検索 - みる会図書館

検索対象: 波 2017年 01 月号 [雑誌]

波 2017年 01 月号 [雑誌]から 128件ヒットしました。

波 2017年 01 月号 [雑誌]


神 々 の 住 ま い へ 誘 う 最 新 ガ イ ド 芸 術 新 潮 編 集 部 編 『 神 々 が 見 え る 神 社 100 選 』 高 山 れ お な ( 芸 術 新 潮 副 編 集 長 ) 本 書 は 、 芸 術 新 潮 の 創 刊 8 0 0 号 記 念 特 大 号 と 祭 祀 が 続 く 大 社 の 中 の 大 社 ー ー 伊 勢 ・ 出 雲 ・ 春 「 神 の 空 間 を 旅 す る 神 社 100 選 」 を 再 編 集 し 日 ・ 宇 佐 な ど 神 社 界 の ポ ス キ ャ ラ 社 。 た も の で あ る 。 芸 術 新 潮 で は か っ て 、 555 号 の 第 2 章 「 神 話 の 神 さ ま と そ の 現 場 」 は 、 諏 訪 ・ 記 念 に 「 日 本 の 神 々 」 と 題 す る 大 特 集 を 組 ん だ こ 熱 田 の よ う な 著 名 な 大 社 か ら 、 ニ ギ ハ ヤ ヒ を 祭 る と が あ る 。 そ こ で は 神 像 と 神 饌 を グ ラ フ の 柱 と し 、 磐 船 神 社 の よ う に 小 さ く も 個 性 的 な お 社 ま で 社 。 さ ら に ″ ど の よ う な 時 に 「 神 」 を 感 じ ま す か ? 〃 第 3 章 「 神 社 名 建 築 紀 行 」 は 、 す で に 述 べ た 次 と い う 問 い に 答 え る 形 で 各 界 氏 か ら エ ッ セ イ を 第 で 、 と り わ け 力 を こ め た 章 。 嚴 島 ・ 吉 備 津 を 筆 い た だ い た 。 狭 義 の 神 と い う よ り 神 的 な も の が 特 頭 に 、 美 し き 社 を 紹 介 す る 。 集 テ ー マ だ っ た か ら 、 各 氏 の エ ッ セ イ に は じ つ に 第 4 章 「 神 と 仏 の 千 年 史 」 は 、 神 仏 習 合 が テ ー さ ま ざ ま な 神 様 が 登 場 す る 。 夜 の 首 都 高 か ら 見 る マ 。 金 刀 比 羅 宮 や 談 山 神 社 の よ う に 、 境 内 に は っ 石 油 精 製 プ ラ ン ト に 神 を 感 じ る 評 論 家 も い れ ば 、 き り と そ の 痕 跡 が 残 る 神 社 な ど 社 を 取 り 上 げ た 。 自 分 こ そ が 神 だ と 宣 言 す る 美 術 家 も い た 。 第 5 章 「 人 、 神 と な る 」 は 、 人 を 祭 神 と す る そ れ か ら 年 を 経 た 今 回 の コ ン セ プ ト は い わ ば 社 。 菅 原 道 真 を 祭 る 北 野 ・ 太 宰 府 の 両 天 満 宮 か ら 、 ″ 新 ・ 日 本 の 神 々 % た だ し 、 前 回 か ら は 一 転 、 ひ 日 光 東 照 宮 、 明 治 神 宮 ま で 。 た す ら 神 社 に フ ィ ー チ ャ ー し て い る 。 日 本 人 に お 第 6 章 「 山 は 神 さ ま 」 で は 、 標 高 1000 メ ー け る 神 観 念 の 可 能 性 の 幅 を 探 ろ う と し た の が 前 回 ト ル 超 え 限 定 で 、 山 を ご 神 体 と す る 社 を 紹 介 。 特 集 な ら 、 今 回 は 伝 統 的 標 準 的 な 神 観 念 を 護 持 し 第 7 章 「 国 宝 あ り ま す 」 の 8 社 は 比 較 的 小 さ な て き た 制 度 の 、 特 に ハ ー ド 面 の カ タ ロ グ を 作 ろ う 神 社 が 多 い 。 こ ん な 鄙 び た お 社 に こ ん な す ご い も と 考 え た の で あ る 。 ハ ー ド と は 要 す る に 境 内 と 社 の が 、 と い う 観 点 で 選 ん だ た め だ 。 殿 の こ と で 、 神 社 ガ イ ド の 類 は た く さ ん あ る よ う 第 8 章 「 諸 国 一 の 宮 め ぐ り 」 は 、 一 の 宮 の う ち で も 、 じ つ は 社 殿 建 築 に つ い て ま と も に 紹 介 し て こ れ ま で の 章 に 登 場 し て い な い 有 力 社 。 い る 本 は ど く 少 な い の が 実 状 だ 。 ほ ぼ 全 社 を 編 集 部 の 誰 か し ら が 訪 ね て い る の で 、 い ち ば ん 頭 を 悩 ま せ た の は 、 100 の 神 社 の 選 ど れ も 素 晴 ら し い 神 社 で あ る こ と は 請 け 合 え る 。 選 る 0 択 だ っ た 。 ″ い っ か は 行 っ て み た い 神 社 〃 と い う が 、 白 状 す る と 隠 岐 国 一 宮 の 水 若 酢 神 社 だ け は 誰 え 0 一 】 〔 覡 1 ~ 一 基 準 の も と 、 以 下 の よ う な 8 つ の 項 目 を 設 け て 出 も 行 っ て お ら ず 、 中 野 晴 生 氏 の 写 真 と 資 料 だ け で 々 し 入 れ を 繰 り 返 し た 。 己 事 を 書 い た 。 し か し 、 見 れ ば 見 る 程 、 読 め ば 読 神 神 第 1 章 「 神 社 の 誕 生 」 に 登 場 す る の は 、 古 代 の む 程 、 い っ か は 行 っ て み た い と い う 気 持 ち を 掻 き 神 社 シ ス テ ム の 中 枢 に 位 置 し 、 か っ 現 代 ま で 連 綿 立 て ら れ た の で 、 辻 褄 は 合 っ て い る わ け で あ る 。 一 三 ロ

波 2017年 01 月号 [雑誌]


