検索 - みる会図書館

検索対象: 婦人之友 2016年 10月号

婦人之友 2016年 10月号から 179件ヒットしました。

婦人之友 2016年 10月号


「 ね こ っ て 、 揺 れ て る リ ボ ン に と び つ い た り す る ? 」 「 と び つ い た り す る つ 」 こ ふ じ さ ん は 、 小 ん わ り ジ ャ ン プ し ま し た 。 「 わ あ い 、 こ っ ち こ っ ち 、 つ か ま え て ご ら ん よ ! 」 「 会 っ た と た ん 、 き や っ ! な ん て い わ な い で よ 」 へ び は 、 ぶ い っ と わ っ か に な っ て し ま い ま し た 。 「 へ び く ん 、 ご め ん 、 び つ く り し た だ け 。 で も 、 い や な 気 持 ち に な っ た よ ね 」 こ ふ じ さ ん は 、 ペ こ ん と 頭 を 下 げ ま す 。 0 2016 年 婦 人 之 友 10 月 号 56

婦人之友 2016年 10月号


【 第 7 回 】 お 話 / 山 本 和 子 絵 / 石 川 え り こ と ね り 乙 通 り 三 丁 目 便 局 の か ど ま バ っ て ) た ソ ね こ の こ ふ じ さ ん ぞ う き ば や し な だ ら か な 雑 木 林 の あ ち こ ち で 、 あ し お と う れ し そ う な 足 音 や 声 が し ま す 。 く り み 「 見 て 見 て 、 大 き な 栗 の 実 ! 「 こ っ ち に き の こ が あ る よ 」 こ ふ じ さ ん は ま き お た ち と 、 ミ 栗 ひ ろ い に き て い ま し た 。 は ん 「 最 初 に 栗 ご 飯 を 作 ろ う 。 渋 皮 の ま ま 甘 く 煮 た の も い い な 」 、 ひ ろ っ て 、 ひ ろ っ て 、 顔 を あ げ た と た ん 、 へ び の 子 ど も と 目 が 合 い ま し た 。 「 き や っ ー へ び だ ! 」 55 2016 年 婦 人 之 友 10 月 号

婦人之友 2016年 10月号


、 い い 驫 当 新 い れ 、 、 、 い 、 、 い 、 、 い こ の 生 き も の ポ ー チ は 衣 装 の 余 り 布 か ら 生 ま れ ま し た 。 布 を 見 て い る と だ ん だ ん 生 き も の が 見 え て き ま す 。 フ ァ ス ナ ー は 機 能 と デ ザ イ ン の ポ イ ン ト 。 大 き な 口 を 開 け て 、 い ろ ん な 物 を 飲 み 込 み ま す 。 撮 影 / 筆 者 、 ~ 第 を 、 ま 、 を ◎ ひ び の こ づ え コ ス チ ュ ー ム ・ ア ー テ ィ ス ト 。 独 創 的 な 視 点 で 、 NHK 「 に ほ ん ご で あ そ ば 」 は じ め 、 テ レ ビ や 舞 台 、 広 告 な ど の 衣 装 を 手 が け る 。 余 り 布 を 利 用 し て つ く る バ ッ グ や プ ロ ー チ 、 も の づ く り の ワ ー ク シ ョ ッ プ も 好 評 。 http: 〃 www.haction. CO. jp/kodue/ 三 三 も 、 1 今 年 購 入 し た 、 2 色 使 い の カ ゴ バ ッ グ 39 2016 年 婦 人 之 友 10 月 号

