検索 - みる会図書館

検索対象: 月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号から 127件ヒットしました。

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


分 か ち 合 っ て い く の が 大 切 菊 西 し に い の が 基 地 負 担 軽 減 島 陸 島 し 部 官 。 翁 長 知 事 ロ だ 。 米 軍 普 天 間 飛 行 場 の 固 沖 縄 戦 年 慰 霊 の 日 「 古 舞 」 平 不 宣 言 で 異 例 の 言 及 の 本 上 本 激 南 令 た 「 政 治 の 責 任 」 定 化 は あ っ て は な ら な い 。 期 縄 に 縄 だ 島 司 し 末 沖 島 沖 ん 本 軍 結 首 相 知 事 を は じ め 県 民 に 説 明 を 沖 縄 は 日 、 太 平 洋 戦 争 末 期 の 沖 縄 戦 で 犠 牲 に な っ た 人 々 を 悼 む 「 慰 霊 の 日 」 を 迎 え 争 が 諸 は 込 に 本 終 安 倍 首 相 は 日 昼 、 「 沖 丁 寧 に し て い き た い 」 と 述 戦 軍 , に き 日 日 が た 。 終 戦 か ら 年 。 最 後 の 激 戦 地 と な っ た 沖 縄 県 糸 満 市 摩 文 仁 の 平 和 祈 念 公 園 で は 、 県 主 洋 米 ま 日 巻 で 闘 縄 県 の 基 地 負 担 軽 減 を 図 る べ た 。 沖 縄 全 戦 没 者 追 悼 式 催 の 「 沖 縄 全 戦 没 者 追 悼 式 」 が 開 か れ 、 安 倍 首 相 や 関 係 閣 僚 、 遺 族 ら 約 5400 人 が 参 列 平 、 ら 1 を 月 , 戦 こ と が 政 治 の 責 任 だ 。 在 日 後 、 沖 縄 県 糸 満 市 で 記 者 団 太 日 け 月 民 6 う 的 し た 。 知 事 は 、 「 平 和 宣 言 」 の 中 で 、 米 軍 普 天 間 飛 行 場 ( 宜 野 湾 市 ) の 名 護 市 辺 ( 4 住 、 ご 織 米 軍 は 日 本 の 平 和 に と っ て に 語 っ た 。 野 古 へ の 移 設 反 対 を 改 め て 主 張 。 平 和 宣 言 で 政 治 的 な 主 張 を 強 く 盛 り 込 む 異 例 の メ ッ セ ー 戦 月 間 。 末 ( 組 重 要 で 、 国 民 全 体 で 負 担 を ジ と な っ た 。 縄 3 良 り た の 壕 、 沖 年 慶 ま し 戦 部 し 式 典 に は 、 外 務 、 防 衛 両 相 か ら 全 員 で 1 分 間 の 黙 と う の 始 陸 上 令 決 多 く の 遺 族 ら が 訪 れ 、 戦 没 出 身 者 は 貶 万 2228 人 。 方 て 上 地 司 自 安 倍 首 相 や や 沖 縄 相 の ほ か 、 昨 年 に 続 を さ さ げ た 。 者 の 氏 名 を 刻 銘 し た 「 平 和 平 和 の 礎 に は 軍 民 、 国 籍 を 米 大 使 参 列 い て キ ャ ロ ラ イ ン ・ ケ ネ デ 就 任 後 、 初 め て 慰 霊 の 日 の 礎 」 の 前 で 手 を 合 わ せ 問 わ ず 戦 没 者 名 が 刻 ま れ て イ 駐 日 米 大 使 も 参 列 。 正 午 を 迎 え た 翁 長 氏 は 平 和 宣 言 が 昨 年 月 に 知 事 に 就 任 し た 。 お り 、 今 年 新 た に 人 が 追 県 に よ る と 、 沖 縄 戦 の 戦 加 さ れ 、 総 数 は 万 133 三 で 、 辺 野 古 移 設 に つ い て 「 昨 た 後 、 首 相 が 沖 縄 県 を 訪 問 没 者 は 日 米 合 わ せ て 推 計 6 人 と な っ た 。 第 、 み 年 の ( 県 内 の ) 選 挙 で 反 対 し た の は 初 め て 。 ( 読 売 6 ・ ) の 民 意 が 示 さ れ て お り 、 新 同 公 園 内 に は 朝 早 く か ら 万 656 人 で 、 こ の う ち 県 念 基 地 建 設 は 困 難 だ 。 ( 政 府 第 は ) 固 定 観 念 に 縛 ら れ ず 、 訪 れ 、 式 典 後 に 焼 香 し た 。 こ の 日 、 県 内 各 地 で は 慰 移 設 作 業 の 中 止 を 決 断 す る 中 縄 間 年 平 和 の 悊 = い こ と を 求 め る 」 と 強 調 。 宣 霊 祭 も し め や か に 営 ま れ 言 文 全 体 の 半 分 近 く を 基 地 沖 縄 は 日 、 太 平 洋 戦 争 天 間 飛 行 場 ( 宜 野 湾 市 ) の た 。 住 民 ら が 逃 げ 込 ん だ 避 ご う 問 題 に 割 い た 。 末 期 の 沖 縄 戦 の 犠 牲 者 を 名 護 市 辺 野 古 へ の 移 設 に 反 難 壕 や 学 徒 隊 を ま つ る 慰 霊 島 諸 地 決 島 の 司 城 迫 く 首 島 司 自 戦 こ れ に 対 し 、 安 倍 首 相 は 追 悼 す る 「 慰 霊 の 日 」 を 迎 対 す る 考 え を 強 調 。 参 列 し 塔 、 霊 園 な ど に 、 高 齢 と な 緯 本 間 各 自 本 陸 フ が 里 が し が 本 に が な 。 仁 官 的 経 縄 良 島 団 縄 上 一 軍 首 軍 部 あ い さ つ で 「 沖 縄 の 人 々 に え 、 各 地 で 慰 霊 祭 が 開 か た 安 倍 首 相 は 「 沖 縄 の 基 地 っ た 遺 族 ら が 相 次 い で 訪 な 慶 陸 沖 黯 米 動 語 結 は 、 安 全 保 障 上 の 大 き な 負 れ た 。 沖 縄 県 糸 満 市 の 平 和 負 担 軽 減 に 全 力 を 尽 く す 」 れ 、 花 束 や 線 香 を 供 え て 冥 主 が の 上 間 民 が 海 ガ 。 を に 本 軍 ら ・ を 軍 終 の 軍 方 に 良 島 軍 西 ュ い 部 近 日 抗 本 か 部 部 本 し が 担 を 担 っ て い た だ い て い 祈 念 公 園 で 行 わ れ た 「 戦 後 と 表 明 す る な ど 、 政 治 的 主 福 を 祈 っ た 。 戦 米 西 島 慶 で 米 の シ 戦 令 間 抵 日 里 南 令 日 決 闘 ( 読 売 6 ・ 幻 ) る 。 今 後 も 引 き 続 き 、 沖 縄 年 沖 縄 全 戦 没 者 追 悼 式 」 張 が に じ む 異 例 の 式 典 と な 日 日 縄 年 日 日 日 日 日 日 尸 ) - ・ 0 ′ 0 8 1 ー っ ム 8 - 沖 42 22 月 の 基 地 負 担 軽 減 に 全 力 を 尽 で 、 知 事 は 「 平 和 っ た 。 月 月 ′ 月 月 ~ 4 月 ~ く す 」 と 表 明 し た 。 翁 長 氏 宣 言 」 を 読 み 上 げ 、 米 軍 普 会 場 に は 約 5400 人 が 社 会 ま ぶ こ い し じ

