検索 - みる会図書館

検索対象: 日経サイエンス 2016年10月号

日経サイエンス 2016年10月号から 121件ヒットしました。

日経サイエンス 2016年10月号


日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


暗 黒 物 質 銀 冫 宇 宙 物 理 学 = = ロ 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


グ ラ フ ィ ッ ク ・ サ イ エ ン ス "Fatter StiIl" 世 界 は 高 度 肥 満 へ 世 界 人 口 に 占 め る 比 率 男 性 体 重 を 増 す 人 類 1975 年 と 2014 年 を 比 較 す る と 肥 満 ( ピ ン ク ) と 高 度 肥 満 ( 赤 ) の 人 の 割 合 が 男 女 と も か な リ 増 え て い る 。 一 方 , な お 多 く の 人 が 低 体 重 ( 青 ) に あ る も の の , そ の 割 合 が 減 っ た の は よ い 傾 向 だ 。 体 格 指 数 (BMI) が 18.5 ~ 25 の 範 囲 が 健 康 と 考 え ら れ て い る ( 薄 い 水 色 は 普 通 体 重 ′ お よ び 肥 満 で は な い が 体 重 過 多 の 人 ) 。 BMI= ( kg 単 位 の 体 重 ) / ( m 単 位 の 身 長 の 2 乗 ) 女 性 高 度 肥 満 ( BM ー 35 ) 肥 満 ( BM ー と 30 ) 低 体 重 ( BMl<18.5 ) 多 く の 国 で BM ー が ″ 加 速 膨 張 ″ し て い る 世 界 200 カ 国 ・ 地 域 に つ い て 体 格 指 数 (BMI) の 変 化 を 徹 底 的 に 調 べ た 論 文 が 最 近 の [ ance 亡 誌 に 発 表 さ れ た 。 そ れ に よ る と , リ べ リ ア や ジ ョ ー ジ ア ( グ ル ジ ア ) な ど 多 く の 発 展 途 上 国 で 人 々 の 体 重 が 急 増 し , 2000 年 以 降 の 増 加 ペ ー ス が 1975 ~ 2000 年 の ペ ー ス を 上 回 っ て い る ( ピ ン ク の 印 ) 。 ま た 多 く の 先 進 国 で も , 2000 年 以 降 の 増 加 ペ ー ス が 以 前 よ り も 鈍 っ た と は い え , 体 重 増 が 続 い て い る ( オ レ ン ジ の 印 ) 。 2 つ の 傾 向 を ま と め る と 「 世 界 の 大 部 分 が 『 肥 満 の 時 代 』 か ら 『 高 度 肥 満 の 時 代 』 に 入 リ つ つ あ る と い う こ と だ 」 と , こ の 調 査 研 究 を 率 い た 工 ザ ー テ ィ (Majid Ezzati) は い う 。 と り わ け 「 高 度 肥 満 の o 0 増 加 に 驚 い た 」 と 話 す ( 棒 グ ラ フ 参 照 ) 。 0 こ の 傾 向 が 続 い た ら , 2025 年 ま で に 世 2 1 界 の 肥 満 と 糖 尿 病 の 増 加 に 歯 止 め を か け 4 る と い う 世 界 保 健 機 関 (WHO) の 目 標 リ べ リ ア を 達 成 す る の は 実 質 的 に 不 可 能 に な る と 工 ザ ー テ ィ は い う 。 (Mark Fischetti / 編 集 部 訳 ) 化 年 あ た 1975 2014 1975 2014 2000 年 以 降 に BM ー の 増 加 が 加 速 し た 国 2000 年 以 降 ′ ほ と ん ど の 国 で 平 均 体 重 が 増 加 し て い る ( 横 軸 よ り も 上 の 部 分 ) 。 低 下 し た 国 は わ ず か だ ( 横 軸 よ り も 下 ) 。 ■ 男 性 ・ 女 性 セ ン ト ル シ ア 米 国 の 男 性 な と こ の ラ イ ン 上 に 位 置 す る 人 は 1975 年 か ら 2014 年 ま で 一 貫 し た ペ ー ス で 体 重 が 増 え て い る 赤 道 ギ ニ ア ジ ャ マ イ カ ( 2 ~ き ) 6 」 0 し 盟 」 p し u 虫 M NO 一 1 く 808V110) 区 0 ト 」 Q)N 9 〔 お 一 0 へ 、 ヘ コ を d く 、 8E ・ コ 0 > 、 19 し ~ NI 、 NO -1 く 808V110D CIDN A8 = 、 SINVdlDlIYVd NO コ コ 一 > へ ・ 6 【 工 ヒ M S 山 一 0 コ ト S ト N 山 > コ SV 山 IA 03SV8-NOlItnndOd 869 一 」 0 SISÅIVNV 0 当 00d V 一 0 へ 0 ト 9 、 6 一 > 08 」 S3 を ト N コ OD 00 へ NI X3QNI SSV > 008 辷 コ QV NI SQN 山 区 け 畄 っ OS ・ uasuens! 」 l-l) 「 Åq し 上 de 」 D の の の 年 た け 国 0 っ 続 る o に 鈍 え い 2 降 が 増 増 セ ン ト ル シ ア 0 0 ホ ン ジ ュ ラ ス リ べ リ ア 0 ギ を を 、 → 嘉 、 , を ■ 道 赤 ジ 世 ニ ウ 工 ロ ロ ト ケ ラ ウ ク ッ ク 諸 島 ロ ロ フ ィ ン ラ ン ド 0 0. 0 1975 ~ 2000 年 の B Ⅶ の 変 化 ( 10 年 あ た り ) ベ ル ギ ー の 女 性 ( ピ ン ク ) と デ ン マ ー ク の 女 性 ( オ レ ン ジ ) は 40 年 間 を 通 じ て BM ー を ほ ぼ 一 定 に 維 持 し て い る 日 本 バ ー レ ー ン / ヾ ラ オ BMI が 2000 年 以 前 は 増 加 し て い た が , 以 降 は 低 下 し た 国 2000 年 以 降 に BM ー の 低 下 が 加 速 し た 国 0 ナ ウ ル 0 ア メ リ カ 領 サ モ ア 原 題 名 Fatter Still (SCIENTIFIC AMERICAN August 2016 ) ナ ウ ル 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 1 0 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


