検索 - みる会図書館

検索対象: 小説トリッパー 2014年春季号

小説トリッパー 2014年春季号から 456件ヒットしました。

小説トリッパー 2014年春季号


CONTENTS い ′ く 特 集 〉 世 界 の 果 て ま で 旅 し た い

小説トリッパー 2014年春季号


」 ( 特 と 世 界 の 果 て ま で 旅 し た い 世 界 の 産 声 に 薈 、 。 ) 1 耳 を 澄 ま す 希 by lshii Köta 第 一 話 首 長 族

小説トリッパー 2014年春季号


な お ず み け い ち ょ う そ の 後 、 幕 府 の 命 を 受 け た 九 州 の 各 大 め た 。 あ と の 有 馬 家 の 当 主 で あ る 直 純 が 慶 長 十 ひ ゅ う が の べ お か 名 の 援 軍 が 一 揆 勢 を 殲 滅 せ ん と 近 づ き っ お よ そ 一 一 十 年 前 に 廃 城 に な っ た 城 だ が 、 九 年 ( 一 六 一 四 ) に 日 向 延 岡 に 転 封 に な っ つ あ る こ と を 知 っ た 天 草 四 郎 勢 は 二 十 五 門 も 塀 も い ま だ に が っ ち り と し 、 土 塁 は た こ と で 、 廃 城 に な っ た 。 日 、 富 岡 城 攻 め を 断 念 し 、 海 を 渡 っ て 島 高 く 盛 ら れ て い る 。 土 塁 の 上 に 積 み 上 げ そ れ 以 降 、 長 い こ と 放 置 さ れ て き た 城 原 に 上 陸 し た 。 ら れ た 石 垣 も し つ か り と し て お り 、 崩 れ で し か な い が 、 四 万 と 号 し て い る ら し い 天 草 四 郎 勢 に は 、 九 州 の 大 名 家 の 軍 勢 落 ち て い る と こ ろ な ど ほ と ん ど な い 。 一 揆 勢 が 籠 城 す る の に 、 十 分 す ぎ る ほ ど を 引 き 受 け て 戦 え る 場 所 が 必 要 だ っ た 。 そ の 上 、 一 揆 勢 が か な り の 普 請 を 加 え 広 大 な 縄 張 を 誇 っ て い る 。 富 岡 城 を 攻 め て い て は 、 そ れ は 不 可 能 で て い る の で 、 相 当 の 堅 固 さ を 誇 る 城 と い っ こ の 地 に 居 城 を 築 い た 有 馬 貴 純 と い う し か な か っ た 。 て よ い 。 加 え て 、 原 城 は 三 方 を 海 に 囲 ま 大 名 は 、 き っ と 戦 術 眼 に 優 れ た 武 将 だ っ た に ち が い な い 。 九 州 の 大 名 家 の 大 軍 勢 と 戦 う の に 、 天 れ 、 残 り の 一 方 で あ る 西 側 は 沼 や 湿 地 が 、 い か に も 攻 め が た く 守 り や す い 草 四 郎 た ち が 選 ん だ 場 所 。 広 が り 「 左 門 ど の 、 明 日 、 つ い に 三 度 目 の 総 攻 は ら 地 勢 と な っ て い る 。 原 城 で あ る 。 