検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮45 2016年7月号 新潮社

新潮45 2016年7月号 新潮社から 115件ヒットしました。

新潮45 2016年7月号 新潮社


PLINLVS July 2016 148

新潮45 2016年7月号 新潮社


「 鳥 瞰 」 高 木 亮 新 潮 2016 年 7 月 号 新 潮 社

新潮45 2016年7月号 新潮社


PLINL S プ リ ニ ウ ズ お 似 合 い で す よ ′ フ = リ ク ス さ ん 一 見 え て き た ぞ ! 、 、 ヨ 2 マ ノ . / July 2016 166

新潮45 2016年7月号 新潮社


一 一 〇 一 六 年 三 月 の あ る 晴 天 の 午 後 、 京 え て い る 。 特 に 数 学 の 授 業 の と き の こ と 。 「 八 木 ち ゃ ん は な ん で 自 分 か ら そ の 悩 み 、 都 大 学 構 内 の カ フ = レ ス ト 一 フ ン 「 カ ン フ 一 人 ず つ 順 番 に 指 さ れ 、 「 わ か り ま せ ん 」 先 生 に 言 わ ( ん か っ た の ? 自 分 か ら は オ 1 ラ 」 の 屋 外 の 席 は 、 春 の 訪 れ を 感 じ と 言 う 生 徒 が 多 い 中 、 八 木 は 答 え を 言 お 言 っ て へ ん か っ た よ ね ? 」 さ せ な が ら も ま だ 少 し 肌 寒 か っ た 。 そ の う と し て い る の が 見 て 取 れ る 。 し か し 最 八 木 は 、 青 い コ ー ト の ポ ケ ッ ト か ら 手 席 上 で 八 木 智 大 は 、 友 人 と 私 を 前 に 声 を 初 の 音 で 詰 ま っ て し ま い 言 う こ と が で き を 出 し て 、 メ ガ ネ を 外 し て 涙 を 拭 き な が な い 。 「 ろ 、 ろ 、 ろ く 、 : ・ 」 。 担 当 の 若 ら 、 ゆ っ く り と 記 憶 を た ど っ た 。 「 う ん 、 震 わ せ な が ら 長 年 の 思 い を 絞 り 出 し た 。 い 畧 教 師 は 八 木 に は 時 間 が 必 要 な こ と そ う や ね 。 言 え な か っ た 。 あ の こ ろ は 吃 「 本 当 に 悔 し い 。 本 当 に 悔 し い : : : 」 中 学 ・ 高 校 時 代 、 自 分 が あ れ ほ ど 吃 音 を 知 っ て い る の に 待 と う と い う 様 子 は 全 音 に つ い て 自 分 か ら 人 に 話 す こ と が で き に 悩 み 、 苦 し ん で い た の に 、 教 員 た ち は く な い 。 「 次 ! 」 と 言 っ て 、 八 木 が 答 え な く て : : : 」 。 八 木 は こ の 一 連 の 会 話 の 間 、 ほ と ん ど み な 見 て 見 ぬ ふ り を し た 。 誰 一 人 、 吃 翌 日 る 機 会 を 与 え よ う と し な い の だ っ た 。 そ ん な と き い つ も 、 机 に 突 っ 伏 し て 泣 ど も ら ず に 話 し て い た 。 「 八 木 ち ゃ ん は の こ と で 声 を か け て は く れ な か っ た 。 授 本 甲 に あ て ら れ て も 、 ど も っ て 何 も い て た ん だ 、 と 八 木 が テ ー プ ル の 一 点 を 昔 か ら 感 情 的 に な る と ど も ら な い 」 。 そ 言 え な い こ と が 多 か っ た 。 中 局 時 代 を と 見 つ め な が ら 告 げ る と 、 黒 田 は 、 知 っ て う 黒 田 が 言 う 通 り の 姿 を 見 な が ら 、 私 は 、 も に し た 黒 田 和 裕 は 、 そ の 様 子 を よ く 覚 い た よ 、 と 優 し く 言 っ た 。 そ し て 尋 ね た 。 「 言 え な か っ た 」 八 木 が 、 こ う し て 自 ら 吃 音 と 生 き る 5 就 職 活 動 と い う 大 き な 壁 ・ 。 吃 音 の あ る 面 接 で 名 前 が 言 え な い 、 集 団 面 接 で デ ィ ス カ ッ シ ョ ン で き な い : 若 者 た ち は 最 大 の 壁 の 前 で 悩 み 、 も が き 、 途 方 に く れ 、 改 め て 自 ら と 向 き 合 う ノ ン フ ィ ク シ ョ ン ラ イ タ ー 19 7 6 年 東 京 都 生 ま れ 。 東 京 大 学 大 学 院 修 了 後 、 5 年 半 に わ た っ て 世 界 各 地 を 旅 ・ 定 住 し な が ら ル ポ を 執 筆 。 年 に 帰 国 。 著 書 に 「 遊 牧 夫 婦 」 「 中 国 で お 尻 を 手 術 。 」 「 終 わ り な き 旅 の 終 わ り 」 な ど 。 近 藤 雄 生 こ ん ど う ゆ う き July 2016 206

