検索 - みる会図書館

検索対象: ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日から 85件ヒットしました。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


ゆ と リ 世 代 の 総 合 表 現 マ ガ ジ ン 2017 年 度 号 私 た ち の 運 命 の 1 日 発 行 日 2017 年 6 月 1 日 さ か し ま 発 行 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ 編 集 : 田 中 ジ ョ ヴ ァ ン ニ 写 真 : Nobu( 表 紙 , P. 4-5 ) , 高 瀬 一 樹 ( P. 25 ) モ デ ル : 小 渕 花 梨 ( p. 25 ) ご 意 見 ・ ご 感 想 を お 寄 せ 下 さ い 。 Twitter : 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ (@Kabe_Tyoro) Mail: [email protected] 総 合 表 現 集 団 か べ ち ょ ろ と は 完 璧 か つ べ ス ト で 丁 度 い い 老 若 男 女 に 愛 さ れ る 総 合 的 表 現 の 研 究 と 実 践 を 者 を 知 リ た い と い う 方 は 上 記 ア ド レ ス ま で メ ー ル を お 願 い 致 し ま す 。 ※ 編 集 上 の 都 合 に よ り 作 者 名 を 記 載 し て い な い 挿 絵 ・ 写 真 が あ り ま す 。 作 文 芸 構 造 と 社 会 ・ 人 生 に に 対 す る さ か し ま な 挑 戦 を 行 う 。 詩 ・ 小 説 ・ 批 評 ・ エ ッ セ ー 等 の オ ー ル ジ ャ ン ル マ ガ ジ ン 。 さ か し ま と は 団 員 随 時 募 集 中 。 映 像 製 作 ・ 同 人 誌 発 刊 他 。 代 表 : 田 中 ジ ョ ヴ ァ ン ニ 行 う / ヾ フ ォ ー マ ン ス 集 団 。 82

