検索 - みる会図書館

検索対象: 「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらないから 190件ヒットしました。

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


私 は き れ い ご と が 大 嫌 い で す 。 し た が っ て き れ い ご と を よ く 口 に す る 人 間 も 大 嫌 い で す 。 き れ い ご と は 立 派 な 嘘 で す 。 普 通 の 嘘 よ り も 酷 い の で す 。 普 通 の 嘘 な ら 見 破 る と す ぐ 反 論 で き ま す し 、 騙 さ れ な い よ う に 自 分 か ら 逃 げ る こ と も で き ま す 。 し か し 、 き れ い ご と は 国 家 、 天 下 、 倫 理 、 道 徳 な ど の 立 派 な 隠 れ 蓑 の 下 で 人 の 意 思 を レ イ プ す る 行 為 で す 。 嘘 が 泥 棒 で あ れ ば 、 き れ い ご と は 強 盗 な の で す 。 私 は な ぜ こ こ ま で き れ い ご と を 嫌 う か と い う と 、 中 国 の 文 化 大 革 命 を 経 験 し た か ら で す 。 数 億 人 が 十 年 間 に も わ た っ て き れ い ご と を 言 い 合 い 、 人 間 と し て の ま え が き

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


一 つ は ま ず 言 葉 の 間 題 で す 。 中 国 人 を 雇 え ば い し ) じ ゃ な い の で す 。 次 は 、 と い う と 誰 に マ ネ ジ メ ン ト を き ち ん と し て も ら う か で す 。 日 本 人 が 中 国 人 を 使 え な い と 言 っ た ら 、 終 わ り 。 わ か り ま す か 。 こ の 二 点 で す 。 中 国 人 を 使 え な い ・ 使 わ な い ? ー ー 日 本 人 日 中 韓 の 組 み 合 わ せ が 、 何 故 お も し ろ い の か と い う 一 つ の 理 由 は 、 韓 国 人 は 中 国 人 を 使 え る 、 上 手 で す 。 日 本 人 は 、 使 わ な い 、 使 え な い と か 言 う 。 使 わ な い か ら か は 、 よ く わ か ら な い け ど 、 多 分 こ こ が 問 題 だ と 思 う 。 何 で 使 え な い の か そ れ は わ か ら な い 。 私 も そ れ に つ い て は あ ま り 研 究 し て な い け ど 、 使 わ な い か 、 使 え な い か ど ち ら か わ か ら な い 例 え ば 日 本 の 企 業 で 比 較 的 、 結 果 的 に う ま く 中 国 の 人 た ち を 使 っ て う ま く や っ て る と こ ろ は 、 ほ と ん ど べ ン チ ャ ー 企 業 で す 。 こ の を 意 識 し て 意 図 的 に や っ て い る の か ど う か は 別 と し て で す か だ か ら 日 本 人 は 中 国 人 を 使 え な い っ て い う の は 嘘 だ と 思 う 。 そ の べ ン チ ャ ー 企 業 が う ま く い っ て い て 、 使 え て い る と き の や り 方 や ビ ジ ネ ス シ ス テ ム と か を ベ ン チ マ ー ク 1 0 2

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


の 一 つ の 例 示 で し よ 。 ア メ リ カ と 中 国 の 本 屋 さ ん に 行 っ て く だ さ い 。 と 中 国 と い う 一 一 一 一 口 葉 が つ い て い る 本 が ど の ぐ ら い あ る か と 。 ほ と ん ど な い 。 あ る の は 政 府 系 の 本 で す 。 僕 と 中 川 昭 一 さ ん と の 本 の タ イ ト ル は 、 『 ど う し た 、 日 本 』 で す 。 こ れ は 私 が 決 め た タ イ ト ル じ ゃ な い 。 出 版 社 が 売 れ て ほ し い か ら 、 決 め た 。 『 や つ ば り 変 だ よ 日 本 の 営 業 』 。 こ の タ イ ト ル も 僕 の 本 意 じ ゃ な い 。 僕 は こ の 本 の 中 身 は 営 業 の 話 な の に と 思 う け ど 、 出 版 社 は 皆 さ ん 、 申 し わ け な い け れ ど も 宋 さ ん 、 タ イ ト ル は 「 日 本 」 を つ け な い と 売 れ な い と 言 う 。 『 や つ ば り 変 だ よ 日 本 の 営 業 』 『 こ こ が 変 だ よ 日 本 の 管 理 職 』 。 一 個 人 が 日 本 を 語 る の が 好 き な ん で す 。 僕 は 、 こ こ が き れ い ご と だ と 思 う 。 ど う し て 、 ま ず 個 人 が 語 ら な い の か 。 日 本 と あ な た 、 あ な た の 営 業 と 何 の 関 係 が あ る 。 日 本 が 占 領 さ れ て 、 存 亡 の 危 機 の 非 常 に 大 変 厳 し い 状 況 な ら わ か る け ど も 、 日 本 は 世 界 ナ ン バ ー 2 の 国 で す 。 日 本 国 全 体 と 個 人 が 日 常 的 に 向 き 合 う 必 要 が あ る の で し よ う か 。 あ な た の 現 実 的 な 人 生 と 何 の 関 係 が あ る の で し よ う 。 家 で は 奥 さ ん に 向 か っ て 日 本 の 何 を 語 る の で す か 。 セ ッ ク ス の と き は 日 本 の た め に セ ッ ク ス し て ま す か 1 3 0

