検索 - みる会図書館

検索対象: 小説新潮 2017年1月号

小説新潮 2017年1月号から 507件ヒットしました。

小説新潮 2017年1月号


ほ る ぶ 出 版 ヾ 作 中 井 は る の 訳 42 ? 0 XJ45mm 定 価 : , 本 体 15g ー 十 = 霧 雰 特 設 サ イ ト に て 、 著 者 の 制 作 秘 話 公 開 中 → 詳 し く は 、 ほ る ぶ 出 版 HP へ ! Faceb00k に て 最 新 情 報 毎 日 更 新 → Faceb00k ワ ン ダ ー ほ る ぶ で 検 索 ! 株 式 会 社 ほ る ぶ 出 版 http://www.holp-pub.cojp 〒 101-0061 東 京 都 千 代 田 区 三 崎 町 3-8-5 電 話 : 03-3556-3991 FAX : 03-3556-3992 全 世 界 300 万 部 の 感 動 作 き っ と 、 ふ る え ワ ノ タ

小説新潮 2017年1月号


て 文 を 作 れ る よ う に な っ て い き ま す 。 こ の よ う に 言 語 獲 得 過 程 を 見 て い く と 、 脳 に 構 造 化 さ れ て い る も の が 、 コ ミ ュ ニ ケ ー ト へ の 欲 求 、 共 感 、 音 楽 的 要 素 に 触 発 さ れ て 身 体 的 に 獲 得 さ れ て い く と 言 え そ う で す 。 そ う 考 え る と 、 身 体 性 を 失 っ た 書 き 言 葉 よ り は 、 音 や 身 振 り を 伴 う 話 し 言 葉 が 言 語 の 原 点 な の で し よ う 。 実 際 、 日 常 の あ り ふ れ た 会 話 に お い て は 、 メ ッ セ 1 ジ の 七 パ 1 セ ン ト が 言 語 の み 、 三 八 パ 1 セ ン ト が 声 、 五 五 ハ 1 セ ン ト が 非 言 語 的 ボ デ イ ラ ン ゲ ッ ジ で 伝 達 さ れ て い る と い う 報 告 も あ り ま す 。 私 た ち は こ の よ う に し て こ と ば を 獲 得 し て き た の だ 。 ま す は 母 子 間 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 原 点 に あ る 。 こ こ に は 完 全 な 承 認 、 母 親 は 自 分 を 一 〇 〇 パ ー セ ン ト 承 認 し て く れ て い て 、 自 分 の 発 信 に 耳 を 傾 け て く れ る と い う 信 頼 が あ る 。 完 全 に 閉 じ た 系 と い え る だ ろ う 。 閉 じ た 系 に お け る 一 対 一 の 対 話 が こ と ば の べ ー ス と な る も の な の た 。 父 親 は ど れ ほ ど イ ク メ ン で あ ろ う と こ の 初 期 段 階 の 閉 じ た 系 に 入 る こ と は で き な い 。 と こ ろ が 、 そ の 後 、 閉 じ た 系 は 開 か れ て い く 。 父 親 が 介 入 し て く る か ら た 。 さ ら に 周 囲 、 つ ま り 仲 間 や テ レ ビ な ど の メ デ ィ ア か ら 情 報 が 入 り 始 め る と 絶 対 性 は ど ん ど ん 失 わ れ て い く 。 テ レ ピ で 理 想 的 な 母 親 像 を 目 に す る と 自 分 の 母 親 へ の 相 対 化 が 強 ま る と い っ た こ と も そ れ を 助 長 す る 。 こ の 社 会 化 は 必 然 な の だ が 、 現 代 社 会 で は 以 前 よ り も 早 い 段 階 で 生 じ る よ う に な っ て い る よ う た 。 現 代 社 会 に お い て 、 わ れ わ れ の 耳 に 飛 び 込 ん で く る 情 報 の 量 は 増 大 し 続 け て い る 。 こ れ で ま す 一 つ 一 つ の 情 報 に 向 け る 意 識 の 量 が 減 少 す る 。 さ ら に 、 私 た ち の 時 間 が 一 日 に ニ 四 時 間 で あ り 、 そ の 中 で 生 物 と し て の 人 間 の 脳 が 処 理 で き る 情 報 の 量 は 増 大 し て い な い 。 ( 外 部 メ モ リ ー は 技 術 的 に 進 歩 し た が : : : ) つ ま り 、 人 間 の 脳 で は 処 理 し き れ な い 量 の 情 報 が 入 力 さ れ て い る と い う の が 現 状 な の た 。 そ う す る と 、 情 報 を 選 択 す る し か な く な る 。 が 、 毎 回 毎 回 情 報 を 選 択 す る た め に 脳 が 使 う コ ス ト が 大 き い と 、 脳 の 他 の こ と を す る 能 力 が 落 ち て し ま う 。 こ れ は よ く 決 断 疲 れ と 言 わ れ る 現 象 だ が 、 そ う な る と 判 断 力 は 鈍 っ て し ま う 。 実 際 に 情 報 の 渦 の 中 で 混 乱 し て し ま っ て 、 自 分 で 判 断 で き な く な っ て し ま っ て い る 人 も 多 そ れ を 避 け る た め に は あ ら か じ め 、 入 っ て く る 情 報 を 絞 り 込 む 必 要 が あ る 。 す る と 、 多 く の 場 合 、 容 易 そ に 処 理 で き る 情 報 を 入 れ よ う と す る こ と に な る 。 そ の そ 結 果 、 自 分 が 聞 き た い 情 報 、 安 心 で き る 情 報 、 な お か っ 単 純 な 情 報 の み を イ ン ブ ッ ト し よ う と す る こ と に な

