検索 - みる会図書館

検索対象: 新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦から 414件ヒットしました。

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


目 次 第 一 章 米 ソ 密 約 と 、 つ し ょ 第 二 章 島 嶼 守 備 隊 第 三 章 占 守 島 の 戦 い 第 四 章 千 島 海 戦 第 五 章 壮 烈 、 士 魂 連 隊 第 六 章 レ ッ ド ・ リ ス ト 第 七 章 ジ ョ ン ス ト ン 島 沖 海 戦 第 八 章 西 海 岸 航 空 戦 第 九 章 ロ ス ア ラ モ ス 428 370 313 269 206 153 101 53

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


昭 和 加 年 日 米 開 戦 一 ) 新 東 亜 大 戦 ① 軍 令 部 総 長 に 就 任 し た 山 本 五 十 六 が 日 米 戦 争 回 避 を 天 皇 に 内 々 に 奏 上 。 東 条 総 理 は 天 皇 の 真 意 を 知 り 、 戦 争 回 避 に 動 き だ し た が ・ : 新 東 亜 大 戦 ② ラ バ ウ ル 攻 防 戦 マ 1 シ ャ ル 諸 島 へ の 陽 動 作 戦 を 見 抜 か れ た 米 軍 は ラ バ ウ ル の 基 地 化 に 着 手 。 日 本 軍 は 第 七 ・ 第 九 航 戦 に よ る 急 襲 を 決 行 し 激 闘 が 勃 発 ! 新 東 亜 大 戦 3 ハ ワ イ 沖 大 海 戦 一 - 火 力 と 隻 数 に 勝 る 米 艦 隊 を 相 手 に 、 絶 対 的 不 利 を 克 服 す べ く 小 沢 聯 合 艦 隊 司 令 長 官 と 草 鹿 参 謀 長 が 策 案 し た 航 空 機 に よ る 邀 撃 と は 1945 全 3 巻 覇 権 大 戦 四 シ ベ リ ア 空 爆 作 戦 ② 日 米 英 連 合 艦 隊 の 強 襲 3 東 欧 進 攻 最 終 作 戦 ! ; ッ イ 第 落 ,

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


い が 、 沈 め ら れ ず に 生 き 残 る こ と は 不 可 能 で は な い 。 「 さ す が 、 無 頼 艦 長 の 異 名 に 偽 り は な い が 、 あ の 艦 長 は 面 白 い 戦 い 方 を 、 よ く ぞ 思 い つ い た も の だ : : : 俺 も 靖 国 行 き は 、 ま だ 先 だ な : そ ん な こ と を 呟 い て い る う ち に 、 野 上 艦 長 も 寝 入 っ て い た 。 翌 朝 、 幌 筵 島 南 方 の 沖 合 に 達 し た 九 九 駆 逐 隊 は 、 幌 筵 通 信 隊 と 交 信 し て 、 最 新 情 報 を 入 手 し た 。 幌 筵 島 か ら 発 進 す る 陸 軍 の 司 偵 に よ れ ば 、 竹 田 浜 の 沖 合 に は 、 多 数 の 敵 船 舶 や 舟 艇 が お り 、 海 岸 部 で は す で に 大 規 模 な 海 岸 堡 を 確 保 し て い る 模 様 だ 。 た だ 占 守 島 守 備 隊 も 、 各 高 地 に 設 け た 陣 地 を 確 保 し て お り 、 こ こ を 拠 点 に 奮 戦 中 の 模 様 で 、 特 に 野 戦 重 砲 の 砲 撃 で 敵 舟 艇 を 多 数 破 壊 し た ら し い 。 戦 だ が 敵 軍 も 、 第 2 梯 団 の 上 陸 に 成 功 し 、 戦 車 や 自 走 砲 を 含 む 装 甲 車 両 を 揚 陸 し て 、 海 内 陸 部 へ の 攻 撃 に 投 入 し て い る 。 島 千 そ れ で も 敵 軍 は 、 切 り 札 と な る 野 戦 重 砲 や 増 援 部 隊 の 上 陸 に は 、 ま だ 手 間 取 っ て い 章 る 。 四 第 こ れ は 竹 田 浜 の 浜 辺 が 狭 い こ と に 加 え て 、 竹 田 浜 の 正 面 に 当 た る 高 地 が 、 い ま だ 帝 國 陸 軍 の 手 に あ っ て 、 陥 落 し て い な い か ら だ 。