婦人之友 2016年 10月号


か あ さ ん は に や り と 笑 む と 、 突 然 立 ち 止 ま っ た 。 大 き く 息 を 吸 い 込 ん だ か と 思 う と 、 戸 惑 う 私 た ち の 前 で 、 「 味 噌 汁 の 詩 」 を 歌 い だ し た 。 よ あ の 人 こ の 人 大 臣 だ っ て み ん な い る の さ お ふ く ろ が い っ か 大 人 に な っ た 時 な ぜ か え ら そ な 顔 す る が あ つ い 味 噌 汁 飲 む 度 に 思 い 出 す の さ お ふ く ろ を 忘 れ ち ゃ な ら ね え 男 意 気 よ ( セ リ フ ) へ え ー そ う か お ま え さ ん も 東 北 の 生 ま れ か 気 持 ち は わ か る か あ せ ら ね え 方 が い い な や め ろ ! あ ん な あ ま っ た る い も の 好 き な 女 な ん か 何 が ボ タ ー ジ ュ だ い 味 噌 汁 の 好 き な 女 じ ゃ な く ち ゃ ー 寝 る の は ふ と ん 下 着 は ふ ん ど し ご は ん の こ と を ラ イ ス だ な ん て 一 一 一 口 う ん じ ゃ な い よ 田 園 調 布 ? 家 を 建 て る ん な ら 岩 手 県 そ れ も 陸 前 高 田 が い い ね ガ イ ド さ ん は 大 き な 拍 手 を 送 っ て く れ た 「 い い 歌 で す ね ! 味 噌 汁 の 詩 、 か 。 私 も 覚 え ま す ! 」 再 び バ ス へ と 歩 き 出 し な が ら 、 ガ イ ド さ ん は 味 噌 汁 の 詩 の セ リ フ 部 分 を 復 唱 し 、 真 剣 に 教 わ ろ う と し た 。 「 よ し ば れ る ね え 。 冬 は 寒 い か ら 味 噌 汁 が う ま い ん だ よ ね え 」 そ の 真 面 目 さ が 滑 稽 で 、 か あ さ ん の 頬 も 緩 ん だ 。 最 後 の 鳥 居 を く ぐ る 本 殿 を 振 り 返 り 、 深 々 と お 辞 儀 を し た と き だ っ た 。 拝 殿 の 石 段 の 先 に 、 息 子 が 立 っ て い た 。 か あ さ ん も 気 づ い た よ う で 、 ロ を 開 け た ま ま 動 か な い 洋 郎 は 私 た ち と 視 線 が 合 う と 、 い つ も の よ う に 頭 を 掻 き 、 照 れ た よ う に 目 を 細 め た 。 そ し て 、 消 え た 「 ー ー ー あ の お 、 ど , つ か さ れ ま し た か ? 」 ガ イ ド さ ん が 不 思 議 そ う な 顔 を し て い る 。 か あ さ ん と 二 人 、 顔 を 見 合 わ せ て 、 宝 物 を 隠 す よ う に 笑 ん だ 「 佐 藤 さ ー ん 、 急 い で ! 発 車 し ま す よ ! 」 、 ハ ス の 運 転 手 さ ん が 息 を 切 ら せ て こ っ ち へ 走 っ て き た 。 慌 て て 時 計 を 見 る と 、 集 合 時 間 は と っ く に 過 ぎ て い る 。 2 田 6 年 婦 人 之 友 川 月 号 154