小説新潮 2017年1月号


は い え 、 誰 も 出 歩 い て な い な ん て こ と は な 昌 夫 は 仕 方 な く 一 部 を 報 告 す る こ と に し 姿 の 挙 動 不 審 な 若 い 男 を 見 た と い う 情 報 を い ん だ ぞ 。 住 民 だ け で な く 、 郵 便 配 達 員 、 た 。 ど う せ ほ か の 捜 査 員 も 得 て い る 情 報 で 得 て い ま す 。 た だ し 被 害 は 何 も あ り ま せ ん 」 商 店 の 御 用 聞 き 、 や く ざ の 押 し 売 り 、 な ん あ ろ う こ と は 、 想 像 に 難 く な い 。 で も 当 た っ て み ろ 」 「 事 件 当 日 の 午 後 、 作 業 服 に 林 野 庁 の 腕 章 「 ふ う ん 。 空 き 巣 の 変 装 な ら あ り 得 る な 。 ま さ お 落 合 昌 夫 は 、 黙 っ て 聞 き な が ら 、 誰 か ネ を し た 若 い 男 が 南 千 住 三 丁 目 付 近 を う ろ う よ し 、 こ の ネ タ は 各 自 も う 一 度 確 認 す る こ タ を 出 せ と 心 の 中 で つ ぶ や い て い た 。 そ の ろ 歩 い て い た と い う 主 婦 の 目 撃 情 報 が あ り と 。 作 業 服 姿 な ら 怪 し ま な い 住 民 も 多 い だ 程 度 の こ と は 言 わ れ る ま で も な く 、 捜 査 員 ま す 。 た だ 林 野 庁 は 山 林 を 管 轄 す る 役 所 ろ う し な 」 は 独 自 の 判 断 で 当 た っ て い る の で あ る 。 し で 、 東 京 の 下 町 に 無 関 係 で あ る た め 、 本 当 宮 下 が 少 し 機 嫌 を 直 し た 。 報 告 す る こ と か し 自 分 の 手 柄 と し て 確 定 す る ま で は 、 誰 か と 聞 い た ら 、 自 信 が な い と い う こ と だ っ が 出 来 て 安 堵 し た よ う で あ る 。 も 開 陳 し よ う と し な い 。 た の で 報 告 を 控 え て い ま し た 」 「 聞 き 込 み に 関 し て は 範 囲 を 広 げ よ う 。 明 昌 夫 が 警 視 庁 刑 事 部 に 配 属 さ れ て 、 最 初 「 わ か っ た 。 作 業 服 に 腕 章 の 若 い 男 に 関 し 日 以 降 は 台 東 区 に も 地 取 り 部 隊 を 振 り 分 け に 抱 い た 印 象 は 、 刑 事 は 個 人 事 業 主 か と い て 、 ほ か の 目 撃 情 報 は あ る か 」 る 。 と 言 っ て も 、 山 谷 あ た り は も う 誰 か 行 う ほ ど の 独 立 性 で あ っ た 。 確 か に 捜 査 の 駒 宮 下 が 捜 査 員 を 見 回 す と 、 一 一 名 の 捜 査 員 っ て る ん だ ろ う が 」 と し て も 扱 わ れ る が 、 そ れ 以 外 の 部 分 で は が お ず お ず と 手 を 挙 げ た 。 昌 夫 が 明 か し た 宮 下 が 捜 査 提 案 を す る と 、 隣 席 す る 南 千 多 く が 個 人 の 裁 量 に 任 さ れ 、 勝 手 に 動 い て 以 上 、 隠 す 理 由 が な く な っ た か ら だ 。 ま ず 住 署 の 刑 事 課 長 が 、 「 ち ゃ ん と 山 谷 を や る い る 。 自 分 が ホ シ を 挙 げ る と い う 欲 望 が 強 は 一 人 が 言 う 。 な ら 、 浅 草 署 に 応 援 を 頼 ん だ 方 が い い で し 烈 な の で あ る 。 「 そ れ に つ い て は 千 住 署 管 内 で も 一 件 、 同 よ う 」 と 進 言 し た 。 「 お い オ チ 。 貴 様 、 何 か 出 せ 」 様 の 目 撃 情 報 を 得 て い ま す 。 腕 章 の 文 字 ま 「 や く ざ も 手 配 師 も 、 左 翼 運 動 家 も 簡 易 旅 宮 下 が 目 を 吊 り 上 げ 、 唐 突 に 指 名 し た 。 で は わ か っ て い ま せ ん が 、 作 業 服 に 腕 章 の 館 の 主 も 、 山 谷 の こ と は す べ て 浅 草 署 が 握 課 長 に 捜 査 状 況 を 報 告 し な け れ ば な ら な い 男 が 、 民 家 の 様 子 を 垣 根 越 し に う か が っ て っ て ま す 。 所 轄 外 の 刑 事 が 迂 闊 に 手 を 出 す た め 、 隠 さ な い で 何 か ネ タ を 出 せ と 強 要 し い た の を 見 た と い う 、 買 い 物 途 中 の 主 婦 の と 、 却 っ て や や こ し く な り ま す 」 「 あ あ 、 な る ほ ど 」 て い る の で あ る 。 直 属 の 部 下 で 、 尚 且 っ 若 話 が あ り ま す 」 向 手 な の で 言 い 易 い の だ ろ う 。 「 う ち は 管 轄 が 隣 接 す る の で 、 い ざ こ ざ は の も う 一 人 も 言 っ た 。 「 不 審 者 情 報 と い う ほ ど の も の で は な い の 「 こ ち ら は 南 千 住 十 丁 目 の 大 日 本 紡 績 で し よ っ ち ゅ う で す よ 。 浅 草 署 の 刑 事 の 長 年 で す が : : : 」 す 。 隣 接 す る 独 身 寮 付 近 で 、 作 業 服 に 腕 章 の 檀 家 を 、 う ち の 四 係 が 暴 行 傷 害 で し よ っ

