検索 - みる会図書館

検索対象: ―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえるから 226件ヒットしました。

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


ど く ん 、 と 彼 女 の 三 つ の 心 臓 が 同 時 に 脈 打 っ た 。 大 き く : : : 苦 し く な る ほ ど に 、 決 定 的 に 。 ど く ん 、 ど く ん 、 ど く ん ー ー ー と 。 な に か が 、 目 覚 め よ う と し て い た 。 写 磨 の 意 識 を 押 し つ ぶ す ほ ど の 圧 倒 的 な 力 と 意 志 を 持 つ な に か 、 が 「 嘘 よ : : : 」 呆 然 と し て 、 写 磨 は つ ぶ や く 「 嘘 よ 、 嘘 よ 、 嘘 よ ・ ・ : : っ ! ど う し て : ・ ・ : な ぜ 、 こ ん な こ と が ・ 自 分 が 自 分 で な く な る ー ー ー 自 分 が 誰 か に む さ ぼ り 喰 わ れ て し ま う 。 外 側 か ら で は な い 。 内 側 か ら ー ー ー 『 消 化 』 し た と 信 じ て い た 命 と 意 志 と 力 に よ っ て ! 「 嘘 よ お お う つ つ ! 」 き ぬ 絹 を 引 き 裂 く 音 に も 似 た 悲 鳴 を 残 し て 。 聞 彼 女 ー ー 『 写 磨 』 と い う 名 の 妖 鬼 は 消 失 し た 。 そ う ぼ う ぶ 代 わ り に 現 れ た の は 、 漆 黒 の 髪 と 双 眸 を 持 っ ー ー 写 磨 に 『 喰 わ れ た 』 は ず の 存 在 だ っ た 。 妖 鬼 な ど で は な い 。 膝 ま で も 届 く 真 っ 直 ぐ な 黒 髪 、 濡 れ る か の ご と き 漆 黒 の 双 眸 ぼ う ぜ ん ひ ざ よ う き

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


138 と け れ ど 、 イ リ ア に は す ぐ に わ か っ て し ま っ た 。 そ の ひ と が 言 っ て い る の が 嘘 な の だ と 。 そ の ひ と が 『 お 母 し や 独 』 を 知 っ て い る は ず が な い の だ と 。 だ っ て 、 そ の ひ と か ら は 、 お 母 し や ま の 気 配 が な に も 感 じ 取 れ な か っ た の だ 。 『 嘘 つ き 、 嘘 つ き っ ! お 母 し や ま の こ と な ん に も 知 ら な い く せ に つ ! 知 ら な い く せ に 、 連 れ て く な ん て 嘘 つ き の く せ に つ ! 』 叫 ん だ 後 、 体 が か あ っ と 熱 く な っ て : : : よ く 覚 え て は い な い の だ け れ ど 、 で も 、 気 づ い た ら こ の 街 に い た 。 覚 え て い る の は 、 自 分 を 連 れ て い こ う と し た ひ と が 、 嘘 つ き だ と い う こ と だ 。 だ か ら 、 あ の ひ と に 捕 ま っ て は い け な い と い う こ と 。 そ れ だ け だ 。 「 お 母 し や ま : : : お 母 し や ま : : : 」 呼 ん で い る と 、 ま た 泣 き た く な っ た 。 「 う う ん 、 だ め : : : ィ リ ア は 強 く な ら な い と だ め な ん だ も ん 。 お 兄 し ゃ ん と 約 束 し た ん だ も ん 。 ィ リ ア と お 兄 し ゃ ん で 、 お 母 し や ま の こ と 守 っ て あ げ な き ゃ い け な い ん だ か ら 三 ・ 、 : 」 ぐ い 、 と 乱 暴 に 手 の 甲 で 涙 を ぬ ぐ っ て 、 イ リ ア は 立 ち 上 が っ た 。

