検索 - みる会図書館

検索対象: 聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利から 358件ヒットしました。

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


ひ ろ し か し 仏 教 が イ ン ド 全 体 に 弘 ま っ た の は 、 紀 元 前 一 二 世 紀 の 半 ば に 、 イ ン ド を 支 配 し た ア シ ョ カ 王 し や か の 武 力 に よ ら ね ば な ら な い 。 釈 迦 と 同 じ く イ ン ド の 東 北 部 の 出 身 で あ る ア シ ョ カ 王 は 、 そ れ ま で 多 せ い ふ く き ょ だ い て い こ く て い こ く し や か く の 国 に 分 か れ て い た イ ン ド を 征 服 し 、 巨 大 な 帝 国 を つ く っ た が 、 そ の 帝 国 の 宗 教 と し て 釈 迦 の は じ め た 仏 教 を 採 用 し た の で あ る 。 こ れ に よ っ て 仏 教 は 、 イ ン ひ ろ ト の 中 央 高 原 か ら 南 部 、 そ し て 東 北 部 ま で 弘 ま り 、 そ の 後 、 い 新 ( 慶 仏 教 の 内 部 で い ろ い ろ な 部 派 が 興 っ て 、 十 八 部 と か 二 十 部 と 「 年 , 麗 百 済 か 数 え ら れ る よ う に な っ た が 、 紀 元 前 一 世 紀 ご ろ に 大 乗 仏 教 じ よ う き よ う カ 3 高 な る も の が 興 る や 、 仏 教 界 の 状 況 も 大 き く 変 わ ら ざ る を え な そ う か っ た 。 大 乗 仏 教 は 部 派 仏 教 が 主 と し て 僧 の た め の も の 、 出 は ん さ 家 者 の た め の も の で あ り 、 そ し て そ れ が 煩 瑣 な ス コ ラ 的 教 義 を わ て つ が く お ち い し や か そ う ぞ く 「 リ 」 た 一 ム 哲 学 に 陥 っ て い る と 批 判 し 、 釈 迦 仏 教 の 原 点 に も ど り 、 僧 俗 な や さ っ 道 本 ( い 煌 の 区 別 な く 悩 め る 人 間 の た め に 身 命 を 惜 し ま ず 挺 身 す る 菩 薩 の 一 日 い 敦 ぎ よ う ガ ン ジ ス 川 ン 行 の 仏 教 こ そ 真 の 仏 教 で あ る と し た の で あ る 。 し た が っ て 原 意 万 教 ダ ~ 生 = ガ ← 発 前 イ 始 仏 教 が き び し く 否 定 し た 欲 愛 を 、 否 定 す る ば か り で は 十 分 マ 〇 の , 紀 こ う て い く う 」 教 ~ 世 . 2 で は な く 、 肯 定 に も 否 定 に も と ら わ れ な い 自 由 な 空 の 境 地 に さ と た っ こ と こ そ 、 真 の 悟 り の 道 で あ る と し た の で あ る 。 し か も こ の 大 乗 仏 教 は 、 強 引 に も 釈 迦 の 名 に お い て 新 し い し や か 第 イ ベ ル シ ア 経 典 を つ く り だ し 、 こ れ こ そ 釈 迦 の 説 い た 真 の 教 え を 書 い た い 亠 岡 0 ユ 世 紀 長 安 中 国 イ ン ダ ス 2000 km し や か て い し ん

