検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 9 志賀 直哉 集

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集から 453件ヒットしました。

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


318 う な ず 今 ま で 恐 ら く 何 遍 か 、 訊 い た に 違 い な い 事 を 又 繰 返 し た 。 直 子 は 点 頭 い た 。 「 さ あ 、 う ち の 先 生 は 何 と い わ れ た か 知 り ま せ ん が 、 私 に 「 赤 ち ゃ ん は 連 れ て 来 な か っ た の か ? 」 は ど う も は っ き り し た 事 は 言 え ま せ ん よ 。 実 は コ レ ラ か と 「 置 い て 参 り ま し た 」 し り ひ ざ た い ぎ い う 心 配 も あ っ た が 、 そ ん な 事 は な い ら し い 。 腹 と 尻 を 充 大 儀 そ う に 、 開 い た ま ま の 片 手 を 直 子 の 膝 の と こ ろ に 出 に ぎ り し 分 に 温 め 、 強 心 剤 で 持 た し て い れ ば 、 余 病 の 出 な い か ぎ し た の で 、 直 子 は 急 い で 、 そ れ を 両 手 で 握 締 め た が 、 そ の り 、 大 概 直 る と 思 う ん だ が : 手 は 変 に 冷 め た く 、 か さ か さ し て い た 。 う ち な た だ み 「 何 し ろ 家 の 人 が 留 守 な の で 、 留 守 中 そ ん な 事 が あ る と 、 謙 作 は 黙 っ て 、 直 子 の 顔 を 、 眼 で 撫 で ま わ す よ う に 只 視 い ま か つ な に び と 私 も 実 に 困 る ん で す よ 」 て い る 。 そ れ は 直 子 に は 、 未 だ 嘗 て 何 人 に も 見 た 事 の な む こ う ま な ざ し 「 も う 先 方 の 奥 さ ん が 来 た の だ か ら 、 貴 女 は そ う や ぎ も き 、 柔 か な 、 愛 情 に 満 ち た 眼 差 に 思 わ れ た 。 せ ん で も い い で し よ う 」 「 も う 大 丈 夫 よ 」 直 子 は こ う 言 お う と し た が 、 そ れ が 如 何 「 私 は ど う も 様 子 が 悪 い よ う に 思 わ れ て : ・ : こ に も 空 々 し く 響 き そ う な 気 が し て 止 め た 程 、 謙 作 の 様 子 は ひ ど ん と う 「 心 臓 が 甚 く 衰 弱 し て 了 っ た の で 、 私 も 本 統 の 所 、 何 方 と 静 か で 平 和 な も の に 見 え た 。 き の う も 言 え な い ん だ が : ・ : こ 「 お 前 の 手 紙 は 昨 日 届 い た ら し い が 、 熱 が あ っ た の で 、 ま 「 ど う も 様 子 が 悪 い 」 そ う 繰 返 し 、 寺 の 上 さ ん は 大 袈 裟 に だ 見 せ て 呉 れ な い 」 た め い き う な す 溜 息 を つ い た 。 医 者 は 黙 っ て 、 只 烟 草 を 喫 ん で い た 。 直 子 は ロ を 利 く と 、 泣 出 し そ う な の で 、 只 点 頭 い て い と ど ろ な お し ば ら 直 子 は 胸 を 轟 か せ 、 し 外 見 は 出 来 る だ け 冷 静 を 装 う た た 。 謙 作 は 尚 、 直 子 の 顔 を し き り に 眺 め て い た が 、 暫 く す こ う ふ ん つ も り で 入 っ て 行 っ た が 、 矢 彊 り 亢 奮 か ら 、 眼 を 大 き く 見 る と 、 あ お む 開 き 、 見 る か ら に 緊 張 し て い た 。 謙 作 は 仰 向 け に 寝 た ま 「 私 は 今 、 実 に い い 気 持 な の だ よ 」 と 言 っ た 。 お っ し ゃ ま 、 眼 だ け を 向 け 、 そ う い う 直 子 を 見 た 。 直 子 も 亦 、 眼 の 「 い や ! そ ん な 事 を 仰 有 っ ち ゃ あ 」 直 子 は 発 作 的 に 思 わ お ち く ぼ す っ か り 落 窪 ん だ 、 頬 の こ け た 、 顔 色 も 青 黄 色 く な っ た 、 ず 烈 し く 言 っ た が 、 そ し て 全 体 に 一 ト ま わ り 小 さ く な っ た よ う な 謙 作 を 見 て 胸 「 先 生 は 、 な ん に も 心 配 の な い 病 気 だ と 言 っ て い ら っ し ゃ が 痛 く な っ た 。 彼 女 は 黙 っ て 、 枕 元 に 坐 り 、 お 辞 儀 を し る の よ 」 と 言 い 直 し た 。 し や が た 。 謙 作 は 聴 き と り に く い 嗄 れ た 声 で 、 謙 作 は 疲 れ た ら し く 、 手 を 握 ら し た ま ま 眼 を つ む っ て 了 お だ や 「 一 人 で 来 た の か ? ー と 言 っ た 。 っ た 。 穏 か な 顔 だ っ た 。 直 子 は 謙 作 の こ う い う 顔 を 初 め て は お た ば こ の お お け さ ひ ら し ま