小説新潮 2017年1月号


「 現 在 、 午 後 五 時 一 一 十 分 。 根 岸 が 言 う と お 告 し た こ と に つ い て 、 岩 井 管 理 官 は 不 愉 快 「 は あ : : : 。 暴 力 団 員 と 彼 ら の 間 に 、 先 輩 り 、 い つ ま で も 彼 ら を 拘 束 し て お く こ と は な 思 い を し て い る の か も し れ な い 。 そ れ が い る で し よ う 。 卒 業 と か 引 退 と か 言 っ で き な い 。 事 情 聴 取 が 深 夜 に 及 ぶ と い う の で 、 竜 崎 に プ レ ッ シ ャ ー を か け よ う と い う て 、 グ ル ー プ を 抜 け た 後 も 、 Oga と し て 影 も 、 少 年 保 護 の 観 点 か ら 避 け な け れ ば な ら の だ ろ う 。 響 力 を 持 つ わ け で す 。 そ う い っ た 連 中 が ま な い 。 事 情 聴 取 は 午 後 八 時 ま で だ 。 そ の 時 「 私 が 直 接 指 示 し た こ と に つ い て の 報 告 だ た 、 半 グ レ と い っ た 集 団 を 形 成 す る こ と も 点 で 少 年 た ち を 解 放 す る 」 っ た ん だ 。 だ が 、 情 報 は 共 有 す べ き だ 。 今 あ り ま す 」 「 取 り 調 べ を 続 行 し ま す 」 後 は そ ち ら に 報 告 に 行 か せ る 」 「 半 グ レ か : : : 」 戸 高 が そ う 言 っ て 、 歩 き 去 っ た 。 岩 井 管 理 官 は 少 し ば か り 慌 て た 様 子 で 言 「 最 近 で は 、 暴 力 団 員 よ り も タ チ が 悪 い 連 っ こ 。 「 取 り 調 べ じ ゃ な く て 、 事 情 聴 取 で す 」 中 も い る よ う で す 。 暴 対 法 や 排 除 条 例 で 、 根 岸 が 竜 崎 に 一 礼 し て そ の 後 を 追 っ た 。 「 い え 、 私 は 別 に : : : 」 暴 力 団 員 た ち は が ん じ が ら め で す か ら ね 。 い わ い 二 人 が 立 ち 去 る と 、 岩 井 管 理 官 が 近 づ い 「 被 害 者 の 仲 間 た ち が 何 か を 恐 れ て い る よ そ の 点 、 半 グ レ は や り た い 放 題 で す 」 て き た 。 う だ 。 暴 力 団 員 で は な さ そ う だ 。 何 だ と 思 「 半 グ レ は 、 準 暴 力 団 と い う 扱 い だ っ た う ? 」 な 」 「 手 が か り は な し 、 で す か : : : 」 「 話 は 聞 こ え て い た の か ? 」 岩 井 管 理 官 は 、 戸 惑 っ た よ う な 表 情 で 言 「 そ う で す 。 暴 力 団 が 表 立 っ た 動 き が で き っ た 。 「 え え 、 断 片 的 に : : : 」 な く な っ た の で 、 相 対 的 に 彼 ら の 存 在 感 は 「 い っ し ょ に 戸 高 た ち の 話 を 聞 い て く れ れ 「 何 か を 恐 れ て い る 、 で す か ? 」 増 し て き て い ま す 。 指 定 団 体 で は な い の ば よ か っ た ん だ 」 「 そ れ で 全 員 口 を 閉 ざ し て い る わ け だ 」 で 、 暴 対 法 で 取 り 締 ま る こ と も で き ま せ 「 大 森 署 員 同 士 の 話 が あ る の か と 思 い ま し 「 は あ : : : 」 ん 」 「 暴 走 族 や ギ ャ ン グ と い っ た 非 行 グ ル ー プ 「 暴 対 法 以 外 に も 法 律 は い く ら で も あ る は 「 捜 査 本 部 な ん だ か ら 、 そ ん な 気 を 使 う 必 を 形 成 す る 少 年 た ち が 恐 れ る の は 、 や は り ず だ 」 要 は な い 」 そ の 世 界 の プ ロ で あ る 暴 力 団 員 た ち だ 。 そ 「 法 律 だ け の 問 題 で は あ り ま せ ん 。 。 ハ ワ ー 「 そ れ に 、 当 然 管 理 官 席 に 報 告 が あ る も の う 考 え て 、 ト ラ ブ ル を 探 っ て み た が 、 何 も バ ラ ン ス な ん で す 。 暴 力 団 の 影 響 力 が 減 少 と 思 っ て い ま し た の で : : : 」 な か っ た 」 す れ ば 、 別 の 勢 力 が 力 を 増 す わ け で す 」 竜 崎 は よ う や く 気 づ い た 。 「 で は 、 先 輩 で し よ う か ね : : : 」 「 。 ハ ワ ー バ ラ ン ス だ っ て ? そ の 言 葉 は 、 戸 高 と 根 岸 が 、 自 分 に で な く 、 竜 崎 に 報 「 先 輩 : : : ? 」 悪 事 を 働 く 勢 力 が 常 に 一 定 量 存 在 す る と い 380

