検索 - みる会図書館

検索対象: 世界の名著 2 大乗仏典

世界の名著 2 大乗仏典から 559件ヒットしました。

世界の名著 2 大乗仏典


大 乗 仏 典

世界の名著 2 大乗仏典


世 界 の 名 著 2 大 乗 仏 典 金 剛 般 若 経 維 摩 経 宝 積 経 論 争 の 超 越 ( 廻 淨 論 ) 責 任 編 集 長 尾 雅 人 明 ら か な こ と は 、 ( 中 論 月 称 釈 ) 攵 日 恵 の と も し び ( 中 論 清 弁 釈 ) 存 在 の う ) 析 ( 「 倶 舎 論 」 第 一 章 ・ 第 二 章 ) 中 正 と 両 極 端 と の 弁 別 ( 中 辺 分 別 論 ) 二 十 詩 篇 の 唯 識 論 ( 唯 識 二 + 論 ) 刃 識 と 言 兪 理 . ( タ ル カ バ ー シ ャ ー ) じ 、 卩 中 央 公 論 社 長 尾 雅 人 訳 長 尾 雅 人 訳 長 尾 雅 人 訳 荒 牧 典 俊 梶 山 雄 一 訳 長 尾 雅 人 訳 梶 山 雄 一 訳 桜 部 建 訳 長 尾 雅 人 訳 梶 山 雄 一 訳 梶 山 雄 一 訳

世界の名著 2 大乗仏典


世 界 の 名 著 大 乗 仏 典 2 責 任 編 集 昭 和 42 年 12 月 20 日 初 版 発 行 昭 和 45 年 8 月 15 日 10 版 発 行 発 行 者 本 文 整 版 印 刷 0 ー 7 長 尾 雅 人 山 越 豊 三 晃 印 刷 株 式 会 社 扉 ・ 函 貼 印 刷 求 竜 堂 印 刷 株 式 会 社 ロ 絵 印 刷 東 京 プ ロ セ ス 株 式 会 社 本 文 用 紙 本 州 製 紙 株 式 会 社 函 貼 用 紙 特 種 製 紙 株 式 会 社 ク ロ ス 日 本 ク ロ ス 工 業 株 式 会 社 製 函 加 蓐 製 函 印 刷 株 式 会 社 鰓 本 小 泉 製 本 株 式 会 社 発 行 所 中 央 公 論 社 東 京 都 中 央 区 京 橋 2 丁 目 1 番 地 電 話 ( 56D5921 ( 代 ) 振 替 東 京 34