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


226 実 父 を 手 に 掛 け る と い う 罪 を 犯 し た 弟 ー ー リ ー ダ イ ル 。 そ の 罪 は 決 し て 小 さ く は な い 。 つ ぐ な い ず れ 、 彼 は 償 わ ね ば な ら な い か も し れ な い 。 そ れ で も 「 放 っ て : : : お け る わ け が な い じ ゃ な い か ー な ぜ な ら 彼 は 、 自 分 を 手 に 人 れ る た め に そ の 手 を 罪 に 染 め た の だ か ら 。 「 あ ん な 物 騒 な や っ 、 野 放 し に し た ほ う が 危 な い と 思 う ん だ け ど : : : っ て 、 嘘 、 嘘 。 姉 ち ゃ ん が そ う 決 め た ん な ら 、 お れ は 手 伝 う よ 。 父 ち ゃ ん と 母 ち ゃ ん の 配 下 た ち に も い ろ い ろ 聞 い て 回 よ う き る か ら さ 。 な ん の か ん の 言 っ て も 、 妖 貴 同 士 っ て 情 報 交 換 し て る み た い だ か ら 、 絶 対 お れ っ て ば 役 に 立 っ し ー 」 の も の さ く れ つ 除 け 者 反 対 と ば か り に 、 割 り こ ん で き た 邪 羅 の 白 銀 の 頭 に 闇 主 の こ ぶ し が 炸 裂 し た の は 次 の 瞬 間 だ っ た 。 「 ガ キ の く せ に 、 で し や ば る な 。 お 前 は 浮 城 で 金 髪 の 小 娘 の お 守 り を し て り ゃ あ い い だ ろ う が 」 「 な ん だ よ 、 何 千 年 生 き て る か 知 ら な い け ど 大 人 に な り き っ て な い の は そ っ ち の く せ に ! 」 「 ほ う : : : よ く 回 る ロ だ な 。 ど う い う 構 造 に な っ て い る の か 、 一 度 ば ら し て み る の も 面 白 い か も し れ な い な 」 よ う し ゃ そ う 言 っ て 、 闇 主 は 容 赦 の 『 よ 』 の 字 も な い カ で 、 邪 羅 の 両 頬 を 外 側 に 引 っ 張 っ た 。 り よ う 椴 ほ

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


い ま し た 。 で も 、 イ リ ア は あ の お 兄 し ゃ ん が と っ て も 頭 も い い っ て こ と 、 今 日 わ か り ま し た 。 す ご い ん で す 、 お 兄 し ゃ ん は 。 お 兄 し ゃ ん の 言 っ た 通 り 、 嘘 つ き な ひ と た ち だ ら て こ と 気 づ か な い ふ り を し て 、 お 姉 し ゃ ん に そ の ひ と た ち と 一 緒 に 行 く っ て 言 っ た ん で す 。 ほ ん と う は い や だ っ た け ど 、 そ う 言 っ た ら お 姉 し ゃ ん は 絶 対 一 緒 に 来 て く れ る ぞ っ て 、 お 兄 し ゃ ん が 言 っ た ん で 、 そ う し て み た ん で す 」 い っ た ん 言 葉 に し て み て 、 イ リ ア は ま る で 人 の せ い に し て い る よ う な 感 じ に 聞 こ え る の に 気 づ い た 。 い け な い 、 と 思 う 。 そ れ は 『 お 母 し や ま 』 か ら も い け な い こ と だ と 言 わ れ て い る こ と だ っ た 。 人 の せ い に し て は い け な い 。 け ん め い だ か ら 、 イ リ ア は 一 所 懸 命 考 え た 。 「 え え っ と : ・ 」 : お 兄 し ゃ ん は ほ ん と う に 頭 が い い ん で す 。 ィ リ ア が 絶 対 、 お 姉 し ゃ ん と 離 れ た 釦 た く な い っ て 言 っ た か ら 、 そ の 方 法 を 教 え て く れ た ん で す 。 そ れ で 、 そ の 通 り に し た ら 、 ほ ん と ら え う に お 姉 し ゃ ん も 一 緒 に 来 て く れ る こ と に な っ た ん で す 。 ほ ん と う は 、 お 姉 し ゃ ん ま で 騙 さ れ け て し ま っ て 、 イ リ ア の こ と あ の 嘘 つ き の ひ と た ち に 渡 さ れ て し ま っ た ら ど う し よ う か っ て 、 心 配 し て た ん だ け ど 、 お 兄 し ゃ ん の 言 っ た 通 り 、 全 然 そ ん な こ と あ り ま せ ん で し た 。 お 兄 し ゃ ん は ほ ん と う に 頭 が 良 く て 、 お 姉 し ゃ ん は と っ て も や さ し い ひ と で す 。 ィ リ ア は お 兄 し ゃ ん と お 175 ! だ ま

