検索 - みる会図書館

検索対象: 嘘だらけの日仏近現代史

嘘だらけの日仏近現代史から 275件ヒットしました。

嘘だらけの日仏近現代史


嘘 だ ら け の 日 仏 近 現 代 史 倉 山 満 Mitsuru Kurayama

嘘だらけの日仏近現代史


嘘 だ ら け の 日 仏 近 現 代 史 倉 山 満 Mitsuru Kurayama 扶 桑 社 新 書 235

嘘だらけの日仏近現代史


・ 倉 」 ~ 荷 ( く ら や ま み つ る ) 1973 年 、 香 川 県 生 ま れ 。 憲 政 史 研 究 者 。 19 % 年 、 中 央 大 学 文 学 部 史 学 科 を 卒 業 後 、 同 大 学 院 博 士 前 期 課 程 を 修 了 。 在 学 中 よ り 国 士 舘 大 学 日 本 政 教 研 究 所 非 常 勤 研 究 員 と し て 、 2015 年 ま で 同 大 学 で 日 本 国 憲 法 を 教 え る 。 2012 年 、 希 望 日 本 研 究 所 所 長 を 務 め る 。 同 年 、 コ ン テ ン ツ 配 信 サ ー ビ ス 「 倉 山 塾 」 を 開 講 、 翌 年 に は 「 チ ャ ン ネ ル く ら ら 」 を 開 局 し 、 大 日 本 帝 国 憲 法 や 日 本 近 現 代 史 、 政 治 外 交 に つ い て 積 極 的 に 言 論 活 動 を 展 開 し て い る 。 主 著 に ベ ス ト セ ラ ー に な っ た 「 嘘 だ ら け シ リ ー ズ 」 五 部 作 の 「 嘘 だ ら け の 日 米 近 現 代 史 」 「 嘘 だ ら け の 日 中 近 現 代 史 」 「 嘘 だ ら け の 日 韓 近 現 代 史 」 「 嘘 だ ら け の 日 露 近 現 代 史 」 「 嘘 だ ら け の 日 英 近 現 代 史 」 、 「 保 守 の 心 得 」 「 帝 国 憲 法 の 真 実 」 ( す べ て 小 社 ) な ど 扶 桑 社 新 書 235 嘘 だ ら け の 日 仏 近 現 代 史 発 行 日 2017 年 3 月 1 日 初 版 第 1 刷 発 行 著 者 ・ ・ ・ 発 行 者 ・ ・ ・ 発 行 所 ・ ・ ・ D T P 制 作 ・ ・ 印 刷 ・ 製 本 ・ ・ 倉 山 満 久 保 田 榮 一 株 式 会 社 扶 桑 社 〒 105 -8070 東 京 都 港 区 芝 浦 1-1-1 浜 松 町 ピ ル デ ィ ン グ 電 話 03-6368- 圏 75 ( 編 集 ) 03-6368- 圏 91 ( 郵 便 室 ) www.fusosha. CO. jp Office SASAI 株 式 会 社 廣 済 堂 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 落 丁 ・ 乱 丁 ( 本 の ペ ー ジ の 抜 け 落 ち ゃ 順 序 の 間 違 い ) の 場 合 は 、 小 社 郵 便 室 宛 に お 送 り く た さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す ( 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は 、 お 取 り 替 え で き ま せ ん ) 。 な お 、 本 書 の コ ピ ー 、 ス キ ャ ン 、 デ ジ タ ル 化 等 の 陲 断 複 製 は 著 作 権 法 上 の 例 外 を 除 き 禁 じ ら れ て い ま す 。 本 書 を 代 行 業 者 等 の 第 三 者 に 依 頼 し て ス キ ャ ン や デ ジ タ ル 化 す る こ と は 、 た と え 個 人 や 家 庭 内 で の 利 用 で も 著 作 権 法 違 反 で す 。 @Mitsuru Kurayama 17 Printed ⅲ Japan ISBN 978 ヰ 594-07653-5