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


問 27 米 と キ ュ ー バ に 関 す る 下 記 の 年 表 で 、 空 欄 A ~ D に あ て は ま る 語 句 や 数 字 2 プ ① の 正 し い 組 み 合 わ せ は ど れ か 。 キ ュ ー バ 革 命 、 ( A ) 政 権 発 足 1959 年 1961 年 米 国 と キ ュ ー バ が 国 交 断 絶 ( B ) 年 キ ュ ー バ 危 機 、 米 州 機 構 (OAS) が キ ュ ー バ 除 名 を 決 議 1982 年 米 国 が キ ュ ー バ を テ ロ 支 援 国 家 に 指 定 ( C ) ・ カ ス ト ロ 政 権 発 足 2008 年 (D) 年 国 交 正 常 化 交 渉 開 始 を 宣 言 テ ロ 支 援 国 家 の 指 定 解 除 2015 年 ① A = フ ィ デ ル ・ カ ス ト ロ B = 1962 C = ラ ウ ル D = 2014 ② A = フ ィ デ ル ・ カ ス ト ロ B = 1972 C = フ ィ デ ル D = 2010 ③ A = チ ェ ・ ゲ バ ラ B = 1962 C = フ ィ デ ル D = 2014 ④ A = チ ェ ・ ゲ バ ラ B = 1972 C = ラ ウ ル D = 2010 ア ジ ア ・ ア フ リ カ 会 議 に 関 す る 次 の 記 述 で 、 誤 り の あ る も の は ど れ か 。 問 28 ① 会 議 は 第 2 次 世 界 大 戦 が 終 わ っ て 10 年 を 迎 え た 1955 年 、 冷 戦 状 態 に あ っ た 東 西 い ず れ の 陣 営 に も 属 さ な い 勢 力 が 「 非 同 盟 主 義 」 を 掲 げ イ ン ド ネ シ ア に 集 ま っ た の が 始 ま り で あ る 。 ② 提 唱 者 は イ ン ド ネ シ ア の ス ハ ル ト 大 統 領 、 中 国 の 周 恩 来 首 相 、 イ ン ド の ネ ー ル 首 相 ら で 29 カ 国 ・ 地 域 の 代 表 が 参 加 し た 。 ③ 史 上 初 の 有 色 人 種 に よ る 国 際 会 議 と さ れ 、 す べ て の 国 の 主 権 と 領 土 の 尊 重 、 基 本 的 人 権 の 尊 重 、 内 政 不 干 渉 な ど を 盛 り 込 ん だ 「 平 和 10 原 則 」 を 宣 言 し た 。 ④ ジ ャ ワ 島 の 避 暑 地 、 バ ン ド ン で 開 か れ た た め 「 バ ン ド ン 会 議 」 と も 呼 ば れ る 。 直 前 予 想 問 題 問 28 ② ス ハ ル ト → ス カ ル ノ 問 29 2015 年 4 月 に 安 倍 首 相 が バ ン ド ン 会 議 で 演 説 し た 記 述 で 空 欄 に あ て は ま 問 29 ② る 語 句 の 正 し い 組 み 合 わ せ は ど れ か 。 私 た ち は 、 60 年 前 よ り は る か に 多 く の 「 ( A ) 」 を 共 有 し て い る 。 強 い 者 が 、 弱 い 者 を カ で 振 り 回 す こ と は 、 断 じ て あ っ て は な ら な い 。 バ ン ド ン の 先 人 た ち の 知 恵 は 、 ( B ) の 支 配 が 大 小 に 関 係 な く 、 国 家 の ( C ) を 守 る と い う こ と だ っ た 。 ① A = リ ス ク B = 軍 C = 領 土 ② A = リ ス ク B = 法 C = 尊 厳 ③ A = 不 安 B = 法 C = 領 土 ④ A = 不 安 B = 軍 C = 尊 厳 問 30 中 国 政 府 が 5 月 に 発 表 し た 「 国 防 白 書 」 に つ い て の 記 述 で 誤 り の あ る も 問 30 ① 中 国 武 装 力 の 多 様 化 運 用 の は ど れ か 。 → 中 国 の 軍 事 戦 略 ① 白 書 は 、 「 中 国 武 装 力 の 多 様 化 運 用 」 と 題 し 中 国 を 取 り 巻 く 状 況 に つ い て 「 中 国 の 領 土 主 権 と 海 洋 権 益 に 対 す る 挑 発 行 為 が 発 生 し て い る 」 と の 認 識 を 示 し た 。 ② 陸 軍 重 視 の 軍 の 思 考 を 、 海 上 重 視 に 切 り 替 え る 方 針 を 強 調 、 海 軍 を 近 海 型 か ら 遠 海 型 へ 、 空 軍 を 領 空 防 護 か ら 攻 撃 兼 務 型 へ 変 更 す る 必 要 性 を 指 摘 し て い る 。 ③ 軍 事 協 力 は 全 方 位 と し つ つ も 、 最 初 に ロ シ ア と の 軍 事 関 係 強 化 を 深 め る 必 要 性 に 言 及 し た 。 ④ 2013 年 に 沖 縄 県 ・ 尖 閣 諸 島 を 含 め て 設 定 し た 東 シ ナ 海 防 空 識 別 圏 や 南 シ ナ 海 で 進 め る 埋 め 立 て な ど 、 中 国 が 行 な っ た 具 体 的 な 軍 事 政 策 に は 触 れ て い な い 。

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


翁 長 沖 縄 県 知 事 と 米 側 の 主 な や り 取 り 「 日 本 の 0.6 % の 面 積 の 沖 縄 に 73.8 % の 米 軍 専 用 施 設 が あ ー ー 政 る 。 県 民 は も う 我 慢 で き な い 」 「 県 民 は 辺 野 古 新 基 地 建 設 に ぐ ム モ 反 対 。 日 米 首 脳 会 談 で 決 め た と い っ て も 、 ス ム ー ズ に は 行 か な い 」 一 方 で 、 条 例 案 が 成 立 し な が る 可 能 性 が 高 い 。 20 を 申 請 し て い る た め だ 。 こ 振 り 回 さ れ て は 困 る 」 ( ホ 会 見 で 、 「 な ぜ 埋 め 立 て に た い 」 と 語 っ た 。 た 場 合 、 県 が 早 期 開 業 を 政 20 年 3 月 末 の 供 用 開 始 に の た め 、 県 内 で は 経 済 界 を テ ル 業 者 ) な ど の 懸 念 が 出 用 い ら れ る 土 砂 の み が 規 制 府 に 要 望 し て き た 那 覇 空 港 向 け 、 工 事 の 加 速 を 狙 う 政 中 心 に 「 辺 野 古 阻 止 に 没 頭 て い る 。 対 象 に な る の か 。 県 議 会 の 第 2 滑 走 路 の 工 事 遅 れ に つ 府 が 4 月 に 県 外 石 材 の 搬 入 す る あ ま り 、 沖 縄 振 興 策 が 菅 官 房 長 官 は 日 の 記 者 議 論 を 慎 重 に 見 守 っ て い き た 。 大 田 昌 秀 氏 は 米 国 留 学 経 の 整 理 縮 小 は 進 ま ず 、 沖 縄 に 験 が あ っ て 英 語 が 堪 能 で 、 7 は 「 日 本 政 府 に は 任 せ て お け 翁 長 知 事 の 訪 米 「 不 発 」 、 ん 回 訪 米 し て 基 地 返 還 を 訴 え 、 な い 」 と い う 焦 燥 感 に も 似 た 訴 基 地 を 抱 え る 多 く の 市 町 村 長 思 い が あ り ま す 。 そ こ で 、 県 米 側 「 辺 野 古 唯 一 の 方 法 」 国 ・ つ も 同 行 し ま し た 。 稲 嶺 恵 一 、 仲 民 を 代 表 す る 知 事 が 直 接 、 沖 い ま ひ ろ か す 接 井 真 弘 多 両 氏 は 日 米 地 位 協 定 縄 の 声 を 米 国 に 届 け る こ と を 【 ワ シ ン ト ン Ⅱ 坂 田 元 司 】 の 移 設 に 関 し 、 「 日 本 の 0 米 な る ほ ド リ 沖 縄 県 の 鈺 望 直 の 抜 本 的 見 直 し な ど を 求 め ま 余 儀 な く さ れ て い る の で す 。 訪 米 中 の 翁 雄 沖 縄 県 知 ・ 6 % の 面 積 の 沖 縄 県 に 、 事 は 3 日 、 米 国 防 総 省 の ア せ 鰤 知 事 が 訪 米 し て い る ね 。 を し た 。 翁 長 氏 は 米 軍 普 天 間 飛 複 雑 な 事 情 が あ る ん だ ・ 8 % の 米 軍 専 用 施 設 が 一 「 ク 0 ー 次 官 補 代 代 あ る 。 県 民 は も う 我 慢 き ~ よ 沖 縄 県 知 事 0 訪 米 0 今 回 が 初 〉 思 行 鯣 県 宜 野 湾 市 ) 0 名 護 ね 。 米 国 0 対 応 」 , 民 市 辺 古 へ の 移 設 反 対 を 訴 え < 移 設 間 題 に つ い て 米 国 記 者 い い え 、 1972 年 ま し た 。 基 地 間 題 へ の ス タ ン 政 府 は 一 貫 し て 「 日 本 の 国 内 し 、 米 軍 普 天 間 飛 行 場 ( 宜 移 設 」 を 求 め た 。 米 側 は 「 辺 【 事 の 本 土 復 帰 以 降 、 5 人 が 計 回 ス は 知 事 に よ 0 て そ れ ぞ れ で 間 題 」 と い う 立 場 で す 。 し か 野 湾 市 ) の 名 護 市 辺 野 古 〈 野 古 移 設 が 普 天 間 の 継 続 使 ~ 知 回 訪 米 し て い ま す 。 初 め て 訪 6 す が 、 沖 縄 県 知 事 が 米 国 に 直 し 、 沖 縄 の 基 地 を 運 用 し て い 弋 米 し た の は 年 の 西 銘 順 治 氏 寸 接 訴 え る 歴 史 は 年 続 い て い る の は 米 軍 で す し 、 移 設 先 を : 続 米 で 、 米 国 防 長 官 ら に 米 軍 基 地 ま す 。 他 の 都 道 府 県 で は み ら 決 め た の は 日 米 両 政 府 で す 。 継 日 の 整 理 縮 小 な ど を 訴 え ま し 歴 れ な い 「 知 事 外 交 」 で す 。 翁 長 知 事 は 訪 米 で 「 米 国 は 第 間 か き 担 a ど う し て 沖 縄 県 知 事 は 三 者 で は な い 。 一 緒 に な 0 て - 天 の る 判 回 。 年 。 判 回 負 そ ん な に 頻 繁 に 訪 米 す る の ? 考 え て ほ し い 」 と 伝 え ま し た 。 普 一 揺 一 回 2 8 7 8 2 5 4 2 1 設 る 意 一 数 年 年 年 年 長 府 む 地 < 沖 縄 県 に は 戦 後 間 年 た 民 主 主 義 を 大 切 に す る 国 と し 0 8 8 CD 0 4 11 移 け 合 政 含 っ た 今 も 全 国 の 米 軍 専 用 施 設 て 沖 縄 の 声 に 向 き 合 う よ う 促 7 基 野 を 府 ・ 訪 任 囹 9 尸 0 の % が 集 中 し 、 米 兵 に よ る し て い ま す 。 0 11 11 9 8 し 事 件 や 事 故 も 絶 え な い な ど 過 回 答 ・ 佐 藤 敬 一 一 事 治 秀 一 多 1 志 重 重 な 基 地 負 担 に 苦 し ん で い ま ( 那 覇 支 局 ) す 。 そ れ な の に 沖 縄 の 人 た ち 掲 載 テ ー マ を 募 集 し て い ま す 〒 100 ー 8051 毎 日 新 聞 縄 知 銘 田 嶺 井 e 長 毎 が 要 請 を 繰 り 返 し て も 、 基 地 「 な る ほ ド リ 」 係 沖 西 大 稲 仲 翁 翁 長 知 事 シ ョ ン ・ マ ケ イ ン ト 米 上 院 軍 事 委 員 長 国 務 、 国 防 両 省 の 担 当 者 ( 読 売 6 ・ 片 )