分 析 機 器 ・ 科 学 機 器 特 集 も の づ く り ニ ッ ポ ン の 土 台 を 支 え て い る の は 分 析 機 器 ・ 科 学 機 器 ・ 計 器 の 革 新 だ 。 ア ジ ア 最 大 規 模 で 開 催 さ れ る 展 示 会 「 」 A 引 S 2016 」 は 日 本 の 産 業 の 「 未 来 を 発 見 」 す る 場 と な る 。 」 AS62016 」 ap n naly ・ al lenti ・ lnstruments Show も の づ 丿 を ソ リ ー シ ョ ン が 満 載 ア ジ ア 最 大 . の 分 析 機 器 ・ 宀 機 器 の 国 際 展 示 会 102 オ ー プ ン ソ リ ュ ー シ ョ ン ー ラ ム 講 演 プ ロ グ ラ ム 108 」 AS 2016 「 ラ サ イ エ ン ス イ ノ ベ ー シ ョ ン ゾ ー ン 」 ' 注 目 の 基 調 講 演 110 PR 企 画 日 経 工 ン ス 「 」 A S 2016 」 プ レ ビ ュ ー 2016 年 9 月 7 日 ~ 9 日 ( 幕 張 メ ッ セ 国 際 展 示 場 ) http://www.nikkei-scienceucom/ 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


