 上 が る : ア ス カ さ ん 「 ど う し て 一 人 だ け お っ さ ん ? 」 清 春 「 ) 昨 日 の あ な た が 偽 だ と 一 一 一 口 う な ら 」 清 春 の 声 「 あ ん ま し 、 覚 え て へ ん 。 先 生 は 五 清 春 「 い や 、 僕 は : ( あ ち こ ち の ポ ケ ッ 朝 海 「 ) 昨 日 の 景 色 を 捨 て ち ま う だ け だ ! 」 歳 や っ た か ら 覚 え て へ ん ね ゃ 。 気 イ つ い た ト を 探 る ) 名 刺 が 」 清 春 「 ) 新 し い 日 々 を つ な ぐ の は 、 新 し い 君 ら : 本 気 「 世 も 末 だ 。 教 え 子 に 手 を 出 し た 高 校 教 と 僕 な の さ 」 電 子 ピ ア ノ の 伴 奏 が 聞 こ え て く る 師 」 朝 海 「 ) 僕 等 な ぜ か 確 か め 合 う 、 世 界 じ ゃ そ 清 春 「 ( う ろ た え る ) 本 気 く ん ! 」 れ を 愛 と 呼 ぶ ん だ ぜ ! 」 避 難 所 に な っ た 小 学 校 の 校 庭 ( 1995 朝 海 が 爆 笑 し て 、 唖 然 と し て い る ア ス カ 朝 海 は ハ ン ド ル を 握 る 清 春 を 引 き 寄 せ て 、 年 2 月 日 ) さ ん に 釈 明 し て や る 頬 に 唇 を 押 し つ け る 音 楽 に 導 か れ て 校 舎 か ら 出 て 来 る 清 春 少 朝 海 「 朝 昼 晩 深 夜 、 山 ほ ど ラ ブ メ ー ル を 送 っ 年 ( 5 ) と ミ ド リ ( 6 版 た の は あ た し 。 半 年 間 」 神 戸 の 私 立 女 子 高 の 音 楽 室 場 音 楽 教 師 が 電 子 ピ ア ノ を 弾 き 、 教 え 子 数 一 ア ス カ さ ん 「 う ほ っ 」 十 人 が 唄 う 時 間 に 遅 れ た 朝 海 が 、 後 部 扉 か ら 足 音 を と 忍 ば せ て 入 る 合 唱 「 ) 地 震 に も 負 け な い 、 強 い 心 を も っ て 。 一 神 戸 の 私 立 女 子 高 ・ 外 観 ( 十 日 ほ ど 前 ) 亡 く な っ た 方 々 の ぶ ん も 、 毎 日 を 大 切 に 生 『 春 ☆ 合 唱 部 お 別 れ 会 』 と 板 書 し て い る て し 清 春 。 き て ゆ こ う 」 愛 同 ・ 廊 下 被 災 者 た ち が 、 そ れ ぞ れ の 思 い を 胸 に 聞 清 春 「 今 年 の お 別 れ 会 は な 、 い つ も と 違 う 歌 き 朝 海 と 同 級 生 < と が 、 漫 画 を 取 り き 入 っ て い る に し た い ん や 」 生 合 い 、 萌 え 騒 ぎ な が ら 歩 い て く る 合 唱 「 ) 傷 つ い た 神 戸 を 、 も と の 姿 に も ど そ 合 唱 部 員 < 「 直 太 朗 や ろ ? 『 さ く ら 』 」 CD 音 楽 室 か ら 出 て き た 清 春 と す れ 違 、 つ 「 く る よ ね 、 あ れ は あ た し 去 年 、 号 泣 」 う 支 え あ う 心 と 明 日 へ の 、 希 望 を 胸 に 」 一 瞬 ー ー 朝 海 と 清 春 は 、 そ れ ぞ れ の 指 を 清 春 「 変 え た い ね や 、 今 回 は 。 一 一 十 年 や か ら 清 春 の 声 「 震 災 の 日 か ら 、 火 事 の 音 、 サ イ レ ン 、 絡 ま せ 合 う 初 め な 。 阪 神 淡 路 大 震 災 か ら 」 ヘ リ コ プ タ ー 、 泣 き 声 ば っ か り : な に ご と も な か っ た よ う に 、 両 者 は 離 れ 合 唱 部 員 た ち 、 そ し て 朝 海 が 、 キ ョ ト ン て き れ い な 音 を 聞 い た ん や 」 て い く と 清 春 を 見 つ め る 清 春 少 年 の 頬 を 、 幾 筋 も の 涙 が っ た う 手 を つ な い で い る ミ ド リ は 無 感 動 で 、 表 走 る 車 の 中 ( 一 週 間 前 の 日 曜 日 ) 1995 年 1 月 日 早 朝 の 神 戸 情 が 変 わ ら な い 〇 〇 〇 〇 一 わ

