検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第一巻 古事記

完訳 日本の古典 第一巻 古事記から 383件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


古 事 記 362 う が や ふ き あ え ず の み こ と 鵜 草 葺 不 合 命 ( 神 武 帝 の 父 神 ) よ み の く 黄 泉 風 物 語 ( 出 雲 系 ) ② 天 っ 神 の 創 世 伊 耶 那 岐 ・ 伊 耳 那 伊 耶 那 岐 天 照 大 御 神 と 須 天 照 大 御 神 の み そ ぎ ら え ー ー ー ー 輩 う け い ー ー ー ー い わ や と ( 妖 之 御 紳 主 美 両 神 の 国 生 み 神 の 禊 祓 佐 之 男 命 の 誓 勺 糸 石 屋 戸 こ も り 須 佐 之 男 命 大 国 主 神 天 孫 と 日 子 穂 々 手 見 鵜 草 葺 不 合 の 大 蛇 退 治 の 神 話 久 夜 毘 の 神 婚 命 の 海 宮 訪 問 命 の 生 誕 ( 神 武 天 ( 出 雲 系 ) ( 出 雲 系 ) ( 隼 人 系 ) 皇 説 話 ) 天 孫 降 臨 以 上 は 神 話 の 時 間 的 展 開 に 沿 0 た 体 系 で あ る が 、 こ れ ら の 神 々 は そ れ ぞ れ 一 定 の 空 間 的 舞 台 に 現 れ た り 活 動 し た り し て い る 。 そ し て こ の 舞 台 は 、 そ れ ぞ れ の 神 の 系 譜 ・ 性 格 ・ 祭 祀 な ど と 密 接 に 結 び つ い て 、 神 話 圏 と も い う べ き も の を 形 成 し て い る 。 こ の 観 点 か ら 上 述 の 神 話 体 系 を 分 類 す る と 、 お よ そ 次 ペ ー ジ の よ う に 図 示 さ れ る 。 よ , つ に 、 な る 。 あ め の み な か ぬ し の か み ① 天 之 御 中 主 神 部 御 産 巣 日 ー 、 伊 耶 那 , ↓ 君 襯 ー ↓ ( 天 照 大 御 神 ) ← ( 皇 祖 ) か む む す ひ の か み ざ な み か み す さ の お の み こ と 神 産 巣 日 神 ー ー ↓ 伊 耶 那 神 ー ↓ 須 佐 之 男 命 ー ↓ 大 風 主 神 ( 出 雲 系 の 始 祖 神 ) ひ こ は ほ て み の み こ と 日 子 穂 々 手 見 命 ぎ の み こ と ← ( 皇 系 祖 神 ) 邇 々 芸 命 ( 天 孫 ) ほ て り の み こ と 火 照 命 ( 隼 人 族 の 始 祖 神 ) ( 天 孫 の 父 神 )

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


31 上 巻 一 九 阿 波 岐 原 の 上 流 。 け る 物 を 脱 ぐ に 因 り て 生 れ る 神 な り 。 さ い や く ニ 0 ャ ソ は 美 称 。 マ ガ は 凶 事 ・ 災 厄 。 こ の は や 是 に 詔 り た ま は く 、 「 上 っ 瀬 は 瀬 速 し 。 下 っ 瀬 は 瀬 弱 し 」 と の り た ま 両 神 は 人 生 の 凶 事 を つ か さ ど る 神 。 ニ 一 黄 泉 国 を さ す 。 ま お す す 一 三 禍 を も と の 状 態 に 直 す 霊 力 を も っ た 神 。 ひ て 、 初 め て 中 っ 瀬 に 堕 ち か づ き て 滌 き た ま ふ 時 、 成 り 坐 せ る 神 の 名 は 、 ニ 三 「 厳 の 女 ー で 祭 祀 に 奉 仕 す る 神 聖 な 巫 女 ニ 0 け が れ し げ や そ ま が つ ひ の か み お ほ ま が つ ひ の か み こ ふ た は し ら の 神 格 化 か 八 十 禍 津 日 神 、 次 に 大 禍 津 日 神 。 此 の 二 神 は 、 其 の 穢 繁 き 国 に 到 り し 時 、 ニ 四 以 下 三 柱 の ワ タ ッ ミ は 海 の 神 。 け が れ ま が ニ 五 以 下 三 柱 の ツ ツ ノ ヲ の 名 義 は 未 詳 。 航 汗 垢 に 因 り て 成 れ る 神 な り 。 次 に 其 の 禍 を 直 さ む と 為 て 成 れ る 神 の 名 は 、 海 ・ 港 津 の 守 護 神 。 か ば ね 兵 阿 曇 ( 安 曇 ) は 氏 、 連 は 姓 の 名 。 下 の か む な ほ び の か み お ほ な ほ び の か み づ の め 神 直 毘 神 、 次 に 大 直 毘 神 、 次 に 伊 豆 能 売 〔 拜 せ て 三 神 な り 〕 。 次 に 水 底 こ 条 し 「 い つ く 」 は 心 身 を 清 め て 神 に 奉 仕 す る 意 。 し か の し ま 同 氏 の 本 拠 地 は 博 多 湾 頭 に あ る 志 賀 島 。 こ そ こ つ わ た つ み の か み そ こ つ つ の を の み こ と し か の わ だ つ み き た ま ふ 時 、 成 れ る 神 の 名 は 、 底 津 綿 津 見 神 、 次 に 底 筒 之 男 命 。 中 に 滌 こ に 同 氏 の 祭 る 志 賀 海 神 社 が あ る 。 毛 名 義 未 詳 。 『 新 撰 氏 録 』 溺 酳 神 別 に な か つ わ た つ み の か み な か つ つ の を の み こ と き た ま ふ 時 、 成 れ る 神 の 名 は 、 中 津 綿 津 見 神 、 次 に 中 筒 之 男 命 。 水 の 上 は 「 安 曇 連 、 于 都 斯 奈 賀 命 の 後 」 と あ る 。 夭 住 吉 神 社 の 三 神 。 ス ミ ノ エ は 「 清 の 江 」 う は つ わ た つ み の か み う は つ つ の を の み こ と が 原 義 。 「 前 」 は 神 を 数 え る こ と ば 。 著 名 な に 滌 き た ま ふ 時 、 成 れ る 神 の 名 は 、 上 津 綿 津 見 神 、 次 に 上 筒 之 男 命 。 此 住 吉 神 社 は 、 福 岡 市 ・ 下 関 市 ・ 大 阪 市 に あ ニ 六 み は し ら あ づ み の む ら じ ら お や が み っ て 、 こ れ を 三 大 住 吉 と 称 す る 。 な か で も 、 の 三 柱 の 綿 津 見 神 は 、 阿 曇 連 等 の 祖 神 と い つ く 神 な り 。 故 、 阿 曇 連 等 大 阪 市 住 吉 区 に あ る 同 社 は 最 も 代 表 的 な 大 う っ し ひ か な さ く の み こ と う み の こ 社 で あ る 。 は 、 其 の 綿 津 見 神 の 子 、 宇 都 志 日 金 析 命 の 子 孫 な り 。 其 の 底 筒 之 男 命 堯 天 に あ っ て 照 り 給 う 大 神 の 意 。 自 然 神 ニ 八 す み の え み ま へ お ほ か み と し て は 日 の 神 、 人 格 神 と し て は 女 性 の 皇 や た の 中 筒 之 男 命 ・ 上 筒 之 男 命 の 三 柱 の 神 は 、 墨 江 の 三 前 の 大 神 な り 。 祖 神 。 伊 勢 内 宮 の 祭 神 で 、 そ の 神 体 は 八 咫 か が み ニ 九 鏡 。 日 本 神 話 の 神 々 の 中 で 、 最 も 高 貴 偉 大 あ ま て ら す お ほ み か み 是 に 左 の 御 目 を 洗 ひ た ま ふ 時 、 成 れ る 神 の 名 は 、 天 照 大 御 神 。 次 に 右 な 神 と 仰 が れ て い る 。 よ 一 九 か み せ ニ セ な ニ 四 あ は し ニ 五 み な そ こ