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


369 第 七 章 ジ ョ ン ス ト ン 島 沖 海 戦 だ が こ れ ら の 隠 密 行 動 に 従 事 す る 潜 水 艦 が 、 こ の 数 週 間 を 境 に し て 、 次 々 と 連 絡 を 絶 っ て い た の だ 。 出 撃 し た 偵 察 機 は 未 帰 投 、 潜 水 艦 は 消 息 を 絶 っ 状 態 で は 、 あ る 意 味 で は 目 と 耳 を 封 じ ら れ た の に 等 し か っ た 。 た だ そ の 原 因 が 、 新 型 哨 戒 機 の 投 入 と 、 海 上 護 衛 総 隊 か ら 相 当 数 引 き 抜 か れ た 対 潜 捜 索 掃 討 隊 の 仕 業 だ と は 、 予 想 も し な か っ た ろ う 。 と に か く 聯 合 艦 隊 が 企 ん だ 作 戦 は 、 ま ず 米 陸 海 軍 の 耳 と 目 を 奪 う こ と が 、 手 始 め だ っ た の だ 。

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


125 先 し め た の 着 こ か 続 員 際 は し 話 が も ろ し り の 撃 り 色 の な 短 抜 状 を の た の 海 救 は 出 な 空 戦 連 集 で し 製 成 出 て の 闘 戦 し 撃 し 、 日 本 て で 戒 は 闘 た で た し は 海 状 損 カ の 陸 し 航 軍 千 か か 続 航 あ 機 の ん は 機 も え 離 搭 個 ~ 羊 の 戦 っ く 上 飛 つ わ 行 の 代 上 少 が 苦 攻 将 隊 足 あ - つ 手 っ た の よ 空 理 っ で を 要 お 求 沖 ム べ が の ロ 着 団 パ す は か の 攻 フ を む の た 唯 あ て っ 第 三 章 尢 軍 カ ゞ 撃 し . 北 る 占 守 島 の 戦 い た ス た カ ム ツ キ 1 隊 機 し 遣 さ て い 間 と っ か や く 。 機 よ 峡 島 ら 使 尢 グ な は で 、 き っ だ ま た の な っ な 襲 な や . 撃 も 対 で た は う 上 の 態 哨 機 不 か き コ た め し 赤 海 軍 足 巨 カ ゞ て 短 フ ヴ オ チ キ ン La 7 で あ っ た 。 ク だ こ 装 そ し 航 人 実 て つ あ で で 留 距 を る 団 れ ノ セ 航 続 距 が 長 く 落 下 増 槽 を 胴 体 下 面 ・ 待 チ か さ ヤ な ま そ 、 現 を 闘 機 交 連 不 で ー を 新 個 補 オ っ 増 た 飛 援 め 行 と に 連 派 ト 到 れ プ る ロ 米 。 は 製 亠 、 戦 援 た な 少 、 連 か な の 、 隊 な 戦 闘 と た と ド 家 し 軍 で 耗 使 数 ら が 力 機 に か れ 戦 闘 護 い で 国 き 船 ま 離 引 こ 出 の し 、 。 ソ て は 料 存 ら 千 島 海 峡 上 尢 は 短 時 隊 、 再 残 で 被 の け を オ ど 燃 隊 損 載 中 大 で 闘 る 機 戦 き き と い 況 断 は 哇 : 。 個 戦 闘 機 隊 か ら 残 存 機

