検索 - みる会図書館

検索対象: 文藝 2015年 summer

文藝 2015年 summerから 482件ヒットしました。

文藝 2015年 summer


る 時 間 を 与 え る 。 佐 熊 は 褒 め ら れ る と 警 戒 す る 。 持 ち 上 げ る の は 次 の 瞬 間 に 落 と 「 あ ん た だ っ て 、 自 分 が ク ズ で あ る っ て こ と ぐ ら い 、 わ か っ て な す た め だ と 思 う か ら 。 い わ け じ ゃ な い 。 で も や め ら れ ず に 卑 劣 で 最 低 な こ と ば か り し て 「 だ か ら 、 ネ ッ ト 界 で ち ょ っ と 有 名 人 に な れ た よ ね 。 で も 、 こ ん る う ち に 、 自 分 が 惨 め に な っ て 、 自 分 の し て る こ と に は 立 派 な 意 な 動 画 の オ リ ジ ナ ル を 保 存 し と い て る 時 点 で 、 甘 い と 思 う ん だ よ 。 味 が あ っ て 正 し い 行 い な の だ と い う 理 屈 づ け を し ち ゃ う よ う に な こ れ は あ ん た が 作 製 し た 嘘 ム 1 ビ 1 に 対 し て 、 ほ ん と の 事 実 で し っ ち ゃ っ た ん だ な 。 そ れ で 自 分 で 自 分 に 言 い 訳 し て る う ち に 、 ほ よ 。 ま だ 、 ほ ん と の 事 実 が あ っ た こ と を 、 ど こ か で 大 切 に し て る ん と に 信 じ 始 め た 。 つ ま り ま わ り が 見 え な く な っ た 」 わ け だ 。 自 分 の 作 る 嘘 は 、 ほ ん と の 事 実 に 対 し て は ニ セ 物 で 価 値 噛 ん で 含 め る よ う な 穏 や か で ゆ っ た り し た 調 子 で 栗 木 田 は 話 す 。 が 低 く て 負 け て い る っ て 、 認 め ち ゃ っ て る わ け だ 」 そ こ で 栗 木 田 は 立 ち 上 が っ た 。 「 嘘 が バ レ な い よ う に す る 唯 一 の 手 段 っ て 、 何 だ か わ か る か ? ー 佐 熊 は 首 を 振 る 。 「 つ ま り あ ん た は 、 現 実 に は 何 も し て な い こ と に な る 。 現 実 を 押 「 嘘 で 嘘 を 塗 り 固 め る ん だ よ 。 そ し て 、 一 生 嘘 を つ き 続 け る 。 嘘 し 切 れ る 強 さ の 嘘 で 、 現 実 の ほ う を 揺 さ ぶ っ た り 変 え た り す る ぐ の 破 綻 っ て の は 、 ほ こ ろ び が 出 る か ど う か じ ゃ な く て 、 嘘 つ い て ら い だ っ た ら 、 見 上 げ た も の だ と 思 う 。 本 当 に 才 能 の あ る や つ は い る ほ う が ど こ ま で 押 し 切 れ る か に か か っ て る ん だ よ ね 。 そ う じ そ う い う こ と を す る 。 け ど あ ん た の し た こ と は 何 だ ? 自 分 で も ゃ な き や 、 詐 欺 に 引 っ か か る 人 が こ ん な に 大 量 に 出 て き っ こ な い 信 じ き れ な い 嘘 を 振 り か ざ し て 、 あ た か も 勝 利 し た か の よ う に ネ ッ ト の 上 で だ け 振 る 舞 っ て る だ け じ ゃ な い か 。 現 実 は 何 も 変 わ っ て い な い 。 思 い 込 み の 曇 り を 払 っ て み れ ば 、 悲 し い ぐ ら い 何 も で 確 力 に 、 と つ ぶ や い た の は 、 霧 生 だ っ た 。 「 た ま に い る ん だ よ 、 嘘 つ い て も 平 気 で い ら れ て 、 嘘 で 嘘 を 塗 り き て い な い 自 分 の 姿 が 見 え る だ ろ う よ 」 固 め て い く こ と が で き る 人 が 。 そ う い う 人 は 壊 れ て る 。 壊 れ て る 見 下 ろ す 格 好 で 言 わ れ る と や つ ば り 効 果 は 倍 増 す る な 、 と 佐 熊 は ば ん や り 思 っ た 。 け ど 、 一 種 の 才 能 だ ね 、 あ れ は 」 栗 木 田 が 同 意 を 求 め る よ う に 佐 熊 の 顔 を 見 た の で 、 う な ず い た 「 何 で 本 物 の 嘘 つ き の 才 能 が な い の に 、 こ ん な 中 途 半 端 な こ と を 「 で も 、 普 通 は も た な い 。 自 分 で つ い た 嘘 が 独 り 歩 き し て く の に し て 、 わ ざ わ ざ 自 分 を 惨 め に し て し ま う の か ? も と も と の 自 分 つ い て い け な く な っ て 、 嘘 の 世 界 か ら 脱 落 し て し ま う 。 普 通 の 人 を 惨 め だ と 思 っ て る か ら だ よ な 。 な ぜ 惨 め だ と 思 っ て る か と い う は 壊 れ て な い か ら 、 ほ ん と の こ と を 忘 れ る こ と は で き な く て 、 嘘 と 、 も っ と 重 要 な 人 物 に な ら な く て は 、 も っ と 役 に 立 っ て 使 え る 文 呪 し い か 、 ら 好 、 さ な 一 」 し 」 に と 矛 盾 し ち ゃ う 。 相 手 を 騙 し て る っ て い う や ま し い 気 持 ち が 消 え 人 材 で あ ら ね ば 、 趣 味 で も 仕 事 で も 何 で も 、 い く ら が ん ば っ て も 現 実 に は そ う な い か ら 、 ど こ か で 嘘 を 支 え ら れ な く な る 。 そ の 点 で は 、 デ ィ ス 打 ち 込 ま ね ば 、 っ て 焦 る の に 、 い う 人 間 に な れ な い で い る か ら だ よ な 」 ラ 1 は 少 し 壊 れ て る よ ね 。 少 し 才 能 が あ る っ て わ け だ 」