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


と い う も の が あ る の は 多 く の 方 が ご 存 知 だ と 思 う け ど 、 僕 た ち は そ の く ら い の こ と を 記 念 日 に で き ち ゃ う 感 性 を 持 っ て い る の だ か ら 、 「 運 命 の 1 日 」 な ん て も の は そ こ か し こ に 存 在 し て い る 。 何 気 な い 日 常 が 大 事 、 な ん て 一 一 一 口 う つ も り は 全 く な い け れ ど 、 す べ て の 1 日 が 現 在 と 未 来 に 作 用 し て い る こ と を 考 え れ ば 、 た っ た 1 日 だ け 運 命 の 日 を 選 べ な ん て 無 理 な 話 で あ る こ れ が 「 私 た ち 」 に な っ た と き 、 と あ る 「 運 命 の 日 」 を 誰 か と 共 有 す る こ と に な る 。 そ し て そ れ は 、 「 私 」 と 「 君 」 の 物 語 に な る 地 球 最 後 の 日 あ と 1 す ( 無 間 書 房 ) テ 1 マ が 「 私 た ち の 運 命 の 1 日 」 だ と 聞 い て 、 す ぐ さ ま そ れ が 「 地 球 最 後 の 日 」 と い う テ ー マ に 僕 の 中 で す り 替 わ っ て し ま っ た 。 そ れ は 何 故 だ ろ う と ず っ と 考 え て い た 。 確 か に 、 「 地 球 最 後 の 日 」 が 「 運 命 の 1 日 」 で あ る こ と に 間 違 い は な い 。 と こ ろ が 、 別 に 「 運 命 の 1 日 」 が 「 地 球 最 後 の 日 」 で あ る 必 要 は な い 。 ど う し て す ぐ に テ ー マ の す り 替 え が 起 こ っ て し ま っ た の だ ろ う と 考 え て い た 。 お そ ら く 、 問 題 は 「 私 た ち の 」 と い う 部 分 に あ る 。 「 私 」 に と っ て の 「 運 命 の 1 日 」 で あ れ ば 、 人 生 の い た る と こ ろ に 点 在 し て い る 。 生 ま れ た 日 も 死 ぬ 日 も 、 「 私 」 に と っ て は 「 運 命 の 一 日 」 に な る だ ろ う し 、 入 学 、 卒 業 、 就 職 、 結 婚 、 出 産 、 な ど と 人 生 の イ ベ ン ト に は 事 欠 か な い 。 俵 万 智 の 有 名 な 短 歌 に 「 こ の 味 か い い ね 」 と 君 が 言 っ た か ら 七 月 六 日 は サ ラ ダ 記 念 日 「 君 」 と 出 会 っ た 日 か も し れ な い し 、 「 君 」 と 結 婚 し た 日 か も し れ な い 。 あ る い は 「 君 」 と 別 れ た 日 か も し れ な い 。 解 説 す る の も 無 粋 な ん だ け ど 、 「 君 」 と い う 甘 い 響 き は 当 然 「 恋 人 」 と い う 一 言 葉 を 導 く 「 地 球 最 後 の 日 」 が 「 私 た ち の 運 命 の 1 日 」 で あ る な ら ば 、 「 私 た ち 」 と い う の は 人 類 全 員 み た い な 気 が し て し ま う の だ け ど 、 大 抵 そ う で は な い こ れ は な ん の エ ビ デ ン ス に も な ら な い け ど 、 僕 は こ れ ま で に 「 地 球 最 後 の 日 」 を モ チ 1 フ に し た 同 人 小 説 を い く つ か 読 ん で き た 。 そ し て そ の ど れ も が 、 「 君 」 と 「 私 」 の 話 を 書 い て い た 。 み ん な 利 己 主 義 的 だ 。 で も そ れ が 当 然 だ 。 地 球 最 後 の 日 と い う の は 、 み ん な 死 ん じ ゃ う か ら エ モ い の で は な く て 、 「 君 」 と 「 私 」 が 同 時 に 死 ん じ ゃ う か ら エ モ い の だ 。 し か も 、 い っ 死 ぬ か わ か ら な い と い う 状 況 で は な く て 、 そ の 日 に き っ か り 死 ぬ と わ か っ て い る と こ ろ が 特 徴 だ 。 僕 ら は 基 本 的 に 、 明 日 も 生 き て い る と い う 想 定 の 上 で 生 活 を し て い る 。 こ れ は 暗 黙 の 了 解 だ 。 「 明 日 死 ぬ と 思 っ て 生 き ろ 」 な ん て 比 喩 が あ る け れ ど 、 も し 本 当 に 明 日 死 ぬ と わ か っ て い た ら 、 僕 は 今 こ う し て 文 章 を 書 く な ん て こ と は せ ず に 、 お い し い も の を 食 べ 尽 く し て し ま う こ と だ ろ う 。 で き れ ば 、 べ ろ べ ろ に 酔 っ 払 っ て 前 後 不 覚 の ま ま で 死 に た い 。 な ん て こ と を 思 う の は き っ と 僕 だ け で は な い 。 だ か ら 、 安 直 に 思 考 す る な ら ば 、 地 球 最 後 の 日 に は 8 億 人 の 利 己 的 な 気 持 ち が 働 い て 、 ひ ど い パ ニ ッ ク に 陥 る こ と に な る 。 と い う の が 多 く の ア マ チ ュ ア 作 家 が 考 え る こ と だ 。 も し く は 、 逆 張 り し て 意 外 と 穏 や か な 終 末 が 描 か れ る と い う 風 に 書 く と 、 僕 と 同 年 代 か あ る い は 少 し 上 の 人 た ち は 、 「 セ カ イ 系 」 と い う 一 = ロ 葉 を 思 い 出 す か も し れ な い 。 ゼ ロ 年 代 の サ プ カ ル