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


一 神 代 紀 の 一 書 に は 大 己 貴 神 の 幸 魂 ・ 奇 天 下 の 事 を 知 れ る 神 な り 。 み た ま 魂 だ と い う 。 あ れ ひ と り う れ 是 に 大 国 主 神 愁 へ て 告 り た ま は く 、 「 吾 、 独 し て 何 か 能 く 此 の 国 を 得 = ヲ サ ム は 神 霊 を 鎮 め 祭 る 意 。 三 大 和 の 、 青 い 垣 の よ う に 巡 ら し て い る 山 々 の 東 の 山 、 の 意 で 、 桜 井 市 の 三 輪 山 を お お み わ 事 作 ら む 。 孰 れ の 神 か 吾 と 能 く 此 の 国 を 相 作 ら む 」 と の り た ま ひ き 。 是 の さ す 。 こ の 山 は 大 神 神 社 の 神 体 山 で あ る 。 古 て ら あ ま へ 四 ミ モ ロ は 神 の こ も る 所 の 意 。 こ こ は 三 時 、 海 を 光 し て 依 り 来 る 神 有 り 。 其 の 神 言 り た ま は く 、 「 能 く 我 が 前 を 輪 山 を さ す 。 『 出 雲 国 造 神 賀 詞 』 に は 、 大 穴 に ぎ み た ま も が た あ れ 持 命 ( 大 国 主 神 の 別 名 ) が 、 「 自 分 の 和 魂 を く し み か た ま の み こ と 治 め ば 、 吾 能 く 共 与 に 相 作 り 成 さ む 。 若 し 然 ら ず ば 、 国 成 り 難 け む 」 と 鏡 に つ け て 、 倭 の 大 物 主 櫛 甅 玉 命 と 名 を た た 称 え て 、 三 輪 山 に 鎮 め よ 」 と い っ た と あ る 。 ま っ さ ま し カ ー の り た ま ひ き 。 爾 に 大 国 主 神 日 し た ま は く 、 「 然 ら ば 治 め 奉 る 状 は 奈 何 」 五 年 穀 の 神 。 ↓ 四 四 ー 注 一 0 。 以 下 は 須 佐 お お や ま つ み の か み か む お お い ち ひ め 之 男 と 大 山 津 見 神 0 娘 一 神 大 市 比 売 と 0 間 あ ま っ や ま と あ を が き ひ む が し と ま を し た ま へ ば 、 「 吾 を ば 倭 の 青 垣 の 東 の 山 の 上 に い っ き 奉 れ 」 と 答 に 生 れ た 大 年 神 の 系 譜 を 述 べ る 。 説 話 の 流 四 れ か ら み る と 、 こ こ に 入 れ る 必 然 性 は な い み も ろ の や ま へ し か し こ こ に 現 れ る 神 に は 、 朝 鮮 の 神 や 帰 へ 言 り た ま ひ き 。 此 は 御 諸 山 の 上 に 坐 す 神 な り 。 は た 化 人 の 秦 氏 の 祭 神 、 年 穀 の 神 、 そ の 他 有 名 か れ そ お ほ と し の か み か む い く す び の か み む す め の ひ め め と 故 、 其 の 大 年 神 、 神 活 須 毘 神 の 女 、 伊 怒 比 売 を 娶 り 神 社 の 祭 神 が 見 え て 注 目 さ れ る 。 六 『 出 雲 国 風 土 記 』 に 「 出 雲 郡 伊 努 」 と 見 え 、 〔 0 大 年 神 の 系 譜 お ほ く に み た ま の か み か ら の か み 伊 努 神 社 が あ る 。 お お や ま と て 生 み ま せ る 子 、 大 国 御 魂 神 、 次 に 韓 神 、 次 に 曾 富 セ 国 土 の 神 霊 。 天 理 市 の 大 和 神 社 を は じ り の か み か よ ひ め し ら ひ の か み ひ じ り の か み い つ は し ら め 各 国 に 同 名 の 神 が 祭 ら れ て い る 。 か ら 理 神 、 次 に 白 日 神 、 次 に 聖 神 〔 五 神 〕 。 又 香 用 比 売 を 娶 り て 生 み ま せ る 子 、 〈 朝 詳 の 神 の 意 。 出 雲 系 の 神 は 韓 ( 朝 詳 ) あ め ち か る み づ ひ め お ほ か が や ま と お み の か み み と し の か み ふ た は し ら と 関 係 が 深 い 。 カ ラ は 古 く は 朝 詳 南 部 の 国 大 香 山 一 尸 臣 神 、 次 に 御 年 神 口 一 柱 〕 。 又 天 知 迦 流 美 豆 比 売 を 娶 り て 生 み ま 名 ・ 伽 羅 」 に 由 来 す る 。 九 ソ ホ リ は 朝 鮮 語 「 ソ ウ ル 」 ( 首 都 ) と 関 係 も ろ ひ と お き つ ひ め の み こ と ま た お ほ へ ひ め の か み こ せ る 子 、 奥 津 日 子 神 。 次 に 奥 津 比 売 命 、 亦 の 名 は 大 戸 比 売 神 。 此 は 諸 人 が あ る と い う 説 が あ る 。 あ め の し た こ こ の お き つ ひ こ の か み と 一 も ま を の へ い か に よ い 六 お お な む ち の か み さ き み た ま く し

