検索 - みる会図書館

検索対象: DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号から 30件ヒットしました。

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


「 戦 わ な い た め に 、 今 、 闘 っ て い る 」 沖 縄 戦 、 最 後 の 証 言 者 た 辺 野 古 新 基 地 の 建 設 現 場 前 で 、 ヘ リ ハ ッ ド 建 設 予 定 の 高 江 の 米 軍 演 習 場 ゲ ー ト 前 で 、 「 基 地 は 絶 対 に 造 ら せ な い 365 日 、 非 暴 力 て 抵 抗 す る 人 々 か い る 彼 ら の 多 く は 沖 縄 戦 の 体 験 者 た 。 機 動 隊 に 排 除 さ れ て も 排 除 さ れ て も 夥 鼇 ~ 物 叫 壮 ~ た た ひ た す ら に 座 り 込 み 続 け る 彼 ら は 一 一 = ロ う 。 「 ニ 度 と 沖 縄 を 戦 場 に し な い 」 写 真 ・ 文 / 森 住 卓 Photo and Text by Takashi MORIZUMII 少 年 の こ ろ 、 〕 斤 の 友 達 と 海 軍 少 年 志 願 兵 に な ろ う と 契 り の 入 れ 墨 を 入 れ た 伊 佐 さ ん 。 「 土 」 の 字 は 「 海 で 死 な ず に 土 の 上 で 死 の う 」 と い う 意 味 だ っ た 。 2015 年 7 月 5 日

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


0 s ス タ ッ フ お す す め セ ッ よ り ふ か く 、 く わ し く 知 る た め に 未 た 続 く 沖 縄 の 闘 い 一 沖 縄 の 戦 争 と 基 地 問 題 ー 5 冊 入 り セ ッ ト 軍 事 要 塞 化 さ れ る 沖 縄 沖 縄 は こ の よ う に し て 沖 縄 か ら み る 尖 閣 自 民 党 に 勝 っ た 沖 縄 の 戦 争 、 日 本 に よ る 「 排 除 」 の 「 尖 閣 報 道 」 が 増 す に つ れ 日 本 国 デ 沖 の 後 な : 歴 史 、 基 地 問 題 を 通 し 、 「 積 極 的 平 内 で 偏 狭 な 「 領 土 ナ シ ョ ナ リ ズ ム 」 2014 年 11 月 の 知 事 選 、 翌 月 の 総 選 ォ 第 。 和 主 義 」 を 掲 げ る 政 府 に 脅 か さ れ て 挙 で 辺 野 古 新 基 地 建 設 に NO を 掲 が 台 頭 し た 。 い る 沖 縄 の 平 和 に つ い て 考 え る 。 隣 国 と 紛 争 が 起 き れ ば 、 真 っ 先 に 犠 - 物 げ る 候 補 者 が 次 々 に 当 選 。 文 / 大 田 昌 秀 、 仲 里 効 、 新 崎 哲 史 牲 に な る の は 沖 縄 だ 。 地 元 紙 の 記 民 意 は 示 さ れ た 。 者 が 、 本 当 に 必 要 な メ デ ィ ア の 果 た 「 オ ー ル 沖 縄 」 勝 利 の 軌 跡 。 す 役 割 を 問 い た だ す 。 沖 縄 を か え せ / 安 保 法 案 沖 縄 ・ 辺 野 古 / チ ェ ル ノ ブ イ リ 避 難 民 ア ン ケ ー ト 戦 後 70 年 、 基 地 を 押 し 付 け ら れ て き 「 結 局 何 の た め に 基 地 を つ く る か っ て 、 や つ ば り 戦 争 や 人 殺 し た 沖 縄 の 人 々 の 怒 り 、 沖 縄 で 「 慰 安 言 米 軍 と 日 本 政 府 が 権 力 で 、 沖 縄 の の た め だ と 思 う 。 今 オ ス プ レ イ が 飛 ん で い る け れ ど 、 ど う い う 被 婦 」 と さ れ た 女 性 た ち 、 辺 野 古 の 海 民 意 と 自 然 を 破 壊 し 続 け て い る 。 辺 害 が あ る か も わ か ら な い し 子 ど も た ち に と ん で も な い 被 害 が お 野 古 新 基 地 を め ぐ り 激 化 す る 国 家 要 き て か ら で は 遅 い 。 高 江 を そ の ま ま 、 自 然 の ま ま 残 し て ほ し い 。 上 で 繰 り 返 さ れ る 海 上 保 安 庁 の 暴 の 市 民 へ の 暴 力 と 、 オ ス プ レ イ 訓 練 別 に 特 別 な こ と 言 っ て る わ け じ ゃ な い 。 普 通 の 生 活 に 戻 し て く 力 。 そ し て 今 大 き く な り つ つ あ る 琉 球 だ さ い っ て い う た だ シ ン プ ル な こ と 。 」 独 立 論 。 文 / 大 田 昌 秀 、 高 里 鈴 代 、 強 行 の 高 江 と 自 衛 隊 配 備 が 決 ま っ 高 江 に 住 む 、 安 次 嶺 現 達 さ ん 松 島 泰 勝 た 与 那 国 。 沖 縄 の 人 々 の 声 を か き 消 し て は い け な い 。 チ ェ ル ノ ブ イ リ と 福 島 一 2 つ の 原 発 事 故 ー 5 冊 入 り セ ッ ト チ ェ ル ノ ブ イ リ で 何 が 起 き た か / チ ェ ル ノ ブ イ リ 20 年 目 の 子 ど も の 病 気 と 保 養 の 効 果 チ ェ ル ノ ブ イ リ に 降 っ た 謎 の 雨 悲 劇 保 養 は な ぜ 必 要 な の か 。 チ ェ ル ノ フ 。 チ ェ ル ノ ブ イ リ 事 故 後 、 現 在 ま で 現 チ ェ ル ノ ブ イ リ 原 発 事 故 後 20 年 。 イ リ 原 発 事 故 を 受 け て 、 べ ラ ル ー シ 、 ' 、 で は 国 を あ げ て 子 ど も た ち の 健 康 を 地 取 材 と 子 ど も た ち の 救 援 活 動 を 続 巨 大 な 資 金 の 流 れ が 、 : を ; 守 る た め の 政 策 が 進 め ら れ て き た 。 け る 広 河 隆 一 の レ ポ ー ト 。 事 故 後 、 大 手 メ デ ィ ア や 科 学 者 を 呑 み 込 み 、 人 々 は ど の よ う に 子 ど も を 守 ろ う と し た 、 ; に 、 日 本 で は ど う か 。 そ し て 真 実 を 覆 い 隠 し て い た 。 か 。 今 も 続 く 子 ど も た ち の 病 気 と の 闘 こ か ら 学 ぶ べ き 先 人 の 歩 み 。 い と 、 隠 さ れ た 病 気 の 多 発 に 迫 る 。 2013 / 2 月 号 チ ェ ル ノ ブ イ リ 30 年 、 福 島 5 年 、 人 々 に 何 が 起 き た か 。 チ ェ ル ノ ブ イ リ ー を 原 発 が 暴 走 し た 時 、 人 間 に で き る こ と は 何 も な い 。 一 度 暴 走 し た ら 昨 日 と 同 じ 故 郷 は 戻 ら な い 。 そ れ で も 原 発 を 動 か す の で す か ? ふ た つ の 事 故 被 災 地 を 取 材 し 、 得 た 証 言 と 写 真 か ら 、 改 め て 問 い か け る 。 1 の 写 員 を 第 第 を 第 か す こ と を あ 0. れ 第 ン ・ - ソ ′ ・ 物 第 沖 概 は こ の 新 に し 、 自 民 堯 に 鶤 っ た ー 物 の 、 事 を か す こ と も あ る ン ・ に ・ , - : ′ れ ド ト 野 都 基 地 、 許 さ な い 。 ツ ツ : ! は ヤ 物 を 去 ! 厳 : を 、 ら 第 域 い 店 第 一 経 第 一 を を を る フ 第 ト ン ヤ - ナ リ ム お 一 DAYS ー を 1 、 第 一 物 れ 軍 事 寒 化 : 沖 人 0 の 一 を 0 ・ ・ を ま の ・ 00 ・ 一 ・ 0 沖 縄 か ら み る 尖 閣 ー 4 P A 、 日 本 興 の 事 の 0 ら セ う ヒ ー DAYS DAYS 2015 / 2 月 号 ー 物 の 写 真 か 国 事 を 第 か す こ と も あ る . フ 第 を ン , -1 リ ス よ 講 ー 沖 縄 ・ 辺 野 占 暑 を れ 第 第 - み 第 ツ : 第 ・ 」 、 N 国 龕 の り カ に ノ ー を ! 2013 / 12 月 号 2014 / 7 月 号 DAYS チ ェ ル プ イ リ 血 ま み れ の フ ” 沖 縄 ・ 高 江 か ら の 声 2015 / 4 月 号 2015 / 6 月 号 気 月 第 一 直 第 第 置 み を 07 第 ト ン ヤ ー ナ ソ ス ム 物 ー 鈹 チ ェ ル ノ ブ イ リ ー A を A & 20 年 目 の 悲 創 を 1 DAYS DAYS は 慮 は 第 ・ 2011 / 11 月 号 2006 / 6 月 号 実 測 チ ェ ル ノ ブ イ リ 放 射 能 汚 染 地 図 、 福 島 の 人 が 住 む 町 と の 比 較 / 28 年 目 の チ ェ ル ノ ブ イ リ 事 故 後 28 年 目 に な る チ ェ ル ノ ブ イ リ 原 発 10 キ ロ 圏 内 の 放 射 能 値 を 測 定 。 福 島 第 一 原 発 事 故 後 3 年 目 の 福 島 県 の 数 値 と 比 較 す る 。 ′ 第 - 第 第 第 第 を を る フ 第 ト を ャ — 第 み み 物 第 DAYS 実 講 手 ェ ル / フ ィ リ 攷 射 能 汚 染 地 図 ] A P A N 、 島 の 人 を も 町 と に 28 み 1 ノ ッ イ リ , ウ ク ラ イ ナ か ら の 声 「 福 島 原 発 事 故 を 聞 い て 初 め に 思 っ た の は 、 事 故 に よ っ て 苦 し ん で い る 子 ど も た ち と 両 親 の 悲 劇 に つ い て で し た 。 心 理 的 な サ ポ ー ト が 必 要 だ と 思 い ま す 。 そ れ に 情 報 を 伝 え る こ と も 必 要 で す 。 何 が 起 き て い て 、 何 を さ れ た の か 、 こ の 先 何 が 起 き て い る の か も 。 だ か ら 情 報 が も っ と も 大 事 な ん で す 。 一 日 本 の 子 ど も た ち に も ユ ー ジ ャ ン カ の よ う な 保 養 所 が 必 要 だ と 思 い ま す 。 」 7 歳 で 甲 状 腺 が ん の 手 術 を 受 け た ス テ リ ナ ・ イ エ レ ナ さ ん 2014 / 6 月 号 2016 / 3 月 号 各 セ ッ ト 特 別 価 格 4 , OOO 円 ( 税 込 ・ 送 料 込 ) 単 冊 ( 1 冊 843 円 ・ 送 料 別 160 円 ) で の こ 注 文 も 可 能 で す 。 郵 便 振 込 用 紙 の 備 考 欄 に セ ッ ト 名 を ご 記 入 の 上 、 お 振 込 く た さ い 。 「 取 材 期 間 29 年 、 二 つ の 核 の 大 地 を 追 っ た 膨 大 な 命 の 記 録 集 DAYS バ イ ン ダ ー DAYS ス テ ッ カ ー 広 河 隆 一 写 真 集 「 チ ェ ル ノ ブ イ リ と 福 島 」 本 誌 1 年 分 12 冊 が 入 る 専 用 価 格 ( す べ て 税 ・ 送 料 込 ) 3 組 6 枚 : 600 円 パ イ ン ダ ー で す 。 B5 変 形 型 、 360P 5 組 IO 枚 .800 円 定 価 1,400 円 ( 税 込 ) IO 組 20 枚 : 1200 円 定 価 4 , 000 円 11 部 以 上 ご 希 望 の 方 は 、 戔 定 期 購 読 者 特 別 価 格 3 , 500 円 ※ 8.5cmx8.5cm サ イ ス 営 業 部 ま で お 問 い 合 わ せ く だ さ い 。 2 種 類 1 組 で 、 ( 送 料 1 部 300 円 、 2 ~ IO 部 500 円 ) ( 税 込 ・ 送 料 別 250 円 ) 3 組 6 枚 か ら の 販 売 に な り ま す 。 雑 誌 、 書 籍 の 購 入 は 綴 じ 込 み の 振 込 用 紙 に チ ェ ッ ク を い れ る か 、 ご 希 望 の 商 品 を 通 信 欄 に ご 記 入 の 上 、 お 振 込 み く だ さ い 。 お 問 い 合 わ せ は ( 株 ) デ ィ ズ ジ ャ パ ン ま で TEL : 03-3322-0233 EmaiI:[email protected] 1 人 々 の 意 志 か 戦 争 を 止 め る 日 か 必 す 来 る DAYS DAYS 人 々 の 意 志 が 戦 争 を 止 め る 日 が 必 す 来 る チ ェ ル ノ ブ イ リ と 福 島 J A P A N 、 0 、 E 町 ー WLL OF ー PEOPIE ー 第 6 ー 、 物 0 ー 0 物 4 ー 0 、 0 農 ー 1 ト を 物 ー 鱇 0 を に し 3 、 G 農 、 を 、 0 浦 4 ー 49

