検索 - みる会図書館

検索対象: 小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行から 374件ヒットしました。

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


ス 、 か な い と い う 表 情 を 浮 か べ て い た 。 政 次 を 睨 み つ け る 者 酒 肴 を 運 ん で き た 正 室 の 祐 が 、 心 配 そ う に 言 っ た 。 も 少 な く は な い 。 祐 は 今 川 家 の 一 門 、 新 野 家 の 出 だ っ た 。 娘 が 一 人 い る だ け そ の 中 で も 、 ひ と き わ 敵 意 の 籠 っ た 視 線 を 向 け て い る の は 、 で 、 男 子 に は 恵 ま れ な か っ た も の の 、 直 盛 は 今 川 家 を 憚 っ て 直 盛 の 従 兄 弟 に 当 た る 肥 後 守 直 親 だ っ た 。 二 十 六 歳 に な る 直 側 室 を 持 た ず に い る 。 親 は 、 男 子 の い な い 直 盛 の 養 子 に な っ て い る 。 「 五 月 に は 出 陣 い た す 。 し ば ら く は 、 忙 し く な る そ 」 直 親 が 小 野 一 族 を 憎 む の も 、 無 理 か ら ぬ 話 だ っ た 。 「 ご 武 運 を お 祈 り い た し て お り ま す 。 井 伊 家 と 今 川 家 の た め 、 直 親 の 父 ・ 彦 次 郎 直 満 は 今 か ら 十 六 年 前 、 小 野 政 直 に よ っ し か と お 働 き く だ さ い ざ ん そ て 今 川 家 へ の 謀 叛 を 企 て て い る と 讒 訴 さ れ た 。 そ れ を 信 じ た 妻 と し て 不 満 は な い が 、 井 伊 家 の 苦 境 を 本 当 に 理 解 し て い 義 元 は 、 彦 次 郎 直 満 と そ の 弟 ・ 平 次 郎 直 義 を 駿 府 へ 呼 び 寄 せ 、 る の か ど う か 。 内 心 に 嘆 息 を 漏 ら し 、 注 が れ た 酒 を 飲 み 干 す 。 そ の 途 上 、 謀 叛 の 咎 に よ り 誅 殺 し た の だ 。 そ し て 、 井 伊 谷 に 「 と こ ろ で 、 お 寅 は 息 災 か ? 」 残 っ て い た 直 親 も 殺 害 せ よ と の 命 を 出 す 。 「 は い 。 た だ 、 相 変 わ ら す の 男 勝 り で 、 剣 の 稽 古 な ど に 励 ん ま だ 幼 か っ た 直 親 は 、 直 盛 の 計 ら い で 信 濃 へ 落 ち 延 び 、 十 で い る よ う で す が 年 に 及 ぶ 雌 伏 を 余 儀 な く さ れ た 。 井 伊 谷 へ 戻 る こ と が で き た 「 そ う か 。 ま っ た く 、 困 っ た も の よ 」 の は 、 政 直 の 死 と 、 直 盛 の 取 り 成 し が あ っ て の こ と だ 。 直 親 十 九 歳 に な る 一 人 娘 の お 寅 は 、 若 く し て 出 家 し 、 井 伊 家 の を 養 子 と す る こ と に 政 次 は 強 く 反 対 し た が 、 他 に 井 伊 家 を 継 菩 提 寺 で あ る 龍 泰 寺 に 入 っ て い た 。 ぐ べ き 男 子 は い な い と 、 直 盛 が 押 し き っ た 形 だ っ た 。 元 々 、 お 寅 は 直 親 を 婿 に 迎 え る は す だ っ た が 、 十 六 年 前 の と は い え 、 義 元 を 後 ろ 盾 と す る 小 野 一 族 の 権 勢 に 対 抗 す る 騒 動 で 直 親 が 井 伊 谷 を 離 れ た た め 、 婚 約 は 解 消 さ れ て い た 。 の は 、 容 易 な こ と で は な い 。 直 盛 が わ す か で も 不 穏 な 動 き を そ し て 六 年 前 に 戻 っ て き た 直 親 は 、 す で に 正 室 を 迎 え 、 子 ま す れ ば 、 義 元 は 井 伊 家 そ の も の を 潰 し に か か る か も し れ な い で 生 し て い た の だ 。 の だ 。 小 野 一 族 と は 互 い に 妥 協 点 を 探 り な が ら 、 波 風 立 て ぬ 代 わ っ て お 寅 の 嫁 ぎ 先 の 候 補 に 挙 が っ た の が 、 小 野 政 次 だ よ う や っ て い く し か な い 。 っ た 。 し か し 、 お 寅 は こ れ を 拒 絶 し て 自 ら 髪 を 下 ろ し 、 直 盛 居 室 に 戻 る と 、 直 盛 は 酒 を 命 じ た 。 と 祐 の 説 得 に も 耳 を 貸 さ す 、 仏 門 に 入 っ て し ま う 。 「 お 疲 れ の よ う に ご ざ い ま す ね 。 ま た 、 戦 だ と 伺 い ま し た そ う し た 激 し い 気 性 ゆ え 、 寺 で 大 人 し く 読 経 に 励 ん で い ら れ る は す も な い 。 お 寅 は い っ た い 何 の つ も り か 、 寺 男 や 若 い カ 13 野 望 の 狭 間