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


は ん に や き よ う け ご ん き よ う け き よ う 聖 典 で あ る と し た の で あ る 。 大 乗 仏 教 に よ っ て 最 初 つ く ら れ た の は 、 般 若 経 、 華 厳 経 、 法 華 経 お よ じ よ う ど び 浄 土 関 係 の 経 典 で あ る が 、 こ の 後 も 大 乗 仏 教 は 続 々 と 経 典 を つ く っ て ゆ く 。 し か も お も し ろ い こ ち ゅ う し や く し ょ ち ゅ う し や く し ょ と に は 、 経 典 が つ く ら れ た 後 に 必 ず そ の 註 釈 書 が 現 れ る 。 こ の 註 釈 書 を 論 と い う 。 紀 元 二 世 紀 ご き ょ だ い は ん に や き よ う り ゅ う じ ゅ ろ に 出 現 し た 龍 樹 は 、 主 と し て 般 若 経 を 中 心 に 多 く の 論 を つ く り 、 巨 大 な 大 乗 仏 教 の 教 学 体 系 を つ く り あ げ た の で あ る 。 は ん げ き こ の よ う な 大 乗 仏 教 の 興 隆 に た い し て 、 も ち ろ ん 旧 派 の 仏 教 す な わ ち 小 乗 仏 教 は 、 は げ し く 反 撃 か く ち - く し 、 イ ン ド は 大 乗 、 小 乗 仏 教 の 思 想 的 角 逐 の 場 と な っ た が 、 両 派 と も そ の 思 想 を 海 外 に ま で 弘 め 、 こ つ い に 仏 教 は ヒ マ ラ ヤ 山 脈 を 越 え て 中 央 ア ジ ア に 弘 ま っ た の で あ る 。 ぐ う ぞ う す う は い も と も と 仏 教 は 、 は な は だ 合 理 的 な 考 え 方 を も ち 、 偶 像 の 崇 拝 を 禁 止 す る も の で あ っ た 。 そ れ ゆ あ し あ と し や か し や か し や か す う は い し や か え 釈 迦 の 死 後 、 釈 迦 崇 拝 が 興 っ た が 、 そ の 場 合 も 釈 迦 の 像 を つ く ら ず 、 わ ず か に 足 跡 で も っ て 釈 迦 し や か す う す う は い の 存 在 を 表 す に す ぎ な か っ た 。 し か し 当 然 、 一 つ の 宗 教 は そ の 創 始 者 の 崇 拝 に つ な が る が 、 釈 迦 崇 す う は い し や か す う は い 拝 は 、 釈 迦 の 骨 の 崇 拝 、 舎 利 の 崇 拝 と し て 行 わ れ た の で あ る 。 そ し て ア シ ョ カ 王 が 仏 教 を 国 教 と し い げ ん こ じ ふ く か れ た 時 、 彼 は 自 ら の 権 力 の 誇 示 を 含 め て 、 仏 教 の 威 厳 を 示 す た め に 塔 を 建 て た 。 せ っ し よ く と う す う は い こ の 舎 利 と 塔 の 崇 拝 の 上 に ギ リ シ ア 文 化 と 接 触 し た 西 北 イ ン ド に お い て 、 つ い に 釈 迦 の 像 が つ く し ゃ す う は い ら れ 、 そ れ が 崇 拝 さ れ る よ う に な っ た の で あ る 。 し か も こ の 動 き は 大 乗 仏 教 の 動 き と つ な が り 、 釈 し や か か ぜ ん せ い 迦 前 世 の 仏 と か 、 釈 迦 の 徳 を 分 け も っ 仏 と か 、 い ろ い ろ な 仏 の 像 が つ く ら れ る に い た っ た の で あ る 。 あ い て い げ ん じ ゅ 前 漢 の 哀 帝 の 元 寿 元 年 、 紀 元 前 二 年 に 、 大 月 氏 国 の 王 の 使 が 長 安 に 来 て 、 経 典 を 口 授 し た と い う は い こ う り ゅ う ひ ろ と う し や か ひ ろ