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


つ ま り 時 間 切 れ と は 、 翌 日 未 明 に ジ ョ ン ス ト ン 島 沖 合 に 、 聯 合 艦 隊 が 姿 を 現 し て 、 ま も な く 、 上 陸 作 戦 が 始 ま っ た の だ 。 空 母 か ら 発 進 し た 流 星 改 の 編 隊 が 、 ま す は 急 降 下 爆 撃 と 噴 進 弾 攻 撃 で 、 沿 岸 砲 台 と 陣 地 の 大 半 を 、 短 時 間 で 沈 黙 さ せ た 。 さ ら に 沖 合 か ら は 、 重 巡 洋 艦 が 艦 砲 射 撃 を お こ な い 、 上 陸 予 定 地 域 の 砂 浜 に 埋 め ら れ た 地 雷 の ほ と ん ど を 、 次 々 と 誘 爆 さ せ て い る 。 事 前 の 偵 察 で ジ ョ ン ス ト ン 島 に は 、 水 際 で の 機 雷 の 敷 設 は 、 ま っ た く 確 認 さ れ て い な か っ た 。 戦 そ こ で 通 称 ・ 特 三 式 内 火 艇 カ チ 及 び 、 特 五 式 内 火 艇 ト ク と 呼 ば れ る 水 陸 両 用 戦 車 が 、 海 上 陸 用 舟 艇 大 発 と 一 緒 に 海 岸 へ 揚 陸 す る 。 島 こ う し た 特 内 火 艇 は 、 一 式 中 戦 車 に も 似 た 装 甲 車 両 で 、 防 弾 装 甲 や 主 砲 は 、 米 軍 の ン 中 戦 車 に 比 べ る と 、 や は り 貧 弱 で あ る 。 ス ン そ れ で も 最 近 の カ チ 車 は 備 砲 を 、 五 七 ミ リ 長 砲 身 砲 に 変 更 し た カ チ Ⅱ 、 ト ク 車 も 九 ジ 〇 式 野 砲 を 転 用 し た 七 五 ミ リ ( 三 式 七 五 ミ リ ) 砲 に 積 み 換 え た ト ク Ⅱ に 、 変 更 さ れ て 章 い る 第 た だ ト ク 車 の 場 合 、 主 砲 は 車 体 前 面 配 置 な の で 、 旋 回 砲 塔 の 備 砲 で あ る 二 五 ミ リ 機 関 砲 は 、 砲 塔 を 大 型 化 し て 、 対 空 対 地 兼 用 の ポ 式 四 〇 ミ リ 機 関 砲 に 代 え て い る 。 な い か て い

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


一 6 8 次 に 機 関 を 後 進 さ せ て 、 さ ら に 沖 へ と 戻 る の だ が 、 通 常 の 船 舶 に 比 べ て 、 平 底 構 造 の 船 体 で は 、 一 連 の 作 業 を ス ム 1 ズ に お こ な う の に 適 し て い る 。 こ の 方 法 は 、 米 国 製 揚 陸 艦 が 採 用 し た 独 特 の も の で は な く 、 大 発 ( 大 型 発 動 機 艇 ) を 開 発 し た 帝 國 海 軍 を 含 め て 、 各 国 海 軍 で 採 用 さ れ て い る 方 式 だ 。 水 深 の 浅 い 河 川 を 航 行 す る 川 船 や 艀 が 吃 水 を 浅 く し て 、 平 底 に 近 い 形 状 を 採 用 し て い る の も 理 由 は 似 て い る 。 し た が っ て 、 川 船 が 外 洋 に 出 ら れ な い 理 由 も 、 そ の 船 底 の 構 造 か ら 耐 波 性 が 低 い か ら だ 。 と こ ろ で 強 襲 揚 陸 作 戦 で は 、 歩 兵 が い く ら 上 陸 し て も 、 そ れ だ け で は 守 備 隊 側 に 大 き な 脅 威 と は な ら な い 。 歩 兵 や エ 兵 が 先 陣 を 切 っ て 上 陸 し 、 浜 辺 に 海 岸 堡 を 確 保 す る と 、 よ う や く 揚 陸 艦 が 現 れ て 、 戦 車 や 火 砲 、 各 種 車 両 な ど を 波 打 ち 際 か ら 次 々 と 上 陸 さ せ る 。 こ う し て 車 両 や 火 砲 な ど の 重 装 備 が 陸 揚 げ さ れ る こ と で 、 戦 力 と し て 本 格 的 な 戦 闘 部 隊 が 整 え ら れ た こ と に な る 。 し か し 、 海 岸 堡 を 築 い て 重 装 備 の 揚 陸 に 成 功 し て も 、 内 陸 へ 侵 攻 で き な け れ ば 「 上 陸 作 戦 が 成 功 し た 」 と は 、 ま だ 言 え な い 。 海 岸 堡 は 、 内 陸 侵 攻 へ の 足 掛 か り に す ぎ な い か ら だ 。

