検索 - みる会図書館

検索対象: 日本の街道 8 日燃ゆる九州

日本の街道 8 日燃ゆる九州から 165件ヒットしました。

日本の街道 8 日燃ゆる九州


タ 映 え の 大 淀 川 崎 市 内 を 貫 流 し て 宮 崎 港 に そ そ ぐ 。 古 く は 赤 井 川 あ る い は 赤 江 川 と も 呼 ば れ た 。 ひ む か ひ と よ く じ ひ ね わ け た け ひ わ け お び 文 の 具 墳 日 向 日 豊 久 士 比 泥 別 と 謂 ひ 、 熊 襲 国 は 建 日 別 と 謂 義 祐 の 著 と い う 『 飫 肥 紀 行 』 に は 、 小 戸 の 渡 り で 、 要 舟 馬 古 重 や 銅 の ふ 」 と 記 し て お り 、 「 日 向 」 の 地 も 肥 国 に ふ く め ら 神 代 よ り 其 の 名 は 今 も た ち ば な や 家 金 帯 ち の 一 た 墳 持 宝 の し れ て い た 。 小 戸 の 渡 り の 舟 の 行 く 末 古 子 国 こ 土 お お こ と お し お の か み 、 出 原 の 国 生 み の の ち 、 二 神 は さ ら に 大 事 忍 男 神 以 下 三 十 と 詠 ん だ こ と が 記 さ れ て い る 。 こ の 書 が 義 祐 の 著 都 財 ・ 輪 ・ も 、 ら ひ の や ぎ は や 西 化 埴 類 か 五 神 を 産 む が 、 女 神 伊 邪 那 美 命 は 火 の 神 火 之 夜 芸 速 作 な ら ば 、 小 戸 を 神 話 の 橘 の 小 門 と す る 考 え は 古 く 男 神 を 産 ん で 死 ぬ 。 寂 し さ に 耐 え か ね た 伊 邪 那 岐 命 か ら あ っ た と み て よ い 。 現 在 、 宮 崎 市 の メ ー ン ス ト よ み は 、 そ の あ と を 追 っ て 黄 泉 の 国 に お も む き 、 そ こ で リ ー ト 「 橘 通 り 」 の 名 も 、 こ の 伊 邪 那 岐 ・ 伊 邪 那 美 腐 乱 し た 女 神 の 姿 を 見 て 、 女 神 の 追 跡 を う け る 。 死 神 話 に ち な ん で つ け ら れ た と い う 。 ま た 、 阿 波 岐 原 者 の 世 界 か ら や っ と 逃 げ 帰 っ た が 、 死 の 穢 れ を 身 に も 、 市 内 の 阿 波 岐 ヶ 原 に 比 定 さ れ て い る 。 た か ち ほ の く し ふ る の み ね つ け た た め 、 伊 邪 那 岐 命 は 、 筑 紫 の 日 向 の 橘 の 小 あ わ き は ら み そ ぎ は ら 天 孫 降 臨 の 地 、 高 千 穂 檍 触 峰 を 楽 が ラ の 阿 波 岐 原 ( 檍 原 ) で 禊 祓 い を す る 。 夜 神 々 モ あ ま て ら す お お み か み つ く が の 神 一 人 番 の ユ ( 戸 ) は 、 大 淀 川 の 下 流 北 岸 に 比 定 さ れ 橘 の 小 「 国 生 み 」 が 終 わ る と 、 神 代 史 は 天 照 大 神 ・ 月 村 三 話 、 る よ み の か み た け は や す さ の お の み こ と 十 神 れ あ て お り 、 昔 は そ こ に 小 戸 の 渡 り と い う 渡 し 場 が あ っ 読 神 ・ 建 速 須 佐 之 男 命 ら の 神 々 の 誕 生 を 経 て 、 稲 し ろ う さ ぎ し 舞 々 な て 、 交 通 の 要 地 で も あ っ た 。 永 禄 五 年 (*l<fi) の 伊 東 羽 ( 因 幡 ) の 白 兎 で 知 ら れ る 大 国 主 命 の 「 国 ゆ ず 夜 徹 を 続 ス り 」 へ 、 さ ら に 天 孫 降 臨 の 段 へ と 移 る 。 「 天 っ 神 」 に よ る 「 中 つ 国 」 の 平 定 を 意 味 す る 「 国 ゆ ず り 」 の 物 語 り は 出 雲 が 舞 台 で あ る が 、 「 中 っ 国 」 平 定 後 、 神 々 が 降 臨 す る 話 は 、 日 向 を 舞 台 と す あ ま つ ひ る 。 す な わ ち 、 「 中 つ 国 」 の 支 配 者 と し て 、 天 津 日 路 く し ふ る の こ ひ こ ほ の に に ぎ の み こ と 向 日 高 日 子 番 能 邇 邇 芸 命 が 筑 紫 の 日 向 の 高 千 穂 摠 触 峰 の 々 に 降 臨 し 、 こ の 国 に 居 地 を 定 め る こ と に な る 。 神 こ の 天 孫 降 臨 の 話 は 県 下 の 人 び と の 心 に 深 く 息 づ 仰 よ か ぐ ら い て い て 、 と く に 西 臼 杵 郡 高 千 穂 町 一 帯 で の 夜 神 楽 の 千 は 、 太 古 の 神 々 を よ み が え ら せ る か の よ う で あ る 。 高 も っ と も 、 邇 邇 芸 命 が 降 臨 す る 高 千 穂 の 峰 に つ い て は 、 ① 宮 崎 県 の 高 千 穂 の 峰 、 鹿 児 島 県 の 霧 島 山 、 お の か み