世界の名著 2 大乗仏典


え ら れ 、 劇 的 な 構 成 の も と に 、 大 乗 経 典 と し て 表 現 さ れ も の 」 で あ る 。 「 悟 れ る も の 」 以 外 に 、 だ れ が こ の 教 え て い っ た 。 を 説 き う る も の そ 。 だ か ら 大 乗 は 「 仏 説 」 な の で あ る 。 ば ん ご そ の 大 乗 経 典 は 、 一 般 に サ ン ス ク リ ッ ト 語 ( 梵 語 ) で 大 乗 経 典 の 嚆 矢 と な る も の が 、 前 述 の よ う に は ん に や は ら 般 若 経 は ん に や ぎ よ う 記 さ れ る 。 つ ま り パ ー リ 語 と い う 俗 語 に か わ っ て 、 ・ ハ ラ 『 般 若 経 』 で あ る 。 『 般 若 経 』 は 、 『 般 若 波 羅 み っ た ぎ よ う モ ン 用 語 、 学 術 用 語 が 、 仏 教 の 中 で も 公 認 さ れ だ し た の 蜜 多 経 』 Prajfiäpäramitä-sütra の 略 称 で 、 大 小 さ ま ざ ま で あ る 。 ま た 、 聖 典 は 文 字 に 書 き あ ら わ さ れ る 時 代 に な の 経 典 群 か ら な っ て い る 。 っ て い た 。 以 前 の よ う に 記 憶 だ け に よ る 伝 承 で は な い か 名 ま え の 「 般 若 」 ( サ 訳 の 般 若 は パ ー リ 語 形 の 。 ( ン = ャ ー に 近 ) ら 、 大 乗 経 典 は 量 的 に 大 き な も の に し あ げ る 可 能 性 が 生 は 、 「 知 恵 」 の 意 味 で あ る 。 「 波 羅 蜜 多 」 ( 。 ( ー ラ ミ タ ー ) じ た 。 記 憶 の 便 宜 の た め に 案 出 さ れ た き ま り 文 句 や そ の は 、 「 最 高 の 偉 大 性 」 、 「 完 成 ー の 原 意 か ら 、 「 彼 岸 に 到 達 冗 長 な く り 返 し は 、 著 し く 減 少 し た 。 多 く の 物 語 や 比 喩 す る こ と 」 を 意 味 す る よ う に な る 。 つ ま り 知 恵 に よ っ て な ど が ふ ん だ ん に と り 入 れ ら れ 、 文 章 も 美 し く 飾 ら れ る 人 生 の 目 的 を 完 成 す る こ と 、 彼 岸 に 到 達 す る こ と で あ る 。 よ う に な っ た 。 二 世 紀 こ ろ の 仏 教 詩 人 ア シ ュ ヴ ァ ゴ ー シ 。 ハ ー ラ ミ タ ー と い う 文 字 は 、 原 始 経 典 に も 出 て く る が ヤ は 、 イ ン と く に そ れ が 根 本 基 調 と し て 重 要 な 意 味 を に な っ て く る ド 美 文 学 の の は 、 大 乗 経 典 に お い て で あ る 。 そ れ が 六 種 の パ ー ラ ミ ( 2 ) 」 ~ 紀 さ き が け で タ ー に 、 ( さ ら に 十 種 に も ) 分 類 さ れ 、 菩 薩 修 行 項 目 の 7 も あ っ た 。 根 本 的 な も の と し て あ げ ら れ る 。 た と え ば 、 そ の 第 一 に 蔵 大 乗 主 義 を あ げ ら れ る 布 施 パ ー ラ ミ タ ー は 、 他 に 与 え る こ と ( 布 施 ) 隆 生 み 出 し た に よ っ て 彼 岸 に 達 す る と い う 意 味 で あ る 。 同 じ よ う に 、 史 歴 宗 教 的 な 情 A 」 ( 1 ) 十 八 世 紀 、 江 戸 時 代 の 学 者 。 独 特 の 歴 史 眼 を も っ て 、 経 典 は 時 代 想 , 菩 操 が 、 こ れ 思 を 追 っ て 漸 次 制 作 さ れ た と 論 じ た 。 イ 世 ら の 文 学 的 ( 2 ) 六 波 羅 蜜 多 ( ま た 六 度 と も い う ) は 、 布 施 、 持 戒 、 忍 辱 、 精 進 、 教 禅 定 、 知 恵 の 六 種 の パ ー ラ ミ タ ー で あ り 、 十 種 は こ れ に 、 方 便 、 カ 、 仏 な 新 し い ス 願 、 知 の 四 波 羅 蜜 多 が 加 わ る 。 タ イ ル に 支 っ ; を ツ こ う し