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


作 戦 参 謀 も 重 い 口 を 開 い た 。 「 し か し こ の 距 離 で は 、 た と え 泰 山 で あ っ て も 、 ミ ッ ド ウ ェ 1 か ら 発 進 し て も 、 爆 撃 後 の 生 還 は 期 待 で き な い だ ろ う 」 航 続 距 離 も 問 題 だ が 、 そ れ 以 上 に 厄 介 な の は 、 ニ ュ 1 メ キ シ コ 州 の ロ ス ア ラ モ ス や ア ラ モ ゴ ー ド の 所 在 地 が 、 西 海 岸 か ら 随 分 と 奥 地 に あ る こ と だ 。 た と え 直 援 の 「 闘 機 を 0 け た と し て も 、 「 陸 軍 の 防 空 網 を 突 破 し て 、 = 1 メ キ シ コ へ 達 す る の は き わ め て 難 し い と 言 え る 「 陸 攻 隊 が 攻 撃 を 仕 掛 け る に し ろ 、 カ リ フ ォ ル ニ ア 方 面 の 航 空 戦 力 を 、 沖 合 へ 誘 き 出 す 陽 動 攻 撃 は 必 要 で す な あ 」 ポ ツ リ と 情 報 参 謀 が 言 、 つ 。 確 か に 陸 攻 隊 が 内 陸 部 へ 侵 入 す る に は 、 少 な く と も カ リ フ ォ ル ニ ア 域 内 に あ る 陸 軍 機 や 海 軍 機 、 海 兵 隊 機 を 、 ほ か に 引 き 寄 せ て お く 必 要 が あ っ た 。 も っ と も 米 陸 軍 第 7 航 空 軍 は 、 カ リ フ ォ ル ニ ア 方 面 か ら 次 々 と 爆 撃 航 空 群 を 引 き 抜 い て は 、 ミ ッ ド ウ ェ ー や ジ ョ ン ス ト ン 島 方 面 へ の 空 襲 を 継 続 し て い る 。 そ の 意 味 で は 、 米 陸 軍 の 重 爆 撃 機 戦 力 は 、 適 度 に 消 耗 し て い た の だ が 、 肝 心 の 戦 闘 機 部 隊 は 、 航 続 距 離 の 関 係 で 投 入 数 は 少 な い 。 し た が っ て 米 陸 軍 や 海 軍 戦 闘 機 隊 を 、 ど う や っ て 適 度 に 消 耗 さ せ る か 、 あ る い は そ た い ざ ん