多 幸 感 の く に カ ー ナ ビ は 、 ド ラ イ プ の 楽 し み を 半 減 海 道 に も 数 カ 所 に 「 出 雲 神 社 」 を 名 乗 る 酢 味 噌 ダ レ で 食 べ る 鯉 の 洗 い な ど 、 " 第 二 の ふ る さ と 〃 の こ た え ら れ な い 味 に な さ せ る の で 、 も と も と 取 り 付 け て い な い 。 社 が あ り 、 自 分 が 出 く わ し た の は 苫 小 牧 っ て い た 。 近 く の 出 雲 神 社 の よ う で あ っ た 。 そ れ で も な お 走 り つ づ け て い る と 、 ど う や ら 無 人 ら し く 、 境 内 に も 人 っ 子 後 ろ 髪 を 引 か れ る 思 い で 島 根 を あ と に 木 々 の 向 こ う に 神 社 の 鳥 居 ら し き も の が ひ と り い な い 。 拝 殿 で 手 を 合 わ せ て い た か い ま 見 え た 。 そ ち ら に ク ル マ を 向 け 、 し 、 新 天 地 の 高 校 で は 弓 道 部 の 顧 問 と な っ た 。 ら 、 涙 が こ み あ げ て き た 。 徐 々 に 近 づ く に つ れ 、 鳥 居 の 輪 郭 が は っ ふ と 見 れ ば 、 朽 ち て 倒 れ た 大 木 が あ る 。 お よ そ 半 年 後 、 悲 劇 が 起 き た 。 部 活 中 、 き り し て き た 。 そ れ は 、 キ ッ ド さ ん が 知 と こ ろ が 、 そ の 倒 れ た 跡 か ら 新 し い 芽 が 弓 道 の 動 き を 一 緒 に 学 び 、 よ く 話 し 相 手 つ て い る 北 海 道 の 神 社 に 多 く 見 ら れ る 鳥 伸 び て 、 い ま や 立 派 な 幹 に な ろ う と し て に も な っ て い た 女 子 生 徒 が 、 不 慮 の 事 故 居 で は な く 、 む し ろ 島 根 で 見 慣 れ た 形 の い る で は な い か 。 で 死 亡 し た の だ 。 鳥 居 な の で あ る 。 そ ば に は コ ン ク リ ー ト 製 の 小 さ な 柱 が そ の 次 の 休 日 、 キ ッ ド さ ん は 、 自 宅 に い ぶ か し く 思 い な が ら 、 ク ル マ を 止 め ひ と り ぼ っ ち で い る の が つ ら く て た ま ら て 外 に 出 た 途 端 、 神 社 の 名 前 が 目 に 飛 び 立 て ら れ て お り 、 太 字 で 「 生 き る 力 」 と 記 さ れ て い た 。 ず 、 車 庫 か ら ク ル マ を 出 し た 。 行 く あ て 込 ん で き た 。 キ ッ ド さ ん は 涙 が 止 ま ら な く な り 、 が あ る わ け で も な く 、 く ね く ね と 曲 が り 「 出 雲 神 社 」 「 あ り が と う 、 あ り が と う 」 く ね っ た 山 道 に 迷 い こ み 、 ひ た す ら 走 り ま ぎ れ も な く 、 そ う 書 い て あ る 。 全 身 つ づ け て い る う ち に 、 自 分 が ど こ に い る に 鳥 肌 が 立 っ た 。 と 繰 り 返 し つ ぶ や い て い た と い う 。 の か わ か ら な く な っ た 。 キ ッ ド さ ん は の ち に 知 っ た の だ が 、 北 反 知 性 主 義 ・ ナ ル シ シ ズ ム に 陥 ら ず 、 知 を 使 い こ な す た め の 必 読 書 ー ヘ イ ト 安 保 法 制 、 歴 史 問 題 知 の 操 縦 法 佐 藤 優 著 知 の 操 縦 法 と り え る た め の 反 知 性 主 義 が 横 行 し 知 の 地 盤 が 下 が る い ま 、 我 々 に 求 め ら れ て い る 知 と は 何 か 。 多 元 的 な 視 点 を 身 に つ け 、 混 迷 す る 世 界 を 生 き 抜 く 知 の 使 い 方 を 、 佐 藤 優 が 指 南 す る 。 阪 洋 儀 横 行 す る い ま 本 体 1 , 300 円 十 税 平 凡 社 〒 101-0051 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 329 tel 033230 ・ 6573 fax 03 ・ 32 -6587 http: 〃 www.heibonsha. CO. jp/ ( つ づ く )

波 2017年 01 月号 [雑誌]