婦人之友 2016年 10月号


vol 2 学 び は 、 い つ で も ど こ に で も 木 工 道 具 の 説 明 「 鉋 の 刃 は 、 ・ ・ ・ 。 」 ( 「 住 ま う 」 木 工 応 用 ク ラ ス ) 講 師 の 手 さ ば き に 注 目 ・ ・ ( 「 料 理 」 イ タ リ ア ン ク ラ ス ) 自 由 学 園 の 連 絡 先 お よ び 行 事 等 は 167 頁 を ご 覧 く だ さ い イ タ リ ア 料 理 は 大 勢 の 「 学 生 」 が 集 ま る 人 気 の ク ラ ス 。 し か し 、 池 袋 で 長 く レ ス ト ラ ン を 経 営 し て い た 講 師 は 、 言 い 放 っ た 。 「 イ タ リ ア に 行 っ て も 、 イ タ リ ア 料 理 は あ り ま せ ん 。 ミ ラ ノ 、 ナ ポ リ 、 ポ ロ ー ニ ア : : : 地 方 料 理 が あ る だ け で す 。 土 地 の 料 理 を 学 び ま し よ う 」 各 ク ラ ス の ほ か に 、 全 体 で 聞 く サ ロ ン 講 座 で は 、 こ れ ま で 「 ド キ ュ メ ン タ リ ー 映 画 を 作 っ て 」 ( 映 画 監 督 ・ 羽 田 澄 子 さ ん ) 、 「 イ ス ラ ム 国 の 脅 威 の 源 」 ( 国 枝 昌 樹 一 兀 シ リ ア 特 命 全 権 大 使 ) 、 「 中 高 年 か ら の 食 事 」 ( 岡 﨑 直 子 全 国 友 の 会 ) な ど の お 話 し が あ っ た 。 こ の 四 月 か ら 始 ま っ た 自 由 学 園 リ ビ ン グ ・ ア カ デ ミ ー の 学 生 総 勢 は 七 十 三 名 、 平 均 年 齢 六 十 八 歳 。 学 園 の 生 徒 や 学 生 た ち と 同 じ よ う に い く つ か の 「 家 族 」 に 分 か れ 、 食 事 の 支 度 、 後 片 付 け 、 掃 除 を 分 担 。 四 歳 の 幼 児 生 活 団 ( 幼 稚 園 ) か ら 始 ま り 、 一 一 十 一 一 歳 の 最 高 学 部 ( 大 学 部 ) に い た る ま で の 、 十 九 年 間 が 自 由 学 園 の 一 貫 教 育 だ っ た が 、 そ の 上 に 、 生 き 生 き と 活 動 す る 高 齢 者 た ち の 学 校 が 加 わ っ た 。 http://www.jiyu.ac.jp/ < 広 告 >

婦人之友 2016年 10月号


み ん な が そ ろ う と に ぎ や か 悲 し い 時 で も 家 族 と 話 し て い る と 忘 れ て し ま う 。 最 近 の プ ー ム は な そ な そ 。 一 緒 に 笑 っ て た の に い つ の 間 に か い な く な っ て た り 、 寝 て た り す ご く 自 然 に 解 散 。 さ っ き ( 歳 ) 一 緒 に い る た け で 前 向 き に な る よ 「 い た だ き ま す 」 の 多 人 数 で 楽 し い 。 あ い さ つ は 珊 次 く ん ( 5 歳 ) 。 多 い ね 5 と 友 達 に 言 わ れ る 。 右 手 前 か ら 3 人 目 空 良 ( 歳 ) い つ も 誰 か が 家 に い て 、 寂 し く な い 。 友 達 に 驚 か れ る 。 楓 ( 歳 ) 不 便 な の は 使 い た い 時 す ぐ 使 え な い お 風 呂 と ト イ レ 。 い と こ た ち と 今 日 あ っ た こ と を 話 す の は 楽 し い 。 結 婚 し て 初 め て 昼 間 1 人 で い た ら 、 す ご く 寂 し か っ た 。 一 葉 ( 歳 ) 疲 れ て い る の に お 店 の 手 伝 い を さ せ ら れ る の は い や だ け ど 、 明 る い 性 格 に な れ る 。 友 達 が び つ く り し て う ら や ま し が る 。 未 歩 ( 歳 ) 誰 か し ら 家 に い る 安 心 感 が あ る 。 子 ど も た ち だ け の く つ ろ ぎ タ イ ム は す っ か り 聞 き 役 。 淳 也 ( 四 歳 ) お ふ ろ の 順 番 待 ち は い や だ け ど 、 賑 や か で 楽 し い 普 通 の 暮 ら し だ よ ね 。 莉 沙 ( 2 歳 ) 85 2016 年 婦 人 之 友 川 月 号

