検索 - みる会図書館

検索対象: 世界 2016年 12月号

世界 2016年 12月号から 345件ヒットしました。

世界 2016年 12月号


6 日 本 的 霊 性 大 乗 仏 教 概 論 0 鈴 木 大 拙 / 篠 田 英 雄 校 訂 鈴 木 大 拙 / 佐 々 木 閑 訳 2 大 拙 の 英 文 著 作 の デ ビ ュ ー 作 。 大 乗 仏 教 の 本 質 を 、 一 一 分 野 に 分 現 代 仏 教 哲 学 の 頂 点 を な す 著 作 で あ り 、 著 者 が 到 達 し た 境 地 が 遺 憾 な く 示 さ れ る 。 日 本 人 の 真 の 宗 教 意 識 、 日 本 的 霊 性 は 、 鎌 け て 論 じ る 。 形 而 上 学 、 思 弁 の 学 、 「 思 索 的 」 な 面 と 、 信 仰 の 年 倉 時 代 に 褝 と 浄 土 系 思 想 に よ っ て 初 め て 明 白 に 顕 現 し 、 そ の 霊 在 り 方 、 衆 生 済 度 の た め の 「 実 践 的 」 側 面 で あ る 。 本 書 に よ り 、 0 性 的 自 覚 が 現 在 に 及 ぶ と 述 べ る 。 著 者 は 、 日 本 の 仏 教 徒 に は 仏 初 め て 本 格 的 に 大 乗 仏 教 が 西 洋 に 紹 介 さ れ た 。 ( 解 説 石 井 修 道 ) 教 と い う 文 化 財 を 世 界 に 伝 え る 使 命 が あ る と 考 え 、 本 書 も そ の 【 岩 波 文 庫 】 978 ・ 4 ・ 宰 333234 ム 本 体 1260 円 【 岩 波 文 庫 】 469333231 ・ 8 本 体 780 円 一 環 と し て 書 か れ た 。 拙 後 東 洋 的 な 見 方 、 「 浄 士 系 思 想 論 ・ 鈴 木 大 拙 ル ス 鈴 木 大 拙 / 上 田 閑 照 編 伝 統 的 な 宗 学 の 教 義 か ら は 自 由 な 独 自 の 立 場 か ら 、 「 無 量 寿 経 』 鈴 木 大 拙 の 最 晩 年 ー ー ・ 驚 く べ し 、 九 〇 歳 前 後 ー ー に 書 か れ た 思 「 浄 土 論 註 」 「 教 行 信 証 」 な ど を 深 く 読 み 解 き 、 浄 土 思 想 の 特 質 、 想 的 ェ ッ セ イ を 収 録 し た 「 東 洋 的 な 見 方 』 を 中 心 に 、 同 時 期 の さ ら に は 大 乗 仏 教 の 本 質 を 明 ら か に す る 。 大 拙 の 浄 土 論 を 集 成 好 文 章 を 加 え て 再 編 成 。 世 界 に と っ て 失 わ れ て は な ら な い 「 東 ( 解 説 " 木 村 宣 彰 ) し た 代 表 作 で あ る 。 洋 の よ き も の 」 と は 何 か ー ー ー 文 字 通 り 世 界 に 出 て 西 洋 を 自 ら の 【 岩 波 文 庫 】 978 ・ 4 ・ 8 ・ 333235 ・ 1 本 体 970 円 生 活 世 界 と し た 著 者 が 、 身 を も っ て 探 求 し つ つ 生 き た そ の ド キ ュ メ ン ト 。 【 岩 波 文 庫 】 4 , 8 ・ 3332326 本 体 970 円 ~ 鈴 禅 堂 生 活 ( 解 説 横 丑 南 嶺 、 解 題 " 隆 ) 鈴 木 大 拙 / 横 川 顕 正 訳 店 褝 堂 で の 修 行 生 活 を 、 大 拙 が 具 体 的 に 描 い た 作 品 。 禅 思 想 は 理 論 で は な く 雲 水 の 日 常 の 修 行 の 一 切 が 、 禅 そ の も の で あ る こ と 波 を 指 し 示 す 。 各 場 面 に 挿 絵 が 添 え ら れ て い る 。 大 拙 が 師 事 し た 岩 今 北 洪 川 、 釈 宗 演 老 師 に 関 す る 随 想 を 併 載 。 【 岩 波 文 庫 】 978 ・ 4 ・ 8 ・ 333233 ・ 7 本 体 900 円 禅 と 印 本 文 化 鈴 木 大 拙 / 北 川 桃 雄 訳 褝 は 日 本 人 の 性 格 と 文 化 に ど の よ う な 影 響 を お よ ば し て い る か 。 そ も そ も 禅 と は 何 か 。 本 書 は 、 著 者 が 欧 米 人 の た め に お こ な っ た 講 演 を も と に し て 英 文 で 著 わ さ れ た も の で あ る 。 一 九 四 〇 年 翻 訳 刊 行 い ら い 今 日 ま で 、 禅 そ の も の へ の 比 類 な き 入 門 書 と し て 、 ま た 日 本 の 伝 統 文 化 理 解 へ の 絶 好 の 案 内 書 と し て 読 み つ が れ て い る 古 典 的 名 著 。 【 岩 波 新 書 】 460 ・ 40820 ・ 3 本 体 760 円 2