れ る 。 カ メ ラ と レ ー ザ ー , 無 線 ア ン テ ナ , 分 光 計 を 用 い て , べ ン ヌ 全 域 に つ い て 高 解 像 度 の 多 様 な 調 査 を 実 施 す る 。 こ れ ら の 調 査 を も と に , ・ 。 お 宝 マ ッ プ " を 作 る こ と に な る 。 サ ン プ ル を 収 集 す る 第 1 候 補 地 と い く つ か の 予 備 サ イ ト を , 安 全 性 と サ ン プ ル 収 集 の 難 易 度 , 採 集 試 料 に 期 待 さ れ る 科 学 的 価 値 に 基 づ い て 絞 り 込 ん だ 地 図 た 。 タ ッ チ ・ ア ン ド ・ ゴ ー に 最 も 安 全 な の は , 小 惑 星 の 自 転 に 探 査 機 の 速 度 を 同 期 さ せ や す い 赤 道 近 く だ ろ う 。 科 学 的 な 価 値 を 高 め る に は , 様 々 な 有 機 物 質 や 含 水 鉱 物 な ど , 小 惑 星 が 地 球 生 命 の 誕 生 に 寄 与 し た か ど う か を 探 る の に 役 立 つ よ う な サ ン プ ル を 得 ら れ そ う な 場 所 を 狙 わ ね ば な ら な い 。 候 補 地 を 選 ん だ ら , 綿 密 な 予 行 演 習 を 行 っ て 本 番 に 臨 む 。 そ の と き べ ン ヌ は 軌 道 上 で 太 陽 か ら 最 も 遠 い 位 置 , 地 球 か ら 光 速 で 18 分 以 上 か か る 場 所 に あ る だ ろ う 。 私 た ち は サ ン プ ル 採 集 開 始 の 指 令 を 送 信 し た 後 , 椅 子 に 座 っ て 作 業 が 自 動 で 展 開 さ れ る の を 待 っ し か な い 。 オ シ リ ス ・ レ ッ ク ス は 数 時 間 の 間 に 工 ン ジ ン を 3 回 作 動 さ せ て 軌 道 を 変 え , 着 地 点 の 真 上 に 移 動 し て か ら , ゆ っ く 著 者 Dante S. Lauretta り と 降 下 す る 。 秒 速 10cm 以 下 の 速 度 で 着 地 し , TAGSAM が 5 秒 で サ ン プ ル を 収 集 し た 後 に エ ン ジ ン を 吹 か し て , 高 度 約 10km ま で 上 昇 す る 。 こ こ で サ ン プ ル 収 集 が 成 功 し た か ど う か を 確 か め る 一 連 の テ ス ト を 行 う 。 TAGSAM は 3 回 の サ ン プ ル 収 集 を 試 み ら れ る だ け の 窒 素 を 備 え て い る 。 チ ャ ン ス は 3 回 , 三 振 す る と ア ウ ト だ 。 す べ て 順 調 に い け ば , 2021 年 に 主 工 ン ジ ン に 点 火 し て 地 球 へ の 帰 途 に つ く 。 2023 年 後 半 , 貴 重 な サ ン プ ル を 収 め た カ プ セ ル を 地 球 大 気 圏 に 向 け て 切 り 離 し た 後 , オ シ リ ス ・ レ ッ ク ス は 再 び 工 ン ジ ン を 吹 か し て 太 陽 を 周 回 す る 安 全 な 投 棄 軌 道 に 入 る 。 サ ン カ レ 回 収 カ プ セ ル は 時 速 4 万 5000km 以 上 の 高 速 で 上 層 大 気 に 突 入 , 再 突 入 に 伴 う 熱 の 99 % 以 上 を 遮 断 す る 耐 熱 シ ー ル ド に 守 ら れ て 落 下 す る 。 高 度 3km で パ ラ シ ュ ー ト を 展 開 し , ユ タ 州 の ウ 工 ス ト 砂 漠 に 軟 着 陸 し て 7 年 の 旅 を 終 え る 。 専 門 家 チ ー ム が サ ン プ ル を 回 収 し , NASA の ジ ョ ン ソ ン 宇 宙 セ ン タ ー に 移 送 し て 保 存 , こ れ を 分 配 し て 世 界 の 科 学 界 に よ る 研 究 に 供 す る こ と に な っ て い る 。 ( 編 集 部 訳 ) ア リ ゾ ナ 大 学 の 惑 星 科 学 の 教 授 。 ハ ビ タ カ レ 惑 星 の 形 成 や 地 球 外 生 命 の 可 能 性 を 研 究 し て い る 。 家 族 と と も に ソ ノ ラ 砂 漠 の 自 然 美 の な か を マ ウ ン テ ン バ イ ク で 走 る の が 楽 し み 。 原 題 名 The Seven-Year Mission to Fetch 60 Grams of Asteroid (SCIENTIFIC AMERICAN August 2016 ) も っ と 知 る に は ・ METEORITES AND THE EARLY SOLAR SYSTEM Ⅱ . Edited by Dante S. Lauretta and Harry v. McSween. University ofArizona Press, 2006. THE OSIRIS-REx TARGET ASTEROID ( 101955 ) BENNU: CONSTRAINTS ON ITS PHYSICAL, GEOLOGICAL, AND DYNAMICAL NATURE FROM ASTRONOMICAL OBSERVATIONS. D. S. Lauretta et 矼 ⅲ M 印 r ⅲ & 刊 4 れ ビ ワ Science, V01.50 , NO. 4 , pages 834 ー 849 ; April 2015. 「 小 惑 星 直 撃 か ら 地 球 を 救 う 宇 宙 の タ グ ボ ー ト 」 , R. L. シ ュ ワ イ カ ー ト / E.T. ル ー / P. ハ ッ ト / C. R. チ ャ ッ ブ マ ン , 日 経 サ イ エ ン ス 2004 年 2 月 号 。 「 コ ン ド ラ イ ト 隕 石 の 秘 密 」 , A. E. ル ー ビ ン , 日 経 サ イ エ ン ス 2013 年 5 月 号 。 「 宇 宙 か ら 来 た 海 」 , D. ジ ュ ー イ ッ ト / E. D. ャ ン グ , 日 経 サ イ エ ン ス 2015 年 6 月 号 。 「 『 は や ぶ さ 』 60 億 キ ロ の 旅 」 , 川 口 淳 一 郎 , 日 経 サ イ エ ン ス 2010 年 9 月 号 。 「 は や ぶ さ が 明 か し た イ ト カ ワ の 素 顔 」 , 中 島 林 彦 , 日 経 サ イ エ ン ス 2011 年 12 月 号 。 「 『 は や ぶ さ 2 』 小 惑 星 へ 」 , 中 島 林 彦 , 日 経 サ イ エ ン ス 2015 年 1 月 号 。 オ シ リ ス ・ レ ッ ク ス 計 画 の 関 連 情 報 が ScientificAmerican.com//aug2016/osiris に 。 http //www nikkei-science.com/ 青 色 LED 開 発 の 軌 跡 な ぜ ノ ー ベ ル 賞 を 受 賞 し た の か ′ ト 山 稔 元 日 亜 イ ヒ 学 常 務 ・ 技 師 長 本 書 は 、 開 発 責 任 者 自 身 が 、 膨 大 な 証 拠 と 克 明 な メ モ に 基 づ い て 書 い た 事 実 の 記 録 で あ り 、 い か な る 評 価 や 主 張 も こ こ か ら 逸 脱 す る こ と は で き な い 。 学 会 や ス ト ッ ク ホ ル ム の 認 識 と 違 う 真 の 研 究 開 発 が 徳 島 で 展 開 さ れ た 。 定 価 1500 円 + 税 四 六 判 並 製 274 ペ ー ジ 赤 の 発 見 青 の 発 見 高 輝 度 LED で 光 の 三 原 色 を つ く っ た 天 才 た ち 西 澤 潤 一 + 中 村 修 ニ 2 人 の 天 才 が 、 世 界 的 発 見 ・ 発 明 に 至 る 真 の 経 緯 、 創 造 力 を 発 揮 さ せ る 必 須 条 件 、 そ し て 科 学 、 技 術 、 日 本 の あ る べ き 姿 を 語 り 尽 く し た 。 定 価 1500 円 + 税 四 六 判 並 製 276 ペ ー ジ 日 本 真 空 の 恩 人 た ち 世 界 一 の 真 空 メ ー カ ー ・ ア ル バ ッ ク の 誕 生 と 成 長 の 物 語 林 主 税 定 価 2000 円 + 税 四 六 判 上 製 304 ペ ー ジ 直 空 考 豊 か な る 無 の 世 界 へ 林 主 税 定 価 2000 円 + 税 A5 判 上 製 221 ペ ー ジ 白 日 社 Hakujitsu-sha 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 1 3 榎 本 ビ ル 4F TEL : 03-3342-854 , FAX : 03-3342-0354 ご 注 文 は [email protected] へ 59