分 が 実 感 し て き た こ と と 重 な る の で あ る 。 キ ッ ド さ ん は 感 動 し た 。 「 ( キ リ ス ト 教 や イ ス 一 フ ム 教 の よ う な ) お の ず と 神 道 に 関 心 が 向 か っ た 。 「 あ の 話 を 聞 い た の は 、 『 9 ・ Ⅱ 』 ( ア メ 一 神 教 に 『 神 道 を 見 習 え 』 と は 言 え ま せ と こ ろ が 、 大 学 の 図 書 館 で 「 リ カ 同 時 多 発 テ ロ 事 件 ) の 半 年 後 ぐ ら い ん よ ね 。 向 こ う も 聞 い て く れ な い だ ろ う 。 ー を 検 索 し て も 、 英 文 で は ま る で 見 だ っ た ん で す よ 。 ブ ッ シ ュ 大 統 領 ( 当 し 」 つ か ら な い 。 ま だ 判 読 で き な い 漢 字 は 多 時 ) の 演 説 を 聞 い て い た ら 、 ビ ン ・ ラ デ と 苦 笑 し た 0 か っ た が 、 日 本 語 の 関 連 書 を 読 み あ さ る イ ン と 同 じ よ う な こ と を 言 っ て る じ ゃ な 「 で も 、 こ れ か ら 地 球 上 で 生 き て い く に イ 1 プ ル よ う に な り 、 ラ フ カ デ ィ オ ・ ー ン の 著 い か と 思 っ た 。 人 を 『 邪 悪 』 と 呼 ん だ り は 、 一 歩 下 が っ て 共 通 点 を 見 つ け て い く 作 に も 自 を 通 し た 。 し て 、 そ こ ま で 決 め つ け て い い の か な 、 と か 、 周 り を 大 事 に し て い く と か 、 そ う 「 こ れ 、 こ れ 、 こ れ な ん だ よ 」 と 。 僕 の 描 い て い た ア メ リ カ 像 は 、 も っ い う 考 え 方 が す ご く 大 事 に な る と 思 う 。 と 思 っ た 。 明 治 中 葉 の 松 江 の 人 々 が 毎 と し つ か り し た も の だ っ た ん で す よ 。 そ 神 道 は 、 す べ て の も の に は 神 様 が 宿 っ て 朝 、 出 雲 大 社 の 方 角 に 向 か っ て 柏 手 を 打 れ な の に 、 自 分 か ら そ ん な レ ベ ル に ま で い る 、 だ か ら 『 な ん で も 大 事 に し よ う こ う べ ち 、 頭 を 垂 れ る 姿 に 感 動 し た ハ ー ン と 響 下 げ る こ と は な い だ ろ う と 思 っ た し 、 宗 ぜ 』 っ て 言 っ て る で し よ う 。 こ の 寛 容 で き 合 う も の が 、 き っ と あ っ た の で あ ろ う 。 教 じ み た 言 葉 を 使 っ て 人 を 動 か そ う と し 寛 大 な 考 え 方 は 、 こ れ か ら も っ と 見 直 さ 神 道 の 「 真 髄 」 と 言 っ て も い い よ う な て い る 狙 い も 見 え て き て 、 ち ょ っ と い や れ な く ち ゃ い け な い と 思 い ま す よ 」 考 え 方 を 、 あ る 一 宮 の 宮 司 か ら 聞 い た り に な っ た 。 宗 教 自 体 は 悪 く な い け れ ど 、 二 〇 〇 五 年 ( 平 成 一 七 年 ) 、 キ ッ ド さ も し た 。 そ の 宮 司 は 、 こ う 言 っ た の だ と そ れ を 利 用 す る 人 間 が 信 用 で き な く な っ ん は 北 海 道 室 蘭 市 の 高 校 に 英 語 教 師 と し い う 。 て い た ん で す 。 ち ょ う ど そ ん な と き に て 赴 任 す る た め 、 島 根 を い っ と き 離 れ た こ と が あ る 。 「 こ の 神 社 に は 、 ど ん な 宗 教 の 方 が お 祈 『 こ こ を お 祈 り の 場 に 使 っ て い い で す よ 、 そ の こ ろ ま で に は 出 雲 弁 も か な り わ か り に 来 ら れ て も 大 丈 夫 で す 。 カ ト リ ッ ク 、 何 宗 で も い い で す よ 』 と い う の を 聞 い て 、 る よ う に な り 、 プ ロ テ ス タ ン ト 、 イ ス ラ ム 、 仏 教 、 ど ん 『 え え 、 こ れ で す よ ! 』 と ( 笑 ) 。 視 野 の な 宗 教 で も 関 係 あ り ま せ ん 。 私 は こ の 神 広 い 、 す ば ら し い 考 え 方 だ と 思 い ま し 「 お ら も が ん ば ー ま す け ん 」 ( 僕 も が ん 社 を 、 お 祈 り の 場 と し て 、 ま た 自 分 の 信 た 」 ば り ま す か ら ) じ て い る 神 様 と 一 対 一 で 対 話 で き る 場 所 い ま の 世 界 に 、 神 社 や 神 道 の 側 か ら 発 な ど と 言 っ て 、 笑 い を 取 っ て い た 。 食 し ん じ こ と し て 提 供 し て い る の で 、 ど ん な 宗 教 を 信 で き る こ と は 何 か あ る の だ ろ う か 。 そ べ 物 で も 、 地 元 ・ 宍 道 湖 産 の も の を 使 っ 信 じ て い る 人 で も 歓 迎 し ま す よ 」 う 尋 ね る と 、 キ ッ ド さ ん は 、 た 、 う な 丼 や し じ み 汁 が 大 好 物 だ っ た し 、 か し わ で

波 2017年 01 月号 [雑誌]


ど 、 気 持 ち だ け で も 元 気 に な っ て も ら い 惜 し ん で く だ さ る う ち に 亡 く な っ て よ か 山 本 竹 田 さ ん が 遺 さ れ た も の は 「 考 え た い 。 そ の 一 心 で 、 ど う し て も 圭 吾 さ ん っ た の で は 、 と 思 っ て い ま す ( 笑 ) 。 五 方 」 か な 、 と 思 い ま す 。 「 竹 田 圭 吾 流 」 を ニ ュ ー オ リ ン ズ に 連 れ て 行 き た か っ た 。 十 一 年 間 で は あ り ま し た が 、 充 実 し た 人 は 誰 に も で き ま せ ん が 、 影 響 を 残 し て く ( 同 頁 ) 生 で し た 。 れ ま し た 。 今 日 は い ろ い ろ 申 し 上 げ ま し 山 本 竹 田 さ ん は ま だ ま だ こ れ か ら が 楽 た が 、 チ ャ ー ミ ン グ な 、 強 い 人 で し た 。 竹 田 本 人 が 「 最 後 」 と ま で 言 っ て い る し み な " 途 上 〃 の 人 で し た 。 僕 と し て は 竹 田 そ ん な 風 に 言 っ て い た だ い て 、 満 の に 行 か な い と 、 私 と し て も 後 悔 す る か 「 惜 し い 」 と い う よ り も 、 「 も う 少 し 長 く 足 し て い る と 思 い ま す 。 圭 吾 さ ん が 亡 く な っ た と き に 、 「 や っ た ! も し れ な い と 思 い ま し た 。 旅 行 で 体 力 を 生 き て い ら れ た ら 何 を さ れ た か な 」 と い こ れ で 何 の 消 耗 し た か も し れ ま せ ん が 、 べ ッ ド の 上 う 興 味 の 方 が 大 き い で す 。 心 配 も な く の 現 場 を 見 に 行 け る ー と で の つ ら い 時 間 が 長 く な か っ た の で 、 か 竹 田 今 も ニ ュ ー ス を 見 て い る と 、 圭 吾 喜 ん で 飛 び 回 っ て い る に 違 い な い と 思 い え っ て よ か っ た の か も し れ ま せ ん 。 さ ん が 生 き て い た ら 、 出 来 事 自 体 や 報 道 ま し た 。 今 頃 は ア メ リ カ 大 統 領 選 を ひ と 山 本 男 と し て は 理 想 の 死 に 方 と 思 い ま の 仕 方 に 腹 を 立 て て い た か も し れ な い な 、 と お り 見 た あ と か も し れ ま せ ん ね 。 ニ 〇 一 六 年 十 一 月 ニ 十 五 日 新 潮 社 ク ラ ブ に て す 。 家 族 と の 別 れ の 時 間 も あ り 、 亡 く な と 田 5 う こ と が あ り ま す 。 ( や ま も と ・ い ち ろ う 実 業 家 ・ 作 家 ) る 六 日 前 ま で 、 ラ ジ オ マ イ ク の 前 で 仕 事 山 本 被 災 地 や 教 育 問 題 に は 特 に 強 い 関 ( た け だ ・ ゅ う こ 主 婦 ) を さ れ ま し た 。 心 を お 持 ち で し た か ら 、 最 近 の い く つ か 素 竹 田 裕 子 『 一 〇 〇 万 回 言 っ て も 、 言 い 足 り な い の ニ ュ ー ス に つ い て は 、 き っ と 「 ま じ お 竹 田 半 分 冗 談 半 分 本 気 で す が 、 「 あ の の け ど ジ ャ ー ナ リ ス ト 竹 田 圭 吾 を 見 送 っ て 』 こ 」 だ っ た で し よ う ね ( 笑 ) 。 齬 頑 固 じ い さ ん 、 よ う や く 逝 っ た か 」 と 言 35059 一 ー 4 発 売 中 竹 わ れ る ま で 生 き る よ り は 、 ま だ 皆 さ ん が 竹 田 目 に 浮 か ぶ よ う で す 。 た っ だ 子 編 一 た て 方 々 円 円 る 円 、 心 円 の ト る つ き 神 8 AJ 男 釦 当 」 孺 の , き ま 生 「 。 漱 石 の こ こ ろ 店 の ン 俊 ヒ ニ 生 詰 の る 体 ま る 一 に そ の 哲 学 と 文 学 し 、 人 ョ , 合 舌 刊 方 田 , が 人 え 本 吾 人 生 杁 ん 本 シ 鉧 河 一 き 鎌 は 恵 代 与 【 岩 波 新 書 】 本 体 780 円 赤 木 昭 夫 重 日 ク 全 / 物 本 を 日 生 = に 知 現 を 亠 既 を 岩 " 、 と レ ( 雄 ス 、 解 中 い ト 箋 、 日 語 ~ 0 核 心 が 見 え ー る 。 読 者 。 、 社 会 。 意 識 ン 語 コ 隼 、 し 臥 ( の 深 ! ン 方 説 物 神 を 0 か む 文 学 を 生 ん だ 漱 石 の 姿 と 近 代 化 現 話 の る ヒ 処 一 神 め い に の Ⅱ Ⅲ 河 Ⅳ 以 後 の 日 本 の 時 代 精 神 が 明 ら か に 。 工 繹 岩 波 現 代 文 庫 物 ー