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


い る も の は な い 。 万 物 は 流 転 す る 。 動 く も の は 停 止 し て な い 。 あ な た が 見 た 川 が 昨 日 と 今 日 は 違 う と い う 、 中 は 流 れ て い る か ら で す よ ね 。 そ れ に 対 し て さ ら に 、 運 動 に は 必 ず 自 分 の 規 律 が あ る 。 法 則 が あ る 。 こ れ が 午 前 中 の 九 時 、 哲 学 の 時 間 で 教 わ っ た こ と な ん で す 。 次 の 授 業 、 十 一 時 の 授 業 は 化 学 ( ケ ミ カ ル ) だ っ た 。 そ こ に た ま た ま プ ラ ウ ン 運 動 か 出 た 。 、 フ ラ ウ ン 運 動 の 中 で 分 子 の 運 動 は ラ ン ダ ム と い う 、 不 規 則 で す 。 金 融 の 世 界 で は 、 あ れ を ヒ ン ト に 「 プ ラ ッ ク ・ シ ョ ー ル ズ ・ モ デ ル 」 が で き た 。 自 然 界 の 中 に は 規 則 が 、 運 動 に は 必 ず 規 則 が あ る は ず だ っ た の に ケ ミ カ ル の 中 で は 不 規 則 と 言 っ て い る 。 中 国 の 大 学 の 授 業 と い う の は 日 本 と 違 っ て 結 構 き つ い 。 そ れ で 僕 の 同 級 生 の 理 屈 っ ぽ い や つ は す ぐ 手 を 挙 げ て 、 「 先 生 、 お れ さ 、 さ っ き 哲 学 の 先 生 に 言 わ れ た 。 運 動 は ね 規 則 が あ る の は 絶 対 的 だ か ら と 、 こ の プ ラ ウ ン 運 動 は 何 で こ れ は 不 規 則 な ん だ 」 っ て 言 っ た 。 そ の ケ ミ カ ル の 先 生 が ど う や っ て 答 え た か と い う と 。 「 我 々 の ケ ミ カ ル と い う よ り 領 域 に お い て 、 範 疇 に お い て 、 不 規 則 そ の も の が 規 則 な ん だ 」 。 つ ま り 不 規 則 と い う 定 義 そ の も の が 、 い わ ゆ る そ の 自 然 界 と い う 大 き な 範 1 4 4

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


第 ・ 章 中 国 を 理 解 す る た め の 糸 口

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


中 国 を 理 解 す る た め の 糸 口 例 え ば 、 お 互 い の 心 な り お 互 い の 文 化 を 理 解 し て い る 立 場 と し て 、 利 益 相 反 み た い な 現 象 が 日 本 と 中 国 の 間 で 仕 事 を し た と き 、 ビ ジ ネ ス 上 で 発 生 す る よ う な と き で す が 、 つ ま り 、 簡 単 に 言 う と 、 こ の 仕 事 を す る と 日 本 に 対 し て は 不 利 益 に な っ て し ま う の か な と い う と き で す よ ね 。 そ の 場 合 と い う の は 、 国 家 と い う も の を そ こ ま で 重 視 し て な い と い う の が 実 は 華 僑 な の か も し れ ま せ ん 。 自 分 の 利 益 と い う の が 大 事 。 も っ と 言 う と 、 自 分 の 家 族 の 利 益 と い う の が 大 事 な の か な と 思 い ま す 。 実 際 に 海 外 で ビ ジ ネ ス を し て い る 華 僑 の 人 た ち が 中 国 に 来 て い ろ ん な こ と を し た と き に 、 中 国 の 人 た ち の 間 で 文 化 な り 文 明 な り の 違 い が う ま く コ ミ ュ ニ ケ ー ト で き る の か と い う こ と で す が 、 コ ミ ュ ニ ケ ー ト の 部 分 と い う の は か な り 困 難 を 伴 い ま す ね 。 と い う の は 、 日 本 で 生 ま れ 育 ち ま し た の で 中 国 の 教 育 を 受 け て い ま せ ん し 、 そ う い っ た 部 分 で 文 化 の 衝 突 と い う の は あ り ま す 。 こ だ 、 ほ か の 日 本 人 に 比 べ て 得 を し て い る と こ ろ と い う の は 、 や は り 家 庭 で は 中 国 の 風 習 に 基 づ い て 、 例 え ば 清 明 節 に お 墓 に 行 く と か 、 そ う い っ た 本 当 の 根 っ こ の 部 分 と い う の は つ な が っ て い る 部 分 が あ る の で 。 笑 い 話 み た い に な り ま す け ど 、 中 国 に 来 て や っ と 自 分 の 家 の 風 習 の 由 来 が わ か っ た と い う の が あ り ま す 。 何 で う ち の 家 は こ ん