日本の街道 8 日燃ゆる九州


宮 崎 神 宮 ー ・ 一 神 武 天 皇 を 祭 神 と し 、 相 殿 に は 鵜 葺 草 葺 不 合 命 ・ 玉 依 姫 を ま つ る 。 10 月 下 旬 の 大 祭 は 盛 大 て あ る 。 密 集 し て い る 。 宮 崎 平 野 西 部 の ほ ば 中 央 を 占 め る 広 に 服 従 を 誓 う と こ ろ で 終 わ る が 、 こ の 部 分 は 隼 人 と お さ ほ づ か い 台 地 上 に 、 男 狭 穂 塚 ( 全 さ 一 八 メ ー ト 印 墳 高 ) ・ 女 狭 呼 ば れ た 南 九 州 の 住 民 に 対 す る 皇 孫 の 征 服 過 程 を 反 全 長 一 七 八 メ ー ト ル 、 高 さ 一 と ゝ う 二 基 の 古 墳 が 映 す る も の と み て よ い 蜘 塚 ( 三 ・ 一 四 メ ー ト ル 、 前 方 後 円 墳 し あ る 。 こ れ は 邇 邇 芸 命 ・ 木 花 開 耶 姫 の 陵 墓 と 伝 え ら 神 武 天 皇 の 東 征 と 日 向 の 地 れ 、 い ま は 宮 内 庁 の 管 理 下 に あ る 。 こ の ほ か 、 西 都 原 に は 二 神 が 見 染 め あ っ た と い う 鵜 葺 草 葺 不 合 命 の 第 四 子 の 神 武 天 皇 は 、 『 記 』 あ い そ め が わ ほ で り の み こ と む つ む ろ 逢 初 川 、 火 照 命 以 下 三 神 の 出 生 に か か る 無 戸 室 、 『 紀 』 で は 神 代 に 対 し て 人 の 代 の 始 ま り で 、 皇 室 の こ ゅ の い け 三 神 の 産 湯 に 使 わ れ た と い う 子 湯 池 な ど 、 神 話 ゆ か 祖 先 と さ れ る 。 天 皇 四 十 五 歳 の と き 、 兄 や 息 子 と は り の 場 所 が あ る 。 か っ て 東 征 の た め 日 向 の 地 を 出 発 、 大 和 地 方 の 「 荒 う ね び か し は ら ま た 青 島 は 、 山 幸 彦 が 落 と し た 釣 り 針 を 見 つ け て ら ぶ る 神 々 」 を 平 ら げ た の ち 、 畝 傍 の 橿 原 に 即 位 す 海 底 か ら 上 陸 し た と い う 地 で あ り 、 鵜 戸 神 宮 鎮 座 の る と い う の が 、 こ の 天 皇 に ま つ わ る 説 話 で あ る 。 う が や ふ き あ え ず の み こ と 地 は 、 そ の 子 鵜 葺 草 葺 不 合 命 誕 生 の 場 所 と 伝 え る 。 宮 崎 に は 、 神 武 天 皇 の 説 話 と 結 び つ い た 遺 跡 や 地 と も に 日 南 海 岸 に 面 し て い て 、 人 び と の 篤 い 信 仰 の 名 が と く に 多 い 。 宮 崎 の 名 は 天 皇 の 宮 居 に 由 来 す る 対 象 に な っ て い る 。 と さ れ 、 そ の 宮 居 跡 は 、 宮 崎 市 下 北 方 町 の 平 和 台 付 ふ る い ち 青 島 神 社 で は 、 十 二 月 の 旧 十 七 日 の 日 に 、 若 い 男 近 の 古 墳 が 群 集 す る 古 市 の 地 に 比 定 さ れ て い る 。 現 ふ な っ か 女 が 裸 で お 参 り す る 「 神 参 り 」 の 行 事 が 執 り 行 わ れ 在 、 天 皇 を 祀 る 宮 崎 神 宮 、 隣 接 す る 船 塚 と い う 前 方 ほ お り の み こ と る 。 こ れ は 火 遠 理 命 ( 山 幸 彦 ) が 海 神 の 国 か ら 青 島 後 円 墳 は 、 天 皇 東 征 時 の 船 の 形 、 船 の 埋 設 場 所 、 ま に 帰 り 着 い た と き 、 村 の 人 び と が 海 中 に 飛 び こ ん で た は 船 の 繋 留 所 に 由 来 す る な ど の 諸 説 が あ る 。 都 農 迎 え た と い う 故 事 に ち な ん だ も の で あ る 。 町 の 都 農 神 社 は 天 皇 が 戦 勝 を 祈 っ た 場 所 、 日 向 市 の み み つ 海 幸 彦 ・ 山 幸 彦 の 話 は 元 来 、 東 南 ア ジ ア 諸 地 域 に 美 々 津 は 出 船 の 地 と し て 、 「 御 船 出 跡 」 の 名 を と ど ひ ろ く み ら れ る 海 上 遊 幸 の 神 話 で あ り 、 海 辺 で 豊 玉 め て い る 。 姫 が 鵜 葺 草 葺 不 合 命 を 産 む 話 も 、 海 の か な た か ら 来 従 来 、 神 武 東 征 の 話 を め ぐ っ て 、 ① 銅 鐸 を つ く り 訪 す る 母 子 神 の 信 仰 を 母 胎 と し て い る 。 も っ と も 、 出 し た 出 雲 系 の 人 び と を 銅 剣 ・ 銅 矛 を も っ た 北 九 州 は や と あ た の き み 『 記 』 は 、 海 幸 彦 を 「 隼 人 阿 多 君 の 祖 」 と 記 し 、 の 人 び と が 征 服 し た 、 ) に 邪 馬 台 国 が 卑 弥 呼 の 死 の 直 千 『 紀 』 は 「 隼 人 ら が 始 祖 」 と 記 し て い る 。 海 幸 彦 ・ 後 か 、 も し く は 三 世 紀 末 ご ろ ま で に 大 和 に 移 動 し 山 幸 彦 の 話 は 、 は げ し い 戦 い の す え 海 幸 彦 が 山 幸 彦 た 、 ③ ツ ン グ ー ス 系 の 北 方 騎 馬 民 族 が 九 州 を 経 て 大 7

