検索 - みる会図書館

検索対象: 出雲神話の成立

出雲神話の成立から 227件ヒットしました。

出雲神話の成立


出 雲 神 話 の 成 立

出雲神話の成立


太 大 神 の 三 者 だ け と な る の で あ る 。 と こ ろ が 、 出 雲 の 国 人 が 大 神 の 称 を 奉 っ た こ れ ら 熊 野 大 神 ・ 野 城 大 神 ・ 佐 太 大 神 は 、 ど う し た こ と な の で あ ろ う か 、 記 紀 と も に 取 り 上 げ て い な い の で あ る 。 そ れ に 代 わ っ て 、 大 神 と は 呼 ば な い 須 佐 之 男 命 や 、 新 し い 発 生 に な る 大 穴 持 命 が 、 出 雲 神 話 の 主 役 と し て 登 場 し 、 活 躍 し て い る 。 こ の 点 だ け か ら い っ て も 、 記 紀 の 出 雲 神 話 が 、 出 雲 の 人 び と の 伝 え て き た 神 話 と は 、 本 質 的 に 異 な っ て い る も の で あ る こ と が わ か る で あ ろ う 。 須 佐 之 男 命 の 名 を こ こ に 挙 げ た が 、 出 雲 の す べ て の 神 々 の 祖 神 と し て 、 皇 室 の 祖 神 で あ る 天 照 大 神 の 弟 神 と さ れ た こ の 神 が 、 大 神 と 呼 ば れ て い な か っ た こ と も ま こ と に 不 思 議 な こ と で あ る 。 こ う し た と こ ろ に 、 中 央 の 神 話 創 作 者 の 頭 脳 に 秘 め ら れ た か ら く り が あ っ た 。 そ こ で 、 裏 面 の か ら く り を さ ぐ る た め に 、 節 を 改 め て 、 須 佐 之 男 命 ・ 大 穴 持 命 の 出 自 を 調 べ る こ と に し ょ だ が そ の 前 に 、 熊 野 大 神 に つ い て 一 言 い っ て お き た い こ と が あ る 。 後 に 考 証 す る 須 佐 之 男 命 も そ う で あ る が 、 野 城 大 神 や 佐 太 大 神 に し て も 、 地 名 を も っ て 呼 ん で い る 。 こ れ は 神 名 の 形 式 か む ほ ぎ の と し て は も っ と も 古 い 呼 び 方 で あ る 。 と こ ろ が 熊 野 大 神 を 、 『 延 喜 式 』 に の る 出 雲 国 造 の 神 賀 か ぶ ろ ぎ く し み け ぬ こ と ま か ぶ ろ ぎ 詞 の 中 で は 、 「 加 夫 呂 伎 熊 野 大 神 櫛 御 気 野 命 ー と 呼 ん で い る 。 加 夫 呂 伎 は 『 風 土 記 』 に 熊 野 加 む ろ の 武 呂 乃 命 と 用 い て い る の と 同 じ で 、 「 神 ろ ー に 男 性 の 「 伎 ー を つ け た も の で あ る 。 「 ろ 」 は 語 調 8