嘘だらけの日仏近現代史


お わ り に 最 後 に 。 い つ も な ら 締 め 切 り を 大 幅 に 遅 ら せ て 、 担 当 に 三 跪 九 叩 頭 の 礼 や 五 体 投 地 で 謝 罪 を す る の が 慣 例 と な っ て い た 。 本 書 の 締 め 切 り は 一 月 六 日 で あ っ た 。 当 然 、 私 は 年 末 年 始 を 返 上 し 、 年 賀 状 も 書 か ず に 本 書 の 執 筆 に 勤 し ん で い た 。 担 当 は 遠 く バ ン コ ク の 地 よ り 国 際 電 話 で 原 稿 の 督 促 を し て い 結 果 、 締 め 切 り を 一 週 間 し か は ず さ な い と い う 快 挙 を 成 し 遂 げ た 。 今 回 は 褒 め て い た だ き た い ( 笑 ) 。 「 嘘 だ ら け シ リ ー ズ 」 は 、 扶 桑 社 の 大 飼 孝 司 さ ん の 適 切 な ご 助 言 が な け れ ば 成 立 し な い と 思 っ て い る 。 も し か し た ら 昨 年 、 『 嘘 だ ら け の 日 英 近 現 代 史 』 が 遺 作 に な っ て い た か も し れ な い こ う し て 生 き て い て 、 満 足 が い く 作 品 を 世 に 出 せ る こ と を 、 読 者 諸 氏 と と も に 喜 び た い 。 関 わ っ た す べ て の 人 に 感 謝 し て 。 277

嘘だらけの日仏近現代史


私 に と っ て の バ ス チ ー ユ は 、 本 石 町 日 本 銀 行 で し た 。 シ リ ー ズ 第 一 作 で あ り 私 を 世 に 出 し て い た だ い た 本 で も あ る 『 嘘 だ ら け の 日 米 近 現 代 史 』 で 、 「 日 本 は 敗 戦 国 の ま ま で い い の か ? ー と 訴 え ま し た 。 し か し 、 自 分 の 評 論 活 動 で は 「 た か が 景 気 回 復 す ら で き な く て 、 何 が 敗 戦 体 制 の 打 破 か 」 と 、 す べ て に 優 先 し て 経 済 問 題 の 重 要 性 を 訴 え ま し た 。 そ し て 、 勝 ち ま し た 。 し よ せ ん は ク 第 三 身 分 の 一 人 に す ぎ な か っ た 私 の 言 論 が ど れ ほ ど の 力 が あ っ た か 、 わ か り ま せ ん 。 そ れ で も 、 第 二 作 の 『 日 中 』 で は 、 私 は 「 白 川 討 伐 」 で 歓 喜 し て い ま す 。 こ れ で 、 ど れ ほ ど の 人 が 救 わ れ る か 。 し か し 、 そ の 想 い が 裏 切 ら れ た 憤 懣 が 、 第 三 作 の 『 日 韓 』 で ぶ つ け ら れ て い ま す 。 日 本 が 中 途 半 端 な 蛇 行 運 転 を し て い る の は 、 み な さ ん の ご 存 じ の と お り で す 。 そ れ か ら 「 嘘 だ ら け シ リ ー ズ 」 本 編 を 中 断 し て 、 『 保 守 の 心 得 』 『 帝 国 憲 法 の 真 実 』 に 移 り ま し た 。 そ し て 、 『 日 露 』 『 日 英 』 と 戻 っ て き ま し た 。 寄 り 道 し て い る よ う で 、 実 は 必 要 な こ と だ と 思 っ て い ま し た 。 『 日 米 』 以 来 、 ず っ と 訴 え て き た こ と は 、 「 日 本 は 、 い つ ま で も 敗 戦 国 の ま ま で い い の か ? ー で す 。 幕 末 の 日 本 は 、 今 と は 比 較 に な ら な い 小 さ な 国 で し た 。 今 の 日 本 は 景 気 が 悪 い と い っ て 274

嘘だらけの日仏近現代史


は 三 部 会 を 召 集 し 、 事 態 を 収 拾 し よ う と す る 。 し か し 、 人 気 の 高 い ネ ッ ケ ル 財 務 長 官 の 罷 免 を き っ か け に 民 衆 の 怒 り は 爆 発 し 、 バ ス チ ー ユ 監 獄 襲 撃 事 件 を き っ か け に 事 態 は 革 命 に 至 る 。 外 国 の 介 入 、 国 王 一 家 の 逃 亡 事 件 、 そ し て 処 刑 を 通 じ て 、 革 命 は 激 化 し て い く 。 こ ん な 通 説 を 信 じ て い る か ら 、 日 本 人 は フ ラ ン ス 革 命 の こ と が わ か ら な く な る の で す 。 フ ラ ン ス 革 命 は よ く 言 わ れ る よ う な 「 国 王 & 貴 族 民 衆 」 の 戦 い で は あ り ま せ ん 。 こ の 通 説 に 嘘 は な い の で す が 、 し か し も っ と 大 事 な 本 当 の こ と を 隠 し て い ま す 。 だ か ら 日 本 人 は 命 騙 さ れ て し ま う の で す 。 人 を 騙 す の に 嘘 を つ く 必 要 は あ り ま せ ん 。 よ り 重 要 な 本 当 の こ と 革 ス を 黙 っ て い れ ば い い の で す 。 ン 一 つ す っ 、 検 証 し て い き ま し よ う 。 フ し ま ず 、 ア メ リ カ 独 立 戦 争 で フ ラ ン ス の 財 政 は 疲 弊 し て い た 。 こ れ は 事 実 で す 。 し か し 、 そ 0 価 に 関 し て 0 疑 義 は 前 節 で 述 、 〈 ま し た 。 次 に 、 三 部 会 で す 。 三 つ の 身 分 か ら 成 る 議 会 の こ と で す 。 一 七 八 九 年 一 月 に 開 会 が 請 願 世 さ れ 、 五 月 に 召 集 さ れ ま し た 。 ア ベ ・ シ ェ イ エ ス と い う 政 治 家 が 『 第 三 身 分 と は 何 か 』 と 章 第 い う 本 を 書 い て 、 フ ラ ン ス 革 命 の 理 論 的 支 柱 に な り ま し た 。 第 三 身 分 で あ る 民 衆 が 貴 族 に

