検索 - みる会図書館

検索対象: 婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行から 172件ヒットしました。

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


143 Cinema 女 と 男 絆 も と め て ・ ・ 松 本 侑 壬 子 ( 映 画 評 論 家 ・ ジ ャ ー ナ リ ス ト ) 163 『 め ぐ り あ う 日 』 ◎ 2015 ー GLORIA FILMS ー PICTANOVO 7 月 30 日 よ り 、 岩 波 ホ ー ル 他 に て 、 全 国 順 次 公 開 2016 年 婦 人 之 友 9 月 号

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


45 2016 年 婦 人 之 友 9 月 号

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


2016 年 婦 人 之 友 9 月 号 148

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


ム を 当 、 ー は 2016 年 婦 人 之 友 9 月 号

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


11 Ounie Lecomte 1966 年 、 ソ ウ ル 生 ま れ 。 パ リ の 服 飾 専 門 学 校 で ド レ ス デ ザ イ ン を 学 び 、 90 年 代 か ら 映 画 の 仕 事 に 関 わ る 。 2009 年 に 監 督 ・ 脚 本 の 『 冬 の 小 鳥 』 は カ ン ス 映 画 祭 の 特 別 招 待 作 品 と な る 。 続 編 の 『 め ぐ り あ う 日 』 が 現 在 、 日 本 公 開 中 2 田 6 年 婦 人 之 友 9 月 号