婦人之友 2016年 10月号


突 然 、 ガ イ ド の お 嬢 さ ん が 、 ひ ら り と バ ス を 降 り た 。 バ ッ ク で 駐 車 す る バ ス を 補 助 す る よ う で 、 「 オ ー ラ イ 、 オ ー ラ イ 」 と 大 き な 声 で 叫 ん だ 後 、 元 気 に 笛 を 吹 い て い る 。 さ っ き ま で 車 酔 い で 青 い 顔 を し て い た の に 、 も う 回 復 し た の か 若 い っ て こ と は 素 晴 ら し い 敬 老 会 の お ば あ さ ん が く れ た 梅 干 を 舐 め て 元 気 に な っ た の か も し れ な い 車 酔 い す る バ ス ガ イ ド な ん て い る の ね と 、 か あ さ ん は 心 配 そ う に 見 て い た 。 私 た ち は 、 集 合 時 間 と 車 の ナ ン バ ー を 確 認 し 、 バ ス を 降 り た 。 ま ず は 皆 で 参 拝 す る と の こ と で 、 ガ イ ド さ ん の 旗 の 下 、 ぞ ろ ぞ ろ と 境 内 ま で 歩 く 。 懐 か し の 昭 和 浪 漫 紀 行 と い う コ ー ス 名 の せ い か 、 乗 客 は 年 配 の 方 が 多 い 。 ガ イ ド さ ん は 、 後 ろ を 何 度 も 振 り 返 り 、 ゆ っ く り 、 ゆ っ く り 、 参 道 を 進 ん で く れ た 「 前 に 来 た と き は 、 桜 が き れ い だ っ た わ よ ね え 」 私 に 言 っ て い る の か 、 写 真 に 話 し か け て い る の か か あ さ ん は 小 さ な 声 で 語 り か け る そ う だ っ た 。 あ の 日 、 洋 一 郎 と 三 人 で 歩 い た 参 道 は 、 ま だ 枝 に 残 る 桜 と 散 っ た 花 び ら で 、 辺 り 一 面 が 薄 桃 色 に 染 ま っ て い た 。 「 ほ ら 洋 一 郎 、 葉 桜 も い い も ん だ ね 」 「 か あ さ ん 、 そ れ 、 い っ た ん 、 カ バ ン に 仕 舞 わ な い か 」 「 ) い じ ゃ な い 、 誰 も 気 に し な い わ よ 」 そ 一 つ は 一 一 つ が 、 や は り 気 に し て い る 人 は い る 。 さ っ き 、 東 京 の バ ス ガ ー ル を 歌 っ て く れ た 女 性 客 も そ う だ 。 我 々 に 何 か 話 し か け た そ う に チ ラ チ ラ と こ っ ち を 見 て い る 彼 女 も 誰 か 大 切 な 人 を 亡 く し た の だ ろ う か 参 拝 が 済 む と 、 ガ イ ド さ ん が 遊 就 館 の チ ケ ッ ト を 配 っ て く れ た 。 こ こ か ら 先 は 集 合 時 間 ま で 個 人 行 動 に な る ら し い 。 遊 就 館 と は 、 靖 国 神 社 に 併 設 さ れ た 施 設 で 、 先 の 戦 争 に 関 す る 資 料 が 展 示 さ れ て い る 場 所 だ 最 初 に こ こ へ 来 た と き は と て も シ ョ ッ ク を 受 け た 。 こ の 施 設 や 神 社 に 対 す る 思 い は 人 そ れ ぞ れ あ る だ ろ う が 、 終 戦 の 年 に 生 ま れ た 自 分 に と っ て 、 こ こ は 本 当 に 考 え さ せ ら れ る 辛 い 場 所 だ っ た 。 中 に 、 特 攻 兵 の 遺 書 と 写 真 が 壁 一 面 び っ し り と 展 示 さ れ た 部 屋 が あ る 。 彼 ら が 出 撃 す る 前 に し た た め た 家 族 宛 て の ハ ガ キ や 手 紙 、 そ の 滲 ん だ 文 字 、 精 一 杯 強 が っ て い る 文 章 に 、 涙 が 込 み 上 げ そ う に な る 。 私 は な ん と か 堪 え た が 、 声 を あ げ て 泣 い て い る ご 老 人 も い た 。 清 ら か で 、 切 な く て 、 腹 立 た し く て : : : 異 様 な 空 間 だ と 私 は 思 っ た 。 あ の 日 、 洋 一 郎 は と て も 怖 い 顔 を し て い た 腕 を 組 み 、 一 枚 の 写 真 の 前 で ず っ と 立 っ て い た 。 そ れ は 、 あ ど け な い 少 年 兵 士 の 写 真 だ っ た 。 少 年 は 、 な ぜ か 149 2016 年 婦 人 之 友 10 月 号