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


特 集 ・ 沖 縄 幸 せ に 生 き る 権 利 、 つ 、 」 0 の 姿 が あ っ た 。 「 こ ん な 年 寄 り が 来 っ て 銃 攻 撃 か ら 逃 げ る 途 中 、 赤 ち ゃ ん を 抱 い て 進 け る 母 親 と 出 会 い ま し た 。 母 親 は 足 も 力 に な れ な い け れ ど 、 わ じ わ じ し て そ ん な 彼 ら の 体 験 こ そ 、 戦 争 に 繋 が る な せ 座 り 込 み 続 け る の か に 大 ケ ガ を し て い て 、 赤 ち ゃ ん を 道 端 に ( 腹 が 立 っ て ) 、 家 で 休 ん で ら れ ん よ 」 と 、 す べ て の も の に 反 対 す る 揺 る ぎ な い 意 思 と な り 、 平 和 を 願 う 沖 縄 世 論 の 背 骨 と な 家 族 の 車 に 乗 せ て も ら い 駆 け つ け た 。 彼 置 く と 、 自 分 は 川 に 身 を 投 け て し ま い ま 4 月 、 元 海 兵 隊 員 で 嘉 手 納 基 地 に 勤 め し た 。 置 き 去 り に な っ た 赤 ち ゃ ん が 、 泣 っ て い る こ と を 強 く 感 じ て い る は 、 2007 年 か ら 高 江 で 座 り 込 み 続 け る 米 軍 属 が ウ ォ 1 キ ン グ 中 の 女 性 を 後 ろ て き た ひ と り だ 。 き も し な い で 草 の 中 か ら じ っ と こ ち ら を か ら 襲 い 、 そ の 遺 体 を 山 の 中 に 捨 て た 真 三 郎 さ ん は 、 歳 の と き に 沖 縄 戦 を 見 つ め て い る ん で す よ 。 あ の と き ど う し 発 見 さ れ た 遺 体 は 半 分 白 骨 化 し て い た て 助 け て あ げ な か っ た の か ? 今 で も 草 体 験 し た 。 軍 国 少 年 だ っ た 真 三 郎 さ ん は 、 残 忍 な 犯 罪 に 、 沖 縄 中 が 震 撼 し た 。 「 こ の ( 高 江 の ) に し こ 、 よ 、 絶 近 所 の 友 人 た ち と 海 軍 少 年 志 願 兵 に 応 募 の 間 か ら 赤 ち ゃ ん が こ ち ら を 見 つ め て い 事 件 発 覚 の 数 日 後 、 辺 野 古 新 基 地 建 設 る 夢 を 見 る ん で す 」 。 終 戦 後 、 行 方 不 明 し た 。 し か し 、 健 康 検 査 で ひ っ か か り 、 に 反 対 し 、 米 軍 キ ャ ン プ ・ シ 、 ワ プ 前 で 対 に 暴 力 」 振 る っ て は い け に な っ て い た 上 の 兄 は 中 国 戦 線 で 戦 死 、 真 三 郎 さ ん だ け 落 と さ れ て し ま う 。 そ の 座 り 込 む 市 民 の 前 で 、 三 線 を 演 奏 し よ う な い 暴 力 は 戦 争 に つ な が 一 一 番 目 の 兄 は サ イ バ ン で 斬 り 込 み 隊 に 入 後 、 母 は 真 三 郞 さ ん を 九 州 に 向 か う 疎 開 と し て い た 男 性 か い た 。 演 奏 を 始 め る 前 、 る だ か ら 非 暴 力 で 通 す こ っ て 戦 死 し た こ と が わ か っ た 。 海 軍 志 願 船 「 対 馬 丸 」 に 乗 せ よ う と 試 み た が 、 乗 彼 は 事 件 に つ い て の コ メ ン ト を 話 そ う と と 機 動 隊 に や ら れ て も じ 兵 に な っ た 友 達 も 、 対 馬 丸 に 乗 っ た 近 所 船 の 前 日 、 真 三 郎 さ ん は 「 家 族 と 一 緒 に し た 。 暫 く じ っ と う つ む い た 彼 は 、 い っ と 我 慢 し て ね 」 戦 う 」 と 言 っ て そ れ を 断 っ た 。 の 人 も 戻 ら な か っ た 。 な り 奇 声 を 発 し 大 声 で 泣 き 始 め た 。 事 件 1945 年 4 月 に な る と 、 真 三 郎 さ ん 幻 年 前 、 木 材 加 工 に 携 わ っ て い た 真 三 7 月 日 に 高 江 の ヘ リ 。 ハ ッ ド エ 事 が 強 へ の 悲 し み 悔 し さ 怒 り が こ ら え き れ ず 、 た ち が 住 む 泡 瀬 ( 現 ・ 沖 縄 市 ) に も 米 軍 郎 さ ん は 木 材 の 豊 富 な や ん ば る ( 山 原 ) 行 的 に 着 工 さ れ た 翌 朝 、 Z— ゲ ー ト 前 に 全 身 か ら 絞 り 出 す よ う な 声 だ っ た 。 が 迫 っ て 来 た 。 「 激 し い 艦 砲 と 米 軍 の 機 で 木 工 所 を 開 こ う と 泡 瀬 か ら 高 江 に 移 住 は 、 高 江 に 住 む 伊 佐 真 三 郎 さ ん ( 師 歳 ) 戦 後 、 米 兵 や 軍 関 係 者 に よ る 犯 罪 で 身 し た 。 仕 事 を 息 子 の 真 次 さ ん に 譲 り 、 こ 内 を レ イ プ さ れ 殺 さ れ 、 人 権 を 蹂 躙 さ れ か ら は 緑 豊 か な 高 江 で 悠 々 自 適 な 暮 ら れ た 人 々 の 正 確 な 数 は 明 ら か に は な っ て し を し よ う と 思 っ て い た 矢 先 の 9 年 前 、 い な い が 、 戦 後 を 生 き 抜 い て き た 沖 縄 県 ・ カ と 真 三 郎 さ ん の そ ん な 願 い は 米 軍 の ヘ リ 民 の 多 く が 、 そ の 悔 し さ を 胸 の 内 に し ま 々 ッ ド 建 設 計 画 で 破 ら れ た 。 自 分 の 戦 争 体 い 込 ん で き た 。 事 件 後 、 「 も う 我 慢 の 限 界 」 日 す 日 「 基 地 が あ る 限 り 事 件 事 故 は 無 く な ら な ;-> 一 丁 2 験 を 語 り だ し た の は そ の 頃 か ら だ 。 家 族 な 彳 月 か 6 に よ れ ば 、 そ れ ま で 戦 争 体 験 を 話 し た こ い 」 と い う 悲 鳴 の よ う な 声 か 上 が っ た の ス 年 と は な か っ た と い , フ は 、 当 然 の こ と だ っ た 。 R 年 以 上 前 の 記 憶 は 薄 れ 、 時 々 話 の 前 真 夏 の 炎 天 下 で 、 真 冬 の 底 冷 え の 中 で 、 よ も 後 が 入 れ 替 わ る と き が あ る が 、 そ れ で も 、 彼 ら は な ぜ 座 り 込 む の か ? 私 は 、 辺 野 竟 学 遠 い 記 憶 の 彼 方 か ら 細 い 糸 を た ぐ り 寄 古 新 基 地 建 設 と 東 村 高 江 の ヘ 1 通 じ 場 の 感 せ 、 記 憶 の 破 片 を ジ グ ソ ー パ ズ ル の よ う 設 に 反 対 す る 運 動 が 始 ま っ て 以 来 、 多 く 9- 練 ち を 一 6 の お じ い 、 お ば あ た ち の 姿 を 見 て き た 。 に つ な ぎ 合 わ せ 、 ゲ ー ト 前 の 若 者 た ち に 部 も 5 っ ~ 北 ど と 主 月 か に り 一 か け る 。 そ し て 日 取 後 に は こ - フ そ の 方 た ち の 多 く が 、 日 本 で 唯 一 の 地 上 子 安 か 不 戦 に 巻 き 込 ま れ 、 県 民 の 4 人 に 1 人 が 犠 の 隊 は 言 っ て ひ と り ひ と り に 微 笑 み か け る 。 「 戦 2 江 兵 民 高 海 住 争 は 絶 対 に や っ て は い か ん 。 安 倍 政 権 は 牲 と な っ た 沖 縄 戦 の 体 験 者 で 、 生 き 残 り っ ~ じ ゅ う り ん 伊 佐 真 三 郎 さ ん の 体 験 を 第 を を 第 第 、 : : を 3 安 新 な ー 学 寰 な に 、 第 い を 心 0 総

