検索 - みる会図書館

検索対象: 日本書紀の読み方

日本書紀の読み方から 273件ヒットしました。

日本書紀の読み方


は じ め に ・ ・ 平 林 章 仁 第 1 章 ス サ ノ ヲ 神 話 を 読 み 解 く 日 本 書 紀 で 神 話 を 読 む と い う こ と / ス サ ノ ラ ノ ミ コ ト の 乱 行 ぶ り / ス サ ノ ラ の 乱 暴 は 大 祓 の 「 天 っ 罪 」 / 「 い け に え 」 と し て の 天 斑 駒 / 犠 牲 馬 と の 性 交 儀 礼 が あ っ た / 生 剥 ー ー 神 様 は 新 鮮 な 食 べ 物 が お 好 き / 屋 根 や 煙 突 は 天 界 と の 通 路 だ っ た / 馬 伏 ー ー 犠 牲 は 丸 々 と 太 ら せ ろ ! / 「 屎 ま る 」 と い う 、 か く も 神 聖 な る 行 為 / な ぜ 畦 を 壊 さ ね ば な ら な い か ? / 溝 埋 ・ か い ざ ん 樋 放 ・ 頻 蒔 は 耕 作 妨 害 で は な い / ス サ ノ ラ 神 話 は 本 当 に 大 祓 の 起 源 か ? / 神 話 の 改 竄 儀 礼 的 行 為 か ら 大 祓 の 罪 へ / ア マ テ ラ ス と ス サ ノ ラ の 性 交 ー ー ニ 神 は 何 を 生 み 出 し た か ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ① ◆ 国 生 み 神 話 ー ー イ ザ ナ キ と イ ザ ナ ミ に よ る 世 界 創 造 / 出 雲 神 話 ー ー オ ホ ア ナ ム チ の 「 国 造 り 」 と 「 国 譲 り 」 / 日 向 神 話 ー ー ウ ミ サ チ ・ ヤ マ サ チ の 物 語 目 次

日本書紀の読み方


は じ め に ・ ・ 平 林 章 仁 第 1 章 ス サ ノ ヲ 神 話 を 読 み 解 く 日 本 書 紀 で 神 話 を 読 む と い う こ と / ス サ ノ ラ ノ ミ コ ト の 乱 行 ぶ り / ス サ ノ ラ の 乱 暴 は 大 祓 の 「 天 っ 罪 」 / 「 い け に え 」 と し て の 天 斑 駒 / 犠 牲 馬 と の 性 交 儀 礼 が あ っ た / 生 剥 ー ー 神 様 は 新 鮮 な 食 べ 物 が お 好 き / 屋 根 や 煙 突 は 天 界 と の 通 路 だ っ た / 馬 伏 ー ー 犠 牲 は 丸 々 と 太 ら せ ろ ! / 「 屎 ま る 」 と い う 、 か く も 神 聖 な る 行 為 / な ぜ 畦 を 壊 さ ね ば な ら な い か ? / 溝 埋 ・ か い ざ ん 樋 放 ・ 頻 蒔 は 耕 作 妨 害 で は な い / ス サ ノ ラ 神 話 は 本 当 に 大 祓 の 起 源 か ? / 神 話 の 改 竄 儀 礼 的 行 為 か ら 大 祓 の 罪 へ / ア マ テ ラ ス と ス サ ノ ラ の 性 交 ー ー ニ 神 は 何 を 生 み 出 し た か ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ① ◆ 国 生 み 神 話 ー ー イ ザ ナ キ と イ ザ ナ ミ に よ る 世 界 創 造 / 出 雲 神 話 ー ー オ ホ ア ナ ム チ の 「 国 造 り 」 と 「 国 譲 り 」 / 日 向 神 話 ー ー ウ ミ サ チ ・ ヤ マ サ チ の 物 語 目 次

