検索 - みる会図書館

検索対象: 赤い悪夢 (5分後に意外な結末)

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)から 193件ヒットしました。

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


わ す さ っ た ば そ れ か ら の 3 日 間 、 男 は 食 事 を 取 る こ と も 忘 れ る ほ ど 、 悩 み に 悩 ん だ 。 び っ し り 並 ん だ 札 束 じ ゃ み よ う を 思 い 出 し て は 箱 に 手 を 伸 ば し 、 自 分 の 寿 命 9 年 と ー 00 万 ド ル を 比 べ て は 、 深 い た め 息 を つ い た 。 こ の ま ま の 自 分 の 人 生 に ー 00 万 ド ル の 価 値 は あ る の だ ろ う か ? そ う し て 悩 み 続 け た 最 後 の 夜 、 男 は と う と う 箱 の ふ た に 手 を か け た 。 じ ゅ み よ う 「 家 族 と 暮 ら せ る チ ャ ン ス が あ る な ら 、 9 年 の 寿 命 な ど 惜 し く は な い 。 そ も そ も 家 族 の い な い 人 生 な ど 意 味 が な い で は な い か 」 の う り 脳 裏 を よ ぎ っ た の は 、 も う 半 年 以 上 も 会 っ て い な い 妻 子 の 顔 だ っ た 。 人 生 を や り 直 し て 、 も じ ゅ み よ う う 一 度 家 族 と 一 緒 に 暮 ら せ る な ら 、 田 年 の 寿 命 な ど ど う な っ た っ て 構 わ な い 。 う す ぐ ら か が や 薄 暗 い 電 灯 の 下 で 、 赤 い ボ タ ン は エ デ ン の 園 の リ ン ゴ の よ う に と び き り 美 し く 輝 い て い る 。 か ん し よ く 男 は 「 よ し 」 と 一 つ う な ず く と 、 ボ タ ン を 押 し た 。 ( ホ タ ン は 思 っ た よ り も 軽 い 感 触 だ っ た 。 ほ え み か け た 。 い か が で す か ? 私 は 3 日 後 に 箱 を 取 り に ま い り ま す か ら 、 そ れ ま で に お 心 を 決 め て く だ さ で ん と う さ い し

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


「 こ れ か ら 毎 日 、 こ の ア ト リ エ に 通 っ て く だ さ い 。 私 は あ な た を も っ と も っ と 深 く 知 っ て 、 あ な た と い う 人 間 を 、 絵 の 中 に と じ こ め た い の で す 」 「 そ う い た し ま す 」 老 婦 人 は 言 わ れ た と お り 、 そ れ か ら 毎 日 、 ア ト リ エ に 通 っ た 。 絵 描 き は じ っ く り 時 間 を か け 、 し わ の ー 本 ー 本 、 し み の ひ と つ ひ と つ に い た る ま で 、 丁 寧 に 描 き あ げ て い っ た 。 絵 描 き が 肖 像 画 を 描 く 間 、 老 婦 人 は 問 わ ず 語 り に 、 さ ま ざ ま な こ と を 語 っ た 。 3 年 前 、 愛 す な み だ る 夫 を 病 気 で 亡 く し た こ と 、 そ の 後 し ば ら く 涙 に く れ た こ と 。 何 ご と も 包 み 隠 さ ず 、 老 婦 人 は 正 直 に 明 か し た 。 あ る 時 に は 、 こ ん な こ と さ え 絵 描 き に 告 白 し た 。 「 は ず か し い こ と で 申 し 上 げ に く い の で す が 、 今 私 は 、 世 間 様 に 隠 れ て 、 若 い 男 性 と 暮 ら し て い ひ ん お り ま す の 。 そ の 男 性 を 喜 ば せ る た め に 、 亡 く な っ た 主 人 の 遺 品 で あ る 宝 石 を す べ て 売 り は ら っ て 、 お 金 に 換 え て し ま い ま し た 」 意 外 な 告 白 だ っ た 。 目 の 前 の 老 婦 人 を 見 て い る と 、 と て も そ ん な こ と を す る タ イ プ に は 思 え 像 な か っ た 。 け れ ど も 老 婦 人 の 表 情 を 見 つ め て い る う ち に 、 絵 描 き に は そ の 理 由 が 分 か っ て く る の 人 気 が し た 。 え か し よ う ぞ う が え か て い ね い え か か く か く 091