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


は 超 個 人 的 に は 成 就 し た と 一 一 一 一 〕 え る の か も し れ な い だ と し た ら 、 予 言 か ら 遡 る こ と 9 ヶ 月 前 に こ の 世 に 生 ま れ た 上 の 子 が 、 私 に と っ て の ア ン ゴ ル モ ア の 大 王 だ っ た と い う こ と な の だ ろ う そ の ア ン ゴ ル モ ア の 大 王 も 大 き く な り 、 子 供 の 時 代 の 終 わ り と 青 春 の 始 ま り に 戸 惑 う 年 代 に な っ た 。 彼 の 世 界 を 滅 亡 さ せ 新 生 さ せ る 、 彼 に と っ て の ア ン ゴ ル モ ア の 大 王 は ど ん な 人 な の だ ろ う 。 ヴ も 義 主 第 代 日 秘 譓 時 今 神 相 一 の 胸 ~ 好 一 を 教 。 タ 章 す 弥 ス は イ い き 住 者 ル リ て 園 在 究 へ コ っ 岡 研 ル 1 張 下 福 の イ 第 頑 ク リ ス ・ マ ッ カ ン ド レ ス 。 ま た の 名 を 、 ア レ グ ザ ン ダ ー ・ ス ー 1 ト ラ ン プ 。 ク ラ カ ワ ー の 伝 記 に よ っ て 広 く 知 ら れ る こ の 青 年 は 、 一 一 十 四 歳 に し て 、 ア ラ ス カ の 荒 野 に 挑 戦 し 、 命 を 落 と し た 。 こ の 青 年 の 生 涯 に つ い て 、 時 々 、 思 い を 馳 せ る こ と が あ る 。 彼 に と っ て の 運 命 の 日 は 、 お そ ら く は 、 ア ラ ス カ を 終 着 点 と す る 7 旅 の 始 ま り 、 私 財 の す べ て を 寄 付 し て 放 浪 の 旅 へ 出 た 日 だ ろ う 。 そ の 前 夜 、 彼 は 何 を 思 っ て い た の だ ろ う か そ の 決 断 の 日 、 彼 は 一 一 十 二 歳 で あ っ た 。 優 秀 な 成 績 で 大 学 を 卒 業 し 、 文 学 と 人 類 学 に 精 通 し て い た こ の 青 年 が 、 放 浪 生 活 の 最 期 を 想 像 し て み な か っ た は ず が な い 。 そ の 日 の 前 夜 、 彼 は き っ と 想 像 し て い た 。 考 え 得 る 限 り の 死 の 情 景 を 。 英 雄 の よ う に 偉 大 な 最 期 、 乞 食 の よ う に 惨 め な 最 期 、 誰 の 記 憶 に も 残 ら な い 平 凡 な 最 期 。 想 像 が 尽 き る よ り 早 く 、 眠 り に 落 ち た か 、 夜 が 明 け た 。 そ し て 朝 に は 既 に 、 彼 は 途 方 も な い 決 断 を し て い て 、 自 身 の 旅 路 を 歩 み 始 め て い た 。 そ う で あ っ た に 違 い な い 、 と 私 は 想 像 す る 。 彼 の 挑 戦 は 、 自 身 の 理 念 と 自 由 意 志 で 以 て そ れ を 敢 行 し た と い う 点 で 、 卓 越 し た も の で あ っ た 。 そ の 卓 越 性 は ど こ か ら 来 た の か 何 が 彼 を 卓 越 者 た ら し め た の か 。 偉 大 な 冒 険 者 と 夢 想 的 な 若 者 と を 決 定 的 に 分 け 隔 て た も の と は 何 か 。 そ れ こ そ が 「 運 命 」 で は な い か と 私 は 考 え る 。 ク リ ス ・ マ ッ カ ン ド レ ス は 、 あ の 日 、 運 命 を 経 験 し た 。 運 命 の 導 き に よ っ て 、 自 ら の 想 像 を 打 ち 破 り 、 荒 野 に 続 く 道 へ と 現 実 に 踏 み 入 っ た 。 運 命 が 訪 れ て 、 ク リ ス ・ マ ッ ー ト ラ ン プ に カ ン ド レ ス と い う 青 年 を ア レ グ ザ ン ダ ー ・ ス ー 変 え た 。 私 は 彼 の 運 命 に 思 い を 馳 せ る 。 そ れ は ア ラ ス カ の 大 自 然 に 挑 戦 し た 偉 大 な 青 年 へ の 追 悼 で あ り 、 彼 に 訪 れ た 運 命 と い う 恩 寵 へ の 憧 憬 で あ る の か も し れ な い 。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