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


27 写 真 ・ Tomas Äawski 胸 を え ぐ ら れ る 、 切 な さ が 溢 れ だ す 『 世 界 か ら 猫 が 消 え た な ら 』 『 億 男 』 の 著 者 、 2 年 ぶ り の 最 新 刊 ・ 定 価 ( 本 体 朝 00 円 + 税 ) 文 藝 春 秋 〒 102-8008 東 京 都 千 代 田 区 紀 尾 井 町 3-23 野 望 の 狭 間 http.//www.bunshun.CO.jp 彼 四 女 月 な 渾 る 身 痛 だ 見 自 の 戦 御 政 な た が 抜 忌 次 は を 力 を え だ の 胸 の な な 冫 て 踏 振 突 て 望 と れ 刀 込 下 刺 し な 音 だ ろ さ っ 直 柄 だ 目 望 に ら 追 オ か 玄 し を 青 秘 す れ 喞 〒 の ま た る 柄 の 続 膝 左 が 手 折 て れ 搬 や け そ 愛 さ そ が れ の し て ど こ て は な と い 過 ぜ を る 憎 刃 も 殿 , 膝 心 争 は 玄 ノ 哽 を 遠 盛 つ 、 = い 叛 い 纏 ツ : に 小 が 苦 カ 早 も 腹 孫 い ま を せ に た 助 手 に 傷 の れ に そ 奥 が の せ て 致 は を け た 見 ま る 傷 い だ げ た が れ 上 き 生 直 つ け 暖 - 皿 は て た た か は い 倒 血 れ は 込 吐 玄 き 蕃 の 鋸 す 傍 顔 状 4 玄 蕃 槍 捨 の 手 を 伸 ば す が 直 盛 は そ う い り ぬ の 堪 ん 、 み ん よ す 掻 ぐ て の 刀 、 を り 柄 を き そ う 、 を み で 堪 ま き つ 、 た ま ま の 槍 ん だ の ま に 。 生 よ う と 決 め た stifi の ざ ま か 苦 笑 し 、 終 る わ は い か な い さ い の し 、 分 、 け は 男 己 野 い か に 。 け め る あ の れ ぇ う え 直 だ お 父 な く な っ け た ら し 、 の の 叩 。 だ す で に 視 界 は み 痛 ほ ど 、 な 。 寅 上 を 速 の の 裡 野 を て い と し と 市 郎 が 駆 け 寄 て き た 人 と も 事 だ た さ る 暁 れ 情 考 ど ど 落 が 蕃 知 所 た ら も 井 伊 家 簒 奪 が 成 の 、 抜 て 成 の に は そ れ カ ス が い と 存 つ き カ ら 込 み た を ナ 出 感 カ ス ん 尸 は さ に る の 、 体 家 た の カ 兵 た ま だ の つ ろ 敵 う 次 ぇ 、 窺 そ 混 う い こ 紛 、 蕃 と 、 野 討 痛 任 つ を ナ て 。 逃 げ じ め る 襲 て き の 乱 て 。 を 暗 殺 し 井 伊 を 乗 取 る 政 滲 落 、 ら し 、 引 く 血 ま 飛 刃 、 沫 を 崩 が 叩 カ ス く 玄 食 。 蕃 し そ ナ に の 命 か よ り く の 首 。 筋 に の

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


マ ス イ ヴ だ っ た 。 美 青 年 で は な く 、 筋 骨 た く ま し い 大 男 で あ る 。 店 長 の 趣 味 に 別 れ た い と 切 り 出 し た の は 瑞 希 だ っ た が 、 ユ ウ ャ も い や だ は い ま ひ と つ 一 貫 性 が 感 じ ら れ な い 。 そ の 前 に も 二 、 三 人 、 と は 言 わ な か っ た 。 ひ と り に な っ て 、 運 河 沿 い を で た ら め に 店 を 訪 ね て ぎ た と こ ろ を 紹 介 さ れ た が 、 ス ー ツ を び し り と 着 歩 い て い る と き に 、 と て も い い に お い が ど こ か ら か 漂 っ て き こ な し た 会 社 員 ふ う も い れ ば 、 長 髪 に サ ン グ ラ ス を か け た ミ ュ ー ジ シ ャ ン も い た 。 コ ー ヒ ー だ っ た 。 ふ ら ふ ら と 近 づ い た 喫 茶 店 の ド ア に は 、 「 恋 多 き 男 で す ね , ア ル バ イ ト 募 集 の 貼 り 紙 が あ っ た か ら か い ま じ り に 嘆 息 し て み せ た 瑞 希 に 、 店 長 は び し や り 「 あ の 、 大 丈 夫 で す か ? と 言 い 返 し た 。 ム カ イ さ ん の 心 配 そ う な 声 で 、 瑞 希 は わ れ に 返 っ た 。 「 瑞 希 ち ゃ ん も が ん ば り な さ い 、 若 い ん だ か ら 」 ォ ル ゴ ー ル を 前 に し た ふ た り の 客 も 、 困 っ た よ う に 首 を か ュ ウ ヤ と 別 れ て か ら は 、 誰 と も っ き あ っ て い な い 。 直 接 そ し け て 瑞 希 を 見 上 げ て い る 。 瑞 希 は ぼ ん や り と 三 人 を 見 回 し う 打 ち 明 け た こ と は な い け れ ど 、 店 長 に は お 見 通 し な の だ ろ た 。 ム カ イ さ ん 、 女 の 客 、 そ れ か ら 男 の 客 。 よ く 見 た ら 、 彼 は そ れ ほ ど ュ ウ ヤ に 似 て い な い 。 誘 わ れ る こ と は 、 た ま に あ る 。 喫 茶 店 の 客 か ら 連 絡 先 を 書 い た メ モ を こ っ そ り 渡 さ れ た り 、 道 端 で か っ て の ク ラ ス メ イ 喫 茶 店 に 戻 っ て か ら は 、 午 前 中 に も ま し て 忙 し か っ た 。 よ ト と ば っ た り 出 く わ し て 、 今 度 飲 み に 行 こ う と 持 ち か け ら れ う や く 手 が 空 い た と き に は 、 五 時 を 回 っ て い た 。 た り も す る 。 小 学 校 か ら 高 校 ま で 、 同 窓 会 は 定 期 的 に 開 か れ 客 の い な く な っ た 店 内 を ぐ る り と 見 回 し て 、 て い る か ら 、 顔 を 出 せ ば 休 日 を 一 緒 に 過 ご す 相 手 く ら い は 見 「 今 日 は そ ろ そ ろ 閉 め ち ゃ お う か つ か る か も し れ な い 。 自 慢 し ゃ な い が 、 男 子 の 間 で ま っ た く と 店 長 が 言 っ た 。 人 気 が な い わ け で も な か っ た の だ 。 で も 、 な ん と な く や る 気 が 出 な い 。 「 こ れ か ら 新 し い お 客 さ ん が 入 っ ち ゃ っ て 、 長 居 さ れ て も 困 る し 」 ュ ウ ヤ を 忘 れ ら れ な い わ け じ ゃ な い 。 未 練 が 残 っ て い る わ 心 な し か 、 そ わ そ わ し て い る 。 た ぶ ん 、 こ れ か ら 恋 人 と 約 け で も な い 。 た だ 、 同 じ こ と の 繰 り 返 し の よ う な 気 が し て し 3 束 が あ る の だ ろ う 。 ま う 。 い す れ こ の 街 を 去 っ て い く 人 間 と 親 し く な っ て も 、 不 今 の 相 手 は 、 瑞 希 が 入 っ た ば か り の と き に ひ き あ わ さ れ た 毛 な ん じ ゃ な い か 。 そ う か と い っ て 、 一 生 こ こ で 暮 ら そ う と ち