文藝 2015年 summer


表 情 は 変 わ ら な い が 、 語 尾 に 音 符 が つ い て い る 気 が し た 。 と 言 っ た 。 「 も し 出 れ な か っ た ら 、 運 転 中 な の で そ の と き は 折 り 返 し ま す ね 」 紅 茶 の お 礼 の 電 話 で 小 松 は 、 み ど り の 結 婚 と 離 婚 の 話 を 聞 い た の だ っ た 。 元 夫 だ っ た ひ と と は 友 人 の 紹 介 で 知 り 合 い 、 そ の 年 な 電 話 を 切 っ て か ら み ど り は 、 八 重 樫 の 情 報 を 小 松 に 見 え な い よ ら ば 結 婚 あ り き の 交 際 も あ る の だ ろ う と 思 っ た こ と 、 み ど り の 両 う に 、 ト / 松 の 情 報 を 八 重 樫 に 見 え な い よ う に し て い る こ と に も ど 親 の 体 調 が 思 わ し く な く 、 教 習 所 よ り も 時 間 の 融 通 の 利 く 仕 事 を か し さ を 感 じ た 。 し な け れ ば な ら な い と 思 っ て い た 時 期 だ っ た こ と 。 結 婚 生 活 は 最 小 松 さ ん に 嘘 を つ い た わ け で は な い 。 初 は 順 調 だ っ た が 、 や が て 子 供 が 出 来 な い こ と で 夫 の 実 家 か ら 責 も ち ろ ん な に も か も す べ て な ん て 話 す 必 要 は な い 。 め ら れ 、 そ れ を 夫 が か ば っ て く れ な か っ た こ と が 離 婚 の 原 因 に な 人 を 傷 つ け る よ う な 嘘 さ え っ か な け れ ば 本 当 の こ と も 言 わ な く っ た こ と : : : 楽 し い 話 で は な か っ た が 、 み ど り が 信 頼 し て 話 し て て い い の だ 、 と 思 っ て い た 。 た ま に し か 会 わ な い ひ と な ら な ん の く れ て い る こ と が 嬉 し か っ た 。 影 響 も な い だ ろ う 。 だ が 、 今 の 職 業 の こ と を 小 松 に 黙 っ て い る の 「 苦 労 さ れ た ん で す ね 」 は 、 騙 し て い る よ う で 苦 し い の だ 。 話 し た と こ ろ で わ か っ て も ら 彼 女 が 話 し 終 え て 沈 黙 す る と 小 松 は 言 っ た 。 え る 仕 事 で は な い 。 印 象 が い い わ け が な い し 、 ど う か し た ら 詐 欺 だ と 思 わ れ る か も し れ な い 。 「 僕 な ん か 本 当 に 、 世 の 中 を 知 ら な く て 、 恥 ず か し い 」 「 男 の ひ と は 、 好 き な 仕 事 を さ れ て い る の が 一 番 で す よ 」 小 松 さ ん が 自 分 の こ と を 良 く 思 っ て く れ て い る の は わ か る け れ み ど り は 言 っ た 。 嘘 と ご ま か し に 満 ち た 暮 ら し を し て い る 自 分 は 釣 り 合 わ な い 「 ま あ そ う で す が 、 情 け な い こ と に 薄 給 で 誰 の こ と も 養 え ま せ ん 」 の で は な い か 。 「 変 な こ と 言 い ま す け ど 」 「 ど う ぞ 」 八 重 樫 が 居 酒 屋 で 働 い て い た の は ほ ん の 数 年 だ っ た 。 そ の あ と 「 年 か ら 言 っ た ら お か し い け れ ど 、 結 婚 な ん て ず っ と あ と で も い ( は 仙 台 に 出 て 、 本 人 日 く 金 融 の 仕 事 を し て い た ら し い 。 彼 女 が 結 ん じ ゃ な い で す か ? 私 は 中 途 半 端 で 失 敗 し た か ら そ う 思 い ま す 」 婚 相 手 と 出 会 っ た 頃 は 音 信 不 通 だ っ た 。 離 婚 し て す ぐ に ら 聞 き つ け た の か わ か ら な い が 連 絡 し て き た 。 い つ の 間 に か 似 合 へ え 、 と 小 松 は 思 っ た 。 も し か し て 、 ア リ な の か う よ う に な っ た ス 1 ツ 姿 で 黒 い レ ク サ ス に 乗 っ て や っ て 来 て 、 自 と 一 一 一 口 っ た 。 「 次 は 僕 か ら 電 話 し て も 、 か ま い ま せ ん か ? 」 分 の 会 社 で 新 し い 部 門 を 始 め た い の で 協 力 し て ほ し い 、 み ど り は 一 呼 吸 置 い て 、 「 も ち ろ ん 、 完 全 に 合 法 で す か ら 心 配 し な い で く だ さ い こ ん な 導 入 で 心 配 し な い わ け が な い 。 知 り 合 い と し て は 良 く て 小 松 と う さ ち ゃ ん 157

