検索 - みる会図書館

検索対象: るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)から 128件ヒットしました。

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


古 事 記 編 纂 1300 年 霧 島 編 一 局 x 道 6 」 一 神 秘 の 山 麓 で 、 神 々 の パ ワ ー を も ら う , 狭 野 神 社 さ の じ ん じ ゃ 毎 年 12 月 第 1 土 ~ 日 曜 に 狭 野 神 楽 が 行 わ れ て い る 開 運 を 招 く 八 体 、 ・ 物 の 縁 起 物 の い す ド 手 , れ か の お 守 り を 納 め て い る 開 、 み く じ 28 神 武 天 皇 ゆ か り の 地 に 立 つ 神 社 00984-42-1007 四 P105C3 霧 島 を 囲 む よ う に し て 鎮 座 す る 霧 島 六 社 権 現 の 一 つ と し て 、 事 始 め 、 開 運 、 交 通 安 全 の 守 り 神 と し て 古 く 、 、 ゆ か り の 神 様 , ツ か ら 信 仰 さ れ て い る 。 神 武 天 皇 を 祀 り 、 天 皇 発 祥 の 地 神 武 天 皇 と も い わ れ る 。 第 5 代 ・ 孝 昭 天 皇 ( 紀 元 前 475 年 即 位 ) 日 本 書 紀 に よ る と 、 神 武 天 の 時 代 に 建 立 さ れ 、 参 道 に あ る 立 派 な 狭 野 杉 と 、 初 、 、 皇 は 幼 名 を 狭 野 尊 ( サ ノ ノ ミ 夏 か ら 夏 に か け て 巣 作 り を 始 め る 霊 鳥 ブ ッ ポ ウ ソ ウ 一 ' コ ト ) と い う 。 こ れ は 尊 が 降 は 国 の 天 然 記 念 物 に 指 定 さ れ て し 、 る 。 誕 さ れ た こ の あ た り の 地 名 約 800 年 前 、 島 津 が 「 狭 野 」 で あ っ た こ と に 由 0 高 原 町 蒲 牟 田 117 ・ 高 原 ℃ か ら 車 で 10 分 義 弘 公 の 重 臣 ・ 新 来 し て い る の た と か 。 朝 の 境 内 自 由 060 台 納 忠 元 が 植 栽 し た と さ れ る 狭 野 杉 今 皇 子 原 公 園 神 話 ェ ビ ッ ー ド 天 孫 降 臨 の 地 ド ラ イ プ ! 霧 島 は 、 ニ ニ ギ ノ ミ コ ト を は じ め と す る 神 々 が 、 天 上 界 か ら 降 り 立 っ た と さ れ る 場 所 。 日 本 の 初 代 天 皇 ・ 神 武 天 皇 に ま つ わ る ス ポ ッ ト も 数 多 く あ る 。 建 国 神 話 の 地 、 高 千 穂 蜂 周 辺 を め ぐ り な が ら 、 神 話 の 世 界 を ひ も と い て み よ う 。 、 い 、 を : い お う し は る こ う え ん 神 話 と レ ジ ャ ー を 楽 し め る ス ポ ッ ト 00984-42-3393 ( 公 園 管 理 事 務 所 ) 四 P 105C3 高 原 町 一 帯 を 見 下 ろ す 高 台 に 整 備 さ れ た 自 然 公 園 。 神 武 天 皇 を 祀 る 皇 子 原 神 社 を 中 心 と し た 園 内 に は 、 古 墳 群 や 神 話 を 解 説 す る 神 武 の 館 、 古 い 民 家 を 再 現 し た 民 俗 体 験 資 料 館 な ど が あ る 。 ま た 、 テ ニ ス コ ー ト や 各 種 バ ン ガ ロ ー 、 本 物 そ っ く り の SL や 、 ゴ ー カ ー ト 、 バ ッ テ リ ー カ ー な ど も あ り 、 レ ジ ャ ー や キ ャ ン プ も 楽 し め る 人 気 の ス ホ ッ ト た 。 0 高 原 町 蒲 牟 田 3-251 ・ 高 原 ℃ か ら 車 で 1 2 分 朝 入 園 無 料 08 時 30 分 ~ 17 時 の 木 曜 、 ゆ か り の 神 様 ( 7 ・ 8 月 は 無 休 ) 0300 台 神 武 天 皇 神 話 の 世 界 神 武 天 皇 ご 降 誕 の 地 と 伝 え ら れ て を わ か り や い る 皇 子 原 は 、 昔 か ら 非 常 に 神 聖 す し 、 展 示 資 な 地 と さ れ て い る 。 神 社 背 後 の 産 料 で 紹 介 す 婆 石 ( う べ し ) の 付 近 で ご 降 誕 な る 「 神 武 の 第 洋 ー 周 囲 を 古 墳 群 で 取 り 囲 ま れ た 皇 子 原 神 社 さ っ た と い う こ と か ら 、 安 産 の 神 と 一 館 」 し て も 讃 え ら れ て い る 。 モ デ ル ル ー ト 4 狭 野 神 社 皇 子 原 公 園 霧 島 東 神 社 御 池 霧 島 神 宮 霧 島 神 宮 古 宮 址 。 神 話 工 と ツ ー ド 1 .4km 6.8km 、 回 り 方 ア ド バ イ ス 霧 島 東 神 社 ′ 。 0 。 1 .4km そ れ そ れ の ス ホ ッ ト へ は 道 路 上 の 案 内 板 を 頼 り に 進 め ば 迷 う 事 は な い が 、 霧 島 東 神 社 は 国 道 沿 い に 大 き な 案 内 板 が な い の で 、 ま す は 御 池 キ ャ ン プ 場 へ 向 か お う 。 途 中 か ら 霧 島 東 神 社 の 案 内 が 出 て く る の で 、 そ れ に 従 っ て 。 17km 7km 天 狗 鈴 守 1 OOO 円 。 、 ・ い 霧 島 山 で 信 仰 さ れ て い る 大 津 坊 と い う 名 前 の 天 狗 を か た ど っ た 魔 除 け の お 守 り イ ザ ナ キ 、 イ ザ ナ ミ 霧 島 東 神 社 の 社 宝 と さ れ る 天 の 高 千 穂 峰 東 麗 に ~ 逆 鉾 は 、 イ ザ ナ キ ・ イ ザ ナ ミ が 日 立 つ 由 緒 あ る 古 宮 ー 鉢 国 を 創 る 際 に 、 海 に 刺 し て 海 水 ー 、 を か き 回 す た め に 使 っ た 「 天 の 沼 鉾 」 で あ る と 伝 え ら れ て い る 。 00984-42-3838 3P105C3 高 千 穂 峰 へ の 中 腹 標 高 500m の 高 台 に 鎮 座 し 、 眼 下 に 御 池 を 一 望 で き る ほ か 、 高 千 穂 峰 へ の 登 山 口 と も な っ て い る 神 社 。 創 建 は 第 1 0 代 ・ 崇 神 天 皇 の 代 と い わ れ て い る が 、 霧 島 連 山 の 相 次 ぐ 噴 火 の た め 資 料 の ほ と ん ど が 消 失 。 そ れ で も 、 高 千 穂 峰 山 頂 に あ る 天 の 逆 鉾 な ど 数 多 く の 社 宝 が 残 さ れ 、 往 時 の 歴 史 を 感 じ さ せ る 。 ※ 2011 年 10 月 現 在 、 新 燃 岳 噴 火 の 影 響 で 高 千 穂 烽 へ の 入 山 不 可 0 高 原 町 蒲 牟 田 6437 ・ 高 原 ℃ か ら 車 で 25 分 朝 の 境 内 自 由 020 台 0 き り し ま ひ か し し ん し や ん の 曷 、 温 小 林 市 コ ス モ ス 牧 場 ・ 宮 県 ・ ・ 霧 島 山 ・ 夷 守 台 る 酪 農 支 場 ・ 参 韓 国 、 大 幡 池 - 、 - び な も り 原 馳 、 狭 野 神 社 0 召 場 林 、 大 浪 池 幸 福 温 泉 丸 温 新 湯 温 泉 良 子 原 公 薗 ② ・ -- - ・ ・ ・ ・ ・ -- -- - 、 。 ー ・ - ・ ・ - ・ 汽 湯 之 元 瘋 血 捨 / 木 の 第 神 社 ー 泉 、 “ 迎 硫 谷 薀 泉 東 霧 島 温 泉 湯 之 野 温 泉 極 楽 温 泉 匠 の 宿 、 湯 之 谷 温 泉 霧 島 神 宮 . 御 池 少 年 自 然 の 家 自 】 、 泉 小 池 ・ 古 宮 址 泉 御 池 0 霧 島 神 宮 グ ロ ー バ ル 牧 場 は ま 牧 場 よ 、 ・ 森 の ガ ー デ ン カ フ ェ ・ グ ー バ ル 牧 場 高 千 穂 c Ayonlea 霧 島 神 宮 駅 神 秘 的 な 雰 囲 気 が 漂 う 山 中 に ひ っ そ り と た た す む 詳 し く は → 神 話 タ イ ジ ェ ス ト P8 『 国 生 み と 神 生 み 』 を 読 も う 旧 向 前 田 駅 鹿 児 霧 島 市 霧 島 神 宮 温 . 223 龍 泉 寺 2k 、 、 湯 穴 温 京 宮 崎 県 都 城 市 運 動 公 霧 島