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


沖 縄 戦 最 後 の 証 言 特 集 ・ 沖 縄 幸 せ に 生 き る 権 利 上 : 辺 野 古 の 浜 に 上 陸 す る 水 陸 両 用 乗 員 輸 送 装 甲 車 。 沖 に は 揚 巒 監 が 姿 が あ っ た 。 沖 合 で 揚 陸 艦 に 乗 せ ら れ た 水 陸 両 用 乗 員 輸 送 装 甲 車 は そ の ま ま 中 東 な ど の 戦 場 に 派 遣 さ れ る 。 2016 年 1 月 28 日 右 : 大 潮 の 日 、 辺 野 古 の 海 は リ ー フ ま で 歩 い て 行 け た 。 若 い 海 保 職 員 を 説 得 す る 宮 里 洋 子 さ ん 。 2014 年 9 月 9 日 な く な り ま し た 。 呆 然 と し て い た 校 長 先 ら 特 攻 攻 撃 を し か け る 部 隊 だ っ た 。 座 間 味 の 島 民 は 日 本 軍 と 一 体 と な り 、 特 攻 艇 生 は 、 今 度 は 自 分 の 首 に カ ミ ソ リ を ひ と を 隠 す た め の 壕 や 塹 壕 掘 り な ど を 強 制 さ 振 り し ま し た 。 『 シ ュ ッ 』 と い う 血 が 噴 き 「 ク 戦 争 法 ク か で き 、 、 こ 座 っ て い た 私 せ ら れ た 。 軍 の 機 密 を 知 っ て し ま っ た 住 出 る 音 と と も に 、 向 力 し ( た ら 辺 野 古 の 基 地 の 体 に 血 が 降 り か か っ て き ま し た 。 あ の は 日 本 の 海 外 へ の 民 は 日 本 軍 に 監 視 さ れ 、 島 外 に 出 る 自 由 と き の 生 温 か い 血 と そ の に お い は 今 も は も 奪 わ れ た 。 米 軍 の 上 陸 後 、 海 に 囲 ま れ 出 撃 基 地 に な る つ き り と 記 憶 に あ り ま す 」 。 こ れ が 、 洋 子 た 小 さ な 島 で 逃 げ 場 を 失 っ た 住 民 は 、 渡 そ , っ し た ら 、 沖 縄 さ ん が 入 っ て い た 壕 で 起 こ っ た こ と だ 。 さ れ た 手 榴 弾 や カ ミ ソ リ 、 農 薬 な ど で 「 自 は ま た 戦 場 に な 洋 子 さ ん が 「 死 ぬ の は イ ヤ だ 1 」 と 叫 ん 決 」 し て い っ た と い う る 私 が 辺 野 古 に 当 時 4 歳 だ っ た 洋 子 さ ん こ 、 豪 - だ の は 、 洋 子 さ ん の 母 も 、 弟 と 姉 の 首 を し か し 母 親 か ら 、 「 死 カ ミ ソ リ で 切 っ た か ら だ と い う 。 母 や 姉 、 通 , つ の は 、 戦 争 で 時 の 記 憶 は な い 。 ぬ の は イ ヤ だ ー 」 と 叫 ん で 壕 か ら 飛 び 出 弟 も 生 き 延 び た が 、 首 に は そ の 時 の 痕 が 物 事 を 解 決 す る す っ と 残 っ て い た し 、 助 か っ た と 聞 い た 。 洋 子 さ ん が い た 時 代 は も う 終 わ 私 は 、 洋 子 さ 洋 子 さ ん は 言 う 。 「 実 は 私 は 辺 野 古 に 壕 で 何 が 起 こ っ た の か ? り に し て ほ し い と ん と 同 じ 壕 に 避 難 し 、 「 集 団 自 決 」 を 目 あ ま り 関 心 を 持 っ て い な か っ た ん で す 。 願 う か ら で す 」 の 当 た り に し た 当 時 川 歳 だ っ た 今 は 亡 き で も 、 気 づ い た ら ( 辺 野 古 に ) 通 う よ う に 2014 年 9 月 、 辺 野 古 宮 里 哲 夫 さ ん に 、 2008 年 に イ ン タ ビ な っ て い ま し た 。 私 の 体 験 も 、 辺 野 古 に 行 ュ ー し た こ と が あ る ノ 、 よ 一 フ に な っ て か 、 ら ・ 詁 せ る よ , フ に な り 6 の 新 基 地 建 設 現 場 で 、 埋 め し た 。 一 一 度 と あ の 戦 争 を 繰 り 返 し て は な 哲 夫 さ ん が 逃 げ 込 ん だ 時 、 壕 は 、 座 間 立 て ポ 1 リ ン グ 調 査 に 抗 議 す る 宮 里 洋 子 さ ん (E 歳 ) 味 国 民 学 校 の 先 生 や そ の 家 族 、 近 所 の 人 ら な い 。 戦 争 で 物 事 を 解 決 す る 時 代 は も う 終 わ り に し て ほ し い と 願 う か ら で す 」 の 姿 が あ っ た 。 若 い 海 保 職 た ち で い つ ば い に な っ て い た と い う 。 哲 ン 員 に 語 り か け る 。 「 私 は 『 集 夫 さ ん と 母 親 と 姉 の 三 人 は 、 入 り 口 付 近 も り ず み ・ た か し 団 自 決 』 の 生 き 残 り だ 。 一 一 に 座 り 込 ん だ 。 目 の 前 に は 国 民 学 校 の 校 フ ォ ト ジ ャ ー ナ リ ス ト 。 1994 年 か ら 世 界 の 核 実 験 被 曝 者 の 取 材 を 開 始 。 現 在 は 福 島 、 沖 縄 の 度 と 戦 争 は い や だ 」 長 先 生 夫 妻 が 座 っ て い た 壕 の 奥 で 軍 が 基 地 問 題 な ど を 中 心 に 取 材 。 著 書 に 『 シ リ ー ス 核 汚 染 の 地 球 』 ( 新 日 本 出 版 社 ) 、 『 福 島 第 一 原 発 1945 年 3 月 跖 日 、 米 軍 は 那 覇 の 西 住 民 に 配 っ た 手 榴 弾 が 爆 発 し 、 耳 を つ ん 風 下 の 村 』 ( 扶 桑 社 ) 、 『 ゃ ん ば る で 生 き る 』 ( 高 文 ざ く 爆 発 音 と 、 悲 鳴 、 う め き 声 が 聞 こ え 和 キ ロ に 浮 か ぶ 慶 良 間 諸 島 の 座 間 味 島 に 社 ) 、 『 ゃ ん ば る か ら の 伝 言 』 ( 共 著 、 新 日 本 出 版 社 ) 、 新 著 に 『 冲 縄 戦 最 後 の 証 言 お じ い ・ お ば あ 、 哲 夫 さ ん た ち 上 陸 し た 。 上 陸 前 、 住 民 は 日 本 兵 か ら 、 「 米 て き た 。 入 り 口 近 く に い た が 米 軍 基 地 建 設 に 抵 抗 す る 理 由 』 ( 新 日 本 出 版 社 ) 等 多 数 。 1951 年 、 神 奈 川 県 生 ま れ 。 は 無 事 だ っ た 。 す る と 、 校 長 先 生 が 鞄 か 軍 に 捕 ま れ ば 男 は 八 裂 き に さ れ 、 戦 車 に ら カ ミ ソ リ を 出 し 、 奥 さ ん の 首 を 切 り 始 ひ き 殺 さ れ 、 女 は 強 か ん さ れ て 殺 さ れ る 軍 理 め た と い う 捕 ま る 前 に 自 決 し ろ 、 捕 虜 に な る こ と は 一 一 = ロ 米 る 幻 証 が す 「 首 の あ ち こ ち か ら 血 が 噴 き 出 し ま し 最 大 の 恥 だ 」 と 教 え ら れ 、 自 決 用 の 手 榴 の あ 抗 出 後 ば 抵 本 奥 さ ん は 『 ま だ で す よ 、 ま だ で す よ 、 弾 が 渡 さ れ て い た 最 お に 日 慶 良 間 諸 島 に 配 備 さ れ た 海 上 特 攻 隊 お 父 さ ん 、 ま だ 死 ん で い ま せ ん よ と 言 縄 い 建 2 車 お 地 住 い ま し た が 、 そ の う ち に そ の 声 も 聞 こ え は 、 本 島 に 押 し 寄 せ る 米 軍 艦 船 に 背 後 か / 一 基 森 っ ~ 宮 里 洋 子 さ ん の 体 験 0 お じ い ・ お ば あ が 米 軍 基 地 建 設 に 抵 抗 す る 理 由 森 住 新 こ 專 出 第 社