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


伝 子 に 刷 り 込 ま れ て い る の か も し れ な い よ 。 例 え ば 一 回 、 蘇 寧 ( ス ー ニ ン 】 日 本 の ラ オ ッ ク ス を 買 っ た 会 社 ) の 電 器 店 へ 行 っ て み る と い し 。 そ の あ と ヤ マ ダ 電 機 の 売 り 場 の 写 真 を 撮 っ て 、 両 方 を 比 較 す る 。 説 明 を 一 切 っ け ず に 、 そ の ま ま い い か 悪 い か の 判 断 を 消 費 者 に 任 せ れ ば い い ん で す よ 。 蘇 寧 と ヤ マ ダ 電 機 の 売 り 場 を 見 る と 何 が 違 う か と い う と 、 蘇 寧 の 売 り 場 に 行 け ば こ ん な に メ ー カ ー が あ る の か っ て ま ず 迷 う は ず で す 。 圧 倒 的 に 違 う 、 そ の 売 り 場 の 品 質 と か ど う の こ う の は 、 あ る か も し れ ま せ ん が 。 僕 は 、 多 分 ヤ マ ダ は 間 違 い な く 非 常 に う ま く し っ て る と 思 う ん だ け ど 。 何 が 違 う か 、 僕 は 日 本 に ず っ と い た か ら わ か る 。 つ ま り 日 本 の 消 費 者 ら 見 る と 、 「 え つ 、 何 で こ ん な に メ ー カ ー あ る の 」 み た い な こ と に な る 。 「 え ー 、 知 ら な い メ ー カ ー の も の を 何 で 置 く の 」 み た い な 。 も う 欧 州 の わ け の わ か ら な い メ ー カ ー の も の ま で あ る 、 「 わ ー っ て 置 い て い る 」 世 界 中 の メ ー カ ー の も の を 。 日 本 人 に と っ て は 不 思 議 な ん で す 。 と に か く 中 国 の や り 方 は 巨 大 な 建 物 に わ ー っ と ゴ チ ャ ゴ チ ャ に 入 れ る 。 統 合 し た り カ テ ゴ リ ー で 整 理 し た り し な い も う バ ザ ー ル で 不 動 産 業 。

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


0 本 質 や 原 理 ・ 原 則 は ど こ の 国 で も 変 わ ら な い で す 。 と い う こ と は 、 ど ん な 体 制 で も 、 消 費 者 が 商 品 を 決 め る の と 同 じ だ と 思 う 。 中 国 は 独 裁 、 独 裁 と 言 う ん だ け ど も 、 中 国 で さ え 、 国 民 の レ ベ ル が 政 治 の レ ベ ル な ん で す 。 私 の 小 さ い と き の 経 験 、 そ し て 読 書 、 文 学 か ら 、 中 国 で の 経 験 、 日 本 で の 経 験 、 そ の 異 な っ た 体 制 の も と で の 四 十 数 年 の 経 験 か ら そ う い う も の が わ か っ た 。 だ か ら 僕 は 、 自 分 の 確 信 は 人 に め っ た に 言 わ な い 。 自 分 の 行 動 に お い て の み し か 指 針 に な っ て な い か ら 。 人 間 に よ っ て 、 う そ を 確 信 と 一 一 口 う 人 も い る 。 で も 今 の 話 は う そ じ ゃ な い 。 僕 は 若 い こ ろ は 、 政 治 を 信 じ て い た ん だ け ど も 、 今 は 政 治 は 信 じ な い 。 そ れ は 日 本 だ か ら 中 国 だ か ら じ ゃ な い の 。 世 界 の 政 治 も こ の 構 造 は 一 緒 だ と 思 っ て い る 。