波 2017年 01 月号 [雑誌]


と 思 っ て 『 ふ が い な い 僕 は 空 を 見 た 』 を を 読 ん だ あ と 、 読 む 前 よ り も 世 界 が す ご 読 み 直 し て き た ん で す け ど 、 や つ ば り ぼ く い い も の に 思 え て き た ん で す よ 。 な ん ろ ぼ ろ 泣 き ま し た 。 最 初 に 読 ん だ の は 、 で こ ん な に 妻 い も の が 書 け た ん で す か 。 カ エ タ ー ノ ・ ヴ ェ ロ ー ゾ の ラ イ プ を 見 に 窪 う ー ん 、 一 生 懸 命 書 い た か ら か な あ 。 大 阪 に 行 く 新 幹 線 の 冲 だ っ た ん で す け ど 、 前 野 み ん な 一 生 懸 命 で す よ ! 大 泣 き し ち ゃ っ て 、 ラ イ プ 中 も 続 き が 読 窪 や つ ば り デ ビ ュ ー 作 だ し 、 依 頼 が あ み た く て 読 み た く て 。 っ て 書 い た も の じ ゃ な い か ら 、 私 の そ れ 窪 そ れ は 光 栄 で す 。 ま で の 四 十 年 ぐ ら い の 人 生 が 、 コ ン ク ジ 前 野 東 京 に 帰 る 新 幹 線 の な か で 、 い っ ュ ー ス み た い に 濃 度 の 高 い ま ま で 出 ち ゃ も 持 ち 歩 い て る ノ ー ト に 感 想 を 書 き 付 け っ て い る ん で す よ ね 。 た ん で す 。 「 こ ん な に も 、 家 が あ る 。 意 前 野 書 き 始 め た き っ か け は な ん だ っ た 志 は あ っ た だ ろ う け ど 、 流 さ れ る よ う に 、 ん で す か ? 自 然 に 」 。 窪 ー 絽 文 学 賞 と い う 賞 に 応 募 す る た 窪 さ す が 、 感 想 が 歌 詞 み た い 。 め に 書 き は じ め た ん で す 。 十 五 歳 の 息 子 前 野 新 幹 線 の 外 の 家 々 を 眺 め て い て 、 が 塾 に 行 っ て い る 間 に 、 マ ン シ ョ ン の 四 あ る と 思 い ま せ ん ? 「 暮 ら し っ て 、 い つ ば い あ る ん だ な ー と 畳 半 で セ ッ ク ス の 場 面 と か 書 い て て 。 そ 前 野 あ 、 そ れ は め ち ゃ く ち ゃ あ り ま す 思 っ た ん で す 。 そ れ が 本 の 内 容 と 重 な っ れ こ そ 「 変 態 だ 」 で す よ ね ( 笑 ) 。 た ん で す よ ね 。 ね 。 声 を 出 す た め に 、 体 の 仕 組 み を 知 っ 前 野 い や 、 ロ ッ ク で す よ ! て 、 「 体 つ て こ ん な こ と が で き る ん だ 」 窪 わ か り ま す 。 新 幹 線 に 乗 っ て る と 、 窪 そ う い う 前 野 さ ん は 歌 詞 を ど ん な 風 と い う 発 見 が あ っ た ん で す け ど 、 そ れ つ 田 ん ぼ が あ っ て 、 鎮 守 の 森 が あ っ て 、 そ に 作 る ん で す か ? て 中 出 し に も 通 じ る も の か も し れ な い 。 こ に 家 が ぼ つ ん と あ る よ う な 風 景 が 流 れ 前 野 そ う で す ね 、 た と え ば 今 日 、 窪 さ 窪 最 近 の 前 野 さ ん か ら 、 プ レ イ ク 寸 前 て い く じ ゃ な い で す か 。 私 も よ く そ こ に ん と 話 し て い る こ の 一 a kag ロ の 会 場 っ て 、 の 雰 囲 気 を ひ し ひ し 感 じ て い る ん で す け 住 ん で る 高 校 生 の こ と と か 想 像 し ま す ね 。 ち ょ っ と 飛 行 機 の 格 納 庫 っ ぽ い じ ゃ な い ど 、 中 出 し の お か げ だ っ た の か ( 笑 ) 「 ど ん な 音 楽 が 好 き な の か な ? 」 と か で す か 。 そ れ で 「 神 楽 坂 か ら 飛 行 機 が 飛 「 ど ん な 鬱 屈 を 抱 え て る の か な ? 」 と か 。 び 立 っ て : : : 」 っ て フ レ 1 ズ が 出 て き た 「 変 態 」 を 楽 し む り と か 、 か な あ 。 前 野 そ う い う と こ ろ か ら 小 説 が 生 ま れ 前 野 実 は 今 日 も 俺 、 窪 さ ん に 会 う ん だ て く る ん で す ね 。 俺 、 『 ふ が い な い 、 』 窪 素 敵 で す ね 。 誰 か の 言 葉 が 発 想 の も ◎ 松 竹 プ ロ ー ド キ ャ ス テ ィ ン グ 企 画 ・ 原 作 ・ 脚 本 み う ら じ ゅ ん 、 安 齋 肇 初 監 督 作 品 映 画 「 変 態 だ 」 は 全 国 順 次 公 開 中 www hentaida. jp 106

