検索 - みる会図書館

検索対象: 「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらないから 188件ヒットしました。

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


う 遊 び に 来 る 。 東 京 か ら で す 。 彼 い わ く 、 お れ は 鈴 木 さ ん を 尊 敬 し て い る 。 お れ た ち の 会 社 に は あ ん な 人 は い な い 。 お れ た ち は 彼 の 話 を す ご く 気 に す る と 。

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


0 日 本 と 中 国 の 成 長 過 程 を 考 え る 三 、 —z OI—Z< の 過 去 ・ 現 在 ・ 未 来 国 は イ ン フ ラ 整 備 だ け で 、 あ と は 何 も し な く て い い 、 そ れ 以 外 は 自 由 に 無 錫 か ら の 飛 行 機 の 中 で 会 っ た 中 小 企 業 の お や じ か ら も す ご い ヒ ン ト を い ろ い ろ も ら っ た 。 彼 は 私 よ り も ず っ と 年 上 、 十 歳 ぐ ら い か な 。 だ か ら 文 化 大 革 命 を 全 部 経 験 し て い る 。 今 の 時 代 は ど う で す か っ て 聞 い た 。 一 般 的 な 中 国 人 は 十 人 聞 い た ら 八 人 は 官 僚 批 判 、 政 府 批 判 が 多 い 。 彼 は 、 「 い や 、 今 の 時 代 が い い よ 、 政 府 が い い 」 と 。 ど う し て 。 「 だ っ て 一 所 懸 命 経 済 が 伸 び る よ う に 本 当 に 支 援 し て く れ る か ら 」 っ て 言 っ た 。 あ れ は ど う 見 て も 本 音 な ん で す ね 。 彼 は 少 な く と も 、 政 治 じ ゃ な く て 経 済 の 視 点 で 中 国 を 見 て い る ん だ と 。 「 ま だ 中 国 は 伸 び る と 思 う ? 」 っ て 聞 い た の よ 。 「 い や 、 こ の 政 府 、 こ の 政 策 が 続 く 限 り は 大 丈 1 0 5

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


0 ビ ー ル メ ー カ ー の 大 手 は 、 地 ビ ー ル な ん か を ビ ー ル メ ー カ ー と 認 め て な い か ら 、 地 ビ ー ル は 別 と し て 、 日 本 は も う 三 、 四 社 し か な い 、 サ ッ ポ ロ を 人 れ て も 。 そ れ で ま た 統 合 す る と い う ん だ け ど 、 僕 は ネ ス レ の ま ね を 日 本 は し て い い か ど う か と 思 っ て い る ん で す 。 ネ ス レ は ど こ の 国 か わ か っ て る よ ね 。 ス イ ス で す 。 日 本 と ス イ ス だ け に な る ん な ら ば い い ん で す よ 。 で も 、 僕 は 違 う と 思 う な 。 日 本 は ス イ ス に な っ て い い の か ね 、 な れ な い と 思 う よ 。 ス イ ス は マ ー ケ ッ ト が な い か ら も う 一 つ 、 よ く 経 済 学 者 が 日 本 は 潜 在 成 長 力 が あ る の に 需 要 が 足 り な い か ら 、 さ ら に 伸 び る と い う 仮 説 を 言 い ま す よ ね 。 本 来 だ っ た ら 、 日 本 と い う の は も う 少 し る が 年 二 、 三 % ぐ ら い 伸 び て い い は ず だ と 勝 手 に 一 一 一 口 う 経 済 学 者 が た く さ ん い て 、 僕 ら も え 考 を そ う 思 わ な い わ け で も な い ん だ け ど 、 現 実 に 起 こ っ て い る こ と は 名 目 の 、 売 り 程 見 上 げ は 一 九 八 〇 年 代 の 終 わ り ぐ ら い か ら ほ と ん ど ず っ と 横 ば い か 、 む し ろ 減 っ て い る 。 成 の 二 十 年 間 ぐ ら い 変 わ っ て な い 。 賃 金 も 減 っ て い る 。 だ か ら 伸 び て な い の に 、 み ん な は 国 中 そ の こ と を わ か っ て い な い 。 政 治 家 は き れ い ご と で 一 一 一 口 う た め に そ う 思 う の か も し れ な 本 い け ど 、 も 。 中 国 か ら 日 本 の マ ー ケ ッ ト を 見 た と き に 、 日 本 の マ ー ケ ッ ト が 伸 び に く く な っ て し

