検索 - みる会図書館

検索対象: 仏教入門

仏教入門から 275件ヒットしました。

仏教入門


前 田 惠 学 編 『 現 代 ス リ ラ ン カ の 上 座 仏 教 』 山 喜 書 房 仏 書 林 、 一 九 八 六 年 藤 田 宏 達 『 原 始 浄 土 思 想 の 研 究 』 岩 波 書 店 、 一 九 七 〇 年 山 口 瑞 鳳 『 チ ベ ッ ト 』 全 二 巻 、 東 京 大 学 出 版 会 、 一 九 八 七 年 、 一 九 八 八 年 原 実 『 古 典 イ ン ド の 苦 行 』 春 秋 社 、 一 九 七 九 年 武 内 紹 晃 「 仏 陀 観 の 変 遷 」 ( 『 講 座 ・ 大 乗 仏 教 1 』 春 秋 社 、 一 九 八 一 年 ) 同 「 仏 陀 論 ー 仏 身 論 を 主 と し て 」 ( 『 岩 波 講 座 東 洋 思 想 9 、 イ ン ド 仏 教 2 』 岩 波 書 店 、 一 九 八 八 年 ) 川 崎 信 定 「 一 切 智 者 の 存 在 論 証 」 ( 『 講 座 ・ 大 乗 仏 教 9 』 春 秋 社 、 一 九 八 四 年 ) 桂 紹 隆 ・ 戸 崎 宏 正 ・ 赤 松 明 彦 ・ 御 牧 克 己 ・ 長 崎 法 潤 の 諸 氏 の 論 文 、 同 右 鎌 田 茂 雄 『 朝 鮮 仏 教 史 』 東 京 大 学 出 版 会 、 一 九 八 五 年 岩 崎 武 雄 『 西 洋 哲 学 史 』 有 斐 閣 、 一 九 五 三 年 高 崎 直 道 ・ 鎌 田 茂 雄 ・ 藤 井 学 ・ 石 井 米 雄 「 仏 教 」 ( 『 世 界 大 百 科 事 典 』 平 凡 社 、 一 九 八 八 年 ) 中 村 元 「 仏 教 」 ( 『 ブ リ タ ニ カ 国 際 大 百 科 事 典 』 テ ィ ビ ー エ ス ・ 。 フ リ タ ニ カ 、 一 九 七 五 年 ) 中 村 元 ・ 三 枝 充 悳 『 。 ハ ウ ッ ダ ・ 佛 教 』 小 学 館 、 一 九 八 七 年 三 枝 充 悳 『 初 期 仏 教 の 思 想 』 東 洋 哲 学 研 究 所 、 一 九 七 八 年 同 『 龍 樹 ・ 親 鸞 ノ ー ト 』 法 蔵 館 、 一 九 八 三 年 同 『 仏 教 と 西 洋 思 想 比 較 思 想 論 集 3 』 春 秋 社 、 一 九 八 三 年 同 『 中 論 偈 頌 総 覧 』 第 三 文 明 社 、 一 九 八 五 年 同 『 ダ ン マ 。 ハ ダ ・ 法 句 経 』 青 土 社 、 一 九 八 九 年 な ど 236