日経サイエンス 2016年10月号


日 経 工 ン ス 羸 AN 日 本 版 創 刊 45 周 年 記 念 号 1 1 2016 予 告 9 月 24 日 発 声 定 価 本 体 1333 円 + 税 く 創 刊 45 周 年 企 画 > 特 集 : 宇 宙 の 巨 大 構 造 宇 宙 の 大 規 模 構 造 は 多 数 の 銀 河 が 集 ま っ た 「 超 銀 河 団 」 と , 銀 河 が 存 在 し な い 広 大 な 領 域 「 ポ イ ド 」 を 構 成 要 素 と す る 。 天 の 川 銀 河 は ア ン ド ロ メ ダ 銀 河 な ど と と も に 局 部 超 銀 河 団 に 属 し て い る が , 近 年 の 観 測 研 究 で , こ の 超 銀 河 団 が こ れ ま で 考 え ら れ て い た よ り も は る か に 巨 大 な こ と が 判 明 し , 新 た に 「 ラ ニ ア ケ ア 超 銀 河 団 」 と 名 づ け ら れ た 。 一 方 , マ イ ク ロ 波 背 景 放 射 の 全 天 分 布 に 見 ら れ る 妙 に 温 度 が 低 い 領 域 「 コ ー ル ド ス ポ ッ ト 」 の 研 究 か ら , 従 来 知 ら れ て い た ポ イ ド よ り も さ ら に 巨 大 な 空 虚 な 領 域 「 ス ー パ ー ポ イ ド 」 の 存 在 が 浮 か び 上 が っ て き た 。 ハ ン チ ン ト ン 遺 伝 子 の / ヾ ラ ド ッ ク ス ハ ン チ ン ト ン 病 は CAG 反 復 配 列 を 特 徴 と す る 変 異 遺 伝 子 が 原 因 と さ れ る 。 近 年 の 研 究 で , こ の 変 異 が 8 億 年 前 に 生 じ , 神 経 系 の 発 生 を 助 け て き た こ と が 判 明 し た 。 ハ ン チ ン ト ン 病 は そ の 不 幸 な 副 産 物 ら し い 。 し な や か な 2 足 歩 行 口 ボ ッ ト 周 囲 の 環 境 に 柔 軟 に 対 応 し て 歩 く 2 足 歩 行 口 ポ ッ ト を 作 る の は , い ま だ に 難 し い 。 DARPA ロ ポ テ ィ ク ス チ ャ レ ン ジ で 競 い 合 っ た 上 位 チ ー ム そ れ ぞ れ で 異 な る 戦 略 を リ ポ ー ト す る 。 掲 載 記 事 は 変 更 に な る 場 合 が あ り ま す 。 Scientific American trademarks used with permission 0f Scientific American, lnc. 130 梶 田 隆 章 が 語 る 科 学 の 未 来 密 接 な 結 び つ き を 見 せ 始 め た 極 小 の 素 粒 子 の 世 界 と 極 大 の 宇 宙 。 こ れ か ら 研 究 は ど う 展 開 す る の か 。 素 粒 子 ニ ュ ー ト リ ノ の 研 究 で ノ ー ベ ル 賞 を 受 賞 し , 現 在 は 重 力 波 望 遠 鏡 KAGRA の 建 設 を 主 導 す る 梶 田 隆 章 博 士 が 語 っ た 。 恐 竜 時 代 の 哺 乳 類 過 去 15 年 ほ ど で 新 た な 化 石 が 見 つ か り , 謎 だ っ た 初 期 哺 乳 類 の 進 化 に 光 が 当 た り 始 め た 。 哺 乳 類 の 登 場 は こ れ ま で 考 え ら れ て い た よ り も は る か に 早 く , 恐 竜 が 繁 栄 し て い た 時 代 に も 特 徴 的 な 進 化 を 遂 げ , 恐 竜 絶 滅 と と も に 有 胎 盤 哺 乳 類 が 一 挙 に 繁 栄 し た よ う だ 。 人 類 の 健 康 診 断 病 気 の 罹 患 率 な ど 世 界 の 健 康 調 査 統 計 の 多 く は 不 正 確 あ る い は 欠 落 し て お り , 適 切 な 対 策 が 取 り に く い 。 こ の た め あ る 国 際 チ ー ム は 全 世 界 か ら 集 め た デ ー タ を 高 度 な コ ン ピ ュ ー タ ー モ デ ル で 処 理 し , 信 頼 性 の 高 い 数 値 を 算 出 し て い る 。 人 類 の 健 康 増 進 に 役 立 ち そ う だ 。 天 文 遺 産 江 戸 時 代 に 始 ま る 日 本 の 天 文 学 は い か に し て 世 界 の 第 一 線 を 担 う ま で に な っ た の か 。 国 立 天 文 台 や 各 地 に 残 る 黎 明 期 の 天 文 観 測 施 設 や 天 体 望 遠 鏡 , 天 文 史 跡 , 歴 史 的 文 献 を 紹 介 。 新 連 載 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