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


古 事 記 し も つ ま き し 大 宮 以 前 を 下 巻 と 為 、 井 せ て 三 巻 に 録 し て 、 謹 み て 献 上 る 。 臣 安 万 侶 、 せ い く わ う せ い き よ う と ん し ゅ 誠 惶 誠 恐 、 頓 首 々 々 。 和 銅 五 年 正 月 廿 八 日 し ん や す ま ろ ま を こ の 序 の 最 初 に 「 臣 安 万 侶 言 す 」 と 書 き 始 め 、 最 後 に こ れ を 繰 り 返 し て 、 「 誠 惶 誠 恐 、 頓 首 々 々 」 で 結 ぶ の は 、 上 表 文 の 形 式 で あ る 。 こ の 語 句 の 意 味 は 、 か し こ ま っ て 敬 意 を 表 す る 、 の 意 。 ニ 天 地 創 世 の 宇 宙 論 を 説 い た 神 話 で 、 造 う ま し あ し か び ひ こ ぢ の か み あ め 化 三 神 の 次 に 宇 摩 志 阿 斯 訶 備 比 古 遅 神 と 天 の と こ た ち の か み 之 常 立 神 を あ げ 、 万 物 生 成 の 根 元 的 な 拠 占 を 表 し て い る 。 あ め っ ち お こ 三 原 文 「 天 地 初 発 之 時 」 を 「 天 地 初 め て 発 よ 創 世 の 神 々 り し 時 」 と 訓 む 説 が あ る 。 四 タ カ ア マ ノ ハ ラ と も 訓 む 。 天 っ 神 の 住 む 天 上 の 世 界 。 あ め っ ち た か ま の は ら あ め 天 地 初 め て 発 け し 時 、 高 天 原 に 成 れ る 神 の 名 は 、 天 五 天 の 中 央 に あ っ て 天 地 を 主 宰 す る 至 上 〔 こ 五 柱 の 別 天 っ 神 神 。 後 続 の 神 々 の 原 点 と し て 観 念 さ れ た 神 。 の み な か め し の か み た か み む す ひ の か み 之 御 中 主 神 、 次 に 高 御 産 巣 日 神 、 次 に 神 産 巣 日 神 。 六 タ カ ミ は 美 称 、 ム ス は 生 成 、 ヒ は 霊 カ っ し ま や ま と の 意 で 、 対 馬 か ら 大 和 に 分 祠 さ れ た 至 上 神 。 ま み は し ら み な ひ と り が み セ カ ム は 美 称 、 出 雲 系 神 話 の 至 上 神 。 此 の 三 柱 の 神 は 並 独 神 と 成 り 坐 し て 、 身 を 隠 し た ま ひ き 。 〈 男 女 の 対 偶 神 に 対 す る 単 独 神 。 わ か あ ぶ ら あ し か び 九 原 文 「 隠 身 」 は カ ク リ ミ と も 訓 め る 。 く ら げ 次 に 国 稚 く 浮 べ る 脂 の 如 く し て 、 く ら げ な す た だ よ へ る 時 、 葦 牙 の 如 一 0 水 母 ( 海 月 ) 。 海 を 浮 遊 す る 腔 腸 動 物 。 あ し も あ が う ま し あ し か び ひ こ ぢ の か み = 葦 の 芽 。 「 牙 」 は 「 芽 」 と 同 意 。 春 の 季 節 く 萌 え 騰 る 物 に 因 り て 成 れ る 神 の 名 は 、 宇 摩 志 阿 斯 訶 備 比 古 遅 神 、 次 に 感 が み ら れ る 。 あ め の と こ た ち の か み ま た み な 三 ウ マ シ は 賛 美 、 ヒ コ ヂ は 男 子 に 対 す る 天 之 常 立 神 。 此 の 二 柱 の 神 も 亦 並 独 神 と 成 り 坐 し て 、 身 を 隠 し た ま ひ き 。 尊 称 。 生 成 力 を 春 先 の 葦 芽 に 直 観 し た 神 格 。 か み く だ り 一 三 天 の 永 久 確 立 を 意 味 す る 神 。 上 の 件 の 五 柱 の 神 は 別 天 っ 神 。 一 四 天 っ 神 の 中 で も 特 別 な 神 。 ( 現 代 語 訳 一 一 三 一 一 ハ ー ) ふ た は し ら こ と あ ま ひ ら 正 五 位 上 勲 五 等 太 朝 臣 安 万 侶 た て ま っ お ほ の あ そ み か む む す ひ の か み あ め