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


一 を 古 事 記 に ~ ・ と ん な 神 様 が 登 場 す る の ? 古 事 記 に 登 場 す る 神 々 の 系 図 古 事 記 の 舞 台 と な っ た 場 所 は ? 神 話 を ま と め た 上 巻 に 登 場 す る 話 の 、 お よ そ 3 分 の 2 が 宮 崎 県 を 舞 台 に し て い る と 言 わ れ て い る な か で も 、 本 誌 で モ デ ル ル ー ト と し て 紹 介 し て い る 高 千 穂 、 宮 崎 タ ウ ン 5 西 都 原 、 日 南 海 岸 、 霧 島 の 4 エ リ ア は 、 神 話 に ま っ わ る ス ホ ッ ト が 特 に 多 い 。 中 ・ 下 巻 で は 、 神 武 天 皇 の 東 征 、 ヤ マ ト タ ケ ル の 西 征 な ど 、 舞 台 は 九 州 か ら ど ん ど ん 東 へ と 移 っ て い き 、 な か に は 新 羅 ( 現 在 の 韓 国 ) の 王 子 の エ ピ ソ ー ド が 記 さ れ た 新 羅 が 舞 台 の 話 も あ る イ ザ ナ キ イ ザ ナ ミ 伊 邪 那 岐 命 い ざ な き の み こ と 神 世 七 代 の 最 後 に 登 場 す る 男 神 。 妻 で あ る イ ザ ナ ミ と と も に 国 や 神 々 を 生 ん た の ち 、 禊 の 際 に 単 身 で 三 貴 神 を 生 む 。 伊 邪 那 美 命 い ざ な み の み こ と イ サ ナ キ の 妻 。 火 の 神 ・ ガ ク ッ チ を 産 ん た 時 に 大 火 傷 を 負 っ て 命 を 落 と し て し ま う 。 黄 泉 の 国 に 迎 え に 来 た イ ザ ナ キ と 決 裂 。 高 千 穂 ア マ テ ラ ス が 隠 れ た と い う 天 岩 戸 や 、 ニ ギ ノ ミ コ ト が 降 臨 し た と さ れ る く し ふ る 神 社 な ど 、 古 事 記 の な か で も 有 名 な 話 の 舞 台 と な っ た 場 所 が 多 数 点 在 。 → P12 霧 島 高 千 穂 と 並 ん で 神 様 が 降 り 立 っ た と い う 伝 説 が 残 り 、 天 孫 降 臨 の 際 に ニ ニ ギ ノ ミ コ ト が 突 き 立 て た と 伝 わ る 天 の 逆 鉾 の ほ か 、 神 武 天 皇 ゆ か り の 地 が 多 数 点 在 す る 。 → P20 熊 本 空 港 オ オ ヤ マ ッ ミ 綿 津 見 わ た つ み 海 の 神 。 兄 の 釣 り 針 を 失 く し て 途 方 に く れ る ホ ヲ リ を 助 け 、 針 を 見 つ け だ し た 上 に 怒 る 兄 を 屈 服 さ せ る 秘 策 を 授 け る 。 大 山 津 見 お お や ま つ み 山 の 神 。 ニ ニ ギ ノ ミ コ ト が 娘 に 結 婚 を 申 し 込 ん た こ と に 喜 び 、 子 孫 の 命 が 永 遠 に 続 く よ う に と 姉 娘 も 差 し 出 す が 送 り 返 さ れ 、 嘆 き 憤 る 。 宮 崎 県 = 、 、 ア マ 丁 フ ス 西 都 原 ニ ギ ノ ミ コ ト と コ ノ ハ ナ ノ サ ク ャ ビ メ が 出 会 っ た と 伝 わ る 都 萬 神 社 な ど 、 古 事 記 の ラ ブ ロ マ ン ス ゆ か り の 地 や 国 内 最 大 級 の 古 墳 群 が あ り 、 古 代 の 息 吹 が 感 じ ら れ る エ リ ア 。 → P17 宮 崎 タ ウ ン 日 南 海 岸 イ サ ナ キ が 黄 泉 の 国 の ホ ヲ リ ( 山 幸 彦 ) が 穢 れ を 落 と し た と 伝 わ 宮 を 構 え た と 伝 わ る る 御 池 ( み そ ぎ 池 ) が あ 青 島 神 社 を は じ め 、 り 、 国 生 み の ニ 神 、 イ ザ 妻 神 で あ る ト ヨ タ マ ナ キ と イ ザ ナ ミ を 祀 る ビ メ の 出 産 ・ 育 児 に 江 田 神 社 が 鎮 座 す る 。 ま つ わ る 伝 説 が 残 → P16 る 鵜 戸 神 宮 な ど 、 海 幸 彦 ・ 山 幸 彦 ゆ か り の 地 。 → PI 8 宮 崎 空 港 鹿 児 島 ・ 空 港 、 、 ' つ ッ ク ヨ ミ ス サ ノ ヲ 天 照 大 御 神 月 読 命 あ ま て ら す お お み か み つ く よ み の み こ と イ サ ナ キ の 右 目 か ら 生 ま . イ ザ ナ キ が 黄 泉 の 国 か れ た 月 神 で 夜 の 世 界 を ら 戻 り 、 禊 を 行 っ た 際 に 治 め る 。 「 古 事 記 」 や 「 日 左 目 か ら 生 ま れ た 女 神 本 書 紀 」 に も 記 述 が 少 な で 、 三 貴 神 の ひ と り 。 天 い 謎 多 き 存 在 。 三 貴 神 の 上 世 界 の 統 治 を 任 命 さ れ る 。 ひ と り 。 須 佐 之 男 命 す さ の あ の み こ と イ ザ ナ キ の 鼻 か ら 生 ま れ た 三 貴 神 の ひ と り で 、 海 を 治 め た 神 。 乱 暴 者 た っ た が ヤ マ タ ノ オ ロ チ 退 治 な ど 英 雄 の 相 貌 を 持 っ て い る 。 。 を 鹿 児 島 県 宮 崎 県 以 外 で 舞 台 と な っ た お も な 場 所 石 長 比 売 い わ な が ひ め , 木 花 佐 久 夜 毘 売 0 邇 邇 芸 命 に に き の み こ と コ ノ ハ ナ ノ サ ク ャ ビ メ の こ の は な の さ く や び め 神 々 を 率 い て 地 上 に 降 臨 姉 。 醜 い が 永 遠 性 の 象 そ の 美 し さ に ニ ニ ギ ノ ミ コ ト し た 高 天 原 の 神 で - 天 孫 徴 で 、 妹 の 結 婚 で と も に が 一 目 ほ れ し て 結 婚 。 身 ご 降 臨 の 主 人 公 。 山 の 神 差 し 出 さ れ る が 送 り 返 さ も っ た 子 が ニ ニ キ ノ ミ コ ト の の 娘 と 結 婚 し た こ と で 、 れ た た め 、 天 皇 に は 寿 子 て あ る こ と を 証 明 す る た ニ ギ ノ ミ コ ト は 山 の 神 命 が で き た と 伝 わ る 。 め 産 屋 に 火 を 放 ち 出 産 。 の 力 を 手 に 入 れ る 。 ヤ マ タ ノ オ ロ チ 神 話 、 出 雲 オ オ ク ニ ヌ シ の 国 譲 り 神 話 な ど 畿 内 神 武 天 皇 東 征 な ど 伊 勢 ヤ マ ト タ ケ ル 西 征 な ど 事 前 予 約 の 場 合 は 谷 。 985 ・ 加 ・ 8658 ( 宮 崎 市 観 光 協 会 ) 朝 1500 円 。 神 話 観 光 ガ イ ド ブ ッ ク & 神 話 観 光 ア プ リ の モ バ イ ル ガ イ ド 古 事 記 で は 、 ま す 男 女 に 分 古 事 記 に 登 場 す る 宮 崎 神 話 を わ か り や す く 紹 か れ る 前 の 単 独 神 が 現 れ 介 す る ガ イ ド ブ ッ ク と 、 ひ と り で も 気 軽 に 旅 を て は 消 え る と こ ろ か ら 物 楽 し め る モ バ イ ル ガ イ ド が 開 始 予 定 。 宮 崎 神 語 が 始 ま る 。 イ サ ナ キ と 話 が ば っ ち り 分 か る 。 イ サ ナ ミ の 夫 婦 神 が 誕 生 問 合 先 は 谷 。 985 ・ 加 ・ 8658 ( 宮 崎 市 観 光 協 会 ) 。 す る と 、 国 土 を 創 る よ う に と の 命 に よ っ て ニ 人 は 次 々 と 神 々 を 生 ん で い く み そ ぎ 古 事 記 を テ ー マ に し た そ し て 、 イ ザ ナ キ が 禊 を 例 年 イ ベ ン ト 行 っ た 際 に 、 左 目 か ら ア マ 宮 崎 県 内 各 地 で 毎 年 開 催 さ 宮 れ 古 わ 祭 テ ラ ス 、 右 目 か ら ッ ク ョ れ て い る 古 事 記 に ち な ん た さ に 行 火 、 、 、 、 鼻 か ら ス サ ノ ヲ と い 一 つ ま さ ま な お 祭 り が 、 例 年 以 上 ) 御 す ば ら し い 三 柱 の 神 が 誕 に 盛 大 な イ ベ ン ト と し て 実 施 降 生 し た 。 こ の 神 々 を 中 心 に さ れ る 予 定 。 年 ( 天 ・ 毎 址 る 神 話 が 展 開 さ れ る 。 ど の 神 ◆ 高 千 穂 神 楽 ↓ 5 古 材 様 も 個 性 的 で ユ ー モ ラ ス ◆ 青 島 神 社 裸 ま い り ↓ 円 な の が 古 事 記 の お も し ろ ◆ 宮 崎 神 宮 大 祭 ↓ 楽 を 舞 い と こ ろ ◆ 天 孫 降 臨 御 神 火 祭 夜 神 舞 穂 の た ( 霧 島 神 宮 ) 千 記 し 高 事 に 山 幸 彦 や ま さ ち ひ こ 狩 が 生 業 。 失 く し て し ま っ た 兄 の 釣 り 針 を 見 つ け る た め に 海 の 神 ワ タ ッ ミ を 訪 ね 、 娘 の ト ヨ タ マ ビ メ と 結 婚 。 海 の 神 の 力 を 手 に 入 れ る 。 、 羅 鳶 気 ヲ リ ( 火 遠 理 命 ) ト ヨ タ マ ヒ メ ホ デ リ ( 火 照 命 ) 海 幸 彦 う み さ ち ひ こ 漁 を 生 業 と し た の で 海 幸 彦 と 呼 ば れ た 。 自 分 の 釣 り 針 を 失 く し た 弟 の 山 幸 彦 を 許 さ な か っ た が 、 最 後 に は 屈 服 し 弟 の 守 り 人 と な っ た 。 火 須 勢 理 命 ほ す せ り の み こ と 誕 生 時 に 名 前 が 出 た の み で 後 は 一 切 神 話 に 登 場 し な い 。 ッ ク ヨ ミ 同 様 、 対 立 す る ほ か ニ 人 の 兄 弟 神 の バ ラ ン ス を と る た め の 存 在 と の 説 も あ る 。 豊 玉 毘 売 と よ た ま び め ホ ヲ リ と 恋 に お ち 結 婚 す る が 、 出 産 の 際 に 本 来 の 姿 ( サ メ ) を 見 ら れ 海 へ 戻 る 。 生 ま れ た 子 の 養 育 を 妹 タ マ ヨ リ ビ メ に 託 す 。 0 ホ ス セ リ , 、 タ マ ヨ リ ビ メ ウ カ ヤ フ キ ア へ ス ノ ミ コ ト 玉 依 毘 売 た ま よ り び め 姉 の 子 ウ ガ ヤ フ キ ア へ ズ ノ ミ コ ト を 育 て 、 の ち に 成 人 し た そ の 子 と 結 婚 。 4 人 の 子 を 授 か り 、 そ の 末 子 が の ち の 初 代 ・ 神 武 天 皇 。 鵜 葦 草 葦 不 合 命 う が や ふ き あ へ す の み こ と 叔 母 で あ る 育 て の 親 の タ マ ヨ リ ピ メ と 結 婚 。 ニ ニ ギ ノ ミ コ ト か ら 続 く 三 代 は 日 向 三 代 と 呼 ば れ 、 神 々 と 天 皇 を 結 ぶ 重 要 な 役 割 を 担 っ て い る 。 阿 比 良 比 売 ぁ ひ ら ひ め 0 神 倭 伊 波 礼 毘 古 命 か む や ま と い は れ び こ の み こ と 神 武 天 皇 が 九 州 在 住 時 に 結 古 事 記 上 巻 最 後 に 登 場 す る 、 婚 し た 妻 。 2 人 の 子 を 産 む が 神 々 の 血 を 引 く 初 代 天 皇 。 山 / ` 東 征 に は 同 行 せ ず 。 の ち に 子 と 海 の 神 よ り 支 配 権 を 得 た の ひ と り カ 皇 の 座 を 狙 っ て 血 筋 を 受 け 継 き ・ 、 天 下 を 治 神 武 天 皇 暗 殺 を 企 て る 。 め る 理 想 の 地 を 求 め 東 征 。 7