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


政 治 用 を 避 け る 唯 一 の 方 法 だ 。 「 辺 野 古 移 設 反 対 」 を 訴 え な く 前 進 し て い る 」 と 述 べ を 終 え 、 5 日 に 帰 国 す る が 、 る こ と も 視 野 に 入 れ て い 行 「 て 、 辺 野 古 移 設 が 『 唯 日 米 両 政 府 の 合 意 は 揺 る き て 回 っ た 。 た だ 、 関 係 者 に た 。 辺 野 古 移 設 を 阻 止 す る 今 後 も 工 事 阻 止 に 向 け た 検 る 。 一 の 解 決 策 』 と 認 識 し て 帰 な い 」 と 譲 ら な か っ た 。 よ る と 米 側 の 対 応 は 総 じ て メ ド は 立 「 て い な い が 、 県 討 を 加 速 さ せ る 構 え だ 。 7 日 本 政 府 と 翁 長 氏 の 「 亀 っ て く る の で は 」 と 冷 や や 翁 長 氏 は 、 2 日 に は 米 議 冷 淡 だ っ た と い う 。 幹 部 は 「 米 側 に 反 対 姿 勢 を 月 に は 、 前 知 事 に よ る 埋 め 裂 」 も 深 ま っ て い る 。 翁 長 か に 語 っ た 。 ( 読 売 6 ・ 5 ) 会 の 実 力 者 ・ マ ケ イ ン 米 上 そ れ で も 翁 長 氏 は 訪 米 を 示 す こ と で 、 移 設 反 対 派 の 立 て 承 認 手 続 き を 検 証 し て 氏 の 訪 米 が 「 不 発 」 に 終 わ 院 軍 事 委 員 長 と 会 談 す る な 総 括 す る 3 日 の 記 者 会 見 期 待 を つ な げ る こ と に は 成 い る 第 = 一 者 委 員 会 が 結 論 を つ た こ と に 関 し 、 菅 官 房 長 ど 、 米 議 会 議 員 8 人 と 会 っ で 、 「 ( 米 側 の ) 理 解 が 深 功 し た 」 と 説 明 し て い る 。 出 す 予 定 で 、 内 容 次 第 で は 官 は 4 日 の 記 者 会 見 で 「 知 た ほ か 、 研 究 機 関 3 か 所 で ま っ た 感 じ が す る 。 間 違 い 翁 長 氏 は 一 連 の 訪 米 日 程 「 承 認 取 り 消 し 」 に 踏 み 切 事 は 時 間 を か け て 米 国 ま で 進 め る こ と で 合 意 し た 。 さ ら に 、 ア キ ノ 氏 致 化 す る 方 針 を 確 認 し た 。 談 訓 練 は 実 施 し な い 。 た ア キ ノ 政 権 は 日 本 の は 記 者 会 見 で 自 衛 隊 の 防 衛 相 会 談 で は 、 豪 軍 が 認 会 だ 、 パ ラ ワ ン 島 沖 の 別 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 容 フ ィ リ ピ ン 駐 留 に つ な 海 自 、 南 沙 周 辺 で 訓 練 持 確 相 計 画 す る 次 期 潜 水 艦 の 共 同 の 海 域 で は 日 か ら 米 認 を 支 持 す る 一 方 、 日 が る 地 位 協 定 の 交 渉 準 維 も 衛 開 発 に つ い て も 協 議 。 中 谷 フ ィ リ ピ ン 軍 と O- 3 0 初 参 加 軍 と フ ィ リ ピ ン 軍 と の 本 は 政 府 開 発 援 助 6 備 を 進 め て い る こ と も 防 氏 は 「 潜 水 艦 の 協 力 な ど を 合 同 軍 事 演 習 も 実 施 さ (<) を 利 用 し た 巡 視 明 か し た 。 序 カ 豪 含 め 、 日 豪 防 衛 協 力 を 深 め 秩 協 日 れ て お り 、 日 本 や 米 国 船 の 供 与 な ど で フ ィ リ た だ 、 協 定 は 自 衛 隊 【 バ ン コ ク 岩 佐 淳 士 】 海 上 自 衛 隊 と フ ィ リ て い き た い 」 と 述 べ 、 共 同 毎 艦 と の 連 携 の 強 さ を 誇 示 ピ ン の 海 洋 安 保 を 支 の 性 格 を 大 き く 変 え 開 発 に 意 欲 を 示 し た 。 ア ン ピ ン 海 軍 は 日 、 南 シ ナ 海 ・ 南 沙 ( 英 語 名 ・ ド リ = ー ス 氏 は 「 日 本 の 協 ス プ ラ ト リ ↓ 諸 島 周 辺 で 偵 察 能 力 の 高 い 海 す る フ ィ リ ピ ン 軍 の 意 援 。 ア キ ノ 政 権 は こ の る 。 第 一 一 次 世 界 大 戦 で 図 が う か が え る 。 地 域 に お け る 中 国 の 対 旧 日 本 軍 に 侵 攻 さ れ た 力 に 感 謝 し て い る 。 公 正 な 自 の 哨 戒 機 を 初 め て 使 っ た 合 同 の 救 助 南 フ ィ リ ピ ン の 軍 事 力 抗 勢 力 と し て 、 日 本 が フ ィ リ ピ ン 国 民 だ け で 選 定 を 行 う た め 情 報 提 供 を 訓 練 を 実 施 し た 。 南 沙 で は 中 国 に よ る 岩 礁 の は 東 南 ア ジ ア 諸 国 の 中 存 在 感 を 増 す こ と を 期 な く 日 本 国 内 か ら も 強 中 谷 元 防 衛 相 は 3 日 、 オ お 願 い し た い 」 と 応 じ た 。 軍 事 拠 点 化 が 進 む 。 フ ィ リ ピ ン は こ の 海 域 近 で も 弱 く 、 国 防 費 は 中 待 し て い る と み ら れ い 反 発 が 予 想 さ れ る ー ス ト ラ リ ア の ア ン ド リ ュ 中 谷 氏 は 4 月 日 に 再 改 定 く に 日 本 の 自 衛 隊 部 隊 を 招 き 入 れ る こ と で 、 国 の 分 の 1 程 度 。 南 る 。 実 現 」 向 け た ( ー ) ー ス 国 防 相 と 防 衛 省 で 会 談 し た 「 日 米 防 衛 協 力 の た め 中 国 へ の け ん 制 を 強 め る 狙 い が あ る 。 シ ナ 海 で の 中 国 の 実 効 ア キ ノ 大 統 領 は 今 月 ル は 高 い が 、 ア キ ノ 氏 し 、 中 国 に よ る 南 シ ナ 海 で の 指 針 ( ガ イ ド ラ イ ン ) 」 に し 、 南 シ ナ 海 上 空 な ど 支 配 拡 大 を 食 い 止 め る 上 旬 に 訪 日 し 、 安 倍 晋 は 「 我 々 ( フ ィ リ ピ ン ) の 岩 礁 埋 め 立 て に つ い て 、 つ い て 説 明 し た 。 中 国 を け ん 制 を 約 3 時 間 飛 行 。 海 難 こ と は で き な い 。 こ の 三 首 相 と 会 談 。 両 首 脳 に と っ て の 戦 略 的 パ ー 平 和 裏 に 解 決 す る た め 規 範 ア ン ド リ ュ ー ス 氏 は 4 に 基 づ い た 国 際 秩 序 の 維 持 日 、 海 上 自 衛 隊 の 最 新 鋭 同 日 朝 、 海 自 隊 員 と 救 助 を 想 定 し た 訓 練 た め 同 盟 国 の 米 国 の ほ は 中 国 の 埋 め 立 て に ト ナ ー は 米 国 と 日 本 だ が 重 要 で あ る と の 認 識 で 一 「 そ う り ゅ う 」 型 潜 水 艦 を フ ィ リ ピ ン 軍 兵 士 が 乗 で 、 日 も 行 わ れ る 。 か 、 沖 縄 県 ・ 尖 閣 諸 島 「 深 刻 な 懸 念 」 を 表 明 け だ 」 と 述 べ 、 協 定 締 致 し た 。 こ れ に 先 立 ち 安 倍 建 造 す る 神 戸 市 の 三 菱 重 工 り 込 ん だ は 、 南 mno は 偵 察 能 力 の 間 題 な ど で 中 国 と 対 立 し 、 日 本 か ら フ ィ リ ピ 結 に 意 欲 を 示 し た 。 晋 三 首 相 も ア ン ド リ ュ ー ス 業 と 川 崎 重 工 業 の 造 船 所 を 沙 に 近 い フ ィ リ ピ ン 西 高 さ で 知 ら れ る が 、 今 す る 日 本 と の 防 衛 協 力 ン へ の 防 衛 装 備 品 の 技 ( 毎 日 6 ・ 幻 ) 氏 と 会 談 し 、 防 衛 協 力 を 強 視 察 す る 。 ( 産 経 6 ・ 4 ) 部 バ ラ ワ ン 島 を 離 陸 回 は 軍 事 的 な 警 戒 監 視 の 強 化 を 急 い で い る 。 術 移 転 を 目 指 し 交 渉 を ( 頁 に 関 連 記 事 )