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


ち を 抱 い て い た の を 覚 え て い る 。 杏 樹 は 父 の 弟 、 碧 李 の 叔 父 見 当 が っ か な い 。 に あ た る 人 の 娘 だ が 、 交 通 事 故 で 逝 っ た 親 の 顔 は 記 憶 に な い 「 何 か あ っ た の は 確 か だ し 、 そ の 何 か が や ば い の も 確 か だ 。 は す だ 。 千 賀 子 が い っ 真 実 を 話 す つ も り な の か 、 一 生 黙 っ て お れ が 言 え る の は そ こ ま で だ け ど 、 や つ ば り 、 こ れ 、 や ば い い る つ も り な の か 推 し 量 れ な い け れ ど 、 半 パ ン の こ ろ の 碧 李 よ な 」 は む ろ ん 、 そ こ ま で 思 い を 馳 せ た り は で き な か っ た 。 「 あ あ 、 だ ろ う な 」 愛 ら し く て 、 賑 や か で 、 手 の か か る 面 倒 な 妹 に ど う 接 し て 碧 李 は 信 哉 よ り も さ ら に 語 れ る も の が 少 な い 。 た だ 、 学 生 し い か 迷 っ て い る 最 中 の こ ろ だ っ た 。 ス ポ ー ツ に お い て 不 祥 事 が ど れ く ら い 忌 み 嫌 わ れ る か 、 そ こ 家 か ら 四 、 五 百 メ ー ト ル ほ ど 手 前 の 交 差 点 の 先 に 高 校 が あ に は 思 案 が 届 く 。 高 校 生 ら し か ら ぬ 振 る 舞 い 、 言 動 の 類 は 厳 っ た 。 高 校 の フ ェ ン ス に そ っ て 緩 や か な 上 り 坂 に な っ て い て 、 し く 罰 せ ら れ る し 、 排 除 も さ れ る 。 ま し て 、 そ れ が 反 社 会 的 上 り き る と 小 さ な 空 き 地 が あ り 、 そ の 先 に 碧 李 の 家 が あ っ た 。 な も の で あ れ ば 許 さ れ る わ け が な か っ た 。 い つ も の 帰 り 道 、 フ ェ ン ス 沿 い に 歩 い て い る と 押 し 殺 し た 当 た り 前 と い え ば 当 た り 前 だ 。 泣 き 声 が 聞 こ え た 。 足 を 止 め 、 周 り を 窺 う 。 ど ん な 罪 で も 、 た と え そ れ が 故 意 で な か っ た と し て も 犯 し 一 瞬 、 恐 怖 を 感 じ た ほ ど の 異 様 な 声 だ っ た 。 少 な く と も 、 た の な ら 償 わ な け れ ば な ら な い 。 そ う 、 当 然 な の だ 。 け れ ど 、 そ れ ま で 碧 李 が 耳 に し た こ と の な い も の だ 。 絞 り 出 す よ う な 、 そ の 罰 は 個 人 に と ど ま ら ず 広 が っ て し ま う 。 地 の 底 か ら 滲 み 出 て く る よ う な 重 い 、 籠 っ た 響 き が あ っ た 。 清 都 の 陸 上 部 員 が 何 か を し で か し 、 そ れ が 罪 に 値 す る も の い つ も は そ こ そ こ の 人 通 り の あ る 道 が 、 ど う し た わ け か 無 人 な ら ば 、 罰 則 は 陸 上 部 全 体 に 適 用 さ れ る だ ろ う 。 で あ っ た の も 恐 怖 を か き た て た 。 も う 何 年 前 に な る か し か し 恐 怖 は す ぐ に 消 え た 。 声 の 主 を 見 つ け た か ら だ 。 フ 号 泣 す る 男 を 見 た 記 憶 が あ る 。 エ ン ス の 向 こ う 側 に 倉 庫 ら し き 木 造 の 小 屋 が あ っ て 、 陰 に 隠 碧 李 は ま だ 小 学 生 で 半 パ ン を 穿 い て い た 。 突 然 に 両 親 を 失 れ る よ う に し て 男 が 一 人 、 し や が み 込 ん で い た 。 し や が み 込 っ た 杳 樹 を 千 賀 子 が 引 ぎ 取 っ た 直 後 で あ っ た か も し れ な い 。 み 号 泣 し て い た 。 ま だ 父 母 は 離 婚 し て い な く て 、 碧 李 は 加 納 と は 別 の 姓 を 名 乗 男 は 野 球 の ユ ニ フ ォ ー ム を 着 て い た 。 練 習 用 の も の ら し く 、 っ て い た 。 父 と 母 と 自 分 、 三 人 の 暮 ら し の 中 に 突 然 、 入 り 込 何 の 名 前 も 入 っ て い な い 。 地 面 に へ た り 込 み 、 帽 子 で 顔 を 覆 ん で き た 小 さ な 存 在 に 戸 惑 い と 物 珍 し さ と ど こ か 温 か な 気 持 、 男 は む せ び 泣 い て い た 。 そ の 声 は 低 く 重 く 漂 い 消 え て い 106