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


お 母 さ ま が イ リ ア の こ と を 見 つ け る こ と が で き な い の な ら 、 自 分 が お 友 達 を 作 っ て 、 お 母 さ ま を 見 つ け れ ば い い の だ 。 こ れ ま で だ っ て 、 同 じ よ う な こ と が あ っ た の だ 。 今 度 も き っ と う ま く い く に 決 ま っ て る 。 そ う と 決 ま れ ば 、 や る こ と は た だ ひ と つ 。 「 お 友 達 に な っ て く れ そ う な ひ と を 見 つ け な き や 。 そ う し て お 友 達 に な っ て も ら っ て : : : お 母 し や ま を 捜 し て も ら わ な く つ 、 ち ゃ 」 そ れ に 、 あ の 嘘 つ き の ひ と た ち か ら も 守 っ て も ら わ な い と い け な い か ら 、 出 来 れ ば 強 い ひ と が い い 。 そ ん な こ と を 思 い な が ら 、 そ っ と 通 り の ほ う に 目 を 向 け た イ リ ア は 、 大 き く 目 を 瞠 っ た 。 声 を 張 り 上 げ な が ら 、 イ リ ア は 駆 け だ し た 。 「 お 母 し や ま っ ! お 母 し や ま 、 お 母 し や ま : : : つ つ ! 」 釦 つ や た 艶 や か な 黒 髪 を 、 肩 の あ た り で 切 り そ ろ え た 、 す ら り と し た 女 性 に 向 か っ て ら け 139 み は

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


212 い や 、 無 視 し よ う と し た の だ 。 会 え ば : ・ ・ 我 慢 の 限 界 が 越 え る だ ろ う こ と が わ か っ て い た 。 誰 よ り 輝 か し い 自 分 の 主 人 が 、 人 間 な ど の 望 み に 合 わ せ 、 暮 ら し て い る 様 子 な ど 見 た く は な か っ た 。 じ ゅ み よ う ど う せ 、 人 間 の 寿 命 な ど 取 る に 足 ら ぬ も の だ 。 そ う 自 分 に 言 い 聞 か せ て 、 彼 は 必 死 に 耐 え た 。 ぞ く 自 ら の 主 の 心 を 奪 い 、 俗 な 暮 ら し に 巻 き こ ん だ 女 へ の 憎 悪 を 、 ひ た す ら 抑 え つ づ け た 。 恋 情 な ど で は な か っ た 。 ひ た す ら に 主 が 愛 し く 、 大 切 だ っ た だ け な の だ 。 大 切 な 主 が 似 つ か わ し く も な い 見 す ぼ ら し い 暮 ら し を す る こ と が 耐 え ら れ な か っ た の だ 。 そ ん な も の を 主 に 強 い る 、 身 の 程 知 ら ず の 人 間 の 女 が 、 心 か ら 憎 か っ た 。 せ め て 、 そ の 女 の 姿 を ひ と め 見 た い と 思 い 、 か の 地 を 訪 れ た と き 、 殺 意 が 一 片 も な か っ た と 言 え ば 嘘 に な る 。 自 分 は 確 信 し て い た の だ 。 ど う せ 、 遠 く な い う ち に 、 主 は 下 ら な い 『 人 間 ご っ こ 』 な ど に は 飽 き る に 違 い な い と 。 そ う な っ た と き 、 打 ち 捨 て ら れ る に 違 い な い 、 主 を 引 き ず り 回 し た 下 賤 な 人 間 の 女 を 、 誰 よ り も 早 く 見 つ け 、 生 ま れ て き た こ と を 後 悔 す る よ う な 方 法 で 処 分 す る の は 自 分 以 外 に は い な い げ せ ん