シナリオ 2016 2月号


本 気 は 子 供 の よ う に 泣 い て い る 朝 海 「 離 し ま し よ う か ? 」 め え あ ぐ ま 本 気 「 お 前 は 悪 魔 が 」 二 人 が 手 を つ な い で ダ ラ ダ ラ と 歩 く 。 本 気 は 線 量 計 を ぶ ん 投 げ て 捨 て る 本 気 「 離 ん に え よ 、 俺 は 。 ぜ っ た い 、 こ ご を 本 気 が 、 ず い ぶ ん と 先 に 行 っ た 清 春 を 睨 蘇 ら せ る 」 み 据 え る 。 朝 海 「 : : : 本 気 く ん は 、 み ん な を 待 っ て た ん 本 気 「 あ い づ 、 被 曝 す れ ば い い 」 : タ イ ム カ プ セ ル よ り 、 み ん な を 朝 海 が 笑 う 。 集 め た か っ た 」 朝 海 「 そ の 冗 談 、 こ こ な ら で は 」 本 気 「 タ イ ム カ プ セ ル に 入 れ だ の は ミ ニ カ 1 本 気 「 ( 吹 き 出 す ) 産 地 直 送 だ 」 だ 。 ど 、 つ で も い し ・ : 会 い だ か っ た の は 朝 海 「 郷 土 の 特 産 品 」 み ん な で ね く て : : : み ん な 呼 ん だ け ど み ん 笑 い な が ら 泣 き 、 吹 き 飛 ば す よ う に 笑 っ な は ど う で も い く て : ・ ・ : 」 て 、 朝 海 は ま た 泣 く 。 真 っ 赤 に な っ て 、 打 ち 明 け て い る 。 本 気 「 四 年 ぶ り だ し 、 お 前 に ク ど う だ ク っ て 〇 駅 の 前 と こ 見 せ だ く て な 」 人 っ 子 一 人 い な い 駅 頭 に 五 人 が 立 つ 。 照 れ 臭 そ う に ネ ク タ イ を 弄 る 地 震 で 倒 れ た 街 灯 も 、 傾 い た 商 店 も 、 す ス ー ツ 姿 の 理 由 を 知 っ て 、 朝 海 は 本 気 が べ て が 時 間 を 止 め て い る 可 愛 く て た ま ら な く な る 。 香 雅 里 が 、 藪 か ら 棒 に 走 り 出 す 。 朝 海 「 中 学 の 頃 、 気 が つ い で だ よ 。 本 気 く ん 朝 海 「 香 雅 里 ? の 性 欲 」 本 気 「 い や 性 欲 っ て 」 〇 朝 海 「 地 震 が な け れ ば 付 き 合 っ て た か も ね 、 香 雅 里 が 駆 け る 。 あ た し た ち 。 こ ん な 感 じ 」 「 香 雅 里 ! 」 と 朝 海 た ち が 追 う 。 手 を つ な ぐ 本 気 「 離 せ よ 」 朝 海 「 あ 。 離 す ? 〇 路 地 も ぬ け の 殻 の 民 家 や 商 店 を 縫 う よ う に 香 雅 里 が 走 る 塀 に も た れ て 、 弾 け た よ う に 笑 い 転 げ る 朝 海 た ち が 追 い つ い て 、 ポ カ ン と 見 守 る 。 香 雅 里 「 町 、 貸 し 切 り ー う ち ら 貸 し 切 っ て る よ ね 、 が つ つ り 」 朝 海 た ち 「 ・ : : ・ ( 拍 子 抜 け す る ) ー 〇 常 磐 線 の 線 路 四 年 間 も 電 車 が 通 ら ず 雑 草 に 覆 わ れ た 線 路 を 、 五 人 が 歩 く 。 