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


「 お そ ら く 、 信 長 が 動 い た の で あ ろ う 」 信 長 の 出 陣 を 聞 い た 義 元 は 策 を 切 り 替 え 、 こ の 一 戦 で 信 長 他 に 、 考 え ら れ る 理 由 は な い 。 信 長 は 清 洲 を 出 陣 し 、 こ ち の 首 を 挙 げ る つ も り な の か も し れ な い 。 信 長 さ え 討 て ば 、 残 ら へ 向 か っ て い る の だ 。 そ し て 義 元 は 、 そ れ を こ の 地 で 迎 え さ れ た 織 田 家 臣 や 国 人 衆 は 、 今 川 に 降 る 他 に 道 は な い 。 信 長 撃 っ こ と に 決 め た の だ ろ う 。 の 首 一 つ で 、 尾 張 全 土 が い と も 容 易 く 掌 中 に 収 め ら れ る の だ 。 肥 沃 で 商 業 も 活 発 な 尾 張 を 制 す れ ば 、 今 川 の 支 配 は よ り 強 「 そ れ に し て も 、 一 戦 終 え た ば か り の 我 ら を 呼 び 戻 す な ど 不 服 そ う に 、 お 寅 が 言 っ た 。 朝 比 奈 や 葛 山 、 松 平 の 各 隊 に 固 な も の と な る 。 は 、 転 陣 の 命 は 届 い て い な い の だ 。 だ が 、 義 元 が そ こ で 満 足 す る と も 思 え な い 。 さ ら に 美 濃 を 「 致 し 方 あ る ま い 。 我 ら 国 人 衆 が 求 め ら れ て お る の は 、 そ う 獲 り 、 京 へ 上 っ て 天 下 を 目 指 す こ と も 、 十 分 に 考 え ら れ る 。 し た 役 回 り だ 」 井 伊 家 は 先 鋒 と し て 、 い っ 果 て る と も 知 れ な い 戦 に 駆 り 出 移 動 を 開 始 し た 直 後 、 彼 方 か ら 鉄 砲 の 筒 音 が 連 続 し て 響 い さ れ 続 け る の か 。 暗 澹 た る 思 い で 、 目 と 鼻 の 先 の 桶 狭 間 山 を 眺 め た 。 「 何 事 か 。 物 見 を 出 せ ー 「 父 上 、 空 が ー ま さ か 、 も う 信 長 が 現 れ た の か 。 だ が 、 そ れ に し て は 早 す お 寅 の 声 に 、 直 盛 は そ の 指 差 す 先 を 見 上 げ た 。 ぎ る 。 筒 音 に 続 い て 湧 き 起 こ っ た 喊 声 も 、 す ぐ に 途 絶 え た 。 西 の 空 が 、 急 速 に 黒 く 染 ま っ て い く 。 気 づ く と 、 生 温 い 風 巻 山 に 到 着 し て 陣 の 設 営 に 取 り か か っ た 頃 、 駆 け 戻 っ た 物 が 吹 き 始 め て い た 。 見 が 報 告 し た 。 雨 雲 は 見 る 間 に 空 を 覆 い 、 彼 方 で は 雷 光 が 閃 い て い る 。 風 東 海 道 の 前 軍 が 、 山 中 を 進 む 織 田 軍 の 小 部 隊 を 捕 捉 し 、 こ も 激 し さ を 増 し 、 木 々 の 枝 を 大 き く 揺 ら し て い た 。 せ ん め つ 間 も な く 、 信 じ 難 い ほ ど の 暴 風 が 襲 っ て き た 。 吹 き 荒 れ る れ を 殲 減 し た の だ と い う 。 敵 は 三 百 ほ ど で 、 将 は 佐 々 隼 人 、 風 は 幔 幕 や 旗 指 物 を 吹 き 飛 ば し 、 ほ と ん ど 真 横 か ら 叩 き つ け 千 秋 季 忠 。 そ の 二 人 の 首 級 も 挙 げ ら れ て い た 。 殲 減 さ れ た 三 百 は 、 お そ ら く 義 元 本 陣 を 探 し て い た の だ ろ る 雨 粒 が 、 礫 の よ う に 全 身 を 打 ち つ け る 。 う 。 だ が 見 つ け 出 し た と こ ろ で 、 周 囲 に は い く つ も の 隊 が 陣 も は や 、 陣 の 設 営 ど こ ろ で は な か っ た 。 兵 た ち は 風 雨 を 避 直 盛 も 、 手 近 な 木 の 幹 に を 置 い て い る の だ 。 そ れ を 突 破 し て 本 陣 に 近 づ く こ と な ど 、 け る た め 森 の 中 へ 逃 げ 込 ん で い く 。 で き は し ま い ま り 蹲 っ て い る の が や っ と だ っ た 。 ど れ ほ ど そ う し て い た の か 、 風 雨 は い く ら か 弱 ま っ た 。 た あ る い は 、 と 直 盛 は 思 っ た 。 21 野 望 の 狭 間