私 が 他 人 の 運 命 に 触 れ て い た は ず の 日 の こ と 真 夜 中 に ス ラ イ ス チ 1 ズ 。 も し く は 雪 印 チ ー ズ を 食 べ て い る そ こ の あ な た 、 正 直 に 挙 手 。 今 か ら 昔 語 り を し ま す か ら 、 ラ ジ オ と で も 思 っ て 聞 い て な さ い あ れ は 三 年 前 の 横 断 歩 道 で の こ と だ っ た 。 事 故 ば か り 起 き る 見 通 し の 悪 い 交 差 点 で 、 時 差 式 の 信 号 機 は 延 々 と 変 わ ら ず 、 シ ス テ ム の 支 配 を 恐 れ な い 人 か ら 順 に 行 き た い と こ ろ へ 向 か っ て 信 号 を 渡 り だ し た と き 、 ポ ッ コ ボ コ の ト ラ ッ ク が ス ピ ン し て 突 っ 込 ん で き た 。 燃 え 尽 き て い く 彗 星 み た い に 白 い 光 に 包 ま れ て 、 何 一 つ 音 を 立 て る こ と も な く 。 信 号 を 待 っ て い た 人 も そ う で な 0 0 の っ ち え こ 三 前 職 巫 女 の お み く じ 歌 人 。 言 わ れ る が ま ま に 書 き ま す 。 運 命 は 信 じ ま す が 、 そ の 取 り 巻 き た ち の こ と は 信 じ て い な い 1 ()0% ノ ン フ ィ ク シ ョ ン ( 濃 縮 還 元 ) の リ ア リ ス ト 。 パ ン ば か り 食 べ て い る グ ル テ ン 不 耐 症 。 @tuchinoc0622 Notuchieco い 人 も 、 恐 怖 と 驚 異 の 声 を あ げ 、 あ る い は 声 を 失 い な が ら 、 散 り 散 り に 逃 げ て い っ た 。 私 は 一 人 取 り 残 さ れ た 。 な の に 明 朝 の 5 分 間 ニ ュ ー ス に も 取 り 上 げ ら れ な か っ た 訳 。 そ れ か ら 、 こ ん な こ と も あ っ た よ ね 。 帰 宅 途 中 に あ る 、 大 勢 の 報 道 陣 に 囲 ま れ た 建 物 の 中 か ら 警 察 官 に 連 行 さ れ る サ ラ リ ー マ ン 風 の 男 が 出 て き て 、 カ メ ラ の お び た だ し い フ ラ ッ シ ュ で 辺 り は 何 一 つ 見 え な く な っ た 。 天 気 の い い 真 っ 昼 間 に 。 私 は 滅 多 に 見 る こ と の な い 光 景 を 目 に 焼 き 付 け て 、 そ の 横 を 素 知 ら ぬ ふ り で 通 り す ぎ た 。 翌 日 か ら し ば ら く そ の 場 所 は キ ー プ ア ウ ト の テ 1 プ で ぐ る ぐ る 巻 き に さ れ 、 数 年 後 マ ン シ ョ ン に な っ た 。 い ま だ に あ の 時 の こ と を グ グ っ て み る け れ ど 、 何 一 つ 引 っ か か る こ と が な い ん だ よ 、 「 信 じ ら れ る ? 」

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


運 命 前 夜 も し は そ の 後 の 日 常 括 こ 」 、 、 1 運 命 の , を 否 定 は し な い , を 第 運 〈 者 て な い 、 ・ こ 一 「 「 百 - な の 響 、 の 国 に 住 ま お 、 は い ( を , 噺 頼 み を 繰 な 「 或 る 、 仏 て ッ , レ 和 立 一 「 「 ・ つ た 。 」 / 程 ね あ 連 命 み で は 个 条 理 , ~ 嚊 も に こ い こ 、 神 の 定 簷 大 命 小 現 な れ ば ど 、 つ ナ な ば ・ ・ 4 、 0 ・ そ に 立 ち な 人 川 強 ざ を 私 ほ 確 か に 似 一 の 蹶 穡 の 中 に 見 た 。 る ば か り で ・ " い 「 す る あ る の !