仏教入門


ま た 部 派 の 分 裂 と 各 々 の 教 理 の 大 要 は 、 有 部 の 世 友 ( ヴ ァ ス ミ ト ラ 、 『 大 毘 婆 沙 論 』 の 大 論 師 の 世 ぶ し ゅ う り ん ろ ん 友 と は 別 人 ) の 『 異 部 宗 輪 論 』 ( 異 訳 に 『 部 執 異 論 』 、 『 十 八 部 論 』 、 チ ベ ッ ト 訳 ) に 記 さ れ て い る 。 ③ 大 乗 仏 教 運 動 大 乗 仏 教 の 成 立 ま で の 諸 活 動 を 、 こ こ で は 大 乗 仏 教 運 動 と 名 づ け る 。 大 乗 仏 教 の 成 立 と そ の 活 躍 は 、 仏 教 史 を 華 麗 に 内 容 豊 か に 盛 り た て た だ け で は な く 、 極 言 す れ ば 、 仏 教 を 一 躍 い わ ゆ る 世 界 宗 教 た ら し め る 力 強 い 原 動 力 と な っ た 。 中 国 ー 朝 鮮 半 島 ー 日 本 の 、 ま た チ ベ 、 ノ ト の 仏 教 、 す な わ ち 北 伝 の 仏 教 は 、 初 期 経 典 や 部 派 の 論 書 も そ の 一 部 に ふ く ん で は い る け れ ど も 、 ほ ば 大 乗 仏 教 一 色 に 塗 り こ め ら れ 、 と く に 日 本 と チ ベ ッ ト と の 仏 教 は 、 そ れ ぞ れ の 源 流 も 形 態 も 著 し く 異 な る と は い え 、 大 乗 仏 教 の み が 栄 え て 、 今 日 に い た る 。 し か し な が ら 以 下 に 示 す よ う に 、 大 乗 仏 教 は 、 釈 尊 Ⅱ ゴ 1 タ マ ・ ブ ッ ダ が 直 接 に 説 い た 教 え こ ん く 教 ( 金 口 の 説 法 ) か ら は 遠 く 隔 た っ て い る 。 そ の う え 、 こ れ ま で す で に い わ ゆ る 大 乗 非 仏 説 ( 大 乗 は ン 仏 説 に 非 ず と 説 く ) が 、 イ ン ド 、 中 国 、 日 本 で 唱 え ら れ 、 そ れ を さ ら に み ず か ら 否 定 す る 大 乗 仏 教 の 側 の 自 己 弁 明 の み が 目 だ っ 。 他 方 、 部 派 仏 教 は 大 乗 仏 教 に 関 し て は 何 も 語 ら ず 、 問 題 に さ え 一 し な か っ た ら し い 。 そ れ で も な お 、 大 乗 仏 教 は 「 大 乗 諸 仏 の 教 説 」 に ほ か な ら な い と こ ろ か ら 、 右 の 主 張 は 「 大 乗 非 釈 迦 仏 説 」 と 訂 正 さ れ な け れ ば な ら な い 。 せ ゅ う

仏教入門


つ ぎ に 論 ず る ナ ー ガ ー ル ジ ュ ナ の 著 を 名 の る 羅 什 訳 『 大 智 度 論 』 は 、 非 常 に 多 数 の 経 を 引 用 し 、 経 名 だ け で も 百 十 二 経 に 達 す る 。 そ の う ち 百 余 経 を 仏 典 が 占 め て お り 、 そ こ に 引 用 さ れ る 経 名 の 有 無 が 初 期 大 乗 経 典 成 立 史 の 一 つ の 標 準 と さ れ る 。 そ れ に よ れ ば 、 こ れ ま で 記 し て き た 経 典 の 数 種 は 、 当 時 は ま だ 現 存 す る よ う な 形 に は 達 し て お ら ず 、 そ の 一 部 が 単 独 に 成 立 し て い た 情 況 に あ っ た こ と が 知 ら れ る 。 す な わ ち 、 ち ょ う ど 阿 含 経 な ど の 初 期 経 典 が 部 派 に お い て よ う や く 現 形 に 固 定 さ れ た と 同 じ く 、 種 々 の 初 期 大 乗 経 典 も 、 こ れ 以 後 の 中 期 大 乗 に 編 集 さ れ 確 う か が 定 し た こ と が 、 明 白 に 窺 わ れ る 。 ④ ナ ー ガ ー ル ジ ュ ナ 哽 初 期 大 乗 経 典 ( な い し は そ の 原 形 ) が 出 揃 っ た 紀 元 一 五 〇 ー 二 五 〇 年 ご ろ 、 世 界 思 想 か ら み て く う 1 ル ジ ュ ナ ( 龍 樹 ) が 登 場 し て 、 と く に 空 の 思 想 を み ご 田 ( も 傑 出 し た 宗 教 哲 学 者 と 称 さ れ る ナ 1 ガ 1 ル ジ = ナ は 初 期 大 乗 仏 教 に 確 固 た る 基 盤 を 構 築 し て 、 以 後 の 大 乗 仏 教 と に 理 論 化 し た 。 ナ ー ガ 教 が す べ て か れ の 影 響 下 に あ る と こ ろ か ら 、 八 宗 ( す べ て の 宗 ) の 祖 と 尊 崇 さ れ る 。 ン イ か れ は 南 イ ン ド の バ ラ モ ン の 家 に 生 ま れ 、 当 時 の あ ら ゆ る 学 問 に 精 通 し た の ち 、 仏 教 に 転 じ 二 て 初 期 と 部 派 と の 諸 説 を 習 得 し 、 や が て 東 北 イ ン ド に 移 っ て 大 乗 仏 教 を 学 ぶ 。 ろ く じ ゅ う じ ゅ に よ り ろ ん ほ う 」 よ う お う し よ う ろ ん え じ よ う ろ ん 主 著 の 『 中 論 』 の ほ か 、 『 廻 諍 論 』 『 六 十 頌 如 理 論 』 『 宝 行 王 正 論 』 ( 『 ラ ト ナ ー ヴ ァ リ ー か ん 161