波 2017年 01 月号 [雑誌]


思 い 当 た る 節 は い く つ か あ る 。 何 と 言 ぶ り は ら ん だ 空 気 が 、 骨 の 髄 ま で 凍 り つ の ま に か 各 地 の 一 宮 の 数 カ 所 に 、 そ れ と っ て も 、 日 本 語 の ポ キ ャ プ ラ リ ー 不 足 で 、 く よ う な 気 分 に さ せ る か ら で あ る 。 は 知 ら ず 参 拝 し て い た の に 気 づ き 、 授 業 に つ い て い け な い の が 情 け な い 。 ま と も あ れ 、 こ の ま ま 学 生 寮 に 引 き こ も 「 そ れ な ら 全 部 行 こ う じ ゃ な い か 」 し て や 地 元 の 人 た ち が 話 す 出 雲 弁 と な る っ て い て は 、 滅 人 る ば か り だ 。 そ こ で 、 と 、 軽 い 気 持 ち で 友 達 に 宣 言 し た 。 と 、 同 じ 日 本 語 と は 到 底 思 え ず 、 そ れ こ 気 晴 ら し に で も な れ ば と 近 所 を 散 歩 し て そ も そ も 一 宮 と 言 っ て も 、 ど こ に あ る い た ら 、 ふ と 、 小 さ な 変 わ っ た 建 造 物 を そ 「 雲 を つ か む 」 よ う だ 。 の か 。 東 京 周 辺 な ら 、 埼 玉 県 さ い た ま 市 街 に 出 れ ば 、 " ガ イ ジ ン 〃 が そ ん な に 見 つ け た 。 の 氷 川 神 社 が 「 武 蔵 ー の 国 の 一 宮 で あ る 。 珍 し い の か 、 ど こ へ 行 っ て も じ っ と 見 つ 「 こ こ な ん で す よ 。 僕 が 最 初 に 『 神 社 』 大 阪 で は 「 摂 津 」 の 国 の 住 吉 神 社 ( 住 吉 と い う も の を 見 た の は 」 め ら れ る 。 こ の 凝 視 は 本 当 に 耐 え が た く 、 大 社 ) が そ う だ し 、 な か で も 有 名 な の は 、 と き ど き 大 声 を あ げ た く な っ た 。 キ ッ ド さ ん の 案 内 で 、 彼 が か っ て 暮 ら も ち ろ ん 出 雲 大 社 と 、 世 界 遺 産 に も な っ い つ く し ま 天 候 に も 閉 ロ し た 。 晩 秋 か ら 冬 に か け て い る 「 安 芸 」 の 国 の 厳 島 神 社 で あ ろ う 。 し て い た 学 生 寮 の 近 く に あ る 神 社 に 行 っ て の あ い だ じ ゅ う 、 雲 が 低 く 垂 れ 込 め た て み た 。 住 宅 街 の 小 高 い 場 所 に あ る の だ 武 蔵 も 摂 津 も 安 芸 も 、 ふ だ ん は も は や ほ や し ろ 曇 天 が 毎 日 の よ う に 続 き 、 気 分 も 晴 れ な が 、 無 人 の 小 さ な 社 の 背 後 に は 背 の 高 い と ん ど 耳 に し な い 昔 の 国 名 だ が 、 神 社 の 常 緑 樹 が 生 い 茂 っ て お り 、 住 宅 街 と は 明 世 界 で は い ま も 厳 然 と し た 存 在 感 を 放 っ て い る 。 と り わ け 湿 気 の 強 さ は 、 予 想 外 で あ っ ら か に 異 な る 、 清 涼 な 空 気 が 流 れ て い る 。 「 最 初 は 『 何 だ 、 こ れ ? 』 と 思 っ た ん で よ う す る に 、 こ う し た か っ て の 「 国 」 た 。 最 近 で は だ い ぶ 慣 れ て き た が 、 湿 気 と い う も の は 、 夏 に カ ビ を は び こ ら せ る す け ど 、 す ご く 気 持 ち が す っ き り し た ん で 、 人 々 に 最 も 敬 わ れ 、 一 番 格 式 が 高 く 、 だ け で は な い の だ と 思 い 知 っ た 。 厳 冬 期 で す よ 。 精 神 的 に す ご く 助 け ら れ た 気 が し ば し ば 経 済 力 に も 恵 ま れ た 神 社 が 「 一 に も 、 乾 燥 し た ア メ リ カ の 故 郷 の 冬 と は し て 、 そ れ か ら 神 社 を 求 め て い ろ ん な と 宮 」 と 称 さ れ て き た の で あ る 。 ま る で 異 質 の 、 「 ミ ョ ー に し め っ た 寒 さ 」 こ ろ を ま わ る よ う に な っ た ん で す 。 神 社 全 国 に 一 〇 六 を 数 え る 、 す べ て の 一 宮 を も た ら す の で あ る 。 を 見 に 行 っ て 、 そ こ で 時 間 を 過 ご す の が 、 を 廻 ろ う と 、 キ ッ ド さ ん は 、 「 い ま 考 え る と 、 と て つ も な く ア ホ な こ の ち に ア 。 ハ ー ト で 一 人 暮 ら し を 始 め て 留 学 中 の 一 番 の 楽 し み に な り ま し た ね 」 い ち の み や か ら は 、 真 冬 に 帰 宅 す る た び に 、 心 の 中 と を 思 い っ き ま し て 」 日 本 の 各 地 に 「 一 宮 」 と い う 神 社 が あ で た め 息 を つ い た 。 ア パ ー ト の ド ア を 開 る こ と を 知 っ た の も 、 そ う し た 神 社 巡 り 北 は 北 海 道 か ら 南 は 沖 縄 県 ま で を 訪 ね は じ め る 。 の さ な か で あ っ た 。 キ ッ ド さ ん は 、 い っ け た 瞬 間 の 、 冷 え 切 っ た 上 に 湿 気 を た っ