世界の名著 2 大乗仏典


だ い む り 、 、 う じ ゅ き よ う し た が っ て こ れ ら の 人 々 が 、 「 仏 説 」 の 名 を 冠 し 、 仏 陀 や 浄 土 真 宗 は 『 大 無 量 寿 経 』 そ の 他 の 浄 土 経 典 に よ る と は っ そ う い っ た よ う に で あ る 。 摂 論 宗 や 三 論 宗 や 法 相 宗 も ま た 、 に 帰 し て 新 し い 経 典 を つ く っ た と し て も 、 彼 ら に 偽 作 の が ん そ う こ れ こ そ 仏 陀 の 大 乗 の 論 典 を 中 心 に し て 成 立 し て き た 。 し か も こ れ ら の 観 念 や 贋 造 の 意 識 が あ っ た の で は な い 。 大 乗 経 典 は 、 文 字 ど お り 「 仏 説 。 と し て 受 け と ら れ 、 信 真 意 で あ る と い う 確 信 に 満 ち て い た の で あ る 。 し か し 、 こ れ ら の 大 乗 経 典 の 成 立 が 原 始 経 典 よ り も の 奉 さ れ て き た 。 し た が っ て 「 大 乗 非 仏 説 , が な り た つ な ち で あ る こ と は 事 実 で あ る 。 そ の 内 容 は も と よ り 、 文 章 ら ば 、 そ れ は こ れ ら の 人 々 に と っ て 一 大 シ = ッ ク に ほ か の ス タ イ ル も 、 遠 く 仏 陀 の 時 代 か ら は 隔 た っ て い る 。 言 な ら な い 。 事 実 、 明 治 時 代 に お い て さ え 、 歴 史 的 事 実 と 語 も 、 世 人 に よ く 通 じ た 俗 語 で は な く 、 学 間 的 あ る い は し て 大 乗 経 典 が 後 期 の 作 品 で あ る こ と を 明 ら か に し た 学 は い せ き 者 が 、 宗 門 の 攻 撃 を 受 け た こ と が あ っ た 。 ・ ハ ラ モ ン 階 級 的 な 用 語 と し て 仏 陀 が 排 斥 し た サ ン ス ク リ と み な が な か も と ( 1 ) し か し 、 大 乗 非 仏 説 の 論 は 、 富 永 仲 基 や 近 代 の 歴 史 学 ッ ト 語 で あ る 。 そ し て 、 こ れ ら の 経 典 が 「 発 見 、 発 掘 」 さ れ た の だ と 説 明 さ れ る 。 つ ま り 、 経 典 は 仏 陀 の 時 代 の 者 に よ っ て は じ め て 唱 え ら れ た も の で は な い 。 古 く イ ン も の で あ る が 、 な が く 世 人 の 目 に 触 れ る こ と も な く 隠 さ ド に お い て 、 す で に そ れ が 問 題 と な っ て い た 。 す な わ ち 、 れ て い て 、 南 イ ン ド の 「 鉄 塔 」 や 、 海 中 の 「 竜 宮 」 に 秘 あ る 論 書 離 『 」 ュ 乗 ) に は 、 数 条 の 理 由 を あ げ て 、 蔵 さ れ て い た の が 、 新 た に 発 見 さ れ た の だ と い う の で あ 大 乗 が 「 仏 説 」 で あ る こ と を 論 証 し よ う と し て い る 。 そ る 。 こ の こ と は 、 大 乗 経 典 の 成 立 が す べ て 後 代 の も の で の 理 由 の 中 で も と く に 魅 力 的 な 一 条 ー ー 、 「 こ の 大 乗 と い う 崇 高 な 教 え を 、 仏 陀 で な く て だ れ が い っ た い 説 き え あ る こ と を 物 語 っ て い る 。 し か し そ れ が 事 実 な ら 、 大 乗 経 典 は 事 実 上 、 仏 陀 の も よ う か 」 が あ る 。 仏 陀 の 説 で あ る か ら こ そ 真 の 教 え な の こ こ に で は な く 、 大 乗 が 真 の 教 え で あ る か ら こ そ そ れ は 「 仏 の で は な く 、 偽 書 と い う べ き で は な い か 「 大 乗 非 仏 説 」 仏 拠 で 盟 な い ) の 議 論 が 起 こ る 。 シ ナ や 日 説 、 で あ る 、 と い う こ の 論 理 は 、 わ れ わ れ に は 奇 妙 に 感 本 で 成 立 し た 仏 教 の 各 派 は 、 ほ と ん ど す べ て 大 乗 経 典 や 、 じ ら れ る か も し れ な い が 、 こ れ こ そ 大 乗 教 徒 の 信 念 で あ 大 乗 経 典 に も と づ く 論 典 に そ の 根 拠 を 求 め て い る 。 た と っ た 。 こ の と き 、 仏 陀 と い う の は 、 小 乗 教 徒 が 考 え る よ え ば 、 天 台 宗 や わ が 国 の 日 蓮 宗 は 『 法 華 経 』 を 根 拠 と し 、 う な シ ャ ー キ ャ ム = ひ と り で は な い 。 十 方 の 宇 宙 に 浄 土 じ よ う ど ね は ん 華 厳 宗 は 『 華 厳 経 』 に 、 涅 槃 宗 は 『 涅 槃 経 』 に 、 浄 土 宗 が あ り 、 仏 陀 が ま し ま す 。 仏 陀 と は 文 字 ど お り 「 悟 れ る