世界 2016年 12月号


大 﨑 茂 芳 著 者 か ら の メ ッ セ ー ジ 【 岩 波 科 学 ラ イ ブ ラ リ ー 2 】 ク モ の 糸 で バ イ オ リ ン 、 。 B6 判 ・ 本 体 1200 円 ( 税 別 ) ISBN 978-4POP29654-0 多 各 ス 色 て 糸 も 明 モ イ て っ で 架 自 く 映 国 し ト の オ は 柔 糸 バ 空 由 フ リ と 画 の た の の 自 漫 イ デ ら の マ の の 世 在 か 弦 ろ 画 オ イ の 々 ス で た を バ く を 弦 リ 界 コ あ の に ス 驚 セ を の 移 ノ 、 る リ て ン ッ 作 私 界 が 話 動 ウ イ と の 弾 で す よ そ み ト せ ス る は ダ し 最 が け あ る 1 に る の つ も ユ 遜 あ と 近 た と る に る て マ 色 り 土 世 と と な バ に ン 成 い も っ 界 1 な ク れ い 世 オ 功 た 中 モ わ っ し は は ク れ 話 、 あ 糸 界 に オ よ リ し の た 糸 ク く 流 日 と を ン る が の 使 色 さ 色 を 名 ま だ あ モ で の は 証 れ 日 ク バ ろ の つ つ を で 文 ん と 理 を り が た モ く の と あ を ど な る イ ヾ で い 幅 世 っ ど ク と 1 っ が し 、 る た 丈 た 広 界 っ ら の ト モ に 夫 糸 い 、 生 と だ な 1 き 観 さ 物 多 出 に を ど イ ヾ し 、 た 点 す す の く と ら ン 日 つ コ 色 に 世 い か の か る る や ら 華 界 人 な を か か モ ュ 生 ど か か の や ら 、 学 切 か ら ア み ツ 、 嫌 . 典 際 れ ケ 出 プ な ア 領 1 す ル 日 弦 わ 戦 て ロ れ 苦 域 シ ま 1 楽 ト に で も て 闘 の 関 の 力 、 チ ヨ は 耳 の 研 り を 世 す ン い 楽 界 連 究 の を る る 続 論 弦 図 嫌 し へ 物 ク し . ( お お さ き し げ よ し / 奈 良 県 立 医 科 大 学 名 誉 教 授 ) 物 宿 学 ラ 4 プ タ リ ー ク モ の 糸 で バ イ オ リ ン 大 崎 茂 芳 を よ ら ・ 朝 イ り 、 : 、 次 は バ イ オ リ ン た リ ブ 第 一 さ 32

世界 2016年 12月号


い が ら し ・ ( た か よ し 一 九 六 六 年 早 稲 田 大 学 法 学 部 卒 業 。 前 内 閣 官 。 一 一 第 を ( ( 房 参 与 。 法 政 大 学 名 誉 教 授 ・ 弁 護 士 。 『 「 国 土 強 靭 化 」 批 判 ー ー 公 共 事 ・ ( 業 の あ る べ き 「 未 来 モ デ ル 」 と は 』 ( 岩 波 ブ ッ ク レ ッ ト ) 、 「 「 都 市 再 生 」 五 十 嵐 敬 喜 ! 著 、 岩 波 新 書 ) な ど 著 書 多 数 。 一 一 ~ 嵜 、 ' よ う に 、 一 一 〇 〇 〇 年 に 「 琉 球 王 国 の グ ス ク 及 び 関 連 遺 産 群 」 ュ ー ト ピ ア の 島 と し て 「 今 帰 仁 、 勝 連 城 、 中 城 城 跡 」 な ど の グ ス ク 、 「 首 里 城 」 そ し て 「 斎 場 御 嶽 」 等 九 つ の 文 化 遺 産 が 登 録 さ れ た 。 本 年 九 月 一 五 日 、 沖 縄 県 北 部 に あ る い わ ゆ る 「 や ん ば る の 沖 縄 は 、 人 口 一 四 〇 万 、 面 積 は 約 二 三 〇 〇 で 日 本 国 土 全 森 」 ( 一 万 三 六 一 三 ヘ ク タ ー ル 。 た だ し 陸 域 の み ) が 「 国 立 公 園 」 に 体 の 〇 ・ 六 % と い う 小 さ な 島 で あ る 。 こ の よ う な 小 さ な 島 で 、 指 定 さ れ た 。 こ こ は 「 国 内 最 大 級 の 亜 熱 帯 照 葉 樹 林 が 広 が り 、 世 界 文 化 遺 産 と 将 来 の 世 界 自 然 遺 産 を 持 っ と こ ろ は 世 界 中 ほ ャ ン バ ル ク イ ナ 、 ノ グ チ ゲ ラ な ど 多 種 多 様 な 固 有 動 植 物 お よ と ん ど な い と い っ て よ い で あ ろ う 。 そ の 意 味 で 、 沖 縄 は 世 界 び 希 少 動 植 物 が 生 息 ・ 生 育 し 、 石 灰 岩 の 海 食 崖 や カ ル ス ト 地 に も ま れ な ア イ デ ン テ ィ テ ィ を 持 っ 地 域 で あ る が 、 そ の 特 質 形 、 マ ン グ ロ ー プ 林 な ど 多 様 な 自 然 景 観 及 び 、 こ の よ う な 環 は そ れ だ け に と ど ま ら な い 。 そ れ は 一 言 う ま で も な く 県 全 体 の 境 の 中 で の 日 々 の 暮 ら し の 中 か ら 育 ま れ て き た 伝 統 的 な や ん 面 積 の う ち ほ ば 一 〇 % が 、 米 軍 基 地 に よ っ て 占 領 さ れ て き た ば る ら し さ が 息 づ く シ ヌ グ 、 ウ ン ジ ャ ミ ・ ウ シ ガ ミ な ど の 祭 か ら で あ る 。 平 和 の 象 徴 で あ る ユ ネ ス コ の 世 界 遺 産 と 、 正 反 祀 な ど の 人 文 景 観 が 特 徴 」 ( 環 境 省 ) と い う 。 そ し て 、 地 元 で は 国 立 公 園 に と ど ま ら ず 、 や が て は こ こ を 基 点 に 世 界 自 然 遺 対 の 戦 争 の た め の 軍 事 基 地 が 共 存 ( 強 制 的 に ) さ せ ら れ て い る 極 め て 矛 盾 に 満 ち た 島 な の で あ る 。 そ の 沖 縄 で 、 や ん ば る の 産 へ の 登 録 を 目 指 す と い う 。 沖 縄 の 世 界 遺 産 と い え ば 周 知 の 世 界 SEKAI 2 0 16. 1 2