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


こ の 地 方 の 古 代 農 耕 生 活 を 支 配 す る 太 陽 祭 祀 の 行 わ れ た 大 社 ( 水 谷 慶 一 『 知 ら れ ざ る 古 代 』 出 版 協 会 ) で 、 本 殿 の 裏 の 森 の 中 に は 古 代 祭 祀 の 遺 跡 が 保 存 さ れ て い る 。 ま た 、 多 神 社 の 南 隣 に 同 社 の 若 宮 で あ る 小 杜 神 社 が あ っ て 、 こ こ に 安 万 侶 が 祭 ら れ て い る 。 な お 多 神 社 の 東 南 ( 西 新 堂 町 付 近 ) の 地 に は 、 安 万 侶 の 住 居 跡 や 墓 の 伝 承 地 も あ る 。 こ れ ら の こ と か ら 、 お そ ら く 安 万 侶 は 幼 少 か ら こ の 神 社 の 祭 祀 生 活 を 経 験 し た で あ ろ う と 推 測 さ れ る 。 こ の こ と は 彼 が 漢 学 者 で あ る と と も に 、 一 方 で は 神 事 祭 祀 と そ の 伝 承 に 通 暁 し て い た と い う 事 由 に な る と 思 う 。 巫 女 的 人 物 で あ る 誦 習 者 の 阿 礼 の 次 に 、 撰 録 者 と し て 彼 が 選 任 さ れ た の は 、 『 古 事 記 』 の 内 容 と 性 格 を 大 き く 方 向 づ け て い る と 思 わ れ る 。 四 『 古 事 記 』 の 内 容 と 構 成 こ の 書 の 「 序 」 の 終 り に 記 さ れ て い る よ う に 、 本 書 は 上 ・ 中 ・ 下 の 三 巻 か ら 成 る 。 上 巻 は 神 代 の 物 語 、 す な わ ち 神 話 を 収 め て い る 。 『 古 事 記 』 と い え ば 多 く 人 々 は 、 す ぐ に 神 話 を 思 い 浮 べ る ほ ど に 、 こ の 神 話 は 本 書 を 代 表 す る 物 語 と い え よ う 。 う が や ふ き あ え ず の み こ と あ め の み な か め し の か み こ の 上 巻 は 天 之 御 中 主 神 に 始 っ て 神 武 天 皇 の 父 神 、 鵜 草 葺 不 合 命 に 至 る 。 こ の 間 の 神 統 譜 は 初 め に 万 物 を 説 い ず も 創 成 す る 神 々 、 天 皇 の 祖 神 に 当 る 神 々 を 配 置 し 、 そ の 傍 ら に 古 代 の 諸 氏 族 を 代 表 す る 意 図 を こ め た 出 雲 系 の は や と 解 神 々 や 九 州 の 隼 人 系 の 神 々 を 対 置 し て 、 次 ペ ー ジ の 図 ① の よ う に 構 想 さ れ て い る 。 こ の 神 統 譜 の 体 系 の 各 所 に 、 そ れ そ れ の 神 に 関 係 の あ る 説 話 や 歌 謡 が 取 り 入 れ ら れ 、 神 話 と し て 肉 付 け さ れ て い る 。 こ れ ら の 神 話 の 中 で 、 天 皇 の 神 権 統 治 の 根 源 を 示 す 重 要 な 神 話 を 図 示 す る と 、 次 ペ ー ジ の 図 ② の