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


開 い た 窓 お お ま ど し ば ふ 床 か ら 天 井 ま で 届 く 大 窓 が 芝 生 に 向 か っ て 開 け 放 た れ て い る 。 ま ど 「 こ の 季 節 に し て は 暖 か い で す か ら ね 。 で も 、 あ の 窓 が 何 か ご 不 幸 と 関 係 が お あ り な ん で す か 」 た ず フ ラ ム ト ン が 尋 ね る と 、 少 女 は い っ そ う 言 い に く そ う に し て 話 し は じ め た 。 ま ど 「 ち ょ う ど 3 年 前 の 今 日 、 あ の 窓 を 通 っ て 、 伯 父 と 、 伯 母 の 弟 2 人 が 狩 り に 出 か け た の で す 。 り よ う ば し か し 、 そ の ま ま 3 人 は 戻 っ て き ま せ ん で し た 。 お 気 に 入 り だ っ た 猟 場 へ 向 か っ て い る 途 中 、 ぬ ま ち 沼 地 に の み こ ま れ て し ま っ た の で す 。 そ こ は 底 な し 沼 の よ う で 、 の み こ ま れ た 3 人 は 救 助 さ れ る こ と な く 、 3 人 の 死 体 も 、 と う と う 出 て き ま せ ん で し た 」 目 に は う っ す ら と 涙 を 浮 か べ な が ら 、 少 女 は 続 け た 。 ど く 「 気 の 毒 な 伯 母 は 、 い っ か 3 人 が 帰 っ て く る 。 3 人 と 一 緒 に い な く な っ た 、 小 さ な 茶 色 い 犬 を ま ど い つ も そ う し て い た よ う に 、 あ の 窓 を 通 っ て 家 の 中 に 入 っ て く 連 れ て 帰 っ て く る っ て く ら ま ど る っ て 、 ず っ と 信 じ て い る ん で す 。 そ れ で 毎 日 、 暗 く な る ま で あ の 窓 を 開 け つ ば な し に し て お く ん で す 」 少 女 は 最 後 に 一 一 言 、 こ う 付 け 加 え た 。 「 か わ い そ う な 伯 母 さ ん 。 彼 女 は よ く 私 に も 、 3 人 が で か け た と き 、 ど ん な 様 子 だ っ た か 話 し ゆ か て ん じ よ う と ど あ た た な み だ も ど き ゅ う じ よ 009

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


「 そ れ じ ゃ あ 、 ロ ポ ッ ト じ ゃ な い で す か ー ・ そ ん な の は 嫌 だ 。 そ れ な ら 、 や つ ば り お 金 を く だ さ い ! 」 な っ と く 叫 ん で 、 青 年 は 自 分 の 考 え に 納 得 し た よ う に 、 何 度 も う な ず い た 。 「 お 金 な ら 僕 を 絶 対 に 裏 切 ら な い し 、 そ れ に お 金 さ え あ れ ば 、 な ん だ っ て 買 え ま す も ん ね ! 」 「 た と え ば 、 ど ん な も の が ほ し い ん で す か ? 」 ま な ざ 問 わ れ て 、 青 年 は う っ と り と 夢 見 る よ う な 眼 差 し に な っ た 。 「 ほ し い も の を 挙 げ た ら 、 き り が あ り ま せ ん よ 。 ま ず は 売 り は ら っ た 屋 敷 を 取 り 戻 し て 、 前 み た い に お い し い も の を 毎 日 食 べ た い で す 。 家 だ っ て 、 車 だ っ て 、 そ れ に 人 生 を や り 直 す 機 会 だ っ て 、 お 金 さ え あ れ ば 手 に 入 る ー ・ お 金 で 買 え な い も の な ん て : : : ゴ ホ ッ : 言 葉 の 途 中 で 、 青 年 が 不 意 に せ き こ み だ し た 。 だ い じ よ う ぶ 「 ど う し た ん で す ? 大 丈 夫 で す か ? 」 少 女 が あ わ て て 青 年 の 背 中 を さ す る 。 青 年 は し ば ら く の 間 、 激 し く せ き こ ん で い た が 、 や が な み だ め て 落 ち 着 く と 、 涙 目 で 少 女 を 見 上 げ た 。 「 す : : : み ま せ ん 。 や つ ば り 、 お 金 じ や 買 え な い も の : : : あ り ま し た 」 さ け と ち ゅ う う ら ぎ い や は げ や し き も ど 079