撃 だ そ う に ご ざ る 」 天 草 四 郎 勢 や 島 原 の 一 揆 勢 が 籠 も っ た 横 に 立 っ た 者 に い き な り い わ れ 、 左 門 は 向 き 直 っ た 。 寒 風 が 吹 き す さ ぶ 。 こ の 城 を 一 目 見 て 、 左 門 は 、 難 儀 な 戦 に あ し か り な る だ ろ う 、 と 思 っ た も の だ が 、 九 州 と い っ て も 寒 い も の だ な 。 そ の 予 「 元 日 に 総 攻 撃 で す か 。 芦 刈 ど の 、 そ れ 左 門 は ぶ る り と 身 を 震 わ せ た 。 鎧 が わ 感 は ど う や ら 的 中 し そ う だ 。 は ま こ と の こ と か ー ず か に 音 を 立 て る 。 九 州 の 大 名 の 軍 勢 を 中 心 と し た 攻 城 軍 「 ま ち が い ご ざ ら ぬ 。 拙 者 は 井 上 ど の よ 九 州 と い え ば 南 国 と い う 思 い か あ り 、 は 、 こ こ ま で 苦 戦 の 連 続 で あ る 。 総 攻 撃 り 、 そ の 旨 、 し か と 聞 き も う し た ゆ え 」 な が と の か み も っ と ず っ と あ た た か な と こ ろ だ と 思 っ は 二 度 も な さ れ た が 、 い ず れ も 失 敗 に 終 井 上 と い う の は 長 門 守 と い い 、 数 多 い て い た 。 こ れ で は 柳 生 や 江 戸 と 同 じ で は わ っ た 。 特 に 十 二 月 二 十 日 に 行 わ れ た 一 一 黒 田 家 の 重 臣 の 一 人 で あ る 。 横 に 立 っ 芦 さ ん た ん し ゅ ん べ え 度 目 の 総 攻 撃 は 惨 憺 た る 結 果 で 、 四 万 も 刈 駿 兵 衛 は 黒 田 家 譜 代 の 家 臣 で あ り 、 柳 だ が 、 こ の 寒 さ も 当 た り 前 だ ろ う 。 明 の 軍 勢 が 繰 り 出 し た に も か か わ ら ず 、 一 生 新 陰 流 の 達 人 と い っ て よ い 。 九 州 に 入 っ 日 に な れ ば 新 し い 年 が 明 け る の だ か ら 。 揆 勢 の 猛 攻 撃 を 浴 び て お び た だ し い 死 傷 た 左 門 が 黒 田 家 の 世 話 に な っ た と き 、 稽 改 元 が な け れ ば 、 明 日 は 寛 永 十 五 年 一 者 を 出 し 、 な す す べ も な く 敗 退 し た 。 古 を つ け て 親 し く な っ た 男 で あ る 。 歳 は あ り ま た か ず み め い お う 月 一 日 と い 、 つ こ と に な る 。 原 城 は も と も と 、 有 馬 貴 純 が 明 応 五 年 左 門 よ り 二 つ ば か り 上 だ が 、 人 な っ こ く 、 腕 組 み を し て 、 左 門 は 目 の 前 の 城 を 眺 ( 一 四 九 六 ) に 築 い た 城 だ が 、 貴 純 の 六 代 ど こ か 歳 下 の よ う に 感 じ る こ と が あ る 。 せ ん め つ 鈴 木 英 治 384