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


3 暗 夜 行 路 末 松 は 俥 を 言 い に 行 っ た 。 わ き 「 お 前 は い つ ま で 、 そ ん な 意 固 地 な 態 度 を 続 け て 居 る つ も 謙 作 は 直 子 の 傍 へ よ っ て 行 っ た 。 彼 は 何 と 言 お う か 、 言 う 言 葉 が な か っ た 。 何 を 言 う に し て も 努 力 が 更 っ た 。 直 子 り な ん だ 。 お 前 が 俺 の し た 事 に 腹 を 立 て 、 あ ん な 事 を す る の 決 し て 寄 せ つ け な い と 言 う よ う な 態 度 が 、 謙 作 の 気 持 の 人 間 と 一 生 一 緒 に 居 る 事 は 危 険 だ と で も 思 っ て い る ん な ら 、 正 直 に 言 っ て 呉 れ 」 自 由 を 奪 っ た 。 「 私 、 そ ん な 事 一 寸 も 思 っ て い な い こ と よ 。 只 腑 に 落 ち な 「 歩 け る か ? 」 お っ し ゃ い の は 貴 方 が 私 の 悪 か っ た 事 を 赦 し て い る と 仰 有 り な が ら 直 子 は 下 を 向 い た ま ま 点 頭 い た 。 実 は 少 し も 赦 し て い ら っ し や ら な い の が 、 つ ら い の 。 発 「 頭 の 具 合 は ど う な ん だ 」 今 度 は 返 事 を し な か っ た 。 作 、 発 作 っ て 、 私 が 気 が 利 か な い だ け で 、 あ あ い う 事 を な 末 松 が 帰 っ て 来 た 。 さ る と は ど う し て も 私 、 信 じ ら れ な い 。 お 栄 さ ん に も 前 の 「 俥 は 直 ぐ 来 る 」 事 、 う か が っ て 見 た け れ ど 、 貴 方 が あ れ 程 病 的 な 事 を 遊 ば 謙 作 は 直 子 の 手 か ら 赤 児 を 受 取 っ た 。 赤 児 は 乳 の 呑 み か し た 事 は な い ら し い ん で す も の 。 お 栄 さ ん も 、 近 頃 は 余 程 け だ っ た の で 急 に し く 泣 き 出 し た 。 謙 作 は か ま わ ず 泣 き 変 だ と 言 っ て い ら っ し た わ 。 前 に は あ ん な 人 で は な か っ た 叫 ぶ ま ま 抱 い て 、 駅 長 と 助 役 に も う 一 度 礼 を 言 い 、 一 人 先 と も 言 っ て い ら し た 。 そ ん な 事 か ら 考 え て 貴 方 は 私 を 赦 し へ 出 口 の 方 へ 歩 い て 行 っ た 。 て い る と 仰 有 っ て 、 実 は ど う し て も 赦 せ ず に い ら っ し や る ん だ ろ う と 私 思 い ま す わ 。 貴 方 は 貴 方 が 御 自 分 で よ く 仰 有 な お 十 る よ う に 私 を 憎 む 事 で 尚 不 幸 に な る の は 馬 鹿 馬 鹿 し い と 考 直 子 の 怪 我 は 大 し た 事 は な か っ た 、 腰 を 強 く 撲 っ て い え て 、 赦 し て い ら っ し や る ん だ と 思 う 。 そ の 方 が 得 だ と 言 て 、 二 三 日 は 起 上 る 事 が 出 来 な か っ た 。 謙 作 は 一 度 直 子 と う お 心 持 で 赦 そ う と し て い ら っ し や る ん じ ゃ な い か と 思 わ ん と う よ く 話 し 合 い た い と 思 い な が ら 、 直 子 が 変 に 意 固 地 に な れ る の 。 そ れ じ ゃ あ 、 私 、 ど う し て も つ ま ら な い 。 本 統 に び ら り 、 心 を 展 い て 呉 れ な い 為 め に そ れ が 出 来 な か っ た 。 赦 し て 頂 い た 事 に は 時 ま で 経 っ て も な ら な い ん で す も 直 子 の 方 は 彼 が 未 だ ど の 事 を 含 ん で い る と 思 い 込 ん で の 。 そ れ 位 な ら 一 度 、 充 分 に 憎 ん だ 上 で 赦 せ な い も の な ら い る ら し い の だ が 、 謙 作 か ら 言 え ば 、 都 々 し た 上 の 発 作 赦 し て 頂 け な く て も 仕 方 が な い が 、 そ れ で 若 し 本 統 に 心 か で 、 要 と の 事 な ど 其 場 合 浮 ぶ だ け の 余 裕 は 全 く な か っ た の ら 赦 し て 頂 け た ら 、 ど ん な に 嬉 し い か 分 ら な い 。 今 ま で の く る ま う な す ゆ る に ん と う