DVD-R 〇 M 版 5 年 間 60 冊 が PDF で 1 枚 の DVD-ROM に ! 日 経 サ イ エ ン ス 、 。 。 SCIENTIFIC ⑨ AMERICAN 好 評 発 売 中 日 経 サ イ エ ン ス よ 記 事 デ ー タ ヘ ー ス 2000 報 2004 第 5 年 分 の 記 事 を し 一 第 様 索 最 新 版 ! 2010-2014 年 版 登 場 ! ! 日 経 サ イ エ ン ス 寧 0V0 暑 、 記 事 デ ー タ ベ ー ス 2000 2004 日 第 サ イ エ ン ス 社 ル 、 1 ル を ・ 日 本 版 日 経 サ イ エ ン ス ィ DVD-ROM 版 、 よ 記 事 デ ー タ ヘ ー ス 2010 会 ま 2014 5 年 分 の 記 事 を 簡 単 検 索 コ ス . ク ス ド 、 ・ - 、 根 界 を 境 第 第 , 夫 才 脳 の DVD-ROM 版 日 経 サ イ エ ン ス 2000-2004 年 一 般 価 格 22 , OOO 円 十 税 5BN978-4-532-52301-5 日 経 サ イ エ ン ス 記 事 デ ー タ ベ ー ス 覧 ン て で 朝 イ 号 し 2 面 ワ 美 き ら の 好 イ - 】 一 号 ス を 1 工 記 四 経 必 っ v び FOM 5 年 分 の 記 事 を 簡 第 様 物 世 界 の 科 学 の 最 新 動 向 を お 届 け す る 科 学 雑 誌 『 日 経 サ イ エ ン ス 』 の 2010 年 1 月 号 か ら 2014 年 12 月 号 ま で の 5 年 分 の 誌 面 約 7000 ヘ ー ジ を PDF で 1 枚 の DVD-ROM に 収 録 し ま し た 。 カ ラ ー 写 真 や 図 表 も 含 む 美 し い 誌 面 を , DVD-ROM 版 日 経 サ イ エ ン ス お 手 元 の パ ソ コ ン で い つ で も 手 軽 に 使 え ま す 2010-2014 年 一 般 価 格 25 ′ OOO 円 十 税 コ ン バ ク ト で 永 く 保 存 で き る デ ー タ ベ ー ス で 魂 5BN978-4-532-52306-0 日 経 サ イ エ ン ス DVD-ROM 版 記 事 デ ー タ ベ ー ス く 注 第 > こ の DVD ・ ROM 2010 は 音 楽 用 CO プ レ ー ヤ ー ・ 用 DvD プ レ ー ヤ ー て は 維 対 に 使 用 し な い て く た さ し 、 物 機 の 教 第 や 耳 へ の 物 書 を 発 生 す る 可 能 , : 字 宙 の 起 」 性 が あ リ ま す 。 2014 こ の DVD 求 OM に は 2010 年 1 月 号 か ら 2014 年 12 月 号 ま て の 日 経 サ イ エ ン ス の 誌 面 が PDF で 収 録 さ れ て い ま の 日 経 サ イ エ ン ス 社 SCIE 、 料 日 C ・ \MERICA 、 日 本 強 一 日 経 サ イ エ ン ス ネ 、 . 価 格 Y25 , 80 日 経 サ イ エ ン ス 記 事 テ ー タ ベ ー ス 2005 2009 日 ・ サ イ エ ン ス 社 DVD-ROM 版 日 経 サ イ エ ン ス 2005-2009 年 一 般 価 格 2 乙 OOO 円 十 税 5BN978-4-532-52305-3 ツ イ エ ン ′ ヾ M 面 0 朝 」 叩 襾 一 般 価 格 で ご 注 文 の 方 は http: 〃 www.nikkei-science.com/ か ら お 申 し 込 み く だ さ い 。 お 近 く の 書 店 ま た は 日 本 経 済 新 聞 販 売 店 で も ご 注 文 い た だ け ま す 日 経 サ イ エ ン ス を 定 期 購 読 の 方 に は 優 待 価 格 で ご 提 供 し ま す 定 期 購 読 の 方 に は す で に 定 期 購 読 を さ れ て い る 方 も , 上 記 の ホ ー ム へ ー ジ か ら お 申 し 込 み く だ さ い 。 お 電 話 の 場 合 は , 読 者 サ ー ビ ス セ ン タ ー (TeI: 03-5696-1152 ) ま で お 願 い し ま す 。 優 待 価 格 で 今 ご 提 供 ! 羊 し く は 上 記 ホ ー ム ペ ー ジ を ご 覧 く だ さ い ! 新 た に 定 期 購 読 を 申 し 込 ま れ る 方 へ 定 期 購 読 の お 申 し 込 み と 同 時 で も , 優 待 価 格 に て DVD を ご 購 入 い た だ け ま 魂 発 売 : 日 本 経 済 新 聞 出 版 社 http: 〃 www.nikkei-science.com/ 発 行 : 日 経 サ イ エ ン ス 社

