検索 - みる会図書館

検索対象: 怨讐の交差点 霊鬼綺談

怨讐の交差点 霊鬼綺談から 217件ヒットしました。

怨讐の交差点 霊鬼綺談


3 日 か け て 湊 は 人 以 上 の 同 級 生 に 連 絡 を し た 。 学 校 か ら 帰 っ て き て は 部 屋 に 閉 じ こ も り 、 夜 遅 く ま で 電 話 を し て い る 湊 に 、 両 親 は 初 め は 親 友 が 死 ん だ シ ョ ッ ク か ら 立 ち 直 る た め に 仕 方 な い と 思 っ て い た よ う だ っ た が 、 3 日 目 に な る と さ す が に 注 意 し た 。 と っ 「 湊 、 い い 加 減 に し な さ い 。 リ カ コ ち ゃ ん が 亡 く な っ て か ら 、 取 り 憑 か れ た よ う に 電 話 ば か り し て 。 リ カ コ ち ゃ ん の 自 殺 の 原 因 を 探 ろ う と し て い る ん だ ろ う け ど 、 そ ん な こ と し て ど う な る っ て い う の ? 」 メ モ 帳 に 書 き 出 し た 最 後 の 同 級 生 に 電 話 し 終 わ っ た 後 、 母 親 が 部 屋 に 入 っ て き た 。 「 立 ち 聞 き し て た の ? お 母 さ ん 。 そ れ に リ カ コ は 自 殺 な ん か じ ゃ な い わ 」 眉 を 寄 せ て ち ら り と 母 親 を 睨 む と 、 湊 は メ モ 帳 を 眺 め 始 め た 。 点 2 ペ ー ジ に わ た っ て 名 前 と 電 話 番 号 が 書 き 出 し て あ る 。 湊 が 知 り 得 る か ぎ り の リ カ コ と 交 付 き 合 い が あ っ た 同 級 生 た ち だ っ た 。 讐 「 な に 言 っ て る の 、 認 め た く な い の は わ か る け ど 、 リ カ コ ち ゃ ん は 自 殺 だ っ た の よ 」 怨 人 以 上 の 名 前 の 中 で チ ェ ッ ク が つ い て い る の は 3 人 。 湊 以 外 に リ カ コ が 意 味 不 明 の 電 四 = 一 口 を か け た 友 達 だ っ た 。 さ ぐ

怨讐の交差点 霊鬼綺談


既 い た 勇 帆 の 腕 に 、 母 親 は そ っ と 触 れ た 。 母 親 が ロ に し た 名 前 に 女 生 徒 が 顔 を 見 合 わ せ た 後 、 勇 帆 を 見 て 頷 き 合 っ た 。 「 湊 も あ な た に 会 い た が っ て い る で し よ う ね 。 明 日 は き っ と : ・ 「 俺 、 明 日 も 来 ま す か ら 。 湊 に 会 い に き ま す 」 母 親 は 少 し 涙 ぐ ん で 女 生 徒 た ち に も 向 き 直 り 、 微 笑 ん だ 。 か お る 「 薫 ち ゃ ん た ち も あ り が と う 。 湊 も き っ と 喜 ん で い る わ 」 「 お ば さ ん 、 元 気 だ し て ね 。 私 た ち も で き る だ け 来 る か ら 。 大 丈 夫 、 明 日 に な れ ば け ろ っ と し て 、 『 お は よ う 、 お 母 さ ん 』 っ て 起 き ま す よ 」 じ る し 「 そ う よ 、 湊 は 元 気 印 の 子 だ も ん 。 大 丈 夫 に 決 ま っ て る わ 」 「 ま た 来 る か ら 、 お ば さ ん も 気 を つ け て ね 」 う か が 3 人 の 少 女 は 口 々 に 母 親 を ま し た 。 そ の 様 子 か ら 、 以 前 か ら 顔 見 知 り だ っ た こ と が 窺 え た 。 点 「 じ ゃ あ 、 僕 た ち も こ れ で 。 な 、 勇 帆 。 お 大 事 に 」 き づ か 交 見 る か ら に 疲 労 の 色 が 濃 い 母 親 を 気 遣 っ て 、 長 居 を し て は と 高 陽 が 促 し 、 5 人 は 玄 関 へ 讐 と 向 か っ た 。 先 を 歩 く 勇 帆 た ち の 背 中 を 見 な が ら 、 3 人 は ひ そ ひ そ な に か を 言 い 合 い 、 そ れ に つ い て 勇 帆 が む っ と し た 顔 を し て い た 。 ま ま え う な ず う な が