小説新潮 2017年1月号


ー ン が 多 い 。 と も に 本 を 読 み 、 ワ イ ン を 飲 本 間 は う れ し そ う に 、 指 を 立 て て み せ 本 間 は そ う 言 0 て 、 や や お お げ さ な し ぐ ( 0 ん で 過 ご す わ け だ 。 仕 事 を し て い な い と さ で ま た す わ り 直 し 、 探 る よ う な 目 で 沙 帆 き 、 ホ フ マ ン が ク ン ツ と 一 緒 に い る 時 日 門 「 そ う 、 そ の と お り 。 そ れ が ク ン ツ の 、 数 を 見 た 。 は 、 ユ リ ア と の 時 間 よ り も 長 い か も し れ 少 な い 手 柄 の 一 つ じ ゃ 」 「 と こ ろ で 、 今 度 の 報 告 書 の 中 に 、 き み の じ ゃ 、 と き た 。 ん 」 ド イ ツ 語 力 で は 分 か ら ぬ 言 葉 が 、 出 て こ な 「 そ れ な ら 、 な お の こ と ホ フ マ ン を 批 判 す 「 と お っ し や る と 、 ク ン ツ に は ほ か に も ま か っ た か ね 」 る の は 、 見 当 違 い で し よ う 」 だ い く つ か 、 功 績 ら し き も の が あ る の で す 予 想 外 の 質 問 に 、 い く ら か 緊 張 す る 。 本 間 は 何 も 言 わ ず 、 あ い ま い に う な ず い ね 」 「 え え と 、 別 に な か っ た 、 と 思 い ま す 。 ホ た だ け だ っ た 。 「 そ う だ な 。 功 績 、 と 言 っ て い い か ど う か フ マ ン の 、 ソ ネ ッ ト の 訳 が 文 語 調 の た め 当 然 の こ と な が ら 、 本 間 は ホ フ マ ン の 日 分 か ら ん が 、 ク ン ツ は ホ フ マ ン が 死 ん で 十 に 、 ち ょ っ と つ つ か え ま し た け ど 」 巧 拙 は 分 か ら な い が 、 あ の 翻 訳 は さ す が 記 の 原 書 を 所 有 し て お り 、 そ れ を 照 合 し な 数 年 後 に 、 回 想 録 と い う か 交 遊 録 と い う が ら 報 告 書 の 解 読 、 翻 訳 を 進 め て い る は ず か 、 ホ フ マ ン の 伝 記 ら し き も の を 、 出 版 し に 本 間 ら し い わ ざ だ 、 と 思 っ た 。 て い る 。 記 憶 違 い も 含 め て 、 眉 唾 も の の 記 し か し 本 間 は 、 投 げ や り に 手 を 振 っ た 。 沙 帆 は 、 あ ら た め て 言 っ た 。 述 も 少 な く な い よ う だ が 、 貴 重 な 記 録 で あ 「 あ ん な の は 、 文 語 で も な ん で も な い 。 透 「 ほ ん と う の 友 人 で な け れ ば 、 そ ん な に 長 る こ と は 間 違 い な い 。 。 ハ ン ベ ル ク 時 代 の 、 谷 、 藤 村 ら の 新 体 詩 に 比 べ れ ば 、 子 供 だ ま い 時 間 を 共 有 す る こ と は な い 、 と 思 い ま ク ン ツ の ホ フ マ ン と の 付 き 合 い は 、 幼 な じ し も い い と こ ろ さ 。 そ れ よ り 、 ピ ピ カ ン プ す 。 そ れ に 、 確 か ク ン ツ は 先 生 が お 持 ち の み の ヒ 。 ヘ ル や 職 場 の 同 僚 だ っ た ヒ ッ イ ヒ よ の 意 味 は 分 か っ た か ね 」 『 カ ロ 風 幻 想 作 品 集 』 の 、 初 版 本 を 出 版 し り 、 は る か に 深 か っ た 。 そ れ だ け に 、 ク ン 前 触 れ も な く 突 っ 込 ま れ て 、 沙 帆 は 少 し た 人 で す よ ね 」 ツ の 記 録 に は 知 ら れ ざ る 情 報 が 、 け っ こ う 焦 っ た 。 そ の 初 版 本 は 、 今 度 の 一 件 で 最 初 に こ こ 多 い わ け だ 」 な ん の こ と か 分 か ら ず 、 原 稿 に 目 を も ど を 訪 ね て 来 た と き 、 本 間 か ら さ も も っ た い 「 だ と す る と 、 ホ フ マ ン の 研 究 者 は そ の ク す 。 ら し く 、 見 せ ら れ た 覚 え が あ る 。 革 で 表 装 ン ツ の 本 を 、 無 視 で き な い わ け で す ね 」 す ぐ に 、 中 に あ っ た 〈 Pipicampu 〉 と い さ れ た 小 型 本 で 、 そ れ は 今 も 本 間 の 背 後 の 「 さ よ う 。 た だ し 、 今 言 っ た よ う に 虚 実 取 う 単 語 が 、 頭 に よ み が え っ た 。 そ こ だ け 、 サ イ ド ボ ー ド の 中 に 、 き ち ん と 納 ま っ て い り ま ぜ た 本 だ か ら 、 悔 し 紛 れ に 批 判 し な が 横 文 字 で 書 か れ て い た た め 、 と っ さ に は 結 び つ か な か っ た の だ 。 る は ず だ 。 ら 引 用 す る 、 と い う 学 者 が ほ と ん ど さ 」