波 2017年 01 月号 [雑誌]


に 訊 ね た と こ ろ 、 あ れ は 宮 司 さ ん の 奥 さ ん を 断 り な し に モ デ ル に し た と の 返 事 を も ら っ た 。 つ ま り 、 私 の 母 で あ る 。 第 四 回 岩 田 専 太 郎 画 伯 た し か に 母 は 子 供 の 私 か ら 見 て も 美 人 の 範 疇 に 入 る だ ろ う 岩 田 専 太 郎 さ ん と の 御 縁 の は じ ま り は 御 近 所 同 士 と で も い と 思 え た 。 っ た ら よ い の だ ろ う か 。 私 の 生 ま れ 育 っ た 代 々 木 八 幡 宮 の す 父 は 、 箱 根 神 社 の 宮 司 の 娘 と し て 育 ち 、 十 八 歳 で 平 岩 家 へ ぐ 近 く 、 そ の あ た り は 戦 前 か ら の 豪 邸 が 並 ぶ 一 角 で 幸 運 に も 嫁 い で 来 た 母 の こ と を 、 私 に む か っ て ぬ け ぬ け と 、 空 襲 で 焼 け る こ と な く 、 無 事 で 戦 後 を 迎 え て い た 。 そ の 一 軒 「 お 母 さ ん は 人 形 さ ん み た い だ っ た 」 と い う 有 様 で あ っ た し 、 母 が 教 授 し て い た 生 け 花 や 茶 道 の に 、 空 襲 で 御 自 宅 を 失 っ た 岩 田 さ ん が 寄 宿 し て い ら し た 。 で 、 お 弟 子 さ ん 達 は 母 の こ と を 、 お 師 匠 さ ん は 何 を 着 て も お 似 合 散 歩 が て ら 、 よ く 八 幡 宮 の 境 内 に お 出 で に な る 。 た ま た ま 、 秋 の 大 祭 の 時 に 氏 子 が 奉 納 す る 万 燈 の 絵 を 神 社 の 世 話 人 が 岩 い だ と か 、 な ん と や ら い う 映 画 女 優 に そ っ く り だ と か 見 え 透 い た お 世 辞 を ふ り ま い て 母 を 喜 ば せ て い た 。 田 さ ん に 依 頼 し て 出 来 上 っ た の が 見 返 り 美 人 の 絵 で あ っ た 。 そ の 絵 姿 が 誰 か に 似 て い る と 評 判 に な っ て 世 話 人 が 岩 田 さ ん 娘 の 私 は 、 そ う し た 母 を い い 気 な も の だ と 多 少 、 軽 ん ず る 平 岩 弓 枝 題 字 ・ 挿 絵 蓬 田 や す ひ ろ

波 2017年 01 月号 [雑誌]


ね kagü 新 潮 社 主 催 イ ベ ン ト 案 内 2017 1 れ 3 ( 金 ) 19 : ① ① ~ 2 ① : 3 ① 津 田 大 介 >< 竹 田 裕 子 「 死 の 6 日 前 ま で 発 信 し 続 け た 男 、 竹 田 圭 吾 が 遺 し た も の 」 2016 年 1 月 、 51 歳 で 亡 く な っ た ジ ャ ー ナ リ ス ト の 竹 田 圭 吾 氏 。 一 周 忌 に 際 し 手 記 「 一 〇 〇 万 回 言 っ て も 、 言 い 足 り な い け ど ー ー ジ ャ ー ナ リ ス ト 竹 田 圭 吾 を 見 送 っ て 』 を 刊 行 し た 妻 の 竹 田 裕 子 氏 と 、 生 前 親 交 が 深 か っ た メ ア ・ ア ク テ ィ ビ ス ト の 津 田 大 介 氏 が 語 る 。 2 年 に 及 ぶ 膵 臓 が ん の 治 療 の 最 中 も 世 の 中 を 冷 静 に 見 つ め 、 情 報 の 分 析 ・ 発 信 を 続 け た 竹 田 氏 の 半 生 を 、 映 像 ・ 写 真 も 見 な が ら 振 り 返 る 。 2 圓 0 円 1 れ ① ( 火 ) 19 : 00 ~ 20 : 30 山 下 澄 人 x 飴 屋 法 水 x 佐 々 木 敦 「 「 語 り え ぬ も の 』 を め ぐ っ て 」 佐 々 木 氏 を 司 会 に 、 演 劇 に 関 わ る 2 人 が 「 語 り え ぬ も の 」 の 言 表 可 能 性 を 探 る 。 20 開 円 1 れ 2 ( 木 ) 19 : 00 ~ 20 : 30 「 美 少 年 」 で 読 み 解 く 、 西 洋 美 術 の 歴 史 美 術 史 に お い て 美 少 年 は い か に 描 か れ 愛 で ら れ て き た の か 。 「 芸 術 新 潮 」 特 集 記 念 。 2000 円 1 ′ 19 休 ) 18 : 50 ~ 20 : 30 小 林 秀 雄 と 人 生 を 読 む タ ベ 私 の 人 生 観 』 元 担 当 編 集 者 を 講 師 に 、 主 要 作 品 を 1 編 ず っ 味 読 す る 人 気 連 続 講 座 。 3000 円 ( 茶 菓 付 ) 1 ′ 24 ( 火 ) 19 : 30 ~ 20 : 30 井 上 荒 野 x 斎 藤 由 香 x 井 上 都 「 父 と 私 ー ー 井 上 光 晴 、 北 杜 夫 、 井 上 ひ さ し 」 偉 大 な 文 筆 家 の 娘 3 人 が 、 創 作 家 が い る 家 庭 の ド ラ マ や 、 父 の 影 響 な ど を 語 る 。 2000 円 チ ケ ッ ト 購 買 、 イ ベ ン ト 紹 介 は こ ち ら 一 00 万 回 言 っ 言 い 足 り な い ジ ャ ー ナ リ ス ト 竹 田 圭 吾 を 見 送 っ て 竹 田 裕 子 け て 選 、 夫 働 最 期 の 日 々 を 綴 っ た 感 動 の 手 記 。 が ん の 公 表 、 第 死 の 6 日 前 ま で 続 け た 仕 事 。 ね kagü 2F 「 söko 」 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 67 東 京 メ ト ロ 東 西 線 「 神 楽 坂 」 駅 2 番 出 口 徒 歩 1 分 都 営 地 下 鉄 大 江 戸 線 「 牛 込 神 楽 坂 」 駅 AI 出 口 徒 歩 7 分 ね kag ⅱ と は 新 潮 社 の 元 書 庫 を 改 築 し た 店 舗 で 2F に レ ク チ ャ ー ス ペ ー ス 「 söko 」 が 併 設 さ れ て い ま す 。 www.lakagu.com/event 【 お 問 い 合 わ せ 新 潮 社 ラ カ グ 室 】 [email protected] CO. jp 03 ー 3266 ー 7185 108