世界の名著 2 大乗仏典


ヤ ・ デ ー ヴ ァ Arya ・ deva ( 聖 提 婆 ) は 、 『 四 百 論 』 Catuhsa- taka そ の 他 の 著 述 に よ っ て さ ら に こ の 学 派 を 伸 展 さ せ た 。 こ れ ら ふ た り は と も に 「 空 」 の 哲 学 の 主 唱 者 で あ っ て 、 仏 教 内 で は 有 部 系 の ア ビ ダ ル マ 哲 学 、 仏 教 外 で は サ ー ン キ ャ 学 派 や ヴ ァ イ シ ェ ー シ カ 学 派 な ど の 実 在 論 哲 学 を し き り に 批 判 し た 。 と く に ア ー リ ヤ ・ デ ー ヴ ァ は 、 そ の 批 判 の 鋭 さ が わ ざ わ い し て 、 異 教 徒 に 殺 害 さ れ た と 伝 え ら れ て い る 。 四 ~ 五 世 紀 グ プ タ 王 朝 と イ ン ド 文 化 の 黄 金 時 代 マ ガ ダ 出 身 の チ ャ ン ド ラ グ プ タ が 中 イ ン ド を 平 定 し て グ プ タ 王 朝 を 創 立 し ( 三 一 一 〇 ) 、 そ の 子 サ ム ド ラ グ プ タ は 南 イ ン ド を も 併 合 し て ほ と ん ど 全 イ ン ド を 統 一 し た 。 こ の 王 朝 の 最 盛 期 は 五 世 紀 後 半 な い し 六 世 紀 初 頭 に 及 び 、 文 芸 、 学 問 、 宗 教 そ の 他 各 方 面 に お い て イ ン ド 文 化 の 黄 金 時 代 を 迎 え た 。 経 量 部 の 発 展 ア ビ ダ ル マ 仏 教 最 大 の 勢 力 で あ る 説 一 切 有 ー ル 系 と ガ ン ダ ー ラ 系 と の 分 裂 が は じ ま 部 の 中 に も 、 カ シ ュ 、 、 っ た 。 後 者 は 経 量 部 の 影 響 を 強 く 受 け 、 の ち に そ の 代 表 的 著 作 く し や ら ん と し て 『 倶 舎 論 』 が 制 作 さ れ た 。 経 量 部 は 有 部 か ら 分 派 し た 比 喩 師 た ち ゃ 、 ク マ ー ラ ラ ー タ Kumäraläta 、 シ ュ リ ー ラ ー タ Sriläta 、 / 、 リ ヴ ァ ル マ ン Harivarm an な ど に よ っ て 表 象 主 義 的 な 理 論 を 発 展 さ せ た が 、 三 ~ 四 世 紀 に は か な り 有 力 な 学 派 に 成 長 し た 。 後 期 大 乗 経 典 の 出 現 三 世 紀 末 か ら 四 世 紀 に か け て 、 い わ じ し よ う し よ う し よ う し ん せ つ ゆ る 自 性 清 浄 心 説 や 如 来 蔵 思 想 を 説 く 『 如 来 蔵 経 』 Tathäga- せ つ い っ さ い う tagarbha ・ sütra 、 『 勝 鬘 経 』 Srimälädevisi1i 】 hanäda ・ sütra 、 へ ん さ ん ね は ん ぎ よ う 『 涅 槃 経 』 Mahäparinirväva ・ sütra な ど が 編 纂 さ れ 、 ま た 同 げ じ ん み つ き よ う じ こ ろ 、 唯 識 学 派 の 根 本 聖 典 で あ る 『 解 深 密 経 』 Samdhinir- わ ・ よ う が を よ う mocana ・ sütra が 成 立 し た 。 さ ら に の ち に 『 楞 伽 経 』 Lafi ・ kävatara-sütra が 出 現 し た 。 ほ っ け ん 法 顕 の イ ン ド 旅 行 シ ナ の 僧 法 顕 は 、 経 、 律 の 原 典 を 求 め る た め 、 六 十 歳 を す ぎ た 三 九 九 年 に 長 安 を 出 発 し 、 四 一 三 年 に 青 州 に 帰 来 す る ま で 、 イ ン ド 各 地 を 旅 行 し た 。 く ま ら じ ゅ う 鳩 摩 羅 什 四 〇 一 年 に 長 安 に き た 鳩 摩 羅 什 Kumärajiva ( 三 四 四 ~ 四 一 三 ま た は 三 五 〇 ~ 四 〇 九 ) は 、 シ ナ で 仏 典 の 翻 訳 に 従 い 、 中 観 仏 教 を こ の 地 へ 移 入 し た 。 マ イ ト レ ー ヤ マ イ ト レ ー ヤ と ア サ ン ガ と ヴ ァ ス パ ン ド ウ Maitreya ( 弥 勒 ) は 歴 史 上 の 人 物 か 否 か が 疑 わ れ て も い る が 、 三 五 〇 ~ 四 三 〇 年 こ ろ の 人 と 推 定 さ れ て い る 。 こ れ に 師 事 し た む ぢ や く ア サ ン ガ Asafiga ( 無 著 ) は 三 七 五 ~ 四 三 〇 年 こ ろ 、 あ る い は 三 九 五 ~ 四 七 〇 年 こ ろ 、 そ の 弟 ヴ ァ ス ・ ( ン ド ウ Vasubandhu ( 世 親 ) は 四 〇 〇 ~ 八 〇 年 こ ろ と 推 定 さ れ て い る 。 こ れ ら 三 人 の う ち の 前 一 一 者 、 マ イ ト レ ー ヤ あ る い は ア サ ン ガ に よ っ て 、 だ い じ よ う し よ う ・ こ ん き よ う ろ ん ゅ 冢 し ち ろ ん 『 瑜 伽 師 地 論 』 Yogäcära ・ bhümiP 『 大 乗 莊 厳 経 論 」 ピ 2 ・ yäna ・ süträlalfikära 、 『 中 正 と 両 極 端 と の 弁 別 』 MadhYänta ・ げ ん か ん し よ う ご ん ろ ん vibhäga ( 『 中 辺 分 別 論 し 、 『 現 観 荘 厳 論 』 Abhisamayälam ・ し よ う だ い じ よ う ろ ん kära な ど が 著 わ さ れ 、 ア サ ン ガ に は ま た 『 摂 大 乗 論 」 a ・ häyäna-samgraha そ の 他 の 著 述 が あ る 。 ヴ ァ ス ・ ( ン ド ウ は こ れ ら の 書 の あ る も の に 注 釈 を 施 し 、 ま た 『 供 舎 論 』 Abhi- dharmakosa ( 『 存 在 の 分 析 』 ) 、 『 一 一 十 詩 篇 の 唯 識 論 』 Vi1i1éat; ・ せ し ん ) 48