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


ま っ た の だ 。 こ う て い そ し て 大 通 元 年 ( 五 二 七 ) 、 彼 は 捨 身 を 行 う 。 こ の 捨 身 と い う の は 、 皇 帝 が 寺 に 行 き 、 そ こ で 大 会 を し 、 捨 身 を し て 三 宝 の 家 奴 に な る こ と を い う の で あ る 。 つ ま り 皇 帝 と い う 尊 い 身 を な げ 捨 て て 寺 奴 に な っ て し ま う こ と を 意 味 す る 。 も ち ろ ん そ の ま ま に し て お く こ と は で き な い の で 、 文 武 百 官 こ う て い ご と こ う て い そ く い は 、 大 金 を も っ て 皇 帝 を 買 い も ど し に 行 き 、 再 び 皇 帝 は 即 位 の 礼 の 如 き も の を 行 っ た と い う の で あ る 。 武 帝 が 捨 身 を 行 っ た の は 、 大 通 元 年 ( 五 二 七 ) 、 中 大 通 元 年 ( 五 二 九 ) 、 中 大 同 元 年 ( 五 四 六 ) 、 た い し ゃ 太 清 元 年 ( 五 四 七 ) の 四 回 で 、 そ の た び ご と に 年 号 を 変 え 、 大 赦 を 行 っ て い る 。 ぶ て い ね は ん ぎ よ う ね は ん ぎ よ う じ よ う ら く が じ よ う 武 帝 の も っ と も よ く 読 ん だ 仏 典 は 涅 槃 経 で あ る が 、 こ の 涅 槃 経 は ふ つ う 常 楽 我 浄 の 名 で よ ば れ る こ う て い 教 義 を も ち 、 無 常 の 人 生 の 中 に あ る 永 遠 な 仏 性 を 肯 定 す る と と も に 、 そ の 仏 性 が あ ら ゆ る も の に 宿 じ ひ じ ひ し そ う る ゆ え 、 慈 悲 を 万 物 に そ そ ぐ べ き で あ る と す る 考 え が 強 い 。 大 乗 仏 教 の 慈 悲 思 想 、 平 等 思 想 が も っ じ ん じ と も よ く 現 れ て い る 経 典 の 一 つ で あ る 。 武 帝 の も っ て 生 ま れ た 仁 慈 の 性 格 が 、 こ の よ う な 仏 教 の 教 義 に 共 鳴 し 、 こ の よ う な 教 義 の 仏 教 が ま た 武 帝 を し て い さ さ か 異 常 な 宗 教 的 行 動 に か り た て た と い っ て よ か ろ う 。 ね つ き よ う て き り よ う こ う い う 熱 狂 的 な 仏 教 信 者 の 皇 帝 が 中 国 に 現 れ た の で あ る 。 し か も 梁 と 対 立 し て い た 北 朝 の 強 大 り よ う さ い ぎ ぶ ん れ つ 国 ・ 北 魏 が 五 三 四 年 に 滅 び 、 東 魏 と 西 魏 に 分 裂 し て 以 来 、 梁 は 中 国 に 君 臨 す る も っ と も 強 大 な 国 家 こ う て い と な っ て い た 。 そ の 強 大 な 文 明 国 の 皇 帝 が 、 仏 教 の た め に 尊 い 身 を 捨 て た の で あ る 。 世 界 の 仏 教 徒 か ん げ き ち ょ う こ う は 、 そ れ を 大 い な る 感 激 を も っ て 受 け と っ た の は 当 然 で あ る 。 中 国 に 朝 貢 し 、 中 国 の 文 明 を 慕 う 諸 ま ね 国 が 、 ど う し て そ れ を 真 似 せ ず に い ら れ よ う か 。 ぶ て い く ぎ ろ こ う て い と う ぎ ぶ て い ぶ て い こ う て い し た

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


《 引 用 文 献 〉 日 本 書 紀 〕 日 本 古 典 文 学 大 系 『 日 本 書 紀 』 岩 波 書 店 一 兀 興 寺 伽 藍 縁 起 抃 流 記 資 材 帳 〕 日 本 思 想 大 系 『 社 寺 縁 起 』 岩 波 書 店 上 宮 聖 徳 法 王 帝 説 . 家 永 三 郎 『 上 宮 聖 徳 法 王 帝 説 の 研 究 』 三 省 堂 〈 振 り 仮 名 〉 本 文 の 教 育 漢 字 以 外 お よ び 引 用 文 は す べ て 振 り 仮 名 を 付 し た 。 * 本 論 考 は 季 刊 雑 誌 『 創 造 の 世 界 』 ( 小 学 館 ) 長 期 連 載 の う ち 、 号 ( 一 九 七 八 年 八 月 ) —S 号 ( 一 九 七 九 年 五 月 ) に 掲 載 さ れ た も の で あ る 。 358