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


行 き わ た っ た と き 、 教 授 は 時 計 を 見 な が ら 「 は じ め ! 」 と 大 き な 声 を あ げ た 。 つ く え せ き ば ら い ひ と っ す る 者 も な く 、 た だ 、 机 の 上 で ペ ン が 躍 る 音 だ け が 響 く 。 試 験 問 題 は 、 2 時 間 を め い つ ば い 使 い 切 っ て 、 や っ と 最 後 ま で た ど り つ け る か ど う か と い う 膨 大 な 量 で あ っ た 。 学 生 た ち は 、 必 死 に こ れ と 戦 っ た 。 一 時 間 ほ ど 過 ぎ た こ ろ だ ろ う か 。 一 人 の 学 生 が 、 息 せ き 切 っ て 、 こ の 静 か な 教 室 に 駆 け こ ち こ く ん で き た 。 遅 刻 し た 学 生 は 、 教 授 の も と に 駆 け 寄 っ て 言 っ た 。 「 遅 れ て す み ま せ ん 、 先 生 、 私 に も 問 題 用 紙 を 下 さ い 」 教 授 は 、 ジ ロ リ と 学 生 を 見 お ろ す と 、 非 情 な 声 で 言 っ た 。 「 今 か ら で は 、 も う 、 最 後 ま で や る 時 間 は な い と 思 う が ね 」 教 授 は 遅 刻 す る 学 生 が 大 嫌 い で あ っ た 。 本 来 は 追 い 返 し た い と こ ろ で あ っ た が 、 試 験 の 時 間 内 に 来 た の で あ れ ば 、 少 な く と も 残 り の 時 間 、 試 験 を 受 け る 権 利 は あ る 。 も っ と も ー 時 間 程 度 で 解 答 で き る よ う な 問 題 は 作 っ て は い な い 。 「 ふ ん 、 時 間 の 無 駄 だ ろ う が 、 せ い ぜ い 頑 張 り た ま え 」 教 授 か ら 用 紙 を 受 け 取 る と 、 そ の 学 生 は 席 に つ い て 、 必 死 に 問 題 を 解 き は じ め た 。 お く だ い き ら が ん ば ひ び ぼ う だ い 098

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


箱 の ボ タ ン あ る と こ ろ に 、 一 人 の 不 幸 な 男 が い た 。 な ぜ 不 幸 な の か と 言 え ば 、 男 は 歳 と い う 若 さ な が ら 、 す で に 多 く の も の を 失 っ て い た か ら だ 。 ふ き よ う 最 近 の 不 況 の あ お り を 受 け て 、 男 の 勤 め て い た 会 社 は ー 年 前 に 倒 産 し た 。 そ の 後 、 何 度 も 新 し い 職 に 就 こ う と し た け れ ど 、 一 つ の 職 に 何 百 人 も の 失 業 者 が 押 し 寄 せ る 今 の 時 代 、 就 職 は 宝 く じ に 当 た る よ り も 難 し い ど ん な に 頑 張 っ て も う ま く い か ず 、 い ら つ い て 酒 に 走 っ た 男 を 見 限 っ て 、 妻 と 子 ど も は 家 を 出 た 。 妻 子 に 戻 っ て き て も ら っ て 、 人 生 を も う 一 度 や り 直 す た め に は 、 先 立 つ も の が 絶 対 に 必 要 だ と 男 は 考 え た 。 そ こ で 男 は 一 発 逆 転 を ね ら っ て 、 ギ ャ ン プ ル に 手 を 出 し た 。 し か し 、 幸 運 の 女 神 が ほ ほ え む は ず も な い 。 も と も と 軽 か っ た 男 の 財 布 は 今 や ス カ ス カ に な り 、 こ の ま ま い っ た じ よ う き よ う ら 、 男 は の た れ 死 に す る し か な い 状 況 に 追 い こ ま れ た 。 か ぎ つ ま が ん ば さ い ふ と う さ ん 160