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


最 新 時 事 用 語 の 解 説 の 保 養 地 で の 開 催 が 主 流 に な っ た 。 国 際 的 な 政 テ ロ 組 織 の 台 頭 や グ ロ ー バ ル 化 に 反 対 す る 大 規 模 デ モ が 行 わ れ る よ う に な り 、 警 備 重 視 の ポ ッ ダ ム 宣 言 と サ ン フ ラ ン シ ス コ 講 和 条 約 傾 向 が 強 ま っ て い る 。 2016 年 の 会 場 と な る 第 2 次 世 界 大 戦 末 期 の 1945 年 7 月 、 日 本 三 重 県 の 賢 島 は 2 本 の 橋 で 本 土 と つ な が っ て は 米 英 中 か ら 、 無 条 件 降 伏 を 迫 る ポ ッ ダ ム 宣 お り 、 立 ち 入 り を 制 限 し や す い と い う 。 言 を 受 信 。 原 爆 投 下 後 の 8 月 14 日 に 受 け 入 開 催 地 に な れ ば 主 要 国 の 政 府 関 係 者 や 報 道 れ を 決 め た 。 宣 言 は 日 本 の 戦 争 行 為 を 「 世 界 陣 な ど が 大 勢 訪 れ る 。 全 世 界 に 報 じ ら れ る こ 征 服 の 挙 に 出 ( い ) つ る の 過 誤 」 ( 6 項 ) と と で 国 際 的 な 知 名 度 が 上 が り 、 観 光 振 興 に も し 、 「 一 切 の 戦 争 犯 罪 人 に 対 し て は 厳 重 な る な る 。 地 方 都 市 は 誘 致 に 力 を 入 れ 、 今 回 も 8 処 罰 加 へ ら る ヘ し 」 ( 10 項 ) と 断 じ て い る 。 地 域 が 立 候 補 し た 。 日 本 で 前 回 開 い た 08 年 52 年 に 発 効 し た サ ン フ ラ ン シ ス コ 講 和 条 約 の 洞 爺 湖 サ ミ ッ ト は 、 北 海 道 経 済 連 合 会 の 試 で 、 連 合 国 が 日 本 の 戦 争 指 導 者 を 裁 い た 東 京 算 に よ る と 直 接 の 経 済 効 果 は 約 350 億 円 。 開 裁 判 を 受 諾 し 、 沖 縄 な ど が 米 施 政 権 下 に 置 か 催 後 も 5 年 間 で 約 284 億 円 の 効 果 が あ っ た と れ た 状 態 で 主 権 を 回 復 し た 。 ( 朝 日 6 ・ 2 ) し て い る 。 最 近 の サ ミ ッ ト 開 催 地 国 会 の 公 聴 会 2 0 年 日 本 ・ 沖 縄 国 民 の 関 心 が 高 い 重 要 な 案 件 を 国 会 で 審 議 01 イ タ リ ア ・ ジ ェ ノ バ す る 過 程 で 、 識 者 や 市 民 ら を 「 公 述 人 」 と し 02 カ ナ ダ ・ カ ナ ナ ス キ ス て 招 き 、 意 見 を 聴 く 。 国 会 内 で 開 く 中 央 公 聴 フ ラ ン ス ・ エ ビ ア ン 03 会 、 地 方 に 議 員 が 出 向 く 地 方 公 聴 会 が あ る 。 04 米 国 ・ シ ー ア イ ラ ン ド 特 定 秘 密 保 護 法 ( 14 年 12 月 施 行 ) を め ぐ っ 05 英 国 ・ グ レ ン イ ー グ ル ズ て も 開 か れ た が 、 法 案 が 反 対 意 見 を 踏 ま え て 大 き く 見 直 さ れ る こ と は な か っ た 。 06 ロ シ ア ・ サ ン ク ト ペ テ ル プ ル ク ( 朝 日 6 ・ 16 ) ド イ ツ ・ ハ イ リ ゲ ン ダ ム 07 08 日 本 ・ 北 海 道 洞 爺 湖 若 者 の 投 票 率 09 イ タ リ ア ・ ラ ク イ ラ 総 務 省 に よ る と 、 2014 年 の 衆 院 選 に お け 10 カ ナ ダ ・ ム ス コ カ る 20 代 の 投 票 率 は 年 代 別 で 最 低 の 32.58 % で 、 フ ラ ン ス ・ ド ー ビ ル 11 全 体 平 均 の 52.66 % を 大 き く 下 回 っ た 。 1994 米 国 ・ キ ャ ン プ デ ー ビ ッ ド 12 年 の 小 選 挙 区 制 導 入 以 降 に 実 施 さ れ た 7 回 の 13 英 国 ・ ロ ッ ク ア ー ン 衆 院 選 で は 30 % 台 ~ 40 % 台 で 推 移 し て い る 。 14 ベ ル ギ ー ・ プ リ ュ ッ セ ル ※ 17 頁 に 関 連 記 事 ( 日 経 6 ・ 5 ) ド イ ツ ・ エ ル マ ウ 15 サ ミ ッ ト 開 催 地 16 日 本 ・ 伊 勢 志 摩 主 要 国 が 毎 年 持 ち 回 り で 開 く 主 要 国 首 脳 会 ※ 14 年 は ク リ ミ ア 編 入 で G7 が ロ シ ア で の G8 首 脳 会 議 議 ( サ ミ ッ ト ) の 開 催 地 は ホ ス ト 国 が 1 年 前 を ポ イ コ ッ ト し 、 ベ ル ギ ー で 開 催 の サ ミ ッ ト で 公 表 す る の が 通 例 だ 。 ① 大 型 の 331 頁 に 関 連 記 事 ( 日 経 6 ・ 6 ) 会 議 場 が あ る か ② 十 分 な 宿 泊 施 設 が あ る か ③ 警 備 の し や す さ ④ ホ ス ト 国 が サ ミ ッ ト で ど う 存 立 危 機 事 態 い う メ ッ セ ー ジ を 打 ち 出 し た い か を 選 定 日 本 と 密 接 な 関 係 に あ る 他 国 が 武 力 攻 撃 を 受 け 、 こ れ に よ っ て 日 本 の 存 立 が 脅 か さ れ る 基 準 と す る 。 事 態 。 「 他 に 適 当 な 手 段 が な い 」 「 必 要 最 小 限 か っ て は 各 国 の 首 都 や 主 要 都 市 で 開 く こ と が 多 か っ た が 、 最 近 は 都 市 部 か ら 離 れ た 郊 外 度 の 実 力 行 使 」 と あ わ せ た 「 武 力 行 使 の 新 3 ム ロ 最 新 時 事 用 語 の 解 説