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


い う の か 許 可 条 件 で す 。 で も 、 こ こ に ヘ リ ら 。 そ し て 、 高 江 の き れ い な 所 を た く さ ん で し ょ - フ ? ・ 結 局 の と こ ろ 、 米 軍 が 希 望 す る と お り の 。 、 ツ ド が 完 成 し た ら 、 米 軍 車 両 は ひ っ き り 子 ど も た ち が こ れ か ら 本 当 に 幸 せ に 暮 基 地 強 化 に 繋 が っ て い る 。 普 天 間 飛 行 場 見 て 帰 っ て 欲 し い 」 な し に 行 き 来 し ま す よ 。 だ か ら 、 せ つ か く ら し て い け る の か 、 不 安 に な る こ と が 多 の 「 代 替 基 地 」 と さ れ る 辺 野 古 新 基 地 は 、 日 本 に 返 還 さ れ て 、 い ま は 国 有 林 と し て み い と い う 。 こ れ か ら 先 、 子 ど も た ち が 避 新 た な 機 能 を 備 え た 巨 大 な 軍 事 基 地 と な 違 法 だ ら け の ヘ リ ハ ッ ド 建 設 ん な の 財 産 に な っ て い る 森 林 が 、 今 回 の エ り 、 高 江 で は 、 オ ス プ レ イ が 離 着 陸 で き ら < 難 先 か ら 帰 り 、 ま た も と の 家 で 暮 ら せ る ヘ リ バ ッ ド の 建 設 は 、 国 に よ る 違 法 行 為 事 に よ っ て 基 地 の 強 化 の た め に 使 わ れ る ん 日 は 来 る の か 安 次 嶺 さ ん は 「 き っ と 状 る 新 た な ヘ リ バ ッ ド が 造 ら れ て い る 。 そ が 多 く 指 摘 さ れ て い る 。 市 民 ら が 抗 議 行 動 で す 」 ( 北 上 田 さ ん ) て c の う ち の ひ と つ は 、 字 嘉 川 の 沿 岸 ・ 河 口 況 は 変 わ ら な い と 思 う よ 。 あ と 4 つ で き の た め に 使 っ て き た テ ン ト を 強 制 的 に 撤 去 工 事 の 車 両 は ひ っ き り な し に ゲ ー ト 内 に 部 の ヘ リ 。 、 ツ に ー と 連 動 し 、 そ 一 フ す る こ と る ん だ か ら 」 と 言 う 。 「 子 ど も は 何 も 悪 い う ん し た こ と も そ の 正 当 性 が 疑 問 視 さ れ て い る 入 っ て い く 。 と は い え 、 人 々 は 決 し て 諦 め で 、 こ れ ま で 北 部 訓 練 場 で は で き な か っ こ と し て な い の に な 」 れ 現 し 、 7 月 日 に 無 理 矢 理 県 道 を 封 鎖 し た こ て い な い 歌 を う た い 、 気 持 ち を 奮 い 立 た た 海 か ら の 侵 入 離 脱 訓 練 が で き る 基 地 に オ ス プ レ イ が 高 江 に 来 る こ と は 、 住 民 ら 嶺 え 次 。 と も 、 多 く の 弁 護 士 ら が 不 当 だ と し て い る 。 せ 、 非 暴 力 で ま た 声 を あ げ る 。 に 問 い た た し て も 、 「 分 な る こ と が 指 摘 さ れ て い る ら が 再 三 防 衛 局 抱 安 「 こ こ で 諦 め た ら 、 沖 縄 の お じ い お ば あ が 「 な ん か も う 、 戦 争 の 準 備 で も し て る ん 県 民 の 「 水 が め 」 と さ れ 、 沖 縄 本 島 全 域 に か ら な い 」 と 言 わ れ 、 隠 さ れ て き た 。 国 員 れ 隊 さ 水 を 供 給 す る 新 川 ダ ム そ ば の 村 道 は 車 両 の 何 の た め に 今 ま で 戦 っ て き た の か 、 申 し 訳 じ ゃ な い か と 思 う よ ね 。 宮 古 島 や 石 垣 島 、 の い う 「 沖 縄 の 負 担 軽 減 」 「 基 地 縮 小 」 は 、 与 那 国 島 に も 自 衛 隊 が ど ん ど ん 配 備 さ れ 重 量 規 制 が か け ら れ て い る が 、 東 村 に は 書 な い 気 持 ち に な り ま す 。 お じ い お ば あ は ア さ ら に 、 ヘ リ 基 地 反 メ リ カ と 戦 っ て き ま し た が 、 私 た ち の 目 の て 、 何 の 準 備 な の か と 。 日 本 の 政 府 は そ 類 は 出 さ れ て い な い 、 る の は い っ た い 誰 な ん で し よ う ね う い う の を 沖 縄 だ け に 押 し 付 け て 、 も し 対 協 抗 議 船 船 長 の 北 上 田 毅 さ ん に よ る と 、 防 衛 局 が 、 事 前 の 協 議 も な し に 国 有 林 を 伐 諦 め ら れ な い ん で す 」 戦 争 が あ っ た 時 に は 、 そ れ も 沖 縄 だ け に ご と い う 。 「 Z— の 伊 佐 さ ん は そ う 言 っ て 笑 っ た 。 採 し て い る こ と も 違 法 カ 押 し 付 け る よ う な 気 が す る 」 グ ー ト か ら Z 1 の ヘ リ バ ッ ド ま で は 、 工 事 ト さ い 宿 安 次 嶺 さ ん は 、 自 宅 近 く に 。 「 家 族 で で 車 両 は 、 所 々 崩 落 し た 旧 林 道 を 改 修 し な が を 造 ろ う と し て い た と い う ら 進 ん で い か な く て は な り ま せ ん 。 と こ ろ き る 範 囲 で 、 3 部 屋 ぐ ら い の 小 さ い 宿 を 2 、 、 ら 中 が 両 側 の 底 地 は 国 有 林 で す か ら 、 造 っ て 、 こ れ か ら や ろ う か っ て 思 っ て た そ ん な と き に オ ス プ レ イ が ど ん ど ん う る 縄 防 衛 局 が 工 事 の 手 続 き を 進 め て も 勝 手 に さ く な っ て 、 基 地 が 造 ら れ よ う と し て 切 る こ と は で き ま せ ん 。 人 間 の 胸 の 高 さ で 直 径 4 セ ン チ を 超 え る 木 に つ い て は す べ て そ こ に 宿 を 造 っ て さ 、 泊 ま り に 来 る 人 が い る の か な と 思 っ た ら ね 、 造 る の も ち ょ 沖 縄 森 林 管 理 署 と 協 議 を す る 必 要 が あ り ま っ と 、 ど - フ し ょ 一 フ か と 思 っ ち ゃ っ て 。 せ す が 、 そ れ な し に 、 防 衛 局 は 工 事 に 入 っ て い ま す 」 。 さ ら に 防 衛 局 は 、 Z— 裏 に 続 く つ か く お 客 さ ん が 来 て も さ 、 い き な り 夜 に オ ス プ レ イ が 飛 ん で 来 た ら 、 び つ く り 別 の 旧 林 道 に 関 し て も 、 工 事 用 の 道 路 と す る た め 、 7 月 ⅱ 日 に 沖 縄 森 林 管 理 署 に 国 有 し て 帰 る ん じ ゃ な い か と 思 っ て 」 。 宿 造 り は 途 中 で 止 ま っ た ま ま だ 林 の 使 用 承 認 申 請 書 を 提 出 し 、 沖 縄 森 林 管 「 来 ら れ る 人 は 高 江 に 来 て 欲 し い 」 と 安 理 署 は 、 そ れ を わ ず か 3 日 で 承 認 し て し ま っ た と い う 。 「 本 来 は 、 国 有 林 と い う の は 、 次 嶺 さ ん は 言 う 。 「 宿 も な い し 、 遠 い し 、 来 る の は 大 変 な 場 所 。 で も 、 た く さ ん 来 工 事 の 許 可 が お り た と し て も 、 工 事 が 終 わ れ ば ま た 現 状 復 帰 を し て 森 林 を 復 旧 す る と て く れ た ら 、 世 論 は 動 く か も し れ な い か 1 高 江 の 上 空 を 飛 ぶ オ ス プ レ イ 。 2016 年 6 月 Ph0tO by Ikuk0 ISA 21 DAYS JAPAN 2016 / 9