日本書紀の読み方


和 銅 五 年 ( 七 一 (l) 成 立 の 古 事 記 は 上 ・ 中 ・ 下 巻 の う ち 上 巻 す べ て を 神 々 の 物 語 に あ て 、 じ ん む 中 巻 の 神 武 天 皇 か ら 人 代 と な る 。 養 老 四 年 ( 七 二 〇 ) 撰 述 の 日 本 書 紀 全 三 十 巻 は 、 巻 第 一 か み の よ が 神 代 上 、 巻 第 一 一 が 神 代 下 て 、 巻 第 三 の 神 武 天 皇 紀 よ り 人 代 と な る 。 古 事 記 上 巻 を 「 神 代 記 」 、 日 本 書 紀 は 神 代 上 ・ 下 を 合 わ せ て 「 神 代 紀 」 と 略 記 す る が 、 こ の 神 代 記 ・ 神 代 紀 の 神 々 の 物 語 を 「 記 己 神 話 」 と い う 。 一 没 に 日 , 个 神 話 と い - ん ば 、 こ の 記 コ し 由 を さ す ・ 日 本 神 話 を 知 ろ う と す る 場 合 、 一 般 に は 古 事 記 神 代 記 が よ く 読 ま れ る 。 こ れ は 日 本 書 紀 あ る ふ み 神 代 紀 が 段 落 ご と に 少 し ず つ 内 容 の 違 っ た 複 数 の 所 伝 ( 一 書 ) を 挿 入 し て い て 、 物 語 が 複 雑 化 し 全 体 の 展 開 を 読 み 取 り 難 い か ら て あ ろ う 。 し か し 、 必 ず し も 神 代 記 が 神 代 紀 よ り 古 く て 本 来 的 な 物 語 て あ る と は 限 ら な い 。 そ れ よ り 、 一 つ の 神 話 に 複 数 の 所 伝 が あ る こ と は 、 神 話 研 究 の う え ぞ む し ろ 幸 せ な こ と だ と い え る 。 な ぜ な ら 、 複 数 の 所 伝 を か れ こ れ 比 車 対 照 す る こ と に よ り 、 そ の 物 語 の よ り 本 来 的 な 姿 や 多 様 な 古 代 社 会 の 実 相 を 明 ら か に す る こ と が 可 能 と な る か ら て あ る 。 も ち ろ ん 、 そ の た め に は 記 紀 神 言 が そ れ ぞ れ ど の よ う な 内 容 て 、 各 々 の 神 話 が 何 を 語 り 伝 え る も の だ っ た の か を 知 ら な け れ ば な ら な い 。 本 章 は 、 こ う し た 視 点 か ら の 日 本 書 紀 ス サ ノ ラ 神 話 を 理 解 す る た め の 基 礎 的 な 作 業 て あ る 。 ス サ ノ ラ ノ ミ コ ト の 乱 行 ぶ り ひ と の よ 0 ・ 4

日本書紀の読み方


◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ① ◆ 神 代 紀 上 ・ 下 : 国 生 み 神 話 ー ー ー イ ザ ナ キ と イ ザ ナ ミ に よ る 世 界 創 造 〈 巻 一 神 代 紀 上 〉 イ サ ナ キ ・ イ サ ナ ミ の 兄 妺 婚 に よ る 世 界 ・ 人 類 の は じ ま り を 語 る 国 生 み 神 話 は 、 い わ ば 日 本 の 創 世 神 話 て あ る が 、 そ の 大 筋 は 次 の と お り 。 は じ め 世 界 は 暗 く 混 沌 と し て い た や が て 萌 え 出 る 葦 の 芽 の よ う に 三 柱 の 神 が 誕 生 す る 。 続 あ ま の う き は し い て イ ザ ナ キ ・ イ ザ ナ ミ な ど 男 女 四 組 の 神 が あ ら わ れ る 。 イ ザ ナ キ ・ イ ザ ナ ミ が 天 浮 橋 に 立 ち 、 矛 を 下 ろ し て 海 原 を 探 る と 、 矛 先 か ら 滴 り 落 ち た 潮 が 固 ま り オ ノ ゴ ロ シ マ と な る 。 島 に 降 み は し ら は じ め り た 一 一 神 は 島 を 国 の 御 柱 と し て 左 右 別 々 に 周 り 、 出 合 っ た と こ ろ て ( 書 紀 て は 「 雌 の 元 」 と 「 雄 は じ め の 元 」 を 合 わ せ て ) 夫 婦 と な り 、 国 を 成 す 大 小 の 島 々 を 生 む 。 や け ど の ち 、 古 事 記 や 日 本 書 紀 の 一 書 に よ れ ば 、 イ ザ ナ ミ は 火 神 力 グ ッ チ を 生 む 際 に 陰 部 を 大 火 傷 と し ゃ し 、 吐 瀉 ・ 排 泄 物 か ら は 鉱 物 ・ 土 水 ・ 食 物 の 神 が 生 ま れ る も 、 女 神 は 亡 く な る 。 怒 っ た イ ザ ナ キ が 火 神 を 切 り 殺 す と 、 そ の 血 や 屍 体 か ら も 雷 神 や 山 の 神 々 が 出 現 す る 。 イ ザ ナ キ は 、 イ ザ ナ よ み う じ む し ミ に 会 う た め 黄 泉 の 国 を 訪 間 す る 。 そ こ て 見 て は な ら な い 禁 忌 を 破 り 、 蛆 虫 が わ き イ カ ヅ チ が 巣 食 う イ ザ ナ ミ の 姿 を 見 、 驚 い て 逃 げ 帰 ろ う と す る 。 イ ザ ナ ミ の 遣 わ し た イ カ ヅ チ や ヨ モ ッ シ コ メ に 追 い か け ら れ る が 、 竹 櫛 や 桃 の 実 を 投 げ る な ど 様 々 な 呪 法 を 使 っ て 逃 れ る 。 イ ザ ナ キ が め : 平 林 章 仁 を 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ー ①