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


古 事 記 編 纂 1300 年 タ イ シ ト 宮 崎 あ 神 話 ー 1 0 分 て さ さ っ と わ か る / や ) た ー て き ー C ニ 円 ・ ま あ 1 ~ み よ う 古 事 記 の 上 巻 に は 神 代 の 話 が 書 か れ て お り 、 そ の 多 く は 宮 崎 が 舞 台 と さ れ て い る 。 こ こ で は 、 古 事 記 を 知 る 上 で 押 え て お き た い 有 名 な 神 話 を 紹 介 し よ う 。 バ バ ッ と 読 ん で 旅 に 出 れ ば 、 ま た 感 動 も 深 ま る は ず ! ぐ ・ り な ん こ 素 な ま で し お う " ・ し お し ー 十 ミ 国 ま 、 天 の 御 柱 を 立 て て 契 り を 交 わ す 。 イ ザ ナ キ と イ ザ ナ ミ の 国 生 み オ ノ ゴ ロ 島 に 降 り 立 っ た ニ 人 は 、 神 殿 と 「 天 の 御 柱 」 を 立 て て 国 を 生 む 約 束 遠 い 昔 、 こ の 世 に ま だ 何 も 存 在 し な か っ た こ ろ 、 天 と 地 が 割 れ て た を す る 。 柱 の 周 り を 左 右 に 回 り 出 会 っ た と こ ろ で 、 イ ザ ナ キ と イ ザ ナ ミ は 愛 く さ ん の 神 々 が 出 現 し た 。 あ る と き 、 夫 婦 神 イ ザ ナ キ と イ ザ ナ ミ の 言 葉 を か け 合 い 、 夫 婦 と し て 結 ば れ た 。 し か し 、 ニ 人 が 初 め て 成 し た 子 ( ※ 1) が 現 れ 、 地 上 に 国 を 造 る こ と を 任 さ れ た 。 ニ 人 は 海 に 矛 を 突 き 刺 し 、 オ ノ ゴ ロ 島 ( ※ 2 ) と い う 初 め て の 国 土 を 造 っ た と い う 。 ( 島 ) は ヒ ル の よ う に 骨 の な い 物 体 で あ っ た 。 見 待 も じ イ 預 イ 大 + ょ の ) の し し て q か を ト 生 々 十 福 マ に つ オ ヾ み も 小 、 み と 、 十 に り は 生 と 、 な 大 民 ら イ ザ ナ キ 黄 泉 の 国 へ イ ザ ナ ミ が 大 火 傷 を 負 う イ ザ ナ キ と イ ザ ナ ミ の 神 生 み イ ザ ナ キ は 、 と う と う イ ザ ナ ミ を 追 っ て 黄 泉 の 国 ( ※ 4 ) ま あ る と き 、 イ ザ ナ ミ は 火 の 神 を 生 み 、 女 性 の 大 切 な 部 分 そ の こ と を 高 天 原 ( ※ 3 ) の 神 々 に 相 談 す る と 、 女 性 で あ で 来 て し ま う 。 し か し 、 黄 泉 の 国 の 食 べ 物 を 食 べ て し ま っ に 大 火 傷 を 負 っ て し ま う 。 瀕 死 の 状 態 で 苦 し み な が ら も 、 る イ ザ ナ ミ が 先 に 愛 の 言 葉 を か け た こ と が 原 因 だ と わ た イ ザ ナ ミ は 、 元 の 国 に は 戻 れ な く な っ て い た 。 黄 泉 の 国 糞 尿 や 嘔 吐 物 な ど か ら 6 つ も の 神 を 生 ん だ が 、 と う と う カ か っ た 。 そ し て ニ 人 は 儀 式 を や り 直 し 、 無 事 に 8 つ の 島 を の 神 様 に 戻 し て も ら え る よ う お 願 い に 行 く 間 、 決 し て 自 分 尽 き て 死 ん で し ま っ た 。 イ ザ ナ ミ の 死 を 悲 し ん だ イ ザ ナ キ 完 成 さ せ た と い う 。 さ ら に 6 つ の 小 島 を 生 ん だ 後 、 住 居 の の 姿 を 見 な い よ う に と イ ザ ナ キ に 伝 え た 。 は 、 生 ま れ た ば か り の 火 の 神 を 殺 し て し ま っ た 。 そ し て 、 そ 神 、 山 の 神 、 海 の 神 ・ ・ ・ な ど さ ら に た く さ ん の 神 々 を 生 ん の 血 か ら は ま た 新 た な 神 々 が 生 ま れ た 。 し 3 、 出 ま ロ ← く “ イ ヤ 十 キ 伊 邪 那 岐 伊 邪 那 美 み ← の す 、 ( 一 い 第 ま 小 な イ 見 キ ナ キ Z つ か 、 な 0 0 6 め 、 イ / 。 . ま ら ヤ 彡 0 マ マ う ス ス / テ ゝ 3 / イ ザ ナ キ の 禊 黄 泉 の 国 の 追 手 ・ ザ ナ キ の 裏 切 り イ サ ナ ミ は 黄 泉 の 国 の 出 口 ま で 追 っ て き た が 、 イ ザ ナ キ 約 束 を 破 っ た こ と に 怒 り 爆 発 の イ ザ ナ ミ は 、 黄 泉 醜 女 し か し 、 ど う し て も 気 に な っ て し ま っ た イ ザ ナ キ は 、 イ ザ は 大 き な 岩 で 出 口 を ふ さ い で し ま っ た 。 黄 泉 の 国 の 穢 れ ( ※ 5 ) と い う 追 手 を 差 し 向 け て イ ザ ナ キ を 追 い か け て き ナ ミ の 姿 を の そ い て し ま う 。 そ こ に は 、 腐 っ た 体 に ウ ジ 虫 を 洗 い 流 す た め 、 阿 波 岐 原 の 池 で 禊 を 行 う と 、 イ ザ ナ キ の た 。 追 手 に 向 か っ て 髪 飾 り を 投 げ つ け る と 山 ぶ ど う に 、 竹 が た か り 、 8 つ の 雷 神 が と り 憑 い た 醜 い の イ ザ ナ ミ が 身 体 か ら 様 々 な 神 が 生 ま れ た 。 左 目 を 洗 う と ア マ テ ラ ス 櫛 を 投 げ る と タ ケ ノ コ に 変 わ り 、 そ れ を 食 べ て い る 隙 に イ い た 。 そ れ を 目 に レ て し ま う た キ ザ ナ キ は 、 恐 ろ し く な っ て 逃 げ ( 天 照 大 御 神 ) が 、 右 目 を 洗 う と ッ ク ヨ ミ ( 月 読 命 ) が 、 鼻 ザ ナ キ は 必 死 で 逃 げ た 。 そ し て 、 最 後 に 桃 の 実 を 3 つ 投 げ を 洗 う と ス サ ノ ヲ ( 須 佐 之 男 命 ) が 誕 生 し た 。 る と 黄 泉 の 国 の 雷 神 と 軍 隊 は 逃 げ て 行 っ た 。 出 し た 。 大 冫 ツ つ ヨ を 承 う 今 ネ ー オ お 市 ー