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


こ ん に ち は 。 「 小 学 六 年 コ ー ス 」 の ペ ン パ ル ぼ 集 の コ ー ナ ー を 見 て く れ て 、 そ し て 手 紙 を く れ て 、 あ り が と う 。 直 美 さ ん か ら 手 紙 を も ら っ た 時 は ま だ 夏 体 み だ っ た の に 、 返 事 が お そ く な っ て ゴ メ ン な さ い 自 分 の 名 前 が あ ん な 風 に 本 に の る の が 初 め て だ っ た の で 、 本 が 出 た 日 か ら 毎 日 、 マ ン シ ョ ン 一 階 に あ る ポ ス ト を の ぞ い て い ま し た 。 は じ め は 私 あ て の 手 紙 は 一 通 も あ り ま せ ん で し た 。 で も 、 あ る 日 、 郵 便 屋 さ ん が 直 接 、 八 階 の 部 屋 ま で 来 て 、 手 紙 の た ば を ど っ さ り 置 い て い き ま し た 。 下 の ポ ス ト に は 入 り き ら な い か ら だ そ う で す 。 次 の 日 も 、 そ の 次 の 日 も そ う や っ て た く さ ん の 手 紙 を 受 け 取 り ま し た 。 あ の コ ー ナ ー が そ ん な に 人 気 が あ る っ て 知 ら な か っ た で す 。 受 け 取 っ た 手 紙 を 段 ボ ー ル の は こ に 入 れ て お い て 、 あ と で 数 え た ら 全 部 で 三 百 通 く ら い に な り ま し た 。 初 め は す ご く う れ し く て 、 と ど い た 順 に 返 事 を 書 い て い た け れ ど 、 書 い て も 書 い て も 終 わ ら な か っ た の 。 夏 体 み の 宿 題 が 終 わ っ て も 、 じ ゅ く の 宿 題 が 終 わ っ て も 、 手 紙 の た ば は あ ん ま り 減 ら な く お 母 さ ん や お ば あ ち ゃ ん に は 「 い い 加 減 に し な さ い 」 と し か ら れ ま し た 。 で も 、 コ ー ナ ー の コ メ ン ト に 「 必 ず 返 事 を 書 き ま す 」 と 書 い て し ま っ た の で 、 約 束 だ け は 守 ろ う と 思 い ま し た 。 私 は 本 を 読 む の が 大 好 き で す 。 こ れ ま で た く さ ん の 本 を 読 み ま し た 。 で も 、 あ ん な に い つ ば い 手 紙 を 読 ん だ の は 初 め て で す 。 手 紙 を 読 む う ち に 、 本 と は ず い 分 ち が う な あ 、 と 思 い ま し た 。 本 は 読 む 人 の こ と を 考 え て 、 わ か り や す く 書 い て あ る け れ ど 、 手 紙 は そ う で は な い で す 。 会 っ た こ と も な い 私 に 、 ク ラ ス メ ー ト の 悪 口 を 便 せ ん 一 杯 に 書 き な ぐ っ て い る ひ と も い れ ば 、 原 田 中 直 美 さ ん へ 男 福 寿 草