仏教入門


次 第 二 部 イ ン ド 仏 教 の 思 想 史 ・ : 仏 教 思 想 史 に つ い て 第 一 章 初 期 仏 教 ・ ① 基 本 的 立 場 ② こ こ ろ ③ 苦 ④ 無 常 ⑤ 無 我 ⑥ 三 法 印 ⑦ 中 道 ⑧ 四 諦 八 正 道 ⑨ 法 ⑩ 十 二 因 縁 ( 縁 起 説 ) ⑩ ニ ル ヴ ァ ー ナ ⑩ 慈 悲 第 一 一 章 部 派 仏 教 ① 法 ② 業 ③ 時 間 論 第 三 章 初 期 大 乗 仏 教 ① 大 乗 の 諸 仏 ② 大 乗 の 諸 菩 薩 ③ 初 期 大 乗 ー ル ジ ュ ナ 経 典 ④ ナ ー ガ 第 四 章 中 期 ・ 後 期 大 乗 仏 教 ・ ① 如 来 蔵 ( 仏 性 ) ② 唯 識 ③ 如 来 蔵 思 想 と 唯 識 説 と の 統 合 ④ 仏 身 論 ⑤ 密 教 ⑥ 中 観 派 ⑦ 瑜 伽 行 派 ⑧ 仏 教 論 理 学 と 認 識 論 169 65 58 131

仏教入門


次 第 二 部 イ ン ド 仏 教 の 思 想 史 ・ : 仏 教 思 想 史 に つ い て 第 一 章 初 期 仏 教 ・ ① 基 本 的 立 場 ② こ こ ろ ③ 苦 ④ 無 常 ⑤ 無 我 ⑥ 三 法 印 ⑦ 中 道 ⑧ 四 諦 八 正 道 ⑨ 法 ⑩ 十 二 因 縁 ( 縁 起 説 ) ⑩ ニ ル ヴ ァ ー ナ ⑩ 慈 悲 第 一 一 章 部 派 仏 教 ① 法 ② 業 ③ 時 間 論 第 三 章 初 期 大 乗 仏 教 ① 大 乗 の 諸 仏 ② 大 乗 の 諸 菩 薩 ③ 初 期 大 乗 ー ル ジ ュ ナ 経 典 ④ ナ ー ガ 第 四 章 中 期 ・ 後 期 大 乗 仏 教 ・ ① 如 来 蔵 ( 仏 性 ) ② 唯 識 ③ 如 来 蔵 思 想 と 唯 識 説 と の 統 合 ④ 仏 身 論 ⑤ 密 教 ⑥ 中 観 派 ⑦ 瑜 伽 行 派 ⑧ 仏 教 論 理 学 と 認 識 論 169 65 58 131