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


そ の も の は 続 く け ど 、 中 身 が 入 れ か わ る 。 ダ ウ が そ う だ け ど そ の 指 数 は あ ま り 正 し く な い 。 あ れ は 中 身 ・ 銘 柄 が ど ん ど ん 変 わ っ て る か ら 。 実 体 経 済 が い い と 思 う と い う の は 、 そ れ は 中 国 の 企 業 が ど う の こ う の じ ゃ な く て 、 消 費 や 需 要 は 顧 客 価 値 だ か ら 。 企 業 は 何 が 価 値 か 、 前 に も 書 い た で し よ 。 ド ラ ッ カ ー に 戻 れ ば 顧 客 価 値 で し よ 。 顧 客 が 多 い 、 貧 乏 な 客 が 多 い と い う こ と は そ れ で 可 能 性 が わ か る 。 と こ ろ が 投 機 家 で も 、 投 資 家 で も ど っ ち で も い い ん だ け ど 、 そ の 人 た ち と い う の は 時 間 を 早 く 買 い た い わ け で す 。 長 く 待 て な い 。 だ か ら 不 動 産 な の 。 上 が る も の に 飛 び つ く 、 だ か ら 短 期 商 品 。 そ れ に 飛 び つ い て 上 が っ て 、 す ぐ 売 る な ら い し 。 ) ナ ど 、 大 半 の 人 間 は そ , つ い 一 つ こ と か で き な い ど う し て も 人 間 に は 思 い 込 み が あ る 。 例 え ば 日 本 人 の 多 く に と っ て は テ ィ ッ シ ュ が 箱 に 入 っ て い る の が 「 常 識 」 。 同 じ こ と は 、 日 本 の 多 く の ビ ジ ネ ス マ ン は 成 長 過 程 を 過 ご し て き た 延 長 戦 の 現 在 で し か 物 が 見 え な く な っ て い る 。 だ か ら 続 き で い う と 、 例 え ば 商 品 に し ろ 、 マ ー ケ ッ ト に し ろ 、 日 本 人 の 目 か ら 見 え て い る も の と 、 僕 に 見 え る も の と 、 中 国 で 育 っ た 人 に し か 見 え な く な っ て し ま っ て い

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


る で し よ 。 違 う マ ー ケ ッ ト の 風 の 匂 い を 感 じ る こ と が 大 切 だ と 思 う 。 じ ゃ な い と 、 全 部 が 純 粋 に 純 正 に な る 。 例 え ば 言 葉 は よ く な い け ど も 、 生 物 種 だ と 近 親 相 姦 で 血 統 は い い け ど も ど ん ど ん 弱 く な る と い う か 、 わ か る で し よ う 。 タ フ さ が 失 わ れ て い く ん じ ゃ な い 同 じ よ う に い う と 、 日 本 は 今 、 需 要 が な い と い う 制 約 が あ り ま す ね 。 名 目 で 経 済 成 長 が 伸 び な い か ら 、 日 本 の 中 の 競 争 と い う の は ゼ ロ サ ム で し よ う 。 だ か ら ヤ マ ダ が 伸 び れ ば ど こ か が へ こ む 。 ニ ト リ が 伸 び れ ば ど こ か が へ こ む 。 ュ ニ ク ロ が 伸 び る と ど こ か が へ こ む 。 食 い あ っ て い る だ け 。 同 じ マ ー ケ ッ ト そ の も の は 伸 び な い か ら 、 勝 っ と こ ろ が 出 て く る と 負 け る と こ ろ が 出 て く る 。 だ か ら よ く な い 。 本 当 は 、 日 本 の よ う な 均 質 な マ ー ケ ッ ト に こ そ 、 多 様 性 が 必 ず 必 要 で し よ 。 企 業 は マ ー ケ ッ ト シ ェ ア を と り た い と い う の は 当 た り 前 、 自 分 だ っ て そ う す る か ら 。 だ け ど 、 あ ま り 独 占 と な る と 経 済 が 弱 く な る と 思 う 。 そ れ に い ま 多 分 、 日 本 で 行 わ れ て い る 議 論 と い う の は 、 僕 は お か し い と 思 う 。 統 合 、 統 合 と い っ た っ て ビ ー ル メ ー カ ー は 三 つ し か な い の に ま た 統 合 し よ う と し て い る よ う に 見 え る 。 中 国 の ビ ー ル メ ー カ ー を 見 て ご ら ん 。

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


が 頑 張 れ な い 、 元 気 が な い と い う 人 々 が い ま す 。 こ れ は も う 最 大 、 最 悪 な き れ い ご と で す 。 仮 に 国 に ビ ジ ョ ン が な く て も 、 そ れ が あ な た の 頑 張 れ な い こ と と 何 の 関 係 が あ る で し よ う か 。 国 の ビ ジ ョ ン の も と で 頑 張 る の は そ れ こ そ 中 国 の 文 化 大 革 命 で あ り 、 日 本 の 軍 国 主 義 で は あ り ま せ ん か 。 き れ い ご と を や め な い と 本 質 が 見 え て き ま せ ん 。 き れ い ご と を や め な い と 個 人 が 自 立 で き ま せ ん 。 き れ い ご と を や め な い と 日 本 は 元 気 を 取 り 戻 せ ま せ ん 。 「 き れ い ご と 」 を 言 い 合 っ て も 世 の 中 は 何 一 つ 変 わ り ま せ ん 。 平 成 二 十 三 年 一 月 宋 文 洲