怨讐の交差点 霊鬼綺談


108 く ず 声 に な ら ず 勇 帆 は 一 歩 後 ず さ ろ う と し た 。 だ が そ の 足 を 押 さ え ら れ 、 バ ラ ン ス を 崩 し て り 込 ん で し ま っ た 。 ひ ぎ 横 を 向 く と 別 の 少 女 と 視 線 が 絡 み 合 っ た 。 こ の 少 女 は 耳 と 眼 か ら 血 を 流 し て い た 。 膝 か だ い た い ぶ ら 下 が 切 断 さ れ 、 短 い 制 服 の ス カ 1 ト か ら は 、 神 経 や 筋 肉 の 筋 が ぶ ら 下 が っ て い る 大 腿 部 の ぞ の 断 面 が 覗 い て い た 。 胃 に あ る も の が を 突 き 上 げ て く る 。 な ん て 凄 惨 な 姿 。 こ の 少 女 た ち は い っ た い ど う し た と い う の か 、 な ぜ 自 分 に 縋 り つ い て く る の か 、 高 陽 は ど こ に い る の か : も う ろ う 朦 朧 と し な が ら 勇 帆 は 気 を 確 か に し よ う と 頭 を 振 っ た 。 そ の 視 線 の 先 に 3 人 目 の 少 女 が 現 れ た 。 と ど 黒 く 焼 き つ い た タ イ ヤ の 跡 が 残 っ た 顔 は 原 形 を 留 め て い な か っ た 。 真 っ 赤 な 血 に 染 ま っ た 腕 か ら は 白 い 骨 が 見 え て い た 。 な に が あ っ た ん だ っ ー 「 ど う し て つ : か な し ば 勇 帆 は あ ら ん か ぎ り の 声 で 叫 ん だ 。 そ れ ま で 金 縛 り に あ っ た よ う に 硬 直 し て い た 身 体 に 血 が か よ い 、 ど っ と 汗 が 吹 き 出 し て き た 。 遠 く で 高 陽 の 声 が 聞 こ え た 。 そ れ を き っ か け に 少 女 た ち の 姿 が 次 第 に 薄 く な り 始 め た 。 あ せ あ と か ら か ら だ

怨讐の交差点 霊鬼綺談


だ い た ん リ カ コ か ら 半 歩 遠 の い て 、 女 性 は も っ と 大 胆 に 見 直 し 始 め た 。 薬 を や っ て い る よ う な 不 良 学 生 に は 見 え な い 、 き ち ん と し た 格 好 の 子 だ っ た 。 髪 も 染 め け し よ う て い な い し 、 化 粧 を し て い る わ け で も な い 。 顔 さ え 見 な け れ ば 、 勉 強 の 途 中 で 息 抜 き に コ ン ビ ニ に ジ ュ ー ス を 買 い に き た と い う 感 じ だ 。 と な そ の う ち 女 性 は 、 リ カ コ が 唱 え る よ う に 同 じ 言 葉 を 繰 り 返 し 呟 い て い る の に 気 が つ い ご め ん な さ い : 「 ご め ん な さ い 注 意 し て 聞 い て み る と 、 そ う 言 っ て い る 。 ( な ん だ ろ う 、 な ん だ か こ の 子 : : : ) 、 声 を か け よ う と し た 間 、 リ カ コ は 車 道 に 足 を 踏 み 出 し た 。 自 殺 で も し そ う だ と 思 い し ゅ ん び ん そ れ は 今 ま で 惚 け て い た 表 情 か ら は 想 像 も で き な い ほ ど の 、 俊 敏 な 動 き だ っ た 。 ゆ だ 車 の 波 に 身 を 委 ね た リ カ コ は 一 瞬 の 後 、 た だ の 物 体 と な っ て い た 。 ぼ う ぜ ん 茫 然 自 失 と な っ た 女 性 は 、 ふ と 笑 い 声 を 聞 い た 気 が し て 、 周 囲 を 見 渡 し た 。 だ が 、 コ ン ビ ニ か ら 出 て く る 人 や 、 車 か ら 飛 び 出 し て く る 人 は 、 一 様 に 顔 を 強 ば ら せ て 、 笑 っ て い る 者 な ど 一 人 も い な か っ た 。 い っ し ょ お い で よ 。 一 緒 に 行 こ う 。 女 性 は 集 ま っ て き た 人 の 渦 に 巻 き 込 ま れ て 、 そ の 声 を 聞 く こ と は な か っ た 。 つ ぶ や こ わ そ