文藝 2015年 summer


ち 、 腰 の 両 側 に 手 を や っ て 背 を 反 ら せ て 伸 ば し 、 そ れ か ら 、 母 親 の 今 日 は も う 十 分 以 上 に 電 車 に 乗 っ て し ま っ た と 治 子 は 感 じ て い た 。 電 車 は 苦 手 だ っ た 。 と く に こ の 季 節 は そ の 感 覚 が 強 く な っ た 。 車 両 ケ イ に 電 話 を か け る 。 電 話 口 に 出 た 彼 女 に 、 取 り 返 し が っ の 扉 か 開 く た び に 、 そ こ に 入 っ て い っ て は い け よ い 、 「 メ ロ ン 、 好 き だ っ た よ ね ? 」 か な く な る 、 と 、 心 の な か の ど こ か で 強 く プ レ 1 キ か か か る 気 が す と 治 子 は 訊 く る 、 そ ん な と き が あ る 「 な に よ 、 藪 か ら 棒 に 。 こ ん な 夜 中 に あ の 春 の 月 曜 日 も 、 母 と 治 子 は 電 話 で 会 話 を し た 。 あ の と き は 公 「 ま だ そ ん な に 遅 く は な い よ 」 「 そ れ で 、 ど う な の 。 こ こ の と こ ろ 音 沙 汰 な か っ た け れ ど 、 元 気 で 衆 電 話 か ら 治 子 が か け た 。 十 代 だ っ た 治 子 は 、 そ の 日 、 三 月 二 十 日 は 春 休 み 前 の 最 後 の 登 校 日 だ っ た の だ が 、 前 々 日 の 土 曜 日 か ら 、 当 や っ て る の ? 」 時 ポ 1 イ フ レ ン ド だ っ た 大 学 生 の 部 屋 に 泊 ま っ て い た 。 母 親 に は 、 「 う ん 。 ま あ ま あ か な 」 高 校 の 同 級 生 の 女 友 た ち の 家 に い る と 嘘 を つ い て い た 。 そ の 友 人 の 「 あ な た じ ゃ な い わ よ 」 家 は 東 横 線 沿 い に あ っ た 。 だ か ら 朝 起 き て 、 そ こ か ら 学 校 に 向 か っ 「 あ あ 、 あ っ ち ね 」 て い っ た と す る と 、 中 目 黒 で 日 比 谷 線 に 乗 り 換 え る の が 普 通 だ っ た 。 「 あ っ ち 、 な ん て 、 そ ん な ふ う に 言 う も の じ ゃ あ り ま せ ん 」 そ の と お り で あ れ ば 、 そ の 電 車 で あ っ て も 、 お か し く は な か っ た 。 「 う ん 。 お 母 さ ん 、 メ ロ ン 、 食 べ た そ の 朝 、 ア リ バ イ 工 作 の つ も り で 、 大 学 生 が 住 む 武 蔵 境 か ら 母 に 「 お い し い の な ら ね 」 電 話 し た 治 子 は 、 そ の 場 で す べ て の 嘘 を 見 破 ら れ た 。 こ っ ぴ ど く 叱 「 持 っ て っ て あ げ る よ 」 ら れ る か と 覚 悟 を し た の だ が 、 そ う は な ら な か っ た 。 安 心 し た 、 と 「 あ ん ま り 遅 い と 、 わ た し は 休 ん で ま す か ら ー 母 は 言 っ た 。 そ し て 、 と り あ え ず こ と の 詳 細 が わ か っ て 落 ち 着 く ま 「 大 丈 夫 。 タ ク シ ー で 行 く か ら 」 ホ ー イ フ レ ン 贅 沢 な こ と 言 っ て ん じ ゃ な い の 、 と 母 に は た し な め ら れ た の だ が 、 で 、 い ま の そ の 居 所 か ら 動 く な と 治 子 に 指 示 を し た 。 : 。 想 像 ラ ジ オ 河 い と , フ せ い 一 」 一 フ 耳 を 澄 ま せ ば 、 彼 ら の 声 が 聞 こ え る は ず 。 ヒ ロ シ マ 、 ナ ガ サ キ 、 ト ウ キ ョ ウ 、 コ ウ べ 、 ト ウ ホ ク : 生 者 と 死 者 の 新 た な 関 係 を 描 い た 世 界 文 学 の 誕 生 。 ~ ~ ( 一 「 い と う せ い こ う 想 像 ラ ジ オ 》 ・ 450 円 十 税 ISBN 978 ー 4 ー 38 ー 41345 ー 7 河 出 書 房 新 社 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 2-32-2 tel. 03-3404-1201 www.kawade.co.jp

文藝 2015年 summer


「 い つ で す か ? く 。 ど ん な 感 じ ? っ て 言 う か ら 何 が ? っ て 返 す と 性 格 と か っ て 言 。 「 先 週 」 う か ら 、 あ っ さ り し て い る か な っ て 答 え た 。 「 何 に も 言 っ て な か っ た で す よ ね 」 そ う な ん だ っ て 客 は 感 心 し て 、 あ と は 無 口 に な っ た 。 客 の 上 に ま た が っ て シ ッ ク ス ナ イ ン の 形 で フ ィ ニ ッ シ ュ 。 み ゆ き は 自 分 が 「 そ う い う ャ ツ だ か ら 、 あ い つ 」 三 浦 は 誰 に も 言 わ ず に 辞 め て い っ た 。 舐 め ら れ て い る 時 に な ぜ か 夜 空 に そ び え る 鉄 塔 の 姿 を 思 い 出 し た 。 三 浦 が い っ か 言 っ て い た 言 葉 が 蘇 る 。 そ の 天 辺 か ら 見 ら れ て い る よ う な 感 覚 に 陥 っ た 。 そ ろ そ ろ 辞 め ど き か な と み ゆ き は ば ん や り と 感 じ て い た 「 こ こ は あ ま り 長 く い る と こ じ ゃ な い よ 」 「 そ う な ん で す か 」 「 あ あ 、 人 生 っ て こ ん な も ん か っ て 思 っ ち ゃ う し 。 俺 は い ろ ん な 仕 事 を 終 え て 渋 谷 の カ フ ェ に 入 る 。 窓 か ら 道 玄 坂 が 見 え る 。 ス 人 の 観 察 が 出 来 る か ら い る だ け だ か ら 。 演 技 の 勉 強 に も な る し 、 ク ラ ン ブ ル 交 差 点 に は 信 号 待 ち の 人 が ひ っ き り な し に 押 し 寄 せ る 。 ち ゃ ん み た い に 被 災 地 の コ も 見 れ る し 」 震 災 前 に 専 門 学 校 の 説 明 会 に 訪 れ た 時 、 ス タ バ か ら 眺 め た 人 の 群 「 ど う し て 分 か っ た ん で す か ? れ の 時 と は 違 う 風 景 に 感 じ た 。 「 こ こ に い る と い ろ ん な 人 に 会 う か ら 、 勘 で す 人 が 押 し 寄 せ る の は 海 の 波 の よ う だ 。 あ る 時 、 そ れ が 大 き な う し く 。 そ の う ね り 「 す ご い ね り と な っ て 押 し 寄 せ て 何 も か も を 飲 み 込 ん で 、 「 嘘 で す よ 。 こ の 間 、 バ ッ グ に 入 っ て い た バ ス の 半 券 見 ち ゃ っ た が 徐 々 に 大 き く な っ て さ ら に 飲 み 込 ん で い く 。 飲 み 込 ま れ た も の た ち の - フ ね り は さ ら な る う ね り に な り ど こ ま で も 追 い か け て く る ん で 」 「 な ん だ 」 家 が 裂 け る 音 や 木 々 が な ぎ 倒 さ れ る 音 、 堤 防 を 乗 り 越 え ど こ ま で い く 。 悲 し み ゆ き は 少 し 三 浦 に 裏 切 ら れ た 気 が し た 。 も 続 く う ね り は 轟 音 と と も に 次 々 と 全 て を 飲 み 込 ん で み も 喜 び も 怒 り も 苦 し み も 友 達 も 愛 す る 人 も 憎 ん で い る 人 も 苦 し そ の 日 の 最 初 の 客 は 、 新 し い 客 だ っ た 。 ん で い る 人 も 生 ま れ て く る 人 も 109 も 信 号 機 も ア デ イ ダ ス も 電 出 張 で 来 て 東 京 の デ リ へ ル っ て ど ん な も ん か っ て 呼 ん だ ら し い 。 車 も TSUTAYA も マ ッ ク も 夢 も 希 望 も 。 今 、 こ こ に あ る 全 て の も の を 。 出 身 は ? っ て 客 に 聞 か れ た か ら 適 当 に 静 岡 っ て 答 え た 。 す る と 、 静 岡 の ど こ ? っ て 聞 い て き た 。 嘘 が バ レ る と い け な い の で 、 静 岡 の ど こ 、 知 っ て ま す ? っ て 聞 い た ら 伊 豆 は 行 っ た こ と が あ る よ っ み ゆ き が そ ん な 風 景 か ら 目 を そ ら す と カ フ ェ の ガ ラ ス 窓 に 貼 ら て 言 う か ら 、 市 内 っ て 答 え る と 、 あ ー 行 っ た こ と な い っ て 言 わ れ れ た 一 枚 の 芝 居 の ポ ス タ 1 が 目 に 入 っ た 。 一 緒 に ぶ ら 下 が っ た チ て ほ っ と し た 。 静 岡 の 子 は 初 め て だ な っ て 独 り 言 の よ う に つ ぶ や ラ シ を 手 に 取 っ て 見 た