日経サイエンス 2016年10月号


CI±ENT,IEI,C 電 RI'CAN 50 年 , 100 年 . 150 年 前 SCIENT 旧 C AMERICAN 誌 か ら ー ー 亠 ( プ サ イ エ ン ス 考 古 学 を 5 つ の 溝 型 反 射 鏡 の 焦 点 に 置 い た も の で , 100 年 前 1916 1966 総 面 積 は 1232.7m2 あ る 。 発 生 す る 蒸 気 の 量 は プ ラ ン ト 面 積 1 工 ー カ ー ( 約 4050m2 ) あ DNA か ら タ ン バ ク 質 戦 車 を め ぐ る 戦 い た り 最 大 で 63 馬 力 に 匹 敵 し た 。 こ れ ら の 結 果 は , 日 照 が 豊 富 で 石 炭 の 乏 し い 地 域 で は 特 生 き て い る 細 胞 の 遺 ソ ン ム に お い て 仏 ・ に , 太 陽 ポ イ ラ ー 運 転 に 非 常 に 大 き な 価 値 が 伝 子 が , 細 胞 の 増 殖 に 英 両 陸 軍 が 成 功 裏 に 成 あ る こ と を 示 し て い る よ う に 思 わ れ る 。 必 要 な 情 報 す べ て を 含 し 遂 げ た 最 近 の 攻 撃 の ん で い る と い う 仮 説 が う ち , 最 も 目 覚 ま し い 生 ま れ て か ら 50 年 以 と は 言 わ な い ま で も 最 上 に な る 。 こ の 仮 説 は 暗 に , 食 物 と し て 吸 収 も 新 奇 な 特 徴 は , 武 器 を 備 え た 無 限 軌 道 の 装 し た 分 子 か ら エ ネ ル ギ ー を 取 り 出 し , 細 胞 自 甲 車 だ っ た ( 下 の イ ラ ス ト ) 。 報 道 か ら 判 断 身 が 修 復 ・ 増 殖 す る な ど , 細 胞 が そ の 瞬 間 瞬 す る と , こ れ ら の 戦 車 は 重 砲 攻 撃 に 続 い て 驚 カ ン ザ ス 州 の 北 東 部 間 の 生 存 に 必 要 と し て い る 多 種 多 様 な タ ン パ く ほ ど 効 果 的 な 攻 撃 を 遂 行 し た 。 目 下 の 戦 争 プ ラ ウ ン 郡 と 隣 接 地 域 ク 質 分 子 の 詳 細 な 設 計 書 を , 遺 伝 子 が 暗 号 化 ( 訳 注 : 第 一 次 世 界 大 戦 ) の 今 後 の 局 面 で こ の 農 民 は 最 近 , 古 代 工 し た 形 で 示 し て い る と い う 考 え 方 を 含 ん で い れ ら の 機 械 が ど ん な 役 割 を 演 じ る こ と に な る ジ プ ト の フ ァ ラ オ を 苦 る 。 だ が , こ の 考 え が 遺 伝 物 質 の 化 学 的 性 質 か は , 推 測 の 域 を 出 な い 。 英 国 は 戦 車 を 大 成 し め た の と 同 様 の 害 虫 に よ る 裏 づ け を 得 て , 遺 伝 物 質 の 分 子 構 造 が 功 と 評 し て い る 。 一 方 ベ ル リ ン は 当 然 な が ら , 大 発 生 に 襲 わ れ て い る よ う だ 。 無 数 の イ ナ ゴ ど の よ う に 暗 号 指 令 を 体 現 し , タ ン パ ク 質 分 こ れ を 完 全 な 失 敗 作 で あ る と 述 べ て い る 。 扱 が 幅 12 マ イ ル ( 約 19km ) の 帯 を な し て 執 拗 子 を 合 成 す べ き 細 胞 の 分 子 機 械 に よ っ て そ の い に く く , 動 き が 遅 く , 故 障 し や す い と い う 。 に 現 れ , 通 り 道 の ほ ぼ す べ て の 植 生 を 食 べ て 暗 号 が 読 ま れ " う る の か が 明 ら か に な っ た 太 陽 ポ イ ラ ー い く 。 メ ア リ ー ズ ビ ル の 地 元 紙 E れ 示 ビ は の は , こ こ 15 年 の こ と に す ぎ な い 。 こ う 述 べ て い る 。 「 イ ナ ゴ は 畑 や 庭 , 果 樹 , ク リ ッ ク (Francis H. C. Crick) 石 炭 だ き 蒸 気 ポ イ ラ ー が 改 善 さ れ た と は い 食 べ ら れ る 緑 す べ て に 舞 い 降 り , 陸 軍 の 250 ( 編 集 部 注 : ク リ ッ ク は DNA の 研 究 で 1962 え , 今 後 は 太 陽 ポ イ ラ ー の ほ う が は る か に 優 兵 団 が 行 進 す る よ う に , こ と ご と く 食 い 尽 く 年 の ノ ー ベ ル 生 理 学 ・ 医 学 賞 を 共 同 受 賞 ) れ た 効 率 を 達 成 す る だ ろ う 。 カ イ ロ か ら 南 に し た 。 プ ラ ウ ン 郡 全 体 が や ら れ て い る 。 農 家 約 10km , ナ イ ル 川 沿 い に あ る ミ ー デ ィ で 過 は ト ウ モ ロ コ シ が 全 滅 す る の で は な い か と ひ 去 2 年 間 に 行 わ れ た 実 験 が , こ の 見 方 を 支 持 ど く 心 配 し て い る 」 。 第 二 次 世 界 大 戦 中 に ロ ス ア ラ モ ス で 原 子 爆 し て い る 。 同 プ ラ ン ト は 5 基 の 大 型 ポ イ ラ ー 弾 開 発 に 深 く 関 与 し た 2 人 の 科 学 者 が , ロ ー ゼ ン バ ー グ 夫 妻 (JuIius and EtheI Rosenberg) と ソ ベ ル (Morton SobeII) に 対 す る 1951 年 の ス パ イ 事 件 裁 判 に 証 拠 提 出 さ れ た 秘 密 の 、 、 断 面 図 " は 原 爆 の 説 明 図 と し て は 無 価 値 だ っ た と 指 摘 し た 。 こ の 2 人 は プ ラ ン ダ イ ス 大 学 の 化 学 教 授 リ ン シ ッ ツ (Henry Linschitz) と , マ サ チ ュ ー セ ッ ツ 工 科 大 学 の 物 理 学 の 教 授 モ リ ソ ン (PhiIip Morrison) 。 懲 役 30 年 の 判 決 を 受 け て 服 役 中 の ソ ベ ル の 申 し 立 て に よ り , 裁 判 記 録 の う ち 秘 密 に さ れ て き た 部 分 が 公 開 さ れ , 検 分 が 可 能 に な っ た 。 リ ン シ ッ ツ は こ う 言 明 し て い る 。 「 20 億 ド ル を 投 じ た 開 発 結 果 を , 高 校 卒 の 機 械 工 が 1 枚 の 紙 切 れ に 書 い た よ う な 概 略 図 に 濃 縮 す る こ と は , い 、 な る 有 用 な 技 術 的 手 法 を も っ て し て も 不 可 で あ る 」 。 ー 集 部 注 : ソ ベ ル は 91 歳 に な っ た 2008 年 , 連 に 軍 事 情 報 を 流 し て い た こ と を 認 め た ) SCIE 、 料 呂 C 50 年 前 AM E RICA 、 150 年 前 1866 イ ナ ゴ の 大 群 襲 来 冷 戦 時 代 の ス パ イ 事 件 1916 年 : 第 一 次 世 界 大 戦 の 「 ソ ン ム の 戦 い 」 に 登 場 し た 戦 車 の 想 像 図 。 当 時 一 般 に 入 手 可 能 だ っ た わ ず か な 情 報 に 基 づ い て 描 か れ た 。 物 0 や ふ ー 崢 ド 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