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


中 国 を 理 解 す る た め の 糸 口 こ こ で 前 述 し た 国 の 内 外 を 行 き 来 す る 六 千 万 の 華 僑 に つ い て 、 僕 の 友 人 の バ オ さ ん の 話 を 紹 介 し ま す 。 華 僑 の 人 た ち が 語 る 、 自 分 た ち の ア イ デ ン テ ィ テ ィ と か 考 え 方 と か 価 値 観 は 僕 た ち に ヒ ン ト を 教 え て く れ る か も し れ ま せ ん 。 以 下 で バ オ さ ん と 話 し た と き の こ と を 紹 介 し ま す 。 バ オ さ ん の お 父 さ ん は 中 国 人 、 お 母 さ ん は 日 本 人 で 大 阪 生 ま れ の 人 で す 。 祖 父 の 代 か ら 日 本 に い て 、 ま だ 中 国 籍 を 持 っ て い ま す 。 華 僑 の ア イ デ ン テ ィ テ ィ 華 僑 の ア イ デ ン テ ィ テ イ や 価 値 観 に つ い て 、 彼 は つ ぎ の よ う に 言 っ て い ま す 。 「 中 国 人 で も な い し 日 本 人 で も な い し と い う と こ ろ じ ゃ な い で し よ う か ね 。 こ れ は こ と は 一 一 口 、 ん な い 私 の 直 感 な ん で す け ど 。 カ ッ コ い い 何 と い う ん で す か 、 " ピ ジ ン ・ イ ン グ リ ッ シ ュ 。 じ ゃ な い で す け ど も 、 ま じ り 合 っ た と こ ろ に い ま す の で 。 影 響 し 合 う と い う 話 に な る と 、 中 国 本 土 に い る 方 の 価 値 観 と 華 僑 の 価 値 観 と い う の は 違 っ て い ま す 。 そ の 違 っ て る と こ ろ と い う の が 、 ど う し て も 日 本 の 価 値 観 で あ っ た り と か そ う い う 部 分 で す 。 私 が 生 ま れ 育 っ た の は 日 本 で す か ら 、

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


も っ と 言 う と 、 革 命 の 前 か ら 、 日 本 と の 戦 争 に し て も 、 蒋 介 石 と の 戦 争 に し て も 、 共 産 党 の 輸 人 先 は 全 部 シ ン ガ ポ ー ル と 香 港 で す 。 孫 文 が 世 界 を 歩 き ま し た よ ね 。 彼 も 華 僑 で す 。 辛 亥 革 命 を 担 っ た 係 文 の 資 金 の 一 番 の 供 給 源 は ほ と ん ど 華 僑 の 援 助 で す 。 後 半 は 日 本 か ら も 資 金 援 助 が あ っ た け ど 、 日 本 か ら の 資 金 と い う の は 一 時 的 な も の で す 。 安 定 的 に 供 給 し た の は 世 界 の 華 僑 。 華 僑 の 由 来 を い う と 、 華 僑 は 二 種 類 あ っ て 、 も と も と の 中 国 の 大 金 持 ち が 海 外 に 支 店 を 置 い て 、 戦 争 と か 革 命 で そ の ま ま 帰 っ て こ な い 、 そ の ま ま 支 店 に 残 っ た の が 華 僑 の 一 つ の 源 流 。 も う 一 つ は 難 民 で す 。 皇 帝 が 変 わ っ た と か 革 命 が 起 き た と か 、 日 本 み た い に 安 定 し て な い か ら 、 ご ろ ご ろ ひ っ く り 返 る 。 そ う す る と 前 の 体 制 の 人 間 は 生 き て い け な い か ら 、 難 民 と し て 出 て い 出 て い っ た ら 確 か に 無 一 文 に な る け れ ど 、 で も 頭 に 資 産 が あ る わ け 。 わ か る で し よ 、 「 ビ ジ ネ ス ・ ノ ウ ハ ウ 」 っ て 頭 に あ る か ら 。 ビ ジ ネ ス が わ か っ て い る 人 間 な ら ば 、 現 地 で 華 僑 同 士 で 資 本 を 融 通 し あ っ て 、 す ぐ 再 起 し て 、 隆 盛 、 繁 栄 を な し た 。 だ か ら 二 種 類 で す 。 も ち ろ ん チ ャ イ ナ タ ウ ン で 一 生 な べ を 振 り 回 し て コ ッ ク を や っ