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


わ た く し の 血 肉 と な る 以 外 、 存 在 す る 価 値 な ど な い わ ! 叫 ん で 、 写 磨 は 懐 か ら そ れ を 取 り 出 し た 。 鎖 縛 に 対 す る 絶 対 の 切 り 札 ー ー 絶 対 の 効 果 を 約 束 さ れ た 彼 を 屈 伏 さ せ る た め の 道 具 。 し や ら り 、 と そ れ が 音 を た て た 。 目 に し た 途 端 、 鎖 縛 の 顔 色 が 変 わ っ た 。 「 お ま え : : : そ れ は : : : つ し よ う そ う 先 程 ま で の 余 裕 な ど 嘘 の よ う に 、 焦 燥 も あ ら わ に 叫 ん だ 鎖 縛 を 小 気 味 よ く 感 じ な が ら 、 写 磨 ほ ほ え は 徴 笑 ん だ 。 じ か よ う き ふ ぜ い 「 妖 鬼 風 情 が こ ん な も の を 持 っ て い た の が 意 外 ? そ れ と も 、 直 に 触 れ る こ と が で き た こ と が あ な ど 意 外 だ っ た の か し ら ? : お 前 は わ た く し を 侮 り す ぎ た の よ 。 お 前 の よ う な モ ノ 、 生 き て い て っ さ る 価 値 も な い : : : こ の 鉄 鎖 に 封 じ ら れ 、 命 の 最 後 の 一 滴 ま で も 、 わ た く し に 絞 り 取 ら れ る 運 命 を 受 け 人 れ な さ い ! 」 - そ う 叫 ん で 、 彼 女 は 鉄 鎖 を 鎖 縛 に 向 か っ て 投 げ つ け た 。 ざ く ろ よ う し ゅ 聞 か っ て 、 柘 榴 の 妖 主 が 鎖 縛 を 捕 ら え 、 身 動 き を 封 じ る た め に 用 い た と い う 黒 と 赤 が 斑 に な っ き や し や は が ね ぶ た 細 く 華 奢 な 鋼 の 鎖 を 呼 捕 ら え た と 、 写 磨 は 確 信 し た 。 ふ と こ ろ く つ ぶ く し ぼ ま だ ら

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


演 技 だ と い う こ と は わ か っ て い た ー ー ー わ か っ て は い た が 。 そ れ で も 思 い が け な く 所 帯 を 持 っ : : : な ど と 言 わ れ た も の で 、 ラ エ ス リ ー ル の 頭 は 瞬 時 に 沸 騰 し て し ま っ た 。 「 な 、 な に を つ ! お 、 お 前 は つ つ に 」 い す 音 を 立 て て 椅 子 か ら 立 ち 上 が り 、 真 っ 赤 に な っ て 闇 主 を 怒 鳴 り つ け た 彼 女 の 気 配 に 、 演 技 の 気 配 が 混 じ っ て い る は ず も な く 、 客 人 た ち は 今 度 こ そ 完 全 に 納 得 し た 顔 に な っ た 。 い な 「 そ う い う 事 情 が お あ り な ら 、 こ ち ら と し て も 否 や は ご ざ い ま せ ん 。 も し そ う で し た ら 、 こ ち ら に ご 助 力 い た だ け る い い 機 会 と な る や も し れ ま せ ん し ね 」 そ う 答 え 、 彼 ら は 翌 朝 迎 え に 来 る と 言 い 残 し 、 帰 っ て 行 っ た 。 「 お れ の お か げ で 助 か っ た ろ う ? 」 ぬ け ぬ け と そ う 言 っ た 闇 主 に 、 ラ エ ス リ ー ル は 不 機 嫌 な 顔 で 、 声 で 、 短 く 答 え た だ け だ っ こ 0 た 「 お 前 が 嘘 が 上 手 す ぎ る だ け だ 」 ら え 違 し げ ん け 至 言 ー ー ー だ っ た か も し れ な い 。 173 と 、 つ ふ つ