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


し や か ほ と け か ね の み か た ひ と は し ら は た き ぬ が さ そ こ ら き ゃ う ろ ん と こ ろ で こ の 時 、 使 者 が も っ て 来 た も の は 、 書 紀 に は 「 釈 迦 仏 の 金 銅 像 一 嘔 ・ 幡 蓋 若 干 ・ 経 論 ざ う な ら し よ く わ ん ひ と く わ ん ぶ つ う つ は ひ と そ な へ お よ ほ と け の お こ り と が ん ご う じ え ん ぎ そ こ ら の ま き 若 干 巻 」 と あ る が 、 元 興 寺 縁 起 に は 「 太 子 の 像 拜 び に 灌 仏 の 器 一 具 、 及 び 仏 起 を 説 け る 書 巻 一 は い ほ う お う て い せ つ に と け の み か た つ ね の み の り ま た ほ ふ し な ど 篋 」 と あ り 、 法 王 帝 説 に は 「 仏 像 、 経 教 拜 僧 等 」 と あ る 。 こ の 仏 像 と い う の は 、 あ の 仏 教 排 え ん ぎ し や か ほ と け せ き な に わ 斥 の 時 、 難 波 の 海 に 流 さ れ た も の で あ ろ う が 、 書 紀 に は は っ き り 「 釈 迦 仏 」 と あ る の に 、 縁 起 に ざ う は た き ぬ が さ そ こ ら み ろ く ぞ う 「 太 子 の 像 」 と あ る の は 、 弥 勒 像 を 意 味 す る の で あ ろ う か 。 ま た 書 紀 に 「 幡 蓋 若 干 」 と あ る の に 、 き ゃ う ろ ん そ こ ら く わ ん ぶ つ う つ は ひ と そ な へ 「 灌 仏 の 器 一 具 」 と あ る の は 、 ど ち ら が 正 し い で あ ろ う か 。 経 典 も 書 紀 に 「 経 論 若 干 」 と あ る の え ん ぎ し よ く わ ん ひ と は こ と け の お こ り と に 、 「 仏 起 を 説 け る 書 巻 一 篋 」 と あ る の も 、 ど ち ら が 正 し い で あ ろ う か 。 こ の 点 は 縁 起 の ほ う い ち が い て い せ っ そ う が 具 体 的 で あ り 、 正 し い と も 思 わ れ る が 、 そ う 一 概 に 決 め ら れ な い 。 な お 帝 説 の 僧 が 来 た と い う の ご き ゃ う の は か せ わ う り う く ゐ こ と く め ち ゃ う あ ん か ふ し ど む ら こ こ の た り き ん め い は 、 日 本 書 紀 に お い て 欽 明 十 五 年 に 、 「 五 経 博 士 王 柳 貴 を 、 固 徳 馬 丁 安 に 代 ふ 。 僧 曇 慧 等 九 人 を 、 そ う ほ ふ し だ う し む ら な な た り か 僧 道 深 等 七 人 に 代 ふ 」 と い う 記 事 に よ っ て も 確 認 で き る 。 仏 像 と と も に 九 人 も の 僧 が 来 朝 し た の で の あ ろ う 。 く だ ら る こ こ で 大 き な 問 題 は 、 な ぜ 百 済 が こ の 時 に 、 わ が 国 に 仏 教 を 伝 来 し た か と い う 理 由 で あ る 。 も ち ね つ れ つ 味 ろ ん そ れ は 仏 教 が す ぐ れ た 教 え で あ り 、 そ の す ぐ れ た 教 え を 、 仏 教 の 熱 烈 な る 信 者 で あ っ た 聖 明 王 意 の が 、 異 国 に も 弘 め た い と 思 っ た か ら で あ ろ う 。 ふ み 伝 日 本 書 紀 に よ れ ば 、 聖 明 王 は 別 に 表 を つ け て 、 次 の よ う に 仏 教 の 功 徳 を 述 べ た と い う 。 し う こ う こ う し う ち が た も っ と す ぐ な ほ こ み の り も ろ も ろ の り 仏 「 是 の 法 は 諸 の 法 の 中 に 、 最 も 殊 勝 れ て い ま す 。 解 り 難 く 人 り 難 し 。 周 公 ・ 孔 子 も 、 尚 し こ し あ た は か り な か ぎ り な い き ひ む く い な み の り よ す な は す ぐ 章 知 り た ま ふ こ と 能 は ず 。 此 の 法 は 能 く 量 も 無 く 辺 も 無 き 、 福 徳 果 報 を 生 し 、 乃 至 ち 無 上 れ た る こ と ご と く た と こ こ ろ ま ま す と こ ろ し た が だ い ひ と こ こ ろ の ま ま な る た か ら い だ ご と -4 第 菩 提 を 成 弁 す 。 譬 へ ば 人 の 随 意 宝 を 懐 き て 、 用 べ き 所 に 逐 ひ て 、 尽 に 情 の 依 な る が 如 ひ ろ た い し