波 2017年 01 月号 [雑誌]


と も あ る 。 結 局 、 日 本 中 の 一 宮 を 「 一 巡 半 」 す る に 人 っ た ら 、 も う 別 世 界 。 空 気 が 全 然 違 こ と に な っ た 。 と い う の も 、 一 宮 の 半 分 宮 司 ら 神 官 に も 、 自 分 の ほ う か ら 話 し う 。 そ れ が 、 あ の こ ろ の 僕 に は す ご く 必 以 上 に 足 を 運 び 終 え た と き 、 知 人 に 紹 介 か け た 。 要 だ っ た の 。 言 葉 の 壁 、 文 化 の 違 い 、 ス さ れ た 「 全 国 一 の 宮 巡 拝 会 」 の 会 長 か ら 、 「 日 本 の 若 い 人 た ち は 、 神 社 の こ と を そ ト レ ス 、 い ろ ん な も や も や が 溜 ま っ て い 「 一 宮 専 用 の 御 朱 印 帳 」 な る も の を プ レ ん な に 知 り た が ら な い で す よ 。 あ な た は た と き だ っ た か ら 、 こ こ は い い な あ 、 気 ゼ ン ト さ れ 、 ぜ ひ こ れ を 手 に 各 社 を 巡 っ 外 国 の 方 な の に 、 え ら い ね え 」 持 ち が す っ と す る な あ 、 と 。 そ れ か ら 、 て 御 朱 印 を 拝 受 す る よ う に と 、 強 く 勧 め と 、 あ ち こ ち で ほ め ら れ た 。 境 内 に 入 る と 、 自 分 よ り 大 き な 存 在 も 感 ら れ て し ま っ た か ら で あ る 。 " 一 宮 完 拝 〃 の ゴ 1 ル は 、 あ え て 出 雲 大 じ る よ う に な っ て 、 ど ん ど ん 惹 か れ て い っ た ん で す よ ね 」 悩 み に 悩 ん だ 末 に 、 社 と し た 。 二 〇 〇 二 年 の 暮 れ 、 キ ッ ド さ 「 よ し 、 や り な お そ う 」 や は り 留 学 当 初 の 深 刻 な カ ル チ ャ ー ん は よ う や く 出 雲 大 社 に た ど り 着 き 、 当 と 決 意 し た 。 こ う し て 再 び 、 愛 車 の 代 の 千 家 尊 祐 宮 司 か ら じ き じ き に 御 朱 印 シ ョ ッ ク を 和 ら げ て く れ た 印 象 が 、 よ ほ 「 わ さ び 君 」 と 名 付 け た 軽 自 動 車 や 電 車 、 を い た だ い た 。 ど 強 か っ た の で あ ろ う 。 キ ッ ド さ ん に と ハ ス 、 フ ェ リ ー 、 と き に は ヒ ッ チ ハ イ ク こ の と き の 感 激 の 場 面 は 、 地 元 の テ レ っ て は 、 ア メ リ カ で 子 ど も の こ ろ か ら 信 あ ん ぎ や で 、 全 国 一 宮 行 脚 の 旅 に 出 た の で あ る 。 ビ や 新 聞 で も 大 き く 報 じ ら れ た 。 途 中 ア 仰 し て き た キ リ ス ト 教 の 教 会 で は な く 、 当 然 の こ と な が ら " 貧 乏 旅 行 〃 な の で 、 メ リ カ に 帰 国 し て い た 時 期 も 含 め 、 ま る 日 本 の 神 社 が ″ 救 い の 神 〃 と な っ た の で あ る 。 宿 泊 代 を 節 約 す べ く 、 し ば し ば 、 わ さ び 四 年 の 歳 月 を か け て の 念 願 達 成 で あ っ た 。 君 の 後 部 座 席 に 身 を 丸 め て の 車 中 泊 と 相 父 親 の 影 響 も 大 き い よ う だ 。 キ ッ ド さ 成 っ た 。 ん は 、 ア イ ダ ホ 州 の 国 立 公 園 で 森 林 管 理 初 対 面 の 人 に 食 事 を ご ち そ う に な っ た の 仕 事 を し て い た 父 に 、 り 、 地 元 の 温 泉 に 一 緒 に 浸 か っ た り 、 お さ て 、 誰 し も が 思 う は ず だ 。 い っ た い 「 お 父 さ ん は 、 森 の 中 で 神 様 を 見 つ け た 祭 り な ど の 行 事 に 飛 び 人 り で 参 加 さ せ て ん だ よ 」 ぜ ん た い ど う し て ア メ リ カ の 一 青 年 が 、 も ら っ た り も し た 。 一 宮 と は 無 関 係 だ が 、 と い っ た 話 を 聞 か さ れ て 育 っ た 。 お そ こ こ ま で 日 本 の 神 社 に の め り 込 ん だ の か 、 に だ い か ん み そ ぎ 「 大 寒 禊 」 と い う 行 事 に 誘 わ れ 、 ふ ん ど ら く 父 は 森 の 空 気 の 中 に 神 々 し い も の を し 一 丁 で 真 冬 の 日 本 海 に 飛 び 込 ん で 、 教 「 ま ず 境 内 に 人 る と 、 落 ち 着 き ま す よ ね 。 感 じ た の だ ろ う と 、 キ ッ ド さ ん は 推 測 す 5 え て も ら っ た 呪 文 を 一 心 不 乱 に 唱 え た こ 交 通 量 の 多 い 国 道 か ら で も 、 ば っ と 神 社 る が 、 そ れ が 日 本 の 神 社 や 鎮 守 の 杜 で 自 も 」 り