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


男 狭 穂 塚 ・ 女 狭 穂 塚 お さ ほ づ か ・ め さ ほ っ か れ 它 内 オ 森 の 中 に 佇 む 巨 大 な 古 墳 00983-41-1557 ( 西 都 市 観 光 協 会 ) 四 P49A1 日 本 最 大 の 帆 立 貝 型 古 墳 の 男 狭 穂 塚 と 、 全 長 174m 、 高 さ 15m の 九 州 最 大 の 前 方 後 円 墳 、 女 狭 穂 塚 。 そ れ そ れ ニ ニ ギ ノ ミ コ ト 、 コ ノ ハ ナ ノ サ ク ャ ビ メ の 御 陵 と さ れ る 。 宮 内 庁 管 轄 の 古 墳 で あ る た め 、 立 入 り は 不 可 。 外 か ら 入 口 を 眺 め る こ と が で き る 。 0 西 都 市 三 宅 ・ 西 都 ℃ か ら 車 で 1 5 分 柵 に 囲 ま れ た 森 の 中 に あ る 森 の 中 に ひ っ そ り と た た す む ◆ 大 山 祇 塚 お お や ま つ み づ か オ オ ヤ マ ッ ミ が 眠 る 古 墳 0098J -41-1557 ( 西 都 市 観 光 協 会 ) 四 P59B5 300 基 以 上 の 古 墳 が 点 在 す る 西 都 原 古 墳 群 の ひ 創 建 は 天 平 5 年 ( 733 ) と 伝 え ら : と つ 。 全 長 90m の 前 方 後 円 墳 で 、 コ ノ ハ ナ ノ サ ク ヤ れ る 石 貫 神 社 ビ メ の 父 に あ た る 山 の 神 ・ オ オ ヤ マ ッ ミ の 御 陵 と い 0 西 都 市 三 宅 ・ 西 都 ℃ か ら 車 : で 15 分 朝 自 由 : わ れ て い る 。 同 じ く 大 山 津 見 神 が 祀 ら れ て い る 石 貫 神 社 も 隣 に あ る の で あ わ せ て 見 学 し よ う 。 台 に の は な 館 駐 車 場 利 用 ) ー 都 萬 神 社 創 建 は 承 和 4 年 ( 837 ) 。 コ ノ ハ ナ ノ サ ク ャ ビ メ が 子 育 て の た め に 甘 酒 を 与 え た と い う い い 伝 え か ら 清 酒 発 祥 の 地 と も し 、 わ れ る 恋 す る 女 子 の 強 い 味 方 ? ! 0 0983-43-1238 四 P49B2 良 縁 に め ぐ り 会 え た ! 恋 愛 が う ま く い っ た ! な ど の ウ ワ サ が 絶 え な い 神 社 。 主 祭 神 は 縁 結 ひ や 安 産 の 神 と し て 知 ら れ る コ ノ ハ ナ ノ サ ク ャ ビ メ 。 さ ら な る 恋 愛 成 就 を 願 う な ら 、 倒 木 し た 御 神 木 の く ぐ り 抜 け や 絵 馬 の 願 掛 け に も ト ラ イ し よ う 。 0 西 都 市 妻 1 ・ 西 都 ℃ か ら 車 で 1 5 分 0 参 拝 自 由 ( 御 札 所 8 ~ 1 7 時 ) の 無 休 020 台 願 い を 通 す と い わ れ る 千 年 楠 の 洞 洞 木 ( ど う ど う ほ く ) 。 願 し 、 事 を 唱 え な が ら く ぐ ろ う - 看 板 猫 の ミ 絶 大 な パ ワ ー が あ は お 守 り 売 り る と 女 子 に 支 持 さ 場 前 が お 気 に れ て い る ハ ー ト の 入 り の 場 所 十 お 守 り 1000 円 。 御 神 木 の ク ス ノ キ で 恋 愛 の 神 様 作 ら れ て い る ゆ え に 絵 馬 も ハ ー ト 型 ! 1 枚 600 円 3 第 は を つ ま じ ん じ ゃ 詳 し く は → 神 話 タ イ ジ ェ ス ト P8 『 国 生 み と 神 生 み 』 を 読 も う 、 ゆ か り の 神 様 , イ ザ ナ キ 、 ア マ テ ラ ス 、 ッ ク ヨ ミ 、 ス サ ノ ヲ 愛 す る イ ザ ナ ミ の い る 黄 泉 の 国 か ら 帰 っ た イ ザ ナ キ は 、 穢 れ た 体 を 清 め よ う と 御 池 で 禊 を 行 っ た 。 イ ザ ナ キ が 衣 類 を 脱 き 捨 て る た び に 、 そ し て 水 の 中 で 体 を 洗 う た び に 神 々 が 生 ま れ た 。 最 後 に 生 ま れ た の が ア マ テ ラ ス 、 ツ ク ヨ ミ 、 ス サ ノ ヲ の 三 神 な の た 。 き - ロ ゆ か り の 神 様 。 コ カ け ノ サ ク ャ ビ メ 天 孫 降 臨 の 神 ・ ニ ニ ギ ノ ミ コ ト は 、 美 し い コ ノ ハ ナ ノ サ ク ヤ ヒ メ に 出 会 い 夫 婦 と な っ た 。 そ の ニ 人 が 仲 睦 ま じ く 暮 ら し た の が 、 こ の 都 萬 神 社 周 辺 。 燃 え 盛 る 産 屋 の 中 で 無 事 に 三 人 の 子 を 生 ん た こ と か ら 安 ー , 産 の 神 と も さ れ て い る 。 5 月 末 か ら 6 月 に か け て 池 は 黄 色 い ス イ レ ン の イ サ ナ キ が 太 陽 ・ 月 ・ 海 の 神 々 を 産 ん た こ と を 表 す み そ ぎ の 碑 。 江 田 神 社 に 立 つ , 、 カ フ 〒 タ イ し 詳 し く は → 神 話 タ イ ジ ェ ス ト PI 0 『 天 孫 降 臨 』 を 読 も う お 参 リ の あ の 絶 景 を お と も に ス イ ー ツ を 田 園 風 景 の 先 に 尾 鈴 山 を 望 む 絶 好 の ロ ケ ー シ ョ ン 。 オ ー ナ ー パ テ ィ シ ェ が 作 る ケ ー キ は 常 時 10 種 以 上 。 ど れ も 地 元 の 牛 乳 や 卵 な ど 、 こ た わ り 素 材 が 生 み た す や さ し い 味 わ い 。 2 、 種 が 選 べ る 「 ケ ー キ セ ッ ト B 」 800 円 が お す す 、 。 。 、 め 。 0 西 都 市 茶 臼 原 785-4 ・ 西 都 ℃ か ら 車 で 1 5 分 の 10 ~ 1 8 時 ( ラ ン チ タ イ ム は 1 1 時 30 分 ~ 一 114 時 ) の 火 曜 、 第 1 ・ 3 月 曜 013 台 谷 098J -43-2201 MAP P 102E5 写 真 は B セ 、 、 1 個 の A セ ッ ト は 68 円 季 節 の 花 々 に 彩 ら れ た ロ ク ハ ウ ス の 店 宮 崎 タ ウ ン ・ 西 都 原

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


な を 、 古 事 記 編 纂 1300 年 殘 第 第 を 正 「 イ 当 第 物 ツ の 譿 い 物 ) 確 ら ~ を 、 、 島 , レ 第 天 岩 戸 神 社 最 も 知 ら れ た 神 話 の ひ と つ 『 天 岩 戸 隠 れ 』 の 舞 台 00982-74-8239 3P59C1 岩 戸 川 を 挟 ん で 西 と 東 に 分 か れ 、 ア マ テ ラ ス が 身 を 隠 し た 洞 窟 「 天 岩 戸 」 を 御 神 体 と す る 神 社 。 西 本 宮 本 殿 の 裏 手 、 渓 谷 を 挟 ん た 対 岸 に あ る 洞 窟 が 天 岩 戸 と い わ れ る 。 社 務 所 に 申 し 込 む と 遥 拝 殿 ま で 案 内 し て も ら え 、 宮 司 さ ん の 解 説 を 聞 き な が ら 拝 観 す る こ と が で き る 。 ー 0 高 千 穂 町 岩 戸 1073-1 ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー ー か ら 車 で 15 分 朝 の 境 内 自 由 050 台 、 、 ゆ か り の 神 様 ア マ テ ラ ス ス サ ノ ヲ 騒 き を 起 こ し て ば か り の 弟 ス サ ノ ヲ に 対 し て 、 堪 忍 袋 の 緒 が 切 れ た 姉 の ア マ テ ラ ス は 天 岩 戸 に 身 を 隠 し て し ま う 。 太 陽 神 が い な く な っ た 世 界 は 闇 に 包 ま れ 悪 神 た ち が は び こ る よ う に な っ て い く 。 あ ま の い わ と し ん し ゃ ~ 、 朝 第 。 の 拝 殿 鉄 岩 司 ま と の 奥 か ら 遥 拝 で き る 、 話 ェ ビ ッ ー ド 。 と つ る ら ひ ど い も ロ 」 の た て を 器 か っ 一 c.5 神 を 持 益 の 勾 鈴 で う 種 、 土 け そ 三 . っ た だ え 久 ア 世 界 に 光 な 蘇 っ た 岩 神 話 の 里 地 曇 の 神 木 。 天 岩 戸 開 き の た め に ア メ ノ ウ ス メ が そ の 枝 を 手 に し て 舞 っ た と い わ れ る 御 神 木 。 秋 に 鈴 様 の 実 を 結 び 、 こ の 実 が 神 月 が あ し ら わ れ た 楽 鈴 の 起 源 と 伝 わ る 縁 9 守 り も あ 心 が 洗 わ れ る よ う な 凛 と し た 空 気 が 漂 う 天 安 河 原 あ ま の や す か わ ら 困 っ た 神 々 が 集 っ て 知 恵 を 絞 っ た 場 所 00982-73-1212 ( 高 千 穂 町 企 画 観 光 課 ) 四 P59C1 天 岩 戸 隠 れ 』 で 神 々 が 協 議 し た と 伝 わ る 河 原 。 奥 に あ る 洞 窟 は 荷 と も よ は れ 、 鳥 居 と お 宮 が 立 つ 。 い つ の こ ろ か ら か 、 こ こ に 石 を 積 ん で 祈 願 す る と 願 い が 叶 う と い わ れ る よ う に な っ た 。 今 で は い た る と こ ろ に 石 が 積 み 上 け ら れ 、 厳 か で 独 特 な 雰 囲 気 が 、 ゆ か り の 神 様 タ ヂ カ ラ オ の 像 ・ イ / ( → P14 天 岩 戸 醸 し 出 さ れ て い る 。 ア マ テ ラ ス 神 社 ) と 、 左 は ア メ タ ヂ カ ラ オ 0 高 千 穂 町 岩 戸 1073-1 ノ ウ ス メ の 像 ( 高 。 = ' 千 穂 中 心 部 ) ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 車 で 1 5 分 ア メ ノ ウ ズ メ 朝 の 見 学 自 由 0 な し 暗 黒 の 世 界 に 困 り 果 て た 八 百 万 の 神 は 天 安 河 原 に 集 ま り 相 談 。 祠 の 中 の 暗 闇 に 鎮 座 す る 幽 玄 な お 社 出 し た 結 論 は 、 岩 戸 の 外 で 宴 会 を 開 い て ア マ テ ラ ス を 誘 い 出 そ ー 、 う と い う も の 。 ア メ ノ ウ ズ メ が 陽 気 な 舞 を 踊 り 、 岩 戸 が 少 し 開 い : た と こ ろ を タ チ カ ラ オ が 押 し 開 け 世 界 に 光 が 蘇 っ た 。 高 千 穂 お 祓 い を し ~ 、 い た た い て か ら 遥 拝 殿 へ 天 岩 戸 神 話 の 名 脇 役 、 ア メ ノ ウ ス メ と タ ヂ カ ラ オ の 神 面 小 鈴 。 美 女 と 野 獣 ? 詳 し く は → 神 話 タ イ ジ ェ ス ト P9 『 天 岩 戸 隠 れ 』 を 読 も う 象 ぐ 対 古 の ら 石 め の 込 数 が 無 り た み 祈 れ 積 ハ ワ ー ス ポ ッ ト と し て 注 目 を 集 め て い る の が 遊 歩 道 途 中 の 橋 。 川 の 上 流 か ら 下 流 へ と 大 き な 気 が 流 れ て い る の で 橋 の 上 で 上 流 に 向 か っ て 手 を 広 げ る と パ ワ ー を も ら え る と い う ア マ テ ラ ス か 隠 れ た 、 、 岩 戸 の 扉 を こ し あ け た 、 カ 持 ち の タ チ カ ラ オ / 話 工 ビ ソ ー ド 詳 し く は → 神 話 ダ イ ジ ェ ス ト P9 『 天 岩 戸 隠 れ 』 を 読 も う

