検索 - みる会図書館

検索対象: 人民の敵 第33号

人民の敵 第33号から 42件ヒットしました。

人民の敵 第33号


人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 第 33 号 2017 年 6 月 1 日 今 号 の 内 容 〈 対 談 〉 with 藤 村 修 2017. 6. 8 福 岡 〈 イ ン タ ビ ュ ー 〉 with 高 山 祐 司 2017. 7.13 東 京 頒 価 1000 円 02

人民の敵 第33号


人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 第 33 号 2017 年 6 月 1 日 今 号 の 内 容 〈 対 談 〉 with 藤 村 修 2017. 6. 8 福 岡 〈 イ ン タ ビ ュ ー 〉 with 高 山 祐 司 2017. 7.13 東 京 頒 価 1000 円 02

人民の敵 第33号


人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 第 33 号 2017 年 6 月 1 日 今 号 の 内 容 〈 対 談 〉 with 藤 村 修 2017. 6. 8 福 岡 〈 イ ン タ ビ ュ ー 〉 with 高 山 祐 司 2017. 7.13 東 京 頒 価 1000 円 02

人民の敵 第33号


あ さ 高 山 ウ チ に あ っ た 資 料 を 、 ち ょ っ と 漁 っ て 出 て き た ぶ ん だ け で す が 、 持 っ て き た よ 。 外 山 お お っ ー ど く げ き だ ん ご 高 山 こ れ は 「 毒 劇 團 子 』 ( 埼 玉 大 時 代 の 「 ど く ん ご 」 の 機 関 誌 ) の " 第 3 期 ・ 5 号 み だ な 。 外 山 こ っ ち に は 「 第 3 号 」 と あ り ま す ね 。 高 山 い や 、 そ れ も だ い ぶ 後 の も の な ん だ 。 埼 玉 大 時 代 の 「 ど く ん ご 」 に は ″ 第 何 期 ~ っ て の が あ っ て ( 本 稿 で ン も そ れ そ れ 言 及 さ れ る 、 年 3 月 の " 首 都 圏 連 続 街 頭 劇 。 以 降 が " 第 メ 立 2 期 気 年 4 月 以 降 の " プ ロ ジ ェ ク ト 期 間 ~ が " 第 3 期 と さ れ て い る よ う だ ) 、 そ れ も た ぶ ん " 第 3 期 の ″ 3 号 目 。 高 山 ペ ー ジ も あ る ( 笑 ) 。 ご ん 外 山 ほ ん と だ 。 「 通 算 第 8 号 」 っ て 書 い て あ る 。 年 外 山 大 ボ リ ュ ー ム で す ね 。 「 毒 劇 團 子 編 集 部 革 命 左 ど 派 」 っ て : : : み ん な 若 い 頃 は 似 た よ う な セ ン ス だ ( 笑 ) 。 9 月 沼 日 発 行 と な っ て ま す 。 劇 高 山 " 第 3 期 ・ 5 号 々 も 通 算 で は 第 2 号 。 そ っ ち に あ 創 刊 号 と い う カ zr- 」 に 「 編 集 委 員 」 に 名 を 連 ね て し よ ば な や し ま ビ 山 祐 る " 01 、 ″ 02 ″ は 、 ほ ん と に 初 っ 端 の 2 冊 だ ね 。 