検索 - みる会図書館

検索対象: フランス語熟語集

フランス語熟語集から 101件ヒットしました。

フランス語熟語集


第 部 こ で は 基 本 的 な 語 彙 の 比 喩 的 用 法 に よ る 熟 語 ・ 成 句 を 集 め ま し た . フ ラ ン ス 語 の お も し ろ さ , 味 わ い が よ く わ か る よ う に な る で し

フランス語熟語集


フ ラ 亥 語 熟 語 集 印 一 1 一 son の avec p 屋 9 les ざ c 印 一 目 s a se の 平 成 帝 京 大 学 教 授 東 京 大 学 名 誉 教 授 前 奥 羽 大 学 教 授 SURUGADAI-S 工 UPPANS 工 A ジ ャ ッ ク ・ ブ ズ ー 福 井 芳 男

フランス語熟語集


第 部 動 詞 を 中 心 に , 構 文 の 点 , あ る い は 動 詞 の 使 い か た な ど か ら 熟 語 , 成 句 に な っ て い る も の を 集 め ま し た . で き れ ば 仏 仏 辞 典 な ど で , こ れ ら 動 詞 の 基 本 的 用 法 を 確 め て く だ さ い .

フランス語熟語集


は し が き 文 法 を 知 り , 単 語 を 多 く 知 っ て い て も つ い 誤 訳 を し た り , あ る い は フ ラ ン ス 人 の 話 が わ か ら な い と い っ た 場 合 が 多 く あ り ま す . そ れ は 熟 語 ・ 成 句 を よ く 知 ら な い た め に 起 る こ と が 一 番 多 い よ う で す . 理 屈 で は 押 し き れ な い も の , そ れ が 各 国 語 に 出 て く る 熟 語 ・ 成 句 な の で す ・ さ て , フ ラ ン ス 語 を マ ス タ ー す る た め に 熟 語 の 理 解 が 必 要 だ と し て も 辞 書 に は わ り 合 い 例 文 が 少 く , ど う い っ た 場 合 に 使 っ た ら よ い の か 苦 慮 す る 場 合 が し ば し ば あ る の で す . そ こ で す ぐ れ た 地 理 学 者 で あ る ば か り か 高 い 教 養 人 で も あ る Jacques Pezeu 氏 に お 願 い し て 多 く の 熟 語 か ら 自 由 に 選 択 し , ま た 例 文 を 作 っ て い た だ き ま し た . こ れ に よ っ て 皆 さ ん が 知 っ ニ ュ ア ン ス と と も に か て い れ ば , 役 立 っ 熟 語 が そ の 使 い か た , な り 数 多 く 理 解 さ れ , 皆 さ ん の フ ラ ン ス 語 の 進 歩 に 役 立 っ て く れ る の で は な い か と 期 待 し て お り ま す . 第 1 部 で は , 主 と し て よ く 使 わ れ る 動 詞 を 中 心 に 普 通 の 意 味 か ら は ち ょ っ と 推 し は か れ な い も の を 集 め ま し た . 第 2 部 で は , 名 詞 を 中 心 に 比 喩 的 表 現 を 集 め ま し た . た と え ば 日 本 語 で い う 「 大 猿 の 仲 」 は フ ラ ン ス 語 で は 「 大 と 猫 」 に な り ま す . う い っ た も の は 各 国 語 に よ っ て 異 な る の で 学 ば ね ば わ か ら な い , つ ま り 自 国 語 か ら の 類 推 は き か な い も の な の で す . な お , , な ど の 表 示 は で き る だ け 多 く し ま し た . 目 的 語 に 「 人 」 を と る か 「 物 」 を と る か は 重 要 な 区 分 で , こ れ を し っ か り 覚 え な い と , 似 か よ っ た 2 つ の 成 句 の 使 い 方 を ま ち が え る 恐 れ が あ る か ら で す .