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


え て い た 。 夫 人 は 降 り て い っ て し ま っ た 。 主 人 は 探 し た 。 も う 一 度 、 あ れ を 使 う し か な い 。 こ の 忌 ま わ と な さ る し い 出 来 事 を こ の 家 に も た ら し た 、 あ の 猿 の 手 を 。 そ し て 3 つ 目 の 願 い を 唱 え た 。 「 息 子 を : : : 息 子 を 今 す ぐ に 、 墓 場 へ 戻 し た ま え ! 」 も つ れ る 足 で 、 よ う や く 階 段 を 降 り た 夫 人 が ド ア を 開 け る と 、 そ こ に は も う 、 誰 の 姿 も な か っ た 。 は か ば も ど 原 作 【 ・ ・ ジ ェ イ コ ブ ズ 翻 案 【 小 林 良 介 だ れ す が た 020

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


答 案 用 紙 毎 年 多 く の 学 生 が 入 学 す る そ の 大 学 は 、 マ ン モ ス 校 と し て 知 ら れ て い た 。 そ の 一 方 で 、 学 年 き び 末 に 行 わ れ る 厳 し い 試 験 を 。 ハ ス し な く て は 進 級 さ せ て も ら え な い こ と で も 有 名 で 、 毎 年 、 多 く の 学 生 が 留 年 の 憂 き 目 に あ っ て い た 。 そ の 大 学 に 、 厳 格 な こ と で 知 ら れ る 一 人 の 教 授 が い た 。 専 門 は 英 語 学 。 真 面 目 を 美 徳 と し 、 学 問 に 対 す る 姿 勢 は も ち ろ ん 、 学 生 の 生 活 態 度 に つ い て も あ れ こ れ と 指 導 す る こ と で 、 学 生 の ち こ く 間 で も 有 名 人 だ っ た 。 当 然 、 「 悪 い 意 味 」 で の 有 名 人 で あ る 。 不 正 行 為 や 遅 刻 に 厳 し い だ け な ゅ う ず う ら ま だ し も 、 と に か く ま が っ た こ と が 大 嫌 い で 、 あ ま り に も 融 通 が き か な す ぎ る の だ っ た 。 た と え ば 、 テ ス ト の 解 答 で 、 ち ょ っ と し た 書 き 間 違 い で も 不 正 解 に し た 。 そ れ に よ っ て 卒 業 が で き ず 、 就 職 が 決 ま っ て い た 学 生 も 、 留 年 し 、 就 職 が 帳 消 し に な っ た 。 そ う い う 学 生 が 毎 年 な み だ 何 十 人 も い た 。 学 生 た ち が 「 人 生 が 台 な し に な っ た 」 と 涙 な が ら に 抗 議 を し て も 、 取 り つ く 島 り ゅ う ね ん し せ い げ ん か く だ い き ら り ゅ う ね ん ち ょ う け こ う ぎ ま じ め き び 096