小説トリッパー 2014年春季号


世 界 の 果 て ま で 旅 し た い 〈 対 談 〉 下 川 裕 治 吉 田 友 和 「 旅 を 書 を と い う こ と 〈 読 切 ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 〉 常 見 ~ 滕 代 女 一 人 、 イ ス ラ ム 旅 冖 新 連 載 石 井 光 太 世 界 の 産 声 に 耳 を 澄 ま す 内 田 洋 子 イ タ リ ア か ら イ タ リ ア へ 〈 特 集 〉 日 WCH ・ " ぼ 墜 . 小 熊 英 ニ >< 木 村 草 太 憲 法 と 政 治 参 加 を 考 え る 〈 追 悼 〉 山 本 兼 一 安 部 龍 太 郎 縄 田 一 男 蚫 〔 連 載 完 結 〕 辻 原 登 東 大 で 文 学 を 学 ぶ ド ス ト エ フ ス キ 1 か ら 谷 崎 潤 一 郎 へ 湊 か な え 物 語 の お わ り 葉 室 麟 風 花 帖 麻 生 幾 背 面 捜 査 森 日 麿 偽 恋 愛 小 説 家 順 鈴 木 英 柳 生 左 門 雷 獣 狩 り 冖 特 別 対 論 〕 162

小説トリッパー 2014年春季号


で 首 長 族 が 暮 ら す 力 ャ 1 州 に 外 国 人 が 許 可 な し で 立 ち 入 る こ と け て 産 ん だ 赤 子 に 対 す る 無 限 の 祝 福 。 そ れ は 自 ら の 命 を 未 来 に が で き る よ う に な っ た の を 思 い 出 し 、 十 年 来 の ミ ャ ン マ ー 人 の 引 き 継 い だ と い う 喜 び で あ り 、 自 分 の 命 よ り 大 切 な も の を 腕 に 友 人 に 連 絡 を 取 り 、 こ の 地 に た ど り 着 い た の で あ る 。 つ つ み 込 ん だ 幸 せ に 他 な ら な か っ た の だ ろ う 。 こ の 病 院 で の 体 験 か ら 数 日 し て 、 私 の 中 で 結 び つ く よ う に 思 カ ヤ 1 州 で 私 が 拠 点 と し た の は 、 ロ イ コ ー と い う 州 都 の 町 だ っ い 起 こ さ れ た の が 、 こ れ ま で 世 界 の 貧 し い 国 々 で 出 会 っ た 人 々 た 。 カ ヤ 1 州 は ミ ャ ン マ 1 の 七 州 で も っ と も 人 口 が 少 な く 、 山 の 姿 だ っ た 。 私 は 学 生 の 頃 か ら 途 上 国 の ス ラ ム や 路 上 や 戦 場 と い っ た 場 所 で 生 き る 人 々 と 生 活 を 共 に し 、 語 り 合 い 、 そ の 体 験 岳 部 を 中 心 に わ ず か 二 十 六 万 人 が 住 ん で い る だ け で 、 ロ イ コ ー を 執 筆 す る こ と を 生 業 の 一 つ と し て き た 。 彼 ら は 自 分 た ち が ど の 町 も こ ぢ ん ま り と し て い る 。 町 の 中 心 部 に は 濁 っ た 川 が 流 れ て お り 、 そ の 横 に 魚 と 果 物 と ん な に 貧 し く て も 、 ど ん な に 危 険 な 状 況 に あ っ て も 、 子 供 を 産 み 、 共 に 食 事 を し な が ら 大 き な 声 で 笑 っ て 生 き て い た 。 そ れ が 鶏 の 臭 気 が 充 満 す る 雑 然 と し た 東 南 ア ジ ア 特 有 の 市 場 が あ る 周 辺 に は 個 人 商 店 が 固 ま っ て は い る も の の 、 店 主 は 一 様 に や る な せ な の か ず っ と 不 思 議 だ っ た 。 