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


282 謙 作 は 返 事 を し な か っ た 。 駅 長 室 で は 末 松 と 直 子 と 二 人 ぼ ん や り し て い た 。 直 子 は い ら だ じ ん も ん ま え 「 そ れ は 元 か ら 苛 立 っ 性 じ ゃ あ あ っ た が 、 そ れ が 大 変 烈 し 脚 の 高 い 椅 子 に 腰 か け 、 ま る で 訊 問 前 の 女 犯 人 と で も い う く な っ た か ら 」 よ う な 様 子 で 凝 っ と し て い た 。 「 そ れ は 私 の 生 活 が 悪 い か ら で す よ 。 直 子 に は 何 も 関 係 の 「 ま だ 医 者 が 来 な い ん だ 」 末 松 は 椅 子 を 立 っ て 来 た 。 ち ょ っ と な い 事 で す 。 私 が も っ と し つ か り し な け れ ば い け な い ん 直 子 は 一 寸 顔 を あ げ た が 、 直 ぐ 眼 を 伏 せ て 了 っ た 。 お 栄 が 傍 へ 行 く と 、 直 子 は 泣 き 出 し た 。 そ し て 赤 児 を 受 取 り 、 「 私 が 一 緒 に い る ん で 、 何 か 気 不 味 い 事 で も あ る ん じ ゃ な 泣 き な が ら 黙 っ て 乳 を 含 ま せ た 。 ほ ん と う び つ く り い か と 思 っ た 事 も あ る け ど : : : 」 「 本 統 に 吃 驚 し た 。 大 し た 事 で な く 、 何 よ り で し た 。 、 、 、 ど う 「 そ ん な 事 は な い 。 そ ん な 事 は 決 し て あ り ま せ ん 」 お つ も 、 如 何 ? 水 か 何 か で 冷 し た の ? 」 「 そ り ゃ あ 私 も 実 は そ う 思 っ て る の 。 直 子 さ ん と は 大 変 い : こ 直 子 は 返 事 を し な か っ た 。 直 子 は 自 分 の 身 体 い し 、 そ ん な 事 は な い と は 思 っ て る ん だ け ど 、 他 人 が 入 る よ り も 心 に 受 け た 傷 で ロ が 利 け な い と い う 風 だ っ た 。 う ち も 為 め に 家 が 揉 め る と い う の は 世 間 に は よ く あ る 事 で す か ら 「 ど う も 、 あ れ が 実 に 困 る ん で す 。 乗 遅 れ る と 言 っ て 、 四 ね 」 十 分 で 直 ぐ 出 る 列 車 が あ る ん で す か ら 、 少 し も 狼 狽 て る 必 「 そ の 点 は 大 丈 夫 だ 。 直 子 も 賢 女 を 他 人 と は 思 っ て い な い 要 は な い ん で す が 、 僅 か 四 十 分 の 為 め に 命 が け の 事 を な さ る ん で : ・ : 。 然 し お 怪 我 が な い よ う で 何 よ り で し た 」 ん だ か ら 」 「 そ う 。 私 は 本 統 に そ れ を 難 有 い と 思 っ て る の よ 。 だ け ど 「 大 変 御 面 倒 を か け ま し た 」 謙 作 は 頭 を 下 げ た 。 し よ く た く 近 頃 の よ う に 謙 さ ん が 苛 立 つ の を 見 る と 、 其 所 に 何 か わ け 「 嘱 託 の 医 者 が 留 守 で 、 町 医 者 を 頼 め ば よ か っ た の を 、 直 が あ る ん じ ゃ な い か と 思 っ て ・ : ・ : 」 ぐ 帰 る と い う の で 、 そ の ま ま に し た の で す が 、 ど う し ま し よ う 。 近 所 の 医 者 を 呼 び ま し よ う か ? 」 「 気 候 の せ い で す よ 。 今 頃 は 時 だ っ て 私 は こ う な ん だ 」 か え り 「 そ れ は そ う か も 知 れ な い が 、 も う 少 し 直 子 さ ん に 優 し く 「 ど う な ん だ 」 謙 作 は 顧 み て 言 っ た 。 か わ い そ う し て 上 げ な い と 可 哀 想 よ 。 直 子 さ ん の 為 め ば か り じ ゃ あ 、 「 少 し ぼ ん や り し て ら れ る よ う だ が 、 却 っ て 、 直 ぐ 方 か あ り ま せ ん よ 。 今 日 み た い な 事 を し て 、 若 し お 乳 で も 止 ま ら 医 者 へ 行 っ た 方 が よ く は な い か 」 せ つ か く っ た ら 、 そ れ こ そ 大 変 で す よ 」 「 そ れ じ ゃ あ 、 折 角 で す が 、 私 の 方 で 、 連 れ て 行 ぎ ま す 。 大 変 御 厄 介 を か け 、 申 訳 あ り ま せ ん 」 赤 児 の 事 を 言 わ れ る と 謙 作 は 一 言 も な か っ た 。 ほ ん と う た ち あ り が た き ま す あ な た わ き

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


寄 せ た 。 要 は 眼 を 閉 じ た ま ま そ れ を し た 。 直 子 は 吃 驚 し た 落 ち つ い て 物 が 考 え ら れ な か っ た 。 断 片 的 に 色 々 な 事 が 恰 も そ れ が 廻 転 し て い る も の の よ う に チ ラ チ ラ と 頭 に ひ ら め が 、 小 声 に 力 を 入 れ て 、 く ば か り だ っ た 。 「 何 を す る の よ 」 と 言 っ た 。 ゆ る 「 悪 い 事 は し な い 。 決 し て 悪 い 事 は し な い 」 こ ん な 事 を 言 「 直 子 を 憎 も う と は 思 わ な い 。 自 分 は 赦 す 事 が 美 徳 だ と 思 っ て 赦 し た の で は な い 。 直 子 が 憎 め な い か ら 赦 し た の だ 。 い な が ら 、 要 は カ で 無 理 に 直 子 を 横 た え て 了 っ た 。 こ う で し ち ょ っ と そ う し ん 直 子 は 驚 き か ら 、 一 寸 喪 心 し か け た 。 そ し て 叱 る よ う 又 、 そ の 事 に 拘 泥 す る 結 果 が 二 重 の 不 幸 を 生 む 事 を 知 っ て に 、 「 要 さ ん 。 要 さ ん 」 と 抵 抗 し 、 起 き 上 ろ う と し た が 、 い る か ら だ 」 彼 は 前 夜 直 子 に 言 っ た 事 を 又 頭 の 中 で 繰 返 し か ら だ て い た 。 要 は 自 身 の 身 体 全 体 で 直 子 を 動 か さ な か っ た 。 そ し て 、 「 悪 い 事 は し な い 。 決 し て し な い 。 頭 が 変 で 、 ど う に も な 「 赦 す 事 は い い 。 実 際 そ れ よ り 仕 方 が な い 。 結 局 馬 鹿 を 見 た の は 自 分 だ け だ 」 ら な い ん だ 」 こ れ を 繰 返 し た 。 し た も り し ば ら こ う 言 う 争 い を 二 人 は 暫 く 続 け て 居 た が 、 仕 い に 直 子 下 の 森 か ら 京 電 に 乗 る 習 慣 で 、 そ の 方 へ 行 っ た が 、 丁 度 え ん に ち は 自 分 の 身 体 か ら 全 く 力 が 脱 け 去 っ た 事 を 感 じ た 。 そ れ か 北 野 天 神 の 縁 日 で 、 そ の 辺 は 大 変 な 人 出 だ っ た 。 彼 は 武 徳 あ め ら 理 性 さ え 。 殿 の 裏 か ら 終 点 の 方 へ 行 っ た 。 然 し そ こ も 大 変 な 人 で 、 飴 さ と お も ち や や 直 子 は 静 か に 二 階 を 降 り て 来 た 。 仙 に 覚 ら れ る 事 が 恐 し 売 り 、 風 船 売 り 、 玩 具 屋 、 ア イ ス ク リ ー ム 屋 な ど で 馬 場 の っ ね む * の ぞ き か ら く り か 0 た 。 そ し て 、 床 に 就 い た が 、 何 時 ま で も 眠 ら れ な か 0 方 ま で 賑 わ 0 て い た 。 覗 絡 繰 が 幾 つ か 鳥 居 の 前 の 広 裼 に 並 ん で い た 。 「 八 百 屋 お 七 」 が 「 金 色 夜 叉 」 や 「 不 如 帰 」 ど ん ち ょ う 翌 朝 、 直 子 が 眼 を 覚 ま し た 時 に は 、 要 は 出 発 し 、 も う 家 に 甦 0 て い る だ け で 、 人 物 の 眼 ば り を し た 緞 帳 く さ い 顔 や な か っ た 。 に は 居 泥 絵 具 の 毒 々 し い 色 彩 ま で 昔 と 少 し も 変 ら な か っ た 。 彼 は 千 本 通 か ら 市 電 に 乗 る つ も り で 七 軒 へ 入 0 て 行 っ こ 0 翌 日 謙 作 は 一 条 通 を 東 へ 足 に 歩 い て い た 。 南 は 生 暖 「 つ ま り 、 此 記 憶 が 何 事 も な か っ た よ う に 二 人 の 間 で 消 え か く 、 肌 は じ め じ め し 、 頭 は 重 か っ た 。 天 候 の 故 も あ り 、 て 行 け ば 申 分 な い 。 ー ー 自 分 だ け が 忘 れ ら れ ず 、 直 子 が 忘 も ち ろ ん 勿 論 寝 不 足 の 故 も あ っ た が 、 そ の 割 り に は 気 分 が 冴 え 、 気 れ て 了 っ て 、 忘 れ て 了 っ た よ う な 顔 を し て 、 こ う ふ ん た だ 持 は 悪 く な か っ た 。 つ ま り 彼 は し ん で 亢 奮 し て 居 た 。 只 、 れ た ら ー ー ・ 、 そ れ で も 自 分 は 平 気 で 居 ら れ る か し ら ? 」 今 は こ 0 よ く ち よ み ・ さ び つ く り う ち し ち ょ う ど あ た か