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


ミ ッ ド ウ ェ ー と ウ ェ ー ク 島 に 、 米 陸 海 軍 の 攻 撃 が 集 中 し て い る 時 期 に 、 聯 合 艦 隊 は 次 の 作 戦 を 開 始 し て い た 。 戦 そ れ が か ね て か ら 、 艦 隊 司 令 部 が 狙 っ て い た ジ ョ ン ス ト ン 島 攻 略 で あ る 。 海 ジ ョ ン ス ト ン 島 は 航 空 基 地 と 小 規 模 な 泊 地 が あ る 島 嶼 拠 点 だ が 、 こ の 島 を 米 陸 軍 航 島 空 軍 は 、 中 継 地 と し て 使 っ て い る 。 ン つ ま り ミ ッ ド ウ ェ 1 や ウ ェ ー ク 島 空 襲 の 際 に 、 爆 撃 機 編 隊 に 随 伴 す る 戦 闘 機 隊 は 、 ス ジ ョ ン ス ト ン 島 に 一 度 着 陸 し て 給 油 と 休 憩 を 取 る 。 ジ そ こ で も し ジ ョ ン ス ト ン 島 を 奪 取 す れ ば 、 米 軍 は 芻 ラ イ ト ニ ン グ と ム ス タ ン 章 グ 以 外 の 戦 闘 機 は 、 落 下 増 槽 を 携 行 し て も 爆 撃 機 編 隊 へ の 随 伴 が 困 難 に な る 。 第 ま た ム ス タ ン グ も 目 標 上 空 で の 滞 空 時 間 が 、 き わ め て 限 ら れ て く る 。 当 然 の こ と だ が 、 爆 撃 機 編 隊 の 単 独 空 襲 は 、 爆 撃 機 の 損 耗 を い っ そ う 増 や す こ と は 第 七 章 ジ ョ ン ス ト ン 島 沖 海 戦

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


し か も 他 の 二 個 中 隊 ( 一 五 ・ 二 セ ン チ 中 榴 弾 砲 ) と 大 隊 本 部 も 、 二 隻 の と 共 に 相 次 い で 撃 沈 さ れ て い る 。 対 空 防 御 陣 形 が 形 成 で き な い こ と も あ っ て 、 一 発 必 中 を 狙 う 天 山 の 各 小 隊 は 、 輸 送 船 や 揚 陸 艦 艇 だ け で な く 、 護 衛 艦 艇 に も 次 々 と 雷 撃 を 敢 行 し た 。 択 捉 島 を 離 陸 し た 四 二 機 の 天 山 は 、 途 中 で 機 械 の 故 障 か ら 引 き 返 し た 二 機 を 除 く 四 〇 機 が 、 占 守 島 へ 到 達 し 、 沖 合 の 敵 船 団 を 事 実 上 殲 滅 し た 。 撃 墜 さ れ た の は わ ず か 二 機 、 被 弾 損 傷 し て 、 占 守 島 と 幌 筵 島 へ 不 時 着 し た 機 体 は 、 五 機 で あ っ た 。 こ れ に 対 し て 撃 沈 し た 輸 送 船 、 揚 陸 艦 は 二 一 隻 、 駆 逐 艦 や フ リ ゲ ー ト 、 コ ル べ ッ ト は 一 二 隻 が 、 や は り 撃 沈 さ れ て い る 。 ほ か に も 中 破 し た 艦 船 も あ る か ら 、 四 〇 機 を 数 え た 天 山 は 、 ほ と ん ど の 機 体 が 魚 雷 を 投 下 し て 、 命 中 さ せ た 計 算 に な る 。 戦 海 こ の 数 字 に 、 九 九 駆 逐 隊 の 戦 果 を 加 え れ ば 、 ソ 連 赤 色 海 軍 カ ム チ ャ ッ カ 支 艦 隊 と 第 島 千 3 梯 団 の 輸 送 船 舶 は 、 ほ ば 壊 滅 し た と 言 っ て も 過 言 で は な い 。 章 後 日 、 『 千 島 海 峡 の 虐 殺 』 と ソ 連 海 軍 が 呼 ぶ 北 千 島 海 空 戦 は 、 こ の 四 〇 機 を 超 え る 第 天 山 編 隊 が 、 最 後 に 決 着 を つ け た こ と に な る 。