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


日 米 両 政 府 は 4 月 、 防 衛 協 力 の た め の 指 針 ( ガ イ ド ラ イ ン ) を 改 定 、 自 問 4 ③ 問 4 中 国 → 旧 ソ 連 衛 隊 の 活 動 を 制 限 し て き た 日 米 協 力 は 転 機 を 迎 え た が 、 次 の 記 述 で 誤 り の あ る も の は ど れ か 。 ① 指 針 の 改 定 は 18 年 ぶ り で 、 日 本 側 か ら は 岸 田 文 雄 外 相 と 中 谷 元 ・ 防 衛 相 が 出 席 し た 。 ② 指 針 改 定 は 「 ア ジ ア 太 平 洋 地 域 お よ び こ れ を 越 え た 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 し た も の に な る 」 こ と を 目 的 と し て い る 。 ③ 1978 年 に 最 初 に つ く っ た 際 は 中 国 へ の 対 処 が 中 心 だ っ た 。 ④ 新 指 針 で は 、 こ れ ま で 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 に 当 た る と さ れ て き た 「 弾 道 ミ サ イ ル 防 衛 や 非 戦 闘 員 退 避 作 戦 中 の 米 艦 防 護 」 「 戦 時 の 機 雷 掃 海 」 「 米 国 へ 向 か う 弾 道 ミ サ イ ル 迎 撃 」 な ど を 、 新 た な 協 力 内 容 と し て 列 挙 し た 。 5 月 、 橋 下 徹 大 阪 市 長 が 揚 げ た 「 大 阪 都 構 想 」 の 住 民 投 票 の 結 果 に つ い て 問 5 問 5 ④ 予 想 を 下 回 っ た → 予 想 を の 記 述 で 誤 り の あ る も の は ど れ か 。 上 回 っ た ① 投 票 率 は 66.83 % で 反 対 が 70 万 5585 票 と 賛 成 よ り 1 万 741 票 多 か っ た 。 ② 橋 下 氏 は 結 果 判 明 後 の 記 者 会 見 で 政 界 引 退 の 意 向 を 表 明 し た 。 ③ 今 回 の 住 民 投 票 は 2012 年 に 成 立 し た 大 都 市 地 域 特 別 区 設 置 法 に 基 づ き 、 15 年 の 3 月 に 大 阪 府 、 大 阪 市 の 両 議 会 で 承 認 さ れ た 都 構 想 案 へ の 賛 否 が 問 わ れ た 。 ④ 投 票 率 は 、 推 進 派 と 反 対 派 の 陣 営 の 予 想 を 下 回 っ た 。 政 党 を め ぐ る 次 の 記 述 で 、 空 欄 の A ~ D に あ て は ま る 語 句 の 正 し い 組 み 合 問 6 わ せ は ど れ か 。 維 新 の 党 は 「 大 阪 都 構 想 」 の 賛 否 を 問 う 住 民 投 票 が 反 対 多 数 と な っ た こ と を 受 け 、 ( A ) 代 表 が 辞 任 し た 。 後 任 に 党 幹 事 長 の ( B ) 氏 が 選 出 さ れ 、 幹 事 長 に は ( C ) 氏 が 起 用 さ れ た 。 ① A 江 田 憲 司 B 松 野 頼 久 C 柿 沢 未 途 ② A 橋 下 徹 B 松 野 頼 久 C 松 野 頼 久 ③ A 橋 下 徹 C 柿 沢 未 途 B 江 田 憲 司 ④ A 江 田 憲 司 B 柿 沢 未 途 C 松 野 頼 久 米 軍 の オ ス プ レ イ ( 垂 直 離 着 陸 輸 送 機 ) に つ い て の 記 述 で 誤 り の あ る も の 問 7 問 7 ④ CV22 は 特 殊 作 戦 に 使 用 は ど れ か 。 さ れ 、 MV22 と 比 べ て 事 ① プ ロ ペ ラ の 向 き を 変 え る こ と で 、 ヘ リ コ プ タ ー の よ う な 垂 直 離 着 陸 や 、 故 率 が 高 い 飛 行 機 の よ う な 高 速 飛 行 が で き る 。 ② 15 年 5 月 時 点 で 、 米 軍 は 沖 縄 の 普 天 間 飛 行 場 で オ ス プ レ イ 24 機 を 運 用 し て い る 。 ③ オ ス プ レ イ の 本 土 配 備 は 横 田 基 地 が 初 め て で 、 空 軍 仕 様 の CV22 で あ る 。 ④ 米 国 防 総 省 は CV22 に つ い て 「 優 れ た 安 全 性 を 記 録 し て い る 」 と 説 明 。 海 兵 隊 仕 様 の MV22 よ り 事 故 率 が 低 い と さ れ る 。 安 倍 首 相 が 4 月 に 行 な っ た 米 議 会 で の 演 説 に つ い て の 記 述 で 下 線 部 が 誤 問 8 問 8 ④ 先 の 大 戦 に 対 す る 「 痛 切 っ て い る も の は ど れ か 。 な 反 省 」 を 表 明 し た が 過 ① 米 議 会 で 首 相 が 演 説 す る の は 吉 田 茂 、 岸 信 介 、 池 田 勇 人 に 次 い で 4 人 目 → = 去 の 植 民 地 支 配 へ の 「 お わ び 」 や 慰 安 婦 問 題 に つ で 、 上 下 両 院 合 同 会 議 で は 安 倍 . 首 相 が 初 . 彑 て で あ る 。 い て は 直 接 触 れ て い な い ② 首 相 は 「 希 望 の 同 盟 へ 」 と 題 し て 英 語 で 演 説 し た 。 ③ 演 説 で は 「 法 の 支 配 が 貫 徹 す る 海 に 」 と 虫 国 の 海 洋 進 出 を け ん 制 し た 。 ④ 首 相 は ア ジ ア に 対 す る 過 去 の 植 民 地 支 配 へ の 「 お わ び 」 や 慰 安 婦 間 題 に つ い て 直 接 言 及 し た 。 直 前 予 想 問 題 問 6 ① ※ 橋 下 徹 氏 は 最 高 顧 問