文藝 2015年 summer


逆 さ に 吊 る さ れ た 男 最 初 は 遠 慮 し て い た 。 で も 、 の こ と を 知 ろ う と す れ ば す る ほ ど 、 麻 原 彰 晃 を 知 り た く な っ た 。 下 世 話 な 好 奇 心 の 一 種 だ と 思 っ て い た 麻 原 と ア サ ハ ラ が 、 違 う か も し れ な い 。 の 内 臓 か ら 麻 原 彰 晃 を 引 っ 張 り 出 し た い 、 と い う 妙 な 衝 動 は 、 交 流 を 重 ね る ほ ど 強 く な っ て き て い る 。 次 回 は 、 麻 原 彰 晃 の こ と を 聞 か せ て く だ さ い そ う 手 紙 を 送 っ て 拘 置 所 に 向 っ た 。 こ の 日 の 面 会 時 間 は 十 五 分 ち 生 身 の 麻 原 を 見 た の は 一 度 き り 。 と 同 じ 地 下 鉄 サ リ ン 事 件 で 死 刑 判 決 を 受 け た 遠 藤 誠 一 の 公 判 に 、 麻 原 が 証 人 と し て 出 廷 し た 時 だ よ っ と 。 相 変 わ ら ず 短 い 。 無 意 味 に 短 す ぎ る 。 こ の 時 代 遅 灰 色 の ス ウ ェ ッ ト 姿 の む さ く る し い 男 は 、 目 を 閉 じ て 坐 っ て い た 死 刑 制 度 は 明 治 時 代 か ら ほ と ん ど 改 正 さ れ て い な い 。 れ の 制 度 を 「 え い や っ ! 」 と 改 革 で き る な ら 、 権 力 っ て 奴 を こ の 手 時 々 意 味 不 明 の 言 葉 を 叫 ん で は 、 裁 判 を 妨 害 し て い た 。 そ の 様 子 が 、 す ご く 嘘 臭 か っ た 。 と き に 英 語 で 妄 言 を 吐 く の だ か 、 こ の 英 語 に 握 っ て み た い も の だ 。 女 の 私 で す ら そ ん な 妄 想 を 抱 く の だ か ら 、 か 、 わ ざ と ら し く て た ま ら な い 。 狂 人 の 言 葉 は 壊 れ て い る か ら こ そ お 金 と 権 力 と 正 義 が 、 い か に 危 険 な 取 り 合 わ せ か わ か る 。 切 実 な は ず 。 麻 原 の 声 に は 、 自 意 識 が 混 じ っ て い た 。 そ の 自 意 識 が 面 会 時 間 が 短 い の で 、 質 問 は 事 前 に に 伝 え て お く 必 要 が あ っ た 。 特 に に と っ て 負 担 と な る 話 題 の 時 は 。 が 積 極 的 に 麻 原 彰 晃 に つ 私 の 自 意 識 と 共 鳴 し て 恥 ず か し い の だ 法 廷 の 端 っ こ で 身 体 を 揺 す っ て い る 麻 原 は 、 狂 気 の 河 を 必 死 で 漕 こ の 名 前 を の 前 に 差 し 出 す の は 、 い て 語 っ た こ と は 一 度 も な い 。 い で い る み た い だ っ た 。 こ の 人 は 自 作 自 演 で ぶ つ 壊 れ て 、 本 当 に 発 い つ も 私 だ 。 田 口 ラ 第 第 五 回 414