だ が 、 病 院 で 妻 の 出 産 に 立 ち あ っ た こ と で 、 私 は 彼 ら が 人 生 気 が な く 、 う と う と と 居 眠 り を し て い る か 、 横 に な っ て テ レ ピ を 謳 歌 で き る の は 子 供 と い う 希 望 を 持 っ て い る か ら で は な い か を 見 て い る か 、 あ る い は 商 品 を つ ま み 食 い し な が ら 談 笑 し て い る か だ 。 無 論 、 ホ テ ル と 呼 べ る よ う な 宿 泊 施 設 も な く 、 私 は 連 と 思 っ た 。 ど ん な に つ ら い 現 実 に 直 面 し て い よ う と も 、 子 供 と い う 無 限 の 愛 情 を 注 ぐ 対 象 が あ り 、 そ こ に 未 来 を 託 す こ と が で れ 込 み 宿 と 一 体 化 し た 南 京 虫 だ ら け の ゲ ス ト ハ ウ ス に 投 宿 し て き る か ら こ そ 、 自 ら の 人 生 に 光 を 見 出 す こ と が で き る の で は な 私 が お 産 の こ と を 調 べ る た め に 訪 れ た カ ヤ ン 族 の 村 は 、 ロ イ そ れ を 思 っ た 時 、 私 は こ れ ま で 自 分 自 身 が 彼 ら の 「 状 況 」 を コ 1 の 町 か ら 車 と 徒 歩 で 三 時 間 ぐ ら い の と こ ろ の 森 の 奥 深 く に 見 つ め る こ と は あ っ て も 、 彼 ら の 根 本 の 希 望 が ど の よ う に 生 ま あ っ た 。 樹 木 の 間 に 所 々 高 床 式 の 家 屋 が ひ っ そ り と 建 っ て お り 、 れ る か と い 、 つ こ と に つ い て 目 を 向 け て こ な か っ た こ と に 、 は こ 一 軒 に つ き 一 世 帯 か ら 三 世 帯 ぐ ら い の 家 族 が 身 を 寄 せ 合 っ て い る 。 と 気 が つ い た 。 人 々 が 子 供 を 身 ご も り 、 産 み 、 育 て る 現 場 を 目 に す れ ば 、 そ の こ と が わ か る の で は な い か 。 父 親 と な っ た 今 な 村 に は 水 道 す ら 通 っ て お ら す 、 。 。 ・ 女 た ち が 川 の 水 で 食 べ 物 や 衣 ら ば 、 愚 鈍 な 私 で あ っ て も 同 じ 立 場 の 者 と し て 少 し ぐ ら い は 共 服 を 洗 っ て い る 光 景 が 見 受 け ら れ る 。 木 造 の 家 屋 が 高 床 式 に な っ て い る の は 、 雨 季 に 膝 上 ま で た ま る 雨 水 が 入 ら な い よ う に す る 感 で き る と こ ろ が あ る か も し れ な い 。 そ ん な ふ う に 考 え た 私 は 、 子 供 が 一 歳 の 誕 生 日 を 迎 え る 直 前 、 こ と と 、 ネ ズ ミ や キ ツ ネ と い っ た 森 の 生 き 物 た ち の 侵 入 を 防 ぐ た め だ と い う 。 た だ 、 家 は 簡 素 な 造 り で も ろ く 、 雨 季 に 毎 年 襲 世 界 の お 産 を 巡 る 旅 を は じ め る こ と に し た 。 そ し て ミ ャ ン マ 1 27 世 界 の 産 声 に 耳 を 澄 ま す