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


樺 の 木 は 、 都 会 地 で は 珍 ら し い 実 生 の 由 で あ る が 、 こ の 三 、 四 年 、 随 大 き く な 0 た も の で あ る 。 ま た 、 奧 の 庭 に あ る 黄 色 い 花 の 咲 く ざ く ろ の 樹 は 、 れ 祖 志 賀 さ ん が 散 歩 の 途 中 、 あ る と こ ろ で 見 か け て 、 晴 の が ろ 特 に 譲 り 受 け た も の の 由 で あ る が 、 志 賀 さ ん は こ れ ら の 庭 に あ る 樹 々 や 小 さ い 草 花 に も 、 ふ か い 愛 の れ 情 を 持 っ て い る よ う で あ る 。 志 賀 さ ん に な つ い て つ ば い 集 っ て く る 雀 の こ と は 亠 羽 名 な は な し で あ 事 せ 馬 叙 る が 、 志 賀 さ ん は 移 り 替 る 環 境 の な か に 、 生 活 の 愛 情 と た の し さ を 自 分 で 育 て る 名 人 で も あ る 。 老 境 に は い ら れ た 志 賀 さ ん で あ る が 、 志 賀 さ ん き び の 生 涯 を 通 じ て 持 ち つ づ け て き た 、 自 分 に 厳 し く 、 と き わ ま っ そ し て 自 分 に 誠 実 で あ る と い う 姿 が 、 常 盤 松 の 住 せ い ち ょ う ま い の な か で 、 い っ そ う の 清 澄 さ を 加 え て き た こ の ご ろ の よ う で あ る 祖 母 留 女 な お は る 父 直 温 志 賀 さ ん は 「 一 」 で 述 べ た よ う に 、 明 治 十 六 年 の 生 ま れ で あ る が 、 生 ま れ た と こ ろ は 東 京 で は な い 。 い し の ま き な お は る 宮 城 県 の 石 巻 で あ る 。 父 の 志 賀 直 温 氏 が 、 第 一 銀 行 の 行 員 と し て 石 巻 支 店 に 在 勤 し て い た と き に 生 ま れ た わ け で あ る 。 そ こ で 三 歳 に な る ま で 過 し て 435