世界 2016年 12月号


歪 ん た 管 理 貿 易 協 定 情 報 開 示 と 熟 議 は な さ れ た か 「 、 ( 今 年 一 一 月 に 日 米 な ど 一 一 一 カ 国 が 署 名 し た 環 太 平 洋 連 携 協 定 を め ぐ る 国 際 潮 流 は 、 こ の 半 年 で 激 変 し た 。 英 国 が 六 月 二 三 日 の 国 民 投 票 で 欧 州 連 合 か ら の 離 脱 を 決 め 、 米 国 で は 大 統 領 選 が 本 格 化 す る の に 伴 っ て 、 グ ロ ー バ リ ズ ム へ の 疑 念 ・ 不 満 が 高 ま っ て い る 。 日 本 で は 、 署 名 の 段 階 で 「 ア ジ ア 太 平 洋 に 世 界 経 済 の 四 割 を 占 め る 広 大 な 自 由 貿 易 圏 が で き た 」 と 、 先 走 っ た 報 道 が 目 立 っ た が 、 大 半 の 署 名 国 で 協 定 発 効 の 前 提 と な る 批 准 手 続 き が 遅 れ て い る 。 米 国 で 反 対 論 が 強 ま っ て い る 理 由 と し て 、 製 造 業 を 中 心 に 雇 用 が 失 わ れ 、 賃 金 が 低 下 す る と い う 懸 念 が 報 道 さ れ 119 て い る が 、 そ れ と 並 ん で 、 あ る い は そ れ 以 上 に 問 題 視 さ れ て い る の は 、 投 資 家 ( 企 業 ) が 政 府 を 訴 え て 損 害 賠 償 を 請 求 で き る 「 投 資 家 と 国 と の 間 の 紛 争 解 決 手 続 き 」 だ 。 投 資 先 の 国 で 政 策 や 制 度 の 変 更 に よ っ て 不 利 益 を 受 け た 場 合 に 、 投 資 家 ( 企 業 ) の 「 泣 き 寝 入 り 」 を 防 ぐ の が 狙 い で 、 投 資 紛 争 解 決 国 際 セ ン タ ー な ど の 仲 裁 機 関 に 提 訴 で き る 内 容 だ 。 条 項 は 、 北 米 自 由 貿 易 協 定 な ど 多 く の 既 存 の 自 由 貿 易 協 定 に 盛 り 込 ま れ て い る が 、 こ れ ま で は 米 国 系 の 企 業 側 が 勝 訴 す る こ と が 多 か っ た 。 し か し 今 年 に 入 っ て 、 カ ナ ダ 産 オ イ ル サ ン ド を 米 国 に 送 る パ イ プ ラ イ ン の 建 設 い し い ・ は や と 共 同 通 信 編 集 委 員 兼 論 説 委 員 。 一 九 五 八 年 、 岐 阜 市 生 ま れ 。 著 書 に 「 亡 国 の 密 約 」 ( 共 著 、 新 潮 社 ) 、 「 農 業 超 大 国 ア メ リ カ の 戦 略 eo-æ で 問 わ れ る 「 食 料 安 保 」 」 ( 新 潮 社 ) な ど 。 石 井 勇 人 ■ = , 世 界 SEKAI 2016 コ 2