出雲神話の成立


第 三 部 出 雲 神 話 の 分 析

出雲神話の成立


す な わ ち 、 古 き 国 土 の 経 営 者 で あ 「 た 大 国 主 神 が 、 天 っ 神 の 皇 孫 の た め に 国 土 を 譲 る と い う 説 話 で あ る が 、 こ れ は 各 部 族 が 伝 え る 降 臨 説 話 を 、 国 家 的 ス ケ ー ル に お い て 大 き く 取 り 扱 お う と し た も の で あ っ た 。 し か も 、 こ の 大 国 主 神 の 神 格 な ら び に 属 性 を 高 揚 す る こ と に よ っ て 、 皇 孫 の 天 っ 神 と し て の 権 威 と 神 聖 性 を も た ら そ う と も し た の で あ る 。 『 古 事 記 』 が 国 譲 り の 説 話 の み で 終 わ ら な い で 、 大 国 主 神 の い ろ い ろ な 説 話 を 長 々 と 掲 げ て い る の も 、 そ う し た 意 図 か ら 出 た も の で あ る 。 す な わ ち 、 旧 国 土 の 経 営 者 で あ っ た 大 国 主 神 を 、 多 く の 事 績 に よ っ て 偉 大 な 神 に す れ ば す る ほ ど 、 そ の 偉 大 な 神 で さ え 国 譲 り を し な け れ ば な ら な か っ た 皇 孫 の 権 威 が 、 見 事 に し め さ れ る か ら で あ っ た 。 お お な む ち と こ ろ が 『 書 紀 』 は こ れ に 反 し て 、 大 己 貴 神 と い う 表 現 を 用 い 、 ま た 主 題 で あ る 国 譲 り の 説 話 だ け を 載 せ て 、 こ の 神 に 関 す る 他 の 説 話 は 除 外 し た 。 た だ そ の 一 部 だ け を 一 書 と し て 取 り 扱 っ た 。 こ の 点 が 『 古 事 記 』 と 『 書 紀 』 の 大 き な 相 違 で あ る 。 大 国 主 神 と い う 新 し い 神 名 を 創 作 し た ほ ど の 『 古 事 記 』 編 者 だ け に 、 こ の 神 の 説 話 を 盛 り た く さ ん に 載 せ て 神 格 を 高 め 、 ひ い て は そ れ に よ っ て 皇 孫 の 権 威 を し め そ う と し た 。 し か し 『 書 紀 』 で は 、 そ こ ま で の 作 為 と 行 き 過 ぎ と を 是 正 し て 、 主 題 の 国 譲 り 説 話 だ け に 限 定 し た わ け で あ る 。 そ し て 出 雲 国 で の 正 し い 呼 び 名 に 戻 し て 、 大 己 貴 神 と い う 表 現 を 用 い た 。 だ が 、 こ の 名 称 の 底 に は 、 や は り 『 古 事 記 』 編 者 に 類 し た 意 図 が う か が え る の で あ る 。

出雲神話の成立


三 須 佐 之 男 命 の 出 自 記 紀 の 出 雲 神 話 で は 、 須 佐 之 男 命 は 出 雲 の 神 々 を 代 表 す る 最 高 の 祖 神 と し て 記 さ れ て い る 。 だ が 、 こ れ ま で 述 べ て き た こ と で 明 ら か な よ う に 、 須 佐 之 男 命 は 神 門 川 中 流 の 一 地 方 的 神 と し て 発 生 し た も の に す ぎ ず 、 出 雲 国 を 代 表 す る 光 栄 あ る 祖 神 と し て 、 優 遇 さ れ る 資 格 を も つ も の で は な か 「 た 。 そ れ な の に 、 ど う し て か く も 光 栄 あ る 地 位 を 与 え ら れ 、 さ ら に は 皇 室 の 祖 神 で あ る 天 照 大 神 の 弟 神 と い う 関 係 で 結 ば れ る ま で に な 「 た の で あ ろ う か 。 出 雲 国 が 神 話 の 裏 方 と し て 選 ば れ た こ と に つ い て は 、 す で に さ き に 述 べ た が 、 高 天 原 に 対 し て 根 国 、 顕 国 に 対 し て 黄 泉 国 、 善 霊 に 対 し て 悪 霊 、 こ う し た 陰 陽 の 二 原 の 理 は 、 神 話 構 成 の 上 で の 墓 本 的 思 想 で あ 「 た 。 し た が 0 て 、 陽 神 と 陰 神 の 和 合 に よ 0 て 国 土 が 修 固 さ れ 、 神 々 が 生 ま れ る が 、 古 い 形 と し て は 最 高 神 と し て 日 月 二 神 が 生 ま れ 、 日 の 神 は 高 天 原 を 、 月 の 神 は 夜 の 国 を 治 め る と い う 構 成 で あ っ た と 思 う 。 そ の 後 、 天 皇 を 中 心 と す る 中 央 集 権 の 確 立 を 計 る と い う 線 に 沿 「 て 編 さ ん さ れ た 神 話 に お い て は 、 天 皇 の も っ 統 治 権 の 尊 厳 と 神 聖 性 を し め す 必 要 か ら 、 政 治 的 思 想 の も と に 改 修 さ れ た 。