文藝 2015年 summer


ソ 連 が 崩 壊 し て い っ た か ら 「 あ あ 、 俺 の 住 ん で い る 場 所 は も う 終 わ っ 凄 い な ん て 、 年 代 を 通 し て ま っ そ の 入 れ 替 え の 時 期 だ っ た で し ょ や つ ば り こ っ ち 側 で よ か っ た ん だ て い く ん だ な と ひ し ひ し と 感 じ て た く 思 わ な か っ た ん で す 。 う 。 「 戦 後 思 想 」 か ら 「 現 代 思 想 」 な 」 く ら い の こ と で す ね 。 そ れ か い て 、 文 化 的 な も の は メ デ ィ ア に 斎 藤 た し か に 地 方 の 少 年 が 感 じ へ の ギ ア チ ェ ン ジ の 時 期 と も 言 え ら 、 バ ブ ル だ と か 言 っ て も 年 代 乗 っ て く る も の し か な か っ た ん で て い た 感 覚 と し て そ う だ っ た ろ う る と 思 い ま す 。 後 半 に な っ て か ら の こ と で す か ら 、 す よ ね 。 け れ ど 、 大 人 も 皆 そ う だ っ た と 思 平 野 あ と 、 そ れ ま で は 中 国 と か 前 半 と 後 半 で す い ぶ ん 違 う と 思 う 斎 藤 そ う か 、 博 多 と は だ い ぶ 違 い ま す よ ね 。 東 京 で も 地 方 で も 。 韓 国 の こ と を あ ま り 意 識 し て 考 え だ か ら 『 ジ ャ 。 、 ン ・ ア ズ ・ ナ ン バ ん で す よ 。 バ ブ ル 崩 壊 後 か ら の 不 う の か も し れ な い な 。 て い な か っ た ん で す け ど 、 ち ょ う 景 気 で 、 就 職 と か 割 を 食 っ た 世 代 平 野 全 然 違 い ま す ね 。 ー ワ ン 』 は 、 「 え え ! 嘘 で し よ ど の 工 業 製 品 な ど が 北 九 だ と い う こ と に 我 々 は な っ て い ま 」 み た い な 感 じ で ベ ス ト セ ラ ー 州 の 方 に 入 っ て き て 、 た と え ば 携 す か ら 、 後 か ら の 恨 み つ ら み を 含 年 代 の イ ン チ キ く さ さ に な っ た ん だ と 思 う ん で す よ 。 ま 帯 音 楽 。 フ レ ー ヤ ー の 性 能 が ソ ニ ー め た 回 想 の 仕 方 に な り が ち で す ね 。 さ に 文 化 は 不 毛 で 、 映 画 な ん て ダ と か に 比 べ る と 悪 い と か 。 そ れ で 、 成 田 文 化 に つ い て も 、 僕 な ど は 、 平 野 今 よ く 中 国 な ど で バ ッ タ も サ い の に 、 「 ま さ か ! 」 と 。 あ の へ ん は 遅 れ て い る ん だ な み た ア メ リ カ は 遠 く に あ っ て 触 っ て い ん の ミ ッ キ ー マ ウ ス と か を 見 て 若 成 田 そ う で す ね 。 思 想 の 面 で 言 い な こ と を 、 な ん と な く 感 じ ま し く も の だ と 思 っ て い ま し た け れ ど 、 い 子 た ち が 馬 鹿 に し て い ま す け ど 、 え ば 、 「 戦 後 思 想 」 が そ う い う 意 た 。 だ け ど 、 差 別 意 識 と か ま で に 、 、 よ 、 つ こ 0 平 野 さ ん は も う 体 に 染 み 込 ん で い あ ん な の は 僕 が 子 ど も の 時 、 味 づ け を し 、 日 本 の 近 代 は ま だ 未 よ る ( 笑 ) 。 世 代 な の で し よ う が 、 ら で も あ っ た 。 ガ ン ダ ム な の か 何 完 成 で 、 あ り う べ き 近 代 に 達 し な そ れ か ら 、 年 代 の 「 嘘 」 と い べ ー ス が す い ぶ ん 違 う よ う な 感 じ な の か わ か ら な い ロ ポ ッ ト と か 。 け れ ば な ら な い と 発 破 を か け て い う こ と で い う と 、 。 フ ロ レ ス で す ね 。 が し ま す ね 。 駄 菓 子 屋 で マ イ ケ ル ・ ジ ャ ク ソ ン ま し た 。 日 本 の 文 化 は ま だ 本 物 で ち ょ う ど プ ロ レ ス 世 代 な ん で 、 斎 藤 も う そ こ に あ る と い う 感 じ 。 の サ イ ン を 売 っ て い る と か ( 笑 ) 。 は な い 、 と い う 意 識 が 強 く あ っ た 年 代 に な っ て 。 フ ロ レ ス が フ ェ イ ク だ と わ か っ た 時 に 、 け っ こ う シ ョ 音 楽 に し て も 消 費 文 化 に し て も 。 経 済 大 国 と い う 面 と イ ン チ キ く さ と 思 い ま す 。 平 野 北 九 州 み た い な 街 は 寂 れ ゆ い 面 と 、 両 方 あ っ た 。 だ か ら 今 、 斎 藤 明 治 時 代 と 一 緒 で す ね 。 追 ッ ク を 受 け た ん で す 。 年 代 は 情 考 く エ 場 都 市 な ん で す よ ね 。 第 二 次 日 本 が 凄 い と 思 い 込 ん で い る 人 た い つ け 追 い 越 せ で 、 い っ か 追 い っ 報 も 少 な か っ た し 、 フ ェ イ ク と リ 再 年 い た と 錯 覚 す る 日 が 来 る ん だ け れ ア ル な も の と が 、 か な り 曖 昧 だ っ 産 業 の 時 代 が も う 終 わ り つ つ あ る ち っ て 、 部 年 代 く ら い ま で か ろ う た と 思 う ん で す 。 し か し 、 ネ ッ ト 中 で 、 実 際 に 鉄 冷 え と 盛 ん に 言 わ じ て あ っ た 日 本 の 嘘 く さ さ み た い ど も 、 ま だ 年 代 は 追 い つ い て い が 出 て く る と 「 全 部 、 打 ち 合 わ せ れ 、 第 三 次 産 業 が 盛 ん な 博 多 の 方 な も の を 知 ら な い 世 代 な の か な と な い と 思 っ て い た 。 は ど ん ど ん 発 展 し て い き ま し た 。 思 い ま す ね 。 僕 は 日 本 が 文 化 的 に 成 田 ま さ に 、 年 代 が ち ょ う ど を し て い る 」 と か 暴 露 さ れ 始 め た 。 46 ラ