世界 2016年 12月号


新 刊 案 内 に 表 示 し た 発 売 日 は 小 社 出 庫 日 で す 1 1 -2016 呈 0 教 育 の 再 定 義 8 2 社 会 の な か の 教 育 田 3 変 容 す る 子 ど も の 関 係 齲 教 育 変 革 へ の 展 望 0 教 0 学 び の 専 門 家 と し 〔 編 集 委 佐 藤 学 ・ 秋 田 喜 代 美 ・ 志 水 宏 吉 ・ 小 玉 重 夫 ・ 北 村 友 人 て の 教 師 判 一 3 [ 5 3 第 6 回 < 8 2 グ ロ 1 バ ル 時 代 の 市 第 6 巻 、 剳 円 書 学 校 の ポ リ テ ィ ク ス 民 形 成 6 0 図 売 第 O Ⅱ 発 福 祉 国 家 型 教 育 行 政 か ら の 変 化 の 渦 中 に あ る 学 校 像 を 、 ア ク タ ー 間 の せ め ぎ 合 い ・ 2 圓 一 日 を 通 し て 探 る 。 【 執 筆 者 】 藤 田 英 典 、 青 木 栄 一 、 大 桃 敏 行 、 志 水 宏 吉 、 小 国 喜 弘 、 菊 地 栄 治 、 小 山 静 子 、 木 村 涼 子 、 村 上 祐 介 、 広 瀬 裕 子 、 苅 谷 剛 彦 。 0 体 「 四 6 学 び と カ リ キ ュ ラ ム 咥 本 叨 、 ・ ◆ 現 代 に 活 か す 思 想 資 源 を 探 訪 す る 名 作 読 本 。 」 打 本 体 各 488 円 崩 平 和 国 家 の 2 ア イ デ ン テ ィ テ ィ 2 科 学 技 術 を め ぐ る 抗 争 3 民 主 主 義 と 市 民 社 会 史 歴 〔 編 集 委 酒 井 哲 哉 ・ 金 森 修 ・ 塚 原 東 吾 ・ 宇 野 重 規 ・ 鶴 見 太 郎 ・ 苅 部 直 ・ 井 上 順 孝 ・ 中 島 岳 志 ・ 西 部 忠 日 常 か ら の 挑 戦 ・ 2 [ 6 「 藝 術 」 と 社 会 の 変 容 と 宗 教 の 諸 相 。 ' 「 ア ー ト 」 の あ い だ 剳 円 書 6 0 図 売 井 上 順 孝 編 変 容 す る 既 存 宗 教 ( 神 道 ・ 仏 教 ・ キ リ ス ト 教 ) 、 創 価 学 会 を は じ め と し 2 現 袋 の 反 逆 と し て の 保 守 第 発 た 新 興 宗 教 の 隆 盛 、 オ ウ ム 真 理 教 か ら ス ピ リ チ ュ ア リ ズ ム ま で ー ー ー 戦 後 日 本 社 会 の 6 経 済 か ら み た 5 体 劇 精 神 世 界 の 陰 陽 を 映 す 「 宗 教 ー の 変 遷 を 、 多 彩 な 作 品 群 を 通 じ て 描 き 出 す 。 本 国 ・ 国 家 と 社 会 ◆ 歴 史 的 な 転 換 点 に 立 つ 「 教 育 」 を 根 底 か ら 考 え る ー リ し -4

世界 2016年 12月号


6 0 一 Ⅱ 一 9- ロ カ と ! 八 木 晃 介 【 著 】 円 を る 8 書 相 す 程 物 事 ′ 翳 防 ミ 生 老 病 死 と 健 康 幻 想 ◎ , 。 。 。 円 蠱 ′ 立 ロ / 究 の 考 頁 研 期 て 区 0. ・ 射 " 軍 ぎ 〕 攻 優 生 命 倫 理 と 優 生 思 想 の ア ポ リ ア の 上 の 院 む 抉 近 代 合 理 主 義 的 な 差 別 的 生 命 倫 理 を 仏 教 的 縁 起 論 に 一 ( ~ 潜 を よ 「 て 否 定 し 、 そ の 延 長 線 上 に 新 た な 生 命 倫 理 を う 3 論 ~ 翳 海 ー 一 、 中 書 3 8 , 識 ち た て う る 可 能 性 を 追 求 す る 。 9 世 編 含 9 杉 置 と 後 意 0 の も 0 上 立 ど こ そ 氏 町 劜 健 康 幻 想 の 社 会 学 【 新 装 版 】 件 6 社 会 の 医 療 化 と 生 命 権 究 の 田 」 の 田 ほ 像 著 上 研 世 武 男 原 新 世 高 の 最 原 知 優 生 思 想 と 健 康 幻 想 【 新 装 版 】 塩 中 村 鬻 徳 品 単 薬 あ れ は と て 、 毒 を こ の む べ か ら ず ◎ 25 。 。 円 # 3 8 0 0 円 元 大 使 が 語 る 外 交 交 渉 の エ ピ ソ ー ド ー 抜 税 地 域 福 祉 の オ ル タ ナ テ イ プ 価 ◎ 〈 い の ち の 尊 厳 〉 と 〈 草 の 根 民 主 主 義 〉 か ら の 再 構 築 外 交 交 渉 回 想 ( 蠣 2900 円 7 井 岡 勉 ・ 賀 戸 一 郎 監 修 枝 村 純 郎 著 / 中 島 琢 磨 ・ 昇 亜 美 子 編 沖 縄 返 還 、 対 外 交 な ど を 振 り 返 り 、 現 下 の 外 交 問 題 に つ い て も 提 言 す る 館 社 加 藤 博 史 ・ 岡 野 英 一 ・ 竹 之 下 典 祥 ・ 竹 川 俊 夫 編 戦 後 日 本 の 地 域 福 祉 の 展 開 と 到 達 点 を 踏 ま え 、 立 脚 文 化 町 ( 第 1 回 ) す べ き 価 値 を 明 示 し 、 課 題 と 方 途 を 提 起 す る 。 内 ① 維 新 と 開 化 奥 田 晴 樹 著 弘 文 全 0 国 制 は い か に 刷 新 さ れ た か ? 立 憲 主 義 の ル ー ツ に 迫 る ー ケ 2200 円 律 行 政 学 原 田 久 著 身 近 な 事 例 と 豊 富 な 図 表 を 通 し て 現 代 日 本 の 行 政 を つ か む 。 茂 響 ・ 「 主 権 国 家 」 成 立 の 内 と 外 法 上 区 代 ! 大 日 方 純 夫 著 ク 近 代 国 家 ツ は い か に 誕 生 し た か ? ( 第 2 回 ) 区 京 入 門 現 代 日 本 の 経 済 政 策 近 中 【 続 刊 】 3 日 清 ・ 日 露 戦 争 と 帝 国 日 本 ・ : 飯 塚 一 幸 著 / ④ 国 際 化 時 文 2800 円 市 岡 田 知 弘 ・ 岩 佐 和 幸 編 本 垳 代 「 大 正 日 本 」 : ・ 櫻 井 良 樹 著 / 3 戦 争 と フ ァ シ ズ ム の 時 代 へ 京 日 第 河 島 真 著 / ⑥ 総 力 戦 の な か の 日 本 政 治 : ・ 源 川 真 希 著 歴 史 的 展 開 と 最 前 線 の 動 き ま で 全 体 像 を 描 出 。 京 東 【 価 格 は 税 別 】 新 刊 ニ ュ ー ス 呈 〒 157 ー 0062 東 京 都 世 田 谷 区 南 鳥 山 4 ー 25 ー 6 ー 103 TEL : 03 ー 3326 ー 3757 FAX : 03 ー 3326 ー 6788 http://www.iwata-shoin.co.j p