日本の街道 8 日燃ゆる九州


、 に ノ - = ・ 第 厂 第 ま ソ = 、 有 、 を 、 高 千 穂 の 峰 仰 ぐ 神 々 の 日 向 路 そ ぽ か た む き 東 は 日 向 灘 、 西 北 は 大 分 県 と の 境 に 祖 母 ・ 傾 や ま く に み だ け い ち 山 、 西 か ら 南 は 熊 本 ・ 鹿 児 島 と の 県 境 に 国 見 岳 ・ 市 ふ さ や ま か ら く に だ け た か ち ほ の み ね 房 山 ・ 韓 国 岳 ・ 高 千 穂 峰 が 連 な る と い う よ う に 、 宮 崎 県 は 海 と 山 に 囲 ま れ 、 山 地 が 県 全 体 の 七 三 パ ー セ ひ む か の く に ン ト に も 達 す る 。 こ の こ と は 古 代 、 日 向 国 と よ ば れ た 同 県 が 、 い か に 平 地 に め ぐ ま れ ず か っ 経 済 的 に も 豊 か で な か っ た か を 示 唆 し て い る 。 と こ ろ が 、 意 外 に も 『 古 事 記 』 『 日 本 書 紀 』 の な か の 「 記 紀 神 話 」 は 、 こ の 山 あ い の 地 を 舞 台 に 多 く 展 開 さ れ た 。 み そ ぎ あ わ き は ら 禊 の 地 、 阿 波 岐 原 「 己 紀 神 話 」 は 天 地 創 世 の 話 か ら は じ ま る 。 「 国 わ か く 浮 き し 脂 の 如 く し て 、 く ら げ な す た だ よ へ る こ ん と ん あ め の ・ : 」 と い う 宇 宙 の 渾 沌 の 状 態 か ら 、 高 天 原 に 天 之 み な か ぬ し の か み ざ な ぎ 御 中 主 神 以 下 の 諸 神 が 誕 生 し 、 や が て 伊 邪 那 岐 ・ ~ 一 一 。 , 命 ・ 伊 邪 美 命 の 二 神 が 天 の 浮 か ら 沼 矛 を 指 し お ろ し て 多 く の 国 々 や 島 々 を 生 む と い う 、 国 生 み が お こ な わ れ る が 、 筑 紫 島 も そ の ひ と つ で あ っ た 。 『 古 事 記 』 で は 、 筑 紫 島 の 国 名 に つ い て 、 「 筑 紫 国 し ら ひ わ け と よ の く に と よ ひ わ け を 白 日 別 と 謂 ひ 、 豊 国 を 豊 日 別 と 謂 ひ 、 肥 国 を 建 上 原 兼 善 宮 崎 大 学 助 教 授 た け