小説新潮 2017年1月号


OSH 々 イ 001 デ ィ ズ ニ ー を 研 究 し 、 只 デ ィ ズ 等 を 全 て 確 認 し に 行 く よ う に な っ た よ う 略 語 を 使 用 し な い 書 き 方 を し て カ ニ 1 リ ゾ ー ト に ほ ば 毎 日 通 う プ ロ グ 結 果 、 通 う 頻 度 が 徐 々 に 上 が り 現 在 い る 。 し を 書 き 始 め て 、 か れ こ れ 8 年 に な に 至 っ た よ う に 田 」 う 。 こ れ に よ り デ も う ひ と つ は 「 な る べ く 毎 日 記 事 ま よ る 。 初 め て お 会 い し た 方 が こ の こ と イ ズ ニ ー に 関 す る 知 識 も 自 然 と 身 に を 更 新 し 、 自 分 で 調 べ た こ と を 実 体 田 を 知 る と 、 皆 一 様 に 「 え ? 」 と 聞 き つ い て き た 。 「 好 き こ そ も の の 上 手 験 と し て 記 載 す る 」 。 公 式 ホ ー ム ペ 返 さ れ る が 、 本 当 に 日 々 こ っ こ っ と な れ 」 と は 、 言 い 得 て 妙 で あ る 。 ー ジ で 得 た 知 識 を コ ビ ー & ペ ー ス ト 家 來 只 デ ィ ズ ニ ー リ ゾ 1 ト に 足 を 運 ん そ も そ も 自 分 は イ ン タ ー ネ ッ ト に し て 転 載 す る の が 簡 単 な の は 間 違 い 究 で い る 。 つ い て 詳 し く な く 、 プ ロ グ を 始 め た な い が 、 そ れ よ り も パ レ ー ド が 悪 天 研 一 何 故 毎 日 の よ う に 足 繁 く 通 っ て い 時 は ま さ に 手 探 り 状 態 。 そ の た め 、 候 の た め 内 容 を 一 部 変 更 、 普 段 は 滅 イ る の か ? そ れ は 日 々 変 化 の あ る デ あ る 程 度 方 針 を 固 め て か ら 開 始 し た 多 に 会 え な い キ ャ ラ ク タ 1 が 突 然 登 イ ズ ニ ー の 世 界 に 魅 了 さ れ て い る か ほ う が 良 い だ ろ う と 自 分 で ル 1 ル を 場 す る な ど 、 自 分 が 見 聞 き し た パ 1 る ら と 、 そ れ に 関 す る プ ロ グ を 毎 日 更 決 め た 。 ク の 状 況 を 出 来 る だ け リ ア ル タ イ ム 新 し て い る か ら に 他 な ら な い 。 自 身 ひ と つ め は 「 略 語 を 使 わ な い 」 。 で 綴 っ て い こ う と 、 プ ロ グ を 更 新 か 2004 年 に (---> チ ャ ン ピ オ ン の デ ィ ズ ニ 1 に 限 ら な い と 思 う が 、 そ し て き た 。 結 果 、 気 が つ け ば 早 し デ ィ ズ ニ 1 通 選 手 権 に 出 場 し 、 20 の も の に 詳 し く な っ て く る と 略 語 を も の で 8 年 が 経 過 し て い た と い う 08 年 に 主 人 と 子 供 が 親 子 デ ィ ズ 一 一 使 う の が 当 た り 前 に な っ て く る 。 デ 次 第 。 そ し て 、 こ の 年 月 の 中 で デ ィ ズ ニ ー 通 選 手 権 に 選 出 さ れ た こ と で 、 周 イ ズ ニ 1 で い え ば 遊 び に 行 く こ と を 1 を 心 か ら 愛 す る 人 々 と の 交 流 を 深 囲 の 方 々 か ら 「 デ ィ ズ ニ ー で の 出 来 「 イ ン パ ー ( イ ン パ 1 ク の 略 ) 壅 只 デ 事 を (-nZ(-n で 綴 っ て み て は ど う か 」 イ ズ ニ 1 ラ ン ド の こ と を 「 陸 」 東 京 め る こ と が で き た の も ひ と え に 「 情 う み と い う 声 を い た だ き 開 始 し た の が デ ィ ズ ニ 1 シ 1 の こ と を 「 海 」 と い 報 の 共 有 力 」 の な せ る 技 で あ る と 思 「 吉 田 さ ん ち の デ ィ ズ ニ 1 日 記 」 。 デ う 感 じ で ( お 読 み い た だ き な が ら っ て い る 。 デ ィ ズ ニ ー リ ゾ ー ト と い う 人 々 を 幸 せ に し て く れ る 場 所 に 毎 イ ズ ニ 1 に 関 す る 様 々 な 情 報 を 記 載 「 は あ ? と い う 皆 様 の 表 情 が 目 に 日 し 、 読 者 か ら の 質 問 に 答 え 、 疑 問 ( 見 え る よ う で あ る が ) 詳 し い 方 に は 日 通 い 続 け ら れ る こ と を 幸 せ に 思 い 思 っ た こ と ( 例 え ば 、 昨 日 ま で 扱 い 意 味 が わ か っ て も 一 般 的 に は 、 ま さ つ つ 我 が 家 は 今 日 も 足 を 運 ぶ の だ に な ん の こ っ ち ゃ ? で は な か ろ う 昨 日 と は ま た 違 う 新 た な 景 色 を 楽 し 7 が あ っ た グ ッ ズ が 今 日 は 完 売 し て い る と 噂 だ が 実 際 の 状 況 は ど う か ? ) か 。 な の で 、 誰 が 見 て も 解 り や す い み に し な が ら 。