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


ニ ュ ー ス 点 検 ・ 展 望 は 、 沖 縄 県 を 中 心 に 開 か れ 、 九 州 ・ 沖 縄 サ ミ ッ ト と 呼 ば れ た 。 第 回 ( 2008 年 ) は 北 海 道 洞 爺 湖 サ ミ ッ ト 、 そ し て 、 年 に 開 か れ る 第 回 が 伊 勢 志 摩 サ ミ ッ ト だ 。 1 年 の サ ミ ッ ト が 日 本 で 開 催 さ れ る こ と は 、 持 ち 回 り の 順 番 で 決 ま っ て い た が 、 メ イ ン 会 場 が ど こ に な る か は 6 月 に 安 倍 首 相 が 発 表 す る ま で 秘 密 だ っ た 。 志 摩 市 の ほ か 、 仙 台 市 、 新 潟 市 、 長 野 県 軽 井 沢 町 、 浜 松 市 、 名 古 屋 市 、 神 戸 市 、 広 島 市 が 名 乗 り を 上 げ て い た 。 志 摩 市 は 、 候 補 地 8 か 所 の う ち 、 最 も 遅 い 燔 年 1 月 に 誘 致 を 表 明 し て い た が 、 年 の 北 海 道 洞 爺 湖 町 と 同 じ く 、 最 終 盤 に 名 乗 り を 上 げ た と こ ろ が 選 ば れ た 。 安 倍 首 相 は 、 伊 勢 志 摩 に 決 め た 理 由 に つ い て 、 「 日 本 の 美 し い 自 然 、 豊 か な 文 化 、 伝 統 を 世 界 の リ 1 ダ ー に 感 じ て も ら え る 場 所 」 と 説 明 し た 。 確 か に 、 志 摩 市 は 、 全 域 が 伊 勢 志 摩 国 立 公 園 に 指 定 さ れ て い る 景 勝 地 で 、 大 小 の 島 々 が 点 在 す る 美 し い リ ア ス 式 海 岸 で 名 高 い 。 伊 勢 え び や カ キ 、 ア ワ ビ な ど の 海 産 物 が 豊 富 で 、 真 珠 な ど の 特 産 物 も あ る だ が 、 そ れ だ け が 選 ば れ た 理 由 で は な い よ う だ 。 警 備 の し や す さ も 高 く 評 価 さ れ た と の 見 方 が 有 力 だ 。 サ ミ ッ ト は 、 世 界 最 高 峰 の 会 議 だ け に 、 テ ロ な ど の タ ー ゲ ッ ト に な り や す い 。 初 期 の こ ろ は 、 交 通 の 便 が よ く 、 宿 泊 施 設 も 豊 富 な 大 都 市 で 開 か れ る こ と が 多 か っ た が 、 凶 悪 な テ ロ が 増 え る に つ れ て 、 警 備 が し や す い 場 所 が 選 ば れ る 傾 向 が 強 ま っ て き た 。 日 本 で も 、 初 期 の こ ろ の 3 回 は 東 京 で 開 か れ た が 、 そ の 後 は 、 都 市 部 か ら 離 れ た 沖 縄 の 岬 と 北 海 道 の 山 の 上 が メ イ ン 会 場 に 選 ば れ て い る 。 か し 一 ) じ 士 6 伊 勢 志 摩 サ ミ ッ ト の メ イ ン 会 場 は 志 摩 市 の 賢 島 に あ る 志 摩 観 光 ホ テ ル に な る 予 定 だ 。 賢 島 へ の 陸 路 は 、 本 州 と つ な ぐ 橋 が 2 本 あ る だ け な の で 、 自 動 車 や 人 の 出 入 り を 規 制 し や す い 利 点 が あ る 。 伊 勢 神 宮 は 、 皇 族 や 閣 僚 が し ば し ば 訪 れ る た め 、 地 元 の 治 安 当 局 は 要 人 警 護 の 経 験 が 豊 富 だ 。 近 く に 国 際 空 港 が な い こ と を 心 配 す る 声 も あ る が 、 各 国 首 脳 は 、 中 部 国 際 空 港 ( 愛 知 県 常 滑 市 ) や 関 西 国 際 空 港 ( 大 阪 府 泉 佐 野 市 ) か ら へ リ コ プ タ ー で 会 場 近 く に 移 動 す る と み ら れ る た め 、 大 き な 問 題 に は な ら な か っ た よ う だ 。 志 摩 市 で の 首 脳 会 議 、 つ ま り 狭 い 意 味 で の サ ミ ッ ト の ほ か に 、 事 前 に 開 か れ る 関 係 閣 僚 会 合 の 会 場 も 決 ま っ た 。 財 務 相 会 合 が 仙 台 市 で 、 科 学 技 術 相 会 合 が 茨 城 県 つ く ば 市 で 、 農 相 会 合 が 新 潟 市 で 、 交 通 相 会 合 が 長 野 県 軽 井 沢 町 で 、 環 境 相 会 合 が 富 山 市 で 、 保 健 相 会 合 が 神 戸 市 で 、 教 育 相 会 合 が 岡 山 県 倉 敷 市 で 、 外 相 会 合 が 広 島 市 で 、 情 報 通 信 相 会 合 が 高 松 市 で 、 エ ネ ル ギ ー 相 会 合 が 北 九 州 市 で そ れ ぞ れ 開 か れ る 閣 僚 会 合 は 、 以 上 川 か 所 に な る 。 首 脳 会 議 の 伊 勢 志 摩 と 合 わ せ て Ⅱ か 所 で 、 広 い 意 味 で の サ ミ ッ ト が 開 か れ る こ と に な る 。 そ れ ぞ れ の 地 元 で は 、 歓 迎 に 向 け た 準 備 が 始 ま っ て お り 、 「 経 済 効 果 」 を 期 待 す る 声 も 聞 か れ 始 め た 。 サ ミ ッ ト は 、 世 界 中 の 報 道 機 関 が 記 事 や ニ ュ 1 ス 番 組 で 大 き く 取 り 上 げ る 。 会 場 周 辺 の 自 然 や 観 光 名 所 を 紹 介 す る こ と も あ る 。 そ の 意 味 で は 、 中 長 期 的 に 見 れ ば 、 観 光 地 と し て 世 界 に ア ピ ー ル す る 絶 好 の 機 会 と い え な く も な い 。 た だ 、 短 期 的 に は 、 観 光 な ど に マ イ ナ ス と な る 側 面 も あ る 。 サ ミ ッ ト は 会 議 な の で 、 万 国 博 覧 会 や オ リ ン ピ ッ ク な ど と 違 っ て 、 一 般 の 観 光 客 や 観 戦 客 は 訪 れ な い 。 世 界 か ら 人 が 集 ま る と は い っ て も 、 政 治 家 、 官 僚 、 報 道 陣 な ど が 中 心 だ 。 仕 事 を し に 来 る 忙 し い 人 た ち ば か り だ か ら 、 観 光 施 設 を 利 用 す る こ と は 少 な い し 、 お 土 産 を 大 量 に 買 う こ と も 少 な い 。 む し ろ 、 交 通 規 制 な ど で 、 一 般 の 観 光 客 が 締 め 出 さ れ る 結 果 に

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


本 終 で ン 。 流 勝 し 一 率 得 分 分 分 分 分 ノ 礙 勝 、 セ 勝 、 3 分 け 。 4 1 1 1 93 -1 し 日 を 敗 バ 目 交 越 リ 勝 獲 売 ス ピ ー ス 年 2 冠 マ ス タ ー ズ に 続 き 56 位 は 得 失 点 率 差 に よ る 敗 敗 敗 敗 敗 敗 敗 敗 敗 敗 敗 毓 戦 越 、 程 6 ト 度 の 算 ち た 高 を LO LO 8 4 ゥ ー 8 8 6- は 日 勝 フ 5 季 通 勝 し 最 円 ゥ ー ー LO CD CD CD 0 -1 4 り な CD 1 1 -4 ・ ワ LO 一 . O LO 0 ゥ ー 4 -1 8 っ ー CD 6 CD 戸 01.n 一 .0 LO 4 4 4 CO 1 ち 戦 に ソ り 今 は で 越 、 万 率 勝 勝 勝 勝 勝 勝 勝 勝 勝 勝 4 00 8 -. 8 C.D 8 ゥ ー 【 CD 団 流 で が 。 ぶ た バ 続 ち 円 01 り な 0 0 0 010 101 球 全 米 オ ー プ ン 選 手 権 の 快 挙 。 位 か ら 出 た 松 山 英 樹 :— 勝 交 す ク た 季 0 、 連 勝 万 分 率 ク ク ス ク ク 6 6 6 8 8 8 0 0 -14 バ 、 ン っ 2 な し 、 は 千 計 敗 1 1 1 1 男 子 の 今 季 メ ジ ャ 1 第 2 戦 は は 5 バ ー デ ィ ー 、 3 ボ ギ ー ム ル ッ ク ン ン ン 勝 9310000q088 ー ー り 一 ア 一 ア ノ J— 、 L い 1 米 ワ シ ン ト ン 州 ュ ニ バ ー シ テ イ ダ ブ ル ボ ギ ー の 間 で 回 り 、 通 算 セ 連 セ 敗 2 と 飆 式 終 6 ン で 円 0 の に フ 団 1 方 が で バ 位 万 試 ツ ツ 本 フ フ リ フ 人 フ 人 フ お ー プ レ ー ス の チ ェ ン バ ー ズ ベ イ 3 オ ー バ 1 の 位 だ っ た 。 ロ ロ 日 ソ ソ オ ソ 巨 ソ 巨 ソ 年 球 神 ソ 球 戦 抗 程 け ト 1 0 ク 広 武 天 庁 神 島 い 日 人 < Z -. 6 ー 8 0 19 な り 0 4 UO ( バ 0 ノ 日 西 楽 印 阪 広 利 中 巨 0 0 0 0 0111111 ※ 7 ) で 最 終 ラ ウ ン ド ※ い す れ も 米 国 選 手 。 年 齢 は 達 成 時 本 6 野 た 率 流 対 日 分 フ 率 ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑩ ⑩ が 行 わ れ 、 ジ ョ ー ダ ン ・ ス ピ ー 日 ー プ ム て 高 の 一 は 敗 。 の 団 た 9 8 0 0 り な 6 1 り 0 4 り 0 93 ワ 」 交 流 戦 ( 全 日 程 終 了 ) ハ え 最 ク リ 戦 た グ 球 し ・ 交 流 戦 優 勝 チ ー ム ス ( 米 ) が 初 優 勝 し た 。 2 日 目 選 年 ド と た 一 ス ズ ス か ら 首 位 に 立 っ ス ピ ー ス ま 4 ヾ 。 ノ ズ し ツ ン ン マ ラ ツ 一 ズ > フ ァ イ ナ ル ( 7 回 戦 制 ) に 105 ー で 勝 ち 、 対 戦 2 ク オ ー タ ー で 2 点 差 ま で ー デ ィ ー 、 1 ボ ギ ー 、 1 ダ ブ ル 一 制 ウ ガ ガ バ ウ ス ツ . は 、 オ ハ イ オ 州 ク リ 1 プ フ 成 績 を 4 勝 2 敗 と し て 年 迫 ら れ た が 、 再 び 突 き 放 し ボ ギ 1 の に ま と め 、 通 算 5 ア ス ン グ ホ ホ ド ・ 一 ン ル ク ガ ダ ア ン ダ ー で 4 月 の マ ス タ ー ズ に 続 マ プ 者 イ ・ ケ ン ド で 第 6 戦 が 行 わ れ 、 西 ぶ り 4 度 目 の 優 勝 を 果 た し た 。 カ リ ー と イ グ ダ ー ラ が に 一 成 レ ン ン カ ン フ ァ レ ン ス 覇 者 の ウ ォ た 。 と も に 点 を 挙 け る な ど 、 く メ ジ ャ ー 2 連 勝 を 果 た し た 。 年 オ 達 ク ベ べ ア ジ タ ジ オ 年 < 1 1 CO 0 ワ 3 9 朝 5 同 一 年 で の マ ス タ 1 ズ と の 2 冠 一 米 4 一 . 一 .0 CD ー 0 1 プ リ ア ー ズ が 東 カ ン フ ァ レ ン ウ オ リ ア ー ズ は 第 1 ク オ 5 人 が 2 桁 得 点 を マ 1 ク し 達 成 は 2002 年 の タ イ ガ ー 四 四 四 四 朝 ウ z 米 ス を 制 し た キ ャ パ リ ア 1 ズ 1 タ 1 で 点 を リ ー ド 。 第 た 。 フ ァ イ ナ ル 最 優 秀 選 手 最 年 少 優 勝 を 果 た し た い 男 子 に 対 し 、 女 子 は 完 王 座 を 懸 け た ス タ ン リ ー (ä>m) に は イ グ ダ ー ラ ( 時 事 ) ・ カ ッ プ 決 勝 ( 7 回 戦 制 ) が 選 ば れ た 。 勝 、 ア マ 日 本 一 女 子 ゴ ル フ 勝 は 、 こ の 大 会 で 昨 年 全 に ジ = ニ ア 世 代 が ア マ ケ の ベ ス ト 8 が 最 高 だ つ の 中 心 と な っ て い る 。 ( 朝 日 6 ・ ) は シ カ ゴ で 第 6 戦 が 行 わ た 。 一 方 、 王 は 初 出 場 な ス ト ロ ー ク プ レ ー で 争 ス ホ ゴ ル フ の 日 本 女 子 ア マ 圧 勝 し 、 初 優 勝 し た 。 ス れ 、 西 カ ン フ ァ レ ン ス 覇 者 ス の ダ ン カ ン ・ キ ー ス が 選 が ら 決 勝 ま で 勝 ち 上 が っ う 日 本 ジ ュ ニ ア 選 手 権 が ク 3 位 決 定 戦 ( ホ ー ル ) チ ュ ア 選 手 権 は 幻 日 、 北 イ の ブ ラ ッ ク ホ ー ク ス が 東 カ ば れ た 。 ブ ラ ッ ク ホ ー ク ス た 日 本 ゴ ル フ 協 会 の 単 独 主 海 道 札 幌 (.50 輪 厚 ( 64 は 、 山 内 日 菜 子 ( 山 梨 学 ン フ ァ レ ン ス を 制 し た ラ イ は 第 2 ピ リ オ ド 終 盤 に キ ー 催 と な っ た 1995 年 以 ホ ャ ー 、 6 、 り な 01 ド ノ 7 ) で マ ッ 院 大 1 年 、 が 佐 渡 山 ジ ュ ニ ア と 2 冠 降 、 日 本 ジ ュ ニ ア の 燔 5 ト ニ ン グ を 2 ー 0 で 破 り 、 ス が 先 制 ゴ ー ル 。 第 3 ピ リ チ プ レ ー ホ ー ル ) に 理 莉 ( 沖 縄 ・ 緑 風 学 園 久 5 人 目 の 快 挙 Ⅳ 歳 の 部 と 今 大 会 の 両 方 ッ 北 対 戦 成 績 を 4 勝 2 敗 と し て オ ド に は ケ ー ン が 追 加 点 を よ る 決 勝 を 行 い 、 鹿 児 島 志 中 3 年 、 ) を ェ ク ス を 制 し た の は 勝 が 5 人 一 フ 2 季 ぶ り 6 度 目 の 優 勝 を 果 挙 け 、 堅 守 も 最 後 ま で 崩 れ 高 2 年 の 勝 み な み ) ト ラ ホ ー ル の 囲 ホ ー ル 目 3 年 連 続 で 歳 の 高 校 ( 時 事 ) 目 。 過 去 に 宮 里 藍 、 宮 里 ・ フ z た し た 。 プ レ ー オ フ の 最 優 な か っ た 。 生 が 女 子 ア マ チ ュ ア の 頂 が 高 松 中 央 高 1 年 の 王 天 で 下 し た 。 美 香 ら が 達 成 し て い る 。 ( 朝 日 6 ・ Ⅳ ) 秀 選 手 に は ブ ラ ッ ク ホ ー ク 妤 信 ) に 6 ア ン ド 5 と 昨 年 4 月 に 国 内 ツ ア ー 点 に 立 っ た 。 大 学 生 が 強 ( 日 経 6 ・