文藝 2015年 summer


霧 生 は 諦 め た 。 未 来 系 に 参 加 し よ う が し ま い が 、 決 行 の 時 以 外 「 他 の お 客 さ ん が い な い か ら 、 こ こ で こ う し て 穏 や か に 話 し 合 い の す べ て の こ と は 些 細 な こ と だ っ た 。 霧 生 に も は や 選 択 肢 は な い し て ら れ る ん で ね 。 で も い つ お 客 さ ん が 来 な い と も 限 ら な い か ら 、 し い 加 減 、 こ こ 、 出 ま し よ う か 、 窓 崎 さ ん 」 純 喫 茶 「 フ リ ー ジ ア 」 か ら 、 コ ー ヒ 1 が 運 ば れ て き た と き に ソ 白 河 の 言 葉 に 、 オ ヤ ジ は ギ ョ ッ と し て 未 来 系 の 面 々 を 見 た 。 霧 ー サ ー に あ ふ れ て い た と ク レ 1 ム を つ け て 大 騒 ぎ し て い る 老 年 客 生 も ギ ョ ッ と し て い た が 、 態 度 に は 表 さ な い よ う に し た 。 か い る の で 仲 裁 し て ほ し い 、 と ヘ ル プ が 来 た と い う 。 そ の 程 度 で ? 「 お 宅 、 近 く で し よ 。 そ っ ち 行 っ て 続 き の 話 し 合 い し ま し よ う か と 思 わ な い で も な か っ た が 、 と に か く コ 1 ル が あ っ た ら 予 断 を 持 ハ ク 1 か 強 引 に 席 を 立 た せ よ う と す る 。 窓 崎 は 反 射 的 に 椅 子 に た ず に 駆 け つ け る べ し と い う の が 未 来 系 の 鉄 則 と い う こ と だ っ た 。 し が み つ い た カ 、 、 ハ ク ー と 白 河 が 指 を 一 本 一 本 は が そ う と し 、 そ 現 場 に は す で に バ ク 1 と 白 河 が い た 。 そ の 老 年 客 の 言 い 分 は 、 の カ の 強 さ に 小 さ く 悲 鳴 を 上 げ 、 自 分 か ら 立 ち 上 が っ た 。 「 ひ と こ と 謝 っ て く れ 、 と 言 っ て る だ け な ん だ よ 」 と い う こ と だ 「 コ 1 ヒ 1 代 は 後 で 払 っ て も ら い ま す ん で 」 と バ ク ー が 田 居 さ ん っ た 。 「 コ 1 ヒ ー を こ ば さ ず に 持 っ て く る の は 当 然 の こ と だ ろ 。 ( い よ 、 こ の 店 に 出 入 り 禁 止 に し て く れ れ ば 」 に 一 一 一 一 口 , フ と 、 「 も 、 フ 、 だ か ら 汚 し て る こ と を 指 摘 し た ら 、 コ 1 ヒ 1 が こ ば れ る こ と ぐ ら と 田 居 さ ん は 追 い 払 う よ う な 身 振 り で 答 え た 。 い 普 通 だ 、 そ ん な こ と で い ち い ち い ち ゃ も ん つ け る な ん て ク レ 1 未 来 系 が 自 宅 ま で 連 行 す る 間 、 青 ざ め た 窓 崎 は 黙 っ て 連 れ ら れ マ ー だ 、 っ て 言 わ れ た か ら 、 こ っ ち も あ っ た ま 来 ち ゃ っ て さ 。 そ る が ま ま に な っ て い た 。 松 保 駅 を 越 え 、 松 保 神 社 と 通 り を 挟 ん で の 不 愉 快 な 態 度 を 謝 っ て く れ っ て 言 っ て ん だ よ 」 右 側 の プ ロ ッ ク の 松 保 一 丁 目 内 に 、 窓 崎 の ア パ 1 ト は あ っ た 。 窓 霧 生 に は 、 店 の 対 応 も 悪 い よ う に 聞 こ え た 。 だ が 、 マ ス タ 1 の 崎 が 鍵 を 開 け て い る 玄 関 の 扉 を 見 て 、 霧 生 は 心 臓 が 縮 む 思 い が し 田 居 さ ん は 、 「 ず っ と こ の 調 子 で 嘘 つ く ん で す よ 」 と パ イ プ を ふ た 。 失 格 住 民 を 表 す 「 ロ ー マ 1 ク が 、 落 書 き の よ う に ス プ レ 1 で か し な が ら 言 う 。 「 ち よ く ち よ く 来 ち ゃ あ 、 こ の 調 子 で メ チ ャ ク 大 き く 描 い て あ る 。 も は や 、 下 方 の 隅 に 描 く と い っ た 、 目 立 た せ チ ャ な 要 求 し て ね 」 な い た め の 配 慮 す ら な い 。 デ ィ ス ラ 1 の 偽 ビ ラ の 時 と 同 じ く 、 や 、 ハ ク 1 と 白 河 は 、 「 言 い 訳 は 惨 め に な る だ け で し よ う 。 そ ち ら は り こ の ト ラ ブ ル 自 体 が 仕 組 ま れ た も の だ っ た の だ 。 こ そ 謝 っ ち ゃ い な さ い よ 。 そ れ で 丸 く 収 ま る ん だ し 」 と 諭 す 。 老 部 屋 に 入 る と 、 バ ク 1 と 白 河 は 、 窓 崎 に 松 保 か ら 出 て 行 く よ う 、 年 客 は 顔 を 赤 く し な が ら 、 「 そ れ は 筋 が 通 ら な い よ 、 嘘 つ い て る 脅 し た 。 こ れ か ら も あ ん た が 行 く と こ ろ に は 、 未 来 系 が い つ で も の は マ ス タ ー だ よ 、 や っ て も な い こ と の 謝 罪 な ん か で き る か い 、 現 れ る か ら 、 未 来 系 の 姿 を 見 た く な か っ た ら 松 保 の 外 に 住 む し か 、 と 言 っ た 。 我 々 の 地 域 活 動 は 地 元 の 交 番 と 連 携 し て い る か 謝 っ て も ら う の は こ っ ち な ん だ か ら 。 何 だ よ 、 他 に 客 が い な い か ら っ て 、 多 勢 に 無 勢 で 寄 っ て た か っ て 言 い が か り つ け て 。 こ う な ら 、 警 察 に 頼 ろ う と 思 っ て も 逆 効 果 だ 。 未 来 系 が 要 注 意 人 物 と 認 っ た ら 俺 だ っ て 意 地 で も 謝 っ て も ら う か ら な 」 と 激 高 し て く る 。 定 し た 者 は 、 松 保 神 社 交 番 に も 届 け 出 て あ る か ら 、 警 察 に と っ て ↓ 6 い 」 さ き 文 呪