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


り よ う い 成 果 と し て 北 魏 ( 三 八 六 ー 五 三 四 ) の 巨 大 な 仏 寺 建 造 、 梁 ( 五 〇 一 一 ー 五 五 七 ) の 深 遠 な 仏 教 教 学 研 究 が あ げ ら れ る 。 ら く よ う ら く よ う が ら ん き 洛 陽 伽 藍 記 を 見 る と 、 北 魏 に よ っ て 洛 陽 に 建 て ら れ た 当 時 の 仏 寺 は た い へ ん す ば ら し い も の で あ が ら ん く ぎ か い じ ん っ た こ と が わ か る が 、 し か し こ の 伽 藍 は 北 魏 の 滅 亡 に よ っ て 灰 燼 に 帰 し 、 今 は 盛 大 の 様 を 、 大 同 の う ん こ う ら く よ う り ゅ う も ん 雲 崗 、 洛 陽 の 龍 門 の 石 仏 に よ っ て わ ず か に し の ぶ こ と が で き る の み で あ る 。 こ う け い し ゃ し か し こ の よ う な 巨 大 な 寺 院 や 仏 像 を つ く る 仏 教 も 、 漢 人 の 文 化 の 正 統 の 後 継 者 を も っ て 任 ず る こ じ ん き ょ え い み か ど 南 朝 の 帝 か ら 見 れ ば 、 笑 う べ き 胡 人 の 虚 栄 で あ っ た か も し れ な い 。 し ん ず い こ う り ゅ う 経 典 の 研 究 が 中 国 の 文 化 の 真 髄 で あ る と す れ ば 、 仏 教 の 興 隆 も 、 寺 院 の 建 造 よ り 理 論 の 追 究 、 経 典 の 研 究 に お い て こ そ 図 ら れ ね ば な ら ぬ 。 り よ う 梁 は ま さ に こ の よ う な 仏 教 文 化 の 花 が 満 開 に な っ た 時 代 で あ る 。 た ん じ よ う う か い り よ う ぶ て い の 梁 の 武 帝 ー ー 仏 教 国 の 誕 生 と 崩 壊 る り よ う し よ う え ん そ う た お せ い た い そ こ う て い し よ う ど う せ い え ん じ ゃ 味 梁 の 国 の 創 設 者 ・ 蕭 衍 は 、 前 代 の こ れ ま た 宋 を 倒 し て 国 を つ く っ た 斉 の 太 祖 皇 帝 ・ 蕭 道 成 の 縁 者 で か れ き よ う り よ う お う し よ う し り よ う せ い ぶ て い 0 あ っ た が 、 彼 は 武 将 で あ る と と も に 、 文 学 を 好 み 、 斉 の 武 帝 の 第 二 子 、 竟 陵 王 蕭 子 良 の 文 学 サ し ん や く に ん う き よ う り よ う は ち ゅ う 伝 ロ ン に 出 人 り し 、 一 級 の 文 人 、 沈 約 や 任 昉 な ど と 親 し く つ き 合 い 、 竟 陵 の 八 友 の 一 人 と さ れ た の で 仏 あ る 。 め い て い そ く い お ち い 章 と こ ろ が 、 斉 の 武 帝 が 死 ぬ と 、 次 に 明 帝 が 即 位 し た が 、 政 治 は 不 安 定 に な り 国 は 混 乱 に 陥 っ た 。 り よ う じ よ う き よ う し よ う え ん せ い ろ 第 か か る 状 況 に お い て 、 人 望 は 蕭 衍 に 集 ま り 、 つ い に 兵 を あ げ て 斉 を 滅 ぼ し 、 梁 を 興 し た 。 く ぎ せ い ぶ て い き ょ だ い く ぎ き ょ だ い め つ う せ い だ い