小説新潮 2017年1月号


ね 」 か ら 見 れ ば ド ラ フ ト 一 位 で す よ 。 そ ん な や 「 防 犯 で す か ? 」 竜 崎 は 根 岸 を 見 た 。 「 そ う だ 。 彼 ら が 玉 井 啓 太 の 仇 討 ち を し よ っ を 巡 る 動 き は す ぐ に わ か り ま す 」 う と 考 え て い る 可 能 性 も あ る 」 「 そ の 言 葉 は 信 用 し て い い ん だ な ? 」 「 全 件 送 致 は 、 あ く ま で 逮 捕 し た 場 合 だ 。 「 は い 。 間 違 い あ り ま せ ん 」 今 取 調 室 に い る 少 年 た ち を 逮 捕 し た わ け で 根 岸 は し ば ら く 考 え 込 ん だ 。 「 わ か っ た 」 は な い だ ろ う 」 戸 高 が 笑 み を 浮 か べ て 言 っ た 。 「 で す か ら : : : 」 竜 崎 は 電 話 を 切 っ て 、 戸 高 と 根 岸 に 言 っ 「 へ え 、 署 長 も そ う い う 方 便 が 言 え る よ う ( 0 根 岸 が 言 っ た 。 「 我 々 は 彼 ら を 拘 束 す る に な っ た ん で す ね 」 権 限 は あ り ま せ ん 」 「 方 便 な ん か じ ゃ な い 。 事 実 を 言 っ て い る 「 暴 力 団 員 た ち に 動 き は な か っ た そ う だ 」 「 少 年 た ち は 、 自 ら 協 力 し て く れ て い る 」 だ け だ 」 根 岸 が 言 っ た 。 根 岸 が さ ら に 言 っ た 。 戸 高 は 勝 手 に 話 題 を 戻 し た 。 「 動 き を 見 逃 し て い た と い う よ う な こ と は 「 彼 ら は 何 も し ゃ べ ろ う と し な い ん で す 「 や つ ら が 恐 れ て い る の は 、 マ ル の 可 能 性 も あ る と い う こ と で す ね ? 」 そ れ に 対 し て 、 戸 高 が 言 っ た 。 よ 。 協 力 し て い る と は 言 え ま せ ん 」 「 帰 り た い と は 言 っ て い な い の だ ろ う 」 竜 崎 は う な ず い た 。 「 マ ル 暴 の 情 報 収 集 能 力 は 半 端 じ ゃ な い よ 。 玉 井 と ど こ か の 組 員 の 間 に ト ラ ブ ル が 「 し か し 、 こ れ 以 上 拘 束 を 続 け る の は 問 題 「 充 分 に 考 え ら れ る こ と だ ろ う 」 で す 」 「 じ ゃ あ 、 そ の 組 対 か ら の 返 事 待 ち で す あ っ た と し た ら 、 必 ず キ ャ ッ チ す る 」 竜 崎 は 言 っ た 。 戸 高 が 小 声 で 言 っ た 。 「 そ れ に つ い て は 、 関 本 課 長 も 断 言 し て い 「 弁 護 士 か よ : : 、 ・ 」 「 課 長 に 電 話 し て み よ う 」 竜 崎 は 根 岸 に 言 っ た 。 竜 崎 は 、 内 線 電 話 を か け て 、 関 本 課 長 を た 」 戸 高 が 言 う 。 「 手 が か り が ほ し い ん だ 。 今 、 組 対 の 情 報 呼 び 出 し た 。 「 : : : だ と し た ら 、 少 年 た ち は 何 を 恐 れ て を 集 め て い る 。 暴 力 団 関 係 か ら 何 か わ か れ 「 マ ル 暴 か ら の 情 報 は ま だ か ? 」 ば 、 そ れ を 少 年 た ち に ぶ つ け る 。 そ れ で さ 「 そ れ が で す ね 、 玉 井 啓 太 と ト ラ ブ ル が あ い る ん だ ろ う : っ た と い う よ う な 情 報 は 一 切 な い ん で す 」 根 岸 が 言 っ た 。 ら に 何 か わ か る か も し れ な い 」 「 し か し : : : 」 「 で す か ら 、 恐 れ て い る の で は な く 、 誰 か 月 「 調 べ 切 れ て い な い だ け じ ゃ な い の か ? 」 「 少 年 た ち の 身 柄 を 預 か っ て い る の は 、 防 「 担 当 者 た ち は 、 日 々 細 か な 情 報 を 集 め て を か ば っ て い る 可 能 性 も あ る と : : : 」 竜 崎 は 時 計 を 見 た 。 犯 の 意 味 も あ る ん だ 」 い ま す 。 玉 井 は 、 札 付 き の 不 良 で 、 マ ル た ま い け い た せ き も と

小説新潮 2017年1月号


レ ン 1 フ 2 日 大 日 本 フ ァ ン タ ジ ー 三 三 ト A 、 に 、 ト Y .AW.'VRi) 2 ( 月 7 主 催 : 一 般 財 団 法 人 新 潮 文 芸 振 興 会 後 援 : 読 売 新 聞 社 恩 田 陸 森 見 登 美 彦 萩 尾 望 都 応 募 要 項 【 募 集 作 品 】 【 出 版 】 日 本 語 で 書 か れ た 、 自 作 未 発 表 の 創 作 フ ァ ン タ ジ ー 小 説 受 賞 作 品 は 新 潮 社 か ら 単 行 本 と し て 刊 行 す る 。 【 応 募 資 格 】 【 受 賞 作 発 表 】 プ ロ 、 ア マ 不 問 2017 年 10 月 末 。 選 考 会 終 了 後 、 直 ち に 発 表 。 「 小 説 新 潮 」 12 月 号 ( 11 月 発 売 ) 誌 上 に 選 考 経 過 を 掲 載 す る 。 【 応 募 受 付 】 【 権 利 】 2017 年 6 月 1 日 ( 木 ) ~ 30 日 ( 金 ) ( 当 日 消 印 有 効 ) 受 賞 作 の 雑 誌 掲 載 権 、 出 版 権 ( 電 子 出 版 も 含 む ) は 【 原 稿 枚 数 】 新 潮 社 に 帰 属 す る 。 ま た 、 受 賞 者 は 受 賞 作 の 映 像 化 等 400 字 詰 原 稿 用 紙 300 枚 ~ 500 枚 。 の ニ 次 的 使 用 の 管 理 を 新 潮 社 に 委 託 す る 。 ワ ー プ ロ 原 稿 の 場 合 は 1 行 40 字 X30 行 、 A4 判 用 【 注 意 事 項 】 紙 に 縦 書 き で 印 字 し 、 400 字 詰 原 稿 用 紙 換 算 枚 数 を ・ 他 の 文 学 賞 と の ニ 重 投 稿 、 お よ び 受 賞 作 の 他 賞 へ 明 記 。 必 ず 通 し 番 号 を 振 り 、 2000 字 程 度 の 作 品 内 容 の 応 募 は 認 め ま せ ん 。 の 梗 概 と 、 登 場 人 物 一 覧 を 添 付 の こ と 。 ・ 応 募 原 稿 は 返 却 で き ま せ ん の で 、 必 要 な 方 は コ ピ ー 【 応 募 方 法 】 を お 取 り 下 さ い 。 氏 名 ( ペ ン ネ ー ム 使 用 の 場 合 は 本 名 を 必 ず 記 入 ) 、 年 ・ 応 募 原 稿 や 選 考 に 関 す る 問 い 合 わ せ に は 応 じ ら れ ま 齢 ( 生 年 月 日 ) 、 略 歴 、 現 在 の 職 業 ( 学 生 で あ れ ば 学 校 名 ・ せ ん 。 学 年 ) 、 住 所 、 電 話 番 号 を 明 記 の 上 、 下 記 宛 て に 郵 送 。 ・ 応 募 に 関 す る 個 人 情 報 は 、 文 学 賞 の 発 表 ・ 連 絡 以 【 原 稿 送 付 先 】 外 に は 利 用 し ま せ ん 。 〒 162-8711 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 71 【 お 問 い 合 わ せ 先 】 新 潮 社 「 日 本 フ ァ ン タ ジ ー ノ ベ ル 大 賞 」 係 「 日 本 フ ァ ン タ ジ ー ノ ベ ル 大 賞 2017 」 事 務 局 【 賞 と 賞 金 】 TEL : 03-3266-5411 ( 平 日 10 : 00 ~ 17 : 00 ) 大 賞 1 作 賞 金 300 万 円 【 募 集 要 項 U R L 】 【 選 考 方 法 】 http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/ 次 の 選 考 委 員 3 名 に よ り 決 定 。 恩 田 陸 ( 作 家 ) 、 萩 尾 望 都 ( 漫 画 家 ) 、 森 見 登 美 彦 ( 作 家 ) 敬 称 略 ・ 五 十 音 順 223