日本の街道 8 日燃ゆる九州


》 こ 神 を 先 祖 神 と す る こ と と 無 関 係 で は な い で あ ろ う 。 『 記 』 『 紀 』 神 話 で は 、 出 雲 を 幽 の 世 界 と し て と ら え て い る の に 対 し 、 筑 紫 の 日 向 を 顕 の 世 界 と し て 描 い て い る と い う 神 話 研 究 者 の 指 摘 が あ る 。 『 延 喜 式 』 に よ る 日 向 の 駅 路 「 記 紀 神 話 」 の な か で 、 皇 室 の 祖 先 の 発 祥 地 と さ れ る 日 向 が 、 国 名 と し て は じ め て 史 料 に 確 認 さ れ る の は 、 文 武 天 皇 二 年 九 ) 日 向 か ら 知 か ( ) が 献 ぜ ら れ た と あ る 『 続 日 本 紀 』 の 記 事 に お い て で あ る 。 当 時 、 日 向 は ま だ 薩 摩 ・ 大 隅 を 含 む 九 州 の 東 南 部 を 指 し た が 、 八 世 紀 初 め に は 薩 摩 ・ 大 隅 の 両 国 が 分 置 さ い と さ れ 、 日 向 国 の 国 域 が 定 ま っ た 。 国 府 は 、 現 西 都 市 三 宅 の 国 分 と み ら れ 、 付 近 に 国 分 寺 ・ 国 分 尼 寺 跡 の 地 名 も あ る 。 『 延 喜 式 』 に よ れ ば 、 日 向 国 は 律 令 制 下 の 国 の 等 級 大 ・ 上 ・ 中 ・ 下 の う ち 、 人 口 が 少 な く 、 面 積 の 狭 い 〃 中 国 〃 に 位 置 づ け ら れ て い る 。 国 府 を 中 心 に 、 大 宰 府 ・ 薩 摩 ・ 大 隅 を 結 ぶ 交 通 が 発 達 す る が 、 日 向 国 な が か わ の べ か っ た の 駅 は 、 『 延 喜 式 』 に よ れ ば 、 長 井 ・ 川 辺 ・ 刈 田 ・ み ね さ る と び こ ゆ た い ま い し だ く に 美 禰 ・ 去 飛 ・ 児 湯 ・ 当 磨 ・ 石 田 ・ 救 麻 ・ 救 弐 ・ 亜 々 の じ り ひ な も り ま さ き み な ま た し ま づ 椰 ・ 野 後 ・ 夷 守 ・ 真 斫 ・ 水 俣 ・ 島 津 の 一 六 駅 で あ っ に う 大 宰 府 よ り の 道 は 、 豊 後 の 丹 生 ・ 三 重 ・ 小 野 の 諸 鼾 駅 を 通 っ て 日 向 国 に 入 り 、 長 井 ・ 川 辺 ・ 刈 田 ・ 美 一 禰 ・ 去 飛 ・ 児 湯 の 六 駅 を 経 て 国 府 に い た る 。