仏教入門


大 日 如 来 と 呼 ば れ 、 後 代 の 密 教 の 中 心 を 占 め る 。 こ の 二 仏 と も 、 宗 教 学 の 説 く 超 越 神 ・ 最 高 神 に 相 当 す る 。 び る し ゃ な ぶ つ 毘 盧 舎 那 仏 は 『 華 厳 経 』 に お い て 釈 迦 仏 に 代 わ っ て 説 法 し 、 無 数 の 国 土 の 各 々 に 一 体 ず つ 住 む 無 数 の 諸 仏 と 不 即 不 離 と さ れ る 。 こ れ を 軸 と し て 展 開 す る 『 華 厳 経 』 の 精 髄 は 、 中 国 の 唐 代 に 、 華 厳 思 想 と い う 壮 大 で 綿 密 な 宗 教 哲 学 的 世 界 観 を 形 成 す る 。 以 上 の ほ か 固 有 名 詞 で 呼 ば れ る 仏 ・ 如 来 が 、 大 乗 諸 経 典 に 登 場 し 、 そ れ ぞ れ の 経 に お い て 最 も 重 大 な 役 割 を 演 ず る 。 そ れ ら の 諸 経 典 中 の 有 名 の 諸 仏 と 上 述 の 無 名 の 諸 仏 と は 多 数 で あ り 、 し か も 各 々 は 釈 迦 仏 の 諸 特 質 を 分 か ち 合 う よ う に 具 現 し 、 そ の 結 晶 と 考 え て も よ い 大 乗 諸 経 典 の あ る 一 経 に は 、 ほ ば 一 仏 が 活 躍 す る が 、 そ の 各 々 の 一 仏 は 、 初 期 仏 教 か ら 部 派 史 仏 教 に か け て 釈 迦 仏 に 付 せ ら れ て い た 諸 理 念 ( イ デ ↓ の 一 つ 一 つ が 、 つ い に 理 想 ( イ デ ア 1 ル ) と な っ て 確 立 し た と み な さ れ よ う 。 し か も 大 乗 諸 仏 の そ れ ぞ れ は 、 信 者 た ち か ら 篤 い 帰 依 と 固 い 教 信 を 受 け て 昇 華 さ れ 、 ま す ま す 信 者 と の 結 合 が 緊 密 で 不 動 と な る 。 そ の あ り か た を 大 乗 仏 教 全 体 と し て ト 1 タ ル に 眺 め る な ら ば 、 各 々 が 一 仏 で あ り な が ら 、 全 ン ノ ー 体 と し て は 多 仏 で あ り 、 あ る い は 汎 仏 と も 評 さ れ よ う 。 部 ョ ロ ツ 。 ハ に も 汎 神 論 の 底 流 が あ り 、 か っ て の ギ リ シ ア や ロ 1 マ の 多 神 の み な ら ず 、 中 世 ー 第 近 代 を 通 じ て 、 と き お り 顕 在 化 す る 。 そ れ は と く に い わ ゆ る 神 秘 主 義 と 親 密 な 関 係 に あ り 、 四 135

仏教入門


を 讚 美 し て の ち 十 大 誓 願 を 述 べ 、 ま た 仏 法 体 得 の 意 義 を 語 る と 、 仏 が そ の 一 つ 一 つ を 賞 め る 。 す な わ ち 、 『 法 華 経 』 の 説 く 三 乗 に 人 乗 と 天 乗 と を 加 え た 五 乗 は 一 乗 に 帰 す る 、 ま た 常 住 不 変 の ほ っ し ん 法 身 ( 真 実 の 法 そ の も の ) に 煩 悩 が ま つ わ り つ い て も 如 来 蔵 と 呼 ば れ る 、 さ ら に 如 来 蔵 は 自 性 清 、 い っ さ い の 原 動 力 と な り 煩 悩 を 離 脱 す る 、 な ど を 説 く 。 た だ し 法 浄 で あ り 不 生 不 滅 で あ っ て 身 と 煩 悩 と の 関 係 に つ い て は 、 な お 難 解 の 部 分 を 残 す 。 だ い は つ ね は ん ぎ よ う 『 長 部 』 と 『 長 阿 含 経 』 の な か の 経 の 異 訳 経 典 と に 同 『 大 般 涅 槃 経 』 は 、 初 期 経 典 の 。 ハ 名 の 経 が あ っ て 、 形 式 も ブ ッ ダ 最 後 の 旅 ・ 入 滅 ・ 仏 舎 利 分 配 な ど 類 似 す る 。 し か し こ の 経 の 内 容 は も つ ば ら 大 乗 説 を 語 り 、 初 期 経 典 の そ れ ら と 区 別 す る た め に 「 大 乗 涅 槃 経 」 と も 呼 ぶ 。 ほ っ け ん だ い は つ な い お ん ぎ よ う こ の 漢 訳 の 四 十 巻 本 は 、 法 顕 訳 『 大 般 泥 沍 経 』 六 巻 よ り も 、 そ の 成 立 年 代 が や や 遅 い 。 後 者 史 は 前 者 の 前 半 の 十 巻 に 相 当 し て 原 初 形 と さ れ る 。 想 思 こ の 経 で は 、 如 来 蔵 の 代 わ り に 仏 性 の 語 を 用 い 、 そ の 原 語 は 仏 界 9 ツ ダ ・ ダ ー ト ウ ) ま た は 仏 の ー ト ラ ) と さ れ る 。 教 種 9 ツ ダ ・ ゴ い っ さ い し ゅ じ よ う し つ う ぶ っ し よ う ほ っ し ん こ の 経 は 、 仏 の 法 身 の 常 住 と 仏 性 の 普 遍 と を 強 調 し 、 そ の な か の 「 一 切 衆 生 悉 有 仏 性 」 ( 一 切 ン 衆 生 は 悉 く 仏 性 あ り ) の 句 が 、 北 伝 仏 教 に あ ま ね く 知 ら れ て お り 、 生 あ る も の す べ て に 成 仏 ( 仏 に び よ う ど う 二 成 る ) と い う 道 を 開 く 。 こ こ に は 仏 教 の 基 本 的 立 場 で あ る 平 等 の 説 が 徹 底 し て い る も の の 、 一 第 せ ん だ い 闡 提 ( ィ ッ チ ャ ン テ ィ カ の 音 写 ) 成 仏 の 扱 い に 苦 心 を 重 ね る 。 一 闡 提 と は 貪 欲 の 人 、 利 養 を 貪 り 世 こ と ご と ぶ っ し よ う 171