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


Saitou Yuu Kawahara Netarou 生 学 大 現 の 身 出 岡 福 私 は 、 現 役 大 学 生 で す 。 市 内 の 大 学 に 通 い な が ら 、 芸 能 活 動 を し て い ま す 。 作 詞 作 曲 や 歌 、 ギ タ ー も し て い ま す 。 今 回 、 偶 然 募 集 を 見 か け 、 興 味 を 持 ち ま し た 。 私 は 、 気 持 ち を 声 に す る の が 苦 手 な 分 、 い か に 文 字 に し て 気 持 ち を 伝 え て い け る か を 考 え ま し た 。 「 私 た ち の 運 命 の 1 日 」 が テ ー マ と い う こ と で 、 運 命 っ て な ん だ ろ う 。 皆 さ ん は 、 運 命 っ て 信 じ ま す か ? こ う し て 生 活 が で き て い る こ と 、 毎 日 生 き て る こ と っ て 運 命 な の か な 。 人 は 支 え 合 い な が ら 生 き て い ま す 。 苦 し い 時 、 悲 し い 時 、 誰 か が そ ば に い て く れ る だ け で 人 っ て 変 わ れ る ん で す 。 齋 藤 優 生 走 い も 疾 て か カ つ だ 全 な 何 き 事 ル 向 」 ン ろ る ヤ ジ て る 人 書 て 歳 墸 な , 刀 し 3 は 人 て 住 段 本 っ 1 刀 在 普 阪 。 が 分 大 中 る う 運 命 の 一 日 が テ ー マ 、 と い う 事 で こ れ は 困 り ま し た 。 と い う の も 私 に は 人 生 に お い て 運 命 の 一 日 と 呼 ぶ べ き 日 が そ も そ も 思 い っ か な い か ら で す 。 ど れ 程 い い 加 減 な 人 生 を 送 っ て き た の か と い う 声 が 聞 こ え て き そ う で す が 、 実 に そ の 通 り で す ( 赤 面 ) 。 運 命 と い え ば や は り 定 番 は 進 学 ・ 就 職 ・ 結 婚 、 子 供 が い る な ら そ の 子 の 節 目 に 関 わ る よ う な も の を 挙 げ る の が 無 難 な や り 方 で し よ う が 、 あ い に く 私 は 高 校 受 験 は 実 に 投 げ や り 、 大 学 は 5 回 受 け た の で ど れ が 運 命 だ か 分 か ら ず 就 職 活 動 は ま と も に し な か っ た の で 合 格 通 知 や 入 社 式 と も 無 縁 、 と ど め に 未 婚 な の で そ の 方 面 は 全 滅 で す 。 い っ そ 大 病 や 大 怪 我 で も し て い れ ば そ の 切 り 口 か ら 運 命 を 覗 き 見 る こ と も 出 来 た か も し れ ま せ ん が 傷 病 歴 も 特 に な し 。 こ の ま ま で は 本 題 に 入 れ ぬ ま ま 文 字 数 制 限 を 越 え そ う で 焦 る 0

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


事 し き り で す が 、 強 い て あ げ る な ら 自 分 の 人 生 観 と い う か 、 自 己 認 識 が 度 変 わ っ た 瞬 間 が 人 生 の ど こ か で あ っ た 筈 な の で す 。 幼 少 時 私 は 自 分 を 善 良 な 人 間 だ と 信 じ て い ま し た 。 今 、 私 は 自 分 が 善 良 と は 真 逆 の 人 間 だ と 認 識 し て お り 、 ま た ( 驚 く べ き こ と に ) そ の こ と に 問 題 意 識 を 持 っ て い ま せ ん 。 こ の 根 本 的 な 転 換 ( と い う か 堕 落 ) を 遂 げ た 日 こ そ 、 私 の 運 命 の 一 日 で あ り 、 未 だ に 「 そ の 後 の 日 常 」 を 生 き て い る と 言 っ て 良 い で し よ う 。 で は そ の 日 が 何 年 何 月 何 日 だ っ た の か : 。 こ れ が 、 思 い 出 せ ま せ ん 。 2 年 以 上 前 で は な い 気 が し ま す が 、 こ こ 年 の 事 で も な い 、 そ の 程 度 し か 絞 り 込 め ま せ ん 。 運 命 を 気 に す る 資 格 が あ る ほ ど 真 っ 当 に 生 き て な い 、 と の 結 論 に 帰 着 し 、 結 局 テ ー マ を 未 消 化 な ま ま 筆 を 置 き ま す ( 汗 ) 。 べ て め と 食 育 眺 こ ら を る か ッ め 味 種 一 眺 趣 た ル を の し フ 靴 近 取 ン の 最 採 ゴ 関 に ラ 玄 す 住 で ド 。 で 在 い る と き 岡 っ い こ 好 福 た て る も 二 週 間 前 に 購 入 し た ペ ン ギ ン 型 抱 き 枕 に よ っ て 、 私 の 睡 眠 の 質 は 大 幅 に 改 善 さ れ た 。 し っ と り す べ す べ の 肌 触 り 、 つ き た て の モ チ の よ う な 柔 ら か さ 、 優 し げ な 顔 立 ち ・ : な ん と 愛 お し い 抱 い て 寝 る だ け で は 飽 き 足 ら ず 、 一 緒 に テ レ ビ を 見 た り 、 音 楽 2 坂 本 系 を 聴 い た り も し て い る 。 抱 き 枕 の お か げ で 人 肌 恋 し い 独 り の 日 々 と お さ ら ば 出 来 た 。 た だ 、 ペ ン ギ ン は 基 本 的 に 暑 さ に 弱 い 生 き 物 だ 。 私 が 抱 い て 寝 る こ と に 苦 痛 を 感 じ て い な い か 心 配 で あ る 。 南 ア フ リ カ 等 に 生 息 す る 、 暑 さ に 強 い 種 の ペ ン ギ ン で あ れ ば 良 い の だ が 、 残 念 半 別 が っ か な い ・ : な ん だ か 話 が 脱 線 し そ う な が ら 素 人 の 私 に は 」 に な っ て き た 。 私 が 言 お う と し て い た の は 、 こ の マ イ フ ェ イ バ リ ッ ト ・ 抱 き 枕 を 楽 天 で ポ チ っ た 日 は 運 命 前 夜 と 言 え る か も し れ な い と い う も う 少 し 頑 張 っ こ と だ 。 否 、 運 命 と い う に は あ ま り に も シ ョ ポ い 。 て 考 え よ う こ れ ま で の 人 生 を 思 い 返 し て み る 。 色 々 な 出 来 事 が あ っ た が 、 人 生 に 劇 的 な 影 響 を 与 え る よ う な 、 運 命 と 言 え る ほ ど の も の は 無 い 気 が す る 。 一 番 シ ョ ッ キ ン グ だ っ た 出 来 事 と い え ば 、 恋 人 の 五 股 交 際 が 発 覚 し た 事 だ が 、 そ れ で 何 か が 変 わ っ た と い う 感 じ も な い 。 自 分 の 人 生 を 大 き く 変 え る よ う な 、 な に か 運 命 的 な 出 来 事 に 、 い っ か 、 出 会 え る の だ ろ う か 。 出 会 い た い 。 そ の う ち 。 人 事 を 適 度 に 尽 く し て 、 そ の 日 を 楽 し み に 待 と う 。 果 報 は 寝 て 待 て と い う 先 人 の あ り が た い 言 葉 が あ る 。 そ れ に 倣 い 、 と り あ え ず 私 は 、 今 宵 も 抱 き 枕 を 抱 き 、 安 ら か な 眠 り に つ き 、 運 命 の 日 を 寝 て 待 っ こ と と し よ う 。 グ ウ 。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