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


散 歩 程 度 の 自 由 は 認 め ら れ る が 、 そ れ と て 出 人 り で き る 場 所 は 限 ら れ て い る ー ー ー 王 宮 な の だ か ら 無 理 は な い の だ が 。 こ の よ う な も て な し を 受 け る 謂 わ れ は な い の だ か ら 、 街 に 宿 を 取 り た い と も 言 っ た の だ が 、 う ん ぬ ん き や っ か 例 の 『 未 婚 の 女 性 は : : : 云 々 』 の 習 わ し の せ い で 却 下 さ れ た 。 未 婚 の 女 性 を 泊 め て く れ る よ う な 宿 は な い の だ と 聞 い て 、 い っ そ 闇 主 と 夫 婦 を 騙 っ た ほ う が ま し だ っ た か と も 思 っ た が 、 い ま さ ら 出 来 る こ と で も な い 。 し か し 、 イ リ ア と 馬 車 に 乗 せ ら れ て 以 来 、 闇 主 の 姿 は お ろ か 、 声 す ら 聞 い て い な い こ と が 気 に か か る 。 あ の 男 の こ と だ か ら 、 万 が 一 に も 心 配 す る こ と は な か ろ う が : : : そ れ で も 気 に か か る の は 、 こ れ ま で 名 を 呼 ば ず と も 勝 手 に 顔 を 出 す の が 常 だ っ た 男 が 、 声 や 影 す ら 送 り こ ん で 来 よ う と も し な い か ら だ っ た 。 も ち ろ ん 、 『 守 護 者 』 た ち の 目 を 警 戒 し て の こ と だ と 言 わ れ て し ま え ば そ れ ま で な の だ が 、 ぞ う さ あ の 男 の 力 を 考 え れ ば 、 彼 ら の 目 を か い く ぐ る こ と な ど 造 作 の な い こ と だ と わ か っ て い る の し や く ぜ ん た く ら た で 、 な に や ら 釈 然 と し な い 。 ま さ か ま た 、 な に か 良 か ら ぬ こ と を 企 ん で い る の で は な い か と 思 れ え て 仕 方 な い の だ 。 け い つ だ っ て 、 あ い つ は そ う な ん だ : : : な ん で も ひ と り で こ と を 運 ん で : : : 利 用 さ れ る 形 に な っ た 者 が ど ん な 思 い を 味 わ う の か 、 き っ と 気 に か け て も い な い ん だ 。 そ り ゃ あ 、 わ た し は 確 か は か り ご と に 嘘 が 苦 手 だ し 、 謀 に 向 い て る と は お 世 辞 に も 言 え な い が 、 そ れ で も 事 前 に ひ と こ と 言 っ て 197 あ ん し ゅ か た

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


様 子 を 見 せ て 、 お ず お ず と 問 い か け て き た 。 「 あ の : : : あ の ね 。 お 姉 し ゃ ん 、 も し か し た ら イ リ ア と 血 が 繋 が っ て る か も し れ な い っ て ・ 本 当 ? 」 幼 女 の 瞳 に は 、 期 待 の 光 が き ら き ら と 輝 い て い た 。 こ ん な 目 を 向 け ら れ て 、 「 い や 、 そ れ は 嘘 だ 」 と 言 え る ほ ど 、 ラ エ ス リ ー ル は 木 石 の 心 を 備 え て い る わ け で は な か っ た 。 そ れ に 、 そ の 可 能 性 が ま っ た く な い わ け で は な い の だ 。 自 分 が 見 知 っ て い る 身 内 と 言 え ば 両 さ か の ぼ 親 と 弟 の リ ー ダ イ ル し か い な い が 、 母 の 代 、 あ る い は も っ と 以 前 を 遡 れ ば 、 身 内 と 呼 べ る 相 手 が い な い わ け で は な い の だ か ら 。 戦 乱 で 生 き 別 れ た 母 の 身 内 が 生 き の び た の だ と し た ら 、 母 と 良 く 似 た イ リ ア を 生 ん だ 女 性 が 、 自 分 と 似 て い て も 不 思 議 は な い の だ 。 な に よ り 母 に は 、 年 子 の よ く 似 た 妹 が い た と い う こ と な の だ か ら 。 「 ど う か な : : : ? わ た し に も は っ き り と は わ か ら な い ん だ 。 た だ 、 イ リ ア は わ た し の 母 さ み り よ う が ん た : い や 、 母 に よ く 似 て い る 。 そ れ に 、 わ た し の 母 も イ リ ア と 同 じ 魅 了 眼 の 持 ち 主 だ っ た ん れ そ ろ だ 。 顔 だ ち ゃ 髪 や 瞳 の 色 だ け な ら 他 人 の 空 似 で 終 わ る か も し れ な い が 、 こ こ ま で 揃 っ て い る か け ら な : : : ど う だ ろ う 。 わ た し は そ う だ と い い と 思 っ て い る ん だ が ー そ ば だ そ れ は 、 馬 車 の 周 囲 で 耳 を 欹 て て い る レ ン ト の 『 守 護 者 』 た ち に 聞 か せ る た め で は な い 、 心 か ら の ラ エ ス リ ー ル の 思 い だ っ た 。 つ な ぼ く せ き