世界 2016年 12月号


18 7 天 皇 の 「 お 気 持 表 明 に 思 う 「 象 徴 的 行 」 論 へ の 困 惑 天 皇 が 「 生 前 退 位 」 を 望 ん で い る と の 趣 旨 の 報 道 制 度 は 許 さ れ る の か と か 、 特 別 法 に よ り 現 天 皇 に 限 定 し た 措 ( 七 月 一 三 日 ) の 後 、 そ の 真 意 を 語 る 天 皇 の 「 お 気 持 ち 」 表 明 置 を 採 る こ と は 許 さ れ る の か な ど の 議 論 も な さ れ て い る 。 し ( 八 月 八 日 ) が あ り 、 そ れ を 受 け て 政 府 は 、 問 題 を 検 討 す る た か し 、 憲 法 論 と し て は 、 憲 法 上 許 さ れ る か ど う か の 問 題 を 考 め の 有 識 者 会 議 を 一 〇 月 に 立 ち 上 げ た 。 世 論 は 今 の と こ ろ 圧 え る 前 に 、 天 皇 の 「 お 気 持 ち 」 表 明 と そ の 内 容 が 憲 法 と ど の 倒 的 多 数 が 「 生 前 退 位 」 に 賛 成 し て い る よ う で あ る が 、 メ デ よ う な 関 係 に あ る か を 明 確 に 理 解 し て お く 必 要 が あ る 。 今 回 ィ ア 報 道 に よ れ ば 、 政 府 は 皇 室 典 範 の 改 正 に よ り 「 生 前 退 の 「 お 気 持 ち 」 表 明 は 、 そ れ が な さ れ た 文 脈 上 必 然 的 に 、 天 位 」 を 恒 久 的 な 制 度 と し て 創 設 す る こ と に は 必 ず し も 積 極 的 皇 が 退 位 を 欲 す る に 至 っ た 理 由 の 説 明 と い う 意 味 を も つ 。 し で は な く 、 「 生 前 退 位 」 を 認 め る と し て も 現 天 皇 に 限 定 す る た が っ て 、 こ れ に 応 じ て 退 位 制 度 を 制 定 す る と す れ ば 、 そ こ 形 の 特 別 法 の 制 定 に よ り 対 処 す る こ と を 考 え て い る の で は な で 述 べ ら れ た 理 由 が そ の 後 の 退 位 制 度 の 運 用 を 方 向 づ け る こ い か と 推 測 さ れ て い る 。 と に な ろ う 。 そ れ は 、 私 の 理 解 で は 、 象 徴 天 皇 制 に 関 す る 通 こ れ ら の 議 論 に 関 連 し て 、 そ も そ も 憲 法 上 「 生 前 退 位 」 の 説 の 理 解 を 確 認 し あ る い は 拡 張 ・ 変 更 す る 意 味 を も っ こ と に 高 橋 和 之 た か は し ・ か ず ゆ き 憲 法 学 者 。 東 京 大 学 名 誉 教 授 。 著 書 に 「 現 代 憲 法 理 論 の 源 流 」 、 「 国 民 内 閣 制 の 理 念 と 運 用 』 、 『 現 代 立 憲 主 義 の 制 度 構 想 』 、 「 立 憲 主 義 と 日 本 国 憲 法 〈 第 3 版 〉 』 ( い ず れ も 有 斐 閣 ) な ど 。 世 界 SEK れ 201 る コ 2