小説トリッパー 2014年春季号


下 川 裕 治 吉 田 友 和 〈 特 集 〉 く 対 談 〉 Shimokawa Yüji い う こ と 「 旅 を 書 く Yoshida Tomokazu 旅 行 作 家 は . 、 外 と 非 行 動 的 ? ト ラ ブ ル が 起 き る と ミ 「 こ れ で 書 け る ! 」 1990 年 に 「 12 万 円 で 世 界 を 歩 く 』 で 旅 行 作 家 と し て デ ビ ュ ー し た 下 川 裕 治 さ ん と 、 2002 年 に 初 め て の 海 外 旅 行 で 世 界 一 周 新 婚 旅 行 に 出 か け 、 そ の ま ま プ ロ の 書 き 手 と な っ た 吉 田 友 和 さ ん 。 世 代 は 違 え ど 共 通 点 の 多 い 二 人 が 、 作 家 の 視 点 か ら 旅 を 語 っ た 構 成 ・ 日 吉 久 代 Hiyoshi Hisayo photographs ト ) , Kudö Ryütarö 果 の 界 世 し

小説トリッパー 2014年春季号


る 人 々 も い る と い う こ と な の か も し れ な い 。 だ と し た ら 、 私 は 自 然 の こ と な の か も し れ な い わ ね . そ れ を 選 ん だ 女 性 た ち に も 会 っ て み た い と 思 っ た 。 森 の 開 拓 を は じ め て か ら 三 十 数 年 、 彼 女 も ま た ま っ た く 違 っ 友 人 が 私 の 胸 中 を 読 ん で 言 っ た 。 た 環 境 で 生 き る た め に 様 々 な も の を 捨 て て き た か ら こ そ 、 若 い 「 じ ゃ あ 、 明 日 行 っ て み ま し よ う か 」 女 性 の 気 持 ち が わ か る の か も し れ な い 。 私 は う な ず い て 言 っ た 。 や は り 話 が 早 い 。 私 は 話 を 聞 か せ て も ら っ た お 礼 と し て 、 ム ・ 「 長 女 さ ん 一 人 が リ ン グ を つ け て い る と 言 っ て い ま し た ね 。 彼 サ ン に 赤 子 を 背 中 に 巻 き つ け る ア フ ガ ン を 一 枚 売 っ て く れ な い か と 尋 ね た 。 市 場 へ 卸 し て い る の な ら 、 直 接 買 っ て あ げ た い と 女 は 何 を し て い る ん で す か 」 「 彼 女 は 夫 や 子 供 と と も に 中 国 へ 行 っ て い る わ 。 一 年 ぐ ら い 前 思 っ た の だ 。 二 万 チ ャ ッ ト ( 約 二 千 円 ) だ と い う 。 か ら 」 私 は 財 布 か ら 二 万 チ ャ ッ ト を 抜 き 取 っ て 渡 し た 。 ム ・ サ ン は 「 中 国 ? 満 面 の 笑 み を 浮 か べ る と 、 お 札 を 首 の リ ン グ の 中 に そ っ と 差 し 「 そ う 。 中 国 の ど こ か 知 ら な い け ど 、 観 光 客 が 集 ま る 町 が あ る 込 ん だ 。 彼 女 は 驚 く 私 に 言 っ た 。 「 大 切 な お 金 は こ こ に 隠 す こ と に し て い る の 。 安 心 だ か ら ね 」 み た い 。 中 国 人 の 業 者 が や っ て き て 、 時 々 村 に 暮 ら す リ ン グ を 昔 の 日 本 人 が 腹 巻 に お 金 を し の ば せ た の と 同 じ よ う な 感 覚 な は め た 女 性 を 連 れ て 行 っ て く れ る の 。 何 年 か 働 い て お 金 を も ら っ の か も し れ な い て 帰 っ て く る 」 タ イ の よ う に 伝 統 を 見 世 物 に し て 成 り 立 っ て い る 村 が あ る と い う こ と な の か 。 「 中 国 で 娘 さ ん は ど う い う 暮 ら し を し て い る ん で す か 。 と 私 は 伝 統 を 売 っ て 尋 ね た 。 「 わ た し は 行 っ た こ と が な い か ら わ か ら な い わ 。 別 の 村 に 中 国 へ の 出 稼 ぎ か ら 帰 っ て き た 女 性 が い る か ら 訊 い て み れ ば わ か る コ ン タ オ 村 は 、 サ ン プ ン 村 か ら さ ら に 一 時 間 以 上 離 れ た デ モ ー ソ ー と い 、 つ 町 の 近 く に あ る と い 、 つ こ と だ っ た 。 ト ウ ク ト ウ ク の ん じ ゃ な い か し ら 」 運 転 手 の 親 戚 が 村 で 店 を 経 営 し て い る ら し く 、 私 た ち は 泥 だ ら 「 そ の 人 た ち は ど こ の 村 に い る ん で す か ー け の 足 を 洗 っ て か ら 、 ま ず は そ こ を 訪 れ て み る こ と に し た 。 「 コ ン タ オ 村 よ 。 あ そ こ は わ た し た ち と 違 っ て パ ン ペ イ 村 か ら 移 り 住 ん だ 人 た ち が 多 く 住 ん で い る わ 」 村 は 森 に 囲 ま れ て は い る も の の 舗 装 さ れ た 道 沿 い に あ っ て 、 三 百 軒 以 上 が 集 ま る ほ ど の 大 き さ で 、 カ ヤ ン 族 以 外 に も 様 々 な こ こ サ ン プ ン 村 の カ ヤ ン 族 は 新 し い 時 代 の 流 れ に 乗 る こ と で 存 続 を 果 た し た が 、 一 方 で 守 り 抜 い た 伝 統 を 売 り 物 に し て 生 き 民 族 が 暮 ら し て い た 。 そ も そ も ミ ャ ン マ ー に は 百 三 十 を 超 え る 石 井 光 太 38