出雲神話の成立


え っ て 他 地 方 の 豪 族 で あ る 三 輪 氏 や 宗 像 氏 が 、 み ず か ら の 系 譜 を 曲 げ て ま で 大 国 主 神 の 裔 で あ 。 る と 称 し て い る 。 も し 彼 ら が 本 当 に 出 雲 族 の 血 を ひ く 者 で あ る な ら ば 、 出 重 臣 と 同 じ よ う 一 〕 一 ・ 内 穂 日 命 を 始 祖 と す べ き で あ る 。 そ れ を こ と さ ら に 大 国 主 神 を 始 祖 で あ る と し た と こ ろ に 、 こ の 間 の 秘 密 が 存 す る わ け で あ る 。 つ ぎ ぶ み 記 紀 は 皇 室 に 伝 わ る 帝 紀 ・ 旧 辞 の ほ か 、 各 氏 族 の 纂 記 な ど を 参 酌 し て 編 ま れ た が 、 た だ そ れ ら を 合 理 的 に 整 理 編 集 す る こ と に あ っ た の で は な い 。 白 中 心 と す る 中 央 集 権 の 確 立 と い う 大 理 念 の も と に 、 皇 室 中 心 主 義 的 な 神 話 を 編 む こ と に あ っ た 。 そ の た め に 、 こ の と き の 神 話 創 作 者 の 智 恵 は 、 そ の 理 念 に 添 っ て 随 所 に 発 揮 さ れ た 。 中 で も 国 譲 り の 説 話 は 、 日 本 神 話 の ピ ー ク を な す 天 孫 降 臨 説 話 の 前 提 を な す 重 要 な 説 話 で あ る 。 そ れ だ け に 神 話 創 作 者 の も っ と も 創 意 の 必 要 と さ れ た 部 分 で あ っ た と い え る 。 し た が っ て 、 そ こ に は 出 雲 の 神 話 を 伝 え 記 録 し よ う な ど と い う 意 図 は 、 は じ め か ら 持 た れ て い な か っ た 。 た だ 高 天 原 に 対 す る 根 国 と し て 比 定 さ れ て い る 出 雲 国 を 、 そ の 神 話 の 地 域 的 背 景 と し て 用 い れ ば さ き 事 足 り た の で あ る 。 そ こ に 「 出 雲 国 の 伊 那 佐 ( 稲 佐 ) 之 小 浜 」 や 、 「 御 大 之 前 ( 美 保 の 埼 ) 」 と い う 地 名 が 出 る こ と に な っ た 。 し か し 、 舞 台 に 登 場 す る 神 々 は 、 新 し い 神 の 名 と し て つ く ら れ た 大 国 主 神 を は じ め 、 神 話 創 作 者 は 自 由 に 選 ぶ こ と が で き た 。 そ し て 賀 茂 神 戸 に 関 係 す る 神 を ま ず 拾 い 上 げ て か ら 後 は 、 征

出雲神話の成立


お お な む ち お お な む ぢ 洋 -C ツ 、 よ 、 0 一 般 に 『 古 事 記 』 は 大 国 主 神 、 『 書 紀 』 は 大 己 貴 神 と 用 い 、 そ の ほ か 時 に 大 穴 牟 遅 神 ( 記 ) ・ 大 己 貴 命 ( 紀 ) と 呼 ん で い る 。 こ れ に 対 し て 、 大 神 の 称 を 用 い て い る の は 三 例 に し か す ぎ ず 、 大 己 員 大 神 ( 神 武 紀 ) と 出 雲 大 神 ( 崇 神 紀 ・ 垂 仁 記 ) と で あ る 。 し た が っ て 記 紀 と も に 、 少 よ く と も 神 代 巻 に お い て は 大 神 の 称 で は 呼 ん で い な い の で あ る 。 お お な も ち の み こ と こ の 神 が 出 雲 で は ど う 呼 ば れ て い た か と い う と 、 『 出 雲 国 風 土 記 』 で は 大 穴 持 命 と い し あ め の し た っ く ら し し の ほ か 、 「 造 天 下 大 神 ・ 所 造 天 下 大 神 大 穴 持 命 と 用 い ら れ て い る 。 し か し 「 所 造 天 下 大 神 ー と い う 表 現 は 、 後 に つ け た 美 称 で あ る こ と が 明 ら か で あ っ て 、 こ の 神 の 本 来 の 名 は 「 大 穴 持 命 」 で あ る 。 こ う み て く る と 、 記 紀 で わ す か 三 例 だ け 大 神 の 称 で こ の 神 が 呼 ば れ 、 ま た 『 出 雲 国 風 土 記 』 で 美 称 と し て 大 神 の 称 を 冠 せ ら れ て い て も 、 そ れ は 後 の 形 容 で あ っ て 、 本 来 こ の 神 は 大 神 の 称 で は 呼 ば れ て い な か っ た こ と が わ か る で あ ろ う 。 こ と に 『 出 雲 国 風 土 記 』 が 「 所 造 天 下 大 神 」 た と 形 容 し た の は 、 記 紀 に よ っ て 性 格 づ け ら れ た 国 譲 り の 神 に 対 し て な さ れ た も の で あ る 。 大 し か も 、 さ き の 各 節 で 考 証 し た こ と に よ っ て 明 ら か な よ う に 、 地 主 神 と し て の こ の 神 の 発 生 雲 は 新 し く も あ る 。 ま た 熊 野 大 神 ・ 野 城 大 神 ・ 佐 太 大 神 の ご と く 、 地 名 を 冠 し て 大 神 と 呼 ば れ て い る 神 々 と も 、 発 生 的 ・ 時 代 的 に 異 な っ て い る 。 し た が っ て 、 出 雲 に お い て 古 く か ら 大 神 の 称 で 呼 ば れ 、 か な り 広 範 な 地 域 を 信 仰 的 ・ 宗 教 的 地 盤 と し て い た 神 は 、 熊 野 大 神 ・ 野 城 大 神 ・ 佐