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


「 そ れ が し の 知 る 限 り 、 信 長 は そ の よ う な 策 を 思 い つ く よ う な 人 物 で は あ り ま せ ぬ 。 大 う つ け と い う 世 評 は 、 尾 ひ れ が っ 鷲 津 砦 は 、 小 高 い 丘 陵 の 頂 に 築 か れ て い る も の の 、 規 模 は い て い く ら か 大 げ さ に な っ て は お り ま す が 、 そ れ ほ ど 的 外 れ 小 さ く 守 兵 も 少 な い 。 間 者 の 報 せ に よ れ ば 、 守 将 は 織 田 一 族 丸 根 と も 思 い ま せ ん の 秀 敏 と 、 飯 尾 定 宗 。 兵 力 は わ す か 三 百 ほ ど だ と い う 。 砦 や 鳴 海 城 の 周 辺 に 築 か れ た 砦 群 も 、 規 模 と 兵 力 は 似 た よ う 直 盛 は そ の 答 え に 、 か す か な 違 和 を 覚 え た 。 な も の だ っ た 。 簗 田 政 綱 を 通 じ て 直 盛 が 知 っ た 信 長 と 、 元 康 の 語 る 信 長 が 、 著 し く か け 離 れ て い る 。 元 康 に 人 を 見 る 目 が な い の か 、 あ る 払 暁 、 攻 撃 が 開 始 さ れ た 。 法 螺 貝 が 吹 き 鳴 ら さ れ 、 陣 太 鼓 い は 幼 か っ た 元 康 に 対 し て す ら 、 信 長 は 己 の 器 を 秘 し て い た の 音 に 合 わ せ て 兵 た ち が 動 き 出 す 。 直 盛 の 持 ち 場 は 搦 め 手 だ の か 。 っ た 。 敵 の 放 っ 礫 と 矢 を 楯 で 防 ぎ な が ら 、 足 軽 が 急 な 斜 面 を だ が 、 義 元 か ら 信 頼 さ れ 、 一 族 の 娘 ま で 与 え ら れ て い る 元 這 い 上 が っ て い く 。 そ れ ほ ど の 苦 も な く 落 と せ る だ ろ う 。 直 盛 も 他 の 諸 将 も そ 康 の 言 葉 に 、 諸 将 は 納 得 し た よ う だ っ た 。 「 と も か く 、 我 ら は こ こ で 本 隊 の 到 着 を 待 ち 、 織 田 方 の 砦 の う 見 て い た が 、 意 外 に も 敵 の 抵 抗 は 激 し か っ た 。 矢 も 礫 も ふ 攻 略 に か か る 。 そ れ ま で 、 し か と 兵 を 休 め て お く が よ い 」 ん だ ん に 用 意 さ れ て い る よ う で 、 尽 き る 気 配 が な い 。 斜 面 を 泰 朝 が ま と め る と 、 軍 議 は 散 会 と な っ た 。 上 り き っ て 城 壁 に 取 り つ い た 味 方 は 、 次 々 と 槍 で 突 き 落 と さ 直 盛 が 内 通 を 拒 ん だ 時 点 で 、 信 長 も 今 川 本 陣 を 衝 く 策 は 捨 れ て い く 。 て た は す だ 。 そ れ ほ ど 警 戒 す る 必 要 は な い の か も し れ な い 。 「 あ の 尾 張 兵 が 、 こ れ ほ ど の 戦 ぶ り を 見 せ る と は 」 た だ 、 諸 将 の 気 の 緩 み 具 合 が い さ さ か 気 に は な っ た 。 直 盛 は 幾 度 と な く 尾 張 兵 と 干 戈 を 交 え て き た が 、 弱 兵 と い 敗 勢 が 濃 く な れ ば 十 八 日 、 義 元 は 予 定 通 り 沓 掛 城 に 入 り 、 先 鋒 軍 に は 出 陣 が う 評 判 に 間 違 い は な い 。 総 じ て 腰 が 弱 く 、 下 知 さ れ た 。 最 初 の 目 標 は 、 大 高 城 の 北 に 築 か れ た 丸 根 砦 、 自 然 と 崩 れ て い く の だ 。 鷲 津 砦 の 攻 略 で あ る 。 「 信 長 と い う 男 、 や は り 侮 れ ぬ 相 手 や も し れ ま せ ん な 」 ま ず は 、 松 平 元 康 隊 二 千 五 百 が 先 発 し 、 長 い 籠 城 で 疲 弊 し 言 っ た の は 、 、 野 一 族 を 代 表 し て 参 陣 し て い る 政 次 の 弟 、 た 大 高 城 に 兵 糧 を 運 び 込 ん だ 。 そ し て 十 九 日 の 夜 明 け 前 、 直 玄 蕃 だ っ た 。 政 次 に 似 す 武 人 肌 で 、 直 盛 を な い が し ろ に す る 盛 は 朝 比 奈 泰 朝 の 二 千 、 葛 山 信 貞 の 三 千 と と も に 沓 掛 を 出 陣 、 素 振 り も な い 。 家 中 で は 憎 ま れ て い る 小 野 一 族 で も 、 玄 蕃 だ 鷲 津 砦 を 目 指 し た 。 丸 根 砦 に は 、 元 康 が 向 か う 手 筈 と な っ て け は 例 外 だ っ た 。 げ ん ば つ ぶ て 19 野 望 の 狭 間

