検索 - みる会図書館

検索対象: 人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城から 280件ヒットしました。

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


人 知 ら ず の 森 の ル ー ナ ④ 世 界 の 果 て の 城

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


193 世 界 の 果 て の 城 へ 2

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


267 世 界 の 果 て の 城 ( フ と 0 ・ す

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


? ノ 人 知 ら す の 森 の ル ー ナ ④ 世 界 の 果 て の 城 ゆ う き り ん COBALT-SERIES ィ ー を 「 も , 1 ・ 集 英 社 0

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


目 次 世 界 の 果 て の 城 難 破 漂 着 : ・ 3 無 人 島 : ・ 4 楽 園 の 正 体 ・ : 5 月 下 の 幽 霊 船 6 ラ イ ビ ュ ー ト の 襲 撃 世 界 の 果 て の 城 167 182 129 8 絶 望 と 希 望 と : ・ 9 解 呪 : 2 ル ー ナ 、 そ の 後 : エ ピ ロ ー グ あ と が き : 249 260 272 202 227

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


241 世 界 の 果 て の 城 ル そ 穏 あ な グ 天 そ ま ナ ナ ん い ノ レ を の た れ や あ ん イ イ ん つ リ 駆 時 が フ ナ か わ リ リ フ ナ か の 、 に 抵 、 鐘 ア け の と た イ は は イ ス る 馬 力 、 彼 い 抗 刃 グ グ 必 し の 馬 の ン 抜 を い も が ず か た ン 側 車 い が 気 べ な ち レ ナ リ - つ っ 持 感 を の ひ な た グ オ よ ア ら は ツ ア 離 蹄 づ な 。 ゴ ゴ ド ス ぶ ち ス 二 ず じ か は 人 帰 人 れ の き の や だ な リ っ に オ オ 音 が た 横 最 く 、 で る 知 る カ ゝ ア と カ ま 聞 。 た 彳 麦 ス 静 ら ン の つ ン の を た の か ん ル 空 え る の へ 頷 と 葉 ル 森 の 民 っ ナ は し 、 ル の た は 腕 。 確 ま と あ よ れ は の 森 で 聞 が 天 重 目 故 を を ま た ね 仰 る や だ た よ い だ た わ 寄 り か か っ ? ) 0

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


259 世 界 の 果 て の 城 遠 い 異 国 で 結 婚 し 、 幸 せ な 人 生 を 送 っ た が 、 い っ か 必 す 森 に 帰 る の だ 、 と い う こ と を 、 子 供 た ち に 繰 り 返 し 語 っ て い た と い う 。 ソ レ イ ユ は 、 夫 の ラ ザ ー ラ ン ド が 八 十 で 死 去 し た 後 、 人 知 ら ず の 森 に 来 て 、 余 生 を ル ー ナ と と も に 暮 ら し た 。 わ が ま ま 彼 女 の 十 人 の 子 供 た ち は 、 い ず れ も 自 分 の 家 に 来 て く れ と 言 っ た が 、 ソ レ イ ユ は 最 後 の 我 儘 だ か ら 、 と 押 し 通 し た 。 そ し て 、 死 の 王 国 に 召 さ れ る そ の 時 ま で 、 双 子 の 妹 と と も に す ご し た 。 二 人 は そ の と き 、 と う に 七 十 を 越 え て い た の だ が 、 ど う 上 に 見 て も 、 三 十 半 ば を 越 え て は 見 え な か っ た と い う 。 そ し て 、 ル ー ナ は : ソ レ イ ユ が 息 を 引 き 取 っ た 次 の 日 に 、 ひ と り 森 に 出 か け 、 そ れ き り 二 度 と は 帰 ら な か っ た 。

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


二 人 は 互 い に 食 べ 物 を 口 に 運 び あ っ た り 、 葡 萄 酒 を 呑 ま せ あ っ た り し て 、 食 事 を 楽 し ん だ 。 そ れ が す む と ま た ひ と 泳 ぎ し て 、 そ れ か ら 丘 の 上 で 横 に な っ た 。 秋 の 高 い 空 か ら 降 り 注 ぐ 、 太 陽 の 光 が 心 地 よ い 。 空 を 見 上 げ た ま ま 、 二 人 は 話 を し た 。 内 容 は た わ い の な い も の で 、 意 識 し た わ け で は な い が 、 二 人 と も 解 呪 の こ と に は 触 れ な か っ た 。 秋 の 森 だ け あ っ て 、 日 暮 れ は 早 か っ た 。 木 々 の 間 に 沈 ん で い く タ 陽 を 、 二 人 は 無 言 で 見 つ め た 。 森 が 燃 え て い る 。 紅 葉 し た 葉 が 、 赤 く 輝 い て い る 。 空 も 燃 え て い る 。 そ こ を 行 く 鳥 も 。 ル ビ ー 湖 の 面 は 、 紅 玉 を 撒 き 散 ら し た よ う だ 。 と き お り 跳 ね る 魚 も ま ぶ し い く ら い 赤 い 人 知 ら ず の 森 を 思 い だ し 、 ル ー ナ は 小 さ く た め 息 を つ い た 。 き れ い あ の 森 で も 、 こ う し て グ ー リ ア ス と 一 緒 に 、 綺 麗 な タ 焼 け を 何 度 も 見 た わ 。 城 で き る こ と な ら 、 も う 一 度 、 森 に 帰 っ て 並 ん で タ 陽 を 見 た か っ た 。 て : で も 、 そ れ を 言 っ て は 駄 目 。 言 っ て も 仕 方 の な い こ と だ も の 。 果 の 界 ル ー ナ は グ ー リ ア ス に し な だ れ か か っ た 。 世 彼 は 、 そ ん な 彼 女 の 頭 を そ っ と 抱 え 込 む と 、 優 し く 髪 に く ち づ け た 。 陽 が 暮 れ る と 、 二 人 は 扉 か ら 城 へ 戻 っ た 。