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


特 集 ・ 沖 縄 平 和 に 生 き る 権 利 方 」 と そ の 増 補 版 で あ る 。 こ の 解 釈 運 用 は か っ て な い ほ ど 、 と げ と げ し 、 入 し た 。 こ れ は 、 2014 年 に 実 施 さ れ た 北 九 州 市 の 指 定 暴 力 団 ・ 工 藤 会 の 壊 滅 マ ニ ュ ア ル は 、 実 際 の 協 定 の 条 文 以 上 に 基 地 あ る か ゆ , ん に 米 側 に お も ね り 、 驚 く べ き 米 軍 優 位 の 裏 傷 つ け , ら れ る 命 作 戦 の 際 に 投 入 さ れ た 機 動 隊 員 53 。 人 米 軍 の 長 期 駐 留 背 景 に 解 釈 が こ れ で も か と 繰 り 出 さ れ て い る と 同 じ 規 模 で あ る 。 に も か か わ ら ず 、 在 生 ま れ た 日 米 地 位 協 定 1972 年 の 沖 縄 返 還 以 来 、 米 兵 や 軍 日 本 外 交 の 恥 部 が 詰 ま っ た 「 パ ン ド ラ の 京 大 手 メ デ ィ ア の 大 半 は 、 市 民 の 思 想 ・ 箱 」 の よ う な こ の 文 書 は 、 ご く 一 部 の 外 属 ら に よ る 沖 縄 で の 強 姦 事 件 は 、 201 在 日 米 軍 が 引 き 起 こ す 事 件 ・ 事 故 や 、 信 条 の 自 由 を 背 景 に し た 行 動 を 押 さ え っ 5 年 ま で に 129 件 も 起 き た 。 そ の 逮 捕 演 習 の 被 害 に さ ら さ れ る 基 地 周 辺 自 治 体 務 省 の 担 当 者 だ け に 引 き 継 が れ て い る け 、 弾 圧 に 等 し い 警 備 の 異 常 さ を 報 じ る 者 か 14 7 人 に 上 る 事 実 は 、 囲 件 程 度 は 「 ー 考 え 方 」 に は 、 あ ま り の 長 期 に わ た や 住 民 に 背 を 向 け 、 米 軍 の 運 用 を 最 優 先 姿 勢 が 弱 す ぎ る の で は な い か 集 団 強 姦 だ っ た こ と を 一 小 す 。 1 年 で 平 均 す る 日 本 政 府 の 姿 こ そ が 、 基 地 負 担 軽 減 る 他 国 軍 隊 の 常 時 駐 留 と い う 、 国 際 法 が 戦 後 月 年 を 迎 え て な お 、 沖 縄 社 会 は 、 3 人 の 女 性 が 米 兵 ら に よ る レ イ プ 被 害 に 想 定 し な い 異 様 な 事 態 を 踏 ま え 、 米 軍 の 米 軍 基 地 の 存 在 に 起 因 す る 事 件 か ら 、 夢 の 最 も 大 き な 壁 と な っ て い る 在 日 米 軍 の 法 的 地 位 や 義 務 を 定 め た 政 駐 留 根 拠 と 法 的 地 位 な ど を 定 め る 地 位 協 遭 う 地 域 が 、 日 本 の ど こ に あ る の か 世 と 希 望 に 満 ち て い た 囲 歳 の 女 性 の 命 と 尊 界 中 に あ る 米 軍 駐 留 地 の 中 で も 、 「 基 地 定 が 必 要 に な っ た と 赤 裸 々 に 記 さ れ て い 厳 を 守 れ な か っ た 。 県 民 は 等 し く 、 未 来 府 間 協 定 が 、 日 米 地 位 協 定 で あ る 。 全 囲 の 島 ・ 」 は 異 常 な 無 法 地 の 犠 牲 者 を 出 さ な い 責 任 を 背 負 っ て い る 条 。 基 地 返 還 の 際 、 ど ん な に 土 地 が 汚 染 る 。 米 国 の 日 本 占 領 下 で 締 結 さ れ た 「 日 米 行 政 協 定 」 ( 米 軍 の 日 本 国 内 へ の 配 備 帯 と 化 し て い る 。 さ れ て い て も 、 米 軍 に 浄 化 義 務 を 負 わ さ こ と を 深 く 自 覚 し た 。 2 万 人 超 の 米 兵 が 居 座 り 続 け る 沖 縄 で 19 5 2 年 4 月 囲 の 条 件 を 定 め た 協 定 。 ず ( 第 4 条 ) 、 基 地 内 で 拘 東 さ れ た 米 兵 の 未 来 ま で 横 た わ る 沖 縄 に お け る 基 地 の 1960 年 の 日 米 安 保 条 約 基 地 問 題 を 追 っ て い る と 、 確 信 を 強 め て 犯 罪 容 疑 者 は 日 本 側 が 起 訴 す る ま で 身 柄 日 発 効 ) が 、 過 重 負 担 の 土 台 に あ る の が 、 在 日 米 軍 に い る こ と が あ る 。 兵 士 の 数 を 大 幅 に 削 減 が 引 き 渡 さ れ な い ( 第 レ 条 ) な ど 、 不 平 改 定 と 同 時 に 日 米 地 位 協 定 に 衣 替 え し た 特 権 的 地 位 を 与 え て い る 日 米 地 位 協 定 で が 、 行 政 協 定 が 宿 し て い た 圧 倒 的 な 米 軍 し な い 限 り 、 統 計 学 的 に 性 被 害 と 事 件 が あ る 。 女 性 殺 害 事 件 に 抗 議 す る 県 民 大 会 等 な 協 定 へ の 批 判 は 根 強 い 琉 球 新 報 社 が 2004 年 に 特 報 し 、 計 優 位 の 不 平 等 性 や 特 権 は 温 存 さ れ た 。 そ 起 き 続 け 、 新 た な 県 民 が 犠 牲 に な る こ と で も 、 在 沖 海 兵 隊 撤 退 と 共 に 日 米 地 位 協 は 避 け ら れ な い と い う こ と だ 。 米 軍 の 幹 面 を 使 っ て 全 文 掲 載 し た 外 務 省 の 永 久 れ 以 来 、 一 度 も 改 定 さ れ た こ と が な い 。 定 の 改 定 を 求 め る 決 議 が な さ れ た 部 や 米 政 府 関 係 者 が 「 女 性 を 襲 う よ う な 日 米 地 位 協 定 に 対 す る 沖 縄 社 会 の 視 線 機 密 文 書 が あ る 。 「 日 米 地 位 協 定 の 考 え 一 握 り の 不 心 得 者 が 、 2 万 人 を 超 え る 兵 士 の 中 に 紛 れ 込 む こ と を 防 ぐ こ と は で き な い 」 と し て 、 事 件 ・ 事 故 根 絶 は 困 難 だ れ , 米 軍 統 治 下 で 起 き た 幼 女 殺 害 を 含 む 多 く の 女 性 暴 行 事 件 、 と 言 い 放 つ の を 聞 き 、 あ ぜ ん と し た こ と 1995 年 の 少 女 乱 暴 事 件 、 そ し て 今 回 の 女 性 殺 害 事 件 は 、 か あ る 手 月 軍 隊 組 織 で 培 わ れ た む き 出 し の 暴 力 が 女 性 の 尊 厳 を 容 赦 な す ぐ に 基 地 を な く す こ と が 難 し い の な 現 6 ら ば 、 最 低 限 、 日 米 地 位 協 定 を 改 定 し 、 く 蹂 躙 す る 構 図 で 共 通 す る 。 弱 い 女 性 が 被 害 に 遭 っ た 事 件 の れ 2 米 兵 ら に 事 件 を 起 こ し て も 逃 げ お お せ る 多 く の 容 疑 者 が 基 地 内 に 逃 げ 込 み 、 迷 宮 入 り し た ケ 1 ス は こ と が で き る と い う 誤 解 を 抱 か せ 、 特 権 を か 忍 < -6 に 守 ら れ て い る と い う 意 識 を 払 拭 す る こ 数 え 切 れ な い 泣 き 寝 入 り し た 被 害 者 を 含 め 、 基 地 あ る が 2 た 中 と が 不 可 欠 の は ず で あ る 。 し か し 、 日 本 ゆ え に 奪 わ れ 、 傷 つ け ら れ た 命 は 数 え 切 れ な い 無 数 の 無 念 さ 々 0 政 府 は 地 位 協 定 改 定 に 腰 を 上 げ よ う と は 害 花 6 殺 た か 沖 縄 戦 後 史 に 影 を 落 と し て い る 。 し な い 。 未 来 に わ た っ て 米 兵 が 起 こ す 事 7 ′ っ ~ し ゅ う り - ん