フランス語熟語集


フ ラ ン ス 語 熟 語 集 著 者 前 奥 羽 大 学 教 授 ジ ャ ッ ク ・ ブ ズ ー 平 成 帝 京 大 学 教 授 東 京 大 学 名 誉 教 授 福 井 芳 男 19 フ 4 ・ 12 ・ 25 初 版 印 刷 1 7 ・ 8 ・ 1 7 版 発 行 発 行 者 井 田 洋 101 東 京 都 千 代 田 区 神 田 駿 河 台 3 の 7 株 式 発 行 所 Tel. ( 3291 ) 16 フ 6 振 替 Ⅲ ) 190 ー 3 ー 56669 会 社 駿 可 台 出 片 反 ネ 土 印 刷 研 究 社 印 刷 製 本 関 山 製 本 社 ISBN 4 ー 411 ー 00159 ー 4 C3085 1500E

フランス語熟語集


駿 河 台 出 版 社 参 考 書 ☆ フ ラ ン ス 語 へ の は じ め て の 旅 立 ち / 内 藤 陽 哉 / 玉 田 健 二 著 / 1748 円 * * リ ュ ミ エ ー ノ レ ー ー フ ラ ン ス 文 法 参 考 ・ 書 ー ー / / 森 本 英 夫 / 三 野 博 司 著 / 1893 円 ☆ モ ン フ ラ ン セ ー - ひ と り で 学 ぶ フ ラ ン ス 語 ー - , / 数 藤 ゆ き え / 酒 井 山 紀 代 著 / 2136 円 フ ラ ン ス 語 ラ イ プ 教 室 / 宇 田 川 博 著 / 2500 円 * * 大 学 で 始 め る フ ラ ン ス 語 / 山 田 秀 男 著 / 2233 円 ☆ ポ ン ・ ボ ワ イ ヤ ー ジ ュ , / 小 倉 博 史 / モ ー リ ス ・ ジ ャ ケ / 舟 杉 真 一 著 / 1893 円 ☆ ピ ラ ミ ッ ド / ' 松 浪 未 知 世 著 / 1748 円 * * 3 、 ら ん す 語 参 考 書 / 川 村 克 己 著 / 1500 円 * * * 完 全 予 想 イ ム オ 3 級 / / 川 中 成 和 / 佐 原 隆 雄 / 富 Ⅲ 正 二 著 / 2500 円 で る 順 仏 検 単 語 集 / 佐 藤 公 彦 / 久 松 健 一 著 / 1165 円 * 初 め て 習 う フ ラ ン ス 語 / 篠 田 俊 蔵 著 / 922 円 フ ラ ン ス 語 文 法 入 門 ー 機 能 本 位 一 . / 福 井 芳 男 / 丸 山 圭 三 郎 著 / 800 円 * 1 00 万 人 の フ ラ ン ス 語 / 石 井 睛 一 著 / 1800 円 ☆ ☆ コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の た め の フ ラ ン ス 語 発 音 法 / 阿 南 婦 美 代 / E ・ カ ・ ン プ ル テ ィ エ ー ル 著 / 2136 円 * * 初 心 者 の た め の フ ラ ン ス 語 / 小 河 織 衣 著 / 1650 円 基 礎 フ ラ ン ス 語 の 練 習 問 題 と 文 法 / 小 泉 清 明 著 / 1456 円 * * 実 用 フ ラ ン ス 語 速 修 講 座 / 尾 上 貞 五 郎 / 小 野 正 敦 著 / 1500 円 や さ し く わ か る 楽 し い フ ラ ン ス 語 入 門 / 福 井 芳 男 / 丸 山 圭 三 郎 著 / 1456 円 フ ラ ン ス 語 第 一 歩 / 鈴 木 豊 著 / 2427 円 * * 絵 と き フ ラ ン ス 語 入 門 / 窪 川 英 水 著 / 1500 円 話 集 / 窪 川 英 水 著 / 1200 円 * 生 き た フ ラ ン ス 語 ミ ニ 員 新 ・ 冠 詞 抜 き で フ ラ ン ス 語 は わ か ら な い / 一 川 周 史 著 / 2233 円 * フ ラ ン ス 語 練 習 問 題 ー 機 能 本 位 一 / 福 井 / 丸 山 / 村 / 850 円 フ ラ ン ス 語 文 法 問 題 の 解 き 方 解 説 編 ・ 練 習 問 題 集 / 権 寧 編 / 1748 円 ・ 980 円 * フ ラ ン ス 語 動 詞 活 用 表 / 谷 長 茂 / 川 村 克 己 他 編 / 777 円 基 本 フ ラ ン ス 単 語 集 / 谷 長 茂 / 川 村 克 己 / 長 塚 降 二 編 / 777 円 * * フ ラ ン ス 語 熟 語 集 / J ・ フ 。 ズ ー - ー / 福 井 芳 男 著 / 1500 円 詳 解 フ ラ ン ス 文 典 . / 佐 藤 房 占 / 大 宋 健 / 佐 藤 正 明 芒 = / 3689 円 ビ デ オ カ セ ッ ト 目 で み る フ ラ ン ス 語 発 音 入 門 / 大 木 充 / 東 郷 雄 二 著 / 63500 円 ビ デ オ カ セ ッ ト フ ラ ン ス 人 の 身 。 り 入 門 / 大 木 充 / J ・ N ・ ポ ロ 編 / 25000 円 カ セ ッ ト テ ー プ 価 格 * 2000 円 * * 2500 円 * * * 3800 円 * * * * 4000 円 +cCI) 1456 円 〒 101 東 京 都 千 代 田 区 神 田 駿 河 台 3 の 7 / 振 替 00190 ー 3 ー 56669 電 話 03 ( 3291 ) 1676 代 / FAX03 ( 3291 ) 1675 ( 価 格 は 本 体 定 価 で す 。 別 途 消 費 税 が 加 算 さ れ ま す 。 )