日本書紀の読み方


第 1 章 ー ス サ ノ ヲ 神 話 を 読 み 解 く 平 林 章 仁

日本書紀の読み方


遠 山 美 都 男 刃 第 2 章 崇 神 天 皇 は 実 在 し た か ? 「 崇 神 紀 」 の 読 み 方 い な い ? / 神 武 と 崇 神 と ー ー ニ 人 の 「 ハ ッ ク ニ シ オ ホ ヒ コ の 「 発 見 」 / オ ホ ヒ コ は い た ? ラ ス 天 皇 」 / 「 崇 神 紀 」 を ど う 読 む か / ヤ マ ト の 神 々 を 祭 る と い う こ と / 天 皇 へ の 服 属 の ニ 段 階 / 四 道 将 軍 ー ー な せ 出 雲 は 出 て こ な い ? / ミ マ キ イ リ ヒ コ イ ニ ヱ の 正 体 が 見 え た ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ② ◆ 初 代 天 皇 神 武 の 正 体 / 「 欠 史 八 代 」 ー ー 天 皇 創 造 の カ ラ ク リ / 名 天 神 と は 何 か ? 前 に 探 る ヤ マ ト タ ケ ル の 人 間 性 / 神 功 皇 后 紀 の 奇 妙 さ に つ い て 加 藤 謙 吉 第 3 章 「 歴 史 の 出 発 点 」 と し て の 雄 略 朝 ワ カ タ ケ ル 大 王 と 豪 族 た ち 暗 殺 と 謀 殺 の す え に / 履 中 系 王 統 と 允 恭 系 王 統 / 安 康 天 皇 暗 殺 の 真 犯 人 は ? / 雄 略 の 即 位 は い つ だ っ た か ? / 「 葛 城 」 氏 い 雄 略 / 最 初 の 「 治 天 下 大 王 」 / ウ ジ の 成 立 と ラ ワ ケ 、 ム リ テ / 大 伴 氏 と 物 部 氏 ー ー 雄 略 王 権 の ニ 大 軍 事 伴 造 / 大 伴 氏 " 「 内 の 兵 」 の 統 率 者 / 「 そ の 名 を ば 大 来 目 主 と 負 ひ 持 ち て 」 / 大 和 政 権 屈 指 の 巨 大 氏 族 = 物 部 氏 / 物 部 氏 と 「 和 珥 」 氏 雄 略 の 軍 事 防 衛 線 で / 古 代 の 一 大 画 期 / ワ カ タ ケ ル 大 王 と 渡 来 人

日本書紀の読み方


申 舌 と は 、 神 々 に よ る 世 界 創 造 の 物 語 日 ト 畧 峯 て ぞ あ る 。 も ち ろ ん 、 そ れ は 歴 史 的 な 事 実 の 記 録 て は な い 。 さ り と て 虹 ~ か ら 創 作 さ れ た 虚 構 の 物 語 て も な い 。 神 話 が 信 仰 に も 裏 打 ち さ れ 、 真 実 の 物 語 と 信 じ ら れ て い し た 古 代 に は 、 現 実 の 社 会 を 秩 序 づ け る 宗 易 支 葷 え も あ 斤 書 本 を 写 教 的 な 規 範 て あ り 、 自 分 自 身 を 含 め た あ 勃 浙 集 譽 え と 物 本 な 宝 祖 重 ら ゆ る 存 在 に 意 味 を え る 機 能 を 持 っ て 于 時 え 邑 ャ わ 犬 十 宮 の 貴 神 系 る 熱 家 て 神 舌 は 、 人 間 と 文 化 の 起 源 を 神 々 に 託 財 ト 残 ヒ た を し て 語 る こ と て 、 世 界 の 始 ま り と 現 実 の 刻 え 体 要 伝 古 社 会 の あ り よ う を 説 明 し 、 人 々 の 思 考 ・ 重 認 識 を 基 礎 づ け て い た の て あ る 。 私 た ち 薯 亦 0 を 呼 一 定 ・ 紀 社 傍 は 神 話 を 通 し て 、 古 代 の 人 々 の 精 神 世 日 少 界 、 宗 教 観 や 世 界 観 を う か が う こ と が て 田 倉 謬 0 当 」 る ス サ ノ ラ 神 話 を 読 み 解 く