る 5 人 の う ち 、 伊 能 さ ん と ヤ ッ シ ー ( 「 八 島 」 。 今 年 の ツ ア ー 5 つ ば か げ ろ う 外 山 そ れ は す ご い 。 : 後 で コ ピ ー を と っ て き て も ? 前 半 の メ ン バ ー で も あ る 空 葉 景 朗 の こ と 。 外 山 が 初 め て 「 ど く ん 高 山 渡 し と く ん で 、 ゆ っ く り 読 ん で 後 日 ま た 返 し て も ご 」 を 観 た 6 年 の 「 踊 ろ う せ 」 ま で 全 公 演 に 参 加 し て い る 他 、 ⅱ 年 タ ⅵ 山 一 ら え れ ば い い 。 の 「 A く ital Sign 5 た だ ち に 犬 」 に も 2 年 ぶ り に 復 帰 し て い た ) は 外 山 ま あ た し か に 、 今 年 も あ ち こ ち の 公 演 地 で 何 度 も 分 か る し 、 こ の 「 佐 藤 ( 泰 ) 」 ( 佐 藤 泰 博 氏 。 や が て テ ン ト 劇 団 か つ じ ん ◆ く ゅ 会 う に 決 ま っ て ま す も ん ね ( 笑 ) 。 「 活 人 ( 塾 ) 」 を 経 て 、 年 に 劇 団 「 蜂 蜜 劇 場 」 旗 揚 げ ) と い う の ま 7 高 山 そ れ か ら こ れ が 、 最 後 の 時 期 に 出 し た ″ 雪 組 ″ の も 初 期 に そ う い う 人 が い た と は 聞 い て る け ど 、 あ と の 2 や 人 が 分 か り ま せ ん 。 総 括 。 0 外 山 劇 団 を い く つ か の ユ ニ ッ ト に 分 け て 、 担 当 エ リ ア 高 山 「 福 島 」 は 山 田 零 ( 年 の 「 サ ク ラ ガ サ イ タ 」 ツ ア ー の に し 容 ご い 2 を 決 め て 全 国 に 散 っ て 、 本 格 的 な 旅 公 演 を ス タ ー ト す る 後 に 退 団 し 、 劇 団 「 阪 通 信 」 を 経 て 、 年 に 劇 団 「 錦 鯉 タ ッ タ 」 旗 揚 げ 。 現 在 も 「 ど く ん ご 」 公 演 地 に 出 没 し 、 外 山 と も 面 識 が あ る ) 。 ・ ( 間 違 い 。 後 述 ) 。 準 備 を し た っ て い う : い の う な つ お ・ 「 佐 藤 」 さ ん と い う の は 、 名 前 は 高 山 ″ 雪 組 ″ は 伊 能 ( 夏 生 。 「 ど く ん ご 」 の 演 出 家 ・ ど い の 氏 外 山 な る ほ ど 。 ・ の こ と 。 本 稿 で は 以 下 「 伊 能 」 に 統 一 ) た ち の ユ ニ ッ ト だ ね 。 界 隈 で よ く 聞 く け ど 、 ぼ く は 会 っ て る の か な あ 。 外 山 『 毒 劇 團 子 , 雪 組 総 括 し ジ ュ メ 合 本 」 、 年 2 月 8 高 山 佐 藤 が 初 代 の 団 長 な ん だ よ 。 外 山 へ ー 、 そ う な ん で す か ! 日 発 行 、 と 。 こ 号 デ 5 イ ル : 前 く ど 団