文藝 2015年 summer


ん そ れ で 僻 ん だ り 、 う さ ち ゃ ん の こ と を 不 当 に 貶 す つ も り は な い 。 ら 見 舞 い に 来 た 古 い 友 人 」 を 演 じ て 懐 か し い 雰 囲 気 を 作 る 。 あ れ は 気 持 ち の い い 男 だ か ら 。 「 大 晦 日 だ け は 消 灯 が 十 一 一 時 に な る ん だ よ ね 」 こ ん な 薄 給 じ や 家 族 を 養 う こ と も 子 供 を 持 っ こ と も で き な い 。 妻 に 先 立 た れ た ク ラ イ ア ン ト が 言 う 。 し か し 結 婚 で き な か っ た の は 、 そ も そ も 自 分 に そ れ だ け の 魅 力 も 「 コ ミ ュ ニ テ ィ ル 1 ム で 紅 白 見 る ん だ け ど 、 そ れ も 人 数 が い な い や る 気 も 備 わ っ て い な か っ た か ら だ 。 実 家 か ら 出 な か っ た の も べ か ら か え っ て さ び し く て ね 。 日 付 が 変 わ っ て お め で と う な ん て 言 ッ ト の 事 情 が あ っ た わ け だ し 、 そ れ も 自 分 の 責 任 で あ る 。 諦 め は っ て も 、 お め で た く は な い わ い ね ー つ い て い た の だ 子 供 も 孫 も い る の に 、 滅 多 に 見 舞 い に な ど 来 な い 。 そ れ は 自 分 こ れ は う さ ち ゃ ん で は な い け れ ど 、 最 近 無 性 に 腹 が 立 つ の は 、 が 家 族 を 顧 み ず に 働 い て き た 因 果 だ か ら 、 と 言 う 。 力 の な い 瞼 か 「 人 生 は 一 度 し か な い ん だ か ら 」 と 言 う や つ の し た り 顔 だ 。 こ ん ら 、 驚 く ほ ど き れ い な 涙 が 一 粒 流 れ て 、 枕 カ バ ー に 染 み こ ん で い つ 、 0 な 人 生 二 度 と あ っ て た ま る か と 言 い た い 、 こ と あ っ た ? 「 ま た い つ で も 、 呼 ん で く だ さ い ね ー 「 小 松 さ ん 、 な ん か い ( リ ビ 1 タ 1 に は 応 じ る が 、 同 じ 病 院 で の 掛 け 持 ち は 避 け て い る 。 唐 突 に 大 将 が 言 っ た の で 小 松 は 面 く ら っ た 。 今 日 の 予 定 は 聖 路 加 病 院 、 逓 信 病 院 、 女 子 医 大 東 医 療 セ ン タ 1 で あ る 。 二 日 は 柏 の が ん セ ン タ 1 か ら 埼 玉 県 内 を 回 る こ と に な っ て ク リ ス マ ス か ら 年 末 年 始 に か け て 「 見 舞 い 屋 ー は と て も 忙 し い 最 も 深 い 需 要 が そ の 時 期 に 集 中 す る か ら だ 。 正 月 を 病 院 で 過 ご す い る 。 八 重 樫 の 黒 い レ ク サ ス の ト ラ ン ク に は 、 数 種 類 の 段 ボ 1 ル の は さ び し い も の だ 。 軽 症 の 患 者 は 家 族 に 付 き 添 わ れ て 外 泊 し て が 入 っ て い て 、 そ こ に は 菓 子 や き れ い な タ オ ル や 本 と い っ た 無 難 し ま い 、 動 き が 取 れ な い 者 と 帰 る 家 の な い 者 が 残 さ れ る 。 十 二 月 な お 見 舞 い と 、 個 別 に リ ク エ ス ト さ れ た 別 注 の プ レ ゼ ン ト が 詰 め は 亡 く な る ひ と も ほ か の 月 よ り 多 い よ う だ 。 大 部 屋 で 寝 て ば か り 込 ま れ て い る 。 か れ は 自 分 の こ と を 「 代 引 き の サ ン タ ク ロ 1 ス ー だ っ た ひ と の 周 り が 突 然 慌 た だ し く な り 、 ス ト レ ッ チ ャ 1 が 来 て と 呼 ぶ 。 搬 送 さ れ て 、 そ し て 戻 っ て は こ な い 。 年 末 年 始 は ゲ 1 ム も 休 戦 モ 1 ド と な る 。 敵 地 へ の す べ て の 攻 撃 個 室 で 入 院 し て い る 者 に も 外 部 の 静 け さ が 否 応 な く 忍 び 寄 る 。 人 影 の 少 な い 病 院 に い る 者 は 、 家 族 に せ よ 友 人 に せ よ 同 僚 に せ よ 、 は 無 効 と な る 。 敵 の 配 下 に 下 っ た 同 盟 員 の 救 出 に 向 か い た い と こ ろ だ が そ れ も か な わ な い 。 繰 り 返 し 身 近 な 人 間 の 不 在 を 数 え る し か な い 大 戦 争 を じ っ く り 分 析 す る こ と も で き 嘘 て も し い か ら 誰 か に 来 て ほ し い と い う 切 実 さ に 、 嘘 を 提 供 す ず 、 盟 主 う さ び よ ん は 退 屈 し て い た 。 る の が み ど り の 仕 事 で あ る 。 「 お 世 話 に な っ た 部 下 の 妻 ー や 「 こ 上 の 娘 は 大 学 の 友 達 と 九 州 旅 行 に 出 か け て い て 、 下 の 娘 は 高 校 ん な と き に し か 休 め な い 後 輩 ー や 、 「 正 月 で 故 郷 に 戻 っ て き た か の 友 達 と 初 詣 に 行 っ て し ま っ た 。 か み さ ん は ニ ュ 1 イ ヤ 1 駅 伝 を 巧 0

文藝 2015年 summer


分 が デ リ へ ル で 稼 い だ お 金 。 コ ン ビ ニ か ら 歩 い て 二 つ 目 の 角 を 右 修 は お そ る お そ る 仔 大 を 抱 き 上 げ た 。 に 曲 が る と 、 ペ ッ ト シ ョ ッ プ の 看 板 が 見 え た 。 前 か ら 気 に な っ て 「 ダ メ か な 」 い た 生 後 一 二 ヶ 月 の 白 と 茶 色 の パ ピ ョ ン が シ ョ ー ウ イ ン ド ウ の 中 の 「 ダ メ じ ゃ な い け ど 」 ケ 1 ジ に ( ナ ノ 、 ピ ョ ン の ケ 1 ジ の 前 に 行 く と 、 う っ す ら と 目 を 仔 大 は 震 え な が ら も 鼻 を ビ ク ビ ク さ せ て い た 。 開 け て み ゆ き を 見 つ め て 大 き く 欠 伸 を し た 。 「 ど っ ち だ ? 」 「 何 ? 段 ボ ー ル 箱 に 入 れ ら れ た 大 を 連 れ て 帰 る と 、 修 は 新 聞 を 読 ん で 修 は み ゆ き か ら 仔 大 を 受 け 取 る と 抱 き 上 げ て 覗 き 込 ん だ 。 「 メ ス か 」 玄 関 の 狭 い 三 和 土 に 段 ボ 1 ル を 置 く 。 大 は 箱 の 中 か ら そ っ と 周 「 う ち で 飼 っ て も い し り を 見 回 し て い る 。 仔 大 が 修 を ま じ ま じ と 見 て い る 。 「 ま あ ー 修 は 新 聞 か ら 顔 を 上 げ る と 、 「 ど う し た ? 」 修 は 仔 大 を ゆ っ く り と 床 に お い た 。 仔 大 は 短 く 細 く 鳴 い こ 。 と い ぶ か し げ に こ ち ら を 見 た 。 そ し て み ゆ き は 、 い つ も の よ う に 父 の 朝 食 の 用 意 を す る た め に 「 捨 て ら れ て い た み た い 米 を 研 ぎ 始 め る 。 と 、 用 意 し て た 嘘 を 言 う 。 「 駅 の 近 く の 公 園 」 「 あ ん な と こ に 捨 て る や つ が い る ん だ 」 修 は 半 信 半 疑 で 立 ち 上 が り 仔 大 に 近 づ い た 「 何 ヶ 月 だ ? 」 「 三 ヶ 月 く ら い か な 」 「 三 ヶ 月 っ て 、 ま だ 赤 ち ゃ ん だ ろ う 。 大 丈 夫 な の か ? と 修 は 心 配 そ う に 仔 大 の 顔 を 覗 く 「 大 用 の ミ ル ク 売 っ て い る か ら 。 そ れ に 役 所 に 行 く 前 に 保 健 所 寄 っ て 調 べ て も ら う 」 「 う ん 」 0 2 6