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


ワ ン ポ イ ン ト 6 イ ザ ナ キ ・ イ サ ナ ミ " 初 め て 性 別 を も っ た 男 女 神 。 " 原 文 か ら 読 み 解 く と 、 こ の 一 一 】 神 は 兄 妹 で あ っ た 可 能 性 が あ り 、 沖 縄 地 域 の 神 話 で も こ う ~ し た 兄 妹 婚 の 話 が 濃 厚 に 分 ・ 布 す る 。 9 オ ノ ゴ ロ 島 ・ 塩 の し ず く が 自 然 に 固 ま っ た 島 で 、 イ ザ ナ キ ・ イ ザ ナ ミ 両 神 を ~ が 国 生 み を 始 め る 場 所 。 兵 庫 ~ 県 ・ 淡 路 島 の 南 約 5 に 浮 か ~ ぶ 沼 島 が そ の 比 定 地 と さ れ て 奪 」 し つ 勾 日 高 天 原 ( た か ま が は ら ) " 神 々 の 住 む パ ン テ オ ン 。 空 を 突 ~ き 抜 け た 天 上 世 界 。 そ の 下 に ~ 地 上 の 葦 原 中 国 が あ り 、 地 下 ・ に 黄 泉 の 国 が あ る 。 つ ま り 三 層 に 分 か れ た 世 界 の 最 上 部 が 青 回 天 原 と い 、 つ こ と に な る 。 日 黄 泉 の 国 ( よ み の く に ) 死 の 世 界 の こ と で あ り 、 古 事 i 記 で は 出 雲 地 域 が こ れ に 擬 せ 響 ら れ て い る 。 こ う し た 観 念 が " 生 ま れ て く る の は 、 出 雲 地 域 ~ こ 黄 泉 へ の 独 自 な 信 仰 が あ っ ~ た た め で あ る 。 6 黄 泉 醜 女 ( よ も し つ こ め ) ~ 古 事 記 で は 黄 泉 の 鬼 女 の 相 貌 を も っ て い る が 、 後 の 昔 話 で は 山 姥 に 該 当 す る 。 6 三 柱 の 女 神 " 古 事 記 に よ れ ば 、 福 岡 県 の 宗 像 大 社 の 祭 神 。 タ キ ッ ヒ メ が 】 玄 海 町 田 島 の 辺 津 宮 に 。 大 島 " の 中 津 宮 に イ チ キ シ マ ビ メ 、 沖 " ノ 島 に タ ギ リ ビ メ メ が 祀 ら れ て い る 天 岩 戸 隠 れ ( あ ま の い わ と か く れ ) " ア マ テ ラ え は 太 陽 神 で あ る た " め 、 こ の 挿 話 は か っ て は 日 蝕 の 現 象 を 語 る も の と 考 え ら れ て " し か し 、 現 在 は 宮 中 で 行 わ れ ~ て き た 鎮 魂 祭 を 神 話 化 し た も の と 解 釈 さ れ て い る 。 日 ア メ ノ ウ メ " ウ ズ は 髪 や 冠 に 刺 し た 木 の 】 枝 、 花 、 玉 な ど の 飾 り 。 植 物 の " 生 命 力 を 人 体 に 取 り 込 む こ 】 と が で き る 呪 的 な 機 能 を ~ も つ 。 こ の 神 は シ ー マ ン 的 な 呪 力 を も っ て い る 9 ・ 永 藤 先 生 の 0 0 天 照 大 御 神 。 雪 当 ー る ( 第 ス 寸 / ヲ は る を 乙 0 お 、 き ー ん な に に も し た く な ー い よ ど 一 り ま し 念 い い な ら 0 / 国 へ 立 つ 前 に マ マ 〒 ラ ス 孀 さ に に ヘ ム い に こ う 、 み ニ っ ワ ス 廿 / 7 チ い う こ し マ マ 〒 ラ ス は ー 昼 の 世 \ ッ 〃 ョ ミ 6 世 暮 を と て い ? い 、 4 7 マ 〒 ラ ス 一 ア マ マ テ ラ ス に 別 れ を 告 げ に 行 く / ス サ ノ ヲ が 追 放 さ れ る マ テ ラ ス と ス サ ノ ヲ ス サ ノ ヲ は 黄 泉 の 国 へ 行 く 前 に 、 姉 の ア マ テ ラ ス に 別 れ ス サ ノ ヲ の 泣 き 声 で 、 海 は 荒 れ 狂 い 、 木 々 は 枯 イ ザ ナ キ は 禊 に よ っ て 生 ま れ た 三 神 に 、 ア マ テ ラ ス ( 天 照 大 御 を 告 げ に 行 っ た 。 れ 、 地 上 に は 悪 い 神 が は び こ る よ う に な っ た 神 ) は 昼 間 の 世 界 を 、 ツ ク ヨ ミ ( 月 読 命 ) は 夜 の 世 界 を 、 ス サ ノ ヲ と こ ろ が 、 乱 暴 者 の ス サ ノ ヲ が 自 ら が 治 め る 高 天 原 を の で 、 イ ザ ナ キ は 地 上 の 世 界 か ら ス サ ノ ヲ を 追 ( 須 佐 之 男 命 ) は 海 を 治 め る よ う に 命 す る 。 ア マ テ ラ ス は や が て ス 奪 う た め に 攻 め て き た と 勘 違 い し た ア マ テ ラ ス は 、 武 装 い 出 し て し ま っ た 。 ス サ ノ ヲ は 、 母 で あ る イ ザ ナ 最 高 神 に 君 臨 し 高 天 原 を 治 め た が 、 弟 の ス サ ノ ヲ は 死 ん だ 母 に し て 高 天 原 で ス サ ノ ヲ を 待 ち 受 け た 。 ミ に 会 い に 黄 泉 の 国 へ と 旅 立 っ こ と に な っ た 。 会 い た い と 毎 日 泣 き 喚 き 、 海 の 統 治 を 放 棄 し た 。 オ 安 あ 3 生 私 オ 々 生 よ と 、 ・ じ 貝 人 か な ま の 大 ぃ ) 矜 く フ ト 。 、 ら 神 ら ん ホ け み ち 謝 、 信 さ 、 の 生 の は ち た 方 。 ま 多 を 可 % ク ) ・ ア マ テ ラ ス の 天 岩 戸 隠 れ サ ノ ヲ の 勝 利 マ テ ラ ス と ス サ ノ ヲ の 関 係 が こ じ れ る ス サ ノ ヲ の 行 い に 恐 れ を な し た ア マ テ ラ ス は 、 天 岩 戸 に 武 装 し て い る ア マ テ ラ ス に 、 ス サ ノ ヲ は 別 れ を 告 げ に 来 た だ け だ と ア マ テ ラ ス が 、 刀 と 勾 玉 そ れ そ れ の 持 ち 主 が 身 を 隠 し て し ま っ た ( ※ 7 ) 。 太 陽 の 神 が い な く な っ た 高 説 明 し た が 、 信 用 し て も ら え な か っ た 。 そ こ で 、 ど ち ら が よ い 子 ど も 生 み の 親 で あ る こ と を 主 張 す る と 、 ス サ ノ ヲ は 天 原 は 暗 闇 に 包 ま れ 、 悪 い 神 が あ ふ れ か え り 災 い が 起 一 方 的 に 、 清 ら か な 女 神 を 生 ん だ 自 分 の 勝 利 を 生 め る か 競 い 合 っ て 勝 負 を 決 め よ う と ス サ ノ ヲ が 提 案 。 ア マ テ ラ こ る よ う に な っ た 。 だ と い い 勝 ち 誇 っ た 。 そ し て 、 調 子 に 乗 っ て 田 ス は ス サ ノ ヲ の 刀 を 使 っ て 三 柱 の 女 神 ( ※ 6 ) を 、 ス サ ノ ヲ は ア マ テ 困 っ た 神 々 た ち は 、 天 岩 戸 か ら ア マ テ ラ ス に 出 て き て も ラ ス の 勾 玉 を 使 っ て 五 柱 の 男 神 を 生 ん だ 。 畑 を 荒 ら し 、 神 殿 に ウ ン コ を 撒 き 散 ら し た り と ら う 方 法 を 話 し 合 っ た 。 乱 暴 を 働 い た 。 、 立 あ み 今 な ら 派 な つ イ し 世 中 は ヒ = / ャ ア マ 〒 ラ ス は マ マ 〒 ラ ス に 出 も ら も に ' の 天 岩 戸 隠 れ 一 一 あ っ つ と 、 フ イ エ / イ 、 私 り ま す ヒ ヒ ー の ア x / ウ ズ ワ ′ ゥ ー な か 外 - し う : フ + 、 お 、 3 / ア マ テ ラ ス 復 活 / ア マ テ ラ ス が こ の 盛 り 主 が り の 理 由 を 尋 ね た と こ ろ 、 ア メ ノ ウ ズ メ は 「 あ な た さ ま よ り も も っ と 立 派 な 神 様 が い ら っ し や っ た の で そ れ を 喜 ん で い る の で す 」 と 答 え た 。 そ れ を 聞 し 、 た ア マ テ ラ ス が 外 を の そ い た 瞬 間 に 、 タ チ カ ラ オ ( 天 手 カ 男 命 ) が 岩 を こ じ 開 け て ア マ テ ラ ス を 外 に 連 れ 出 し 、 世 の 中 に 光 を 取 り 戻 し た 。 0 0 0 / 神 様 た ち の 大 宴 会 神 々 た ち は 、 天 岩 戸 の 前 で 宴 会 を 開 き 、 ア マ テ ラ ス の 気 を ひ く 作 戦 に 出 る こ と に し た 。 宴 会 は 大 い に 盛 り 上 が り 、 ア メ ノ ウ ズ メ ( 天 宇 受 売 命 ) ( ※ 8 ) が 裸 に な っ て 踊 り だ し 、 拍 手 喝 采 を あ び た 。 宴 会 の 様 子 が 気 に な っ た ア マ テ ラ ス は 天 岩 戸 の 入 口 を そ っ と 開 け て 外 を の そ い た 。