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


あ わ な ぎ の か み つ ら な ぎ の か み つ ら な み の か み こ の 男 女 一 対 の 神 は 水 面 に 立 っ 泡 の 神 。 め る 神 の 名 は 、 沫 那 芸 神 、 次 に 沫 那 美 神 。 次 に 頬 那 芸 神 、 次 に 頬 那 美 神 。 一 四 ニ ッ ラ は 水 面 の 意 。 あ め の み く ま り の か み く に の み く ま り の か み あ め の く ひ ぎ も ち の か み 次 に 天 之 水 分 神 、 次 に 国 之 水 分 神 。 次 に 天 之 久 比 奢 母 智 神 、 次 に 国 之 久 = こ の 両 神 は 水 を 配 る 分 水 嶺 の 神 。 旨 ロ 四 汲 み 匏 持 の 神 。 用 水 を 汲 む 神 。 ひ ざ も ち の か み や ま し ら 五 風 を つ か さ ど る 神 。 シ は 風 の 意 。 事 比 奢 母 智 神 〔 沫 那 芸 神 よ り 国 之 久 比 奢 母 智 神 ま で 井 せ て 癶 神 〕 。 六 ク ク は キ キ ( 木 々 ) の 古 形 、 木 の 霊 の 神 。 し な つ ひ こ の か み く く の ち の か み セ 山 を つ か さ ど る 神 。 次 に 風 の 神 、 名 は 志 那 都 比 古 神 を 生 み 、 次 に 木 の 神 、 名 は 久 々 能 智 神 ^ 草 野 を つ か さ ど る 女 神 。 「 野 椎 神 」 は 大 お ほ や ま つ み の か み 山 津 見 神 と 対 を な す 。 を 生 み 、 次 に 山 の 神 、 名 は 大 山 津 見 神 を 生 み 、 次 に 野 の 神 、 名 は 鹿 屋 野 九 土 を つ か さ ど る 神 。 サ は 神 聖 を 示 す 接 ひ め の か み の づ ち の か み 頭 語 。 比 売 神 を 生 み き 。 亦 の 名 は 野 椎 神 と 謂 ふ 〔 志 那 都 比 古 神 よ り 野 椎 ま で 井 せ て 四 一 0 山 に 挟 ま れ た 闇 い 所 、 谷 を 支 配 す る 神 。 以 上 の 山 ・ 野 ・ 土 ・ 霧 ・ 谷 と い う 順 序 は 、 古 代 人 の 日 常 体 験 に 基 づ く 連 想 に よ る 。 = 両 神 は 山 野 に 霧 が か か っ て 迷 う こ と を ふ た は し ら 此 の 大 山 津 見 神 ・ 野 椎 神 の 二 の 神 、 山 野 に 因 り て 持 ち 別 き て 生 め る 表 現 し た も の か 。 三 鳥 の よ う に 早 く 軽 く 行 く と こ ろ の 、 石 も ろ た ぶ ね く に の さ づ ち の か み あ め の さ ぎ り の か み 神 の 名 は 、 天 之 狭 土 神 、 次 に 国 之 狭 土 神 。 次 に 天 之 狭 霧 神 、 次 に 国 之 狭 の よ う に 堅 い 楠 の 船 の 意 。 熊 野 の 諸 手 船 は 多 く 楠 材 を 用 い た 。 こ の 船 は 大 山 津 見 神 を ぎ り の か み あ め の く ら ど の か み く に の く ら ど の か み お ほ と ま と ひ こ の か み お ほ と ま と ひ 祭 る 瀬 戸 内 の 大 三 島 と 対 岸 の 愛 媛 県 の 高 縄 霧 神 。 次 に 天 之 闇 一 尸 神 、 次 に 国 之 闇 戸 神 。 次 に 大 戸 或 子 神 、 次 に 大 戸 或 半 島 の 楠 材 で 作 ら れ た 。 め の か み 女 神 〔 天 之 狭 土 神 よ り 大 戸 或 女 神 ま で 井 せ て 八 神 な り 〕 。 一 四 火 の 燃 焼 力 の 速 く 盛 ん な 男 神 の 意 。 ャ と り の い は く す ふ ね の か み あ め の と り ふ ね ギ は 「 焼 き 」 の 意 。 ま た の 名 の カ カ は 光 の 輝 次 に 生 め る 神 の 名 は 、 鳥 之 石 楠 船 神 、 亦 の 名 は 天 鳥 船 と 謂 ふ 。 次 に 大 く 意 。 次 の ま た の 名 の カ グ も 同 意 で あ る 。 げ つ ひ め の か み ひ の や ぎ は や を の か み 一 五 ミ は 尊 称 、 ホ ト は 女 陰 。 ャ カ エ の 工 は ひ の か か び 宜 都 比 売 神 を 生 み き 。 次 に 火 之 夜 芸 速 男 神 を 生 み き 。 亦 の 名 は 火 之 炫 毘 受 身 の 助 動 詞 ュ の 連 用 形 。 0 あ め の さ づ ち の か み ま た あ わ な み の か み や ま の か や の く に の さ お ほ ジ

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


古 事 記 60 ト ヨ は ほ め こ と ば 、 「 千 秋 長 五 百 秋 」 は 千 年 も 五 百 年 も 収 穫 の 時 が 長 く 続 く 意 、 「 秋 」 は 収 穫 の 季 節 、 「 水 穂 国 」 は み ず み ず し い 稲 穂 の で き る 国 の 意 。 葦 の 豊 か に 茂 る 原 葦 原 中 国 の こ と む け の 、 い つ ま で も 豊 か な 収 穫 が 続 く 、 み ず み ず し い 稲 の で き る 国 と し て 、 稲 を 主 食 と す あ ま て ら す お ほ み か み み こ と も ー 、 ま あ き の と よ あ し は ら の ち あ き の な 力 し ー る 古 代 日 本 を 祝 福 し た 国 ほ め の 語 で あ る 。 天 照 大 御 神 の 命 以 ち て 、 「 豊 葦 原 之 千 秋 長 五 百 秋 之 一 一 天 照 大 御 神 と 須 佐 之 男 命 と の 誓 約 か ら 〔 こ 天 菩 比 神 の 派 遣 み づ ほ の く に わ み こ ま さ か つ あ か っ か ち は や ひ あ め の お し ほ み み の み こ と 化 生 し た 第 一 子 。 ↓ 三 六 ハ ー 注 一 。 大 国 主 神 水 穂 国 は 、 我 が 御 子 正 勝 吾 勝 々 速 日 天 忍 穂 耳 命 の 知 が 国 作 り し て 、 そ の 統 治 者 に な っ た 葦 原 中 こ と よ あ ま く だ あ め う き 国 を 、 高 天 原 側 が 黙 認 す る は ず は な く 、 そ ら す 国 そ 」 と 言 因 さ し 賜 ひ て 天 降 し た ま ひ き 。 是 に 天 忍 穂 耳 命 、 天 の 浮 の 主 宰 者 天 照 大 御 神 は そ の 国 の 統 治 を 子 の 天 忍 穂 耳 命 に 命 じ た の で あ る 。 の 。 し オ 三 委 任 な さ る 。 橋 に た た し て 詔 り た ま は く 、 「 豊 葦 原 之 千 秋 長 五 百 秋 之 水 穂 国 ま 、 、 こ 四 天 地 の 間 に 架 け ら れ た 橋 。 ↓ 二 〇 ハ ー 注 の あ ま て ら す お ほ み か み こ く さ や ぎ て 有 り な り 」 と 告 り た ま ひ て 、 更 に 還 り 上 り て 、 天 照 大 神 に 請 五 サ ヤ グ は さ や さ や と 音 を た て る 、 ざ わ み 、 ) と こ こ た か み む す ひ の か み あ め や す の か は か ひ た ま ひ き 。 爾 に 高 御 産 巣 日 神 ・ 天 照 大 御 神 の 命 以 ち て 、 天 の 安 河 の 河 め く 意 。 ナ リ は 伝 聞 ・ 推 定 の 助 動 詞 で 、 し て い る 様 子 で す 、 の 意 。 か む む す は ら や ほ よ ろ づ か む つ ど お も ひ か ね の か み 六 前 の 出 雲 系 神 話 に は 祖 神 と し て 神 産 巣 原 に 八 百 万 の 神 を 神 集 へ に 集 へ て 、 思 金 神 に 思 は し め て 詔 り た ま は く 、 日 神 の 名 が 見 え た が 、 高 天 原 系 神 話 に は こ 、 一 と ・ よ こ あ し は ら の な か っ く に わ か れ の 神 が 天 照 大 御 神 と と も に 最 高 司 令 者 と し 「 此 の 葦 原 中 国 は 、 我 が 御 子 の 知 ら す 国 と 言 依 さ し 賜 へ る 国 な り 。 故 、 て 名 を 連 ね て い る 。 ち は や ぶ あ ら ぶ ど も さ は あ お も い づ 七 以 下 「 思 金 神 に 思 は し め て 」 ま で は 高 天 此 の 国 に 道 速 振 る 荒 振 る 国 っ 神 等 の 多 に 在 り と 以 為 ほ す 。 是 れ 何 れ の 神 原 系 神 話 の 慣 用 語 句 。 ・ ) と む ^ チ ハ ヤ プ ル は 、 勢 い の あ る 、 荒 々 し い を 使 は し て か 言 趣 け む 」 と の り た ま ひ き 。 爾 に 思 金 神 及 八 百 万 の 神 議 り の 意 で 、 の ち に 「 神 」 な ど の 枕 詞 と な る 。 あ か へ の ば ま た 六 。 ひ の か み