婦人之友 2016年 10月号


風 が あ や つ る リ ボ ン の よ う に 、 ま わ へ び は し ゆ る ん 、 し ゆ る ん と 動 き 回 り ま す 。 こ ふ じ さ ん も び よ ん び よ ん 、 ダ ン ス 、 ダ ン ス 。 「 あ あ 、 楽 し か っ た あ ! 」 へ び は 落 ち 葉 の 上 で 、 こ ろ こ ろ わ ら い ま し た 。 「 ぼ く 、 や の わ 。 ね こ さ ん と あ そ べ て 、 よ か っ た 。 ね む ぼ く た ち 、 冬 が き た ら 、 土 の 中 で 眠 る ん だ 」 こ ふ じ さ ん は 、 バ ス ケ ッ ト に む す ん だ ね こ 織 の は ぎ れ を 、 や の わ の 首 に 巻 き ま し た 。 「 マ フ ラ ー 、 き っ と 土 の 中 で あ っ た か い よ 」 物 / な 57 2016 年 婦 人 之 友 10 月 号

婦人之友 2016年 10月号


威 さ ん の 煮 魚 レ シ ビ 1 新 鮮 な 魚 は 煮 て も 焼 い て も お い し い ! 店 の 煮 魚 は す べ て つ く る 。 カ ジ キ マ グ ロ ( ー ロ 大 に 切 る ) ・ ・ ・ 300g 醤 油 ・ ・ ・ 200 / 砂 糖 ( ざ ら め ) ・ ・ ・ 200g み り ん ・ 酒 ・ ・ ・ 各 50 / 水 ・ ・ ・ 約 200 店 で は ア ナ ゴ の 煮 汁 50 と は ち み つ 少 々 を 加 え る 。 鍋 に 魚 と 調 味 料 、 水 を 入 れ て 中 火 で 煮 る 。 煮 立 っ た ら 落 し 蓋 を し て 5 分 。 味 を 濃 く 煮 る の で 、 魚 に 火 が 通 っ た ら 出 来 上 が り 。 さ め る ま で お く 。 築 地 の 店 を 回 り 威 さ ん が 舌 で 覚 え た 味 。 「 ア ナ ゴ を 煮 た ら 試 し て く だ さ い 」 。 号 で ' あ と ど の く ら い ? 〃 〃 す ぐ ん お ば さ ん が い て 、 あ り が た か っ た 」 月 出 る よ 。 っ て 連 絡 し て 、 ゆ ず り あ う の 」 と い っ た こ と が 忘 れ ら れ な い 。 小 学 生 友 と 見 守 る 。 の 時 、 両 親 が 離 婚 し た け れ ど 、 寂 し さ 婦 夕 食 準 備 は 長 女 か な え さ ん 、 直 子 さ は 感 じ な か っ た と い う 淳 也 さ ん は 、 社 年 ん 、 千 恵 さ ん が 順 番 で 担 当 。 