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


仏 教 の 勝 利

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


は っ き り 語 っ て い な い 。 き ん め い が ん ご う じ え ん ぎ っ ち の え う ま と す れ ば 、 日 本 書 紀 は 何 に よ っ て 欽 明 十 三 年 と し 、 元 興 寺 縁 起 や 法 王 帝 説 は 何 に よ っ て 戊 午 の っ ち の え う ま 年 と い い 、 い っ た い ど ち ら が 正 し い の で あ ろ う か 。 戊 午 の 年 の ほ う が 南 都 の 寺 に 伝 わ る 伝 承 の よ い ち が い う に 思 わ れ る が 、 一 概 に そ う と は 考 え ら れ な い 。 な ぜ な ら 有 名 な 東 大 寺 の 大 仏 開 眼 は 、 天 平 勝 宝 四 年 ( 七 五 一 l) に 行 わ れ 、 そ れ は 仏 教 伝 来 二 百 年 記 念 の 年 に 合 わ せ て 行 わ れ た も の で あ る と 考 え ら れ る か ら で あ る 。 き ん め い 仏 教 伝 来 の 年 は 欽 明 十 三 年 、 五 五 二 年 か 、 宣 化 三 年 、 五 三 八 年 か 。 お も し ろ い こ と に は 、 こ れ に つ い て す で に 平 安 朝 の は じ め に 論 戦 が あ っ た 。 し か も 論 戦 の 一 方 は ひ え い ざ ん え ん り や く じ さ い ち ょ う だ い そ う ず さ い 比 叡 山 延 暦 寺 を 開 い た 最 澄 で 、 も う 一 方 は 南 都 仏 教 の 大 ポ ス 、 大 僧 都 ・ 護 命 な の で あ る 。 当 時 、 最 ち ょ う だ い じ よ う か い だ ん 澄 は 、 大 乗 戒 壇 の 設 立 を め ぐ っ て 南 都 の 仏 教 を 相 手 に 必 死 の 論 戦 を 挑 ん で い た 。 そ の 護 命 が 多 少 不 し き し ま み や あ め の し た し ら し め す め ら み こ と は し っ ち の え う ま や ど く だ ら わ う ほ と け の み の り わ た た て ま っ 用 意 に 「 志 貴 嶋 の 宮 に 御 宇 し し 天 皇 の 歳 は 戊 午 に 次 る に 、 百 済 王 、 仏 法 を 渡 し 奉 る 」 と す め ら み こ と そ く ゐ ぐ わ ん ね ん か の え さ る あ め の し た し ら し め ま さ み そ ぢ あ ま り ふ た と せ ふ つ つ し い っ た の を と ら え て 、 「 天 皇 の 即 位 元 年 は 庚 申 な り 。 御 宇 し て 正 に 三 十 二 歳 を 経 る 。 謹 み 准 し や ど こ よ み あ ん っ ち の え う ま と し ぐ わ ん ご う じ え ん ぎ っ ち の え う ま と し と す ぞ じ つ ろ く そ む て 歳 の 次 る 暦 を 按 ず る に 、 都 て 戊 午 の 年 な し 。 元 興 寺 縁 起 は 戊 午 の 歳 を 取 る 。 已 に 実 録 に 乖 さ い ち ょ う め い せ き こ ん き ょ く 」 と 批 判 し て い る 。 最 澄 は 、 は な は だ 明 晰 な 頭 脳 を も っ た 人 で あ る 。 こ こ で 護 命 の 一 一 一 〕 葉 の 根 拠 と が ん ご う じ え ん ぎ ご び ゅ う し て き ぎ も ん ふ な る 元 興 寺 縁 起 そ の も の の 誤 謬 を 指 摘 し 、 南 都 仏 教 全 体 に 大 き な 疑 問 符 を 投 げ つ け よ う と す る の で さ い ち ょ う き ん め い あ る 。 最 澄 の 反 論 は ま こ と に 筋 が 通 っ て い る 。 そ し て そ れ 以 来 、 仏 教 伝 来 は 欽 明 十 三 年 、 五 五 二 年 そ う で あ る と い う 説 が 、 一 部 南 都 の 僧 た ち を 除 い て は 定 説 に な っ た と い っ て よ い 。 み よ う き ん せ い ぶ ん け ん と こ ろ が 妙 な こ と に は 、 近 世 の 歴 史 学 、 文 献 考 証 を 重 ん じ る 歴 史 学 は 、 南 都 に 伝 わ る 説 を 再 興 う お う て い せ つ た い ぶ つ か い げ ん