人民の敵 第33号


藤 村 そ れ で も 前 回 の 本 に 比 べ た ら は る か に マ シ な ん だ 云 っ て て 、 「 な る ほ ど ! 」 っ て 。 外 山 新 し い 観 察 結 果 も 合 理 的 に 説 明 が つ く よ う に 、 理 論 の 修 正 が お こ な わ れ る こ と に な る よ ね 。 も ん 。 前 回 は ほ と ん ど 全 ペ ー ジ 、 お か し な こ と が 書 い て 外 山 ど っ ち が そ う 云 っ て た の ? あ っ た 。 ほ ぼ 批 評 す る に も 値 し な い 本 だ っ た ん だ か ら 、 藤 村 そ う い う ふ う に ま と め た の は 東 浩 紀 だ け ど 、 ″ 反 藤 村 う ん 。 つ ま り 我 々 が 日 常 的 意 識 で は な 真 理 だ と 素 朴 に 思 っ て る よ う な 科 学 的 命 題 も 、 " 反 証 ″ が な さ れ そ れ に 比 べ た ら 今 回 は ま だ 、 ち ゃ ん と 批 判 し て も い い か 証 可 能 性 み っ て 言 葉 を ま ず 出 し た の は 浅 田 彰 。 な あ 、 と 思 わ せ る ぐ ら い の 内 容 に は な っ て る 。 外 山 そ う い う 議 論 を 、 赤 い チ ャ ン チ ャ ン コ を 着 た ま ま て な い 現 時 点 で の " と り あ え ず の 真 理 ~ で あ っ て 、 逆 に 云 え ば ″ 科 学 的 命 題 ″ と い う の は 、 い つ だ っ て 常 に ″ 反 外 山 前 の ヨ ニ ウ ム さ ん の 本 は 、 " リ ン チ 事 件 ″ ( 本 誌 第 の 浅 田 彰 が : : : ? ( 笑 ) 幻 号 参 照 ) よ り も 前 に 出 た ん だ っ け ? 藤 村 そ う そ う ( 笑 ) 。 で も 議 論 の 内 容 自 体 は 、 さ す が に 証 可 能 性 ~ と い う こ と に 対 し て " 開 か れ て ″ な け れ ば な ら な い し 、 そ う い う 命 題 の み が ″ 科 学 的 と 呼 ぶ に 値 す 藤 村 発 覚 し て 騒 ぎ に な り 始 め た 、 ち ょ う ど そ の 頃 ( 発 す ご く 面 白 か っ た 。 る 、 と い う の が ま あ 、 ポ バ ー の 云 っ た こ と で す け ど 、 こ 覚 は 年 4 月 末 ) に 出 て る か ら 、 も ち ろ ん そ の 話 は 前 回 の 外 山 そ の 対 談 は 今 で も ネ ッ ト で 見 ら れ る の ? 本 に は ま だ 載 っ て な い 。 藤 村 い や 、 も う 見 ら れ な い 。 で も 近 々 出 る ら し い 「 ゲ れ は " 相 対 主 義 。 的 な 態 度 で も あ る で し よ 。 外 山 も う 1 冊 の ほ う ( 「 人 権 と 暴 力 の 深 層 』 ) は ど う な の ? ン ロ ン 」 第 5 号 ( 6 月 日 刊 行 ) に 載 る か も よ 。 ゲ ン ロ ン 外 山 そ う ね 。 藤 村 こ っ ち は 逆 に 、 1 冊 目 よ り 2 冊 目 の ほ う が 、 2 冊 カ フ ェ の イ ベ ン ト の テ ー プ 起 こ し が 毎 号 1 つ ぐ ら い は 藤 村 " 真 理 。 と い う も の は 暫 定 的 で あ る 以 外 に な い 、 目 よ り も 今 回 の 3 冊 目 の ほ う が 、 ど ん ど ん バ カ に な っ て 載 っ て る し 、 ″ 浅 田 彰 と の 対 談 ″ に は 商 業 価 値 も 充 分 あ 人 間 は ″ 真 理 ″ を 完 全 に 百 パ ー セ ン ト の 確 実 性 で も っ て っ て 話 だ も ん 。 し か し そ の こ き て る 。 る か ら ね つ 新 潮 」 8 月 号 に 掲 載 さ れ て い る 浅 田 彰 ・ 東 浩 紀 ・ 千 葉 認 識 す る こ と は で き な い 、 外 山 鹿 砦 社 も 熱 心 な の は い い け ど ・ : : ・ " ポ ス ト ・ ト ウ 雅 也 の 座 談 会 「 ポ ス ト ・ ト ウ ル ー ス 時 代 の 現 代 思 想 」 が お そ ら く そ と に 耐 え ら れ な い 者 が 、 何 か の 命 題 を 百 バ ー セ ン ト の 確 れ だ と 思 わ れ る ) 。 