検索 - みる会図書館

検索対象: まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論から 363件ヒットしました。

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


日 国 法 ” 契 約 論 成 立 過 程 と そ の 中 ル ー ツ と な っ た マ ン ガ で 解 説 ! あ な た は そ れ と も 反 、 で か ・ 一 冂 現 行 の 憲 法 そ し て 「 国 民 主 権 」 の ル ソ ー の 思 想 そ れ が 法 律 で あ り 、 憲 法 な の で す 社 会 は 何 に よ っ て 統 治 さ れ る べ き か ? 、 お 6 ー Remix ィ ー ス ト ・ プ レ ス

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


ま ん が で 読 破 Remix に ほ ん こ く け ん ば う 日 本 国 憲 法 / 社 会 契 約 論 ろ ん け い や く 発 行 日 企 画 ・ 漫 画 装 幀 編 集 発 行 人 発 行 所 印 刷 所 2015 年 1 0 月 3 ] 日 初 版 第 1 刷 バ ラ エ テ ィ ・ ア ー ト ワ ー ク ス ー 司 イ 左 ネ 右 ー ー (h)CREATlVE MIND 寺 谷 栄 人 北 畠 夏 影 株 式 会 社 ィ ー ス ト ・ プ レ ス 〒 ] 01 -0051 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 2-4-7 久 月 神 田 ビ ル 8F 電 話 03-52 ] 3-4700 フ ァ ッ ク ス 03-521 3-470 ] http: 〃 www.eastp 「 ess. co. jp 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 lSBN978-4-7816-1 370-1 C0979 ※ 本 書 の 内 容 の 一 部 あ る い は す べ て を 無 断 で 複 写 ・ 複 製 転 載 す る こ と を 禁 じ ま す 。 ※ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 OKAZUKI 2015 Printed in Japan

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


立 憲 主 義 国 家 で 唯 一 、 制 定 以 来 改 憲 し て い な い 国 ・ 日 本 。 敗 戦 か ら 培 っ た 「 平 和 憲 法 」 は こ れ か ら ど う な る の か ? 社 会 契 約 論 日 本 国 憲 法 9784781615710 旧 BN978-4-7816-1371-0 C0979 Y648E 定 価 ( 本 体 648 円 十 税 ) ⑩ 2016 年 2 月 28 日 ま で ィ ー ス ト ・ プ レ ス 1920979006485 ま ま 破 書 店 で 発 売 中 ! ※ お 近 く の 書 店 に な い 場 合 は こ 注 文 く だ さ い ◆ 戦 争 論 ク ラ ウ ゼ ヴ ィ ッ ツ ◆ 脱 亜 論 福 沢 諭 吉 ◆ 人 間 失 格 太 宰 治 ◆ 資 本 論 マ ル ク ス ◆ 国 富 論 ア ダ ム ・ ス ミ ス ◆ こ こ ろ 夏 目 漱 石 ◆ 君 主 論 マ キ ア ヴ ェ ッ リ ◆ 罪 と 罰 ド ス ト エ フ ス キ ー ◆ 相 対 性 理 論 ア イ ン シ ュ タ イ ン ◆ 羅 生 門 芥 川 龍 之 介 ◆ 蟹 工 船 小 林 多 喜 ニ な ど 冊 ロ マ ン ガ で 読 め る 世 界 の 名 作 、 130 作 以 上 ! 平 等 な 法 で 治 め ら れ る 国 家 、 そ れ が 理 想 だ 日 本 を 知 る に は 、 ま ず は 憲 法 か ら

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


0 『 社 会 契 約 論 』 は 全 4 編 で 構 成 さ れ て お り 2 編 で は 法 や 立 法 者 な ど に つ い て 説 か れ ま す こ こ ま で ) ( 紹 介 し た の は 『 社 会 契 約 論 』 第 1 編 の 1 章 「 第 1 編 の 主 題 」 か ら 6 章 「 社 会 契 約 に つ い て 」 の 内 容 で す 説 体 理 4 か 制 想 編 れ を 国 で ま 固 家 は す め の る 3 編 で は 国 家 の 心 臓 と な る 政 府 を 中 心 と し ・ : を ー 難 解 な 書 物 と さ れ る 『 社 会 契 約 論 』 は 1762 年 に 執 筆 さ れ 日 本 に は 「 東 洋 の ル ソ ー 」 と な か え ち ょ う み ん 評 さ れ る 中 江 兆 民 の み ん や く や っ か い 『 民 約 訳 解 』 に よ り 伝 わ り 自 由 民 権 運 動 へ と つ な が っ た と さ れ ま す 中 江 兆 民 、 1847 ~ 1901 0