世界の名著 2 大乗仏典


し よ う じ よ う 一 仏 国 土 の 清 浄 ( 2 ) ( 3 ) 序 次 の よ う に わ た く し は 聞 い た 。 あ る と き 、 世 尊 は ( 4 ) ヴ ァ イ ン ヤ ー リ ー 市 の ア ー ム ラ バ 1 丿 1 の 園 林 の 中 で 、 び く ( 5 ) 八 千 の 比 丘 の 大 集 団 と い っ し ょ に お ら れ た 。 こ れ ら の 比 あ ら か ん ( 6 ) ぼ ん の う 丘 は す べ て 阿 羅 漢 で あ り 、 漏 翁 ) を 尽 く し 、 熕 悩 を 去 り 、 ( 自 在 の ) 力 を そ な え 、 そ の 心 は ま っ た く 自 由 で あ り 、 知 も 自 由 に は た ら き 、 高 貴 な 家 系 に 属 し 、 大 象 の よ う で あ り 、 な す べ き こ と を な し お え 、 な さ れ る べ き 義 務 を は た し 、 ( は た す べ き ) 重 荷 を す で に お ろ し 、 自 己 の 目 的 を 完 遂 し 、 存 在 へ の 結 び つ き を な く し 、 正 し い 知 に よ っ て 心 は 自 由 と な り 、 心 を 自 由 に は た ら か し う る あ ら ゆ る イ ン ド 語 に て 、 Ärya ・ vimalakirti ・ nirdeéa näma 最 高 の 能 力 を 完 成 し た 者 だ け で あ る 。 ma 一 】 を na 、 当 a 、 チ ベ ッ ト 語 で は 、 汚 れ な し ま た そ こ に は 、 三 万 二 千 の 菩 薩 た ち も い た 。 彼 ら は す け ん で ん と の 名 声 あ る 者 に よ っ て 説 か れ た 、 と 名 づ け ら ぐ れ た 知 の 所 有 者 と し て 喧 伝 さ れ た 菩 薩 大 士 で あ っ て 、 れ る 、 聖 な る 大 乗 の 経 典 。 大 神 通 の 修 行 に よ っ て す で に を ~ 成 の 域 に 達 し 、 仏 陀 の カ に よ っ て ま も ら れ た 者 で あ り 、 法 と い う 城 の 守 護 者 で あ さ っ し し く 過 去 ・ 現 在 ・ 未 来 の あ ら ゆ る 仏 陀 と 菩 薩 と 聖 者 、 す ぐ れ た 法 を 保 特 し 、 大 獅 子 吼 の 持 ち 主 で あ り 、 そ し よ う も ん ど く か く ( 1 ) ら い は い な る 声 聞 と 独 覚 と に 礼 拝 し た て ま つ る 。 の 声 は 十 方 に 鳴 り 響 き 、 進 ん で あ ら ゆ る 人 々 の よ き 友 人 と な り 、 三 宝 ( 拡 琺 ・ ) の 系 譜 を 絶 や す こ と な き 者 で あ り 、 魔 と 敵 対 者 と を 断 ち 、 あ ら ゆ る 反 論 者 を 征 服 し 、 念 ぐ 、 ( 1 ) 「 声 聞 」 は 仏 陀 の 教 え を 聞 く 者 、 す な わ ち 、 仏 陀 の 弟 子 の 意 。 「 独 覚 」 は そ れ に 反 し て 教 え を 受 け る こ と な く 、 単 独 に 理 論 観 察 に よ っ て 悟 り を 開 い た 者 。 仏 陀 、 菩 薩 と 相 並 ん で い ず れ も 聖 者 で あ る 。 ( 2 ) 六 九 。 ヘ ー ジ 注 ( 1 ) 参 黶 。 ( 3 ) bhagavat 「 世 間 に お い て も っ と も 尊 貴 な 者 」 と い う 語 義 。 仏 陀 、 こ こ で は 釈 迦 牟 尼 を さ す 。 一 八 九 ペ ー ジ 注 ( 1 ) 参 照 。 ( 4 ) ヴ ァ イ シ ャ ー リ ー に 住 ん で い た ア ー ム ラ ・ ハ ( 王 妃 と も 遊 女 と も い わ れ る ) が 、 仏 教 に 帰 依 し て 教 団 に 奉 献 し た 園 林 。 ( 5 ) bhiksu, bhikkhu の 音 訳 。 「 乞 食 者 」 を 意 味 す る 。 八 九 べ ー ジ 注 ( 2 ) 参 照 。 ( 6 ) arhat ↓ arhan の 音 訳 「 阿 羅 漢 」 。 他 か ら 奉 仕 供 養 さ れ る 価 値 あ る 者 の 意 味 。 本 来 は 仏 陀 の 異 名 ( 一 八 九 ペ ー ジ 注 ( 1 ) 参 照 ) 。 し か 摩 し 、 こ こ で は 比 丘 の す ぐ れ た 者 が 阿 羅 漢 と 称 さ れ 、 そ れ が 小 乗 教 徒 細 の 理 想 と 考 え ら れ て い る 。 8 ぶ つ だ