新潮45 2016年7月号 新潮社


ー ー プ リ ニ ウ ス PLIN S 刪 ど ん な ご 身 分 か 】 第 】 ~ ・ 、 . 】 肅 知 ら ね え け ど 情 動 を 抑 え ら れ な い 男 ほ ど み つ と も な い も の は ね え な : こ ん な 目 に : 遭 わ せ ら れ る 覚 え は : な い ぞ よ そ 者 つ 決 ま っ た - 、 ク / 彡 彡 気 い こ July 2016 150

新潮45 2016年7月号 新潮社


・ タ ~ 8 暑 鬟 w. 一 -PLLN S ・ 。 、 プ リ ニ ウ ズ 旅 の お 守 り と し て 持 っ て い っ て 下 さ い こ れ を 道 中 ご 無 事 で 物 ~ ~ ー も ら っ て お こ , フ ま す ・ よ , フ に ・ て , フ カ お お う わ あ ー い い な あ っ 総 督 , フ ら や ま し す ぎ る ″ . 、 0 ウ 迷 信 か も し れ ま せ ん け れ ど 持 っ て い て も 損 は な い は ず で す ・ : July 2016 164

新潮45 2016年7月号 新潮社


、 、 プ リ ニ ウ ス 滝 を 群 第 轉 、 ミ ・ 驀 戔 当 ー PLL ↓ .S あ れ ? な い の ・ や つ ば り 。 / 地 震 の 爪 痕 は 深 い ん だ な 崩 壊 の 危 険 が 粒 【 = 〈 あ る の で し ば ら く 休 業 で す こ こ の 風 呂 使 い や す く て 好 き だ っ た の に 残 念 だ な 母 エ ウ マ キ ア は ポ ン 。 ヘ イ の 為 に 人 生 の 全 て を 捧 げ た の で す 存 じ て お り ま す 、 」 、 ' こ の 浴 場 は 母 の 建 て た も の : 彼 女 の 誇 り で し た ノ ら 121 ・ : わ い い ー な の で July 2016 160

新潮45 2016年7月号 新潮社


0 な 一 叫 じ ゃ お 第 ◆ 回 人 民 解 放 軍 の 内 幕 仕 ) 辣 椒 今 回 は 人 民 解 放 軍 が テ ー マ で す 私 は 軍 事 評 論 家 で は な い の で 詳 し い こ と は わ か り ま せ ん が 人 民 解 放 軍 共 カ 200 万 人 軍 事 予 算 Ⅳ 兆 円 見 聞 き し た 範 囲 の 〃 実 像 ク を 紹 介 し ま す 朝 第 物 第 自 衛 隊 共 カ % 万 人 軍 事 予 算 5 兆 円 July 2016 256 中 亡

新潮45 2016年7月号 新潮社


323 れ 顧 翹 号 ポ ン ペ イ の 女 実 業 家 か ら ア フ リ カ 行 き の 船 を 紹 介 さ れ た 一 行 は Ⅳ ネ ア ポ リ ス に 4 来 る と 皆 普 通 に あ れ 、 グ ラ エ キ ア 語 み た い で す ! 喋 っ て ん の が )) 、 一 ( 第 ~ 面 白 い で す よ ね ま あ グ ラ エ キ ア 人 の 植 民 地 だ っ た わ け だ か ら な 総 督 ! エ ウ マ キ ア さ ん の 船 が わ か り ま し た ′ P INLVS July 2016 168 ~ プ リ ニ ウ ス

新潮45 2016年7月号 新潮社


プ リ ニ ウ ス あ ん た は ニ 人 委 員 で も 造 営 委 員 で も 何 で も な い ″ " フ ス ク ス こ の 浴 場 を 使 っ て 選 挙 の 宣 伝 を し た い の は わ か り ま す か 何 か 他 の ) 、 手 段 を 考 え る ~ き 部 外 者 は 口 を 挟 む な 、 編 ノ / ツ 民 衆 は 皆 風 呂 に 入 り た が っ て る ん た ″ " 他 の 手 段 な ど な い ィ ッ / 地 震 の 後 、 第 長 い 間 待 ち 続 け て や っ と 水 道 が 通 る よ , フ に な っ た ん だ ぞ い 気 な の に こ れ を 全 て 取 り 壊 せ だ と July 2016 154