香 雅 里 「 四 年 前 、 横 浜 の 親 戚 に 避 難 し て ・ : う ち 、 き れ い じ ゃ ん ? 」 朝 海 や 本 気 が 中 途 半 端 に 笑 う 。 香 雅 里 「 テ レ ビ や 雑 誌 が い つ ば い 来 た 。 取 材 一 で も 学 校 で も 、 強 い ね 、 す ) 」 い ね 、 看 護 師 四 に な る ん だ ね 。 復 興 の ヒ ロ イ ン 的 な プ レ ッ シ ャ 1 か げ ら れ る 。 呪 い み た い に 。 い ん だ よ 。 高 校 、 辞 め だ 」 朝 海 た ち 「 ! 」 香 雅 里 「 親 に 言 え な い と ご で 働 い て る 。 売 れ っ 子 な ん だ よ 、 、 っ ち 。 顔 が き れ い で よ が っ だ 。 ( 笑 う ) お か げ で 人 生 、 イ ー ジ 1 だ 」 誰 も な に も 反 応 で き ず 、 五 人 は 線 路 を 歩 沿 岸 地 区 ( 夕 方 ) 目 の 前 の 広 大 な 空 き 地 と 、 そ の 向 こ う の 海 。 〇

シナリオ 2016 2月号


タ イ ト ル て く る い ん だ 、 ス ー プ が 澄 ん だ 金 色 で 」 -0 リ ワ 3 目 清 春 「 食 い 物 の 話 は や め よ う な 。 特 に あ っ た 演 歌 と ラ ッ プ を ミ ッ ク ス し 、 小 気 味 よ く 『 阪 神 淡 路 大 震 災 の 瓦 礫 の 原 か ら 、 歌 が か い 物 の 話 は 」 ス ク ラ ッ チ す る 生 ま れ た 。 』 寒 風 の 中 、 空 腹 を 抱 え た 五 人 の 足 は 重 い 。 311 に 倒 れ て 壊 れ た 理 髪 店 の サ イ ン 『 「 し あ わ せ 運 べ る よ う に 」 は 神 戸 の 復 興 清 春 「 : : : そ れ で : : : ど う な ん ? 塩 ラ ー メ ポ ー ル の 前 、 『 Yes. We are OPEN!] の に 寄 り 添 い 、 い ま 、 東 日 本 大 震 災 の 被 災 ン 」 札 を 掛 け た ク ラ ブ の 店 名 は 『 LIVE! 地 で も 唄 わ れ 始 め て い る 。 』 朝 海 「 ( 大 き く 目 を 見 開 く ) ・ : ・ : あ 」 LOVE! SING! 』 。 『 ー ー 生 き て 、 愛 し て 、 歌 う こ と 。 』 貝 で も 拾 っ て い た の か 、 中 腰 の ア ス カ さ メ イ ン ・ タ イ ト ル ん ( ) が 五 人 を ポ カ ン と 見 て い る fLlVE! LOVE! SING!J の 店 内 ( 夜 ) び ゅ う び ゅ う と 風 の 吹 く 浜 で 、 双 方 は し 床 屋 だ っ た 時 代 の 名 残 を 残 す 一 角 で 、 生 〇 砂 浜 ( 2015 年 2 月 1 日 日 曜 日 の 夕 方 ) ば ら く 黙 っ て い る き 生 き し た 顔 の 勝 が 、 二 台 の タ ー ン テ ー 青 い 海 と た く さ ん の カ モ メ が 舞 、 つ 空 を 仰 ア ス カ さ ん 「 : : : 誰 ? こ ご 、 人 が い る は ず プ ル か ら 音 楽 を 溢 れ さ せ て い る あ さ み い で 、 水 島 朝 海 ( 絽 ) と 、 派 手 な メ イ ク ね え 場 所 だ よ 」 カ ウ ン タ ー の 電 子 レ ン ジ か チ ン と 鳴 り 、 か が り の 橘 香 雅 里 ( ) が 歓 声 を あ げ る 朝 海 た ち 「 : : : 」 ア ス カ さ ん が ピ ザ を 出 す 。 