実 性 が あ る も の と し て 語 り た が る 。 そ れ は ″ し ば き 隊 と ル ー ス の 時 代 ″ を 感 じ る な あ ( 笑 ) 。 藤 村 う ん 、 完 全 に ″ ポ ス ト ・ ト ウ ル ー ス だ よ 、 鹿 砦 外 山 で 、 そ の " 素 朴 実 証 主 義 ″ 云 々 と い う の は 、 具 体 は こ う い う ヒ ド い 団 体 で あ る 。 と か い う レ ベ ル の 話 で も そ う で す よ 。 沖 縄 の 反 基 地 闘 争 に 関 し て も ネ ト ウ ョ が 、 社 の " し ば き 隊 。 本 は 。 ョ ニ ウ ム さ ん や 鹿 砦 社 の " し ば 的 に は ど う い う 議 論 だ っ た ん で す か ? き 隊 批 判 ~ は 、 ネ ト ウ ョ と 完 全 に 同 じ 水 準 。 藤 村 " 反 証 可 能 性 ~ っ て の は カ ー ル 。 ポ バ ー の 概 念 で 韓 国 人 が 1 人 か 2 人 参 加 し て た よ う だ っ て 話 を 根 拠 と し 外 山 " こ う な の で は あ る ま い か ? 。 っ て い う せ い ぜ い し よ 。 ぶ つ う 我 々 が " 真 理 ~ だ と 思 っ て る よ う な ″ 科 学 て 、 " つ ま り 。 こ れ は 朝 鮮 人 の 運 動 だ 、 と 断 定 し て 語 っ 推 理 ・ 推 測 に す ぎ な い も の が 、 " こ う だ ! ″ っ て い う 事 的 命 題 。 の 類 で あ っ た と し て も 、 そ ん な も の は " 反 証 。 た り す る ん だ 。 何 か 1 個 か 2 個 か 、 曖 昧 な " 証 拠 。 を 見 ぎ ん て い 実 と し て 語 ら れ ち ゃ う 。 が な さ れ る ま で の 間 の " 暫 定 的 真 理 に す ぎ な い 、 っ て 出 す こ と に よ っ て 、 そ こ か ら 芋 づ る 式 に 大 き な " 真 実 。 藤 村 ゲ ン ロ ン カ フ ェ の 浅 田 彰 イ ベ ン ト に は 行 け な か っ こ と だ よ ね 。 例 え ば 、 水 素 と 酸 素 が 化 合 し た ら 水 に な る 、 を 導 き 出 し ち ゃ う 。 そ う い う の を 浅 田 彰 と 東 浩 紀 が " 素 た ん だ け ど 、 内 容 は 後 で ネ ッ ト で 全 編 、 見 た ん で す よ 。 と 。 し か し そ う な ら な い 場 合 が 、 何 億 回 、 何 兆 回 と 観 察 朴 実 証 主 義 と 云 っ て い て ・ : そ し た ら 浅 田 彰 と 東 浩 紀 が ま さ に 、 " ポ ス ト ・ ト ウ ル ー ス 。 し て る う ち に 1 度 で も 起 き る 可 能 性 は ま っ た く ゼ ロ だ と 外 山 そ の 程 度 の " 実 証 ″ さ え お こ な わ れ て な い 場 合 も と は 何 な の か に つ い て 議 論 し て て 、 そ れ を 聞 い て 「 さ す は 云 え な い 。 も し そ ん な 例 が 観 察 さ れ た ら 、 ″ 水 素 と 酸 た く さ ん あ る よ う だ け ど さ ( 笑 ) 。 が だ な あ 」 と 思 っ た 。 " 反 証 可 能 性 か ら " 素 朴 実 証 主 義 素 が 化 合 し た ら 水 に な る 。 と い う の は ″ 真 理 。 で も 何 で 藤 村 う ん 。 そ れ に も ち ろ ん 、 ″ 実 証 主 義 。 と 呼 ば れ る 哲 学 の 潮 流 が あ っ て 、 そ れ は そ れ で も っ と ち ゃ ん と し た へ 、 と い う の が " ポ ス ト ・ ト ウ ル ー ス 設 と い う こ と だ と も な く な る 。