鳩 羽 ネ ヲ ン 2009 年 10 月 、 思 い 描 く 世 界 観 や 音 楽 を 創 造 す る 為 に 、 Ba の 中 田 茂 を 中 心 に 大 阪 で 結 成 。 6 人 編 成 に て 活 動 開 始 。 関 西 に て 幾 多 の ラ イ プ を 行 う も 2011 年 1 1 月 活 動 を 休 止 。 そ の 後 、 2012 年 11 月 よ り 、 現 在 の 編 成 に て 活 動 を 再 開 す る 。 見 た 事 の あ る 風 景 で あ っ た り 、 日 常 の 何 気 な い ー コ マ 、 ち ょ っ と し た 物 を 題 材 に し た 歌 詞 は 独 特 な 世 界 観 が あ り そ れ を よ り 具 体 的 な 絵 " へ と 昇 華 す る よ う な 旋 律 、 伴 奏 に よ り 独 自 の 鳩 羽 ネ ヲ ン と い う 世 界 を 表 現 し て い る 。 Hatoba Neon 運 命 の 前 夜 。 前 夜 は 何 も 変 わ ら な い 日 常 が 流 れ て い る 。 そ ん な 気 が す る 。 そ し て 、 運 命 の 日 。 そ の 瞬 間 に 少 し 、 少 し だ け : 軌 道 が 1 ミ リ ズ レ る 前 夜 に 予 兆 と か そ の よ う な も の は 、 あ ま り 感 じ な い 。 い く ら 、 前 夜 に 楽 し す ぎ た っ て 。 普 通 に ご 飯 食 べ て 夜 べ ッ ド で 寝 た っ て 。 死 ぬ 時 に は 死 ぬ ん だ し 。 あ 、 で も 、 虫 の 知 ら せ っ て い う や つ 。 4 次 元 的 な 思 考 で あ っ た り : 実 は 、 神 経 を 研 ぎ 澄 ま せ ば 、 も し か す る と 、 運 命 の 前 夜 に も 、 な に か 、 極 々 小 さ な 変 化 が 起 こ っ て い る こ と が わ か る の か も し れ な い な に か 、 変 化 が 起 き る と き そ の 予 兆 。 穴 と い う 穴 を 全 開 に し て 、 変 化 が 起 き る 瞬 間 を 逃 さ ず に : ・ し つ か り 吸 い 込 ん で 、 運 命 の 前 夜 に 起 こ る 変 化 を い ち 早 く 捉 え 、 次 の 日 の 日 常 を 非 日 ・ と 思 っ て い る 常 に 変 化 さ せ る こ と が で き た ら ・