出雲神話の成立


れ た 。 そ れ は 何 も 宮 崎 県 の 日 向 を 意 識 し た も の で も な い 。 神 話 創 作 者 の 頭 の 中 で は 、 皇 室 の 発 祥 地 と い う 点 で 、 明 る い 表 方 の 意 味 を も つ 日 向 の 地 名 が つ け ら れ た の に す ぎ な い の で あ る 。 亡 ざ な み ざ な ぎ く な っ た 伊 邪 那 美 命 を 黄 泉 国 に 訪 れ た 伊 邪 那 伎 命 が 、 黄 泉 国 の 穢 れ を 祓 う た め に 日 向 の 小 戸 の あ は ぎ は ら 檍 原 の 川 で み そ ぎ し た と い う 説 話 も 、 裏 方 の 黄 泉 国 に 対 し て 、 そ の 反 対 の 表 方 の 地 名 と し て 日 向 が 用 い ら れ た も の で あ っ た 。 に に ぎ ひ こ ほ ほ で み う が や ふ き あ え ず そ し て 、 日 向 三 代 の 自 室 の 神 々 、 邇 々 芸 命 ・ 日 子 穂 々 手 見 命 ・ 鵜 葺 草 葺 不 合 命 に ま つ わ る 説 の 両 族 が 伝 え て い た も の で あ ろ う が 、 九 州 に 降 臨 し て 大 和 へ 東 遷 す る と い う 神 話 の 仕 組 み の た め 、 こ れ ら 国 っ 神 の 伝 承 す る 神 話 を 、 日 向 三 代 の 神 々 の も の と し て ま と め た の で あ っ た 。 そ の た め 日 向 神 話 は 皇 室 の 祖 神 に つ い て 語 る も の と な り 、 宗 像 ・ 安 曇 の 名 は 消 さ れ て し ま っ た 。 経 し か も さ ら に 注 意 す べ き こ と は 、 高 千 穂 峰 に 天 降 っ た 天 孫 が 、 九 州 の 南 の 果 て 、 鹿 児 島 県 薩 あ た か さ さ こ と か っ く に か つ な が さ 立 摩 半 島 の 先 端 に あ る 吾 田 の 笠 沙 の 御 崎 に 降 り 立 ち 、 そ こ の 国 っ 神 で あ る 事 勝 国 勝 長 狭 を 征 服 こ の は な の さ く や び め 話 し 、 娘 の 木 花 之 佐 久 夜 毘 売 を 娶 り 、 日 子 穂 々 手 見 命 が 生 ま れ る と い う 説 話 に な っ て い る 。 こ の 地 雲 は 吾 田 隼 人 族 の 根 拠 地 で あ る が 、 異 民 族 視 さ れ て い た 隼 人 族 の 居 住 地 へ 降 り て 、 そ の 娘 と 結 婚 し て 日 向 第 二 代 の 祖 神 を 生 む と し た の も 、 朝 廷 の 主 権 が お よ ぶ 最 果 て の 南 の 地 か ら 、 漸 次 東 遷 し て 中 原 に 至 る と い う 広 大 な 神 話 の 構 成 を 企 図 し て の た め で あ っ た 。 本 来 な ら ば 日 向 の 高 手 125