フランス語熟語集


VI 6 ) 例 文 を 読 む と き , 主 語 が 「 人 」 で あ る か , 「 物 」 で あ る か , ど う い っ た 文 脈 の 中 で 使 わ れ る か に 注 意 し て く だ さ い . な お Pezeu 氏 自 身 と Lagache 夫 人 に よ る テ ー プ が 別 売 さ れ て い ま す . フ ラ ン ス 語 の リ ズ ム を 身 に つ け る こ と , そ の リ ズ ム の 中 で 熟 語 成 句 が ど う 生 き て い る か を 知 る こ と が 肝 要 で す . 利 用 さ れ る こ と を お す す め し ま す .

フランス語熟語集


IV も う 1 つ 「 話 し 言 葉 」 で 使 わ れ る か , 「 書 き 言 葉 」 で 使 わ れ る か , ま た 「 話 し 言 葉 」 の 中 で も く だ け た 会 話 で 使 う も の か ど う か と い う こ と が 重 要 な 問 題 で す が , そ れ に も で き る だ け 注 解 を つ け た つ も り で す . さ ら に 多 く の 場 合 「 直 訳 」 を つ け て ど う い う わ け で こ の 熟 語 が 成 立 し た の か そ の 道 す じ を わ か っ て い た だ け る よ う に 努 め ま し た . 微 妙 な ニ ュ ア ン ス が つ か み や す く な る だ ろ う と 考 え た か ら で す . Pezeu 氏 が 作 ら れ た 例 文 は 非 常 に フ ラ ン ス 語 的 だ と 言 え る 文 ば か り で す . こ れ だ け の 数 の 熟 語 を 例 文 と と も に 覚 え れ ば 文 章 の 理 解 に も 会 話 の 進 歩 に も 非 常 に 役 立 っ こ と だ と 存 じ ま す . 福 井 芳 手 助 け を し て い た だ き ま し た . 感 謝 の 意 を 表 し ま す . な お , こ の 書 の 作 成 に あ た っ て は , 田 川 裕 子 嬢 に 一 方 な ら ぬ 男