第 臥 類 を 認 知 广 学 xTales of a Stone Age Neurescientist 進 化 さ せ た 式 石 器 作 り 私 た ち の 認 知 能 力 は ど う 進 化 し て き た の だ ろ う 石 器 作 り を 学 ぶ 被 験 者 の 脳 画 像 を 頼 り に こ の 謎 に 挑 む 研 究 者 が い る D. ス タ ウ ト ( ェ モ リ ー 大 学 ) 当 コ 一 09 9 73 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号

日経サイエンス 2016年10月号


ま た 産 油 国 へ の エ ネ ル ギ ー 調 達 の 依 存 を 少 な く し , 自 国 の 安 全 保 障 の 強 化 を 目 指 す 外 交 や 国 際 政 治 も ま た , 後 押 し の 要 因 た っ た 。 国 際 的 な 環 境 重 視 の 流 れ は せ き 止 め ら れ な い 。 地 球 の 未 来 へ の 理 想 を 高 く 掲 げ た 環 境 重 視 の 立 場 か ら み れ ば 皮 肉 な こ と に な る が , 各 国 に は 自 国 の 環 境 産 業 重 視 と い う 立 場 が あ る た め だ 。 一 例 を あ げ れ ば 中 国 だ 。 中 国 は PM2.5 な ど 大 気 汚 染 対 策 も 含 め て 環 境 改 善 の 必 要 に 迫 ら れ て い る 。 同 時 に 太 陽 光 発 電 や 原 子 力 な ど 低 炭 素 技 術 の 大 き な 国 内 市 場 を 抱 え , 輸 出 産 業 と し て の 期 待 も 大 き い 。 パ リ 協 定 に 背 を 向 け る こ と は 中 期 的 に は 利 益 に な ら な い だ ろ う 。 ま た オ バ マ 米 大 統 領 は 大 統 領 選 の 本 選 挙 前 ( 投 票 日 は 11 月 8 日 ) に パ リ 協 定 の 批 准 を 目 指 す 構 え だ 。 既 存 の 国 内 法 の 範 囲 内 で 実 行 で き る た め 改 め て 議 会 の 批 准 手 続 き を 必 要 と し な い 。 協 定 は い っ た ん 参 加 し た 国 が 3 年 間 は 脱 退 手 続 き が と れ な い 仕 組 み で , 次 期 大 統 領 を 縛 る こ と に な る 。 グ ロ ー バ ル 企 業 に と っ て 地 球 環 境 問 題 は も は や ひ と ご と で は な い 。 多 く の 企 業 は 地 球 環 境 の 劣 化 が も た ら す 貧 困 や 社 会 不 安 を こ れ ま で は 「 外 部 不 経 済 」 と み な し て き た 。 し か し 世 界 経 済 が 一 体 化 し 企 業 の サ プ ラ イ チ ェ ー ン が 国 境 を ま た ぎ , 世 界 の 隅 々 ま で 広 く 張 り 巡 ら さ れ る よ う に な っ た 結 果 , 持 続 的 な 成 長 と 繁 栄 を 追 求 す る う え で 開 発 途 上 国 が 抱 え る 課 題 を 放 置 し た ま ま で い る の は 次 第 に 難 し く な る 。 む し ろ 途 上 国 が 抱 え る 諸 課 題 の 解 決 に 積 極 的 に 関 与 し 社 会 の 安 定 と 市 場 の 拡 大 の た め に 投 資 す る 企 業 が こ れ か ら 増 え て く る に 違 い な い 。 そ れ は 最 終 的 に 利 益 に つ な が る 競 争 力 に も な り 得 る 。 地 球 規 模 の 諸 課 題 を い わ ば 「 内 部 化 」 す る 。 そ う し た 企 業 が 増 え , 投 資 家 や 金 融 機 関 の 中 に も こ の 動 き を 促 す 動 き が あ る 。 今 月 号 の 国 内 ウ ォ ッ チ ( 21 ペ ー ジ ) で 紹 介 し た 「 ト ヨ タ 自 動 車 と 世 界 自 然 保 護 基 金 の パ ー ト ナ ー シ ッ プ 」 の 背 景 に も , グ ロ ー バ ル 企 業 の 考 え 方 の 変 化 が あ る よ う に み え る 。 ま た 化 石 燃 料 を 座 礁 資 産 ( 市 場 環 境 の 変 化 に よ っ て 価 値 が 大 き く 毀 損 さ れ る 資 産 ) と み て 石 炭 火 力 発 電 な ど へ の 投 資 を 引 き 揚 げ る 「 ダ イ ベ ス ト メ ン ト 」 の 流 れ な ど も 同 じ 潮 流 に あ る と い え る 。 