小説新潮 2017年1月号


に 、 閃 く も の が あ っ た 。 意 識 は 仁 木 さ ん へ と 吸 い 寄 せ ら れ て し ま 「 弟 さ ん が い た ん だ 。 っ て 、 彫 刻 刀 。 懐 か 「 も し か し て 昔 、 ハ ー ト の 保 健 室 に 相 談 し う 。 こ の 人 は 、 ー ト の 保 健 室 の か っ て の し い な 」 て く れ た こ と が あ る 、 と か ? 」 相 談 者 だ っ た ? 仁 木 さ ん の 年 齢 な ら 、 返 「 私 も 久 し ぶ り に ロ に し ま し た 」 仁 木 さ ん が 立 ち 止 ま っ た 。 車 の ヘ ッ ド ラ 事 を 書 い た の は 僕 か 先 代 の 担 当 か の ど ち ら 「 苦 手 だ っ た な あ 。 そ も そ も 下 絵 が 下 手 だ イ ト が 、 強 張 っ た 彼 女 の 顔 を 白 く 照 ら す 。 か だ ろ う 。 も し 僕 だ っ た 場 合 、 悩 み の 内 容 か ら 、 彫 っ た と こ ろ で い い 版 画 に な ん て な ま た 強 く 風 が 吹 き 、 仁 木 さ ん の コ ー ト が は が 分 か れ ば 、 す ぐ さ ま ペ ン ネ ー ム を 思 い 出 ら な い ん だ よ 」 た め い た 。 薄 闇 に べ ー ジ ュ が 柔 ら か く 舞 せ る 自 信 が あ っ た 。 だ が 、 悩 み と は そ の 人 「 私 は 彫 ら な く て も い い と こ ろ ま で う つ か り 削 っ ち ゃ っ て 、 そ れ を 調 整 す る う ち に 、 の 弱 点 だ 。 心 の 一 番 繊 細 な 部 分 だ 。 昔 の こ 「 え っ と 、 あ の 、 私 が 相 談 し た と い う か 、 ど ん ど ん 絵 が 変 わ っ て い く タ イ プ で し た 」 と と は い え 、 安 易 に は 訊 け な い 。 な ん と い う か ー ー 」 「 私 の 机 に は な か っ た の ? じ ゃ あ 、 押 し 「 篆 刻 と か 作 っ た よ ね 」 「 な ん で す か 、 そ れ 」 そ の と き 、 空 間 に ひ び を 入 れ る よ う な 振 入 れ の 段 ボ ー ル 箱 だ 。 学 校 っ て 大 き く 書 い 動 音 が 二 人 の あ い だ に 響 い た 。 あ 、 と 声 を て あ る 箱 の 中 に 、 そ う い う も の は ま と め て 「 え つ 、 知 ら な い ? 判 子 み た い な や っ 」 上 げ た 仁 木 さ ん が 、 ポ ケ ッ ト か ら ス マ ー ト 人 れ て あ る か ら 」 つ い 数 分 前 ま で じ り じ り と 膨 ら ん で い た フ ォ ン を 取 り 出 す 。 震 え る 機 械 を 握 っ た ま ど こ か ぞ ん ざ い に も 聞 こ え る く だ け た ロ 緊 張 感 は 、 呆 気 な く 萎 ん で い た 。 あ の 雰 囲 ま 俯 い て い る 。 ど う や ら 着 信 ら し い 。 出 て 調 が 新 鮮 だ っ た 。 通 話 の 相 手 は 家 族 だ ろ う 気 に は 戻 り た く な い 、 戻 し た く な い と 、 お い い よ 、 と 促 す と 、 仁 木 さ ん は 会 釈 を し て か 。 甘 さ が ま っ た く な い か ら 、 恋 人 で は な そ ら く 互 い に 考 え て い る 。 目 の 前 の 歩 行 者 か ら 、 や や 乱 暴 に 画 面 を タ ッ プ し た 。 い よ う な 気 が す る 。 う ん 、 う ん 、 と 、 仁 木 信 号 が 青 に 変 わ っ た 。 青 緑 色 が 闇 に に じ む 。 こ の 先 の 駅 は 確 か 、 仁 木 さ ん が 利 用 し 「 も し も し 。 あ 、 ど う し た の ? え つ 、 そ さ ん は ぶ つ き ら ぼ う に 相 槌 を 打 っ た 。 ん な も の 探 し て る の ? あ ー 、 ど こ に し ま 「 う ん 、 ち ょ っ と 探 し て み て 。 見 つ か ら な て い る 路 線 の は ず だ 。 っ た か な 」 か っ た ら 、 ま た 電 話 し て 」 「 長 々 と 引 き 留 め て ご め ん ね 。 気 を つ け て ス 僕 は 彼 女 か ら 数 歩 離 れ 、 自 分 の ス マ ー ト 通 話 を 終 え る と 、 仁 木 さ ん は 照 れ た よ う 帰 っ て 」 「 あ の つ 、 、 ノ ー ト の 保 健 室 、 私 は 続 い て く ス フ ォ ン を 操 作 し た 。 気 象 情 報 の ア プ リ ケ ー に 額 を 掻 い た 。 シ ョ ン を 開 く 。 明 日 は 曇 り の ち 晴 れ 、 降 水 「 す み ま せ ん 、 弟 で す 。 自 分 の 彫 刻 刀 を な れ た ら い い な っ て 思 っ て ま す 。 勝 手 な 意 見 確 率 は 一 二 十 。 ハ ー セ ン ト 。 し か し 、 ど れ ほ ど く し ち ゃ っ て 、 私 が 昔 使 っ て い た の を 貸 し で 申 し 訳 な い ん で す け ど 」 「 う う ん 、 あ り が と う 」 太 陽 や 雲 の ア イ コ ン に 目 を 向 け よ う と も 、 て 欲 し い っ て 」 423