仏教入門


大 乗 の 仏 ( 如 来 と い っ て も 同 じ 、 以 下 こ れ に な ら う ) は 多 数 で あ り 、 こ れ に は 有 名 と 無 名 と の 二 種 が あ る 。 無 名 の 諸 仏 と は 初 期 大 乗 経 典 の 作 者 を さ し 、 か れ ら が 仏 で あ る こ と に よ っ て 、 「 経 」 の 自 称 が 可 能 と な り 、 事 実 そ の と お り 進 行 し た 。 し か し ま さ に 無 名 の 故 に 、 そ の 実 像 は い っ さ い 判 明 し な い 。 や む を え ず 、 創 作 さ れ た そ れ ぞ れ の 経 ご と に そ の 輪 廓 を う か が お う と し て も 、 そ れ す ら も 不 可 能 で あ り 、 た だ 確 実 な こ と は 、 初 期 大 乗 経 典 を 創 っ た 仏 と い う に 尽 き る 。 無 名 の 大 乗 諸 仏 は 、 も と よ り 釈 迦 仏 で は 決 し て な い が 、 ま っ た く 無 関 係 で も な い 。 釈 迦 仏 の 教 説 の 一 部 を ゆ ず り う け て 、 そ れ を あ る い は 拡 大 し 、 あ る い は 純 化 し 、 あ る い は 深 遠 な ら し め る 。 し か も こ う し て 創 作 さ れ た 経 の 中 心 は 、 初 期 経 典 と 同 じ く 釈 迦 仏 と 称 し 、 そ の 周 囲 の 人 々 も か っ て の 仏 弟 子 た ち と 同 じ 名 ( た と え ば ア ー ナ ン ダ Ⅱ 阿 難 、 シ ャ ー リ プ ト ラ Ⅱ 舎 利 弗 な ど ) で 呼 び 、 し か し そ の ほ か に 、 次 項 に 述 べ る 大 乗 諸 菩 薩 を し た が え る 。 こ の 諸 菩 薩 の 登 場 も 、 大 乗 経 典 の 成 立 に 大 き な 役 割 を 果 た し た 。 他 方 に 、 や は り 多 数 の 有 名 な ( 名 の 知 ら れ た ) 大 乗 諸 仏 が あ り 、 従 来 の い わ ゆ る 「 さ と り ー 解 脱 」 の ブ ッ ダ に 対 し て 、 大 乗 諸 仏 の 大 部 分 は 救 済 仏 と し て 活 躍 す る 点 が 、 と く に 目 だ っ 。 い っ み ろ く ぶ つ あ み だ ぶ つ て み れ ば 、 こ こ に は ブ ッ ダ 観 の 一 種 の 転 換 が み ら れ 、 こ の 諸 仏 の な か で 、 弥 勒 仏 、 阿 弥 陀 仏 、 び る し ゃ な ぶ つ 薬 師 如 来 、 毘 盧 舎 那 仏 が 最 も よ く 知 ら れ る 。 以 下 そ れ ら に つ い て 述 べ る 。 弥 勒 の 原 語 の マ イ ト レ ー ヤ は 、 ミ ト ラ と い う 語 に 由 来 し 、 ミ ト ラ は イ ラ ン の ミ ス ラ 神 や イ ン 132