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


, 刀 寂 ポ き 好 x ま え 目 見 関 1 刀 催 色 色 回 数 す ュ 年 ま ジ 、 プ え 一 り イ こ ア よ ラ 聞 リ 月 グ 。 か ロ 8 ン い 声 コ 年 イ た な う ん 味 0 一 し 色 趣 明 日 何 か 起 こ る の だ ろ う 、 と い う 予 感 が す る 。 信 じ た く な い よ う な 、 信 じ て 、 心 の 準 備 を し て お こ う か 、 と 迷 う 。 迷 っ て 考 え て い る 間 、 夜 が 明 け る 朝 に な る 。 運 命 は た い て い 昼 下 が り 。 目 の 前 が ぐ る ぐ る と 回 っ て 止 ま ら な い け れ ど 、 自 転 車 で 転 ん で は い け な い 。 ち ゃ ん と 、 呼 待 子 あ か ね , 冬 ば れ た 場 所 に 辿 り 着 け る よ う に 、 ペ ダ ル を 踏 み こ む 。 ど ん な 運 命 が や っ て く る そ の 瞬 間 で も 、 お 腹 は 空 く 。 こ ん な 日 は 省 略 し よ う と 、 思 っ て み て も 、 こ の ま ま 眠 り に つ こ う よ と 思 っ て み て も 、 そ う は い か な い 。 お 腹 が 鳴 る 。 日 常 が 運 命 を 覆 い 、 日 々 は 進 む 。 悲 し ん で い る だ け で は 、 い ら れ な い 。 目 覚 ま し 時 計 に 頭 の 奥 を か き 乱 さ れ 、 ホ ッ ト ミ ル ク で 喉 を 癒 す 。 分 の 自 転 車 通 勤 で は 、 同 じ 場 所 で 同 じ 自 転 車 の お ば ち ゃ ん と す れ 違 う 。 ぐ る ぐ る 目 を 回 し て 一 日 の 半 分 が 過 ぎ た 頃 、 帰 路 に 着 き 、 ま た 、 同 じ 場 所 で 同 じ 自 転 車 の お ば ち ゃ ん と す れ 違 う 。 日 常 が 運 命 を 覆 い 、 日 々 は 進 む 。 2 年 前 、 編 ん で く れ た セ ー タ ー は な ぜ か し ら 、 ず っ と 押 し 入 れ に し ま い 込 ん だ ま ま だ っ た 。 押 し 入 れ か ら 、 引 っ 張 り 出 す 。 引 っ 張 り 出 し て 、 ひ と し き り 、 泣 い た 。 声 が 聞 こ え る 、 こ の セ ー タ ー を 編 ん で い る 姿 を 見 て い た わ け で は な い 。 こ の セ ー タ ー を く れ た そ の 時 の こ と を 、 曖 昧 な が ら 、 靄 が か か っ て い な が ら 、 思 い 出 し て い た 。 引 っ 張 ら れ る 運 命 、 運 命 を 引 っ 張 る 。 ど ち ら も 正 し く て 、 ど ち ら も 正 し く な い 。 流 れ に 逆 ら っ て 、 強 い 意 思 を 守 っ て い た い と 思 う 。 そ う は い っ て も 、 日 常 を 捨 て る こ と な ん て で き な い か ら 、 運 命 の 声 を 今 日 も 聞 い て い る 。