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


わ か や ま く い の か み わ か と し の か み わ か さ な め の か み て い る 山 々 の 、 そ の 東 の 山 の ほ と り に 、 身 を 清 め て 祭 り な 子 は 、 若 山 咋 神 、 次 に 若 年 神 と 妹 の 若 沙 那 売 神 、 次 に 弥 豆 ま き の か み な っ た か つ ひ の か み な つ の め の か み あ キ む め の か み さ い 」 と 仰 せ ら れ た 。 こ の 神 こ そ 神 の 天 降 り こ も る と い う 麻 岐 神 、 次 に 夏 高 津 日 神 で 別 名 は 夏 之 売 神 、 次 に 秋 毘 売 神 、 み も ろ の や ま く く と し の か み く く き わ か む ろ つ な ね の か み 御 諸 山 の ほ と り に 鎮 座 さ れ る 神 で あ る 。 次 に 久 々 年 神 、 次 に 久 々 紀 若 室 葛 根 神 で あ る 。 1 三 ロ す さ の お の み こ と み こ さ て 、 先 に 須 佐 之 男 命 の 御 子 と し て 以 上 あ げ て き た 羽 山 戸 神 の 子 の 若 山 咋 神 か ら 若 室 葛 根 神 お お と し の か み か む い く す び の か み 事 〔 0 大 年 神 の 系 譜 生 れ た 大 年 神 が 、 神 活 須 毘 神 の 娘 の ま で 、 合 せ て 八 神 で あ る 。 古 の ひ め お お く に み た ま の か み 伊 怒 比 売 を 妻 と し て お 生 み に な っ た 子 は 、 大 国 御 魂 神 、 次 か ら の か み そ お り の か み し ら ひ の か み ひ じ り の か み に 韓 神 、 次 に 曾 富 理 神 、 次 に 白 日 神 、 次 に 聖 神 で あ る 〔 五 葦 原 中 国 の こ と む け か よ ひ め お お か が 神 〕 。 ま た 香 用 比 売 を 妻 と し て お 生 み に な っ た 子 は 、 大 香 や ま と お み の か み み と し の か み あ め の ち か る み ず ひ あ ま て ら す お お み か み と よ あ し は ら の ち 山 戸 臣 神 、 次 に 御 年 神 で あ る 〔 二 柱 〕 。 ま た 天 知 迦 流 美 豆 比 天 照 大 御 神 の 仰 せ で 、 「 豊 葦 原 之 千 め お き つ ひ こ の か み お き っ 〔 一 〕 天 菩 比 神 の 派 遣 あ き の な が い お あ き の み ず ほ の く に 売 を 妻 と し て お 生 み に な っ た 子 は 、 奥 津 日 子 神 、 次 に 奥 津 秋 長 五 百 秋 之 水 穂 国 は 、 わ が 御 子 の ひ め の み こ と お お へ ひ め の か み ま さ か つ あ か っ か ち は や ひ あ め の お し ほ み み の み こ と 比 売 命 で 別 名 は 大 戸 比 売 神 と い う 。 こ の 神 は 人 々 が 祭 り 仕 正 勝 吾 勝 々 速 日 天 之 忍 穂 耳 命 が お 治 め に な る 国 で す よ 」 と 、 か ま ど お お や ま く い の か み や ま す え の お お た か ま の は ら く だ え る 竈 の 神 で あ る 。 次 に 大 山 咋 神 で 、 ま た の 名 は 山 末 之 大 そ の 統 治 を ご 委 任 に な っ て 、 御 子 を 高 天 原 か ら お 降 し に な め し の か み お う み の く に ひ え い ぎ ん か ず あ め う き は し 主 神 と し い 、 こ の 神 は 近 江 国 の 比 叡 山 に 鎮 座 さ れ 、 ま た 葛 っ た 。 そ れ で 天 之 忍 穂 耳 命 が お 降 り に な る 途 中 、 天 の 浮 橋 の ま つ の お な り か ぶ ら 野 の 松 尾 に 鎮 座 さ れ て 、 鳴 鏑 の 矢 を 持 っ て い る 神 で あ る 。 に お 立 ち に な っ て 、 下 界 を 眺 め 、 「 豊 葦 原 之 千 秋 長 五 百 秋 に わ っ ひ の か み あ す は の か み は ひ き の か み か が や ま と 次 に 庭 津 日 神 、 次 に 阿 須 波 神 、 次 に 波 比 岐 神 、 次 に 香 山 尸 之 水 穂 国 は 、 ひ ど く 騒 が し い 様 子 で す 」 と お っ し や っ て 、 お み の か み は や ま と の か み に わ た か つ ひ の か み お お っ ち の か み 臣 神 、 次 に 羽 山 戸 神 、 次 に 庭 高 津 日 神 、 次 に 大 土 神 で 別 名 再 び 高 天 原 に 帰 り 上 っ て い き 、 天 照 大 御 神 に 今 後 の 指 示 を っ ち の み お や の か み た か み む す ひ の か み は 土 之 御 祖 神 と い う 。 九 神 。 仰 ぎ な さ っ た 。 こ の 事 情 を 聞 い て 、 高 御 産 巣 日 神 と 天 照 大 あ め や す の か わ か わ ら あ ま た 以 上 あ げ て き た 大 年 神 の 子 の 大 国 御 魂 神 か ら 大 土 神 ま で 、 御 神 は ご 命 令 を 下 さ れ て 、 天 の 安 河 の 河 原 に 数 多 の 神 々 を お も い か ね の か み あ し は ら の 合 せ て 十 六 神 で あ る 。 集 め 、 思 金 神 に 今 後 の 対 策 を 考 え さ せ た 結 果 、 「 こ の 葦 原 お お け つ ひ め の か み ま た 羽 山 戸 神 が 大 気 都 比 売 神 を 妻 と し て お 生 み に な っ た 中 国 に 、 わ が 御 子 が 治 め ら れ る 国 と し て 委 任 し た 国 で あ る 。 な か っ く こ の ぼ