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


週 つ で 固 か の 参 道 に 立 つ 御 神 木 の ク ス ノ キ は し パ ワ ー ス ポ ッ ト と 宮 崎 タ ウ ン 西 都 原 届 古 事 記 編 纂 1300 年 0 神 々 の ラ ブ ロ マ ン ス 、 を 神 話 ス ポ ッ ト へ , 會 江 田 神 社 え た じ ん し ゃ 日 本 最 古 の ニ 神 を 祀 る 稀 少 な 神 社 00985-39-3743 四 P108D2 阿 波 岐 原 森 林 公 園 の 近 く 、 森 の 中 に ひ っ そ り と た た す む 神 社 。 こ ち ら に 祀 ら れ て い る の は 日 本 最 古 の 男 女 ニ 神 、 イ サ ナ キ と イ サ ナ ミ 。 日 本 広 し と い え ど 、 こ の 両 神 を 祀 っ て い る 神 社 は こ こ だ け と か 。 縁 結 び や 安 産 子 宝 、 厄 よ け に ご リ 益 が あ る と し 、 わ れ る 。 0 宮 崎 市 阿 波 岐 原 町 産 母 127 朝 宮 崎 ℃ か ら 車 で 20 分 0 参 拝 自 由 の 無 休 050 台 が 平 記 安 さ 中 れ 期 て の い 法 る 典 緒 延 る さ 杉 を 使 っ た 流 れ 造 り の 社 殿 。 左 の 相 殿 に 父 、 右 の 相 殿 に は 母 を 祀 る 宮 崎 神 宮 神 ニ 天 ア 々 ニ 地 マ が ギ 創 云 日 本 の 初 代 天 皇 を り ミ の ス 祀 る 由 緒 あ る 神 宮 な 御 00985-27-4004 四 P 108B3 野 鳥 の 楽 園 と も い わ れ る 清 ら か な ハ る と な 森 の 中 に 境 内 が あ る 。 主 祭 神 ラ ナ 宮 す で あ る 絳 目 笨 磐 条 夫 篁 こ と 神 プ ノ 崎 る 武 天 皇 は 、 鵜 戸 神 宮 ( → PI 9 ) ロ サ タ 多 の 洞 窟 で 産 ま れ た ウ ガ ヤ フ キ ア ク ウ く へ ズ と タ マ ヨ リ ビ メ の 子 に あ た る 。 毎 年 10 月 に 行 わ れ る 大 祭 を ス ビ を 神 を メ め 々 は じ め 、 年 間 を 通 し て 1000 以 追 が ぐ が 上 の 祭 り が 行 わ れ る 。 つ 暮 り 生 0 宮 崎 市 神 宮 2-4-1 ・ 宮 崎 ℃ か ら 車 て ら 、 ま : で 15 分 の 5 時 30 分 ~ 閉 門 は 季 節 に よ : り 異 な る の 無 休 010 台 を た た 神 々 が 生 ま れ た 池 で 祈 願 成 就 ! ? し 土 て 地 00985-39-7308 ( 市 民 の 森 管 理 事 務 所 ) 四 p 108D2 御 神 木 か ら 採 取 し た 梛 木 ( な よ 市 民 の 森 の 一 角 に あ る 一 見 な ん の 変 哲 も な い 池 た ) ぎ ) の 実 を 使 っ た お 守 り 500 、 ) ) 円 は 縁 結 び に ご 利 益 あ り ! が 、 ア マ テ ラ ス や ス サ ノ ヲ を は じ め 、 35 柱 も の 神 が 生 ま れ た と い わ れ る す ご い 池 。 こ の 神 話 は 、 古 事 記 の 中 で も 重 要 な お 話 の ひ と つ 。 江 田 神 社 の 宮 司 さ ん い わ く 、 「 池 の 中 に 立 つ 御 幣 に 向 か っ て ニ 手 一 礼 、 心 で 願 い を 唱 え る 」 と 願 い が 叶 う の だ と か 。 0 宮 崎 市 阿 波 岐 原 町 産 母 128 ・ 宮 崎 ℃ か ら 車 で 20 分 00 散 策 自 由 の 無 休 0200 台 み や さ き じ ん ぐ う 御 池 朝 そ ぎ 池 ) み い け ( み て ぎ い け ) モ デ ル ル ー ト 宮 崎 神 宮 江 田 神 社 御 池 ( み そ ぎ 池 ) 大 山 祇 塚 男 狭 穂 塚 ・ 女 狭 穂 塚 都 萬 神 社 、 木 城 町 一 長 谷 観 音 西 都 原 考 古 博 物 館 ・ 如 法 寺 ロ 恋 花 事 茶 臼 原 古 墳 群 鍋 町 大 山 祇 塚 . ・ 都 声 神 1 日 分 寺 跡 ・ 女 狭 穂 誓 ・ 新 田 原 古 徒 歩 す く 、 松 本 塚 古 墳 ・ 霧 島 尹 社 日 鹿 野 田 神 日 、 2 m 九 州 き 車 道 経 も 西 都 市 - 西 都 ・ 州 佐 神 社 八 坂 神 神 社 自 動 平 音 堂 佐 土 駅 社 御 冫 、 ( み そ 池 ) 霧 島 神 汀 田 神 卍 金 剛 寺 八 社 生 目 墳 群 営 崎 崎 神 宮 神 宮 駅 宮 崎 宮 *PA 八 坂 神 社 加 納 2km 物 10 し 一 2km 向 住 駅 ー ツ 葉 内 天 満 神 花 見 神 ョ 住 吉 回 り 方 ア ド バ イ ス 街 な か と は い え 、 宮 崎 タ ウ ン の 郊 外 や 、 さ ら に 西 都 市 へ も 足 を 延 ば す ル ー ト の た め 、 移 動 は 断 然 車 が 便 利 。 宮 崎 市 ~ 西 都 市 間 は 東 九 州 自 動 車 ミ ナ ル 道 を 利 用 し て 20km ほ し ノ 葉 大 橋 1 日 で め ぐ っ て 宮 崎 タ ウ ~. ツ に 戻 っ て も 充 分 楽 し め 宮 崎 タ ウ ン ・ 西 都 原 シ ー ガ イ ア 宮 崎 西 km 南 宮 武 旧 へ