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


ま ど し ず ず に は い ら れ な か っ た 。 お そ る お そ る 、 ゆ っ く り と 窓 の ほ う に 目 を 向 け る 。 沈 み き っ た タ 日 が じ ゅ う ま ど か げ か げ は い け い 残 す 薄 暮 の 空 を 背 景 に し て 、 窓 の 向 こ う に 3 つ の 影 が 見 え た 。 そ の 影 は 小 脇 に 銃 を 抱 え 、 後 ろ ひ と か げ に は 小 さ な 犬 ま で が 見 え た 。 人 影 の 一 つ は は っ き り と 、 こ う 言 っ た 。 「 遅 く な っ て す ま な い 。 今 帰 っ た よ 」 ま ど そ の 声 を 聞 い た フ ラ ム ト ン は 、 は じ か れ た よ う に 立 ち 上 が る と 、 窓 と は 反 対 側 に あ る 玄 関 に こ ろ い ち も く さ ん 向 か っ て 、 一 目 散 に 走 り 出 し た 。 途 中 、 足 を 滑 ら せ て 転 ん だ が 、 す ぐ に 立 ち 上 が り 、 も つ れ る 足 で 必 死 に そ の 場 を 逃 げ 出 し た 。 ま ど 3 人 の 男 た ち は 、 犬 と と も に 窓 か ら 入 っ て き て 言 っ た 。 ど ろ 「 す っ か り 泥 ま み れ に な っ て し ま っ た が 、 だ い た い 乾 い た よ う だ 。 な か っ た か い ? 」 夫 人 は 言 っ た 。 と っ ぜ ん た ず 「 な ん だ か お か し な 方 で し た わ 。 突 然 訪 ね て い ら し て 、 自 分 の 病 気 の こ と ば か り お 話 し に な る の 。 あ な た が 帰 っ て き た っ て い う の に 、 挨 携 も な し に 飛 び 出 し て い く な ん て 失 礼 よ ね 。 ま る で 、 お そ は く と ち ゅ う だ れ : お や 、 今 こ こ に 誰 か い こ わ き げ ん か ん 012

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)


は 自 分 が な ぜ こ こ に 来 た の か を 話 し は じ め た 。 こ う ふ ん 「 僕 を 診 て く れ た 医 者 の 話 に よ れ ば 、 十 分 な 休 養 を 取 り 、 興 奮 す る よ う な こ と を 避 け て 、 多 く の 人 々 と 話 を す る の が よ い そ う で す 」 し か し 夫 人 は 、 フ ラ ム ト ン の 言 葉 に は ま っ た く 興 味 が な い よ う だ っ た 。 狩 り に 行 っ た 自 分 の 家 族 の 話 を し て い る と き は あ れ ほ ど 明 る か っ た と い う の に 、 今 は ま る で あ く び を か み こ ろ し て い る よ う に 見 え る 。 と っ ぜ ん 少 女 も ま た 、 所 在 な さ げ に 夫 人 の 横 に 座 っ て い る 。 と 、 そ の と き だ っ た 。 夫 人 の 顔 が 突 然 ば っ か が や と 輝 い た 。 「 帰 っ て き た わ ー ・ ヴ ェ ラ 、 見 て 。 み ん な が 帰 っ て き た わ よ ! 」 こ お フ ラ ム ト ン は 背 筋 が 凍 る 思 い で あ っ た 。 夫 人 の 目 に は 、 ま る で 3 年 前 に で か け た き り の 家 族 の 姿 が 見 え て い る よ う だ 。 ど ろ 「 あ ら あ ら 、 顔 ま で 泥 ま み れ じ ゃ あ り ま せ ん か 」 ま ど き よ う ふ 楽 し げ な 夫 人 の 声 を 聞 き な が ら 少 女 の 顔 を 見 る と 、 彼 女 は 恐 怖 を 浮 か べ た 目 を 見 開 い て 、 窓 う ぜ ん 胤 の 向 こ う を 呆 然 と 見 つ め て い る 。 フ ラ ム ト ン は 、 振 り 向 き た く は な か っ た 。 し か し 、 振 り 向 か す が た し ょ ざ い せ す じ き よ う み