日本の街道 8 日燃ゆる九州


九 州 の 祭 り ー い ー い 「 い 当 2 ぞ 七 夕 踊 り 一 一 吽 ・ 鹿 ・ 虎 な ど の 作 り 物 が 踊 り ま わ り 、 七 夕 に 奉 納 さ れ る 。 400 年 の 歴 史 を も つ 。 ( 8 月 第 1 日 曜 ・ 鹿 児 島 市 東 町 大 里 ) 博 多 祇 園 山 笠 - ー ー 鎌 倉 時 代 、 聖 ー 国 師 の 疫 病 封 じ 祈 願 に 始 ま っ た と い う 。 飾 り 山 笠 は 豪 華 絢 爛 て あ る 。 ( 7 月 1 ~ 15 日 ・ 福 岡 ・ 櫛 田 神 社 ) お ん だ 祭 ー ー 阿 蘇 神 社 の お 田 植 え 神 事 て 、 神 輿 に 宇 奈 利 ( 昼 食 持 ち ) が っ く 。 ( 7 月 28 日 ・ 態 本 一 の 宮 町 ・ 阿 蘇 神 社 ) 九 州 っ 子 は 祭 り 好 き だ 北 州 九 ー の 博 多 祇 園 山 笠 、 祭 な ど が あ り 、 太 宰 府 の 曲 水 の 宴 、 山 鹿 の 燈 籠 祭 小 倉 太 鼓 祇 園 、 戸 畑 提 燈 山 笠 な ど 勇 壮 活 発 な も の り な ど は 優 雅 で あ る 宇 佐 ・ 臼 杵 ・ 中 津 は 祇 園 祭 か 多 い 「 お く ん ち 」 と は 、 御 宮 日 と か 御 九 日 と り が 盛 ん だ 神 話 の 国 日 向 で は 岩 戸 神 楽 を は じ め 、 書 き 、 祭 り の こ と を 意 味 す る 異 国 情 緒 豊 か な 踊 宮 崎 神 宮 の 「 神 武 さ ま 」 な ど か あ る 鹿 児 島 で は 、 り が 奉 納 さ れ る 長 崎 く ん ち 、 唐 津 大 明 神 に 供 奉 し 曾 我 ど ん の 傘 焼 き 、 弥 五 郎 ど ん 祭 り 、 と い っ た 変 て 曳 山 か 巡 行 す る 唐 津 く ん ち な ど が 代 表 的 な も の わ っ た 祭 り も あ る 火 の 国 熊 本 で は 阿 蘇 神 社 の 火 振 神 事 、 お ん だ イ 6

日本の街道 8 日燃ゆる九州


・ も 亜 、 島 と の 倉 く の 8 学 古 っ 2 知 し た 物 て 島 新 を と よ 熱 る そ の 本 家 争 。 か し 、 こ の は な さ く 0 生 ま で 0 話 ま 、 る よ う で あ る 。 ' 日 向 0 地 に 関 連 あ 一 一 人 の 子 海 幸 彦 . = 神 見 0 000 初 0 し ・ も

日本の街道 8 日燃ゆる九州


ー , を を 第 画 ま 第 ま を 、 ・ 物 を 、 を を を を ま ま ー と か ら す れ ば 、 北 部 九 州 の 山 々 で 、 現 在 の 登 山 者 が 歩 い て い る 道 は 、 そ の す べ て が 、 か っ て 山 伏 た ち が 歩 き 、 拓 い て 来 た 道 で あ っ た と い う こ と に な ろ う 。 「 彦 山 導 者 」 の 通 っ た 道 彦 山 は そ の 信 仰 圏 を 〃 四 境 七 里 、 十 方 檀 那 〃 と 唱 え て い た 。 方 七 里 を 神 領 と し 、 信 者 は 十 方 に 広 が る と い う 意 味 で あ る 。 い ま 、 英 彦 山 を 中 心 に 半 径 七 里 約 二 七 キ ロ ) の 円 を 描 く と 、 至 と 呼 ば れ る 東 西 南 北 の 境 界 が 、 ほ ば そ の 円 周 上 に あ て は ま っ て い る の を 見 る 。 そ の 神 領 内 で 、 英 彦 山 か ら 放 射 線 状 に 周 辺 へ と 延 び る 谷 々 に は 、 鎮 守 神 大 行 事 社 ( 最 し が 配 し ん り よ う ち ん ′ 」 置 さ れ 、 神 領 鎮 護 に あ た っ て い た 。 そ し て 、 こ の 大 行 事 社 の あ る 谷 々 が 、 彦 山 詣 り の 道 筋 に も な っ て 英 彦 山 大 権 現 の 信 仰 圏 は 、 壱 岐 ・ 対 馬 ま で を 含 め て 九 国 二 島 、 文 字 ど お り 九 州 一 円 に ま た が っ て い た 。 春 二 月 と も な れ ば 、 各 地 か ら 彦 山 の " 松 会 〃 を め ざ し て 、 参 詣 者 が 蜿 蜒 長 蛇 の 列 を な し た と い う 。 村 々 で は 彦 山 講 を お こ し 、 講 金 を 積 み 立 て て 代 参 者 出 発 に あ 山 を 送 る 。 「 彦 山 の 種 撒 き に 詣 る 」 と い い た っ て は 盛 大 な 送 別 の 宴 を 催 し 、 帰 り に は 村 境 ま で ん ま 一 」 古 時 遺 ト 模 さ か む か - ( 一 第 、 最 道 の 一 規 の 「 境 迎 え 」 を 行 っ て 、 代 参 者 の 持 ち 帰 る 籾 種 や 護 拓 。 」 こ ( 山 験 大 メ な 、 」 ~ 彦 修 最 壮 符 ・ 神 水 ・ 熊 笹 ・ 英 彦 山 ガ ラ ガ ラ ・ 杓 子 な ど を 分 け 、 」 も 英 、 る 約 宏 て せ ( の 物 ば 間 方 あ っ て い た 。 籾 種 は 田 の 虫 封 じ に 霊 験 が あ る と さ 殿 造 偲 絽 四 一 、 ・ 第 幣 建 を れ 、 英 彦 山 ガ ラ ガ ラ は 門 口 に 掲 げ て 魔 除 け 、 熊 笹 は 奉 の 代 物 ル