波 2017年 01 月号 [雑誌]


出 雲 大 社 で は 、 ほ か に も 、 旧 知 と の 二 や が て 御 神 体 が 神 座 に 納 め ら れ 、 出 雲 遭 遇 し て い る の で は あ る ま い か 。 私 も 数 こ く そ う せ ん げ た か ま さ み と び ら 十 数 年 ぶ り の 再 会 を 二 度 果 た し て い る 。 国 造 の 千 家 尊 祐 宮 司 に よ り 、 御 扉 が 閉 ざ 多 く の 取 材 相 手 か ら 、 ど う 解 釈 し た ら よ い ず れ も 、 私 が た ま た ま 境 内 を 歩 い て い さ れ た 。 そ し て 、 御 遷 座 終 了 を 告 げ る 声 い の か わ か ら な い よ う な 体 験 談 を 直 接 耳 に し て い る 。 る と き 、 先 方 か ら 声 を か け ら れ た も の で 、 が 満 場 に 流 れ た 直 後 、 出 雲 大 社 は 、 す さ ふ だ ん は お 互 い 東 京 で 仕 事 を し て い る の ま じ い 突 風 に 見 舞 わ れ た 。 た た み か け る い や 、 日 本 人 に 限 っ た 話 で は な い 。 ア に 、 つ い ぞ 再 会 の 機 会 が な か っ た 方 々 で よ う に 、 沛 た る 驟 雨 が 続 い た 。 そ の 、 メ リ カ 人 の ダ ス テ ィ ン ・ キ ッ ド さ ん の あ っ た 。 ま る で 見 計 ら っ た か の ご と き 風 雨 の 突 然 ″ 出 雲 体 験 〃 も 、 聞 け ば 聞 く ほ ど 劇 的 な も の だ 。 の 訪 れ に 、 二 〇 一 三 年 五 月 十 日 、 〃 本 殿 遷 座 祭 〃 の 当 夜 に は 、 出 雲 大 社 本 殿 の 一 番 奥 の 座 「 神 様 が ( す べ て の 儀 式 が 終 わ る ま で ) 敷 に い た 。 お 待 ち く だ さ っ た ん で す よ ー す ぐ 目 の 前 に 、 氏 子 総 代 で 中 国 地 方 の と 、 同 席 し た 神 官 の ひ と り は 後 日 、 私 た な べ ち ょ う え も ん 「 山 林 王 」 と し て 知 ら れ る 田 部 長 右 衛 門 に 語 っ た も の だ 。 何 人 も の 神 官 た ち が 、 キ ッ ド さ ん は 、 島 根 県 立 大 学 短 期 大 学 ふ と こ ろ が た な 氏 や 、 故 ・ 竹 下 登 首 相 の 「 懐 刀 」 と も た だ 呆 然 と 涙 を 流 し つ づ け て い た と い う 。 部 の 専 任 講 師 で 、 お も に 異 文 化 理 解 や 英 こ れ ら の 出 来 事 は 自 分 自 身 が 身 を も っ 語 教 育 を 担 当 し て い る 。 「 参 院 の ド ン 」 と も 呼 ば れ た 青 木 幹 雄 ・ て 経 験 し た だ け に 、 「 さ す が 出 雲 大 社 」 元 内 閣 官 房 長 官 、 現 職 の 島 根 県 知 事 ら が 名 刺 に は 「 キ ッ ド ダ ス テ ィ ン 」 と 、 並 ん で す わ っ て お り 、 さ し ず め 地 元 権 力 な ど と 無 邪 気 に 喜 ん で は い ら れ な い 気 が 姓 ・ 名 の 順 に し て あ る と こ ろ を 見 て も 、 の 〃 奥 の 院 〃 を 見 せ つ け ら れ た 観 が あ る 。 す る 。 こ の 何 と も 言 え な い 、 も や も や し 日 本 の 習 慣 に 溶 け 込 も う と す る 志 向 の 強 き ぬ が き 」 か 、 つ か が え よ - っ 0 た 気 分 の 正 体 を さ ぐ っ て み る と 、 「 あ り 灯 り が 落 と さ れ た 本 殿 の 中 を 、 「 絹 垣 」 が た さ 」 よ り も 、 「 不 可 思 議 さ 」 と か そ の 日 本 語 能 力 に 舌 を 巻 く の は 、 特 に と 呼 ば れ る 白 布 を 奉 じ た 白 装 束 の 神 官 た ち が 、 し ず し ず と 歩 を 移 し て い く 。 絹 垣 「 得 体 の 知 れ な さ 」 と い っ た 要 素 の ほ う 何 気 な い 雑 談 を し て い る と き だ 。 た と え で 囲 わ れ た 中 に は 、 御 神 体 が 鎮 座 す る 神 が 多 く 含 ま れ て い る よ う だ 。 山 形 の 重 度 ば 、 こ ん な ふ う に 輿 が あ る は ず だ が 、 衆 目 に 晒 さ れ る こ と 認 知 症 治 療 病 棟 で 感 じ た 衝 撃 に 近 い も の 「 キ ッ ド さ ん 、 黒 澤 明 の 映 画 も け っ こ う は な い 。 こ う し た 絹 垣 と 神 官 の 様 子 は 、 も 、 多 分 に あ る 。 観 た の ? 」 闇 夜 に ぼ ん や り と 浮 か ん だ 幽 玄 な 白 い 舟 少 な か ら ぬ 日 本 人 が 、 出 雲 大 社 を 始 め 「 う 、 ん 、 そ う で も な い か な あ 。 『 七 人 。 あ あ 、 が 、 ゆ ら ゆ ら と 漂 い ゆ く か の よ う だ 。 と す る 出 雲 各 地 の 神 社 で 同 じ 類 の 事 象 に の 侍 』 と か 『 影 武 者 』 と か ・ こ し さ ら し ん ざ し ゅ う う た ぐ い