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


な ん そ の と き 二 人 は 瓦 を 縦 て に 埋 ず め た 坂 か ら 、 黙 っ て 門 を 入 っ て 行 「 私 、 文 学 の 事 は 何 に も 存 じ ま せ ん の よ 」 直 子 は 其 時 、 と 0 わ き つ た 。 「 徳 」 と 一 字 の 衝 立 て が あ っ て 、 其 側 で 案 内 者 を 待 つ け も な く 、 そ ん な 事 を 言 い 出 し た 。 謙 作 は 踞 ん で 泥 の 固 と ぎ あ い だ っ 間 も 話 が 途 断 れ て 居 た が 、 間 も な く 短 か い 袴 を 穿 い た 案 鞠 を 拾 い 、 亀 の 行 く 手 に 目 が け て 投 げ た 。 亀 は 一 寸 首 を 縮 こ う げ つ だ い ぎ ん さ た ん か ら か み た い 内 の 子 供 が 出 て 来 て 、 「 向 月 台 に 銀 砂 灘 」 「 左 右 の 唐 紙 は 大 め た が 、 解 け た 泥 水 が 去 る と 、 甲 羅 に 薄 く 泥 を 浴 び た ま ま が ど う 雅 堂 の 筆 」 こ ん な 風 に 一 人 大 き な 声 を し て い て 呉 れ る の で 歩 き 出 し た 。 具 合 悪 さ は 時 か 去 れ た 。 「 知 ら な い 方 が い い ん で す 」 謙 作 は 踞 ん だ ま ま 答 え た 。 く る ま ひ が さ し ん 「 帰 り 、 若 し 直 ぐ 俥 で 帰 る よ う な ら 、 置 い て 来 た 日 傘 や 信 「 ち ょ っ と も 、 い い 事 あ り ま せ ん わ 」 接 に 宿 の 方 へ 、 晩 に で も 届 け て 上 げ ま す が 、 ど う し ま す 「 そ の 方 が 僕 に は 却 っ て い い ん で す 」 ち ょ っ と か 」 と 謙 作 は 訊 い た 。 直 子 は 黙 っ て 一 寸 怒 っ た よ う な 眼 付 「 何 故 ? 」 は っ き り き で 、 彼 の 方 を 見 て い た 。 「 そ れ と も 寄 っ て 行 き ま す か ? 」 こ う 言 わ れ る と 謙 作 も 判 然 し た 事 は 言 い に く か っ た 。 昔 ぷ あ い そ う こ う い う と 、 当 り 前 だ と い う よ う に 「 え え 」 と 不 愛 想 に 答 は そ う で な か っ た が 、 今 の 彼 は 細 君 が 自 分 の 仕 事 に 特 別 な え た 。 理 解 が あ る と か 、 な い と か 、 そ う い う 事 は 何 方 で も よ か っ く ろ だ に た ん 南 禅 寺 の 裏 か ら 疏 水 を 導 き 、 又 そ れ を 黒 谷 に 近 く 田 圃 を た の で あ る 。 お 栄 と 結 婚 し た い と 考 え た 時 に 既 に 不 知 そ の む し 流 し 返 し て あ る 人 工 の 流 れ に つ い て 二 人 は 帰 っ て 行 っ た 。 問 題 は 通 り 過 ぎ て い た 。 そ し て 寧 ろ 「 文 学 が 大 好 き で す 」 な ら 並 べ る 所 は 並 ん で 歩 い た 。 並 べ な い 所 は 謙 作 が 先 に 立 っ て と 言 わ れ る 方 が 、 堪 ら な か っ た 。 あ と 行 っ た が 、 そ の 先 に 立 っ て い る 時 で も 、 彼 は 後 か ら 来 る 直 直 子 の 方 は 此 事 を 早 く 断 わ っ て 置 か ぬ と 気 に な る ら し か で も ど 子 の 、 身 体 の 割 り に し ま っ た 小 さ い 足 が 、 き ち ん と し た 真 っ た 。 そ れ と も う 一 つ 、 直 子 の 伯 母 で 、 出 戻 り で 、 直 子 の つ ま 白 な 足 袋 で 、 褄 を け り な が ら 、 す っ す っ と 賢 こ 気 に 踏 み 出 生 れ る 前 か ら 自 家 に い る 人 が あ る 。 此 人 が 、 自 身 に 子 の な ひ ど さ れ る の を 眼 に 見 る よ う に 感 じ 、 そ れ が 如 何 に も 美 し く 思 い 所 か ら 直 子 を 甚 く 可 愛 が っ て い た 。 今 は も う 六 十 余 り で わ れ た 。 そ う い う 人 が ー ー ー そ う い う 足 が 、 す ぐ 背 後 か ら っ 直 子 と 別 れ る 事 を 淋 し が っ て い る 。 此 伯 母 は こ れ か ら も 時 い て 来 る 事 が 、 彼 に は 何 か 不 思 議 な 幸 福 に 感 ぜ ら れ た 。 時 京 都 へ 出 て 来 て 御 厄 介 に な る 事 が あ る か も 知 れ な い 。 そ 小 砂 利 を 敷 い た 流 れ に 遡 0 て 、 一 疋 の 亀 の 子 が 一 生 懸 命 に の 事 を ど う か 許 し て 頂 き た い 。 「 伯 母 か ら も 呉 れ 呉 れ も お 這 っ て い た 。 如 何 に も 目 的 あ り 気 に 首 を 延 ば し て 這 っ て い 願 し て 置 い て 呉 れ と 申 さ れ ま し た の 」 と 言 っ た 。 し ば ら ぐ う き ょ る 様 子 が 可 笑 し く 、 二 人 は 暫 く 立 っ て 眺 め て い た 。 寓 居 へ 帰 っ て 二 人 は 暫 く 休 ん だ 。 直 子 は 次 の 間 の 本 棚 を た び か わ ら た つ い た か し げ は か ま は う し ろ た ま さ び こ う ら ど っ ち し や が か た