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


は い IL - に う ド 3 。 当 3 行 し 、 参 院 選 で の 支 持 に つ な げ る 落 ん 米 軍 の 「 排 他 的 管 理 権 」 を 認 め て い る た め 、 同 意 が な い 限 り 、 日 本 の 警 察 は 立 ち 首 相 は 卑 劣 極 ま る 事 件 で 沖 縄 の 女 性 が 犠 麺 入 り で き な 」 。 県 警 は 軍 属 の 男 の 基 地 内 牲 に な る 事 件 が 起 き て も 、 米 国 の 反 発 を ま っ と の 足 取 り を た ど る 捜 査 を 全 う で き な か 買 う こ と を 恐 れ 、 再 発 防 止 策 の 要 と な る つ 、 、 0 日 地 位 協 定 改 定 に 全 く 言 及 し な か っ た 。 オ き ん ち ょ う 2008 年 に 月 、 金 武 町 伊 芸 区 で 、 米 ハ マ 氏 の 広 島 訪 間 と 背 中 合 わ せ の 「 政 権 位 。 軍 演 習 場 か ら の 流 れ 弾 が 民 家 に 止 め て あ 益 」 の 「 最 大 化 」 を 「 最 優 先 」 し た の だ / っ た 車 に 当 た る 事 件 が あ っ た 。 基 地 内 か 政 府 の 対 米 従 属 姿 勢 は 極 ま っ て い る か ら の 流 弾 に 間 違 い な か っ た が 、 沖 縄 県 警 新 基 地 建 設 問 題 で は 「 抑 止 力 維 持 」 を 名 へ オ の 立 ち 入 り 調 査 実 現 ま で 1 年 近 く か か っ 目 に 辺 野 古 移 設 の 他 に 選 択 肢 は な い と す た 。 結 局 、 重 機 関 銃 弾 を 誤 射 し た と み ら る 一 方 で 、 県 民 の 生 命 に 関 わ る 日 米 地 位 日 べ 4 周 Ⅶ れ る 海 兵 隊 の 部 隊 は 沖 縄 か ら す で に 去 っ 協 定 の 欠 陥 に は 手 を 付 け よ う と は し な 一 三 ロ 月 亥 >- て い た 。 容 疑 者 特 定 ど こ ろ で は な く 、 事 国 民 の 安 全 を 守 る べ き 責 務 を 放 棄 し 8 凪 目 年 残 件 は 迷 宮 入 り し た 。 て い る と 一 言 う し か な い 4 の O 丿 0 O ー C 2 へ 米 兵 犯 罪 の 元 凶 爆 音 被 害 の 歯 止 め な し 件 の 被 害 者 を 拡 大 再 生 産 す る 責 任 を 誰 が の 支 障 は な か っ た よ う に 見 え る 。 し か し 、 米 軍 基 地 を 治 外 法 権 の よ う に 規 定 し 、 極 東 の 空 軍 拠 点 ・ 嘉 手 納 基 地 で は 、 激 取 る と い う の か 実 態 は 違 う 。 容 疑 者 は 米 軍 基 地 内 で 証 拠 米 軍 人 ・ 軍 属 の 特 権 を 認 め る 日 米 地 位 協 し い 爆 音 を 放 っ 巧 戦 闘 機 、 海 兵 隊 の 普 隠 滅 を 図 っ た 可 能 性 が あ る に も か か わ ら 定 が 基 地 犯 罪 の 元 凶 で あ る こ と は 明 ら か 天 間 飛 行 場 で は 墜 落 事 故 を 繰 り 返 し て き ず 、 基 地 内 で は 直 ち に 捜 査 権 を 行 使 す る だ 。 し か し 今 回 の 軍 属 事 件 で も 、 日 本 政 府 た オ ス プ レ イ が 深 夜 、 未 明 に 飛 び 基 地 内 捜 査 で き す こ と が で き な か っ た 。 証 拠 隠 滅 の 可 能 性 は 日 米 地 位 協 定 の 改 定 を 米 側 に 求 め ず 、 立 っ 運 用 が 繰 り 返 さ れ て い る 。 住 民 の 安 県 警 は 「 遺 体 を ス 1 ッ ケ ー ス に 入 れ て 運 用 改 善 で 幕 引 き を 図 ろ う と し て い る 眠 が 突 き 破 ら れ 、 幼 児 が 飛 び 起 き て 泣 き 1 ・ 、 ・ つ ん ズ 一 1 ー 1 「 レ 4 月 末 に 起 き た 米 軍 属 に よ る 女 性 殺 害 運 ん だ 」 と い う 容 疑 者 の 供 述 に 基 づ き 、 軍 属 事 件 で 容 疑 者 が 逮 捕 さ れ て か ら 6 出 す こ と も あ る 。 車 の 前 事 件 は 、 米 軍 基 地 内 で 日 本 の 警 察 が 捜 査 執 念 の 捜 査 を 尽 く し 、 沖 縄 本 島 中 部 の 最 日 後 、 被 爆 地 ・ ヒ ロ シ マ 訪 間 を 前 に 来 日 で 聞 く ク ラ ク シ ョ ン の 音 に 匹 敵 す る 激 し 権 を 十 分 に 行 使 で き な い 実 情 を 照 ら し 出 終 処 分 場 で 米 軍 仕 様 の 大 型 ス 1 ッ ケ ー ス し た オ バ マ 米 大 統 領 と 安 倍 晋 三 首 相 が 会 い 爆 音 が 寝 静 ま っ た 時 間 帯 に 響 き 、 何 千 、 し た 。 沖 縄 県 警 は 6 月 初 め 、 死 体 遺 棄 容 数 点 を 押 収 し た 。 こ の 処 分 場 は 米 軍 基 地 談 し た 。 前 途 洋 々 の 若 い 国 民 の 命 を 守 れ 何 万 の 県 民 が た た き 起 こ さ れ る 。 欧 米 で 疑 で 逮 捕 し て い た 、 元 米 海 兵 隊 員 の 軍 属 の 廃 棄 物 を 処 理 し て い る 。 容 疑 者 は 土 地 な か っ た 日 本 の 為 政 者 は 、 在 沖 米 軍 の 基 は あ り 得 な い 基 地 運 用 が 続 い て い る の 男 を 殺 人 と 強 姦 致 死 の 容 疑 で 再 逮 捕 し 勘 が あ る キ ャ ン プ ・ ハ ン セ ン 内 で ス 1 ッ 地 、 兵 員 の 削 減 は 求 め ず 、 日 米 地 位 協 定 日 米 地 位 協 定 が 、 日 本 の 法 律 の 規 制 が た が 、 県 警 の 捜 査 は 常 に 日 米 地 位 協 定 の ケ ー ス を 投 棄 し た 可 能 性 が 濃 厚 だ 。 県 警 の 改 定 要 求 を 封 印 し た 。 安 倍 首 相 は 「 厳 及 ば な い 「 排 他 的 管 理 権 」 を 与 え て い る 壁 が 障 害 に な っ て き た 。 は ハ ン セ ン 基 地 に 出 入 り し た 容 疑 者 の 足 重 に 抗 議 」 し て 見 せ た が 、 具 体 策 は 何 一 た め 、 住 民 生 活 へ の 配 慮 ゼ ロ の 基 地 運 用 県 警 が 5 月 日 、 死 体 遺 棄 容 疑 で 軍 属 取 り を 把 握 し た 。 基 地 内 の 捜 査 は 絶 対 に っ 進 展 し な か っ た 。 オ バ マ 大 統 領 は 哀 悼 に 歯 止 め を 掛 け る 策 も 皆 無 な ま ま だ 。 だ の 逮 捕 に こ ぎ 着 け た た め 、 取 り 調 べ や 身 欠 か せ な い の 意 を 表 し 、 謝 罪 も せ ず に お 茶 を 濁 し た 。 が 、 米 本 国 や ド イ ツ や イ タ リ ア の 米 航 空 柄 引 き 渡 し な ど 、 一 見 、 日 米 地 位 協 定 上 と こ ろ が 、 日 米 地 位 協 定 は 基 地 内 で の 2 日 後 に 迫 っ た オ バ マ 氏 の 広 島 訪 問 に 同 基 地 で は 住 民 生 活 を 最 優 先 す る 運 用 が 貫 こ