怨讐の交差点 霊鬼綺談


か す 高 陽 の 眼 が 微 か に 細 ま っ た 。 「 仲 よ し 5 人 組 の 話 は 湊 か ら 聞 い て る よ 。 ね 、 訊 き た い こ と あ る ん だ け ど 、 い い か な ? 」 「 な あ に ? 湊 の こ と な ら な ん で も わ か る わ よ 」 「 リ カ コ ち ゃ ん の こ と 、 湊 は 君 た ち に な に か 言 っ て た ? 3 人 は い っ た ん 顔 を 見 合 わ せ 、 そ の な か の 一 人 が 、 真 っ す ぐ 高 陽 に 視 線 を 向 け た 。 ゆ か り 「 私 、 優 加 里 っ て い う ん だ け ど 、 湊 は リ カ コ の 事 故 を す ご く 気 に し て て 、 絶 対 自 殺 じ ゃ な い っ て 言 っ て た の 。 私 の と こ ろ に も 2 、 3 日 前 に 電 話 が か か っ て き て 、 最 後 に リ カ コ に 会 っ た 時 、 ど ん な 感 じ だ っ た か と か 訊 い た し 、 ほ か の 同 級 生 に も 電 話 を か け て 訊 い て た み た い よ 。 そ れ に 、 ね え ? ま ゆ ひ そ 優 加 里 は 後 ろ の 二 人 を 振 り 返 っ て 、 眉 を 顰 め た 。 「 湊 が 事 故 に 遭 っ た の が リ カ コ が 死 ん だ 交 差 点 っ て い う の も : ね ? 今 度 は 、 高 陽 と 勇 帆 が 顔 を 見 合 わ せ る 番 だ っ た 。 「 あ の 交 差 点 っ て リ カ コ っ て 子 が 死 ん だ 場 所 な の か ? 」 う な ず か ら だ ふ る 勇 帆 の 大 き な 声 に び く り と 身 体 を 震 わ せ 、 3 人 は 小 さ く 頷 い た 。 「 : : : な ん で 、 な ん で 俺 は 湊 の 言 う こ と に 取 り 合 っ て や ら な か っ た ん だ ろ う : : : 」 こ う て い 3 人 が 肯 定 し た の を 見 て 、 勇 帆 は が つ く り と 肩 を 落 と し た 。 : な ん だ か お か し い よ

怨讐の交差点 霊鬼綺談


43 怨 讐 の 交 差 点 か ば ん つ か が っ と 鞄 を 掴 む と 後 ろ を 振 り 返 り も せ ず に 、 湊 は 階 段 を 下 り て い っ た 。 少 し 腰 を 浮 か し か け た 勇 帆 は り 直 す と 、 ふ ん っ と 鼻 を 鳴 ら し た 。 へ た 「 勇 帆 も 言 い 方 が 下 手 だ な あ 。 も っ と 優 し い 言 い 方 を す れ ば 怒 ら せ な か っ た の に 」 あ き テ ー プ ル に 肘 を つ き 、 呆 れ た 顔 で 高 陽 は 言 っ た 。 「 同 じ こ と を 一 一 一 一 口 う の で も 、 言 い 方 さ え 換 え れ ば 素 直 に 受 け 取 っ て も ら え る の に 。 そ れ で な く て も 湊 は 今 、 友 達 を 亡 く し て 落 ち 込 ん で い る ん だ か ら 」 「 う る せ え な 。 俺 は お ま え み た い に 要 領 よ く で き な い ん だ よ 」 ふ て く さ れ な が ら も 、 怒 ら せ て し ま っ た こ と に 気 が 引 け て い る 勇 帆 だ っ た 。 ひ じ