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


( 現 代 語 訳 一 一 五 七 ハ ー ) あ め の ほ ひ の か み て 白 さ く 、 「 天 菩 比 神 、 是 れ 遣 は す べ し 」 と ま を し き 。 故 、 天 菩 比 神 を 九 国 土 に 土 着 し た 神 。 一 0 言 を も っ て そ む く 者 を 従 わ せ る 意 で 、 す な は お ほ く に ぬ し の か み こ か へ り ′ 、 と ま を 遣 は し つ れ ば 、 乃 ち 大 国 主 神 に 媚 び 付 き て 、 三 年 に 至 る ま で 復 奏 さ ざ 服 従 さ せ る 。 征 服 す る 意 と な る 。 一 一 天 照 大 御 神 の 第 二 子 。 ↓ 三 六 ハ ー 注 四 。 あ め の お し ほ み み の み こ と 葦 原 中 国 の 統 治 を 命 じ ら れ た 天 忍 穂 耳 命 が り き 。 天 降 り の 途 中 で 引 き 返 し て き た の で 、 高 天 た か み む す ひ の か み あ ま て ら す お ほ み か み ま た も ろ も ろ 原 で は 相 談 の 結 果 、 天 忍 穂 耳 命 の 弟 の 天 菩 是 を 以 ち て 高 御 産 巣 日 神 ・ 天 照 大 御 神 、 亦 諸 の 神 比 神 を 交 渉 特 使 と し て 遣 わ し た が 、 大 国 主 〔 ニ 〕 天 若 日 子 の 派 遣 あ し は ら の な か っ く に つ か あ め の ほ ひ の か み 神 に 媚 び て 復 命 し な か っ た の で あ る 。 等 に 問 ひ た ま は く 、 「 葦 原 中 国 に 遣 は せ る 天 菩 比 神 、 三 カ 〈 リ ゴ ト は 神 や 天 皇 に 対 す る 復 命 ・ か へ り ′ ) と ま を い づ 報 告 。 久 し く 復 奏 さ ず 。 亦 何 れ の 神 を 使 は さ ば 吉 け む 」 と と ひ た ま ひ き 。 爾 う っ し く に た ま の か み 一 三 高 天 原 の 国 魂 神 の 意 。 宇 都 志 国 玉 神 の お も ひ か ね の か み あ ま っ く に た ま の か み あ め の わ か ひ こ に 思 金 神 答 へ て 白 さ く 、 「 天 津 国 玉 神 の 子 、 天 若 日 子 を 遣 は す べ し 」 と 対 称 。 一 四 天 上 界 か ら 降 っ た 若 い 男 の 義 。 こ の 神 あ め が 第 一 一 の 交 渉 特 使 と し て 葦 原 中 国 に 遣 わ さ ま を し き 。 故 、 爾 に 天 の ま か こ 弓 、 天 の は は 矢 を 天 若 日 子 に 賜 ひ て 遣 は れ た が 、 大 国 主 神 の 娘 を 妻 と し て 、 つ い に す な は お ほ く に ぬ し の か み む す め し た て る ひ し き 。 是 に 天 若 日 子 、 其 の 国 に 降 り 到 り て 、 即 ち 大 国 主 神 の 女 、 下 照 比 そ の 任 務 を 果 さ な か 0 た 。 こ の 説 話 は 『 摂 津 国 風 土 記 』 逸 文 、 『 宇 津 保 物 語 』 『 狭 衣 物 め め と え 語 』 『 御 伽 草 子 』 に も 見 え る 。 売 を 娶 り 、 亦 其 の 国 を 獲 む と 慮 り て 、 八 年 に 至 る ま で 復 奏 さ ざ り き 。 三 神 代 紀 に 「 天 鹿 児 弓 」 と あ る 。 マ は 美 称 巻 た ち の 接 頭 語 で 、 鹿 を 射 る 弓 の こ と 。 故 、 爾 に 天 照 大 御 神 ・ 高 御 産 巣 日 神 、 亦 諸 の 神 等 に 問 ひ た ま は く 、 「 天 一 六 神 代 紀 に 「 天 羽 々 矢 」 と あ る 。 大 き な 羽 い づ 上 を つ け た 矢 か 。 た か ひ め の み こ と 若 日 子 久 し く 復 奏 さ ず 。 又 曷 れ の 神 を 遣 は し て か 、 天 若 日 子 が 淹 留 ま る 宅 「 高 比 売 命 」 と も い う 。 6 ゅ ゑ ま た な き め 一 ^ 雉 の 古 名 。 後 文 ( 六 三 ハ ー 十 行 目 ) に は 雉 所 由 を 問 は む 」 と と ひ た ま ひ き 。 是 に 諸 の 神 及 思 金 神 、 「 雉 、 名 は 鳴 女 を 「 哭 女 」 と し た と あ る 。 ま を か れ ま を た ち お も ひ は か つ か く だ い た や と せ み と せ き ぎ し ひ さ し く と ど く に た ま の か み