威 さ ん 夫 会 人 と な っ て 上 司 や 先 輩 と の 付 き 合 い 婦 と 小 さ い 子 ど も た ち が 、 最 初 に す ま が 苦 に な ら な い の は 、 大 勢 の 大 人 に 囲 せ る 。 次 の 大 学 ・ 高 校 生 は 自 分 た ち の ま れ て 育 っ た か ら か な と 思 っ て い る 。 食 器 を 片 づ け 終 え る と 、 2 階 の 応 接 間 大 人 た ち の 夕 食 は 「 そ れ ぞ れ 適 当 に で 録 画 し た 番 組 を み た り 、 そ の 日 あ っ す ま せ ま す 」 。 仕 事 が 終 わ る と 、 地 元 た こ と を 話 し た り 、 く つ ろ い で 過 ご す の バ ス ケ ッ ト ボ ー ル チ ー ム の 練 習 に 行 ひ と と き 。 そ ん な 中 で だ れ か が ふ っ と く 人 も い る 。 家 族 と し て だ け で な く 、 「 な ん か い じ め ら れ て る か も 」 と 言 え ば 、 仕 事 仲 間 、 遊 び 仲 間 と し て も つ な が っ 「 私 も そ 一 つ い , っ こ と あ っ た 」 と さ ら っ て い る き よ う だ い だ 。 と 返 っ て く る 。 「 そ れ だ け で 〃 自 分 だ 時 に 辛 辣 と も 思 え る や り と り も 信 頼 け じ ゃ な い ん だ 、 た い し た こ と な い 〃 あ っ て こ そ 。 子 ど も か ら 大 人 ま で 、 そ と 思 え て 、 や り 過 ご せ る み た い 」 と 、 こ に い る だ け で 互 い の 支 え に な っ て い か な え さ ん 。 そ れ と な く 親 世 代 に も 伝 る し な や か な 関 わ り 。 深 い 懐 に 包 ま れ わ っ て く る る よ う な 居 心 地 の よ さ が あ る 。 幼 稚 園 の 先 生 だ っ た か な え さ ん は 、 「 こ ん な ふ う に わ い わ い 暮 ら し て ま 「 お 互 い き よ う だ い の 子 ど も で も 分 け す 」 と い う 威 さ ん は 、 仕 事 場 の 引 き 締 隔 て な く 叱 り ま す よ 」 と き つ ば り 。 長 ま っ た 表 情 と は ち が う 、 お だ や か な 笑 男 の 淳 也 さ ん が 「 叱 っ て く れ る お じ さ 顔 に な っ た 。