日本の街道 8 日燃ゆる九州


宇 佐 八 幡 宮 ー ー 全 国 八 幡 宮 の 総 本 山 。 八 幡 宮 出 現 に は 諸 説 が あ る 。 御 神 体 は 薦 枕 と 黄 金 の 御 正 体 。 参 拝 時 は 四 拍 手 。 本 殿 三 棟 は 国 宝 。 写 真 は 本 殿 前 の 南 中 楼 国 東 芻 : 長 、 0 寺 △ 両 子 山 後 高 田 卍 神 宮 。 宇 佐 卍 両 子 寺 0 東 八 幡 宮 卍 水 峠 、 元 宮 磨 仏 . 三 浦 梅 鄭 白 宅 し 真 木 大 堂 卍 熊 野 磨 崖 仏 0 ぃ な 0 立 龍 ・ 0 石 ヶ 山 香 尾 0 石 造 の 鳥 居 ー ー ー 羆 野 磨 崖 仏 へ の 参 道 に あ っ て 、 伝 説 に よ れ ば 、 こ の 石 段 は 鬼 が 一 夜 て 築 い た と い う 。 表 玄 関 と な っ た が 、 一 歩 内 に は い る と 、 俗 に 二 十 八 い な が ら 、 次 の よ う な 歌 を 詠 ん だ 。 谷 と 呼 ば れ る 谷 で 隔 て ら れ 、 昔 な が ら の ″ 陸 の 孤 水 上 の 月 も 南 に 寄 藻 川 清 き な が れ を 渡 る 宮 人 ( 後 伏 見 天 皇 ) 島 【 で あ る 。 沿 岸 に は 国 道 = 一 三 号 線 が 走 「 て 」 る し か し 内 陸 部 は 、 拡 幅 ・ 整 備 さ れ て は い る も の 旅 人 の 日 は 夕 暮 に 寄 藻 川 み ね い り み ち の 、 峰 入 道 が 往 時 の 姿 を い ま に 残 し 、 俗 化 を 免 れ た し ば し 待 て と や 出 る 月 影 ( 烏 丸 光 広 卿 ) 天 台 宗 と 結 び つ き 、 六 郷 満 山 文 化 を 開 花 さ せ た の こ の 文 化 は 、 半 島 内 の 六 つ の 郷 の 山 々 に 栄 え た 天 は 、 宇 佐 氏 で あ っ た 。 宇 佐 氏 は 、 氏 神 で あ る 三 女 神 ろ く ご う ま ん ざ ん お も と さ ん れ い せ ん じ 台 寺 院 に 起 源 を も っ と こ ろ か ら 、 六 郷 満 山 文 化 と 呼 の 鎮 座 す る 御 許 山 翁 佐 ) に 本 山 霊 山 寺 を 開 き 、 こ こ ば れ て い る 。 こ れ ら 天 台 寺 院 の バ ッ ク は 、 全 国 八 幡 を 中 心 と し て 国 東 六 郷 に 多 く の 天 台 寺 院 を 建 て た 。 も と や ま 宮 総 本 山 の 宇 佐 八 幡 宮 で あ る 。 宇 佐 に 近 い と こ ろ に 本 山 本 寺 八 カ 寺 、 中 央 山 岳 部 に 中 山 本 寺 一 〇 カ 寺 、 東 部 に 末 山 本 寺 一 〇 カ 寺 が あ る ぼ ん 宇 佐 宮 と 六 郷 満 山 文 化 の 開 花 が 、 こ れ は 法 華 経 二 八 品 に 模 し た と い う 。 本 寺 の 下 古 来 、 宇 佐 宮 は 、 伊 勢 神 宮 と と も に 二 所 宗 廟 と し に は 末 寺 を 配 し 、 最 盛 期 に は 合 計 六 五 カ 寺 を 数 え て 、 朝 廷 の 尊 崇 す る 神 社 で あ っ た 。 東 大 寺 大 仏 造 立 た 。 本 寺 ・ 末 寺 に は 院 ・ 坊 ・ 石 屋 な ど が 付 属 す る 。 ゅ げ の ど う き よ う に ん も ん を 支 援 し 、 ま た 弓 削 道 鏡 の 皇 位 奪 取 事 件 の 際 は 、 こ れ ら の 大 部 分 は 、 養 老 年 間 に 仁 聞 菩 薩 と い う わ け の き ょ ま ろ 和 気 清 麻 呂 に 託 宣 を 与 え て 、 そ の 野 望 を く じ い た 神 ″ 謎 の 菩 薩 〃 に よ っ て 建 て ら れ た と 伝 え る 。 と し て 有 名 で あ る 。 〃 物 言 う 神 〃 八 幡 神 は 、 神 仏 習 現 在 、 国 東 に 存 在 す る 六 郷 満 山 文 化 遺 物 の う ち 、 し よ う か ん の ん 合 思 想 を 唱 え た 神 で も あ り 、 さ ら に 九 州 一 の 荘 園 最 古 の も の は 、 豊 後 高 田 市 内 野 に あ る 聖 観 音 像 で 領 主 で も あ っ た 。 あ る 。 平 安 中 期 の 作 で 、 最 初 の 別 当 寺 と し て 栄 え た こ う ぎ ん じ か っ て 豊 前 路 ・ 小 倉 路 と も 呼 ば れ た 現 国 道 一 〇 号 西 叡 山 高 山 寺 の 本 尊 と 伝 え る 。 よ り も 石 線 に 面 す る 神 宮 は 、 寄 藻 川 を 境 に 広 大 な 神 域 を 有 平 安 中 期 に は 、 六 郷 満 山 に か な り の 寺 院 が 建 っ て と に ぬ 古 い た の で あ る 。 し 、 丹 塗 り の 八 幡 造 本 殿 は 国 宝 に 指 定 さ れ て い る 。 む み ろ く ら う す き こ の ほ か 下 宮 、 若 宮 な ど の 摂 ・ 末 社 、 弥 勒 神 宮 寺 し か し 、 国 東 や 臼 杵 に は 、 木 曾 街 道 や 日 光 道 中 の く れ は し 説 跡 、 屋 根 の あ る 呉 橋 、 日 本 初 期 庭 園 で 日 本 三 沢 の 池 よ う な 街 道 は な く 、 あ っ た と し て も 、 江 戸 時 代 の 城 云 は っ さ わ の ひ と つ 、 「 初 沢 の 池 」 な ど も 残 っ て い る 。 と 城 を 結 ぶ 路 し か な い 。 そ れ だ け に 、 ル ー ト を は ず → 0 天 皇 や 公 卿 た ち は 京 都 に あ っ て 、 は る か 宇 佐 を 想 れ た 地 域 を 訪 れ る に は 不 便 な と こ ろ で も あ る 。 〃 仏 の 里 〃 が そ こ に あ る 。 し よ う え ん な か や ま す え や ま