朝 海 「 変 だ よ 。 ・ : ・ : す つ ご く き れ い ! 」 朝 海 、 清 春 、 香 雅 里 、 本 気 が と に か く か 一 と な み ま ち 香 雅 里 「 海 、 貸 し 切 り ! 貸 し 切 っ て ん じ ゃ 〇 富 波 町 ( 夕 方 5 夜 ) ぶ り 付 く ん 、 、 っ ち ら ! 」 無 人 の 通 り に 黄 色 い 信 号 が 点 滅 す る 朝 海 「 あ の 、 な ん で : 。 ( 音 楽 が う る さ い の 一 一 人 は 、 瓦 礫 が 散 乱 し 砂 に 自 動 車 が 突 き 拡 声 器 の 声 「 富 波 町 は 避 難 指 示 解 除 準 備 区 域 で 、 声 を 張 り 上 げ る ) な ん で 、 こ の 町 に 一 刺 さ る 、 311 か ら 変 わ ら な い 景 色 の 中 で す 。 六 時 に ゲ ー ト が 閉 ま り 、 ス ク リ ー ニ 人 で 円 き ょ は る ま さ る き や ぐ を 、 岡 里 清 春 ( % ) 、 佐 藤 勝 ( 絽 ) 、 ス ー ン グ が 終 了 し ま す 。 一 時 帰 宅 や 除 染 作 業 の ア ス カ さ ん 「 遊 び に 来 る 客 を ガ ッ カ リ さ せ ツ で ネ ク タ イ を 締 め た 渡 部 本 気 ( ) と 方 は そ れ ま で に 町 を 出 て く だ さ い 。 富 波 町 ち ゃ い け な い で し ょ ? 」 連 れ 立 っ て 歩 い て い る は 避 難 指 一 小 解 除 準 備 区 域 で す : : : 」 香 雅 里 「 誰 も 来 な い よ ね ? 誰 も い ね え し 」 か じ さ え ぎ 遠 い 岬 の 向 こ う に 数 本 の 排 気 筒 が 見 え る 人 っ 子 一 人 い な い 常 磐 線 の 駅 ア ス カ さ ん も ピ ザ を 齧 っ て 、 質 問 を 遮 る 本 気 「 ラ ー メ ン は な ん つ っ た っ て 家 系 だ べ 。 駐 輪 場 で 四 年 も 持 ち 主 を 待 っ て い る 自 転 よ 、 つ に 訊 く 太 麺 の 」 車 た ち ア ス カ さ ん 「 ど こ か ら ? 」 香 雅 里 「 中 華 街 に チ ャ ン ピ オ ン て ラ ー メ ン 屋 地 震 で ヘ し や げ た ま ま の 古 い 商 店 朝 海 「 : : : あ た し 、 神 戸 」 あ っ て さ 、 そ ご の 塩 が う ち の 一 等 賞 。 や ば 路 地 の 奥 か ら 場 違 い な 音 楽 が 聞 こ え ア ス カ さ ん 「 神 戸 : : : 」 〇 も ん も ん 4

シナリオ 2016 2月号


朝 海 「 ( つ も り ゃ ん に ) な に ? な に 引 」 モ ニ タ リ ン グ ボ ス ト が 線 量 を 表 示 す る 道 つ も り ゃ ん 「 カ ウ ン ト ダ ウ ン て 、 盛 り 上 が る 朝 海 が 扉 を 開 く と 、 暗 い 路 地 に サ イ ン を 、 一 一 人 が 歩 く 。 や ろ ? だ か ら 五 分 に 一 回 カ ウ ン ト ダ ウ ン ポ ー ル が 倒 れ て い る 。 清 春 「 傷 つ い た ふ る さ と を 、 も と の 姿 に も ど し て る ん や 。 そ う と 思 え ば 楽 し い 、 つ も り 」 寒 々 し く 鳴 る の は 、 『 Yes. We are OPEN! 』 そ う 。 : : : 朝 海 に 唄 わ せ る の は 、 暴 力 や 」 歌 手 「 ) 男 の つ も り と 女 の つ も り の 、 掛 け 算 の 札 朝 海 「 ? 」 引 き 算 足 し 算 割 り 算 。 