婦人之友 2016年 10月号


館 に 行 っ て み た い と 思 っ て い れ の 私 は 、 ・ 中 学 生 に 戦 争 4 月 に 歳 を 迎 え た 私 は 、 対 「 満 蒙 開 拓 平 和 記 念 館 」 に 刻 ま す 。 松 本 須 澤 み ど り の 悲 劇 、 悲 惨 な 引 揚 の 史 実 を 談 が 胸 に せ ま り ま し た 。 生 ま ま れ て い る 言 葉 「 前 事 不 忘 ど の よ う に 伝 え た ら よ い の か 、 れ 育 っ た 大 連 は 、 夏 は 海 で 泳 後 事 之 師 」 が 、 心 に 残 り ま す 。 福 島 星 和 子 い つ も 考 え さ せ ら れ て い ま す 。 ぎ 、 冬 は 池 の 氷 で ス ケ ー ト を 私 は 現 在 「 舞 鶴 引 揚 記 念 館 」 の 語 り 部 ボ ラ ン テ ィ ア を し て 歴 史 的 な 事 実 や 記 録 の 断 片 を し て と 、 自 然 環 境 に 恵 ま れ た い ま す 。 昨 年 、 記 念 館 収 蔵 資 て い ね い に 見 る こ と か ら 、 子 と こ ろ で し た 。 小 学 校 の 遠 足 「 満 蒙 開 拓 」 史 の 本 質 を 知 ら 料 の 570 点 が ユ ネ ス コ 世 界 ど も た ち が 理 解 で き る よ う に で 旅 順 ニ 〇 三 高 地 を 見 学 。 激 さ れ 、 " 戦 争 と は 。 の 思 い を 記 憶 遺 産 に 登 録 さ れ た の を 機 伝 え た い 。 ま た 、 自 分 た ち は 戦 の 地 と 知 り 、 戦 争 の 恐 ろ し 一 層 深 く さ せ ら れ ま し た 。 今 は 世 界 中 、 経 済 優 先 に 流 こ れ か ら ど う 生 き る か 、 今 の さ を 体 に 感 じ 、 な せ 戦 争 を す に 、 語 り 部 養 成 講 座 を 受 講 し ま し た 。 自 分 に 引 き つ け て 考 え る こ と る の だ ろ う か と 、 子 ど も 心 に れ て い く 、 お か し な 時 代 。 記 事 を 読 み な が ら 、 い か に 新 聞 、 が で き る よ う に 伝 え て い き た 思 っ た こ と を 覚 え て い ま す 。 今 年 5 月 、 「 満 蒙 開 拓 平 和 記 テ レ ビ の 報 道 が 常 時 オ プ ラ ー 終 戦 直 前 に ソ 連 侵 攻 で 、 開 そ し て 、 平 和 で あ る こ と 念 館 」 の ス タ ッ フ が 来 訪 さ れ 、 ト に 包 ま れ 、 真 実 が 庶 民 に 伝 の あ り が た さ も 感 じ て ほ し い 拓 民 が 各 地 で 自 決 さ れ た こ と 交 流 す る 機 会 を 持 ち ま し た 。 は 、 新 京 で 知 り ま し た 。 満 州 わ ら な く な っ て い る か を 、 改 そ の 時 、 満 州 移 民 や 残 留 孤 児 と 強 く 思 い ま し た 。 の 話 を 聞 い た ば か り で し た 。 舞 鶴 柴 田 洋 子 に 住 み な が ら 開 拓 民 に つ い て め て 感 じ ま し た 。 西 宮 土 田 敏 枝 の 知 識 う す く 、 掲 載 の 年 表 か 語 り 部 を す る に あ た り 、 体 多 く の 歳 月 を 満 州 で 過 ご し 、 ら そ の 歴 史 を 学 び ま し た 。 験 談 と し て 話 せ な い 戦 後 生 ま す か ぶ せ て お く た け ! ふ つ く ら 保 温 調 理 ・ 手 間 を か け ず に 素 材 の 味 を ひ で 0 土 み 【 き 出 す 、 鍋 帽 子 を 使 っ た レ シ 【 ピ が 好 評 。 か ぶ せ て お け ば 、 保 9 税 魔 法 の 鍋 帽 子 ~ 温 中 は 別 の こ と が で き る の で 、 之 【 大 人 数 の 集 ま り に も 大 活 躍 。 婦 人 之 友 社 編 判 / 128 頁 / 定 価 1620 円 ( 税 込 ) 通 格 【 炊 き 込 み ご は ん / 大 き な 肉 だ ん 値 ョ 市 緬 オ ー ル カ ラ ー / ま ん ま る 型 の 実 物 大 型 紙 付 き 文 注 ☆ 料 理 ご と に 一 目 で わ か る 加 熱 & 保 温 時 間 の 表 記 つ き ~ ご / デ ザ ー ト も お ま か せ 。 忙 し い 秋 に 大 活 躍 ! 魔 法 の 鍋 帽 子 ・ 事 を て お く た け ー ふ っ ( ら 、 一 ・ 宿 175 2016 年 婦 人 之 友 10 月 号