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


い ん せ ん て い い ん と う ざ ん ぎ や く 武 帝 の 死 後 、 贇 が 宣 帝 と し て 位 に つ い た が 、 淫 蕩 に し て 残 虐 で 、 皇 帝 の 器 で は な く 、 人 望 は 皇 后 よ う け ん せ ん て い せ い て い そ く い い ち よ く よ う け ん の 父 に 当 た る 楊 堅 に 集 ま っ た 。 宣 帝 は 死 し 、 そ の 子 の 静 帝 が 八 歳 に し て 即 位 す る 。 楊 堅 は 、 遺 勅 を 芻 ぎ ぞ う よ う け ん お そ う っ ち け い 嶽 ろ 偽 造 し 文 武 の 権 を 一 身 に 集 め た が 、 こ の 楊 堅 の 勢 い を 恐 れ て 、 宿 将 ・ 尉 遅 迥 は 兵 を あ げ た が 、 滅 ぼ せ い て い ぜ ん て い い さ れ た の で 、 翌 年 ( 五 八 一 ) 正 月 、 つ い に 静 帝 か ら 禅 を 受 け 帝 位 に つ い た ( 文 帝 ) 。 ぶ ん て い こ う け い ぶ ん て い こ う け い こ の 文 帝 を 助 け た の は 、 名 将 ・ 高 類 で あ っ た 。 こ の 文 帝 と 高 類 の コ ン ビ が 、 よ く 北 周 の 武 帝 の 志 っ い ぎ よ う を 継 ぎ 、 つ い に 天 下 統 一 の 偉 業 を 成 し と げ た と い え よ う 。 う っ ち け い ず い ぶ ん て い 尉 遅 迥 の 乱 を 鎮 め た 後 に 、 隋 の 文 帝 は 政 治 に 力 を つ く し 、 内 政 と 外 交 に 著 し い 成 果 を 収 め た 。 す で に 約 百 五 十 年 間 、 北 朝 と 南 朝 は 対 立 し 、 建 康 に 都 す る 南 朝 は 、 漢 族 の 支 配 す る 唯 一 の 中 国 の 政 府 こ ぞ く ず い て い こ く せ ん く ほ く ぎ を 自 称 し 、 胡 族 支 配 の 北 朝 を 軽 視 し て い た が 、 い わ ば 隋 帝 国 の 先 駆 を な す と 思 わ れ る 北 魏 に お い て こ ぞ く も 、 す で に 漢 族 の 活 躍 が め ざ ま し く 、 そ こ に 胡 族 と 漢 族 の 文 化 が 混 合 し て 新 し い 文 化 が で き つ つ あ っ た の で あ る 。 も っ と も 詩 と 仏 教 に 明 け 暮 れ て い る 南 朝 の 貴 族 文 化 と ち が っ て 、 北 朝 で は 文 化 の 中 心 が 政 治 に あ こ っ か ち ん ご 、 仏 教 も ま た 国 家 鎮 護 的 性 格 を 強 く に な っ て い た 。 こ の 北 朝 が 、 後 世 に 残 し た も っ と も 大 き な 文 り つ り よ う う ん こ う り ゅ う も ん ち ょ う こ く 化 遺 産 が 、 一 つ は 律 令 で あ り 、 一 つ は 雲 や 龍 門 の 石 造 彫 刻 で は な い か と 思 う 。 す い ず い と く ち ょ う り つ り よ う 隋 は 、 は な は だ 多 く の も の を 北 魏 、 北 周 か ら 受 け 継 い で い る 。 隋 の 政 治 の 一 つ の 特 徴 は 律 令 の 整 備 で あ っ た 。 く ら は じ し う は ふ せ い の り え う わ づ ら ず い . こ き し か う け い て い え き し ゃ う ち ゅ う こ く 初 め 周 の 法 は 、 斉 の 律 に 比 ぶ れ ば 、 煩 は し く 要 な ら ず 。 隋 の 主 、 高 願 、 鄭 訳 お よ び 上 柱 国 の ゃ う そ そ っ か う れ い は い せ い め い さ ら く は を さ さ だ ま つ り ご と て ん こ れ ん し ふ ま つ り ご と し た が 楊 素 、 率 更 令 ・ 裴 政 ら に 命 じ て 、 更 に 加 へ て 脩 め 定 む 。 政 を 典 故 に 練 習 し 、 政 に 従 ふ に 達 ぶ て い し ず か つ や く く ぎ さ い こ う て い ぶ ん て い ゆ い い っ ぶ て い た っ