日本書紀の読み方


す 、 特 別 な 儀 礼 的 方 法 だ っ た と 考 え ら れ る 。 「 逆 の 方 法 」 て 想 起 さ れ る の は 、 イ ザ ナ キ が ヨ モ ッ シ コ メ に 追 わ れ 黄 泉 の 国 か ら 逃 げ 帰 る う み さ ち ひ こ や ま さ ち ひ こ し り へ で と き に 剣 を 「 後 手 」 、 後 ろ 向 き に 振 っ た 、 あ る い は 海 幸 彦 ・ 山 幸 彦 神 話 て 山 幸 彦 が 「 後 手 に 」 釣 り 針 を 返 し て 海 幸 彦 に 報 復 し た 、 と の 物 語 て あ る 。 こ れ ら の 所 伝 か ら 、 あ の 世 の 者 と の 交 渉 に は 後 ろ 向 き て 行 う 呪 術 が 存 在 し た と 説 か れ て い る ( 福 島 秋 穂 『 記 紀 神 話 伝 説 の 研 究 』 六 興 出 版 ) 。 祭 祀 や 喪 葬 て の 重 要 な 儀 礼 上 の 所 作 が 日 常 と は 反 対 に 行 わ れ る こ と は 、 死 者 に 着 せ る 着 、 天 石 窟 に 境 物 を 左 前 に す る な ど 、 今 日 て も 経 験 す る 。 ア マ テ ラ ス が 籠 り か ら 出 た さ い な し め な わ 界 と し て わ た し た 注 連 縄 が 、 日 常 と は 反 対 の 左 綯 い て あ っ た の も 同 じ て あ る 。 ま た 、 古 事 記 の 国 譲 り 神 話 て 、 オ ホ ク ニ ス シ に 国 譲 り を 諮 間 さ れ た コ ト シ ロ ス シ は 、 譲 る べ き と 答 え か し わ で て 「 天 の 逆 手 」 を 打 っ た と あ る 。 お そ ら く 、 ふ だ ん と は 反 対 の 方 法 て 柏 手 を 打 っ た の て あ ろ う が 、 こ れ も 日 常 と は 逆 の 仕 草 て あ る 。 非 日 常 的 な 時 空 て あ る こ と を 示 す た め に 、 祭 儀 や 喪 葬 て の 所 作 は ふ だ ん と 反 対 の 方 法 て 行 う べ き と の 観 念 が 存 在 し た 。 神 々 や 死 者 の 棲 む あ の 世 は 、 こ の 世 と 逆 転 し た 世 界 と 観 念 乍 は 日 常 と は 反 対 の 方 法 て な さ れ な け れ ば な ら な か っ た の て あ り 、 さ れ 、 そ れ に 関 わ る 所 イ 逆 な の は い わ ば 神 々 の や り 方 だ っ た ( 井 本 英 一 『 王 権 の 神 話 』 法 政 大 学 出 版 局 ) 。 ま た 、 非 日 常 さ か て よ み ス サ ノ ヲ 神 話 を 読 み 解 く 9