世界の名著 2 大乗仏典


あ ご ん ( 1 ) か ら の 影 響 も 多 分 に あ っ た と 考 え ら れ て い る 。 小 乗 か ら 経 典 は 、 原 始 経 典 で あ る 阿 含 や = カ ー ヤ が 、 仏 陀 の 直 接 へ ん さ ん 大 乗 へ の 過 渡 期 の 文 献 に は 、 『 ジ ャ ー タ カ 』 や 、 先 に ふ の こ と ば の 記 憶 を 編 纂 し て 形 づ く ら れ た の と 同 じ よ う な れ た 『 仏 伝 』 文 学 な ど が あ る 。 つ づ い て や が て 純 粋 に 大 意 味 で 「 仏 説 」 な の で は な い 。 は る か 仏 陀 よ り も 数 世 紀 : ん に や 乗 的 な 経 典 群 が 出 て く る が 、 そ の 最 初 の も の は 『 般 若 遅 れ て 、 お そ ら く 前 一 世 紀 こ ろ か ら 無 名 の 宗 教 的 天 才 た ほ っ け き よ う け ご ん き よ う 経 』 で あ り 、 つ づ い て 『 法 華 経 』 や 『 華 厳 経 』 や 、 諸 種 ち に よ っ て 語 ら れ 編 纂 さ れ 、 「 仏 説 」 の 名 を 冠 し て 仏 陀 の 浄 土 を 説 に 帰 せ ら れ た も の で あ る 。 く 経 典 類 が 、 無 名 の 宗 教 的 天 才 と い う の は 、 、 し う ま で も な く 前 述 の そ く そ く と よ う な 自 由 な 立 場 に 立 っ て 、 仏 陀 の 真 意 、 そ の 生 き た 精 世 に 出 て き 神 を 追 求 し た 人 々 で あ る 。 そ れ は 単 数 で は な い 。 お そ ら く 多 く の こ う し た 人 々 、 あ る い は そ の グ ル ー プ に よ っ て 、 こ れ ら の 次 第 に 経 典 が 形 成 さ れ て い っ た の で あ ろ う 。 彼 ら の 思 想 経 典 類 は 、 の 素 材 は 、 、 月 乗 教 徒 た ち が 伝 え て い た 仏 陀 の こ と ば や 、 風 い つ 、 だ れ そ の 人 格 や 行 動 の 中 に 求 め ら れ た 。 た だ し 、 小 乗 教 徒 た ル に よ っ て ど ち が 比 較 的 軽 視 し 、 見 す ご し て い た 教 説 な ど に 、 大 乗 教 の よ う に し 徒 は む し ろ そ の イ ン ス ビ レ ー シ ョ ン を 得 た 場 合 が 多 い で シ て つ く ら れ あ ろ う 。 そ こ に 、 仏 陀 観 の 変 遷 と あ い ま っ て 、 新 し い 精 た の か 。 経 神 が 発 見 さ れ 、 発 展 せ し め ら れ た の で あ る 。 典 類 は す べ 前 一 世 紀 こ ろ か ら と い う こ と も 、 右 の 事 情 と 関 連 し て 、 史 歴 て 「 仏 説 」 も っ と 古 く み よ う と す る 学 者 も あ る 。 少 な く も 大 乗 経 典 と 称 せ ら れ 、 の 内 容 に は 、 き わ め て 古 い 要 素 が あ る と 考 え ら れ て い る 。 の そ う 信 じ ら ( 1 ) 阿 含 ( ア ー ガ マ ägama) は 「 教 え 」 の 意 味 で 、 最 も 初 期 の 経 典 仏 れ て き た 。 を さ し 、 同 じ も の を 。 、 ノ ー リ 語 の 聖 典 で は ニ カ ー ヤ ( 部 ) と い う 。 し か し 大 乗