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


0 体 験 と 立 ち 位 置 の 違 い に よ っ て 見 え た こ と 、 気 づ い た こ と ネ ッ ト ビ ジ ネ ス に 象 徴 さ れ る よ う に 、 な る べ く プ ロ セ ス を 短 く す る こ と が 基 本 。 僕 は 中 国 に 戻 っ て 、 中 国 の 物 が 安 い と い う の は 、 単 純 に 労 働 力 の 価 格 が 低 い だ け で は な く て 、 流 通 も 段 階 が 少 な い し 、 柔 軟 な 対 応 が で き て い る か ら だ と 思 っ た 。 日 本 が 成 長 し な い 理 由 と い う の は 、 本 来 は 日 本 の 中 で 抱 え る 必 要 の な い 産 業 、 あ る い は 中 間 マ ー ジ ン を 取 る よ う な ー ー ー 無 駄 な 流 通 が 、 ま だ こ ん な に あ る か ら だ と 思 っ た 。 だ か ら こ れ だ け 悪 い 時 代 で も 、 ユ ニ ク ロ や ニ ト リ や ヤ マ ダ 電 機 は み ん な も の す ご い 勢 い で 伸 び て い る で し よ う 。 あ れ は 中 間 が な い か ら 。 無 人 の 野 を 行 く が ご と く 伸 び て 北 京 に 来 た 方 は 、 近 く の ユ ニ ク ロ に 行 っ て み て く だ さ い 。 値 段 は 東 京 と 変 わ ら な い も う ば ん ば ん 売 れ て い る 。 つ ま り 結 局 、 本 物 は 国 籍 と 関 係 な い ュ ニ ク ロ は 何 で 北 京 で 売 れ る ん だ ろ う と 思 っ た 。 銀 座 の ユ ニ ク ロ と 値 段 も 配 置 も 全 然 変 わ ら な い 。 せ い ぜ い 店 員 の 態 度 が こ ち ら は 少 し 悪 い け れ ど も 、 中 国 圏 で は そ れ で も い し 、 せ い ぜ い そ の ぐ ら い の 違 い で す 。 や つ ば り 本 物 は ど こ で も 通 用 す る 。 「 我 が 国 で は 、 こ れ は こ う じ ゃ な き や ) ナ よ ゝ し し オ し 」 と い 一 つ の は 、 僕 は 絶 対 に う そ だ と 思 う

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


0 で 大 事 な ん だ け ど 、 そ れ が あ ま り に 経 営 に 絡 む と 、 わ か ん な く な っ ち ゃ う と 思 う 。 だ か ら 僕 は 、 み ん な が 文 系 を あ ま り に も 持 ち 上 げ て 、 理 系 の 人 間 は 職 人 で あ っ て リ ー ダ ー に な ら な い と 一 言 一 つ の に は び つ く り し た 話 を 続 け る と 、 つ ま り 日 本 の 教 育 は 、 今 も そ う だ け ど 、 上 木 を 勉 強 し た ら 死 ぬ ま で と こ こ 土 木 や ん な き ゃ い け な い と 、 本 人 だ け じ ゃ な い 、 周 り の 人 間 も そ う 思 っ ち ゃ う 。 何 か づ 気 ご 丁 寧 に も 、 土 木 へ 人 れ よ う と す る 。 だ か ら 、 博 士 課 程 に 進 ん だ り 、 博 士 号 を 取 っ た と 人 間 は 死 ぬ ま で 研 究 所 に ぶ ち 込 ま れ ち ゃ う 。 そ れ は 北 大 時 代 に 見 え た こ と で す 。 こ え ア メ リ カ で も 、 理 系 の 方 々 が マ ネ ジ メ ン ト に な ろ う と す る と 、 理 系 だ け で は ど う し 見 て て も 知 識 が 足 り な く な っ て 、 多 く の 場 合 は な り 、 次 の 勉 強 を す る で し よ 。 っ よ の 不 思 議 な 豊 か さ が あ っ た 日 本 置 そ れ か ら 、 社 会 に 出 た 時 点 で 見 え た こ と は 、 社 会 に 出 る 前 は 九 〇 年 前 後 、 バ ブ ル 絶 ち 立 と 頂 期 で す 。 こ れ は 素 直 に 言 う と 、 そ の 当 時 の 日 本 っ て す ご く 豊 か な 国 だ な と 思 っ た 。 体 私 の 同 級 生 と い う か 私 の 後 輩 に は 、 就 職 す る 際 、 会 社 か ら 車 を も ら っ た や つ が い る 就 職 し て く れ た ら 車 一 台 あ げ る か ら と 言 わ れ て 、 実 際 に も ら っ た や つ が い る 。 こ れ は