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


特 定 秘 密 の 3 割 は 暗 号 初 の 国 会 報 告 決 定 : ・ 規 制 改 革 会 議 が 「 農 業 」 な ど 5 分 野 の 改 革 案 を 答 申 : ・ 観 光 産 業 活 性 化 で 政 府 が 新 目 標 を 発 表 : 「 介 護 難 民 」 は 年 後 に 万 人 創 成 会 議 が 試 算 引 国 会 議 員 所 得 、 3 年 連 続 増 年 平 均 2427 万 円 成 長 戦 略 ・ 要 旨 : ・ 自 民 党 文 化 芸 術 懇 話 会 で 報 道 規 制 発 = = 0 : ・ 記 事 特 集 骨 太 の 方 針 ・ 要 旨 : ・ ・ 四 翁 長 沖 縄 県 知 事 が 訪 米 米 政 府 関 係 者 と 会 談 南 シ ナ 海 の 「 秩 序 維 持 」 で 一 致 日 豪 防 衛 相 会 談 安 全 保 障 関 連 法 案 「 違 憲 」 論 争 規 制 改 革 実 施 計 画 ・ 詳 報 日 韓 外 相 が 関 係 改 善 努 力 で 一 致 サ ミ ッ ト 独 エ ル マ ウ で 開 く 「 安 保 法 制 は 憲 法 違 反 」 参 考 人 全 員 か 批 判 1 日 韓 国 交 正 常 化 周 年 両 首 脳 か 記 念 行 事 に 出 席 田 9 1 ・ 集 団 的 自 衛 権 は 「 合 憲 」 政 府 見 解 を 説 明 問 わ れ る サ ミ ッ ト の 意 義 : : 引 日 韓 、 曲 折 の 印 年 協 調 と 対 立 の 歴 史 ・ : LO 元 内 閣 法 制 局 2 長 官 が 安 保 法 案 を 批 判 : サ ミ ッ ト の 歩 み ウ ク ラ イ ナ 安 定 へ 支 援 安 部 首 相 が 首 脳 会 談 で 表 明 「 安 保 法 案 は 合 憲 な の ? 」 ( 毎 日 ・ な る ほ ド リ ) 5 サ ミ ッ ト 開 幕 対 ロ シ ア ・ 温 暖 化 対 か 焦 点 中 国 の 成 長 は 世 界 に 重 要 ー 経 済 討 議 ・ : 「 絽 歳 選 挙 権 」 が 成 立 一 三 ロ - 三 つ 中 国 の 南 シ ナ 海 埋 め 立 て に 危 機 感 一 致 ー 外 交 寸 議 7 年 度 の 一 般 会 計 税 収 は 田 兆 0(000 億 円 : : : ・ 年 153 月 期 の 、 改 定 値 は 3 ・ 9 % 増 選 挙 権 年 齢 が 衵 歳 以 上 に 改 正 公 選 法 が 成 立 : ・ 悍 対 露 で は 温 度 差 ウ ク ラ イ ナ 問 題 め く り ・ : 「 選 挙 権 の 条 件 は ? 」 ( 読 売 ・ acZ<) 衵 温 室 ガ ス 、 年 に % 減 ー 首 脳 宣 = = 0 : ・ ・ ・ 景 気 の 基 調 判 断 、 6 月 も 据 え 置 き ー 月 例 経 済 報 告 民 法 上 の 「 成 人 年 齢 」 が 検 討 課 題 に 中 露 の 台 頭 で の 枠 組 み に 限 界 閉 幕 : ・ 5 月 の 消 費 支 出 、 カ 月 ふ り に 増 加 : 有 権 者 240 万 人 増 各 党 が 若 者 取 り 込 み を 模 索 年 サ ミ ッ ト は 三 重 県 志 摩 市 で 開 催 安 部 首 相 表 明 貶 年 度 の 県 民 所 得 、 全 国 平 均 は 297 万 円 : : : 政 治 的 中 立 性 の 確 保 に 戸 惑 う 高 校 の 教 育 現 場 : 4 月 の 経 常 黒 字 、 年 比 で 6 倍 に 貿 易 赤 字 縮 小 で ・ 日 本 で の サ ミ ッ ト 開 催 地 「 衵 歳 選 挙 権 」 公 布 年 6 月 に 施 行 ・ 日 銀 、 金 融 政 策 の 現 状 維 持 を 決 定 : ・ 日 銀 か 「 決 宀 央 犬 ロ 」 を 決 定 年 8 口 に 骨 太 の 方 針 を 閣 議 決 定 通 常 国 会 、 日 間 延 長 安 保 法 制 審 議 で 戦 後 最 長 東 京 k— と 新 銀 行 東 京 が 経 営 統 合 で 墓 本 合 意 : ・ 財 政 再 建 、 成 長 重 視 の 骨 太 の 方 針 決 定 : ・ ・ ・ 正 防 衛 省 設 置 法 が 成 立 「 背 広 組 優 位 」 を 撤 廃 り そ な ホ ー ル デ ィ ン グ ス が 公 的 資 金 を 完 済 : ・ ー 成 長 戦 略 、 一 一 規 制 改 革 実 施 計 画 も 決 定 : ・ 地 方 分 権 一 括 法 な ど 地 方 創 生 関 連 2 法 が 成 立 ・ - 家 計 保 有 金 融 資 産 は 過 去 最 高 の 1708 兆 円 : ・ 「 骨 太 」 、 歳 出 抑 制 の 目 標 値 を 明 示 せ す : ・ ・ ・ 改 正 電 事 湾 か 並 困 年 か ら 「 哭 刀 離 」 を 実 施 衵 年 半 ふ り の 高 値 終 値 で 2 万 868 円 日 米 欧 を 価 急 落 ギ リ シ ャ 債 務 問 題 で : 3 度 目 の 骨 汰 ・ 成 長 戦 略 は デ フ レ 病 巣 に メ ス : ・ 改 正 学 校 教 育 法 が 成 立 「 小 中 一 貫 校 」 を 制 度 化 成 長 戦 略 ・ 骨 太 の 方 針 、 暮 ら し ・ 働 き 方 の ほ 、 改 正 道 交 法 が 成 立 歳 以 上 の 転 免 許 制 度 見 直 し 住 宅 地 面 積 の 伸 び ゼ ロ 設 定 政 府 の 国 土 利 用 計 画 主 「 第 」 耳 次