怨讐の交差点 霊鬼綺談


「 気 の せ い か し ら ? 」 非 常 口 に 視 線 を 戻 し て 、 耳 を 澄 ま し た 。 た ま ゆ 「 気 の せ い よ ね 、 誰 も い な い じ ゃ な い 一 苦 笑 し て 独 り ご ち た 後 で 、 看 護 婦 の 片 眉 が び く り と 動 い た 。 キ ュ ッ キ ュ ッ キ ュ ッ キ ュ ッ : 靴 の 音 で は な い 。 看 護 婦 が 履 い て い る サ ン ダ ル の も の で も な い 。 か と い っ て ス ニ ー カ ー の よ う な 重 い シ ュ ー ズ の 音 で は な か っ た 。 昔 、 学 校 で 履 い て い た 上 履 き か ズ ッ ク の 音 に 似 て い た 。 う す や み ひ と み こ そ れ は 閉 じ ら れ た ま ま の 非 常 ロ の 方 向 か ら 聞 こ え て き た 。 薄 闇 に 瞳 を 凝 ら し て も 、 そ こ な か っ た 。 に は 誰 も い キ ュ ッ キ ュ ッ キ ュ ッ : と び ら し だ い に 近 づ い て き た 足 音 は 目 の 前 を 通 り 過 ぎ 、 湊 の い る 3 人 部 屋 の 扉 の 前 で 止 ま っ た 。 う つ 視 界 に は ど ん な に 眼 を 細 め て 意 識 を 集 中 し て も 、 な に も 映 ら な か っ た 。 息 も つ け な い ほ ど の 緊 張 感 に 看 護 婦 は を 握 り 締 め て 、 背 筋 を 這 い 上 が っ て く る 悪 寒 と あ せ か ら だ た た か っ た 。 身 体 が 硬 直 し て び く と も 動 か ず 、 こ め か み を 冷 た い 汗 が 伝 っ た 。 本 来 な ら 見 そ 、 つ ぐ う る べ き で は な い も の 、 見 て は い け な い も の に 遭 遇 し 、 眼 を 離 し た く て も そ れ が で き な い 状 お ち い 態 に 陥 っ て い た 。 み な と

怨讐の交差点 霊鬼綺談


リ カ コ の 家 に 着 い た の は 8 時 半 を す ぎ て い た 。 こ ぎ れ い 中 規 模 ク ラ ス の 5 階 建 て の 小 綺 麗 な マ ン シ ョ ン だ っ た 。 階 段 を 上 っ て 3 階 の 「 奥 本 。 と ひ ょ う さ っ こ こ ろ よ 表 札 の か か っ た リ カ コ の 家 を 訪 ね る と 、 母 親 が 快 く 迎 え て く れ た 。 さ い だ ん 早 急 に 作 ら れ た 祭 壇 は 、 違 と た く さ ん の 花 や お 供 え 物 で あ ふ れ て い た 。 二 人 は 線 香 を あ げ 部 す る と 、 母 親 に 向 き 直 っ た 。 「 よ く 来 て く だ さ っ た わ 。 さ あ 、 お 茶 で も ど う ぞ 」 母 親 は お 茶 を 差 し 出 し て っ た 。 リ カ コ は 母 親 似 だ っ た よ う で 、 遺 影 の 写 真 と 面 影 が 重 な っ た 。 母 親 は 少 し や つ れ て は い る が 、 背 筋 を 伸 ば し て 気 丈 な 態 度 を と っ て い た 。 「 こ の た び は : : : 」 か し こ あ い さ っ く よ う 点 「 そ ん な 畏 ま っ た 挨 拶 は い い の よ 。 来 て く れ る の が 、 リ カ コ に と っ て 一 番 の 供 養 な ん だ か お も 交 ら 。 今 日 も お 友 達 が 何 人 も 来 て く れ て 、 こ ん な に リ カ コ は 想 わ れ て い た ん だ な あ っ て 、 私 う れ 讐 は 嬉 し く な っ た く ら い よ 」 「 今 日 も : ・ : っ て い う こ と は 、 毎 日 、 誰 か し ら 来 る ん で す ね 高 陽 が お 茶 に 手 を 伸 ば し な が ら 言 っ た 。 お く も と