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


実 際 稲 の 色 は 濃 か っ た 。 強 い 熱 と 光 と 、 そ れ を 真 正 面 に ー し い か も 知 れ ぬ と 思 っ た 。 よ く じ っ へ し 合 い 歓 喜 の 声 を あ げ て い る の が 、 謙 作 翌 日 は 果 し て い い 天 気 だ っ た 。 ジ リ ジ リ と 照 り つ け ら れ 受 け 、 押 合 い る 一 日 が 想 わ れ る よ う な 朝 だ っ た 。 彼 は 九 時 頃 の 汽 車 に 乗 の 気 持 に は 余 り に 直 接 に 来 た 。 彼 は 今 更 に こ う 言 う 世 界 も い が み あ ま た っ た が 、 又 前 日 の よ う に 何 十 と い う ト ン ネ ル を く ぐ る 事 あ る の だ と 思 っ た 。 人 間 に は 穴 倉 の 中 で 啀 合 っ て い る 猫 の こ う 言 う 生 活 も あ る の だ と 思 よ う な 生 活 も あ る か わ り に 、 が 、 お も い で も あ っ た 。 が ん 彼 は 前 夜 、 町 で 買 っ て 来 た 帝 国 文 庫 の 高 僧 伝 を 開 き 、 元 っ た 。 今 日 の 彼 に は そ う い う 強 い 光 が 少 し も 眩 し く な か っ さ ん だ い し 三 大 師 の 条 を 少 し 読 ん で 見 た が 、 直 ぐ 疲 れ て 了 っ た 。 湖 山 た 。 だ い せ ん に ち り ん の 景 色 は よ か っ た 。 湖 山 長 者 が 田 植 の 日 暮 に 日 輪 を 呼 び 大 山 と い う 淋 し い 駅 で 汽 車 を 下 り た 。 車 夫 を 呼 ん で 訊 く な お も ち だ 返 し た 罰 で 、 そ の 持 田 が 一 夜 に こ う い う 池 に な っ て 了 っ た と 、 大 山 ま で は 尚 六 里 あ る と の 事 だ っ た 。 そ れ も 俥 で 行 け と い う 伝 説 は 此 池 と し て よ く 出 来 て い る と 思 っ た 。 低 い 山 る の は 初 め の 三 里 で 、 あ と は 徒 歩 で 行 く の だ と い う 。 「 そ れ じ ゃ あ 、 此 荷 物 は ど う す る か ね 、 馬 に で も つ け て 行 と 山 と の 間 の 姆 に も 耕 地 と し て 適 わ し い 広 い 場 所 が 、 一 し ゆ っ す い た ん ま 面 の 水 を た た え て い る 様 は 、 出 水 の 田 圃 と 見 れ ば 見 ら れ る く の か ? 」 わ し し ょ こ い す み や く も 眺 め だ っ た 。 此 辺 の 伝 説 を よ く 書 い た 小 泉 八 雲 の 物 に こ れ 「 俺 が 背 負 っ て 行 き ま す 」 は な い か し ら ー ー そ う 言 え ば ハ ー ン の 物 を 少 し 持 っ て 来 れ 車 夫 は 五 十 余 り の 府 せ た 男 だ っ た 。 な か な か 「 本 が 入 っ て る か ら 却 々 重 い ぜ 」 ば よ か っ た と 彼 は 思 っ た 。 東 郷 池 は 湖 山 池 に 較 べ 、 何 の 趣 き も な い 湖 だ っ た 。 伝 説 「 な に 、 此 位 は : : : 」 車 夫 は そ れ を も う 一 度 、 さ げ て み て が あ る か ど う か 彼 は 知 ら な か っ た が 、 恐 ら く な い だ ろ う と 笑 っ た 。 か い し ゃ 思 っ た 。 兎 に 角 人 口 に 膾 炙 さ れ る 伝 説 を 持 っ た 場 所 は 何 か 「 お 前 は も う 飯 は 済 ん だ の か 」 そ な だ ん な の 意 味 で そ う い う 趣 き を 具 え て い る も の だ と 思 っ た 。 「 旦 那 は ? 」 当 弗 、 赭 崎 、 御 屋 。 彼 は 汽 車 の 窓 か ら 飽 ず 外 の 景 色 を 「 私 は 汽 車 で 弁 当 を 食 0 て 来 た 」 眺 め て 来 た 。 盛 夏 の 力 と い う よ う な も の が 感 ぜ ら れ 、 彼 は 「 そ れ じ ゃ あ 直 ぐ 出 か け ま し よ う 。 俺 は 分 け の 茶 屋 で 何 か 近 頃 に 珍 し く 元 気 な 気 持 に な っ た 。 二 尺 程 に 延 び て 密 生 し 食 わ し て 貰 え ば い い 」 た 稲 が 風 も な い の に 強 い 熱 と 光 と の 中 に 揺 れ て 見 え た 。 こ れ か ら 六 里 の 道 を 一 緒 に 行 く と い う 事 が 既 に 彼 等 を 幾 こ う ふ ん ら か し く し て い る 感 じ だ っ た 。 「 あ あ 稲 の 緑 が 煮 え て い る 」 彼 は 亢 奮 し な が ら 思 っ た 。 こ の く ら ふ さ わ し ま ふ く る ま

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


に ん し ん 謙 作 は 不 図 末 松 に 直 子 を 慰 め て 貰 お う か し ら 、 と 考 え た 直 子 が 又 姙 娠 し た 事 を 知 っ た の は 、 そ れ か ら 間 も な く だ が 、 直 ぐ 「 そ れ は 厭 だ 」 と 思 い 返 し た 。 っ た 。 彼 は 指 を 折 る ま で も な く 、 そ れ が 朝 鮮 行 以 前 で あ る や か ま 往 来 を 馳 け る 号 外 売 り の 八 釜 し い 鈴 の 音 が 聞 こ え た 。 事 は 分 っ て い た が 、 い よ い よ 直 子 と の 関 係 も 決 定 的 な も の い ま さ ら 間 も な く 二 人 は そ の 茶 屋 を 出 た が 、 出 る 時 、 末 松 は 入 口 に な っ た と 思 う と 、 今 更 、 重 苦 し い 感 じ が 起 っ て 来 た 。 に 落 ち て い た 号 外 を 取 上 げ 、 謙 作 の 心 は 時 々 自 ら 堪 え き れ な い 程 弱 々 し く な る 事 が よ さ っ き ふ と こ ろ 「 矢 張 り 先 刻 の 飛 行 機 は 深 草 へ 下 り た ん だ ね 」 と 言 っ た 。 く あ っ た 。 そ う い う 時 、 彼 は 子 供 の よ う に お 栄 の 懐 に 抱 か 然 し 他 の 一 機 は 無 事 に 大 阪 へ 着 い た 事 も そ れ に 出 て い た 。 れ た い よ う な 気 に な る の だ が 、 真 に そ れ は 出 来 な か っ ひ が し や ま ま つ ば ら 二 人 は そ れ か ら ダ ラ ダ ラ 坂 を 東 山 松 原 の 停 留 所 の 方 へ 下 り た 。 そ し て 同 じ 心 持 で 直 子 の 胸 に 頭 を つ け て 行 け ば 何 か 鉄 て 行 っ た 。 板 の よ う な も の を 不 図 感 じ 、 彼 は 夢 か ら 覚 め た よ う な 気 持 こ よ っ こ 0 よ う や 八 夏 が 過 ぎ 、 漸 く 秋 に 入 っ た が 、 依 謙 作 の 心 の 状 態 は よ き ぬ さ む ら う ち む し ふ せ っ せ い 其 後 、 衣 笠 村 の 家 で は 平 和 な 日 が 過 ぎ た 。 少 な く も 外 見 く な か っ た 。 そ れ は 心 の 状 態 と い う よ り 寧 ろ 不 摂 生 か ら 生 か だ け は 思 い の 外 、 平 和 な 日 が 過 ぎ た 。 お 栄 と 直 子 と の 関 係 理 的 に 身 体 を こ わ し て 了 っ た の だ 。 彼 は こ ん な 事 で は 仕 方 な か な か も 謙 作 の 予 想 通 り に よ か っ た 。 そ れ か ら 謙 作 と 直 子 と の 関 な い と よ く 思 い 思 い し た が 、 だ ら し な い 悪 習 慣 か ら は 却 々 ひ ど 係 も 悪 く は な か っ た 。 然 し こ れ は ど う い っ て い い カ 起 き か え る 事 が 出 来 な か っ た 。 彼 は 甚 く 弱 々 し い み じ め な ひ か ん し や く 夫 婦 と し て 一 面 病 的 に 惹 き 合 う も の が 出 来 た と 同 時 に 、 其 気 持 に な る か と 思 う と 、 発 作 的 に 疳 癪 を 起 こ し 、 食 卓 の 食 だ き あ く う げ き た た さ い う 所 に は ど う し て も 全 心 で 抱 合 え な い 空 隙 が 残 さ れ た 。 そ し 器 を 洗 い ざ ら い 庭 の 踏 石 に 叩 き つ け た り し た 。 或 時 は 裁 縫 ば さ み え り て 病 的 に 惹 き 合 う 事 が 強 け れ ば 強 い 程 、 あ と は 悪 か っ た 。 鋏 で 直 子 の 着 て い る 着 物 を 襟 か ら 背 中 ま で 裁 ち き っ た り し し げ き 妻 の 過 失 が そ の 儘 肉 情 の 刺 戟 に な る と い う 事 は 此 上 な い た 事 が あ る 。 こ ん な 場 合 、 彼 で は 其 時 ぎ り の 疳 な の だ み な も と 恥 ず べ き 事 だ 、 彼 は そ う 思 い な が ら 、 二 人 の 間 に 感 ぜ ら れ が 、 直 子 は 直 ぐ そ の 源 を 自 身 の 過 失 ま で 持 っ て 行 き 、 無 言 な お る 空 隙 が ど う に も 気 に な る 所 か ら 、 そ ん な 事 で で も 尚 、 直 に 凝 っ と 、 忍 ん で い る の だ 。 そ し て そ の 気 持 が 反 射 す る い ら だ 子 に 対 す る 元 通 り な る 愛 情 を 呼 起 こ し た か っ た の で あ る 。 と 、 謙 作 は 一 層 町 立 ち 、 そ れ 以 上 の 乱 暴 を 働 か ず に は い ら 病 的 な 程 度 の 強 い 時 に は 彼 は 直 子 自 身 の ロ で 過 失 し た 場 合 れ な か っ た 。 を 精 し く 描 写 さ せ よ う と さ え し た 。 お 栄 は 前 か ら 謙 作 の 疳 癪 を 知 っ て い た が 、 そ ん な 風 に そ た ふ か く さ み ず か た た あ る て つ