世界の名著 2 大乗仏典


一 世 界 は 観 念 で あ る ( 1 ) 大 乗 に お い て は 、 三 種 の 領 域 か ら な る こ の 世 界 は た だ 表 象 に す ぎ な い も の で あ る 、 と 教 え ら れ る 。 経 典 ( 纛 厳 ) 勝 者 の 子 息 た ち ( 驪 ) よ 、 実 に 、 こ の 三 界 は 心 の み の も の で あ る 、 と 言 わ れ て い る か ら で あ る 。 心 、 意 、 認 識 、 表 象 と い う の は み な 同 義 異 語 で あ る 。 こ こ に 心 と 言 わ れ て い る の は 、 ( そ れ に 伴 っ て 起 こ る 心 作 用 と ) 連 合 し て い る 心 の こ と ( 2 ) で あ る 。 「 の み 」 と い う の は 外 界 の 対 象 の 存 在 を 否 定 す る た め で あ る 。 こ の す べ て の も の は 表 象 の み の も の で あ る 。 実 在 し な い 対 象 が 、 ( そ こ に ) あ ら わ れ る が ゆ え に 9 あ た か も 眼 病 者 が 、 実 在 し な い 網 の よ う な 毛 を 見 る よ う こ れ に 対 し 、 人 は 反 論 す る 。 ( 反 論 ) 「 も し 表 象 が ( 外 界 の ) 対 象 に よ っ て 起 こ る の で な け れ ば 、 ( そ れ が ) 空 間 的 、 時 間 的 に 限 定 さ れ る こ と も 、 ( 認 識 す る 人 の ) ら に は 限 定 さ れ な い こ と も 、 ま た 効 用 を は た す こ と も あ り え な い は す で あ る 。 (ll) 何 が こ こ に 意 味 さ れ て い る の か 。 す な わ ち 、 も し あ る ( 1 ) 三 界 。 わ れ わ れ の 生 死 流 転 す る 世 界 は 、 欲 界 、 色 界 、 無 色 界 か ら な る 。 欲 界 は 婬 ・ 食 の 二 欲 あ る 生 き も の の 世 界 。 色 界 は 二 欲 を は な れ た 人 々 の 住 所 で 、 絶 妙 の 物 質 か ら な る 世 界 。 無 色 界 は 精 神 の み の 存 在 す る 世 界 で 、 人 々 は み な す ぐ れ た ヨ ー ガ に は い っ て い る 。 神 話 的 な 分 類 で は あ る が 、 禅 定 す な わ ち 人 々 の 精 神 の 段 階 を あ ら わ す 。 ( 2 ) 心 citta 、 意 manas 、 ( 認 ) 識 ミ ョ 鰤 na は 同 一 の 心 を そ の 状 態 、 機 能 に 従 っ て 、 異 な っ て 名 づ け た も の 。 心 と 心 作 用 ( 心 所 ) は 、 同 一 の 感 覚 器 官 を 媒 介 と し て 起 こ り 、 同 一 の 対 象 、 表 象 、 時 、 本 質 を も つ 。 こ の 一 致 の 関 係 を 連 合 ( 相 応 ) と い う 。 し た が っ て 、 「 連 合 し て い る 心 」 と は 、 心 お よ び 心 作 用 の 意 味 と な る 。 心 の 同 義 異 語 の う ち 、 本 論 で は vijfiapti 表 象 ( 認 識 ) と い う 術 語 が も っ と も 重 要 な 役 割 を は た す 。 外 界 の 存 在 ( 対 境 ) を 否 定 す る ド 観 的 観 念 論 で あ る 唯 識 哲 学 に お い て は 、 す べ て の 対 象 は わ れ わ れ の 意 識 内 容 と し て の 観 念 、 表 象 に す ぎ な い 。 け れ ど も 、 こ の 表 象 に は そ れ と 対 応 す る 外 界 の 対 象 ( 対 境 、 外 境 ) は 存 在 し な い 、 と い う こ と を 著 者 が 論 じ て い る と き に は 、 こ の 表 と い う 語 は 認 識 と 訳 し た ほ う が わ か り よ い 。 こ の 議 論 は 、 認 識 の 対 は 外 境 で は な く て 表 象 で あ る 、 と い う 識 意 味 だ か ら で あ る 。 本 訳 に お い て は 、 vijfiapti と い う 語 に 対 し て 唯 は 、 文 脈 に 従 っ て 、 「 表 象 」 と 「 認 識 」 の い ず れ か を 用 い て い る 。 ( 3 ) 眼 病 者 は 、 存 在 し な い 網 の よ う な 髪 の 毛 な ど を 幻 覚 す る 。 非 実 在 物 の 比 喩 。 「 網 の よ う な 毛 」 の か わ り に 「 毛 髪 や 月 」 と 読 む テ キ ス ニ ト も あ る 。 こ の 場 合 の 月 と は 、 幻 覚 さ れ て い る 、 二 市 の 、 実 在 し な い 月 の 意 味 。 2 ・ 4