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


講 習 会 ・ お さ な ご 発 見 IJ 6 ひ ろ ば の お 知 ら せ * 託 児 有 169 「 お さ な ご 発 見 U6 ひ ろ ば 」 で は 、 6 歳 ま で の 子 ど も を 育 て る お 母 さ ん 、 お 父 さ ん が 一 緒 に 話 し 、 学 び あ え る 会 を 開 催 。 展 示 や 講 習 、 子 ど も が 参 加 で き る プ ロ グ ラ ム も あ り ま す 。 ☆ 北 海 道 ☆ 江 別 「 お さ な ご 発 見 U6 ひ ろ ば 」 9 月 3 日 ( 土 ) 10 時 ~ 16 時 会 費 2 開 円 大 麻 東 地 区 セ ン タ ー 江 別 市 大 麻 東 町 13-11 ト ラ イ ア ル 2F 連 絡 先 谷 011-386-7913 ( 友 の 家 ) ☆ 信 越 ・ 北 関 東 ☆ 長 野 「 家 の 整 理 は 心 の 整 理 」 山 﨑 美 津 江 氏 9 月 10 日 ( 土 ) 10 時 ~ 11 時 45 分 、 13 時 ~ 15 時 15 分 会 費 6 開 円 * 午 前 の み ・ 2 開 円 友 の 家 谷 026-285-3192 ☆ 熊 谷 「 は や ね は や お き 四 回 食 一 生 活 リ ズ ム を 守 っ て に こ に こ 子 育 て 一 」 9 月 30 日 ( 金 ) 10 時 ~ 12 時 会 費 無 料 * ☆ 南 関 東 ・ 東 海 友 の 家 谷 027-32 ま 4711 会 費 3 開 円 ( 2 日 間 共 通 ) 9 月 30 日 ( 金 ) 10 月 1 日 ( 土 ) 10 時 ~ 15 時 ☆ 高 崎 「 お さ な ご 発 見 lJ6 ひ ろ ば 」 連 絡 先 谷 04 & 572-8704 ( 友 の 家 ) 本 庄 市 銀 座 1-1-1 は に ほ ん プ ラ ザ ☆ 東 京 第 一 「 洋 裁 教 室 ( 裏 な し ジ ャ ケ ッ ト ) 」 13 時 30 分 ~ 15 時 9 月 14 日 ~ 12 月 14 日 ( 水 曜 ・ 全 8 回 ) 「 太 極 拳 講 習 会 」 会 費 158 円 ( 1 回 ) 9 月 12 日 ~ 12 月 12 日 ( 月 曜 ) 13 時 ~ 15 時 30 分 「 洋 裁 教 室 ( 自 由 科 ) 」 会 費 12 , 5 開 円 ( 7 回 分 ) 10 時 ~ 12 時 30 分 9 月 12 日 ~ 12 月 12 日 ( 月 曜 ・ 全 7 回 ) 9 月 10 日 、 17 日 ( 土 ・ 全 2 回 ) 10 時 ~ 12 時 ☆ 東 京 第 ニ 「 乳 幼 児 講 習 会 」 友 の 家 谷 03-3971-9602 入 会 金 Ⅲ 用 円 講 習 費 608 円 ( 8 回 分 ) 9 月 9 日 、 16 日 、 23 日 ( 金 ) 10 時 ~ 12 時 ☆ 東 京 第 三 「 子 ど も バ ジ ャ マ 講 習 会 」 友 の 家 谷 03-3414-6389 会 費 5 開 円 ( 2 回 分 ) * 1 才 以 上 ・ 3 開 円 中 級 : パ ン ツ 又 は キ ュ ロ ッ ト ス カ ー ト 、 自 由 科 初 級 : ス カ ー ト ☆ 東 京 第 四 「 洋 裁 教 室 」 友 の 家 谷 03-3247-7 開 7 会 費 25 開 円 * 予 約 制 ・ 3 開 円 2016 年 婦 人 之 友 9 月 号 友 の 家 谷 044-722-9345 9 月 16 日 ( 金 ) 10 時 ~ 12 時 「 料 理 講 習 会 ( バ ン ) 」 会 費 11 , ) 円 10 時 ~ 14 時 30 分 9 月 12 日 ~ 11 月 7 日 ( 月 曜 ・ 全 6 回 ) 会 費 24 開 円 ☆ 町 田 「 鍋 帽 子 を 使 っ た 料 理 講 習 会 」 9 月 3 日 ( 土 ) 10 時 ~ 13 時 会 費 Ⅷ )( ) 円 ( 材 料 費 込 ) * 3 開 円 町 田 フ ォ ー ラ ム 調 理 室 町 田 市 原 町 田 4-9-8 「 子 育 て 応 援 生 活 講 座 」 9 月 30 日 ( 金 ) 10 時 ~ 12 時 会 費 88 円 * 3 開 円 多 摩 市 民 館 川 崎 市 多 摩 区 登 戸 1775-1 連 絡 先 谷 044-951-8631 ( 友 の 家 ) ☆ 横 浜 「 お さ な ご 発 見 U6 ひ ろ ば 」 9 月 1 日 ( 木 ) 13 時 ~ 19 時 9 月 2 日 ( 金 ) 、 3 日 ( 土 ) 10 時 ~ 19 時 9 月 4 日 ( 日 ) 10 時 ~ 18 時 会 費 無 料 戸 塚 区 民 文 化 セ ン タ ー さ く ら プ ラ ザ ギ ャ ラ リ ー 横 浜 市 戸 塚 区 戸 塚 町 16-17 連 絡 先 谷 盟 5-331 刷 30 ( 友 の 家 ) ☆ 浜 松 「 お さ な ご 発 見 U6 ひ ろ ば 」 7 月 29 日 ( 金 ) 、 9 ~ 3 月 第 4 金 曜 ( 11 、 12 月 休 み ) 10 時 ~ 12 時 30 分 会 費 2 開 円 ( 子 ど も 1 開 円 ) 友 の 家 谷 053-473-7941 ☆ 近 畿 ・ 中 国 ☆ 多 治 見 「 生 活 講 習 会 」 9 月 6 日 、 10 月 4 日 ( 火 ) 10 時 ~ 13 時 30 分 会 費 35 開 円 * 要 相 談 「 お さ な ご 発 見 U6 ひ ろ ば 」 8 月 26 日 ( 金 ) 27 日 ( 土 ) 10 時 ~ 15 時 会 費 3 開 円 ( 小 学 生 以 下 無 料 ) 友 の 家 谷 0572-27-7442 ☆ 鳥 取 「 高 年 の 生 活 ー 老 い も ま た 愉 し 一 」 9 月 16 日 ( 金 ) 24 日 ( 土 ) 10 時 ~ 12 時 会 費 3 開 円 ( 16 日 ) と り 銀 文 化 会 館 鳥 取 市 尚 徳 町 101-5 ( 24 日 ) 倉 吉 市 文 化 活 動 セ ン タ ー 倉 吉 市 住 吉 町 77-1 連 絡 先 谷 0857-28-4171 ( 友 の 家 ) ☆ 全 国 友 の 会 1930 年 、 羽 仁 も と 子 を 中 心 に 婦 人 之 友 の 愛 読 者 に よ っ て 誕 生 し た 団 体 で す 。 国 内 外 に 187 の 友 の 会 が あ り ま す 。 会 員 約 2 万 人 が 健 全 な 家 庭 を つ く り 、 社 会 の 進 歩 に 役 立 ち た い と 願 い 、 年 代 を 越 え て 共 に 学 び 、 働 き か け 、 励 み 合 っ て い ま す 。 入 会 ご 希 望 の 方 は ご 連 絡 く だ さ い 。 ( は が き に 住 所 、 氏 名 、 年 齢 、 電 話 番 号 を 明 記 ) 谷 03 - 3 9 7 1 - 9 3 5 9 ( 火 ・ 金 の み ) 03 - 3 9 7 1 - 5 7 6 8 E メ ー ル [email protected] p HP http://www.zentomo.j p 〒 171-0021 東 京 都 豊 島 区 西 池 袋 2-20-11 全 国 友 の 会 中 央 部