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


0 い と 思 う 。 ど う だ ろ う 。 僕 の 思 い 込 み か も し れ な い け れ ど も 、 や つ ば り 日 本 の 職 人 は す ご い と 思 , っ も し 職 人 芸 が 育 た な い な ら 、 例 え ば 中 国 の 企 業 が 次 に 伸 び よ う と し た と き に 、 中 国 の 企 業 に な い 技 術 を 持 っ て い る 企 業 や 集 団 と ア ラ イ ア ン ス を 組 ん だ り コ ラ ボ を し た り す れ ば い い ん だ と 思 う ド イ ツ の 企 業 を 買 っ た り と か 、 あ る か も し れ な い け れ ど 、 そ れ も ち ょ っ と わ か ら な ま あ ド イ ツ は ~ い け ど 。 ま あ い ろ い ろ な 人 が 、 日 ・ 中 ・ 韓 の 組 み 合 わ せ で 、 あ あ だ こ う だ 一 一 一 口 う け ど 、 基 本 的 る に こ の 三 つ の 国 は 、 は っ き り 言 っ て 親 和 性 が 高 い と 思 う 。 え 考 を 例 え ば 中 国 人 に 、 技 術 指 導 を お 願 い す る な ら 退 職 し た ド イ ツ 人 が い い の か 日 本 人 が 程 過 長 い い か と 尋 ね た ら 、 僕 は 、 素 直 に 九 割 ぐ ら い 日 本 人 が い し ) と 言 う と 思 う よ 。 た だ 、 過 成 の 去 の 話 に 触 れ る と 急 に 戦 争 の こ と を 思 い 出 し た り し て 意 地 張 っ ち ゃ う け ど も 、 普 通 に と 冷 静 に 素 直 に 本 音 を 聞 く と 、 や つ ば り 基 本 的 に 日 本 だ と 言 う と 思 う 。 日 そ う い う 意 味 で 、 構 造 改 革 な り 規 制 緩 和 を い い 悪 い は 別 と し て や っ た 小 泉 ・ 竹 中 コ ン ビ で す が 、 あ れ で も し 小 泉 さ ん が 靖 国 に こ だ わ ら な け れ ば 、 彼 は 右 派 と 思 わ れ な

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


夫 と 思 う 」 「 ど う し て ? 何 を し て く れ た の 」 、 「 い や 、 何 も し な い こ と か い い 」 と し A 」 、 : っ 言 っ た ん だ よ 。 何 も し て く れ な く て い い か ら 、 自 由 に や ら せ て く れ れ ば い ) い う 意 味 で 言 っ た ん で す ね 。 ア メ リ カ の 学 者 の 一 部 が 言 っ て る よ う な こ と と 一 緒 。 こ の お や じ は 難 し い 理 論 な ん て 絶 対 知 ら な い 。 こ ん な こ と を 言 っ た ら 、 日 本 の 左 翼 が ま た 騒 ぐ か も し れ ま せ ん が 、 ほ っ と く こ と で ま た 格 差 が 拡 大 し て 国 が ゴ チ ャ ゴ チ ャ に な る と か 言 う 人 が い る け ど も 、 僕 は 、 中 国 は 少 な く と も こ の 二 十 年 間 の 経 済 成 長 は 絶 対 う そ じ ゃ な い と 思 う し 、 中 国 を ま ね し た い 国 は た く さ ん あ る 。 何 で ま ね で き な い か と い う と 、 や つ ば り 基 本 的 に 中 国 政 府 が 経 済 の 誘 導 に お い て は 成 功 し て い る と 思 う 。 イ ン フ ラ を つ く っ た の は 、 み ん な 伸 び や す い よ う に し て る だ け で す 。 政 治 は い ろ い ろ あ る か も し れ な い け れ ど 、 私 は コ メ ン ト で き な い 。 経 済 に お い て は も う 完 全 な 自 由 主 義 の う ま い や り 方 で 、 国 営 企 業 は も の す ご く 限 定 さ れ て 、 い わ ゆ る 中 央 政 府 が 統 制 で き る よ う な 企 業 と い う の は 、 ど っ ち か と い え ば 全 部 イ ン フ ラ 整 備 企 業 で す 。 イ ン フ ラ 整 備 、 正 直 言 っ て 企 業 も イ ン フ ラ で す が 。 鉄 道 だ っ て イ ン フ ラ で し ょ 一 つ 、 航 空 は イ ン フ ラ で し ょ 一 つ 、 郵 便 は イ ン フ ラ で し ょ 一 つ 。 だ か 1 0 6