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


説 明 に よ れ ば 、 こ の 城 の 中 に は な い も の は な い ら し い 目 の 前 は 海 だ が 、 扉 の 幾 つ か は 山 に 、 森 に 、 続 い て い る と の こ と 。 た だ し 、 そ こ か ら ど こ か へ 行 っ て し ま う こ と は で き な い そ う だ 。 一 定 の 距 離 を 行 く と 、 必 ず 扉 か ら 外 へ 出 て し ま う ら し 二 日 目 の 対 面 は 午 前 中 だ っ た の で 、 ル ー ナ は 簡 単 な 昼 食 を 作 っ て 、 グ ー リ ア ス と 連 れ だ っ て 森 の ひ と つ に 出 か け た 。 入 っ た の は 、 秋 の 森 で あ っ た 。 森 の 葉 は 全 て 、 赤 く 燃 え た っ 色 に 身 を 染 め 、 枝 に は 重 い 、 た つ ぶ り と し た 果 実 を い く つ も っ け て い る 。 春 の 今 ( こ の 『 世 界 の 果 て 』 に 季 節 が あ れ ば だ が ) 、 秋 の 森 が 楽 し め る と は 思 っ て も い な か っ た ル ー ナ は 、 非 常 に 喜 ん だ 。 地 面 に つ も っ た 落 葉 の 匂 い は 、 た ま ら な く 素 敵 だ 。 二 人 は 果 実 を 取 っ た り 、 り す を か ら か っ た り 、 木 に よ じ 登 っ て 枝 を 揺 ら し て ル ー ナ に 悲 鳴 を も ぐ 上 げ さ せ た り 、 湖 に 潜 っ て 魚 を 取 っ た り し た 。 た つ ぶ り 遊 ん だ 後 で 、 二 人 は 遅 い 昼 食 を 取 っ た 。 あ ぶ ル ー ナ が 作 っ た の は 、 薄 く 切 っ た パ ン に 焙 っ た 鳥 肉 と 野 菜 を 挟 ん だ も の で 、 そ れ に も ぎ た て ぶ ど う し ゅ の 果 実 が 色 を 添 え た 。 飲 み 物 は 水 筒 に つ め た 葡 萄 酒 で あ る 。

人知らずの森のルーナ④ 世界の果ての城


「 ほ ら 、 見 て 、 グ ー リ ア ス ー ー ー あ ら 」 水 に 顔 を 出 し て 、 ル ー ナ は 魚 を 彼 に 見 せ た が 、 そ の 直 後 に す る り と 彼 女 の 手 か ら 逃 れ て 水 の な か へ と 逃 げ て し ま っ た 。 そ ん な こ と が 不 思 議 と お か し く 、 恋 人 た ち は 吹 き だ し た 。 し お ひ と し き り 笑 う と 、 二 人 は 体 の 潮 つ け を 洗 い 落 と し 、 そ れ か ら 同 じ よ う に 服 の そ れ も 落 と し 服 は 枝 に 引 っ か け 、 再 び 水 に 戻 る と 少 し 泳 ぎ 、 そ れ か ら 岩 場 に 上 が っ た 。 二 人 は 裸 の 背 中 を び た り と あ わ せ て 座 り 、 残 っ て い た 果 実 を ゆ っ く り と か じ っ た 。 豊 か な 甘 み が 、 ロ 中 に 広 が る 。 背 中 の グ ー リ ア ス の 体 温 が 心 地 よ い 。 足 先 の 水 の 冷 た さ も 。 顔 を 上 げ る と 、 頭 が こ つ ん と 彼 の 肩 に 当 っ た 。 ・ も - も 空 を ゆ る り と 雲 が 流 れ て い く 。 詳 や か な 桃 色 を し た 首 の 長 い 鳥 の 群 れ が 横 切 る 。 目 を 閉 じ れ ば 、 花 や 果 実 の 甘 い 香 り が は っ き り と 感 じ ら れ る 。 城 こ こ に は 人 間 は わ た し た ち し か い な い 。 そ れ を い え ば 、 人 知 ら ず の 森 も そ う な の だ け れ ど 、 て で も 、 こ こ で の ふ た り き り は 、 森 と は ま っ た く 違 う ふ た り き り な 気 が す る 。 の ? と て も 甘 い 果 物 の せ い ? こ の 暖 か な 気 候 の せ い 界 世 ふ ふ 、 と ル ー ナ は 笑 み を こ ば し た 。 「 な ん だ い ? 」 の が