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


「 ま あ い い 」 謙 作 は 不 愉 快 そ う に 言 う 。 「 あ な た は そ れ で 差 迫 っ て ど う と い う 事 も な か っ た か ら 、 出 掛 け る に も 気 持 い よ 。 然 し こ っ ち ま で 一 緒 に そ ん な 気 に な る の は 御 免 に 踏 み き り が っ か な か っ た 。 だ 。 実 際 仕 方 が な い じ ゃ あ な い か 」 直 子 が 出 来 、 お 栄 に 対 す る 彼 の 気 持 も 幾 ら か 変 化 し た の は 事 実 だ っ た 。 ・ : カ 少 年 時 代 か ら 世 話 に な っ た 関 係 を 想 「 そ れ よ り 僕 は 近 頃 お 栄 さ ん の 事 が 少 し 心 配 に な っ て 来 た 、 又 、 一 時 的 に し ろ お 栄 へ の 一 種 の 心 持 ー ー ー 今 か ら 思 え か く ん だ 。 此 方 に は 全 で 便 り を 寄 越 さ な い し 、 前 の 関 係 か ら 言 ば 病 的 と も 感 ・ せ ら れ る が 、 兎 に 角 結 ま で 申 込 - ん だ 事 を 考 の ぶ っ て 信 さ ん に 任 せ つ き り と い う わ け に は 行 か な い か ら 、 そ え る と 、 差 迫 っ た 事 が な い と し て も 、 こ う 愚 図 愚 図 ・ ほ っ の 内 一 度 朝 鮮 へ 行 っ て 来 よ う と 思 う ん だ 」 て 置 く 事 が 、 姆 に も 自 分 の 冷 淡 か ら の よ う 思 わ れ 、 心 苦 う な ず し ば ら く 直 子 は 一 寸 点 頭 い た ま ま 、 返 事 を し な か っ た 。 少 時 し て し か っ た 。 あ る ひ 謙 作 は 、 或 日 、 鎌 倉 の 信 行 か ら 書 留 で 手 紙 が 届 い た 。 そ れ に 信 行 「 そ の 間 、 あ な た は 敦 賀 へ 行 っ て い な い か 」 と 言 っ た 。 宛 の お 栄 の 手 紙 が 同 封 し て あ っ た 。 な を 、 ・ こ と 「 泣 言 で も 、 し い に 行 く よ う で い や あ ね 」 不 愉 快 な 出 来 事 か ら 、 最 近 、 警 部 の 家 を 出 て 、 今 は 表 記 あ き 「 泣 言 を 言 っ て 来 れ ば い い じ ゃ よ 、 子 ー し 、 カ 」 の 宿 で 暮 ら し て 居 り ま す 。 私 も ほ と ほ と 自 分 の 馬 鹿 に は 呆 こ の と し 「 そ れ が い や な の 。 貴 方 に な ら い い け ど 、 実 家 の 者 に も そ れ ま し た 。 此 年 に な り 、 生 活 の 方 針 た た ず 、 そ の 都 度 お 手 れ は 言 い た く な い の 」 頼 り す る の は 本 統 に お 恥 か し い 次 第 で す が 、 に 身 寄 り も 「 何 故 。 : 一 緒 に 行 っ て あ な た だ け 置 い て 来 よ う 」 な く 、 偶 々 力 に な っ て 貰 え る と 思 っ た お 才 さ ん は 私 が 思 っ ご ざ 「 い い え 、 結 構 。 ど う せ 、 十 日 か 半 月 位 な ら 仙 と 二 人 で お た よ う な 人 で な く 、 ど う し て も 、 又 お 願 い す る よ り ム い ま 留 守 番 し て て よ 。 あ ん ま り 淋 し い よ う だ っ た ら 、 そ の 時 勝 せ ん 。 く わ 手 に 一 人 で 出 か け る わ 」 精 し い 事 情 は こ こ で 申 上 げ ま せ ん 。 又 申 上 げ ら れ る よ う 行 「 そ れ が 出 来 れ ば 一 番 い い 。 家 で 悲 観 し て い る よ う だ と 、 な 事 で も ム い ま せ ん 。 私 は 一 日 も 早 く 内 地 に 帰 り た く 、 今 夜 は そ の 心 で 一 杯 で ム い ま す 。 暗 こ っ ち も 旅 へ 出 て 気 が 楽 で な い か ら ね 」 な か な か 然 し こ ん な 事 を 言 い な が ら 謙 作 は 却 々 出 か け ら れ な か っ こ ん な 意 味 だ っ た 。 つ ま り 宿 の 払 い と 旅 費 を 送 っ て 貰 い い つ く し ま ひ ど た 。 西 は 厳 島 よ り 先 を 知 ら な か っ た 。 そ れ で 京 城 ま で が 甚 た い と 言 う の だ 。 謙 作 は 読 み な が ら 、 信 行 の 手 紙 に も 一 寸 お っ く う た い れ ん く 大 旅 行 の よ う 思 わ れ 、 億 劫 だ っ た 。 一 つ は お 栄 の 方 に も 書 い て あ っ た よ う に 、 前 に は 大 連 で 盗 難 に 会 い 、 直 ぐ 帰 る こ っ ち ま る つ る が う ち け い じ よ う せ ん ま た た ま た ま