嘘だらけの日仏近現代史


第 四 章 五 大 国 に よ る ウ ィ ー ン 体 制 世 界 に 冠 た る 大 英 帝 国 に し て も 、 フ ラ ン ス に し て も 、 日 本 の 優 先 順 位 な ど 高 く な い の で す 。 と く に フ ラ ン ス の 場 合 は 、 ロ ッ シ ュ が あ ま り に も 幕 府 に 肩 入 れ し す ぎ て い た の で 、 本 国 で は 眉 を ひ そ め て い ま し た 。 そ れ で も 、 時 の 最 高 権 力 者 と 蜜 月 な 間 は よ い の で す が 、 徳 川 慶 喜 は 日 本 国 内 の 政 局 で 敗 北 し て し ま い ま す 。 な ぜ 慶 喜 が 敗 れ た の か 。 前 書 『 嘘 だ ら け の 日 英 近 代 史 』 や ほ か の 「 嘘 だ ら け シ リ ー ズ 」 と あ わ せ て お 読 み い た だ き た い で す し 、 大 久 保 利 通 に つ い て は ほ か の 本 で 多 く を 書 き ま し た 。 と く に 『 保 守 の 心 得 』 ( 扶 桑 社 、 二 〇 一 四 年 ) 、 『 帝 国 憲 法 物 語 』 ( 研 究 所 、 二 〇 一 五 年 ) を あ げ て お き ま す 。 ロ ッ シ ュ が 援 助 し た 徳 川 慶 喜 よ り も 、 ー ク ス が 支 援 し た 大 久 保 利 通 の 意 思 が 勝 っ た 。 結 果 論 で す が 、 政 治 と は 意 思 と 意 思 の 激 突 で す 。 最 後 は 、 錦 の 御 旗 を 持 ち 出 し た 大 久 保 利 通 が 率 い る 薩 長 の 前 に 、 慶 喜 は 尻 尾 を 巻 い て 江 戸 に 逃 げ だ し ま し た 。 ロ ッ シ ュ は 江 戸 ま で 追 い か け て い っ て 徹 底 抗 戦 を 慶 喜 に 説 き ま し た が 、 首 を 縦 に は 振 り ま せ ん 。 一 八 , ハ 八 年 、 も は や 旧 幕 府 軍 へ の 掃 討 戦 と 化 し て い た 戊 辰 戦 争 の 最 中 に 、 ロ ッ シ ュ は 更 171

嘘だらけの日仏近現代史


シ ャ ル ル マ ー ニ ュ ( 七 四 二 年 5 八 一 四 年 ) カ ー ル 大 帝 と も 。 フ ラ ン ス 史 は 、 こ こ か ら は じ ま る こ と に な っ て い る 。 イ ン ノ ケ ン テ イ ウ ス 三 世 ( 一 一 六 〇 年 、 ・ 一 二 一 六 年 ) 最 近 レ ギ ュ ラ ー と 化 し て き た 「 嘘 だ ら け シ リ ー ズ 」 の 常 連 。 史 上 最 強 の ロ ー マ 教 皇 。 ジ ャ ン ヌ ・ ダ ル ク ( 一 四 一 二 年 5 一 四 三 一 年 ) 聖 女 と か 乙 女 の 代 名 詞 。 し か し 、 「 〇 〇 の ジ ャ ン ヌ ・ ダ ル ク 」 と い う 表 現 、 意 味 を わ か っ て 使 っ て い る の だ ろ う か シ ャ ル ル 七 世 ( 一 四 〇 三 年 5 一 四 六 一 年 ) 右 の 人 物 を 散 々 利 用 し な が ら 見 捨 て た ヒ ド イ や っ と し て 語 ら れ る 国 王 。 意 外 と 晩 年 は 不 幸 。 主 な 登 場 人 物