愛 し 合 っ て る ふ た り 清 春 「 お 別 れ 会 の 歌 ・ : : ・ 『 さ く ら 』 に し よ う の 、 つ も り 」 〇 森 山 直 太 朗 の 」 洋 品 店 『 鄙 稀 (hinaki) 』 の 前 ( 深 夜 ) 朝 海 が 、 信 じ ら れ な い よ う に 目 を 見 開 く 。 朝 海 と 清 春 が 歩 い て く る 朝 海 「 ! 」 櫓 の 歌 手 の 横 で 太 鼓 を 叩 い て い る の は ア 朝 海 「 ご 紹 介 し ま す ! あ た し ん ち 」 や っ と 分 か っ て 貰 え て 、 朝 海 は 嬉 し く 、 ス カ さ ん と 漁 師 さ ん だ 。 清 春 「 ( 看 板 を 読 む ) ヒ ナ : : : キ ? 有 り 難 い ひ な 朝 海 「 漁 師 さ ん ・ : 朝 海 「 母 さ ん 神 戸 出 身 だ か ら 、 『 鄙 に は 稀 な 』 朝 海 「 あ り が と う 。 ・ : ・ : 先 生 、 あ り が と う 」 二 人 の 睦 ま じ い 姿 に 、 歓 喜 が 込 み 上 げ る 。 っ て 、 田 舎 バ カ に し た 名 前 付 け た 。 神 戸 に 清 春 が 朝 海 の 手 を 握 る 。 つ も り ゃ ん 「 ) 311 は な か っ た つ も り 、 地 避 難 す る 時 も ラ ッ キ ー っ て ノ リ だ っ た 」 朝 海 は ふ い に 跳 ね て 、 清 春 の 頬 に キ ス を 一 震 も 津 波 も な い つ も り 。 日 本 は ひ と つ で あ 清 春 は 苦 笑 す る 。 す る 。 る つ も り 、 そ れ で 安 心 な : : : 」 朝 海 「 避 難 て 、 そ ん な の 二 、 三 日 だ と 想 っ て や が て 清 春 が 、 ゆ っ く り と 真 顔 に な っ て 一 朝 海 「 ( 今 度 は 嬉 し く 跳 ね て ) ) つ も り ー た 」 歌 手 「 ) 地 球 は い つ で も 回 っ て る 、 み ん な は 朝 海 は 鍵 を 取 り 出 し て 、 戸 口 に 近 寄 る 次 の こ と を 誰 か に 告 げ る の は 、 清 春 に つ も り で 歩 い て く 。 そ う い う つ も り で 眺 め 朝 海 「 : : : た だ い ま ( そ う 言 い か け て 、 ロ ご と っ て 初 め て の 経 験 だ 。 て み れ ば 、 僕 ら は み ん な 生 き て い る 」 も っ て し ま う ) 」 長 い 間 、 躊 躇 し て い る 。 花 火 と 群 舞 、 漁 師 さ ん が 生 き 生 き と 打 っ 清 春 「 ? 」 清 春 「 震 災 で : : : 兄 貴 が 死 ん だ 」 太 鼓 ー ー ー や が て 、 朝 海 は 家 を 背 に し て 歩 き 出 す 。 朝 海 「 ー ー ( 自 分 の 耳 を 疑 う ) 」 清 春 「 ( 人 ら な く て ) え え の ? : ・ 四 年 ぶ 清 春 「 ひ と つ 上 の 、 兄 貴 が 」 〇 同 ・ 店 内 ( 深 夜 ) り や ろ ? 」 扉 に 手 を か け て 幻 想 に 浸 っ て い た 朝 海 が 、 朝 海 は 振 り 向 か な い で 歩 く 〇 避 難 所 に な っ た 小 学 校 の 校 庭 ( 1995 ビ ク ッ と 強 張 る 。 清 春 「 ・ : ・ ( な ん と な く 、 気 持 ち を 察 す る ) 」 年 2 月 日 ) 隣 に 来 た 清 春 が 、 案 じ る よ う に 肩 に 手 を 音 楽 教 師 が 電 子 ピ ア ノ を 弾 き 、 教 え 子 た 置 い た の だ 。 ち が 唄 、 つ 。 〇 道 ( 深 夜 ) ま れ