世界 2016年 12月号


ア メ リ カ の デ モ ク ラ シ 1 株 貧 困 大 国 ア メ リ カ ト ク ヴ ィ ル / 松 本 礼 ニ 訳 【 岩 波 新 書 】 978 ム き ・ 4314391 本 体 760 円 堤 未 果 一 九 世 紀 フ ラ ン ス の 政 治 思 想 家 ト ク ヴ ィ ル ( 一 八 食 、 自 治 体 、 政 治 、 メ デ ィ ア 、 そ し て 未 来 ま で 巨 大 企 業 の 「 商 品 」 に さ れ た ア メ リ カ ! 世 界 が 向 か う 先 を 象 徴 す る 身 の 毛 立 っ 最 新 報 告 。 〇 ー 五 九 ) が 、 ア メ リ カ 社 会 全 般 の 透 徹 し た 分 析 一 一 を 通 し て 広 い 視 野 で 近 代 デ モ ク ラ シ ー を 論 じ た 。 現 代 の 民 主 主 義 を 考 え る に あ た っ て 読 み 直 す べ ノ - き 古 典 的 名 著 。 【 岩 波 文 庫 】 ( 全 4 冊 ) 第 一 巻 ( 上 ) 46934892 ・ 5 本 体 900 円 ア メ リ カ 政 治 の 壁 ー 舅 第 一 巻 ( 下 ) 8 ・ 34893 本 体 1200 円 第 一 一 巻 ( 上 ) 978 宰 348 設 ・ 4 本 体 800 円 . 渡 辺 将 人 第 一 一 巻 ( 下 ) 978 8 ・ 34895 ・ 1 本 体 840 円 オ バ マ 政 権 一 一 期 八 年 の 「 迷 走 」 の 原 因 は ど こ に あ っ た の か ? 元 民 主 党 イ ン サ イ ダ ー と し て 、 大 統 領 選 の 実 情 を 知 り 尽 く し て い る 著 者 が 、 ア メ ・ ・ ロ ー ビ ア リ カ の 「 リ べ ラ ル 政 治 」 の 複 雑 で 厄 介 な じ れ 現 象 を 読 み 解 き 、 次 期 政 宮 地 健 次 郎 訳 権 の 課 題 を 占 う 。 【 岩 波 新 書 】 978 ム 人 ろ ・ 431616 ・ 9 本 体 860 円 一 エ マ ッ カ ー シ ズ ム マ ッ カ ー シ ズ ム の 台 頭 か ら 退 潮 ま で を マ ッ カ ー シ ー ( 一 九 〇 八 ー 五 七 ) と い う 「 ア メ リ カ が 生 ん だ 最 も 天 分 豊 か な デ マ ゴ ー グ 」 の 人 間 分 析 を と お し て 解 明 す る 。 〈 複 数 文 化 〉 【 岩 波 文 庫 】 、 ・ 宰 0 ; 本 体 900 円 】 ド ア メ リ カ を 生 き る 。 鬯 【 岩 波 新 書 】 978 ・ 4 ・ 8 ・ 431377 ・ 9 本 体 760 円 室 謙 ニ 最 後 の イ ン デ ィ ア ン 「 イ シ 」 や マ イ ル ス ・ デ ィ ヴ ィ ス ら の ボ ー ト レ ー ト レ ャ 貧 困 大 国 ア メ リ カ を 通 じ て 、 自 ら が 連 な る 「 非 ア メ リ カ 」 的 文 化 の 系 譜 を さ ぐ る 。 【 岩 波 新 書 】 978 ・ 4 ま ・ 43111 よ 本 体 740 円 堤 未 果 社 会 の 一 一 極 化 の 足 元 で 何 が 起 き て い る の か 。 人 々 の 苦 難 の 上 で い っ た い 誰 が 暴 利 を む さ ほ っ て い る の か 。 人 々 の 肉 声 を 通 し て 、 実 相 に 迫 る 。 ガ ル プ レ イ ス 経 済 学 研 究 の 水 準 を 社 会 思 想 史 研 究 の 水 準 に ま で 高 め て き た 著 者 が 、 病 メ 貧 困 大 国 ア メ リ カ Ⅱ 。 【 岩 波 新 書 】 978 ・ 4 ・ 8 ・ 431225 , 3 本 体 740 円 堤 未 果 を 圧 し て 書 き 進 め た 渾 身 の 作 。 ケ イ ン ズ に よ っ て イ ギ リ ス 論 を 、 シ ュ ン 学 資 ロ ー ン に 追 い 立 て ら れ る 若 者 た ち 。 生 活 設 計 が 立 た ず に 絶 望 す る 高 ペ ー タ ー を か り て ド イ ツ 論 を 展 開 し て き た 社 会 経 済 思 想 史 研 究 三 部 作 の 齢 者 た ち 。 社 会 の 底 割 れ が 加 速 す る 状 況 は 変 わ る の か 。 完 結 編 ー 【 岩 波 新 書 】 978 ム ま 431593 ・ 3 本 体 800 円 ー ア メ リ カ 資 本 主 義 と の 格 闘 2