人民の敵 第33号


う ク ダ を 巻 い て た わ け だ よ 。 上 杉 さ ん た ち も 、 「 い や ま あ 、 を 持 っ て る ん だ か ら 、 そ れ と 別 個 に と く に 何 か や る こ と " む つ め 祭 。 の 本 番 で も " ス ナ ッ ク 井 戸 端 ~ っ て 居 酒 屋 じ く じ を 夜 中 に 出 し た ( 笑 ) 。 劇 研 の 連 中 が 交 代 で 接 客 し て さ 。 た し か に そ う な ん だ け ど さ 」 っ て 忸 怩 た る 思 い は あ る よ も な い ん だ 。 正 門 か ら 入 っ て す ぐ 左 手 に 建 っ て る 教 養 学 部 棟 の 5 階 、 う な ん だ が : 。 し か も プ レ 八 プ の 中 に 原 理 研 の 部 屋 も 外 山 た し か に 。 ち ゃ ん と あ る ん だ 。 「 原 理 研 な ん か と 何 事 も な く 共 存 し 高 山 せ い ぜ い 民 青 の 奴 と 遭 遇 し た 時 に 、 「 オ レ た ち は 501 号 教 室 。 ち な み に 1 階 の 101 演 習 室 、 ま さ に 正 て る こ と 自 体 が 間 違 っ て る 」 と オ レ は 常 々 云 っ て て 、 や " 飲 青 。 だ ぜ ! 」 っ て コ ト サ ラ に 云 っ て み せ る ぐ ら い ( 笑 ) 。 門 か ら ス グ の と こ ろ に は 、 " む つ め 祭 ~ 常 任 委 員 会 が 何 十 年 も 伝 統 的 に や り 続 け て る ス ペ ー ス が あ っ て 、 店 で も が て 幽 霊 サ ー ク ル の い く つ か を オ レ た ち が 引 き 継 い で も で も 井 戸 端 の ほ う は 大 真 面 目 で : 何 で も な く 酒 樽 が ポ ン と 置 い て あ る だ け な ん だ け ど 、 み い い っ て 話 が 出 て き た ん で 、 「 じ ゃ あ " 全 学 井 戸 端 会 議 。 っ 外 山 田 年 の 、 ど れ ぐ ら い の 時 点 で す か ? て や っ 、 も ら っ た ! 」 と い う こ と に な る 。 あ 、 あ と " 飲 高 山 " む つ め 祭 ~ の ち ょ っ と 前 ぐ ら い だ な 。 9 月 ぐ ら ん な 代 わ る 代 わ る タ ム ロ し て そ こ で 飲 ん で る 。 " 暴 力 酒 ヒ ダ リ ー い に 、 い よ い よ ″ む つ め 祭 ~ に 向 け て 本 格 的 に 動 き 出 す 場 ・ 左 。 っ て い う の ( 笑 ) 。 青 。 も も ら っ た ん だ っ た ( 笑 ) 。 外 山 そ う い え ば 瀬 戸 口 さ ん も 云 っ て ま し た ね ( 本 誌 第 あ た り で 、 全 サ ー ク ル を 招 集 し て 総 会 を 開 く わ け だ け ど 、 外 山 た し か に 、 正 門 か ら 入 っ て す ぐ " 左 手 。 に あ る わ 号 ) 、 " 飲 酒 青 年 同 盟 。 っ て の も あ っ た っ て ( 笑 ) 。 そ っ そ の 総 会 の 準 備 段 階 で 、 井 戸 端 と 飲 青 の 名 前 を も ら う ん け で す か ら ね ( 笑 ) 。 ち は ど う い う 位 置 づ け の サ ー ク ル と し て 復 活 さ せ た ん で だ ね 。 で 、 井 戸 端 の 活 動 は 、 最 初 は オ レ と 、 伊 能 の 代 の 高 山 で 、 そ の " ス ナ ッ ク 井 戸 端 。 の 紹 介 文 と し て 、 " む す か ? 女 優 2 人 と 、 佐 藤 や 健 ち ゃ ん の 代 の 女 優 1 人 の 、 計 4 人 っ め 祭 ~ の パ ン フ レ ッ ト に 「 全 学 井 戸 端 会 議 は 原 理 研 を 許 さ な い 」 み た い な こ と を 書 い て る 。 高 山 そ れ は も う 名 称 か ら し て 、 " 対 民 青 。 の オ チ ャ ラ ケ ・ で 始 め た ん だ よ 。 外 山 ル 反 原 理 研 ス ナ ッ ク 。 ( 笑 ) 。 サ ー ク ル 名 で し よ 。 だ か ら 当 然 そ う い う 主 旨 で す よ 。 全 外 山 全 員 、 劇 研 の メ ン バ ー な ん だ 。 