フランス語熟語集


brüler 14 dü emprunter sa banque pour ノ 房 〃 み ど 〃 x み 倉 . [ 訳 ] 切 り 上 げ は 彼 の 取 り 引 き に 不 利 で あ っ て , 彼 は 収 支 の バ ラ ン ス を と る た め 銀 行 か ら 借 金 し な け れ ば な ら な か っ た . [ 例 ] Sa femme est si dépensiére qu'il n'arrive qu'å grand peine ノ 房 ″ イ ん よ ux み 0 ″ な , lui qui vivait si largement étant célibataire ! [ 訳 ] 彼 の 妻 は あ ま り に も 浪 費 家 な の で , 収 支 の バ ラ ン ス を と る の が や っ と で あ る ・ 独 身 の 時 は あ れ ほ ど ゆ っ た り と 暮 ら し て い た 彼 な の に ! brüler brülerd'enviede ~ し た く て た ま ら な い , 死 に そ う な ほ ど ~ し た い = eprouver un Vif désir de ; mourir de ☆ brüler は 「 燃 え る 」 で す が , 比 喩 的 に 使 わ れ て , 「 ~ に 燃 え る 」 と い う と き は brüler de 十 名 詞 に な り ま す . Ⅱ brüle d'amour ・ 「 彼 は 恋 に 燃 え て い る 」 そ こ か ら こ の 熟 語 が 出 て き ま す . [ 例 ] Ⅱ み ん イ ' lui parler mais, chaque fois qu'il la rencontre, sa timidité l'empéche d'ouvrir la bouche. [ 訳 ] 彼 は 彼 女 と 話 し た く て た ま ら な い の だ が , 彼 女 に 会 う た び に , そ の 内 気 さ が 彼 に 口 を 開 か せ な い の だ . [ 例 ] Depuis dix ans, il み ん イ ' 翩 豌 ノ ' ét て e élu au conseil* maiS il JamaiS pu て éunl て assez de VOIX. [ 訳 ] 十 年 来 , 彼 は 評 議 会 に 選 出 さ れ た が っ て い る が い ま だ か っ て 十 分 な 票 を 集 め る こ と が で き な い で い る . * 「 評 議 会 」 と 訳 し ま し た が conseil municipal 市 ( 町 村 ) 議 会 で も あ り 得 ま ☆ 発 音 は [dobytdbld] と リ エ ゾ ン す る こ と , blanc は 的 の 中 心 に あ = brusquement ; sans transition de but en blanc 突 然 , 出 し ぬ け に but す ・

フランス語熟語集


21 C 0 収 rlr = s'exposer au danger de ; de す courir le risque de 身 を ~ の 危 険 に さ ら す , ~ の 危 険 を 冒 ー C ourt ☆ courir 「 駈 け る 」 「 走 る 」 は 自 動 詞 で す が 狩 の 用 語 で 他 動 詞 と し て 「 追 い か け る 」 と い う 意 味 で 使 わ れ ま す . II ne faut pas courir deux å la fois. 「 同 時 に 二 兎 を 追 う な 」 ( こ と わ ざ ) さ ら に courir un danger 「 危 険 を お か す 」 courir sa chance 「 自 分 の 運 を た め し て み る 」 な ど の 表 現 も あ り ま す . こ の 熟 語 も そ の 系 列 で す . [ 例 ] Elle en a dégu plus d'un avant vous ; si vous vous attachez 義 elle, vous 4 崖 て ん お な ヴ ue d'une grosse déception. [ 訳 ] 彼 女 は あ な た の 前 に も 何 人 か 男 を だ ま し て い る . も し あ な た が 彼 女 を 好 き に な っ た ら , お お い に 失 望 す る 恐 れ が あ り ま す . ouer en bourse, C est parf()is S enrichir, C'est plus [ 例 ] J souvent CO 〃 / ん r / ″ e イ ど se rulner. [ 訳 ] 投 畿 す る こ と は 時 に は 金 持 ち に な る こ と だ が , 多 く の 場 合 , 破 産 す る 危 険 を 冒 す こ と で あ る . C ourt étre court (de) ~ が 足 り な い = manquer (de) ☆ court で も い ろ い ろ 熟 語 が 出 来 て い ま す が (couper 参 照 ) , 一 番 よ く 使 わ れ る も の の ひ と っ . court de ~ で 副 詞 句 な く て 」 と い う よ う に も 使 え ま す ・ こ れ は が 足 り [ 例 ] Son marl gagne des sommes considérables et cepen- dant elle 訂 / touJOurs 2 ″ 彦 d'argent. [ 訳 ] 彼 女 の 夫 は か な り の 収 入 が あ る が , 彼 女 は い つ も 金 が 足 り な い . [ 例 ] Me trouvant finalement 2 〃 r / d'arguments, ド tentai de détourner le cours de 1 conversation.