世界 2016年 12月号


間 を 疾 走 し た 。 終 点 前 に は 、 映 画 に 登 場 す る べ ル サ イ ユ を 縮 小 し た よ う な 見 事 な 庭 園 の 頂 上 に 宮 殿 に 擬 し た 博 物 館 の 建 物 南 ス ー ダ ン 「 駆 け っ が 立 っ て い た 。 「 ベ ル ギ ー の 国 土 の 六 〇 倍 も 大 き い コ ン ゴ ( コ ン ゴ 民 主 共 和 け 警 護 」 と 「 戦 争 の 国 ) は 一 九 世 紀 「 ベ ル ギ ー 国 王 の 個 人 的 な 持 ち 物 だ っ た そ う で す 。 こ の 建 物 や 庭 園 は コ ン ゴ か ら 得 た 富 で 造 ら れ た の で す で き る 、 普 通 の 国 」 よ 」 と 、 さ ん は 言 っ た 。 コ ン ゴ は 世 界 有 数 の 各 種 鉱 産 資 源 た に ぐ ち ・ な が よ ジ ャ ー ナ リ ス ト 。 ベ ル ギ ー 8 国 だ と い う 。 国 際 記 者 連 盟 財 務 兼 副 会 長 。 プ リ ュ ッ セ ル 在 住 。 著 2 本 当 の 書 に 「 Z<FO ー ー 変 貌 す る 地 域 安 全 保 障 』 、 「 サ 博 物 館 に 入 る と 、 ま ず 目 に 飛 び 込 ん だ の が 中 央 奥 の 大 理 石 イ バ ー 時 代 の 戦 」 ( 争 』 ( い ず れ も 岩 」 。 の 主 柱 に フ ラ ン ス 語 、 オ ラ ン ダ 語 で 誇 ら し げ に 刻 ま れ た 「 べ 話 を し よ う 谷 口 長 世 波 新 書 ) 等 。 界 ル ギ ー は ア フ リ カ に 文 明 を も た ら し た 」 と い う 一 言 葉 だ っ た 。 数 十 年 経 て も 宗 主 国 意 識 が 丸 出 し だ 。 唖 然 と す る 私 に r-o さ ん は 「 プ リ ュ ッ セ ル の 高 級 住 宅 地 に モ ブ ッ 御 殿 と 呼 ば れ る 現 ザ 生 き 続 け る 植 民 地 時 代 の 構 造 ィ ー ル 大 統 領 の 邸 宅 が あ り ま す 。 彼 は 子 供 た ち を こ こ の 外 交 も う か れ こ れ 四 〇 年 近 い 前 の こ と に な る 。 ベ ル ギ ー へ 渡 っ 官 子 弟 用 の 学 校 に 通 わ せ て い ま す よ 。 モ ブ ツ は 南 仏 に も 別 邸 た 当 初 、 と に か く 右 も 左 も 分 か ら な い 、 ま ご ま ご し た 暮 ら し を 構 え 、 ど の く ら い 海 外 資 産 が あ る か 不 明 な の で す 」 と 苦 笑 し を 始 め た 頃 、 日 本 の 総 合 商 社 マ ン の さ ん の 一 家 と 知 り 合 っ た 。 そ し て さ ん は 、 「 商 社 の 人 間 に は ベ ル ギ ー は ア フ リ カ た 。 プ リ ュ ッ セ ル で 現 地 法 人 社 長 を 務 め る r-n さ ん も 、 奥 さ ん と 欧 米 諸 国 を 結 ぶ ハ プ と し て と て も 重 宝 な の で す 」 と 言 っ た 。 も カ ラ リ と し た 、 ま こ と に オ ー プ ン な 人 柄 で 、 会 う た び に い 私 は ず っ と 勘 違 い し て い た 。 第 二 次 世 界 大 戦 後 、 次 々 に 欧 ろ い ろ な こ と を 教 え ら れ 、 目 か ら 鱗 が 落 ち る よ う に 視 界 が 広 州 の 国 々 か ら 独 立 し た ア フ リ カ 、 中 東 、 ア ジ ア 諸 国 は 、 旧 宗 が っ て い く 気 が し た 。 あ る 週 末 、 さ ん か ら 、 「 郊 外 の 中 央 主 国 と ピ タ リ と 縁 を 切 っ た も の と 考 え て い た 。 だ が ベ ル ギ ー ア フ リ カ 博 物 館 に 一 緒 に 行 き ま せ ん か 」 と 電 話 で 誘 わ れ た 。 も 、 オ ラ ン ダ も 、 フ ラ ン ス も 、 英 国 も 、 各 々 の 旧 植 民 地 諸 国 教 え ら れ た 通 り 市 電 番 に 乗 る と 、 半 時 間 足 ら ず 、 煩 雑 な 市 と 連 綿 と 、 巧 妙 に 植 民 地 時 代 の 構 造 を 温 存 し て い る の だ 。 こ 内 か ら は 想 像 も で き な い 、 紅 葉 で 深 紅 や 黄 金 色 に 染 ま っ た 林 れ ら の 旧 宗 主 国 の 都 市 に は 、 旧 植 民 地 か ら の 移 民 、 出 稼 ぎ の