仏教入門


第 三 章 初 期 大 乗 仏 教 ① 大 乗 の 諸 仏 ブ ッ ダ と い う 語 は 本 来 、 覚 「 た も の ( 覚 者 ) の 意 の 普 通 名 詞 で あ り 、 初 期 経 典 に ブ ッ ダ の 複 数 形 は 決 し て 珍 し く な く 、 如 来 ( 真 理 体 得 者 ) と い う 語 も 同 様 で あ り 、 し か し プ ッ ダ も 如 来 も 次 第 し ゅ う れ ん に 釈 尊 に 収 斂 さ れ た 。 以 上 は す で に 述 べ た 。 仏 教 の 流 れ に 沿 い つ つ 、 初 期 仏 教 か ら 部 派 仏 教 へ 、 さ ら に そ の な か の 伝 統 保 守 の 後 裔 を 自 認 史 す る 南 伝 仏 教 は 、 釈 迦 仏 の み の 一 仏 を 守 り つ づ け て 現 在 に い た る 。 現 に 部 派 仏 教 に お い て 新 た ろ ん じ 思 に 成 立 し た テ ク ス ト の す べ て は 、 。 フ ッ ダ で は な い 人 ( 論 師 と い う ) が 著 わ し た 「 論 」 で あ り 、 仏 説 教 で あ る こ と を 示 す 「 経 」 で は な い 。 た だ し 厳 密 に い え ば 、 イ ン ド で は 経 と 論 と の 別 は そ れ ほ ど ン 判 然 と し て い る と は い い が た い ケ ー ス も 、 か な り 多 い イ 新 し く 大 乗 を 宣 言 し て 開 始 さ れ た 初 期 大 乗 仏 教 は 、 そ の 清 新 さ を 鮮 明 に す る た め に 、 お よ そ 二 百 年 か ら 二 百 年 余 に わ た り 、 釈 迦 仏 ( 釈 尊 ) と は 異 な る 仏 を 立 て 、 「 論 」 で は な く て 「 経 」 を 創 作 す る 。 ま ず そ の 仏 ( 諸 仏 ) に つ い て 記 そ う 。 こ う え い 131

仏教入門


主 要 参 照 文 献 ( 抄 ) 赤 沼 智 善 「 釈 尊 の 四 衆 に 就 い て 」 ( 『 原 始 仏 教 之 研 究 』 破 塵 閣 書 房 、 一 九 三 九 年 ) 中 村 元 『 イ ン ド 思 想 史 』 第 2 版 、 岩 波 全 書 、 岩 波 書 店 、 一 九 六 八 年 同 『 ゴ 1 タ マ ・ ブ ッ ダ 、 釈 尊 の 生 涯 、 中 村 元 選 集 第 Ⅱ 巻 』 春 秋 社 、 一 九 六 九 年 同 『 イ ン ド 人 の 思 惟 方 法 、 中 村 元 選 集 〔 決 定 版 〕 第 1 巻 』 春 秋 社 、 一 九 八 八 年 同 『 仏 教 語 大 辞 典 』 全 三 巻 、 東 京 書 籍 、 一 九 七 五 年 同 『 ブ ッ ダ の こ と ば 、 ス ッ タ ニ 。 ハ 1 タ 』 改 訳 刷 、 岩 波 文 庫 、 岩 波 書 店 、 一 九 八 四 年 平 川 彰 『 初 期 大 乗 仏 教 の 研 究 』 春 秋 社 、 一 九 六 八 年 同 『 イ ン ド 仏 教 史 』 全 二 巻 、 春 秋 社 、 一 九 七 四 年 、 一 九 七 九 年 岩 本 裕 ・ 佐 々 木 教 悟 ・ 藤 吉 慈 海 『 東 南 ア ジ ア の 仏 教 』 ( ア ジ ア 仏 教 史 イ ン ド 編 Ⅵ 、 佼 成 出 版 社 、 一 九 緲 七 三 年 ) 献 梶 山 雄 一 訳 注 『 論 理 の こ と ば 』 中 公 文 庫 、 中 央 公 論 社 、 一 九 七 五 年 文 照 同 『 「 さ と り 」 と 「 廻 向 」 』 講 談 社 現 代 新 書 、 講 談 社 、 一 九 八 三 年 要 早 島 鏡 正 ・ 高 崎 直 道 ・ 原 実 ・ 前 田 専 学 『 イ ン ド 思 想 史 』 東 京 大 学 出 版 会 、 一 九 八 二 年 高 崎 直 道 『 仏 教 入 門 』 東 京 大 学 出 版 会 、 一 九 八 三 年 235