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


を 、 る 。 さ ん か ん 一 つ は 、 仏 法 が 世 界 最 上 の 法 で あ る と い う こ と で あ り 、 ま た 一 つ は 、 そ れ は イ ン ド か ら 三 韓 ま で あ ま ね く 流 布 し て い る こ と で あ る 。 こ の 二 つ の 理 由 か ら 、 こ の 国 あ る い は 天 皇 も 修 行 す べ し と い う こ と に な る 。 と う た ん わ が 国 は 、 ア ジ ア の 東 端 に 位 置 す る 島 国 で あ る 。 し た が っ て 海 外 文 化 の 移 人 も 困 難 で あ り 、 文 化 は 後 進 性 を ま ぬ が れ な い 。 む か し し か し こ の 島 国 は 、 昔 か ら 海 の 向 こ う の 文 化 に 強 い 関 心 を も っ て い た 。 海 の 向 こ う に は 高 い 文 明 が あ る 。 そ し て 文 明 は 船 に 乗 っ て こ の 国 に や っ て 来 る 。 今 新 し い 宗 教 が や っ て 来 た の で あ る 。 そ し て 海 外 の 文 明 国 は す べ て こ の 宗 教 を 信 じ て い る と い う の で あ る 。 日 本 人 に と っ て 、 一 つ の 思 想 が す ぐ れ て い る と い う こ と と 、 そ れ が 海 外 の 文 明 国 で 流 行 し て い る の と い う こ と と は 、 ほ と ん ど 同 じ 意 味 で あ る 。 准 う じ さ ん か ん お よ て ん じ く み の り よ る 書 紀 の 言 葉 を 借 り れ ば 、 天 竺 か ら 三 韓 に 及 ぶ ま で 法 に 依 っ て 奉 持 し 、 尊 敬 せ ざ る は な し と い う じ よ う き よ う 味 が 、 ま さ に こ れ こ そ 六 世 紀 半 ば の ア ジ ア の 文 化 的 状 況 で あ っ た の で あ る 。 も う 一 世 紀 前 に は そ の よ う な こ と は い え ず 、 ま た 一 世 紀 後 に は 、 そ の よ う な こ と は い え な い 。 そ の よ う な こ と を い え る の 伝 に も っ と も よ い 時 期 が 、 こ の 六 世 紀 の 半 ば 、 い っ て み れ ば 日 本 に 仏 教 が 伝 来 し た の は 、 仏 教 が ア ジ え い き よ う ひ か く て き お そ 仏 ア 的 世 界 に お い て 、 も っ と も 盛 ん で あ っ た 時 で あ る 。 と く に 仏 教 文 化 の 影 響 を 比 較 的 遅 く 受 け た ね つ れ っ し ん こ う 章 朝 鮮 半 島 は 、 ま さ に 仏 教 熱 に 燃 え て い た 時 代 で あ っ た 。 そ の 熱 烈 な 信 仰 が 、 今 や こ の 極 東 の 島 国 第 に ま で い た っ た の で あ る 。 ち ょ う せ ん み の り て ん の う