世界 2016年 12月号


憂 鬱 な る 漱 石 日 本 の 近 代 が 抱 え 込 ん だ 「 憂 鬱 な る 孤 独 」 に 心 身 を 賭 し て 向 き 合 っ た 漱 石 。 そ の 苦 闘 の 軌 跡 を 、 「 一 一 四 郎 』 か ら 「 明 暗 」 ま で 八 つ の 作 品 を 対 象 に し て 読 み 解 く 。 没 後 百 年 を 経 て 今 な お 我 々 を 惹 き つ け て や ま な い 魅 力 の \ 4600 十 税 源 泉 に 迫 る 。 書 カ 仲 野 麻 紀 著 り 旅 す る 音 楽 せ サ ッ ク ス 奏 者 と 音 の 経 験 一 一 〇 〇 一 一 年 に 渡 仏 、 ジ ャ ズ ・ サ ッ ク ス 奏 者 と し て 主 に フ ラ ン ス で 活 躍 し て き た 著 者 が 、 プ ル キ ナ フ ア ソ や レ バ ノ ン 、 プ ル タ ー ニ ュ 、 伊 勢 志 摩 、 モ ロ ッ コ な ど で 出 会 っ た 「 土 地 と 暮 ら し に 根 付 い た 音 楽 」 と は ? 魂 を 揺 さ ぶ る 音 楽 ド キ ュ メ ン ト 。 \ 2800 十 税 LC L.O お 円 マ 円 円 1 人 ・ 2 5 0 0 円 円 江 頭 宏 昌 編 と 国 0 0 - 三 田 訳 0 、 ) , 、 ー 1 ィ ー 1 Ⅱ ・ 済 人 間 と 乍 物 採 集 か ら 栽 培 〈 食 の 文 化 フ ォ ー ラ ム 4 -8- ロ カ 序 翻 中 0 祖 科 学 技 術 や グ ロ ー バ ル 化 の 進 展 が 「 農 」 の 姿 を 変 貌 さ せ つ つ あ る 今 、 飆 対 の 経 究 察 史 人 と 植 物 の 関 係 を 見 直 し 、 持 続 可 能 な あ り 方 を 探 る 多 角 的 論 議 を 集 成 索 ヂ 価 場 研 考 日 及 た 仕 峰 . 吾 高 良 真 木 ・ 高 良 留 美 子 ・ 吉 良 森 子 編 ・ 4200 円 を 探 坂 史 扱 を 侖 解 本 版 市 の 普 楽 一 三 ロ 守 な 浜 田 糸 衛 生 と 著 作 上 巻 し ア 』 及 を 神 っ リ 去 部 た 日 普 史 出 ~ 義 業 系 戦 後 初 期 の 女 性 連 動 と 日 中 友 好 運 動 ま っ 区 に を / 岡 新 の 響 の 宿 戦 後 の 女 性 運 動 を 牽 引 、 こ の 人 が 事 務 局 長 な ら と 平 塚 ら い て う は 婦 団 と 五 ロ 状 ス ~ 主 企 - ハ 新 0 連 会 長 を 引 き 受 け た 。 日 中 友 好 運 動 に 一 〇 二 歳 で 亡 く な る ま で 関 わ る 宣 版 影 方 物 部 現 会 有 日 朝 ・ 京 ・ 18 0 0 円 川 口 祐 ニ 東 区 4 押 方 著 と 一 社 国 ー 産 済 海 女 を た ず ね て 漁 村 異 聞 そ の 四 文 d の 渚 の 荒 廃 に 警 鐘 を 鳴 ら し 続 け る 著 者 が 、 志 摩 ・ 鳥 羽 の 海 女 へ の 探 訪 と 、 都 3 上 国 故 郷 を あ と に し た 海 女 た ち 〈 の 聴 き 書 き の 旅 か ら 、 海 女 漁 の 今 を 語 る 棘 圸 中 ◆ 村 中 程 ル 宗 〒 112- 開 11 東 京 都 文 京 区 千 石 ト 四 一 12 深 沢 ビ ル 2F Tel: 0 & 5940-47 開 http://www.serica.cojp/ 塙 書 房 ( 表 示 価 格 は 税 別 ) 武 者 小 路 実 篤 と そ の 世 界 直 木 孝 次 郎 著 四 六 判 2 300 円 反 戦 ・ 平 和 論 者 の 武 者 小 路 実 篤 が な ぜ 米 英 等 と の 戦 争 を 支 持 ・ 礼 讃 し た の か 。 実 篤 と 家 族 ぐ る み で 親 交 の 深 か っ た 著 者 が 、 実 篤 研 究 の 間 題 点 や 実 篤 を め ぐ る 人 々 に つ い て 熱 く 語 る 日 本 書 紀 研 究 第 三 + 一 冊 日 本 書 紀 研 究 会 編 A5 判 9 , 500 円 目 次 ( 執 筆 者 順 ) 春 日 山 田 皇 女 の 伝 承 に 関 わ る ミ ャ ケ と 春 日 部 ・ ・ ・ 生 田 敦 司 / 天 武 ・ 持 統 か ら 律 令 施 行 期 の 諸 王 に つ い て ・ ・ 内 田 正 俊 神 話 の 出 雲 と 歴 史 の 伊 勢 ・ ・ 榎 村 寛 之 / 大 化 改 新 の 実 像 ・ ・ ・ 神 崎 勝 / ッ ヌ ガ ア ラ シ ト 説 話 の 赤 絹 の 象 徴 性 ・ ・ ・ 阪 ロ 有 美 子 / 蘇 我 氏 の 墓 域 に 関 す る 諸 問 題 ・ ・ ・ 西 川 寿 勝 / 『 日 本 書 紀 』 巻 十 三 安 康 天 皇 紀 と 安 康 天 皇 ・ ・ ・ 松 倉 文 比 古 / 大 日 下 王 と 日 下 部 ・ ・ ・ 渡 里 恒 信 日 本 書 紀 成 立 史 攷 笹 川 尚 紀 著 A5 判 12 , 000 円 〒 Ⅱ 3-0033 東 京 都 文 京 区 本 郷 6 - 8 -16 TEL03-3812-5821 FAX 03 ー 381 1 -0617 http://rr2.hanawashobo. CO. jp し つ