嘘だらけの日仏近現代史


ま せ ん 。 ノ ル マ ン デ ィ ー 公 な ど 、 勝 手 に 対 岸 の プ リ テ ン 島 を 征 服 し て 、 イ ン グ ラ ン ド 王 に な っ て し ま い ま す 。 一 〇 , ハ 六 年 の ノ ル マ ン ・ コ ン ク エ ス ト で す 。 ノ ル マ ン デ ィ ー 公 は フ ラ ン ス で は 王 様 の 臣 下 の 貴 族 の は ず で す が 、 実 際 に は フ ラ ン ス 国 王 と 対 等 以 上 の 実 力 が あ り ま す 。 そ も そ も 、 今 の フ ラ ン ス だ の イ ギ リ ス だ の と い う 国 境 で 考 え て も 通 じ な い 世 界 な の で す 。 当 時 は 、 西 ヨ ー ロ ッ パ 全 体 が 日 本 の 戦 国 時 代 の よ う に 、 王 様 や 貴 族 、 そ し て 宗 教 勢 力 が 群 雄 割 拠 し て い ま し た 。 よ く 口 ー マ 教 皇 は 天 皇 に 、 皇 帝 は 将 軍 に た と え ら れ 、 そ の 権 威 の 下 に 大 名 の よ う な 貴 族 、 そ し て 宗 教 勢 力 が い る と こ ろ な ど は 似 て い る 面 も あ り ま す 。 動 胎 し か し 、 決 定 的 な 違 い は 、 日 本 の 天 皇 が 軍 事 力 を 持 た す 政 治 か ら 超 然 と し て い る の に 対 の の し 、 ロ ー マ 教 皇 は 軍 事 力 を 持 ち 、 自 ら が 政 治 の プ レ ー ヤ ー と な る こ と で す 。 そ の 権 威 の 絶 頂 が 、 一 〇 九 六 年 に 始 ま る 十 字 軍 で す 。 教 皇 が 「 イ ス ラ ム 教 徒 を 討 て ! 」 1 レ ら ス と 宣 言 す る と 、 フ ラ ン ス 国 王 は 、 毎 回 毎 回 、 駆 り 出 さ れ ま す 。 ン そ の な か で も っ と も 壮 絶 だ っ た の が 、 イ ン ノ ケ ン テ イ ウ ス 三 世 で す 。 こ の 人 物 、 「 史 上 フ 章 最 強 の 教 皇 」 と 評 さ れ ま す が 、 そ の 「 最 強 」 ぶ り は 、 こ れ ま で の 「 嘘 だ ら け シ リ ー ズ 」 、 第 と く に 前 著 『 嘘 だ ら け の 日 英 近 現 代 史 』 で 詳 述 し ま し た 。 東 ロ ー マ 帝 国 を 踏 み つ ぶ し 、 神

嘘だらけの日仏近現代史


は じ め に こ の 本 だ け は 女 性 に 読 ん で ほ し い 。 そ ん な 思 い で 、 筆 を と り ま し た 。 だ か ら 、 今 回 は 気 軽 な 本 を 書 き ま す 。 鼻 歌 交 じ り で 書 き ま し た か ら 、 気 軽 に 読 ん で く だ 丿 5 ゼ 5 、 オ 5 、 シ ャ ン 5 ゼ さ い 。 と し て 「 オ 5 、 シ ャ ン 5 ゼ ・ ・ 丿 5 ゼ 5 ー と ロ 笛 を 吹 き な が ら 読 ん で い た だ く の が 、 ち ょ う ど よ い 本 に な り ま し た 。 本 書 は 、 「 ど う せ 、 そ ん な こ と を 言 い な が ら 、 読 む と 日 本 女 性 が 憧 れ る フ ラ ン ス 像 を 全 否 定 す る オ ッ サ ン の 世 界 だ ろ う ? ー と い う 猜 疑 の 目 を 向 け る ア ナ タ に こ そ 、 読 ん で い た だ き た い と 思 い ま す 。 さ て 、 我 が 「 嘘 だ ら け シ リ ー ズ ー と い え ば 、 世 の な か に あ ふ れ て い る 「 通 説 」 を あ げ て 、 片 っ 端 か ら 否 定 し て い き な が ら 真 実 を 伝 え る と い う ス タ イ ル が 評 判 で す 。 本 書 で は 、 い な り 始 め ま し よ 、 つ 。 通 説 フ ラ ン ス は オ シ ャ レ の 本 場 で そ の 首 都 は 「 花 の 都 バ リ 」 と 呼 ば れ る 世 界 の 大 都 会 の 最 先