小説新潮 2017年1月号


だ が 、 意 外 に も 源 之 進 は 定 十 郎 の 剣 を 受 滴 り 落 ち 、 砂 の 中 に 吸 い 込 ま れ て い く 。 臑 を 刺 さ れ 、 咄 嗟 に 後 ろ に 飛 び 退 い た り 躱 す こ と の で き な い 甚 四 郎 の 懐 に 人 り 込 け 損 ね た 。 「 止 め は 刺 さ ぬ 。 そ の 代 わ り 、 長 山 甚 四 郎 み 、 小 手 を 斬 り 付 け た 。 ど う い う わ け か 右 腕 だ け で 受 け 太 刀 し ょ は 柘 植 定 十 郎 に 返 り 討 ち に 遭 っ た と 奉 行 所 道 中 差 し の 刃 渡 り が 短 く 、 小 手 を 落 と す う と し た の で あ る 。 に 報 告 し 、 こ の 仇 討 ち は 帳 消 に し て も ら え に は 至 ら な か っ た が 、 甚 四 郎 は 握 っ て い た 刃 と 刃 が 激 し く ぶ つ か り 合 い 、 暗 闇 に 火 な い か 刀 を 取 り 落 と し た 。 花 が 散 る と 同 時 に 、 源 之 進 が 片 手 で 握 っ て 源 之 進 の 傍 ら に し や が み 込 み 、 穏 や か に 間 髪 人 れ ず 、 顎 か ら 脳 天 に 向 け て 道 中 差 い た 刀 が 弾 き 飛 ば さ れ た 。 定 十 郎 は 言 っ た 。 し を 突 き 刺 す 。 丸 腰 に な っ た 源 之 進 の 小 手 を 、 定 十 郎 は 「 : : : 承 知 し た 」 す ぐ さ ま 定 十 郎 は 屈 ん で 甚 四 郎 が 落 と し 容 赦 な く 切 り 落 と す 。 や っ と と い う 様 子 で 浅 く 息 を し な が ら 、 た 刀 を 拾 い 、 振 り 向 い た 。 源 之 進 が 呻 き 声 を 上 げ た 。 源 之 進 が 答 え る 。 間 に 合 っ た 。 流 れ で 喉 を 貫 き そ う に な り 、 定 十 郎 は 踏 「 頼 む 」 源 之 進 の 振 り 下 ろ し て き た 刀 を 受 け 太 刀 み 止 ま る 。 重 ね て 言 う と 、 定 十 郎 は 身 の 回 り の 品 を す る 。 浅 右 衛 門 の 時 は 、 そ の ま ま 急 所 を 突 い て 拾 い 上 げ 、 甚 四 郎 の 骸 と 、 呆 然 と 砂 地 の 上 鍔 迫 り 合 い に な っ た が 、 妙 だ っ た 。 殺 し て し ま っ た が 、 こ の 型 で 人 を 斬 る の は に 膝 を 突 い た ま ま の 源 之 進 を 残 し 、 走 り 出 源 之 進 は 殆 ど 右 腕 一 本 で 押 し て く る 。 左 三 人 目 だ 。 自 制 す る こ と が で き る よ う に な し た 。 手 は 一 応 、 柄 を 握 っ て は い る も の の 力 が 籠 っ て い た 。 一 人 殺 す と 、 転 が り 落 ち る よ う に ま た 殺 も っ て い な い 。 そ の た め 手 の 内 が 定 ま っ て 砂 の 上 に 源 之 進 が 膝 を 突 く 。 利 き 腕 の 小 す こ と に な る の か 。 こ だ ま お ら ず 、 定 十 郎 は カ だ け で 押 し 勝 っ た 。 手 を 取 ら れ て は 、 も う 勝 負 は つ い て い た 。 岩 屋 の 中 で 、 何 度 も 何 度 も 谺 す る よ う に 「 く そ っ 」 定 十 郎 は 振 り 向 く 。 考 え て い た こ と が ま た 浮 か ん だ 。 短 く 源 之 進 が 悪 態 を つ く の が 聞 こ え た 。 砂 の 上 に 仰 向 け に 倒 れ 、 甚 四 郎 は 絶 命 し あ の 杉 山 和 一 と い う 座 頭 の 笑 い 声 が 、 ど 定 十 郎 は 源 之 進 の 懐 に 飛 び 込 む 。 甚 四 郎 て い た 。 顎 に 突 き 刺 さ っ た ま ま の 道 中 差 し こ か ら か 聞 こ え て く る よ う な 気 が し た 。 相 手 に 見 せ た ば か り の 型 に 、 源 之 進 が 引 っ の 刃 が 、 月 明 か り を 反 射 し て 閃 い て い る 。 お 前 の 心 の 奥 底 に 住 み 着 い て 、 い つ ま で 掛 か る と は 思 っ て い な か っ た が 、 定 十 郎 に 呆 然 と し た 表 情 で 、 源 之 進 は 失 わ れ た 己 も 付 き ま と っ て や る の だ は 他 に 手 立 て が な か っ た 。 の 腕 の 傷 口 を 眺 め て い る 。 血 が 止 め ど な く ( つ づ く )