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


。 今 川 の 軛 を 脱 し 、 小 野 一 族 も 排 除 し て 、 己 の 望 む ま ま に た ち は 槍 衾 を 作 っ て 必 死 に 堪 え て い る が 、 織 田 軍 の 勢 い は 凄 生 き ら れ る 。 遠 州 一 国 を 制 し 、 天 下 に 名 を 挙 げ る こ と も 夢 で ま じ い 。 突 き 崩 さ れ る の も 、 時 間 の 問 題 に 見 え た 。 も が く よ う に 泥 を 掻 き 分 け 、 よ う や く 深 田 を 抜 け た 。 槍 を だ が 、 こ こ で 織 田 に 寝 返 っ た と し て も 、 義 元 を 討 ち 漏 ら せ 手 に 、 桶 狭 間 山 を 駆 け 上 る 。 麾 下 の 兵 た ち も 後 に 続 き 、 織 田 ば 、 井 伊 家 に 未 来 は な 、 。 井 伊 谷 は 今 川 の 大 軍 に 攻 め 落 と さ 軍 の 横 腹 を 衝 く 形 に な っ た 。 こ ち ら に 気 づ い た 織 田 軍 の 一 部 れ 、 井 伊 一 族 は 逆 臣 と し て 、 一 人 残 ら す 首 を 刎 ね ら れ る 。 が 反 転 し て く る 。 「 殿 、 何 を 迷 う て お ら れ ま す 。 急 ぎ 、 本 陣 の 救 援 を ー 向 か っ て く る の は 、 せ い ぜ い 三 百 ほ ど だ 。 敵 は 有 利 な 斜 面 瞼 を 閉 じ 、 ほ ん の 数 瞬 の 間 、 思 案 し た 。 の 上 だ が 、 連 戦 で 疲 弊 も し て い る 。 突 き 破 る の は 、 難 し く は 再 び 目 を 開 き 、 直 盛 は 命 じ る 。 だ が 、 ぶ つ か っ た の は 、 直 盛 の 知 る 尾 張 兵 で は な か っ た 。 「 至 急 、 桶 狭 間 山 へ 向 か う 。 敵 は 、 織 田 弾 正 忠 信 長 で あ る 」 こ れ で い い 。 す べ て を 賭 け る に は 、 自 分 は あ ま り に 多 く の 死 を ま る で 恐 れ す 、 剽 悍 を も っ て 知 ら れ る 井 伊 軍 に も 、 怯 む も の を 背 負 い す ぎ て い る 。 お 寅 の 何 か 問 い か け る よ う な 視 線 こ と な く 果 敢 に 攻 め 寄 せ て く る 。 雑 兵 に い た る ま で 統 制 が 行 を 、 直 盛 は 無 視 し た 。 き 届 き 、 得 物 の 扱 い も よ く 鍛 え ら れ て い た 。 も し か す る と 、 馬 に 跨 り 、 槍 を む 。 そ の 穂 先 を 、 直 盛 は 織 田 軍 へ と 向 け 今 川 軍 の よ う に 領 内 の 百 姓 を 駆 り 集 め た の で は な く 、 最 初 か ら 兵 と し て 雇 わ れ 、 平 時 か ら 訓 練 さ れ て い る の か も し れ な い 。 「 弾 正 忠 は あ れ に あ る 。 討 ち 取 っ て 、 末 代 ま で の 誉 れ と せ 敵 兵 を 槍 で 突 き 伏 せ な が ら 、 直 盛 は 信 長 の 姿 だ け を 探 し た 。 味 方 は 完 全 に 押 さ れ て い る が 、 信 長 さ え 討 て ば 戦 は 勝 ち だ 。 兵 を ま と め 、 巻 山 を 駆 け 下 り た 。 桶 狭 間 山 と の 間 に あ る 狭 そ し て 、 こ の 手 で 信 長 の 首 級 を 挙 げ れ ば 、 今 川 家 中 に お け る い 平 地 に は 深 田 が 広 が っ て い て 、 今 は 一 面 の 泥 濘 と 化 し て い 井 伊 家 の 地 位 は 、 飛 躍 的 に 向 上 す る 。 る 。 目 の 前 の 足 軽 の 喉 を 抉 っ た 刹 那 、 横 合 い か ら 敵 の 武 者 が 斬 馬 の 膝 上 ま で 泥 に 沈 ん で 動 け な く な る と 、 直 盛 は 馬 を 飛 び り か か っ て き た 。 槍 を 手 放 し 、 抜 き 打 ち で 腕 を 斬 り 飛 ば す 。 下 り た 。 松 井 宗 信 の 軍 も 義 元 救 援 に 向 か っ て い る が 、 同 様 に と ど め を 刺 す 間 も 惜 し ん で 、 斜 面 を さ ら に 駆 け 上 っ た 。 さ ら ぬ か る ん だ 地 面 に 足 を 取 ら れ て い る 。 に 一 人 、 二 人 と 斬 り 伏 せ 、 敵 兵 の 壁 を 突 き 抜 け る 。 か ち だ そ の 間 に も 、 桶 狭 間 山 の 戦 い は 激 し さ を 増 し て い た 。 旗 本 見 え た 。 黒 緋 縅 の 具 足 。 信 長 は 徒 立 ち で 自 ら 血 刀 を 振 る い や り ぶ す ま 写 野 望 の 狭 間

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


「 あ あ 、 お 子 さ ん は ジ ュ ー ス で し た よ ね 」 瑞 希 は 反 射 的 に さ え ぎ っ た 。 コ ー ヒ ー 以 外 の 飲 み も の を 注 文 さ れ る の は 珍 し か っ た の で 、 こ ま か そ う と し た っ て 、 そ の う ち 違 う も の は 、 違 う の だ 。 。 ど こ か で う ま く い か な く な る 。 わ た し と ユ ウ ヤ が そ う だ っ た 印 象 に 残 っ て い る 。 あ れ は ま だ 配 達 を は し め て ま も な い 頃 だ み た い に 。 「 い い お 仕 事 だ と わ た し は 思 い ま す 。 自 分 に し か な い 能 力 を 「 あ の 子 は 、 お 母 さ ん の 子 守 歌 で し た 」 「 へ え 」 活 か し て 働 け る な ん て 、 う ら や ま し い 」 「 あ と 、 バ ン ド を や っ て る っ て い う 学 生 さ ん た ち も 、 お も し あ の ふ た り は 、 た ぶ ん ま だ 大 丈 夫 だ 。 話 を 聞 い て ほ し い 、 ろ か っ た な 。 そ れ そ れ 自 分 の 担 当 し て る 楽 器 の 音 が 鳴 っ て る と 彼 女 は 彼 に 訴 え て い た ら し い か ら 。 ん で す 」 「 あ り が と う ご ざ い ま す 」 と き ど き 、 ひ と り の 客 か ら 複 数 の 曲 が 聴 こ え る こ と も あ る 瑞 希 の 剣 幕 に 気 圧 さ れ た の か 、 ム カ イ さ ん は あ っ け に と ら と い う 。 。 ヒ ア ノ を 習 っ て い る 小 学 生 か ら は 、 彼 女 の 弾 い た こ れ た よ う に 応 え た 。 と が あ る と 思 し き 曲 が 、 い く つ も 聴 こ え た 。 な ぜ か ク ラ シ ッ な ん だ か む き に な っ て し ま っ た 。 瑞 希 は う つ む い て 、 コ ] ヒ ー を ひ と ロ 飲 ん だ 。 / 。 彼 よ テ ー ブ ル に 手 を 伸 ば し 、 透 明 な 器 ク 音 楽 と 渋 い 演 歌 が 交 互 に 流 れ て い る 男 性 客 も い た ら し い 「 い ろ い ろ な ん で す ね 」 具 を 耳 に つ け 直 し て い る 。 「 は し 、 。 ほ ん と に 、 ひ と そ れ そ れ で 」 も し か し て 、 わ た し の 音 楽 も 聞 こ え て た ん だ ろ う か ? む だ の な い 動 き を 目 で 追 い つ つ 、 瑞 希 は ふ と 気 づ く 。 器 具 話 を し め く く る よ う に 、 彼 は コ ー ヒ ー を 飲 み 干 し た 。 「 ご ち そ う さ ま で し た 」 を 耳 に つ け て い な い 間 は 、 他 人 の 音 楽 が 聞 こ え る と い う 話 だ マ グ カ ツ 。 フ を 両 手 で お し い た だ い て か ら 、 瑞 希 の 正 面 に 置 い つ の ま に か 、 瑞 希 の マ グ カ ツ 。 フ も 空 に な っ て い た 。 な ん の 曲 だ っ た か 聞 こ う と し て 、 思 い 直 し た 。 ど う せ た い な に げ な く 腕 時 計 に 目 を や っ て 、 瑞 希 は 息 を の ん だ 。 ま だ し た も の じ ゃ な い 。 ュ ウ ヤ の 好 き だ っ た ロ ッ ク バ ン ド の 曲 だ 六 時 く ら い の つ も り だ っ た の に 、 も う す ぐ 七 時 に な ろ う と し っ た り し た ら 、 笑 え な い 。 に 、 お 母 さ ん と 三 歳 く ら い の 男 の 子 に 飲 み も の を 出 し て て い る 。 す っ か り 長 居 し て し ま っ た 。 「 長 々 と お じ ゃ ま し て し ま っ て 、 す み ま せ ん 」 も ら っ た こ と が あ っ た で し よ う 。 覚 え て ま す か ? 」 こ ん な に 長 い 時 間 、 し か も ふ た り き り で 話 す な ん て は じ め ム カ イ さ ん が 一 一 = ロ っ た 。 リ 0