日本の街道 8 日燃ゆる九州


: を に 第 ツ 洋 さ ま を 姦 い な を 気 ン 0 を ツ す ← い 第 , 伝 説 を は ら む 古 寺 と 石 仏 国 東 ・ 臼 杵 の 文 化 を め ぐ る . 下 国 東 半 島 、 石 仏 の 里 仏 血 ( は ゆ ら り ゆ ら り と ・ 丹 に の り は る か か く だ ら な た の 百 済 よ り 千 四 百 余 年 前 関 門 越 え て 人 頭 の く び す じ 宇 佐 に つ き に け る そ こ に 鎮 座 の 八 幡 宮 共 に 結 ん で 神 仏 の 混 合 文 化 の 花 が さ く そ こ は 国 東 六 郷 の 安 む さ し た し ぶ く に さ き く な わ 岐 と 武 蔵 と 伊 美 田 染 国 東 来 繩 の ひ た い も り え き っ き 谷 口 は 守 江 の 杵 築 湾 来 て 見 て 御 覧 人 頭 日 ー ) Ⅱ こ こ 、 よ の 半 島 国 東 隅 々 の 氏 神 寺 院 尸 前 。 ら ひ 立 ち た る 仁 王 像 指 折 数 え て 百 余 体 そ れ は 神 仏 親 衛 隊 : ・ こ れ は 国 東 半 島 に 多 い 石 造 仁 王 像 に 魅 せ ら れ て 勉 し ぶ や た だ の り 学 す る 、 若 い 研 究 者 渋 谷 忠 章 の 姿 に 感 激 し た 老 弁 護 士 仲 武 雄 が 、 彼 に 贈 っ た 詩 の 一 部 で あ る 。 国 東 を こ よ な く 愛 す る 人 は 少 な く な い が 、 最 近 で は 『 国 東 旅 そ ぞ ろ 』 や 『 国 東 半 島 ぶ ら り 旅 』 が 、 立 川 清 登 、 佐 良 直 美 に よ っ て 歌 わ れ 、 〃 仏 の 里 国 東 〃 も よ う や く 全 国 に 知 ら れ て き た 。 国 東 半 島 は 、 新 大 分 空 港 開 港 以 来 、 大 分 県 の 空 の 橋 本 操 六 大 分 県 史 編 纂 班 主 幹