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


地 上 の 神 サ ル タ ィ ま だ ま だ あ り ま す ! ) ビ コ と 天 の 神 ア メ ノ ウ ス メ の 結 婚 は 今 で 言 う 国 際 結 婚 の よ う な も の メ ^ 著 立 神 社 幻 想 的 な 雲 海 。 昼 夜 の 気 温 差 が 大 き し 、 晩 秋 に 見 ら れ る こ と が あ る 神 々 の 道 案 内 を 務 め た 遥 か 遠 く ま で 見 下 ろ す カ ッ プ ル 神 を 祀 る 360 度 の 大 パ ノ ラ マ 00982-72-2368 3P59C5 天 孫 降 臨 の 際 、 地 上 へ の 道 案 内 を し た サ ル タ ビ コ と 、 天 岩 戸 神 話 で 踊 っ た ア メ ノ ウ ス メ を 祀 る 。 ご 夫 婦 神 を お 祀 り す る こ と か ら 夫 婦 円 満 や 縁 結 び に こ 利 益 が あ る と い わ れ 、 芸 能 の 神 様 と し て も 名 高 い 。 0 高 千 穂 町 三 田 井 667 ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 車 で 5 分 朝 朝 境 内 自 由 030 台 く と オ て い 国 見 ヶ 丘 ゆ か り の 神 様 タ テ イ ワ タ ッ ノ ミ コ ト 神 武 天 皇 の 子 孫 で あ る タ テ 高 い 丘 か ら 国 を 見 渡 し イ ワ タ ッ ノ ミ コ ト が 、 九 州 統 九 州 平 定 の 決 意 を 固 め る 制 の た め に 高 千 穂 に 寄 っ た 際 、 こ の 丘 か ら 国 見 を し 、 決 意 を 新 た に し た と い わ れ て 00982-73-1212 ( 高 千 穂 町 企 画 観 光 課 ) い る 。 四 P105B2 と て も フ レ ン ド 九 州 統 制 に あ た り 、 タ テ イ ワ タ ッ ノ ミ コ ト が 遠 く 阿 蘇 五 リ ー な 宮 司 の 岳 ま で 広 が る 高 千 穂 盆 地 を 一 望 し た と い わ れ る 標 高 513m の 小 高 い 丘 。 雲 海 の 名 所 と し て も 知 ら れ て お り 、 最 も よ く 見 ら れ る の は 9 月 下 旬 ~ 1 1 月 上 旬 の 早 朝 。 モ デ ル の エ ピ ち ゃ ん や 歌 手 の 氷 川 き 0 高 千 穂 町 押 方 ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 車 で 1 0 分 よ し さ ん も お 参 り し 朝 朝 見 学 自 由 050 台 て 話 題 に な っ た 様 の お 膝 元 で い た だ く ー 元 祖 あ ら ら ぎ 乃 茶 屋 あ ら た て し ん し や り こ な の 0 し な お 能 O て ら 5 、 ゆ か り の 神 様 サ ル タ ビ ] ア メ ノ ウ ズ メ ニ ギ ノ ミ コ ト が 天 孫 降 臨 す る 際 、 道 案 内 を す る た め に サ ル タ ビ コ が 待 っ て お り 、 天 孫 の 神 々 一 行 を 代 表 し て ア メ ノ ウ ズ メ が 名 前 を 尋 ね た の か 出 会 い 。 の ち に 結 婚 す る こ と と な り 、 荒 木 を 利 用 し て 急 い で 宮 居 を 造 っ た た め 荒 立 宮 と 称 し た 。 か っ 納 し て み て は を 詳 し く は → 神 話 タ イ ジ ェ ス ト P9 『 天 岩 戸 隠 れ 』 を 読 も う 話 ェ り 一 ド く に み が お か ・ 11 物 官 詣 " 石 造 り の 建 物 。 高 千 穂 牛 を 使 っ た テ ー ブ ル 席 と カ ウ ン タ ー に 座 敷 席 も あ る ハ ン バ ー ガ ー も 人 気 の 店 0 ふ る さ と 茶 房 石 の 蔵 ふ る さ と さ ほ う い し の く ら 昭 和 8 年 ( 1933 ) 創 業 。 4 時 間 か け て じ っ く り 炙 り 焼 く 鳥 の 丸 焼 き は 、 余 分 な 脂 と 水 分 が 落 ち 、 鶏 の 旨 味 が ギ ュ ッ と 凝 縮 。 青 竹 に 酒 を 入 れ 、 焚 き 火 で 炙 っ て 温 め て 飲 む 高 千 穂 名 物 か つ ほ 酒 " 発 祥 の 店 で も あ る 。 ー 合 1020 円 。 0 高 千 穂 町 押 方 1245-1 ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 車 で 8 分 の 8 時 30 分 ~ 1 7 時 の 無 休 020 台 食 事 処 へ は 階 段 を 昔 な が ら の 座 敷 席 の ほ か 下 っ て 1 階 へ テ ラ ス 席 も あ る 古 代 人 も 食 べ て い た ? ! 猪 肉 メ ニ ュ ー 100 年 以 上 前 の 穀 物 庫 を 移 築 し た カ フ ェ 。 地 元 で 獲 れ た 天 然 猪 を 使 っ た 山 賊 ハ ン バ ー グ 定 食 1200 円 が 名 物 メ ニ ュ ー 。 猪 肉 は 古 く か ら こ の 地 方 で 食 べ ら れ て き た も の で 、 高 タ ン パ ク 低 カ ロ リ ー 、 疲 労 回 復 に も 効 果 が あ る と い わ れ る 。 湧 水 で 淹 れ る 自 慢 の コ ー ヒ ー 400 円 も せ ひ 。 0 高 千 穂 町 押 方 1258 ・ 高 千 穂 バ ス セ 山 賊 ハ ン ← グ 定 食 。 シ ョ ウ ガ と ニ ン ニ ク が 効 い た と ろ み の あ る ソ ー ス で ン タ ー か ら 車 で 7 分 の 1 0 ~ 1 8 時 の 無 休 05 台 谷 0982-72-200J MAP P59A5 鳥 の 丸 焼 き は 2 名 セ ッ ト 4200 円 。 調 味 料 は 塩 の み を 使 用 高

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


彡 第 リ 第 ー 第 を 神 楽 用 語 は や わ か り 天 蓋 く も ( て ん が い ) ( お も て さ ま ) 周 千 辺 穂 と り も 神 庭 を 囲 む 白 い 切 り 紙 。 を 表 す と 同 時 に 魔 ド 除 け の 役 割 も あ 念 ヾ 、 ぐ る と い う 。 自 然 ー 界 の 神 々 や 十 ニ 支 な ど が モ チ ー フ と な っ て い る 。 神 々 が 舞 い 降 り る 庭 。 四 方 に 一 間 ( 3.6m ) の し め 縄 を め ぐ ら せ 、 こ の し め 縄 を つ た っ て 神 が 降 り て く る と さ れ る 。 神 庭 に は 、 ほ し や ど ん 以 外 入 れ な い 。 彫 り も の ( え り も の 厂 1 神 々 の ふ る さ と ・ 高 天 原 を 表 す 日 と 月 も 描 か れ て い る 。 神 楽 で 使 う 面 の こ と で 、 神 そ の も の 。 高 千 穂 で は 、 お も て 様 を 扱 う と き は 一 礼 し て 手 に 取 る 。 氏 神 ( う し が み ) 氏 子 ( う し プ 楽 宿 ( か ぐ ら や ど 厂 。 ~ 同 じ 地 域 ( 集 落 ) に 住 む 人 々 が 同 で 祭 る 神 様 の こ と 神 の そ 、 と み こ 住 の に 士 一 , 辺 同 周 者 ~ 「 、 の る 神 す 氏 仰 」 同 神 楽 が 奉 納 さ れ る 場 所 の こ と 。 昔 な が ら の 民 家 で 行 わ れ る こ と も あ れ は 、 公 民 館 な ど の コ ミ ュ ニ テ ィ ス ペ ー ス で 行 わ れ る こ と も あ る 。 鈴 や 榊 、 御 幣 、 扇 子 、 杖 、 太 、 や ? ノ 刀 、 弓 矢 な ど に 一 が あ り 、 持 っ て い る 物 で そ 53 の の 願 い や 性 格 が 表 さ て し 、 る 。 ほ し や ど ん 神 楽 の 舞 い 手 。 奉 仕 者 殿 ( ほ う し し や ど の ) か ら ほ し や ど ん と よ ば れ る よ う に 霧 島 ・ え び の ・ . 日 南 海 岸 ※ 例 年 の 日 程 で す 。 変 更 の 場 合 も あ り ま す の で お で か け 前 に こ 確 認 く た さ い 。 が な 社 社 社 神 社 神 社 の く る 行 行 れ だ 現 神 る 社 大 す 社 神 幡 社 社 社 天 社 社 社 社 社 社 権 瀧 社 社 神 社 道 を ら え 神 野 八 神 神 神 初 神 神 神 神 神 神 下 鳴 神 神 神 O 里 見 迎 畑 木 野 野 口 元 逢 原 霊 上 宮 宮 神 磐 野 中 福 カ 野 神 中 柚 下 上 黒 秋 芝 御 ニ 歳 嶽 石 熊 山 広 柘 熊 表 区 区 区 区 区 区 地 区 区 区 区 地 区 区 区 区 区 0 ま 地 地 地 地 地 地 地 井 地 地 地 地 地 地 井 地 地 地 地 地 納 方 野 野 野 野 山 田 方 戸 方 戸 方 戸 田 内 山 原 山 原 奉 押 上 下 上 上 向 三 押 岩 押 岩 押 岩 三 河 向 田 向 田 日 曜 曜 曜 曜 曜 楽 日 日 日 神 吐 吐 曜 曜 吐 吐 夜 い し し 日 曜 曜 曜 曜 近 日 日 日 日 近 近 近 近 近 . 日 日 日 日 ワ 」 CXI 乙 日 日 印 3 土 土 土 土 日 日 終 終 印 印 9 第 1 3 3 終 1 2 2 2 つ 」 3 3 日 取 日 取 00 第 第 第 最 程 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 2 2 2 2 2 月 月 月 月 月 ど ん な 席 で 見 る の ? 神 楽 宿 内 の 座 敷 で 見 学 す る の が 基 本 。 靴 を 脱 い で 上 が る の で 、 パ ン ツ ス タ イ ル な ど の し つ 、 と こ で 行 わ れ る の ? 動 き や す い 服 装 が べ タ ー 。 人 が 多 く て 神 楽 宿 に 入 右 の 表 が 目 安 。 た だ し 、 毎 年 、 日 程 や 神 迎 れ な い 場 合 は 、 外 か ら 見 学 す る こ と に な る 。 え す る 神 社 が 変 わ る こ と も あ る た め 、 旅 程 必 需 品 は ? 夜 神 楽 は 、 神 楽 宿 の 戸 を 開 け 放 っ て 行 わ れ 7 ・ 1212 ) か 高 千 穂 町 観 光 協 会 ( 谷 0982 ・ る こ と が 多 い た め 、 防 寒 具 や カ イ ロ は 必 携 。 ・ 1213 ) に 問 合 せ を 。 高 地 に あ る た め 真 冬 の 高 千 穂 は 寒 い ー 夜 中 は さ ら に 冷 え る の で 、 毛 布 を 持 参 す る 人 も い る ほ ど 。 予 約 は 必 要 ? 予 約 や 事 前 連 絡 は 特 に 必 要 な い 。 た だ し 神 そ の ほ か 、 懐 中 電 灯 や 夜 食 用 の お や っ 、 お に ぎ り 、 温 か い 飲 み 物 、 脱 い た 靴 や ゴ ミ を 入 れ る た め の ビ 楽 は 、 地 域 の 人 々 と 神 が 一 体 に な る 儀 式 。 O オ ー ル カ ラ ー 176 ペ ー ジ で 見 こ た え あ り も っ と 知 り た い 見 物 料 は ? 入 門 書 と し て 、 高 千 穂 町 観 光 協 会 が 8 年 に 発 行 し た 「 祈 り 見 物 は 無 料 た が 、 ひ と り に つ き 「 寸 志 」 と し て 焼 酎 253 本 、 ま た は 「 初 穂 料 」 と し と 伝 承 の 里 高 千 穂 の 夜 神 楽 」 が お す す め 。 る コ ラ ム 、 観 光 ス ポ ッ ト な ど も 掲 載 さ れ て い る 。 道 の 駅 高 千 穂 を は じ め と し た 物 産 館 撮 影 は で き る ? や 高 千 穂 神 社 、 神 社 内 の 神 楽 殿 な ど で 販 売 。 他 の 見 物 者 の 迷 惑 に な ら な い 程 度 な ら OY 観 光 客 向 け の 三 脚 、 一 脚 の 使 用 を 禁 止 し て い る 地 区 も あ 神 楽 も あ る の ? 高 千 穂 神 社 の 神 楽 殿 で 毎 晩 囲 時 か ら 混 雑 度 は ? 観 光 神 楽 が 舞 わ れ て い る 。 観 光 神 楽 夜 神 楽 は 里 人 の お 祭 り の た め 、 神 楽 宿 は 大 と い っ て も 、 高 千 穂 夜 神 楽 伝 承 者 が 舞 い 、 賑 わ い 中 座 す る と 席 が な く な る こ と も あ 笛 や 太 鼓 も 生 演 奏 さ れ る の で 迫 力 満 点 で 見 る が 、 譲 り 合 っ て 見 物 し よ う 。 ご た え 充 分 。 宿 泊 8 交 通 ガ イ ド ガ イ ド A Q 。 A Q A Q 切 げ A Q 組 A Q 詳 し く は 次 の ペ ー ジ で ! 高 千 穂