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


NI ゲ ト 前 を 埋 め 尽 く す 機 動 、 ! 、 こ の 機 動 隊 は 北 側 か ら や っ て き て 、 NI ゲ ー ト 前 を 帋 旺 し た 。 2016 年 7 月 22 日 PhOtO by Gen KITAUÉDA 住 民 の 始 し 、 メ イ ン ゲ ー ト か ら 機 材 を 搬 入 し は じ め た 。 国 に よ る 工 事 強 行 の 日 そ し て 工 事 着 手 日 と さ れ た 日 早 朝 5 「 9 年 間 守 り 通 し た こ の Z 1 の 山 が 、 と 時 過 ぎ 、 全 国 か ら 集 め ら れ た 数 百 人 の 機 う と う 削 ら れ は じ め ま し た 。 本 当 に 残 念 動 隊 が 高 江 に 押 し 寄 せ 、 Z— ゲ ー ト 前 の で 、 無 念 で な り ま せ ん 。 悔 し い で す 。 ど 間 号 線 を 封 鎖 し た 。 住 民 た ち 約 2 0 0 人 う し た ら い い の か : ・ ・ : 」 は 、 資 材 の 搬 入 を ど う に か し て 止 め よ う 壊 米 軍 北 部 訓 練 場 内 の ヘ リ 。 、 ツ ド ( へ 1 と 、 約 150 台 の 車 を ハ の 字 に 並 べ 、 座 を コ プ タ 1 着 陸 帯 ) 新 設 工 事 が 強 行 的 に 着 り 込 ん で 抵 抗 し た が 、 機 動 隊 員 ら は 圧 倒 工 さ れ た 4 日 後 の 7 月 鮖 日 、 建 設 が 予 定 的 な 数 と カ で 、 人 々 と 車 を 次 々 に 排 除 し さ れ て い る 高 江 の Z— 地 区 と 呼 ば れ る グ て い っ た 。 「 な ん で ! 」 「 ど う し て 沖 縄 だ ー ト 前 で 、 2007 年 か ら 工 事 反 対 の た け い じ め る の ! 」 。 悲 鳴 の よ う な 泣 き 声 め の 座 り 込 み を 続 け て き た 儀 保 昇 さ ん と 怒 号 が 響 き 、 混 乱 の 中 で 3 人 が 救 急 搬 ) は そ 、 フ 届 ら し こ 。 送 さ れ た 。 儀 保 さ ん も 、 抗 議 し て い た 宣 蚯 住 民 ら の 反 対 の 声 を よ そ に 、 砂 利 や 資 伝 カ ー の 上 か ら 引 き ず り 降 ろ さ れ た 。 「 機 材 を 載 せ た 大 型 の 工 事 車 両 が 次 々 と ゲ 1 動 隊 や 警 察 は 、 こ ち ら ( 住 民 ら ) は け が し ト か ら 訓 練 場 内 に 入 っ て 行 く 。 ゲ ー ト と て も 構 わ な い と い う よ う な 、 暴 徒 を 鎮 圧 銃 住 民 の 間 の 県 道 に は 、 何 百 人 も の 警 官 や す る み た い な 態 勢 だ っ た 。 ま る で ク 銃 剣 民 機 動 隊 、 民 間 警 備 員 が 並 び 、 数 台 の カ メ と 。 フ ル ド ー ザ ー ( 注 1 ) だ 」 と 話 す 。 ラ が 住 民 ら を 「 監 視 」 す る 。 米 軍 の 基 地 農 業 を 営 む 住 民 の 会 の 宮 城 勝 己 さ ん 抵 の は ず だ が 、 米 兵 の 姿 は な く 、 日 本 の 権 ( ) も 「 悔 し く て 爆 発 し そ う だ っ た 」 と 力 が 、 日 本 の 小 さ な 集 落 の 住 民 に 対 峙 す 怒 り を 隠 さ な い 。 「 沖 縄 県 民 へ の 愚 弄 と る 。 異 様 な 光 景 だ っ た 。 し か 思 え な い 。 あ の 選 挙 は 何 の 選 挙 だ っ 工 事 の 再 開 は 唐 突 で 、 あ ま り に 強 引 だ た の か 基 地 に ノ ー 、 海 兵 隊 の 撤 退 、 地 言 っ た 。 7 月 川 日 投 開 票 の 参 院 選 で 、 沖 縄 位 協 定 の 改 定 は 民 意 で す よ 。 そ れ な の に で は 、 辺 野 古 新 基 地 や 高 江 ヘ リ バ ッ ド の あ ん な 暴 挙 に で て く る と い う の は 、 沖 縄 わ 建 設 に 反 対 す る 伊 波 洋 一 さ ん が 、 現 職 の を 何 だ と 思 っ て る の か 」 島 尻 安 伊 子 ・ 沖 縄 担 当 相 を 大 差 で 破 っ 住 民 を 排 除 し た 正 午 過 ぎ 、 機 動 隊 の す お な が た 翁 長 知 事 が 「 こ れ で 、 一 昨 年 の 衆 院 「 盾 」 に 守 ら れ る よ う に し て 、 重 機 や コ ン 表 選 、 今 年 の 沖 縄 県 議 選 、 参 議 院 選 挙 で 沖 ク リ ー ト 。 フ ロ ッ ク な ど を 積 ん だ 作 業 車 か 収 縄 の 民 意 が 示 さ れ た こ と に な る 。 新 辺 野 次 々 に 基 地 内 に 入 っ て い っ た 。 住 民 の 応 土 古 基 地 は 絶 対 に 造 ら せ な い 」 と 話 し 、 沖 援 に か け つ け よ う と し た 人 々 、 炎 天 下 の 縄 中 が 喜 び に 湧 い た 。 そ の 翌 日 早 朝 、 沖 中 、 せ め て お に ぎ り と 水 だ け で も 届 け た 縄 防 衛 局 は 、 2 年 間 休 止 し て い た 北 部 訓 い と 現 場 に 向 か お う と し た 人 々 も い た 練 場 の ヘ リ バ ッ ド 新 設 工 事 の 手 続 き を 開 が 、 県 道 は 、 高 江 の 人 々 の 生 活 道 路 で あ

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


特 集 ・ 沖 縄 平 和 に 生 き る 権 利 か れ 、 嘉 手 納 、 普 天 間 の 両 基 地 の よ う な 規 模 の 航 空 基 地 は 基 地 設 置 基 準 に 抵 触 し 、 し 身 に 障 害 が 市 街 地 で は 運 用 で き な い 。 、 〔 出 か ね な い 騒 音 か ら 住 民 を 守 り 、 墜 落 の 危 険 が 高 い た め 、 建 築 物 を 一 切 排 し た ク リ ア ゾ 1 ン と 呼 ば れ る 緩 衝 地 帯 を 設 け ね ば な ら な い 。 普 天 間 飛 行 場 に ク リ ア ゾ ー ン を 当 て は め る と 、 学 校 を 含 め た 公 的 施 か 聟 あ り 、 約 3800 人 が 住 ん で い る 米 本 国 な ら ば 、 即 刻 運 用 を 停 止 せ ね ば な ら な い 基 地 を 沖 縄 で 平 然 と 使 い 続 け 米 本 国 で は あ り 得 な い 深 夜 、 未 明 離 陸 を 繰 り 返 す 。 基 地 周 辺 住 民 を 苦 し め る ご 都 効 性 の な い 協 定 を 締 結 し 、 県 の 調 査 が 進 合 は 、 自 治 体 の 職 員 が 基 地 内 に 立 ち 入 り 合 主 義 そ の も の の 日 米 の 一 一 重 基 準 が ま か ま な い 事 態 を 招 い た 責 任 は 重 い 。 り 通 っ て い る 。 調 査 し 、 迅 速 な 汚 染 除 去 を 促 す 。 市 民 優 ク 先 進 協 定 ク が ト イ ツ や イ タ リ あ た に な る こ と も 先 の 基 地 運 用 が 明 快 だ 。 、 、 人 権 に 差 は な い 。 沖 縄 の 忍 従 な せ 日 本 は 地 位 協 定 の 改 定 を ア を は じ め と す る 北 大 西 洋 条 約 機 構 (z 返 還 さ れ る 米 軍 基 地 の 跡 地 利 用 を 円 滑 は と う に 限 界 を 超 え て い る 求 め な い の か 海 外 と の 落 差 は 、 各 国 ご と に 基 地 使 用 の 取 り 決 め が あ る 。 駐 留 す る 外 国 軍 の 地 位 を 定 に 進 め る た め に は 、 返 還 前 か ら 埋 蔵 文 化 沖 縄 か ら み れ ば 、 日 本 は ほ ん と う に 主 財 の 調 査 や 環 境 汚 染 の 有 無 を 丹 念 に 調 べ 在 日 米 軍 の 基 地 自 由 使 用 が 際 立 つ が 、 め た 協 定 と 、 無 原 則 な 基 地 運 用 に 歯 止 め る こ と が 不 可 欠 だ 。 日 本 政 府 が 「 基 地 返 権 国 家 な の か と い う 疑 念 を 抱 か ざ る を 得 主 権 意 識 の 強 い ド イ ツ や イ タ リ ア は 地 位 を か け る 基 地 使 用 協 定 が 二 本 柱 と な っ て お り 、 日 本 と の 落 差 は あ ま り に 大 き い 還 に 向 け た 大 き な 前 進 」 と 胸 を 張 っ た 地 住 民 生 活 を 守 る 観 点 か ら 排 他 的 管 協 定 を 何 度 も 改 定 し 、 米 軍 基 地 の 様 相 が お 隣 の 韓 国 で は 、 2002 年 の 韓 米 地 位 協 定 の 運 用 改 善 が 、 あ だ と な っ た 例 も 理 権 を 見 直 し 、 米 軍 基 地 の 運 用 を 規 制 す 大 き く 異 な る 。 イ タ リ ア で は 、 駐 留 米 軍 る 日 米 地 位 協 定 の 改 定 を 実 現 し な い 限 は イ タ リ ア 軍 の 統 括 下 に あ る 。 基 地 管 理 位 協 定 の 付 属 文 書 で 、 返 還 さ れ る 米 軍 基 あ る 。 日 米 両 政 府 が 2 015 年 9 月 に 締 結 し り 、 基 地 被 害 が 拡 大 再 生 産 す る 悪 循 環 は 者 を イ タ リ ア 軍 の 司 令 官 が 担 い 、 米 伊 両 地 で 汚 染 が 見 つ か っ た 場 合 、 米 軍 の 責 任 が 確 認 さ れ れ ば 米 軍 側 が 浄 化 費 用 を 負 担 た 環 境 補 足 協 定 が 障 壁 と な り 、 沖 縄 県 教 断 ち 切 れ な い 。 沖 縄 の 忍 従 は と う に 限 界 政 府 が 基 地 使 用 協 定 を 締 結 し 、 米 軍 の 訓 を 超 え て い る 。 練 に 歯 止 め を 掛 け る 。 1 日 の 米 軍 機 離 着 す る こ と に 合 意 し た 。 日 本 で は 、 日 米 地 育 委 員 会 が 米 軍 普 天 間 飛 行 場 で 予 定 す る 埋 蔵 文 化 財 発 掘 調 査 を 米 軍 が 拒 否 し て い 地 位 協 定 の 弊 害 は 全 国 民 に 基 地 被 害 と 陸 回 数 ま で 規 制 す る 。 夏 場 の 昼 寝 時 間 帯 位 協 定 が 、 返 還 軍 用 地 の 原 状 回 復 義 務 を ( 午 後 1 時 か ら 4 時 ご ろ ) に は 、 眠 り を 突 米 軍 に 負 わ さ ず 、 ス ム ー ズ な 跡 利 用 に 不 る 。 環 境 補 足 協 定 は 、 返 還 を 見 据 え た 調 し て 及 び か ね ず 、 急 い で 克 服 せ ね ば な ら 飛 行 計 画 を 可 欠 な 返 還 前 の 基 地 内 立 ち 入 り 調 査 さ え 査 開 始 時 期 を 「 返 還 日 の 7 カ 月 前 を 超 え な い 課 題 で あ る 。 安 倍 政 権 の 無 作 為 を 放 き 破 る 米 軍 機 を 飛 ば さ な い 。 イ タ リ ア 軍 が 審 査 し 、 住 民 生 活 へ の 影 響 米 軍 側 が 拒 否 し た 例 は 川 回 以 上 あ る 。 辺 い 範 囲 」 と 規 定 し て い る 。 沖 縄 県 は 「 少 任 し 、 沖 縄 の 過 重 負 担 を 放 置 し て い い の を 厳 し く チ ェ ッ ク し 、 訓 練 に 許 可 を 与 え 野 古 新 基 地 建 設 で 、 サ ン ゴ 破 壊 を め ぐ る な く と も 返 還 3 年 前 か ら の 立 ち 入 り 調 か 。 そ れ は 全 て の 国 民 に 突 き 付 け ら れ た 、 る 仕 組 み が 確 立 し て い る 県 の 立 ち 入 り を ず っ と 拒 み 続 け た の も 記 査 」 を 求 め て き た 。 日 本 政 府 は 県 の 要 求 民 主 主 義 の 成 熟 度 を 鋭 く 問 う 重 い 課 題 で 2 を 基 に 米 側 と 協 議 し た と し て い る が 、 実 あ る 基 地 内 で 環 境 汚 染 が 明 ら か に な っ た 場 憶 に 新 し い ウ チ ナ ー ン チ ュ ( 沖 縄 人 ) と 米 本 国 や 欧 州 、 本 土 の 日 本 国 民 の 命 の 重 さ 、 人 権 は 変 わ ら な い は ず た 。 「 沖 縄 人 の 人 権 は 半 日 旧 < は 。 分 で い い 」 と い う 理 屈 は 成 り 立 た な 沖 縄 で は 、 日 米 政 府 に よ る 一 一 重 基 準 が ま か り 通 り 、 基 地 周 辺 住 民 を 苦 し め 続 け る 飜 一 「 構 造 的 差 別 」 が 息 づ く 。 米 軍 の 身 勝 手 な 基 地 運 用 に 歯 止 ・ 鮒 め を 掛 け る こ と を た め ら い 、 米 国 に ひ れ 伏 す 「 対 米 追 従 外 交 」 飛 米 軍 の 沖 縄 へ の 居 座 り や す さ を 補 強 し て い る 。