学 井 戸 端 会 議 が 原 理 研 と 闘 う サ ー ク ル で 、 飲 酒 青 年 同 盟 高 山 " む つ め 祭 公 演 。 が 終 わ る ま で は 劇 研 の 本 来 の 活 高 山 「 も し 原 理 研 が 来 た ら 命 の 保 障 は な い 」 と も 書 い 動 が メ イ ン に な る け ど 、 や が て " む つ め 祭 も 終 わ っ て 、 た ( 笑 ) 。 で も ま あ 、 本 格 的 な 活 動 は 、 そ の 共 通 一 次 試 験 が 日 共 民 青 と 闘 う サ ー ク ル 。 外 山 飲 青 の ほ う も 、 ち ゃ ん と " む つ め 祭 。 の 議 決 権 を そ の う ち 春 に な る と ま た 新 入 生 が 入 っ て く る わ け だ し 、 の 時 の タ テ カ ン が 最 初 と い う こ と に な る か も し れ な い 。 そ れ を 念 頭 に 冬 の う ち に 井 戸 端 の 方 針 を 練 っ て 、 い よ い も ち ろ ん 3 月 の 2 次 試 験 の 日 に も タ テ カ ン を 出 し た し 、 持 っ た サ ー ク ル な ん で す か ? 高 山 も ち ろ ん ( 笑 ) 。 ど っ ち も た ぶ ん 同 じ 時 期 に 成 立 し ょ 動 き 出 す 。 で 、 1 月 の 日 ぐ ら い か 、 共 通 一 次 試 験 が 合 格 発 表 の 日 に も 出 し た し 、 そ の 都 度 そ の 都 度 。 て 、 そ の 後 は 長 ら く 休 眠 状 態 に な っ て た サ ー ク ル だ っ た あ っ て 、 埼 大 も 会 場 の 1 つ で 、 そ こ に " 全 学 井 戸 端 会 議 ~ 外 山 毎 回 、 内 容 は 書 き 換 え る ん で す か ? あ あ 、 こ う し て 話 し て る と い ろ い ろ 思 名 義 で 「 受 験 生 諸 君 へ 」 っ て タ テ カ ン を 出 し た 。 「 原 理 高 山 う ん 。 の を 、 田 年 に 両 方 と も オ レ が 譲 り 受 け た 。 い 出 す な あ 。 井 戸 端 の 当 初 の 4 人 の メ ン バ ー と い う の 研 の 甘 い 言 葉 に 騙 さ れ る な ! 」 的 な や つ 。 外 山 本 来 は い っ 頃 の サ ー ク ル な ん で し よ う ね ? 高 山 ず い ぶ ん 古 い と 聞 い た よ 。 「 伝 統 あ る サ ー ク ル で 、 外 山 そ れ が 、 内 部 で の 議 論 は 別 と し て 、 " 全 学 井 戸 端 は 、 オ レ 以 外 の 3 人 は 全 員 同 い 年 な ん だ 。 共 通 一 次 の 1 月 時 点 だ か ら 、 伊 能 の 代 の 2 人 は 2 年 生 で 、 佐 藤 の 代 の だ か ら " む つ め 祭 。 常 任 委 員 会 で も 大 事 に し て 、 名 前 だ 会 議 の 最 初 の 対 外 的 な 活 動 ? け で も 、 と 思 っ て ず っ と 残 し て た ん だ 」 っ て 云 っ て た も 高 山 う ん 。 " む つ め 祭 ~ の 総 会 の 時 は 、 飲 青 と 井 戸 端 1 人 は 1 年 生 だ け ど 、 そ の 1 年 生 は 1 浪 し て た の 。 全 員 ん ( 笑 ) 。 た だ 、 飲 青 の ほ う は オ レ が 引 き 継 い で も 、 や っ と で 議 決 権 を 行 使 し た だ け だ っ た し ね 。 も ち ろ ん " 反 原 オ レ よ り 4 っ 下 だ ね 。 で 、 共 通 一 次 の 前 日 の 夜 に 、 オ レ ば り 相 変 わ ら す 有 名 無 実 化 し た ま ま だ っ た け ど ね 。 だ っ 理 研 。 と い う ス タ ン ス は 最 初 か ら は っ き り 表 明 し て て 、 も 含 め て 4 人 で 泥 ま み れ 、 ペ ン キ ま み れ に な っ て タ テ カ て " む つ め 祭 ~ 常 任 委 員 会 が そ も そ も " 反 民 青 。 の 側 面 " む つ め 祭 。 の バ ン フ レ ッ ト に も そ う 書 い た し : : : あ 、 ン を 描 い て 、 よ う や く 描 き 上 げ て 一 息 つ い て 、 「 さ あ 飲 い ん