日本書紀の読み方


遠 山 美 都 男 刃 第 2 章 崇 神 天 皇 は 実 在 し た か ? 「 崇 神 紀 」 の 読 み 方 い な い ? / 神 武 と 崇 神 と ー ー ニ 人 の 「 ハ ッ ク ニ シ オ ホ ヒ コ の 「 発 見 」 / オ ホ ヒ コ は い た ? ラ ス 天 皇 」 / 「 崇 神 紀 」 を ど う 読 む か / ヤ マ ト の 神 々 を 祭 る と い う こ と / 天 皇 へ の 服 属 の ニ 段 階 / 四 道 将 軍 ー ー な せ 出 雲 は 出 て こ な い ? / ミ マ キ イ リ ヒ コ イ ニ ヱ の 正 体 が 見 え た ◆ 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ ー ② ◆ 初 代 天 皇 神 武 の 正 体 / 「 欠 史 八 代 」 ー ー 天 皇 創 造 の カ ラ ク リ / 名 天 神 と は 何 か ? 前 に 探 る ヤ マ ト タ ケ ル の 人 間 性 / 神 功 皇 后 紀 の 奇 妙 さ に つ い て 加 藤 謙 吉 第 3 章 「 歴 史 の 出 発 点 」 と し て の 雄 略 朝 ワ カ タ ケ ル 大 王 と 豪 族 た ち 暗 殺 と 謀 殺 の す え に / 履 中 系 王 統 と 允 恭 系 王 統 / 安 康 天 皇 暗 殺 の 真 犯 人 は ? / 雄 略 の 即 位 は い つ だ っ た か ? / 「 葛 城 」 氏 い 雄 略 / 最 初 の 「 治 天 下 大 王 」 / ウ ジ の 成 立 と ラ ワ ケ 、 ム リ テ / 大 伴 氏 と 物 部 氏 ー ー 雄 略 王 権 の ニ 大 軍 事 伴 造 / 大 伴 氏 " 「 内 の 兵 」 の 統 率 者 / 「 そ の 名 を ば 大 来 目 主 と 負 ひ 持 ち て 」 / 大 和 政 権 屈 指 の 巨 大 氏 族 = 物 部 氏 / 物 部 氏 と 「 和 珥 」 氏 雄 略 の 軍 事 防 衛 線 で / 古 代 の 一 大 画 期 / ワ カ タ ケ ル 大 王 と 渡 来 人

日本書紀の読み方


ヤ マ ト タ ケ ル は そ の 本 名 か ら す れ ば ま だ 幼 い 男 児 と い う の が そ の 本 性 と い え よ う 。 そ の せ い ろ う か 、 彼 に つ い て は 腕 力 は 滅 法 強 い が 人 間 と し て の 未 熟 ( 幼 児 性 ) を 物 語 る エ ピ ソ ー ド が 目 立 つ 。 彼 は 敵 に 対 し 情 け 容 赦 が な く 、 と く に 神 々 へ の 敬 意 を 少 し も 持 ち 合 わ せ て い な い 。 彼 が は し り み ず 最 愛 の オ ト タ チ バ ナ ヒ メ ( 弟 橘 媛 ) を 走 水 ( 浦 賀 水 道 ) て 失 な っ た の は 海 神 を 畏 れ 敬 わ な か っ た た め て あ り 、 彼 が 凱 旋 を 果 た し な が ら ヤ マ ト を 目 前 に 三 十 歳 の 若 さ て 没 し た の も 、 伊 吹 山 の ぐ ろ う 神 に 勝 負 を 挑 み 、 神 を 愚 弄 し た 結 果 だ っ た 。 神 を 神 と も 思 わ ぬ こ の 性 格 が そ の 遺 児 、 仲 哀 天 皇 に 引 き 継 が れ た と は 何 と も 皮 肉 な 話 だ 。 「 胛 功 皇 后 紀 の 亠 円 妙 さ に つ い て 〈 巻 九 神 功 皇 后 紀 〉 し ′ 」 う じ ん ぐ う こ う ′ 」 う 、 、 、 「 神 功 皇 后 」 の 諡 号 が 有 名 だ 。 仲 仲 哀 天 皇 の 皇 后 は オ キ ナ ガ タ ラ シ ヒ メ ( 気 長 足 姫 ) と ( し ら ぎ く ま そ お も む 哀 は 彼 女 を 同 行 し 、 熊 襲 征 伐 の た め に 九 州 に 赴 く 。 し か し 、 彼 は 「 金 銀 財 宝 に 満 ち た 国 、 新 羅 ひ ぼ う を あ た え よ う 」 と い う 神 の 託 宣 を 無 視 し た ば か り か 誹 謗 し た た め に 急 死 を 遂 げ て し ま う 。 そ の と き 神 功 皇 后 は 出 産 の 時 期 に あ た っ て い た が 、 神 に 祈 願 し て 出 産 を 遅 ら せ 、 神 託 に し た が い 新 お う じ ん 羅 平 定 を 果 た す 。 凱 旋 後 、 彼 女 は 筑 紫 て 皇 子 を 生 ん だ 。 こ れ が 応 神 天 皇 だ と こ ろ て 日 本 書 紀 三 十 巻 は 、 巻 一 ・ 巻 二 ( 神 代 紀 上 下 ) を 除 い て 天 皇 を 中 心 に 巻 が 構 成 さ れ て い る が 、 巻 九 神 功 皇 后 紀 だ け が 天 皇 て は な い 神 功 皇 后 を 中 心 に 立 て ら れ て い る 。 こ の こ と は 日 本 書 紀 の 読 み ど こ ろ - ー ー ② 9. 9.