日本の街道 8 日燃ゆる九州


高 千 穂 国 見 ヶ 丘 ー ー - 秋 の 早 朝 、 盆 地 の 空 気 が 冷 え て て き る 雲 海 は 、 神 話 の 世 界 を い っ そ う 身 近 に 感 し さ せ る 。 和 を 征 服 し た 、 な ど の 三 説 が あ っ た 。 し か し こ れ ら 皇 は 即 位 十 二 年 八 月 、 熊 襲 親 征 の 途 に つ き 、 十 一 月 % た か や の み や は 、 神 武 東 征 を 説 明 す る も の で は あ っ て も 、 な ぜ 日 に 日 向 国 に 行 宮 を 定 め 、 高 屋 宮 と 称 し た が 、 こ れ を 向 が そ の 起 点 で な け れ ば な ら な い の か 、 と い う 点 に 西 都 市 高 屋 に 比 定 す る 説 が あ る 。 そ の く に つ い て は 何 の 説 明 も し て い な い の で あ る 。 翌 十 三 年 五 月 襲 国 を 平 定 し た 後 、 高 屋 宮 に 六 年 過 み は か し ひ め と よ く に わ け ご し 、 美 し い 御 刀 媛 と 結 ば れ て 、 豊 国 別 皇 子 を 産 く に の み や っ こ こ の 国 は 日 の 出 ず る 方 に 向 け り む 。 こ れ が 日 向 国 造 の 始 祖 で あ る 。 天 皇 が 十 七 こ ゅ の あ が た に も の お の 『 記 』 『 紀 』 の 景 行 天 皇 の 条 に は 、 再 び 宮 崎 に 関 係 年 三 月 、 子 湯 県 に 巡 幸 し て 丹 裳 小 野 に 遊 ん だ と き 、 の あ る 記 事 が 、 今 度 は 西 征 の 話 と し て 出 て く る 。 天 東 方 を 望 見 し て 、 「 是 の 国 は 直 ち に 日 の 出 ず る 方 に 向 け り 」 と 述 べ た こ と か ら 、 「 日 向 」 の 名 が 起 こ っ た と い う 。 じ ゅ ん し ゅ う 十 八 年 三 月 、 天 皇 は 京 へ 向 か い 、 筑 紫 国 を 巡 狩 ひ な も り い わ せ が わ も ろ か た い ず み ひ め し て 夷 守 に 至 り 、 石 瀬 河 付 近 で 諸 県 の 君 の 泉 媛 ら 一 族 の 歓 待 を う け た が 、 夷 守 は 現 在 の 小 林 市 、 石 瀬 河 は 小 林 市 を 貫 流 す る 岩 瀬 川 と み ら れ て い る 。 こ の 西 征 の 話 は 、 熊 襲 の 関 係 か ら す れ ば 、 多 少 の 歴 史 的 事 実 を 反 映 し て い よ う 。 『 記 』 『 紀 』 に は 、 さ ら に 日 向 国 に 関 連 す る 記 事 が も ろ か た の き み う し も ろ 出 て く る 。 そ れ は 、 応 神 天 皇 が 日 向 国 諸 県 君 牛 諸 か み な が ひ め 井 の 女 髪 長 媛 が 類 い ま れ な る 美 女 で あ る と 聞 き 、 十 三 年 九 月 、 媛 を 召 す と い う 話 で あ る 。 い ま も 東 諸 県 く に と み ち ょ う ほ ん じ よ う 郡 国 富 町 本 庄 地 方 に は 、 諸 県 君 牛 諸 井 の 一 四 世 た て の ふ る ぬ し の 孫 に あ た る 楯 古 主 と い う 者 が 、 大 化 改 新 の 年 (å た い り よ う 五 ) に 諸 県 郡 の 大 領 の ) に つ い た と い う 伝 え も あ 『 記 』 『 紀 』 の 神 代 ・ 人 代 の 記 事 は 日 向 の 地 に ま っ わ る 話 が 多 い が 、 そ れ は 、 皇 室 が 天 照 大 神 と い う 日 朝 霧 の 高 千 穂 ー ー 五 ケ 瀬 川 上 流 の 盆 地 に 点 在 す る 集 落 と の ど か な 田 園 風 景 は 、 ま こ と に 神 話 の 里 に ふ さ わ し い 。