人民の敵 第33号


高 山 " 初 代 ~ し か い な い ん だ け ど さ ( 笑 ) 。 最 初 に 旗 揚 外 山 じ ゃ あ ャ ッ シ ー た ち と 伊 能 さ ん は 学 年 が 2 っ 違 う 画 集 団 黄 色 い 複 素 平 面 社 / 演 劇 集 団 ど く ん ご が 発 足 」 と げ す る 時 に 、 " あ り ま す ね 。 座 長 ″ 制 と い う か 、 佐 藤 を 〃 代 表 。 っ て ん だ ? こ と に し た ん だ け ど 、 や が て そ ん な の 意 味 な い か ら 廃 止 高 山 そ う い う こ と に な る 。 だ か ら こ の 機 関 誌 創 刊 の 頃 高 山 公 式 に は そ の 日 を も っ て 「 埼 玉 大 学 演 劇 研 究 会 」 し て し ま お う っ て こ と に な っ て 、 だ か ら 後 に も 先 に も 「 ど は 、 あ る い は 伊 能 は も う 中 退 し て た か も し れ な い ( 笑 ) 。 は 消 滅 し て 、 「 ど く ん ご 」 が 誕 生 し た こ と に な っ て る ん く ん ご 」 に は " 座 長 ″ っ て の は 佐 藤 し か い な い ( 笑 ) 。 そ れ と も 4 年 生 か : ・ : ・ ( 本 誌 第 9 号 の イ ン タ ビ ュ ー に よ れ ば 、 だ け ど 、 実 際 に は も ち ろ ん も っ と 以 前 か ら 「 ど く ん ご 」 外 山 伊 能 さ ん も 単 に " 構 成 ・ 演 出 。 担 当 で す も ん ね 。 年 頃 ま で 学 籍 が あ っ た 模 様 ) 。 は 実 質 的 に 動 い て る 。 「 田 年 3 月 日 」 と い う の は 、 あ 外 山 犖 表 ″ に よ る と : く ま で ″ 公 式 ″ の 旗 揚 げ の 日 。 一 応 ま あ 先 輩 た ち を 立 て ・ : も う 1 人 の 「 五 十 嵐 」 さ ん と い う 人 は ? 高 山 五 十 嵐 は 今 で は ま っ た く 芝 居 に 関 わ っ て な い ん だ 高 山 あ 、 そ れ は 正 確 な 記 録 だ も ん な 。 今 で は す っ か り て ( 笑 ) 、 卒 業 公 演 が 終 わ る ま で は 「 演 劇 研 究 会 」 の 看 板 を 残 し て お い た わ け だ 。 け ど 、 女 優 で 、 入 学 年 度 は 山 田 零 と 同 じ だ っ た と 思 う 。 細 か い こ と は 忘 れ ち ゃ っ て る か ら 、 貴 重 な 資 料 だ ( 笑 ) 。 外 山 山 田 さ ん た ち は 伊 能 さ ん よ り ち ょ っ と 下 の 学 年 な 外 山 や つ ば り こ う し て 紙 で 記 録 を 残 し と か な い と 、 記 外 山 話 が 遡 る こ と に な る と 思 い ま す が 、 そ も そ も 伊 能 ん で し ょ ? 憶 が ど ん ど ん 薄 れ た り 、 勘 違 い が 定 着 し ち ゃ っ た り し ま さ ん が 埼 玉 大 に 入 学 し て 演 劇 研 究 会 に 入 る の は 、 当 然 さ ら に も っ と 前 の こ と で : 高 山 う ん 。 た だ 山 田 は 「 ど く ん ご 」 の " 一 期 生 み と い う か 、 す か ら 。 「 埼 玉 大 学 演 劇 研 究 会 」 が 「 ど く ん ご 」 に 改 編 し て 最 初 高 山 ( 年 表 を 見 て ) 最 初 に 載 っ て る 田 年 3 月 沼 日 の 、 ピ ー 高 山 え ー と : : : 伊 能 は た し か 、 い わ ゆ る " 昭 和 。 で 云 の 年 に 入 っ て き た メ ン バ ー な ん だ 。 こ の " 機 関 誌 は 、 「 ど タ ー ・ シ ェ ー フ ァ ー ( 映 画 版 の 脚 本 も 担 当 し た 「 ア マ デ ウ ス 」 う と こ ろ の " 年 。 組 だ な 。 く ん こ 」 も 発 足 し て も う 1 年 に な る し 、 機 関 誌 を 出 そ う つ な ど で 知 ら れ る 劇 作 家 ) の 「 プ ラ ッ ク コ メ デ ィ 」 の 上 演 っ て 外 山 つ ま り 年 入 学 、 と 。 