怨讐の交差点 霊鬼綺談


も く げ き し ゃ っ や 「 で も 、 そ の 目 撃 者 が 言 う の も 、 リ カ コ は ノ イ ロ 1 ゼ み た い に ぶ つ ぶ つ な に か を 呟 い て い た ん で し よ う ? お か し い よ 、 全 然 普 通 だ っ た の に 、 急 に ノ イ ロ ー ゼ に な る な ん て 」 な っ と く そ れ も そ う だ と 、 そ こ に い た 全 員 が 優 加 里 の 意 見 に 納 得 し た 。 「 だ と す る と 、 ノ イ ロ ー ゼ に な る ほ ど の 大 き な 悩 み が 突 然 で き た の か し ら ? 」 首 を 傾 げ て 言 っ た 薫 の 一 一 一 一 口 葉 に 、 湊 は ず き ん と 胸 が 痛 ん だ 。 「 リ カ コ の 性 格 か ら い っ て 、 悩 み が あ れ ば み ん な に 相 談 す る と 思 う ん だ け ど 、 誰 に も 相 談 で き な い よ う な こ と だ っ た の か な 」 「 そ う だ よ ね 、 自 分 の 思 っ た こ と や 感 じ た こ と を 、 全 部 口 に 出 し ち ゃ う よ う な 子 だ も ん ね 。 な に も 言 わ な い っ て い う の は お か し い ね 」 「 私 た ち に も 言 え な い く ら い 、 そ れ く ら い 重 大 な こ と だ っ た の か な 」 3 人 が 言 い 合 っ て い る な か 、 湊 は な か な か 一 一 = ロ 葉 が 出 な か っ た 。 さ ま よ ろ と 彷 徨 っ た 。 点 「 : : : 私 : : : 、 私 の と こ ろ に : ・ 『 あ の 子 が 呼 ん で る 』 っ て : ・ 交 か ら か ら に 渇 い た の 奥 か ら 、 よ う や く 言 葉 が 音 に な っ た 。 讐 3 人 が い っ せ い に 湊 を 見 た 。 「 電 話 が あ っ た の 、 リ カ コ か ら 。 : で も 途 中 で 切 れ ち ゃ っ て : : : 明 日 、 か け 直 そ う と 肪 思 っ て い た ら 、 リ カ コ : : : 死 ん じ ゃ っ た の : : : 。 私 の せ い だ 、 私 が ち ゃ ん と リ カ コ の 話 を か し い た ま ま 視 線 が う ろ う

怨讐の交差点 霊鬼綺談


213 あ と が き か し わ ば ら た か し 見 て い た ら 、 柏 原 崇 く ん が 出 て い て 、 ア メ リ カ ン シ ョ ー ト ヘ ア を 飼 っ て い る と 言 っ て い と ら ま る た の で 、 そ れ で 浮 上 し た こ と も あ っ た の で す 。 う ち の 虎 丸 も ア メ シ ョ ー な の で 。 い や あ 、 人 間 、 単 純 な ほ う が 立 ち 直 り も 速 い し 、 順 応 性 も あ る っ て こ と で す ね 。 さ て 、 話 が う ま く 書 け な く て イ ラ イ ラ し て い る 時 に 八 つ 当 た り を さ れ た ご 家 族 様 。 ご め ん な さ い 、 そ し て あ り が と う 。 感 謝 し て ま す 。 か ら だ き づ か 講 談 社 の 小 林 様 。 い つ も 身 体 の こ と を 気 遣 っ て い た だ い て 、 す み ま せ ん 。 1 作 目 の 時 に こ う え っ 送 っ て い た だ い た 資 料 な ど 、 記 念 に 大 事 に 大 事 に 取 っ て お き ま す 。 そ れ か ら 校 閲 し て く だ め い わ く さ る 方 、 ご 迷 惑 を お か け し て 申 し 訳 な い で す 。 こ れ か ら も よ ろ し く お 願 い し ま す ね 。 な が し い ひ ろ ね イ ラ ス ト の 四 位 広 猫 様 。 今 回 も 素 敵 な 絵 を あ り が と う ご ざ い ま す 。 う っ と り と 眺 め て 悦 ず う ず う に 入 っ て ま す 。 今 度 、 サ イ ン し て く だ さ い ( な ん て 図 々 し い こ と を 言 っ て る の か し ら ) 。 最 後 に な り ま し た が 、 読 ん で く だ さ っ た み な さ ま 。 本 当 に ど う も あ り が と う で す 。 お 手 紙 を く だ さ っ た み な さ ま 。 私 の 一 生 の 宝 物 が ま た 増 え ま し た 。 イ ラ ス ト と か テ ー プ と か 楽 う れ し ま せ て も ら っ て ま す 。 そ し て ま た 、 い ろ ん な 意 見 を 聞 か せ て も ら え た ら 、 嬉 し い で す 。 ぜ ひ 、 次 回 作 で も お 会 い で き る の を 願 っ て 。 こ ば や か わ え み 小 早 川 恵 美 え っ