ゆとり世代の総合表現マガジン さかしま 2017年度号 私たちの運命の1日


評 論 で 活 発 に 使 わ れ た 後 、 川 年 代 で は な か な か こ の 言 葉 を 聞 か な く ま っ た と い う 状 況 の 中 で 、 僕 だ っ た ら ど の よ う な 行 動 を と る だ ろ う な っ て し ま っ た が 、 代 表 作 品 と し て ア ニ メ 『 ほ し の こ え 』 、 漫 画 『 最 か と 。 絶 対 に 彼 女 を 救 え な い 終 兵 器 彼 女 』 、 小 説 『 イ リ ヤ の 空 、 UFO の 夏 』 が よ く 例 に 挙 げ ら れ 、 と 僕 は 思 っ た 。 本 当 に そ の 場 に な れ ば 、 ま た 違 う パ ワ ー が 働 い て る 。 こ の 中 で 、 僕 は 特 に 『 最 終 兵 器 彼 女 』 に 大 変 思 い 入 れ が あ る 。 僕 は 彼 女 を 救 う こ と に な る か も し れ な い け れ ど 、 少 な く と も 机 上 の 高 校 生 の と き に こ の 作 品 を 読 ん で 以 来 、 幾 度 と な く 読 み 返 し て き た 。 空 論 で は 僕 は 彼 女 を 救 う こ と が で き な か っ た 。 そ う や っ て 、 僕 た ち こ こ で 描 か れ る の は 、 ち せ と シ ュ ウ ジ と い う 一 一 人 の 高 校 生 の ラ ブ は 自 分 の 中 で 大 切 な も の を 炙 り 出 し て い く の だ と 思 う 。 何 が 炙 り 出 ス ト ー リ ー だ 。 天 変 地 異 と 戦 争 の 起 こ る セ カ イ で の 、 一 一 人 の 物 語 。 さ れ た の か は 、 秘 密 に す る け れ ど 。 で も 、 そ う や っ て 妄 想 の 中 か ら キ ャ ッ チ コ ピ ー は 「 こ の 星 で 一 番 最 後 の ラ ブ ス ト ー リ ー 。 」 自 分 の 倫 理 を 鍛 え 上 げ て い く こ と は 、 生 き て い く う え で と て も 重 要 こ こ で は セ カ イ 系 の 定 義 に つ い て 詳 し く 触 れ る つ も り は な い が 、 な こ と で は な い だ ろ う か 東 浩 紀 ら の 指 摘 す る 「 き み と ぼ く 」 と 「 世 界 の 危 機 」 の シ ン ク ロ と も し 僕 が 「 地 球 最 後 の 日 」 と い う テ ー マ で 小 説 を 書 か な け れ ば な い う 現 象 は 注 目 さ れ て い し し 「 個 人 」 と 「 世 界 」 の 間 に あ る 「 社 ら な く な っ た ら 、 と び き り イ ン モ ラ ル な も の に し た い と 思 う 。 た ぶ 会 」 が こ の 漫 画 で 描 か れ て い な い か と い え ば 、 必 ず し も そ う で は な ん 、 僕 は 綺 麗 に は 死 ね な い 。 そ れ は 間 違 い な い 。 で も 、 そ の イ ン モ い と 僕 は 思 う 。 と こ ろ が 、 国 家 を 守 る 義 務 が で き た っ て 、 地 球 最 後 ラ ル も あ る 種 の 才 能 な の か も し れ な い 。 才 能 と は 呼 べ な い と し て も 、 の 日 が 来 た っ て 、 所 詮 そ こ で 描 か れ る の は 二 人 の 男 女 の 恋 模 様 な の 唯 一 無 に の 何 か か も し れ な い だ 。 僕 は 決 し て こ の こ と が 悪 い と 言 い た い わ け じ ゃ な い 。 た だ 、 僕 た ち の 想 イ 、 象 力 は そ こ が 限 界 で あ り 、 そ こ に 共 感 す る こ と が あ る 程 度 ま で は 正 し い も し 明 日 、 世 界 が 終 わ る な ら 。 僕 た ち は 何 を す る だ ろ う か 。 世 界 を 救 う た め に 何 が で き る か を 考 え る 、 な ん て こ と は 僕 ら の 任 務 で は な い 。 そ ん な こ と は JAXA や NASA に 任 せ て お け ば い い 。 僕 ら が し な け れ ば な ら な い の は 、 そ の 妄 想 を ち ゃ ん と 自 分 ご と と し て 考 え て お く こ と だ 。 い っ か や っ て 来 る か も し れ な い 「 私 た ち の 運 命 の 一 日 」 を 想 定 し て 、 自 分 が ど の よ う に 行 動 す る の か を し つ か り と 考 え て お く こ と 。 『 最 終 兵 器 彼 女 』 を 初 め て 読 ん だ ど き 、 僕 は 当 時 付 き 合 っ て い た 彼 女 の こ と を 考 え な が ら 読 ん だ 。 彼 女 が 最 終 兵 器 に な っ て し