て こ と で 創 刊 し て 、 だ か ら 山 田 が 1 年 生 か ら 2 年 生 に な の は 、 「 演 劇 研 究 会 と し て 最 後 の 公 演 。 4 年 生 の 卒 業 公 高 山 で 、 オ レ は " 年 。 組 な ん だ 。 四 年 入 学 。 る あ た り の 時 期 に 最 初 の 号 が 出 て る ん だ と 思 う 。 演 で あ っ た 」 と 記 述 の あ る と お り な ん だ け ど 、 こ の 「 4 外 山 伊 能 さ ん に は す で に イ ン タ ビ ュ ー し て る ん で ( 本 外 山 創 刊 号 に は 発 行 日 の 記 載 が な い け ど 、 第 2 号 は 年 生 」 っ て の が 実 は オ レ の 代 な ん だ 。 で も オ レ は そ ん な 、 誌 第 9 号 ) 、 そ れ を 読 み 返 せ ば 分 か る ん で す が 、 た し か 伊 年 ⅱ 月 1 日 発 行 と な っ て ま す 。 創 刊 号 掲 載 の " 年 表 ~ に ピ ー タ ー ・ シ ェ ー フ ァ ー な ん て つ ま ら な い 演 目 は や り た 能 さ ん は 入 学 し て す ぐ 劇 研 に 入 っ て る ん で す よ ね ? は 年 5 月 日 の 「 新 人 公 演 脚 本 決 定 」 っ て と こ ま で 記 く な か っ た ん で 、 オ し だ け 出 て な く て ( 笑 ) 、 オ レ 以 外 の 高 山 う ん 、 す ぐ 入 っ て る 。 載 が あ る か ら 、 た ぶ ん そ の 直 後 ぐ ら い の 刊 行 な ん で し ょ 4 年 生 5 人 で や っ た 芝 居 。 演 出 の 「 斎 藤 栄 一 」 と い う の 外 山 だ け ど し ば ら く は 、 学 外 の 「 黒 テ ン ト 」 ( 年 に 「 演 う ね ( 改 め て 確 認 す る と 第 2 号 の 年 表 に 、 創 刊 は 6 月 日 と あ る ) 。 も オ し と 同 じ 代 の 、 こ の 年 の 卒 業 生 。 劇 セ ン タ ー 」 と し て 創 設 さ れ 、 現 在 も 「 劇 団 黒 テ ン ト 」 と し て 続 外 山 で も 高 山 さ ん は こ の 年 に 卒 業 す る わ け で は な い ん く 、 の " 紅 テ ン 上 難 「 状 況 劇 場 」 と 並 ぶ ア ン グ ラ 演 劇 の 老 ) 高 山 山 田 た ち の 1 コ 上 が 八 島 た ち の 代 。 と き お り し 中 ん で の 活 動 に 主 軸 を 置 い て 外 山 ズ ン ち ゃ ん ( 時 析 旬 。 8 年 の 「 た だ ち に 大 Deluxe 」 ま で で し ょ ? 全 公 演 参 加 。 今 年 年 の ツ ア ー 後 半 「 愛 よ り 早 く FINAL 」 で 8 年 ぶ 高 山 う ん 、 オ レ 以 外 が 全 員 卒 業 し た ( 笑 ) 。 高 山 伊 能 は そ も そ も 黒 テ ン ト に 入 り た く て 名 古 屋 か ら 外 山 ( 年 表 を 見 て ) そ れ で 年 度 が 明 け て 新 学 期 に 入 っ て 、 東 京 に 出 て き た ん だ も ん 。 り に 復 帰 ) も そ の 代 で し た つ け ? 外 山 そ う 聞 い て ま す 。 な ぜ か 東 京 で は な く 埼 玉 の 大 学 高 山 そ う そ う 、 時 折 も 。 で 、 そ の さ ら に 1 コ 上 に 佐 藤 「 劇 団 ど く ん ご 」 と し て の 最 初 の 公 演 が あ る の か 。 く ら 第 / 、 だ け ど ( 笑 ) 。 劇 団 の 結 成 自 体 は や 健 ち ゃ ん ( 暗 悪 健 太 。 い 年 の 「 A Vital s 一 g コ 5 た だ ち に 犬 」 ま 高 山 公 演 は そ う だ け ど 、 」 で 全 公 演 参 加 ) が い て 、 そ の 1 コ 上 に 伊 能 。 外 山 ( 年 表 を 再 確 認 ) あ 、 卒 業 公 演 の 翌 日 、 3 月 日 に 「 企 高 山 そ れ で も ど う に か 東 京 の 黒 テ ン ト に 通 え る 範 囲 の

人民の敵 第33号


閲覧できるページ数の上限に達しました。

人民の敵 第33号


閲覧できるページ数の上限に達しました。

人民の敵 第33号


閲覧できるページ数の上限に達しました。