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


非 の 場 ぉ 蔘 噬 ↓ を : : い , 、 に マ 不 平 等 を 打 す る の は 社 会 契 約 て あ る ! 「 社 会 契 約 論 」 の 作 者 で 、 本 作 の ナ ビ ゲ ー タ ー 仮 定 し た 論 理 を も と に 社 会 の 矛 盾 を 明 ら か に し て い く 。 ウ ィ リ ア ム 労 働 者 。 国 家 に 不 満 を 抱 く 青 年 。

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


ゆ え に 国 防 力 の 問 題 か ら 第 9 条 が 真 っ 先 に 問 題 と な っ て し ま う ん だ そ う 軍 事 力 が も て れ ば 日 本 も 国 際 社 会 で 普 通 の 国 に な れ る わ け だ か ら ね 憲 法 改 正 の 国 民 投 票 法 よ ど , っ し て 憲 法 が 制 定 し て 年 も 後 に な っ て 施 行 さ れ た の か し ら ・ : ?

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


日 本 国 憲 法 次 に 4 つ め の 権 利 社 会 権 6 2 権 受 権 会 存 育 労 社 生 教 勤 こ の 3 項 は そ ん ち ょ う 個 人 を 尊 重 す る 一 方 で 「 公 共 の 福 祉 」 と い う 制 限 が か か げ ら れ て い る の で す が 理 由 が わ か り ま す か ? ( い そ り や 憲 法 第 条 で 「 国 民 は 人 権 を ら ん よ う 濫 用 し て は な ら な い 」 と 定 め ら れ て い る か ら だ ろ そ の と お り ! 憲 法 第 条 は は じ め に 説 明 し た 守 る た め で も あ り ま す 第 一 ニ 条 こ の 意 法 が 国 民 に 係 愿 す べ て 国 び 幸 掲 差 求 に 対 す る 国 学 重 を 必 と す る 。 一 四 条 自 由 と 平 等 は べ て 国 民 は 、 国 民 全 体 に 、 社 会 的 オ 保 障 さ れ な け れ ば な ら な い の で す 社 会 的 盟 係 に ←

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


ま あ ・ : 近 代 史 は 知 っ て い る よ う で よ く 知 ら な い し な あ : こ れ か ら の 未 来 を よ く す る た め に も 我 々 の 先 祖 が ど の よ 一 つ に し て 現 代 社 会 を 築 い て き た の か を 知 る 必 要 が あ る で し ょ 一 つ 憲 主 義 理 屈 で 憲 法 の 文 面 だ け を 検 証 さ れ る よ り 面 白 そ う だ わ ま ず は 日 本 で 最 初 に つ く ら れ た 大 日 本 帝 国 憲 法 の 制 定 か ら お さ ら い し て み ま し ょ 一 つ : と ま あ 1 」 理 解 ) こ ヾ こ ナ . 一 」 と こ ろ で :

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


第 田 条 は 国 会 と 内 閣 の 法 令 審 査 ( 違 憲 立 法 審 査 ) の 特 権 が 言 さ れ て い ま す こ の よ 一 つ に 三 権 分 立 の 均 衡 を 憲 法 で 定 め る わ け で す ね そ れ じ ゃ あ さ さ っ き 言 っ て た 自 衛 隊 と か の 審 査 っ て ど う な っ て る の ? 実 は 憲 法 第 9 条 に つ い て の 審 査 は ま だ お こ な わ れ て い ま せ ん え え 立 法 権 法 令 審 査 任 命 権 司 法 権 用 採 違 5 裁 判 所 内 4 付 随 的 違 憲 立 法 審 査 制 と は そ の 個 人 を 具 体 的 な 事 件 が 救 済 す る た め に 事 件 に 付 随 し て お こ っ た と き に 違 憲 審 査 を お こ な う こ と で す と ' 用 さ れ て い る 憲 立 法 審 査 随 的 違 憲 立 、 - で な せ か い 一 つ 」 日 本 で は 付 随 的 違 憲 立 法 審 査 制 を 取 り 入 れ て ) る た め で す 162

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


近 代 国 家 へ の 歩 み ま ず 大 日 本 帝 国 憲 法 は 日 本 国 憲 法 と く ら べ る な ら 現 在 よ り 日 本 の 独 自 性 を 有 し た 憲 法 で あ っ た と 考 え ら れ ま す 敗 戦 し た か ら し か た な か っ た の か も し れ な い こ れ は 現 代 で も 論 争 の 的 と な っ て い ま す が 日 本 国 憲 法 は し よ う に ん の 承 認 を 必 要 と し た た め 押 し つ け だ と 解 釈 す る 人 も 少 な く あ り ま せ ん そ う 言 わ れ る と 国 の 方 針 に 他 国 の 承 認 が 必 要 だ な ん て 変 な カ ン ジ : ・ で も 近 代 化 す る に し て も な ん で 憲 法 か ら 取 り 入 れ た ん だ ろ う な ?