DAYS JAPAN 2016 9 Sep Vol.13 No.9 9月号


DAYS 从 々 の 尊 厳 が 奪 わ れ て い る 場 所 、 そ こ を 沃 間 の 戦 場 ク と 呼 ぶ 」 2016 / 9 Sep Vol.13 No. 9 9 月 号 フ ォ ト ジ ャ ー ナ リ ス ト 広 河 隆 一 DAYS JAPAN 発 行 人 Follow Me DAYS JAPAN 公 式 facebook www.facebook.com/daysjapan ・ net DAYSJAPAN 公 式 twitter @DAYS_JAPAN 広 河 隆 一 公 式 twitter @RyuichiHirokawa J A A N C 0 N T E N T S 反 省 た け な ら サ ル で も で き る ん や で 写 真 / イ ゴ ー ル ・ ジ ヴ ァ ノ ヴ ィ ッ ツ 4 6 ト ヒ ッ ク ス ア メ リ カ ・ 黒 人 射 殺 に 抗 議 し 警 官 隊 に 独 り 対 峙 「 私 た ち は み ん な 大 切 た 」 写 真 / シ ョ ナ サ ン ・ バ ッ ク マ ン / ロ イ タ ー / ア フ ロ 8 イ ラ ク ・ フ ァ ル ー シ ャ 奪 還 さ れ た S 首 都 で 自 爆 テ ロ 写 真 / AFP = 時 事 、 U 日 / ア フ ロ 、 AP / 時 事 平 和 に 生 き る 権 利 1 0 営 み の 地 球 ] 番 外 編 高 江 ャ ン バ ル で 生 き る 舌 / 森 住 卓 1 6 住 民 「 悔 し く て 辛 く て や り き れ な い 」 国 、 米 軍 ヘ リ バ ッ ド エ 事 再 開 の 強 行 写 真 / 森 住 卓 、 伊 佐 育 子 、 北 上 田 源 文 / 丸 井 春 (DAYS JAPAN) 3 戦 わ な い た め に 、 今 、 闘 。 て い る 」 22 沖 縄 戦 、 最 後 の 証 言 者 た ち 写 真 ・ 文 / 森 住 卓 26 4 日 米 地 位 協 定 と 沖 縄 の 人 権 軽 視 文 / 松 元 剛 ( 琉 球 新 報 記 者 ) 30 ア メ リ カ ・ グ リ ー ン バ ン ク 「 Wi - Fi 避 難 民 」 が 住 む 町 写 真 ・ 文 / ジ ョ ル デ ィ ・ ブ ス ケ 34 ① 動 物 未 来 の ジ ュ ラ シ ッ ク パ ー ク 写 真 ・ 文 / ガ イ ア ・ ス ク ア ー チ / プ ロ ス ペ ク ト 文 / ロ ー レ ン ス ・ コ ー ネ ッ ト 38 ② 植 物 世 界 最 大 の 種 や ヾ ン ク 写 真 / ナ シ ョ ナ ル ジ オ グ ラ フ ィ ッ ク / ゲ ッ テ イ イ メ ー ジ ス 、 時 事 通 信 フ ォ ト 、 ロ イ タ ー / ア フ ロ コ ラ ム 編 集 委 員 「 お し と り マ コ ・ ケ ン の 実 際 ど う な の ! ? 都 知 事 選 で 思 い 出 す ド イ ツ の お 役 人 の 言 葉 42 コ ラ ム OUTLOOK 野 党 共 闘 の 2 連 敗 か ら 学 ぶ べ き こ と は 何 ? / 斎 藤 美 奈 子 文 43 CDAYS フ ォ ロ — ア ッ プ DAYS は 今 日 も 営 業 中 44 ス へ イ ン 事 故 現 場 清 掃 人 写 真 ・ 文 / カ ル メ ン ・ サ ヤ ー ゴ 48 定 期 購 読 の ご 案 内 49 バ ッ ク ナ ン バ ー 、 DAYS 刊 行 書 籍 の お 知 ら せ 50 龜 原 発 に 警 鐘 を 鳴 ら し 続 け た 物 理 学 者 藤 田 祐 幸 さ ん 寄 稿 / 広 瀬 隆 51 小 児 甲 状 腺 が ん を 追 う ② 母 に な っ た 被 災 者 た ち の 証 言 / 広 河 隆 一 写 真 ・ イ ン タ ヒ ュ ー 62 編 集 後 記 / DAYS イ ベ ン ト の お 知 ら せ Published by DAYS JAPAN 抦 c. 302 Takeuchi Bldg. , 1 -37-19 Matsubara, Setagaya, TOkyo 156-0043 JAPAN Tel: + 81 ( 0 ) 3-3322-0233 ( S es ) + 81 ( 0 ) 3-3322-4133 (Editorial) + 81 ( 0 ) 3-3322-4150 (Planning Section) ゞ Web site: http://www.daysjapan.net E-mail: [email protected] Chairman & Publisher: Ryuichi H 旧 OKAWA Editor-in-Chief: Haru MARUI DAYS JAPAN 2016 年 8 月 20 日 発 売 VOL13 No. 9 ( 通 巻 151 号 ) 9 月 号 発 行 所 ・ 株 式 会 社 デ ィ ズ ジ ャ パ ン 〒 156-0043 東 京 都 世 田 谷 区 松 原 1 -37-19 武 内 ビ ル 302 発 行 人 ・ 広 河 隆 一 編 集 長 ・ 丸 井 春 ア ー ト デ ィ レ ク タ ー ・ 川 島 進 編 集 ・ 石 田 温 香 松 本 裕 樹 営 業 ・ 根 本 美 樹 田 村 美 奈 三 浦 枝 里 子 国 本 智 枝 富 岡 美 也 子 野 口 弘 美 編 集 協 力 ・ 小 島 亜 佳 莉 野 口 み ど り 田 村 栄 治 柳 雪 子 藤 原 ま こ と 大 田 仁 美 大 野 真 協 力 ・ 守 屋 祐 生 子 土 屋 右 ニ DTP 制 作 ・ 月 ・ 姫 株 式 会 社 デ ザ イ ン ・ 川 島 進 デ ザ イ ン 室 お 問 い 合 わ せ 先 ・ 営 業 03 ( 3322 ) 0233 編 集 03 ( 3322 ) 4133 企 画 03 ( 3322 ) 4150 FAX03 ( 3322 ) 0353 ホ ー ム ペ ー ジ https://www.daysjapan.net メ ー ル ア ド レ ス [email protected] 印 刷 ・ 製 本 ・ 凸 版 印 刷 株 式 会 社 ~ 製 版 責 任 者 ・ 佐 々 木 緑 男 技 術 協 力 ・ 株 式 会 社 堀 内 カ ラ ー * 無 断 転 載 ・ 複 製 ・ 複 写 ( コ ピ ー ) を 禁 じ ま す 表 紙 : 安 次 嶺 さ ん 一 家 。 今 年 6 月 、 父 は オ ス プ レ イ の 騒 音 か ら 子 ど も た ち と 妻 を 守 る た め 、 高 江 か ら 避 難 さ せ た 。 沖 縄 県 東 村 高 江 。 2008 年 7 月 25 日 Photo by Takashi MORIZUMI 40 1 0 34 種 の 保 存