小説幻冬 12月号 2016年12月27日発行


ム カ イ さ ん は し ょ ん ぼ り と 肩 を 落 と し て い る 。 「 そ れ も お も し ろ そ う だ と 彼 は 言 い ま し た 。 自 分 が 曲 を 選 ぶ よ り も 、 彼 女 の 心 に 流 れ て い る 音 楽 で オ ル ゴ ー ル を 作 っ て ほ ど う し て 見 知 ら ぬ 女 性 客 の 「 思 い 出 の 曲 」 を あ て る こ と が し い 、 と 」 で き た の か は 謎 だ け れ ど も 、 し か ら れ た 子 ど も の よ う に し ょ オ 】 ダ ー メ イ ド の 場 合 は 、 通 常 、 オ ル ゴ ー ル が で き あ が っ げ 返 っ て い る の が 見 て い ら れ ず 、 た 段 階 で 現 物 を 試 聴 し て も ら う ら し い 。 そ こ で 不 具 合 が あ れ 「 大 丈 夫 で す よ 」 ば 、 ま た 手 直 し を す る 。 と 瑞 希 は 励 ま し て み た 。 「 そ れ が 、 せ つ か く な ら 明 日 、 ク リ ス マ ス 当 日 に 彼 女 に 贈 り 二 年 も つ ぎ あ っ て た ら 、 た ま に は け ん か す る こ と も あ り ま た い と 言 わ れ ま し て 。 そ う な る と あ ま り 時 間 も あ り ま せ ん し 、 す っ て 。 そ れ に 彼 女 、 あ の 彼 の こ と が す ご く 好 き み た い で し も し 直 し た い と い う こ と に な っ て も 、 そ の 日 の う ち に は し あ た よ 」 げ ら れ ま せ ん し : : : そ れ で 、 念 の た め に 、 あ ら か じ め メ ロ デ 彼 女 が 彼 に 注 い で い た 愛 お し そ う な ま な ざ し を 、 瑞 希 は 間 ィ ー を 確 認 し て も ら う こ と に し た ん で す 」 近 で 見 た 。 た ま た ま 昔 の 恋 人 と 聴 い た 曲 の 印 象 が 強 か っ た だ テ ー ブ ル の 隅 に 置 い て あ る 小 さ な キ ー ポ ー ド を 、 ム カ イ さ け で 、 今 の 彼 女 の 気 持 ち は ま っ す ぐ 彼 に 向 か っ て い る ん じ ゃ ん は 指 さ し た 。 幅 二 十 セ ン チ ほ ど の 、 お も ち ゃ の よ う な も の な い カ 「 確 か に 彼 女 も 、 一 生 懸 命 に 弁 解 し て ま し た 。 説 明 さ せ て ほ 「 僕 が 聴 こ え た ま ま を 弾 い た ら 、 な ん だ こ れ 、 と 彼 は ぼ か ん し い 、 っ て 。 今 ま で 話 し て い な か っ た こ と も あ る け ど 、 と に と し ま し た 」 か く 聞 い て ほ し い っ て 」 し い き っ そ れ は 彼 の 知 ら な い 曲 だ っ た 。 つ ま り 、 自 作 の 曲 で は な か 「 で し よ う ? そ れ な ら 心 配 な い で す よ 。 む し ろ 、 っ た の だ 。 か け に な っ た か も 」 彼 女 の ほ う は 、 呆 然 と 目 を み は っ て い た 。 気 を 取 り 直 し た 「 で も 、 う ま く い く か ど う か 。 彼 は か な り シ ョ ッ ク を 受 け て 彼 が 問 い た だ し た と こ ろ 、 他 の 男 性 と の 思 い 出 の 曲 だ と 白 状 る よ う で し た し 」 し た と い う 。 ォ ル ゴ ー ル ど こ ろ で は な く な っ て し ま っ た よ う ム カ イ さ ん は 相 変 わ ら す 悲 し げ に う な だ れ て い る 。 ど う に で 、 ふ た り は そ の ま ま 店 を 出 て い っ た 。 か 元 気 づ け ら れ な い も の か と 思 案 し て 、 瑞 希 は ふ と ひ ら め い 中 直 り で き て る と い い ん で た 。 「 悪 い こ と を し て し ま い ま し た 。 イ す け ど 」 い か が で す か 」 「 コ ー ヒ ー 126