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


混 乱 も 多 か っ た が 、 〃 光 ~ を 感 じ る 人 が 訪 れ た 熊 本 城 だ が 、 天 守 閣 の 瓦 人 に 贈 れ な い か 、 ス ペ イ ン の ア ン ト 話 も あ っ た 。 は 飛 び 散 り 、 夏 草 が 生 え て い る 。 ま ニ ・ ガ ウ デ ィ の サ グ ラ ダ ・ フ ァ ミ リ 熊 本 市 の 熊 本 学 園 大 学 は 、 グ ラ ウ さ に 落 城 の 風 景 だ 。 熊 本 大 学 名 誉 教 ア の よ う に 100 年 単 位 の 時 間 を か ン ド が 避 難 所 に 指 定 さ れ て い た だ け 授 の 北 野 隆 氏 に よ れ ば 、 熊 本 城 を け た 復 元 、 建 設 は で き な な い か 、 こ 「 天 下 の 三 名 城 」 と 言 っ た の は 、 江 ん な ア イ デ ア が 出 る の も お 城 と 県 民 だ っ た が 、 障 害 者 人 を 含 む 最 大 時 お ぎ ゅ う そ ら い 700 人 が 避 難 。 急 き ょ 障 害 者 の た 戸 期 の 学 者 ・ 荻 生 徂 徠 。 徂 徠 は 「 名 の 間 の 距 離 感 の 近 さ か ら だ ろ う 。 め に 大 ホ ー ル を 開 放 し 、 福 祉 関 係 の 古 屋 城 、 豊 臣 秀 吉 の 大 阪 城 、 そ し て 熊 本 地 震 は 余 震 の 多 さ も 記 録 的 だ 。 教 職 員 や ボ ラ ン テ ィ ア が 四 時 間 で 見 熊 本 城 が 三 名 城 で 、 い ず れ も 加 藤 清 2016 年 7 月 日 午 後 5 時 現 在 、 守 る 体 制 を 自 主 的 に つ く っ た 。 正 が 造 っ た 城 だ 」 と 記 し て い る と い 地 震 回 数 は 1924 回 。 こ ん な 例 は 阿 蘇 郡 西 原 村 で は 、 村 長 が 村 長 室 う 。 清 正 が 築 城 し て 400 年 余 り 。 な い 。 余 震 を 毎 日 感 じ な が ら 、 想 起 「 武 者 返 し 」 と 呼 ば れ る 独 特 の 反 り か ら 出 て 、 総 務 課 に 陣 取 っ た 。 小 さ し た の が 5 年 前 の 3 ・ Ⅱ 、 東 日 本 大 な 行 為 が 皆 の 気 持 ち を 「 前 へ 」 と 向 が あ る 石 垣 が 今 、 無 残 な 姿 を さ ら 震 災 だ っ た 。 か せ る も の だ 。 西 原 村 の 人 口 約 70 す 。 恥 ず か し い こ と だ が 、 失 っ て 初 宮 城 県 女 川 町 の 知 人 が 被 災 し た 。 め て そ の 価 値 が 分 か る こ と が あ る 00 人 。 村 内 の ご み 処 理 や 解 体 だ け 地 震 と 津 波 の 後 に 人 っ た 避 難 所 で 、 子 ど も が 、 「 人 の 声 が す る 」 と い う で も 村 の 予 算 に 匹 敵 す る — 叩 億 円 文 化 財 の 復 興 は 心 の 復 興 で も あ る 。 の 費 用 が 見 込 ま れ る 。 財 源 を ど う す 熊 本 市 は 、 天 守 閣 を 2019 年 度 ま 窓 の 外 に 懐 中 電 灯 を 向 け る の だ が 、 何 も 見 え な い 。 余 震 と 津 波 は 続 い て る か こ ん な と こ ろ に も 地 方 に 対 す で に 再 建 し 、 2035 年 度 ま で の 跚 年 で 城 全 体 を 被 災 前 の 状 態 に 戻 す 意 る 国 の 本 気 度 が 問 わ れ て い る の だ 。 い る 。 や が て そ の 声 は 、 取 り 残 さ れ 向 だ 。 全 体 の 復 旧 費 は 600 億 円 を た 人 が 助 け を 求 め る 人 の 声 だ と 分 〃 落 城 ~ し た 熊 本 城 超 え る 見 通 し 。 か っ た 。 「 私 に で き た こ と は 、 『 が ん 復 旧 作 業 を そ の ま ま 観 光 客 に 見 て 熊 本 地 震 を 象 徴 す る の が 熊 本 城 の ば れ ー 、 が ん ば れ ー 』 と 一 一 一 口 一 つ こ と ぐ 被 害 。 2015 年 度 に 年 間 177 万 も ら え な い か 、 壊 れ た 瓦 を 寄 付 し た ら い で し た 」 。 翌 朝 、 そ の 声 は 消 え 95 2016 年 婦 人 之 友 9 月 号