るるぶ宮崎 高千穂 日南 えびの 霧島'12 (国内シリーズ)


高 一 語 こ 、 多 に れ る 満 わ れ 一 円 い 訪 婦 と が 夫 る 客 一 内 , ゃ あ 梓 び が 参 、 一 / 縁 利 く 夫 婦 杉 。 大 好 き な 人 と 手 を つ な ぎ 周 囲 を 3 回 ま わ る と し 、 つ ま で も 仲 よ く し 、 ら れ る と い わ れ て い る 膨 ・ .. - 第 費 , 第 ン い 。 郵 朝 を い 幽 玄 な 空 気 に 包 ま れ た 深 く 美 し い 渓 谷 00982-73-1212 ( 高 千 穂 町 企 画 観 光 課 ) 四 P59A5 阿 蘇 山 の 噴 火 か ら 流 れ 出 た 溶 岩 が 、 数 万 年 と い う 長 い 時 間 を か け て 侵 食 さ れ 生 ま れ た 渓 谷 。 渓 谷 の 中 ほ ど に あ る 落 差 17m の 真 名 井 の 滝 は 、 日 本 の 滝 百 選 の ひ と つ で 、 貸 し ホ ー ト で 滝 の 付 近 ま で 近 づ く こ と が で き る 。 遊 歩 道 入 口 付 近 に は 、 ス サ ノ ヲ が 彫 っ た と さ れ る 月 形 が 見 ら れ る 。 高 千 穂 町 三 田 御 塩 井 ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ー ら 車 で 5 分 朝 見 学 自 由 ( 貸 ポ ー ト は 30 分 1500 一 円 で 3 名 ま で 乗 船 可 ) 朝 貸 ポ ー ト は 8 時 30 分 ~ ー 16 時 30 分 受 付 終 了 ( 夏 ー 休 み 期 間 は 7 時 30 分 ~ ー 17 時 30 分 受 付 終 了 。 混 雑 時 は 早 め に 受 付 終 了 ) 岩 肌 の 月 形 。 詫 び の 050 台 ( 500 円 ) 証 で 掘 っ た と さ れ る 創 建 1800 年 の 古 社 は 高 千 穂 八 十 八 社 の 総 社 00982-72-2413 四 P59B5 ニ ギ ノ ミ コ ト に 始 ま る 高 千 穂 に 宮 を 営 ん た 日 向 三 代 の 神 々 と 、 神 武 天 皇 の 御 兄 ミ ケ イ リ ノ ミ コ ト 一 族 を 祀 る 。 現 在 の 本 殿 は 安 永 7 年 ( 1778 ) に 造 営 さ れ た も の で 国 の 重 要 文 化 財 。 神 楽 殿 で は 観 光 神 楽 ( → P56 ) が 毎 晩 開 催 さ れ る 。 0 高 千 穂 町 三 田 井 1037 ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー か ら 車 で 1 0 分 朝 0 境 内 自 由 050 台 、 ゆ か リ の 神 様 , ミ ケ イ リ ノ ミ コ ト 神 武 天 皇 の 御 兄 弟 神 で あ る ミ ケ イ リ ノ ミ コ ト は 東 征 の 途 中 で 高 千 穂 に 帰 り 、 で 悪 さ を 繰 り 返 す 八 と い う 悪 神 を 退 治 し た 。 鬼 八 の 亡 骸 は 何 度 も 再 生 す る た め 、 体 を 3 つ に 切 り 離 し て 別 々 の 場 所 に 埋 め た と い う 。 0 穂 高 た か ち ほ き よ う た か ち ほ じ ん じ ゃ 鎌 倉 時 代 に は 源 頼 朝 の 信 仰 も 篤 か っ た ・ - 1 こ ド 勹 る -- 夫 永 る L.u 。 末 れ 円 れ い わ 益 守 い ロ あ に が 縁 本 殿 東 側 に は 退 治 の 場 面 を 表 し た 像 が あ る お み く し を 引 い て 神 様 に 、 お 願 い を ! 、 ゆ か り の 神 様 ス サ ノ ヲ 愚 行 を 繰 り 返 し た ス サ ノ ヲ が 、 詫 び の 証 と し て 渓 谷 の 岩 肌 に 日 形 と 月 形 を 彫 っ た 。 太 陽 神 で あ る 姉 の ア マ テ ラ ス を 日 形 、 三 日 月 ほ ど の 光 し か な い 自 分 を 月 形 に た と え た も の で 、 現 在 は 月 形 の み が 残 っ て い る 。 鬼 八 退 治 の 様 子 を し る し た お 守 り 500 円 。 厄 除 け に 霊 験 あ ら た か 見 事 な 彫 刻 が 施 さ れ て し 、 る こ と で も 知 ら れ る 社 殿 ツ を を 学 を こ ) ー - 詳 し く は → 神 話 タ イ ジ ェ ス ト P9 『 天 岩 戸 隠 れ 』 を 読 も う 一 宮 崎 の 巨 樹 百 選 に 指 定 さ れ て い る 巨 木 。 こ の 下 か ら 水 が 湧 く 天 上 よ り 移 さ れ た こ ん こ ん と 湧 く 御 神 水 00982-73-1212 ( 高 千 穂 町 企 画 観 光 課 ) P59B5 樹 齢 1300 年 の ケ ヤ キ の 根 元 よ り 湧 き 出 る 水 で 、 御 神 水 と し て 信 仰 さ れ て い る 。 現 在 も 勢 い よ く 水 が 湧 き 続 け 、 真 名 井 の 滝 や 玉 垂 れ の 滝 の 水 源 に な っ て い る と い わ れ る 。 0 高 千 穂 町 三 田 井 ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー ー か ら 車 で 5 分 朝 の 見 学 自 由 0 な し 、 ゆ か り の 神 様 ニ ギ ノ ミ コ ト ニ ギ ノ ミ コ ト が 降 臨 し た 際 、 こ の 地 に 水 が な か っ た た め 、 ア メ ノ ム ラ ク モ ノ ミ コ ト が 再 び 天 上 に の ぼ り 高 天 原 よ り 水 種 を 移 し た と 伝 わ る 湧 水 。 ニ ギ ノ ミ コ ト と と も に 降 臨 し た 神 々 が 、 天 上 界 が 恋 し く な る と こ の 地 に 立 っ て 高 天 原 を 遥 拝 し た 伝 わ る 高 天 原 遥 拝 所 神 々 が 降 り 立 っ た と 伝 わ る 檍 触 峰 の 麓 00982-72-2413 ( 高 千 穂 神 社 ) 、 ゆ か り の 神 様 , 3P59C5 ニ ギ ノ ミ コ ト 古 く は 降 臨 し た 山 そ の も の を 御 神 々 と と も に 、 高 千 穂 の 久 士 希 神 体 と し て 祀 っ て い た が 、 元 禄 7 気 に 降 り 立 っ た ニ ニ ギ ノ ミ コ ト 。 年 ( 1694 ) 、 当 時 の 延 岡 藩 主 や 「 柔 ら か な 朝 日 が 降 り 注 き 、 た お 村 人 た ち の 厚 い 信 仰 に よ り 社 殿 や か な タ 日 に 包 ま れ る 美 し い 国 た 」 と 大 変 気 に 入 り 、 宮 殿 を 建 て が 建 て ら れ た 粤 辺 に は 、 高 天 原 て 住 み 始 め た そ れ が こ の 場 所 と 遥 拝 所 や 四 皇 子 峰 が あ る 。 い わ れ る 。 0 高 千 穂 町 三 田 井 ・ 高 千 穂 バ ス セ ン タ ー ー か ら 車 で 5 分 朝 の 境 内 自 由 010 台 あ め の ま な い く し ふ る 神 社 く し ふ る じ ん じ ゃ 話 三 と ツ ー ド ド 露 話 工 一 詳 し く は → 神 話 ダ イ ジ ェ ス ト PI 0 『 天 孫 降 臨 』 を 読 も う 高 千 穂