月刊 新聞ダイジェスト 2015年8月号


ロ シ ア 系 サ ケ ・ マ ス 漁 獲 量 、 7 割 削 減 日 ロ が 妥 結 % 令 状 な し の oæco 捜 査 は ヲ ラ イ バ シ ー 侵 害 」 懿 怩 ス ピ ー ス が ゴ ル フ の 全 米 オ ー プ ン 優 勝 : テ ニ ス 全 仏 オ ー プ ン 、 セ リ ー ナ が 3 度 目 の 優 勝 幗 ソ フ ト バ ン ク が 移 動 体 通 信 契 約 シ ェ ア で 初 の 減 少 遺 族 年 金 の 男 女 差 は 合 憲 ー 大 阪 高 裁 政 府 が 年 の 電 源 構 成 案 決 定 再 生 エ ネ は 倍 増 % 労 災 受 給 で も 「 打 ち 切 り 補 償 」 で 解 雇 可 能 ・ ・ ・ 統 計 ・ 話 題 5 月 の 訪 日 外 国 人 は 164 万 人 中 国 が ト ッ プ 定 時 株 主 総 〈 它 ー ク 9 割 岡 か 社 外 取 締 役 設 置 へ 四 厚 生 元 本 保 証 の ト ヨ タ 新 型 株 、 株 主 総 会 が 承 認 ・ : ・ 外 国 人 女 性 で 初 の 将 棋 女 流 プ ロ 誕 生 へ : ・ ・ 田 年 の 出 生 率 は 1 ・ 2 4 9. 年 ) ふ り に 低 下 ・ 東 京 海 上 が 米 保 険 大 手 を 億 円 で 買 収 : ・ 歳 以 上 の 高 齢 者 は 0000 万 人 ー 高 齡 社 会 白 書 上 半 期 ベ ス ト セ ラ ー は 「 フ ラ ン ス 人 服 着 」 ・ 世 界 成 長 を 2 ・ 8 % に 下 方 修 正 世 銀 見 通 し : ・ 2 8 年 度 国 民 年 金 納 付 率 は % 3 年 連 続 上 昇 : ・ 順 労 働 5 月 の 求 人 倍 率 1 ・ 倍 に 乙 年 ふ り の 高 水 準 ・ : イ ラ ク で 子 供 の 犠 礬 か 過 去 最 悪 ー 国 連 紛 争 報 告 書 東 日 本 大 震 災 復 興 事 業 の 被 災 地 負 担 は 最 大 3 ・ 3 % 大 手 賃 上 げ 、 月 額 8235 円 経 団 連 春 闘 最 終 集 計 子 供 へ の 虐 待 に よ る 経 済 的 損 失 兆 円 ー ユ ニ セ フ 5 年 度 の 復 興 事 業 総 額 は 6 ・ 5 兆 円 ー 政 府 決 定 女 性 就 業 率 、 年 は ・ 6 % ー 男 女 共 同 参 画 白 書 悃 世 界 の 難 民 5950 万 人 に 紛 争 、 迫 害 で 過 去 最 悪 米 で b—&< 法 が 成 立 l•—Q-æ 交 渉 加 速 へ : 福 島 復 興 で 新 指 針 避 難 指 示 解 除 は 年 春 ま で に 教 育 オ バ マ ケ ア は 合 法 連 邦 最 高 裁 が 判 決 : ・ 福 島 原 発 「 自 主 避 難 者 」 の 住 宅 無 償 提 供 の 終 了 発 表 中 3 に 英 語 の 全 国 テ ス ト 導 入 年 度 目 標 に : ・ 全 米 で 同 性 婚 容 認 へ 連 邦 最 高 裁 が 州 法 に 違 憲 判 決 政 府 が 福 島 第 一 原 発 の 廃 炉 工 程 表 を 改 定 : ・ : 文 科 相 が 国 立 大 に 国 旗 ・ 国 歌 の 実 施 を 要 請 : 公 立 小 中 の 5212 棟 で 耐 震 性 が 確 保 さ れ す : ・ 米 中 対 話 、 南 シ ナ 海 ・ サ イ バ ー 攻 撃 で 溝 埋 ま ら す 悃 文 化 利 上 げ 「 年 内 が 適 切 」 の 見 方 示 す ー ucr-n 議 長 引 年 金 情 報 大 量 流 出 日 本 年 金 機 構 に サ イ バ ー 攻 撃 群 馬 「 旧 新 町 紡 績 所 」 を 史 跡 に 文 化 審 が 答 申 神 戸 児 童 殺 傷 事 件 の 元 少 年 の 手 記 が 刊 行 : ・ ギ リ シ ャ 政 府 か ら の 返 済 は 「 延 滞 状 態 」 ——äLL : 環 境 露 が 核 戦 力 を 増 強 弾 道 ミ サ イ ル 新 配 備 計 画 発 表 ト ヨ タ 初 の 女 性 役 員 が 麻 薬 密 輸 の 容 疑 で 逮 捕 : ・ 引 温 室 ガ ス 排 出 量 、 年 に % 減 政 府 案 決 定 : ・ 沖 縄 で 「 慰 霊 の 日 」 式 典 戦 後 年 に 平 和 の 誓 い 「 マ グ ナ カ ル タ 」 制 定 cooo 年 英 国 各 地 で 記 念 行 事 憫 再 生 エ ネ 活 用 で 「 地 方 創 生 効 果 」 ー 環 境 白 書 中 国 ・ 周 前 書 記 に 無 期 懲 役 の 判 決 : ・ 東 海 道 新 幹 線 で 焼 身 自 殺 一 人 が 巻 き 添 え 死 亡 絶 滅 危 惧 、 371 種 増 加 ー レ ッ ド リ ス ト 最 新 版 < ー ー cn が 調 印 式 中 国 の 議 決 権 は % に : 那 覇 空 港 で 空 自 ヘ リ が 無 許 可 離 陸 民 間 機 緊 急 停 止 山 口 の 大 型 石 炭 央 力 発 電 所 の 新 設 認 め す ー 環 境 省 惘 長 江 で 客 船 が 転 覆 人 超 不 明 ・ : 東 芝 で 新 た に 億 円 の 不 適 切 会 計 が 判 明 % 科 学 改 正 風 営 法 成 立 ダ ン ス の 終 夜 営 業 が 可 能 に : ・ 8 9 央 星 の 衛 星 か ら 岩 石 採 取 ¯)<><< が 計 画 案 発 表 韓 国 で の 感 染 拡 大 ・ : 小 学 生 の 半 数 が い し め 被 害 ー 子 ど も ・ 若 者 白 書 月 の 南 極 探 査 、 年 代 初 め に 文 科 省 会 議 が 構 想 4 カ 国 で 同 日 テ ロ ・ 襲 撃 死 者 人 超 : ・ モ ル シ ・ エ ジ プ ト 元 大 統 領 に 死 刑 判 決 認 知 症 の 行 方 不 明 者 、 年 届 け 出 は 1 万 783 人 ス ポ ー ツ 訪 日 客 の 消 費 額 、 中 国 が 1 位 ー 観 光 白 書 ・ : ・ 燗 新 国 立 競 技 場 整 備 費 は 2520 億 円 ー 文 科 相 : 報 束 只 五 輪 追 加 競 技 を 8 種 に 絞 り 込 み 東 京 組 織 委 町 村 信 孝 前 衆 院 議 長 が 死 去 他 : ・ 0 普 天 間 飛 行 場 騒 音 で 国 に 賠 償 命 令 ー 那 覇 地 裁 支 部 LL —LL< プ ラ ッ タ ー 会 長 が 辞 任 表 明 ・ : - 三 0