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


「 あ な た が 狂 お し い ほ ど に 愛 さ れ で 9 歳 で 韓 国 の 養 護 施 設 か ら 養 子 と る こ と を 、 私 は 願 っ て い る 」 し て フ ラ ン ス に 渡 っ た 、 私 自 身 の 子 ケ O ン こ れ は 、 フ ラ ン ス の 作 家 ア ン ド レ ・ ダ O ど も 時 代 の 体 験 を 基 に し た 前 作 『 冬 町 Z プ ル ト ン 著 『 狂 気 の 愛 』 最 終 章 の 一 の 小 鳥 』 。 続 く 今 作 は 年 の 歳 月 を の 0 節 で す 。 娘 の 誕 生 を 喜 び 、 作 家 が 生 経 て め ぐ り あ う 母 娘 の 話 で 、 今 ま た ン 次 作 に 取 り か か っ て い ま す 後 8 カ 月 の 娘 に 宛 て 呼 び か け た こ の 言 葉 は 、 跖 歳 の 私 に 強 い 印 象 を 与 え 過 去 と 現 在 が 交 錯 す る 物 語 の 時 間 台 舞 か ら 離 れ る リ ラ ッ ク ス タ イ ム は 、 散 Ⅲ ま し た 。 そ れ が 年 を 経 て 突 然 、 記 の 印 憶 に よ み が え り 、 私 の 新 作 『 め ぐ り 歩 が 番 。 深 呼 吸 し て 心 を 放 り だ す あ り ノ 11 あ う 日 』 ( 143 ペ ー ジ に 映 画 評 ) の そ れ で も 残 る 余 韻 の 中 で 、 物 語 も 私 め 2 原 題 と な っ た の で す も 熟 成 し て い く よ う に 思 い ま す 私 の の ゆ っ く り な 日 ゥ 一 一 ー ・ ル コ ン ト 映 画 監 督 ・ 脚 本 家 時 の 余 韻 の 中 で 2016 年 婦 人 之 友 9 月 号 10

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


ホ ー え の ー ロ メ モ 濃 い 緑 に 包 ま れ た 夏 の 庭 も 、 そ ろ そ ろ 茂 っ た 植 物 が 枯 れ た り 、 花 が 終 わ っ た り 。 そ う い う と こ ろ を 整 え な が ら 、 庭 を 観 察 し よ う 。 ◎ 球 根 は ば ら ま く 春 咲 き の 球 根 を 植 え る な ら 9 月 か ら 11 月 に か け て 。 土 が 温 か く て 雨 も 降 る の で 、 す ぐ 根 が 出 て 、 場 所 に な じ む の が 早 い 。 地 面 の 余 計 な 枝 を 片 づ け 、 雑 草 が あ っ た ら 抜 い て 、 バ ラ バ ラ と 球 根 を ま き 、 落 ち た 場 所 に 穴 を あ け て 植 え る 。 一 列 に 並 べ て 植 え る よ り 、 ず っ と 素 敵 で す よ 。 ◎ 土 づ く り は ミ ミ ズ に お 任 せ 植 物 を 植 え る に は 、 土 を 広 く 深 く 耕 し 、 腐 葉 土 を 入 れ て 、 と 思 っ て い ま せ ん か ? 無 理 せ ず に 、 植 え る 範 囲 だ け 耕 せ ば い い の で す 。 そ し て 、 植 え た ら 、 し つ か り マ ル チ ン グ を 。 日 当 た り の い い 場 所 は 、 乾 燥 を 防 ぐ た め 、 腐 葉 土 を 厚 さ 10cm ほ ど 敷 い て 、 ス コ ッ プ な ど で 軽 く な じ ま せ 、 後 は ミ ミ ズ に お 任 せ 。 や せ た 土 地 は 、 そ の ま ま で 山 野 草 が よ く 育 ち ま す 。 7 ス 73 2016 年 婦 人 之 友 9 月 号