完訳 日本の古典 第一巻 古事記


59 上 巻 は し ら か み 」 も や ま す ゑ の お ほ ぬ し の か み の 以 ち 拝 く 竈 の 神 な り 。 次 に 大 山 咋 神 、 亦 の 名 は 山 末 之 大 主 神 。 此 の 神 一 0 明 る い 太 陽 の 神 の 意 。 = 「 日 知 り の 神 の 義 で 、 暦 の 神 。 ち か つ あ ふ み の く に ひ え か づ の ま つ の を な り か ぶ ら も は 近 淡 海 国 の 日 枝 の 山 に 坐 し 、 亦 葛 野 の 松 尾 に 坐 し て 、 鳴 鏑 を 用 っ 神 な 三 カ グ ョ ヒ メ と も 訓 む 。 光 を 発 す る 女 神 の 意 か 。 あ す は の か み は ひ き の か み か が や ま と お み の か み 三 偉 大 な 、 光 を 発 す る 山 の 神 の 意 か 。 り 。 次 に 庭 津 日 神 、 次 に 阿 須 波 神 、 次 に 波 比 岐 神 、 次 に 香 山 戸 臣 神 、 次 一 四 大 年 神 と 同 じ く 年 穀 の 神 。 か ま ど お き は や ま と の か み に は た か つ ひ の か み っ ち の み お や の か み こ こ の 三 オ キ は 竈 の 燠 で 、 竈 の 神 。 ひ え に 羽 山 戸 神 、 次 に 庭 高 津 日 神 、 次 に 大 土 神 、 亦 の 名 は 土 之 御 祖 神 。 九 一 六 比 叡 山 。 日 吉 神 社 が あ る 。 ま つ の お 宅 山 城 国 葛 野 ( 京 都 市 右 京 区 ) の 松 尾 神 社 。 神 。 秦 氏 が 帰 化 し て 最 初 に 祭 っ た 。 と を ま り 一 ^ 鳴 鏑 の つ い た 矢 。 ↓ 四 九 ハ ー 注 = = 。 ま で あ は 上 の 件 の 大 年 神 の 子 、 大 国 御 魂 神 よ り 以 下 、 大 土 神 以 前 、 井 せ て 十 一 九 次 の ハ ヒ キ ノ 神 と と も に 名 義 未 詳 。 屋 敷 神 か 。 『 延 喜 式 』 祝 詞 の 祈 年 祭 に も 両 神 の む は し ら さ き も り 六 神 。 名 が 見 え 、 前 者 は 『 万 葉 集 』 の 防 人 の 歌 ( 四 三 五 ニ 0 0 ) に も 見 え る 。 お ほ け つ ひ め の か み 羽 山 戸 神 、 大 気 都 比 売 神 を 娶 り て 生 み ま せ る 子 、 若 山 咋 神 、 次 に 若 年 ニ 0 食 物 を つ か さ ど る 女 神 。 ニ 一 一 行 目 の 大 山 咋 神 と 同 類 か 。 さ な え め い も わ か さ な め の か み 神 、 次 に 妹 若 沙 那 売 神 、 次 に 弥 豆 麻 岐 神 、 次 に 夏 高 津 日 神 、 亦 の 名 は 夏 = = サ ナ メ は 「 早 苗 の 女 」 の 義 で 田 植 の 乙 女 。 以 下 は 田 植 か ら 収 穫 ま で の 過 程 を 表 す 。 ニ 四 の め の か み あ き び め の か み く く と し の か み く く き わ か む ろ つ な ね の か み ニ 三 稲 の 茎 の 成 長 を つ か さ ど る 神 。 ク ク は 之 売 神 、 次 に 秋 毘 売 神 、 次 に 久 々 年 神 、 次 に 久 々 紀 若 室 葛 根 神 。 キ キ ( 木 々 ) の 古 形 で 、 こ こ で は 茎 の 意 。 に い な め さ い や は し ら 一 西 稲 の 収 穫 が す み 、 新 嘗 祭 を す る た め に に し も ろ 上 の 件 の 羽 山 の 子 よ り 以 下 、 若 室 葛 根 以 前 、 井 せ て 八 神 。 建 て る 新 室 を 神 格 化 し た も の か 。 ク ク キ は 「 茎 木 」 で 、 室 を 建 て る 用 材 か 。 ワ カ ム ロ は 新 し い 室 、 ツ ナ は 木 材 を 結 ぶ 綱 、 ネ は 親 し ん で 呼 ぶ 語 。 か み く だ り い っ か ま ど に は つ ひ の か み 一 九 み づ ま き の か み お ほ や ま く ひ の か み お ほ っ ち の か み ま で な っ た か つ ひ の か み わ か や ま く ひ の か み わ か と し の な っ