出雲神話の成立


根 国 の 高 天 原 へ の 降 服 と 服 従 を し め す こ と に あ っ た が 、 草 薙 剣 の 尊 厳 さ を 語 る た め に 、 超 自 然 的 力 を も つ 大 蛇 か ら 得 ら れ た と し た の で あ る 。 第 三 は 、 根 国 で あ る 出 雲 国 の 祖 神 と し て 奇 稲 田 姫 を 娶 り 、 次 の 神 話 の バ ト ン を 受 け る 大 国 主 神 の 父 と し て 位 置 づ け る こ と に あ っ た 。 し た が っ て 、 根 国 す な わ ち 出 雲 国 の 祖 神 に は 、 実 の と こ ろ 、 誰 を 選 ん で あ て て も よ か っ た の で あ る が 、 大 蛇 退 治 の 説 話 を 好 個 の 資 料 と し て 神 話 創 作 者 が 取 り 上 げ た こ と か ら 、 そ こ に 名 を つ ら ね る 須 佐 之 男 命 に 、 出 雲 の 神 々 を 代 表 す る 祖 神 の 地 位 を 与 え る こ と に な っ た の で あ る 。 須 佐 之 男 命 が 本 来 、 出 雲 の 神 々 の な か で 祖 神 的 地 位 を も つ 大 神 で あ っ た か ら で は な か っ た 。 し か も 、 須 佐 之 男 命 を 祖 神 と し て 用 い る こ と に よ っ て 、 肥 河 の 下 流 域 に あ た る 簸 川 平 野 を 発 生 的 地 盤 と す る つ ぎ の 立 役 者 、 大 国 主 神 へ ノ ヾ ト ン を 渡 す た め に も 好 都 合 で あ っ た 。 こ の よ う に 、 飯 石 郡 の 一 地 方 的 神 に す ぎ な か っ た 須 佐 之 男 命 が 、 天 皇 の も っ 統 治 権 の 神 聖 性 自 を 保 障 す る た め に 、 記 紀 神 話 の な か で 作 為 的 に 大 き く 取 り 扱 わ れ た 。 そ の た め 、 出 雲 の 神 々 の の 最 高 的 地 位 に あ る 祖 神 と し て 、 ま た 皇 室 の 祖 神 で あ る 天 照 大 神 の 弟 神 と し て の 、 光 栄 あ る 地 位 男 を 授 か っ た 。 し か し 須 佐 之 男 命 は ど こ ま で も 悪 神 と し て 、 悪 気 を 身 に ま と い な が ら 、 根 国 へ 落 佐 ち の び て 行 く 者 と し て 描 か れ て い る の で あ る 。 し た が っ て 、 こ の 一 連 の 神 話 の な か で 、 須 佐 之 男 命 は 実 は 主 役 で は な く 、 道 化 的 役 割 を 負 わ さ れ て い る も の で あ っ た 。 さ ら に も っ と 明 瞭 に い う と 、 こ れ ら は た だ 高 天 原 に 対 す る 根 国 の 存 在 を 説 明 す る た め の 前 駆 的 神 話 と し て 語 ら れ た も め と 169

出雲神話の成立


三 出 雲 神 話 成 立 の 経 緯 『 古 事 記 』 ・ 『 日 本 書 紀 』 と も に 出 雲 神 話 を 多 く 取 り 入 れ て い る が 、 中 で も 『 古 事 記 』 の 神 代 巻 は そ の 三 分 の 一 以 上 の 紙 面 を 出 雲 神 話 に さ い て 載 せ て い る 。 こ う し た 神 代 巻 の 構 成 は 、 そ の 投 影 と し て 、 神 武 以 後 の 人 皇 時 代 の 記 事 に も 及 び 、 出 雲 国 に 関 す る 記 事 が 他 に 比 し て 多 い 結 果 を も た ら し て い る 。 し か も 、 そ れ は 紙 面 か ら み る 分 量 だ け で は な い 。 神 話 の 内 容 面 か ら も 同 じ こ と が い え る の で あ る 。 う っ し く こ ざ な み 伊 邪 伎 ・ 伊 邪 那 美 命 の 説 話 に お い て も 、 出 雲 国 は 顕 風 に 対 す る 黄 泉 国 と し て 取 り 扱 わ れ て い る 。 そ の 子 の 天 照 大 神 は 皇 室 の 祖 神 と し て 高 天 原 を 治 め 、 須 佐 之 男 命 は そ の 弟 神 と い う 血 縁 関 係 で 結 ば れ て は い る が 、 大 蛇 を 切 っ た と き に 得 た 剣 を 天 照 大 神 に 献 上 し 、 最 後 に は 出 雲 な る 根 国 に 追 放 さ れ る 。 剣 は 主 権 を 表 徴 す る も の で あ り 、 根 国 の 須 佐 之 男 命 が 高 天 原 の 天 照 大 神 へ 服 属 す る こ と を 示 し た も の で あ る 。 に に ぎ こ の 投 影 が 大 国 主 神 の 国 譲 り の 説 話 で あ る 。 す な わ ち 、 降 臨 す る 天 孫 の 邇 々 芸 命 に 、 大 国 主 と よ あ し は ら な か っ く に 神 が 豊 葦 原 中 国 の 国 土 を 譲 与 す る の で あ る 。 こ れ は 天 っ 神 と 国 っ 神 と の 対 決 を 取 り 扱 「 た も の よ み の く に ー 20