婦人之友 第110 巻9号 2016年9月1日発行


あ な た も ご 一 緒 に 【 家 計 簿 を つ け 通 す 同 盟 ・ 速 報 】 2015 年 一 時 金 、 産 体 ・ 育 休 手 当 、 代 以 上 に は 給 料 生 活 者 の 収 入 ・ 税 金 ・ 社 会 保 険 費 公 的 年 金 が あ り 高 額 で す 。 受 贈 金 は 親 か ら の 住 宅 購 人 補 助 等 が あ っ た 年 に 増 、 勤 労 収 入 は 配 偶 者 の 就 労 に よ り 僅 か 年 は 大 き く 減 少 し ま し た 。 に 増 加 。 社 会 保 険 費 が 初 め て 生 活 費 川 年 の 動 き を 見 る と 、 実 収 人 は ほ ぼ 下 支 出 に 占 め る 割 合 の 第 1 位 に 。 降 し 続 け 、 8 % 減 少 で す 。 勤 労 収 人 は 世 歳 年 2 名 4 4 帯 主 6 % 減 、 配 偶 者 は Ⅱ 年 に は 同 率 で し 4 つ な 2015 年 の — 年 間 を 通 し て 送 ら れ て た が そ の 後 は 減 少 、 年 は 2 % 減 で す 。 年 き た 報 告 表 か ら 、 給 料 生 活 者 — 2 0 世 帯 税 金 は 前 年 よ り 5 ・ 9 % 増 加 、 生 活 費 円 円 円 円 均 平 ・ 7 9 ( 乙 っ 0 8 9 の 集 計 を し ま し た 。 支 出 合 計 に 占 め る 割 合 は ・ 5 % で 第 3 帯 76 9 8 勤 労 収 入 の 合 計 は 前 年 よ り 0 ・ 4 % 増 位 。 2 年 の 動 き を み る と 、 勤 労 収 人 が 減 5 つ 」 っ 0 世 6 加 世 帯 主 は 1 ・ 2 % 減 で す が 、 配 偶 者 少 す る な か 3 % 増 加 で す 。 年 の 特 別 減 費 の 収 入 が 、 定 職 に 就 く 割 合 が 高 く な っ た 税 の 廃 止 、 そ の 後 の 年 少 扶 養 控 除 や 歳 平 3 主 者 食 カ 数 世 配 こ と も 亠 の り ・ 2 ・ 8 % 増 で す 。 ま で の 扶 養 親 族 控 除 の 上 乗 せ 分 の 廃 止 な 計 配 偶 者 116 人 の う ち 、 定 職 に 就 い て ど も 影 響 し て い ま す 。 ま た 年 か ら は 復 年 族 む 居 出 含 同 支 い る の は 人 、 副 業 ( 世 帯 主 の 扶 養 家 族 ) 興 特 別 所 得 税 、 凵 年 か ら は 復 興 特 別 住 民 帯 費 金 付 世 収 活 付 贈 給 0 は 芻 人 、 短 期 の ア ル バ イ ト な ど で 収 入 が 税 も 上 乗 せ に な っ て い ま す 。 給 受 の 2 あ っ た の は 人 で 、 全 体 の 7 割 が 何 ら か 社 会 保 険 費 は 前 年 よ り 2 ・ 8 % 増 加 、 活 収 保 収 保 活 保 入 生 労 賞 会 産 命 . 生 金 会 収 の か た ち で 収 人 を 得 て い ま す 。 生 活 費 支 出 合 計 に 占 め る 割 合 は 凵 ・ 料 勤 ( 社 財 生 . 純 税 社 実 社 会 保 障 給 付 金 は 児 童 手 当 、 出 産 育 児 で 、 同 盟 の 集 計 で は 初 め て 第 — 位 で す 。 給 0 会 員 募 集 婦 人 之 友 社 の 家 計 簿 を つ け て い る 方 な ら 、 ど な た で も 入 会 で き 、 年 1 回 「 同 盟 だ よ り 」 を お 送 り し ま す 。 質 間 に も お 答 え し ま す 。 ☆ 会 費 は 無 料 で す 。 〒 17 ! 8510 卑 足 都 豊 島 区 西 池 袋 2 ー 0 ー 婦 人 之 友 社 「 家 計 簿 を つ け 通 す 同 血 0 ・ 3971 ・ 4059 ( 月 ・ 水 ・ 金 怡 時 ) 実 収 入 822 , 056 円 -2.5 % ー 2.9 % + 5.9 % + 2.8 % 生 活 費 合 計 706 , 1 1 2 円 -1 . 1 % ー 10.4 % 2016 年 婦 人 之 友 9 4 」