世界の名著 2 大乗仏典


世 紀 末 か ら 五 世 紀 の 人 と 推 定 さ れ る が 、 事 実 上 、 こ の 学 て 学 習 の 内 容 、 行 の 既 犠 ( し 、 菩 薩 と し て の 行 為 砿 ー 2 タ ) が 詳 細 に 規 定 、 整 備 さ れ 、 解 脱 論 、 仏 陀 論 、 涅 派 の 理 論 の 大 成 者 で あ る 。 マ イ ト レ ー ヤ Maitreya ( 弥 勒 ) に 槃 論 な ど も 大 い に 展 開 さ れ た 。 そ の 場 合 、 理 論 的 に も 実 『 中 正 と 両 極 端 』 は 五 論 の 主 著 が あ っ た と 信 じ ら れ て 践 的 に も 心 識 の 動 き の 観 察 が 中 心 的 な 意 味 を も つ 。 そ れ い る 。 こ こ に 収 録 し た 『 中 正 と 両 極 端 と の 弁 別 』 Madh ・ が こ の 学 派 を 識 論 者 、 あ る い は 唯 識 学 派 と よ ぶ に 至 っ た ち ゅ う へ ん ふ ん べ つ ろ ん ) 「 änta ・ vibhäga ()Z 中 辺 分 別 論 し は そ の 一 つ で あ る 。 マ イ 理 由 で あ る 。 そ れ ゆ え 、 教 理 学 的 に い え ば 、 中 観 学 派 た け で は ま だ ト レ ー ヤ の 説 法 を ア サ ン ガ Asafiga ( 無 著 ) が 筆 録 し て じ ゅ う ぶ ん で は な か っ た わ け で 、 伽 行 学 派 の 出 現 を ま 人 間 の こ と ば に あ ら わ し 、 約 百 十 の 詩 頌 と し た 。 こ こ に 訳 出 し た も の は 、 そ れ に 対 す る ヴ ァ ス ン ド ウ Vasu ・ っ て 、 大 乗 仏 教 は あ ら ゆ る 面 で 完 成 し た と い っ て よ い 事 実 、 後 世 の シ ナ や 日 本 で 展 開 す る 諸 仏 教 思 想 も 、 そ の bandhu ( 世 親 ) の 注 釈 龕 の ) を 伴 0 た も の で 、 そ の 文 章 源 流 は 右 の 二 学 派 の い ず れ か に お い て す べ て 論 じ ら れ て は す こ ぶ る 正 確 無 比 で あ る 。 し か し 注 釈 と は い え 、 な お い る と い う こ と が で き る 。 か っ き わ め て 簡 潔 で 、 一 般 の 読 者 に は 難 解 で あ る か も し そ の 始 祖 は 、 現 在 ト シ タ 天 ( 兜 率 大 ) に い る マ イ ト レ れ な い 。 別 に 、 さ ら に の ち に ス テ イ ラ マ テ ィ Sthira ・ あ ん ね ー ヤ ( 弥 勒 菩 薩 ) に 帰 せ ら れ る が 、 こ れ が 史 的 実 在 の 人 mati ( 安 慧 ) の 復 注 が あ り 日 本 語 訳 も 出 版 さ れ て い る 。 こ の 書 は 全 五 章 か ら な り 、 そ の う ち 第 一 章 「 相 」 と 第 物 で あ っ た の か 、 そ れ と も 思 想 的 イ ン ス 。 ヒ レ ー シ ョ ン の 三 章 「 真 実 」 と を 採 録 し た 。 い ず れ も こ の 学 派 の 理 論 的 根 源 を 信 仰 の 上 か ら 、 将 来 仏 ( ← ( 一 一 第 ジ ) た る ) イ ト レ ー ヤ に 帰 し た に す ぎ な い の か は 、 議 論 の わ か れ る と こ ろ な 面 を 代 表 し て い る 。 そ の 他 は 、 第 二 章 に 「 障 」 、 第 四 章 に 「 修 行 」 と そ の 「 階 梯 。 な ど 、 第 五 章 に 「 無 上 乗 」 で あ る 。 伝 説 的 に は ア サ ン ガ ( 無 著 ) が こ の マ イ ト レ ー ヤ に 師 事 す る 特 権 を 有 し 、 そ の 説 法 を 聞 い て 書 物 の 形 に を 説 く 。 あ と の 二 章 が と く に 瑜 伽 行 の 実 際 に ふ れ る と こ る こ と が で き こ 三 九 九 ペ ー ジ 。 ろ が 多 い が 、 基 礎 的 な 新 し い 理 論 は 、 第 一 、 第 三 の 両 章 ) そ の 実 弟 ヴ ァ ス ・ ( ン ド ウ ( 世 親 ) は 、 一 般 に 前 述 の 『 存 在 の 分 析 』 の 著 者 と 考 え に 見 ら れ る 。 ら れ 、 な が く 小 乗 の ア ビ ダ ル マ を 奉 じ 、 の ち 兄 の 感 化 を 第 一 章 は 、 前 半 に わ れ わ れ の 現 実 の 世 界 の 様 相 を 説 き 、 受 け て 大 乗 に 帰 し た こ と に な っ て い る 。 彼 ら 兄 弟 は 、 四 後 半 に そ の 現 実 の 世 界 の 中 に 見 い だ さ れ る 空 性 の 超 越 の と そ っ て ん