現代日本の文学 9 志賀 直哉 集


ち ょ う み や こ お ど り や え ざ く ら か っ た 。 彼 の 感 情 は 物 、 総 て に 変 に 白 々 し く な っ た 。 恰 持 で 、 此 春 を 過 ご し て 来 た 。 都 踊 も 八 重 桜 も 、 去 年 は そ の 度 、 脳 に 貧 血 を 起 こ し た 人 の 眼 に そ う 見 え る よ う に 、 そ れ 儘 楽 め た が 、 此 春 は そ れ ら の 奥 に 何 か 不 思 議 な 淋 し さ の あ は 白 ら け て し か 見 え な か っ た 。 彼 は 二 階 の 机 に 向 い 、 ・ ほ ん る 事 が 感 ぜ ら れ て な ら な か っ た 。 な お や り 煙 草 ば か り ふ か し て 居 た 。 彼 は 今 後 に 尚 何 人 か の 児 を 予 想 は し て い る 。 し あ の 子 か え ど う し て 総 て が こ う 自 分 に は 白 い 歯 を 見 せ る の か 、 運 命 供 は も う 永 遠 に 還 っ て は 来 な い と 思 う と 、 そ の 実 感 で 淋 し と 言 う も の が 、 自 分 に 対 し 、 そ う 言 う も の だ と な ら ば 、 そ く さ せ ら れ る の だ 。 次 の 児 が 眼 の 前 に 現 れ て 来 れ ば 、 此 感 も ち ろ ん の よ う に 自 分 も 考 え よ う 。 勿 論 子 を 失 う 者 は 自 分 ば か り で 情 も 和 ら げ ら れ る に 違 い な い 。 が 、 そ の 時 ま で は 死 ん だ 児 た ん ど く は な い 、 そ の 子 が 丹 毒 で 永 く 苦 し ん で 死 ぬ と 言 う の も 自 分 か ら 想 い を 背 向 け る 事 は 出 来 な か っ た 。 の 子 に だ け 与 え ら れ た 不 幸 で は な い 、 そ れ は 分 っ て 居 る が 、 散 々 に な や ま さ れ 、 し か も 、 そ れ が 何 か ら 来 る か 分 ら な た た よ う や 只 、 自 分 は 今 ま で の 暗 い 路 を た ど っ て 来 た 自 分 か ら 、 新 し か っ た 自 身 の 暗 い 運 命 、 そ れ を 漸 く 抜 け 出 し 、 こ れ か ら 新 い も っ と 明 か る い 生 活 に し よ う と 願 い 、 そ の 曙 光 を 見 し い 生 活 に 踏 出 そ う と 言 う 矢 先 だ け に 此 事 は 甚 く こ た え む し た と 思 っ た 出 鼻 に 、 初 児 の 誕 生 と 言 う 、 喜 び で あ る べ き 事 た 。 丹 毒 は 予 防 し よ う も な い 。 寧 ろ 偶 然 の 災 難 だ 。 普 通 な そ こ あ き ら か え を 逆 に と っ て 、 又 、 自 分 を 苦 し め て 来 る 、 其 所 に 彼 は 何 か 見 ら ば そ う 思 っ て 諦 め る 所 を 、 彼 は 偶 然 な こ と 故 に 、 却 っ て ひ が み え ざ る 悪 意 を 感 じ な い で は 居 ら れ な か っ た 。 僻 だ 、 そ う 想 そ れ が 何 か の 故 意 の よ う 考 え ら れ る の だ 。 僻 み 根 性 だ 、 自 い 直 し て 見 て も 、 彼 は 尚 そ ん な 気 持 か ら 脱 け き れ な か っ た 。 ら そ う 戒 め も す る が 、 直 ぐ 、 と 、 ば か り も 言 え な い と い う け ん お 霊 雲 院 は 衣 笠 村 か ら そ う 遠 く な か っ た か ら 、 謙 作 は よ く 気 が 湧 い て 来 る 。 彼 は こ う い う 自 身 に 嫌 悪 を 感 じ た 。 然 し 歩 い て お 参 り を し て 来 た 。 そ う い う 自 分 を ど う す る 事 も 出 来 な か っ た 。 直 子 は 思 い 出 し て は よ く 涙 を 流 し た 。 そ れ を 見 る の が 彼 は い や だ っ た 。 こ と さ ら 第 四 そ し て 殊 更 ひ き 入 れ ら れ な い 態 度 を 見 せ て い る と 、 う ら み ご と 「 貴 方 は 割 り に 平 気 な の ね 」 と 直 子 は 怨 言 を 言 っ た 。 「 い つ ま で 、 く よ く よ し て た っ て 仕 方 が な い 」 ひ と 「 そ う よ 。 だ か ら 私 も 他 人 に は 涙 を 見 せ な い つ も り で す け 謙 作 は 其 冬 、 初 め て の 児 を 失 い 、 前 年 と は 全 で 異 0 た 心 ど 、 仕 方 が な い で 忘 れ て 了 っ ち ゃ あ 、 直 に 可 よ 」 し な お こ あ な た こ の ひ が さ び し