文藝 2015年 summer


店 畳 む の は も う ち ょ っ と 待 っ て く れ っ て 図 領 さ ん が 言 う か ら 、 し 野 瓜 さ ん は 非 難 の ま な ざ し を 変 え ず に う な ず き 、 「 設 備 も 老 い ば ら く 延 ば し て き た ん だ け ど さ 、 も う 無 理 に な っ た か ら っ て ん で 、 ば れ ち ゃ っ た し 、 真 新 し い 機 械 を 入 れ て 、 若 い 人 に ア ッ ピ 1 ル で が つ く り き ち ゃ っ た よ 」 き る 見 て く れ に す る ん だ と さ 」 と 、 ど こ か 投 げ や り に 言 っ た 。 「 は あ ? そ ん な こ と 初 耳 で す よ ー ほ ん と に 図 領 が 言 っ た ん で 「 そ れ も 図 領 の 指 示 で す か ? す か ? 」 「 図 領 さ ん は よ く 相 談 に 乗 っ て く れ る よ 。 若 い 人 が 考 え て く れ な 「 そ う だ よ 、 あ ん た に 話 持 ち か け た ら や る 気 に な り か け て る か ら 、 い と 、 う ち ら の 考 え じ や 時 代 に 合 わ な い か ら ね 。 み ん な が 図 領 さ 少 し 待 っ て く れ っ て 。 デ リ ケ 1 ト な 話 だ か ら 、 う ち ら か ら は あ ん ん み た く や っ て く れ り ゃ あ ね え 。 で も 図 領 さ ん の 努 力 も 実 っ て 松 た に 話 さ な い で 、 図 領 さ ん に 説 得 は 任 し て れ ば 、 う ま く い く っ て 保 商 店 街 も 元 気 出 て き た か ら 、 私 た ち も 心 お き な く 隠 居 で き る の 一 一 一 口 , フ か ら さ 。 知 ら な い 人 に 継 い で も ら - フ よ 力 い く ら も し い カ ら は 、 ほ ん と よ か っ た 」 ね 、 喜 ん で た ん だ よ 。 や つ ば り 豆 腐 じ ゃ 、 若 い 人 に は 野 暮 っ た い 商 店 街 よ り 先 に お 陀 仏 に な れ ま す ね 、 と 言 い た か っ た が 、 も は か ね ? や そ ん な 冗 談 を 言 い 合 え る 信 頼 は な い の だ と 悲 し く 思 い 、 霧 生 は 「 そ ん な こ と 全 然 な い で す よ 。 そ れ 以 前 に 、 ば く は 図 領 か ら そ ん ま た 図 領 へ の 殺 意 を 膨 れ あ が ら せ た 。 そ れ と 同 時 に 、 自 分 は も う な 話 ひ と 言 も 聞 い て ま せ ん か ら 」 お 払 い 箱 な ん だ ろ う か 、 と も 思 っ た 。 豆 腐 店 の 代 替 わ り を 図 領 が す ず 伝 え て こ な か っ た の は 、 も は や 霧 生 に は 関 係 の な い 話 だ か ら で は 「 そ れ は 嘘 だ よ 、 涼 ち ゃ ん と も 会 っ た っ て 、 涼 ち ゃ ん か ら 聞 い た な い の か オ 1 ナ 1 に な っ て く れ れ ば い い 、 な ど と 言 っ て い た け 霧 生 の 中 で 、 図 領 へ の 殺 意 が 破 裂 し た 。 れ ど 、 そ れ も も う 解 決 し た と い う こ と か も し か し て 、 こ の ま ま 失 格 住 民 に 認 定 さ れ る の か も し れ な い な 、 「 あ あ 、 そ の 話 で す か 。 そ れ は ば く も 涼 世 さ ん も 乗 り 気 じ ゃ な い の で 、 無 理 で す よ 」 激 高 を 抑 え て 、 努 め て 平 静 に 答 え よ う と す る と 霧 生 は っ た 。 商 店 組 合 の み ん な も 、 野 瓜 さ ん の よ う に 、 よ そ よ そ し く な る だ ろ う 。 未 来 系 は ト ラ ブ ル を 捏 造 し て 、 霧 生 を 松 保 が 、 体 は わ な な い て い る 。 つ ら く さ せ る だ ろ う 。 「 そ れ は 知 っ て る 、 涼 ち ゃ ん も 言 っ て た か ら ね ー も う 時 間 は あ ま り 残 さ れ て い な い こ ち ら か ら 仕 掛 け る し か な 「 お 豆 腐 屋 さ ん の 将 来 の こ と に つ い て 図 領 か ら 話 が あ っ た の は 、 そ の と き だ け で す 」 「 そ れ は お か し い ね え 。 ど っ ち か が 嘘 つ い て る こ と に な る ね 」 野 瓜 さ ん は 、 霧 生 へ の 疑 い を 丸 出 し に し た 声 と 目 つ き で 言 っ た 。 大 伏 2 「 そ れ で 、 お 豆 腐 屋 さ ん は 、 誰 か 新 し い 人 が 継 ぐ ん で す か ? 」 霧 発 伏 鹹 の ス マ 1 ト フ ォ ン に 霧 生 か ら メ ッ セ 1 ジ が 届 い た の は 、 生 は か ま わ ず に 尋 ね た