日 本 に と っ て グ ロ ー バ ル 化 の 利 益 は 不 利 益 よ り も 大 き い だ ろ う 。 内 向 き に な っ て は な ら な い 。 他 国 の 動 き に 右 往 左 往 せ ず , 地 球 環 境 問 題 で も 長 期 的 な 利 益 を 追 求 す る 姿 勢 が 大 切 だ 。 少 子 高 齢 化 や デ フ レ 脱 却 を は じ め 国 内 の 諸 課 題 の 解 決 と 地 球 規 模 課 題 へ の 対 処 を 並 行 し て 進 め る こ と に よ っ て , 科 学 技 術 や 社 会 ・ 経 済 構 造 の イ ノ ベ ー シ ョ ン を 実 現 し て い く こ と に し か 生 き る 道 は な い よ う に み え る 。 新 た な 危 機 を チ ャ ン ス に 変 え る 覚 悟 が 求 め ら れ て い る 。 ( た き ・ じ ゅ ん い ち : 日 本 経 済 新 聞 論 説 委 員 ) 当 世 か が く 考 少 漠 の 駝 鳥 イ ラ ス ト ・ 斉 藤 重 之 滝 順 一 地 球 環 境 が 直 面 す る 新 た な 危 機 ? 欧 州 連 合 (EU) 離 脱 を 決 め た 英 国 の 国 民 投 票 は 大 き な 驚 き だ っ た 。 自 分 の 働 く 場 所 や コ ミ ュ ニ テ ィ ー が ま ず 大 事 だ と 考 え る の は 自 然 な こ と と は い え る が , そ う し た 英 国 民 の 内 向 き 志 向 が 結 果 的 に , 欧 州 の 一 体 化 を 理 想 に 掲 げ て き た 過 去 数 十 年 の 歩 み に 水 を さ し た 。 同 様 の 底 流 は 欧 州 大 陸 諸 国 に も 根 強 く , EU の 未 来 が 危 惧 さ れ て い る 。 米 国 で は 排 外 的 な 言 動 を 繰 り 返 し て き た ト ラ ン プ 氏 が 共 和 党 の 大 統 領 候 補 に 指 名 さ れ た 。 本 選 挙 の 帰 結 は 予 想 し が た い が , 彼 が 前 面 に 押 し 出 す 「 米 国 第 一 主 毳 を か な り の 数 の 米 国 民 が 支 持 し て い る こ と に 不 安 を 感 じ る 。 1990 年 代 以 降 , 地 球 環 境 を 人 類 の 共 有 財 産 と と ら え , そ の 適 正 な 管 理 を 各 国 が 責 任 を 分 け 合 い 協 調 し て 取 り 組 む 流 れ が 生 ま れ た 。 昨 年 12 月 に 誕 生 し た , 地 球 温 暖 化 抑 止 の た め の 「 パ リ 協 定 」 は そ う し た 潮 流 の 大 き な 成 果 だ と い え る 。 欧 米 で 顕 在 化 す る 内 向 き 志 向 は 国 際 的 な 環 境 重 視 の 動 き に 悪 影 響 を 及 ぼ す だ ろ う か 。 パ リ 協 定 は 米 国 の 離 反 で 失 速 す る の だ ろ う か 。 そ の 危 険 は 十 分 に あ る だ ろ う 。 地 球 環 境 問 題 は 新 た な 危 機 の フ ェ ー ズ に 入 っ た の か も し れ な い 。 温 暖 化 の 進 展 な ど 外 的 リ ス ク に 加 え , 国 際 社 会 の 中 に 芽 生 え た 内 的 リ ス ク が も た ら す 危 機 と い っ て い い か も し れ な い 。 た だ 物 事 に は 常 に 両 面 が あ る 。 こ れ ま で 地 球 環 境 問 題 へ の 対 処 を 突 き 動 か し て き た の は , 人 々 の 善 意 や 理 想 だ け で は な い 。 い ず れ 到 来 す る 低 炭 素 社 会 ( あ る い は 脱 炭 素 社 会 ) に 向 け , ど の 国 が , ど の 企 業 が , ど ん な 技 術 が 主 導 権 を も ち 競 争 優 位 に た つ の か 。 そ う し た 産 業 政 策 的 な 要 素 が 地 球 環 境 問 題 を ク ロ ー ズ ア ッ プ さ せ た 大 き な 原 動 力 だ っ た こ と も 間 違 い な い 。 京 都 議 定 書 を 経 て パ リ 協 定 に 至 っ た 気 候 変 動 の 国 際 交 渉 も , 国 や 産 業 の 利 益 が か か っ た 駆 け 引 き だ っ た と も い え る 。 日 経 サ イ エ ン ス 2016 年 10 月 号