小説トリッパー 2014年春季号


ー 儒 者 一 人 う え は ら よ い ち が い た 。 三 人 扶 持 、 十 八 石 の 上 原 与 市 だ っ た 。 十 九 わ ら じ 与 市 は 笠 を か ぶ り 、 羽 織 袴 姿 で 手 甲 脚 絆 に 草 鞋 履 き の 旅 姿 で 、 か ち 小 宮 四 郎 左 衛 門 の 騎 馬 に 徒 歩 で 従 っ て い た 。 思 い 通 り に 事 態 が 小 倉 城 下 に 風 が 渦 巻 い て い た 。 い ず も 進 み 、 家 老 の 小 笠 原 出 雲 に 一 杯 食 わ せ た 与 市 は 、 得 意 満 面 だ っ し ま に も 城 下 で 合 戦 が 始 ま る の で は な い 町 屋 の ひ と び と は 、 、 か と 恐 れ た 。 こ の こ ろ の 記 録 に 、 与 市 た ち の 傍 ら を 騎 馬 が あ わ た だ し く 通 っ て い く 。 城 中 か ら ー 希 代 の 大 変 と あ る 。 立 ち 退 い た 者 が 家 老 で あ っ た 、 四 郎 左 衛 門 た ち の 意 図 を 問 い 質 す 使 者 が 早 馬 で 追 い す が っ て き た の だ 。 小 宮 四 郎 左 衛 門 千 石 四 郎 左 衛 門 は 使 者 た ち に 、 伊 藤 六 郎 兵 衛 千 石 お が さ わ ら く ら ん ど 「 思 う と こ ろ が あ っ て 、 城 下 を 立 ち 退 き 申 し た 」 小 笠 原 蔵 人 千 五 百 石 か ん え も ん と 答 え る だ け で 、 一 行 の 足 を 止 め よ う と は し な か っ た 。 使 者 一 一 木 勘 右 衛 門 千 五 百 石 た ち は 四 郎 左 衛 門 に 従 う 者 た ち の 敵 意 の 籠 っ た 目 に さ ら さ れ 、 の 四 人 。 さ ら に 用 人 の 、 き か く 蒼 白 に な り な が ら 城 へ と 戻 っ て い っ た 。 小 笠 原 鬼 角 三 百 石 そ の 様 を 見 な が ら 、 与 市 は 傍 ら の 鬼 角 に 、 伊 藤 勘 解 由 三 百 五 十 石 ば ん が し ら が い た こ と が ひ と び と を 驚 か せ た 。 さ ら に 番 頭 八 人 、 大 目 付 「 城 に 籠 り し 者 ど も は 、 わ れ ら が 大 挙 し て 出 国 す る と 知 っ て さ お お ま か な い 二 人 、 側 役 一 一 人 、 寺 社 奉 行 一 一 人 、 大 賄 一 人 、 勘 定 奉 行 一 一 人 、 宗 ぞ や 仰 天 し て お り ま し よ う な 」 と 笑 っ て 話 し か け た 。 鬼 角 は 蔑 む よ う に 片 頬 を ゆ る め た 。 旨 奉 行 一 人 、 旗 奉 行 二 人 、 船 奉 行 一 人 、 物 頭 二 人 、 使 番 二 人 、 「 ご 家 老 は さ ほ ど に 甘 く は な い 。 い ま ご ろ は 、 お の れ に 逆 ら う 馬 廻 り 三 十 六 人 、 小 姓 組 五 人 、 書 院 番 二 人 な ど 、 藩 の 重 職 に あ る 者 た ち が こ ぞ っ て 加 わ っ た の だ 。 身 分 の あ る 藩 士 は 八 十 人 を 者 を 一 挙 に 葬 ろ う と 知 恵 を 絞 っ て お ろ う 」 「 い か に 策 を 練 ろ う と 、 家 中 の 半 分 が 国 を 出 る か ら に は 、 失 政 超 え て い た 。 そ の 供 回 り を 加 え る と 三 百 六 十 人 近 か っ た 。 A 」 カ は 明 ら か で ご ざ い ま す 。 幕 府 よ り の お 咎 め も 必 定 で ご ざ れ ば 、 ま ぎ れ も な く 小 倉 藩 に と っ て 最 大 の 事 件 だ っ た 。 も は や わ れ ら の 勝 ち で ご ざ る 」 小 宮 四 郎 左 衛 門 ら 重 臣 が 騎 馬 で 城 下 を 立 ち 去 る 姿 は 、 あ た か 「 さ て な 、 勝 負 は こ れ か ら だ ろ う 」 も 戦 国 の 世 を 思 わ せ る よ う に 、 も の も の し く 、 遅 れ ま い と 馳 せ 厳 し い 表 情 を 崩 さ ず に 言 っ た 鬼 角 は 、 ふ と 、 参 じ る 藩 士 た ち が 列 を な し 、 砂 塵 が 舞 い 上 が る ほ ど だ っ た 。 「 そ う 言 え ば 、 あ の 男 は ど う す る で あ ろ う か な 」 一 行 の 中 に は 、 ひ つ じ よ う 77 風 花 帖

小説トリッパー 2014年春季号


赤 坂 英 人 ◎ 年 生 ま れ 。 美 術 評 論 家 。 企 伯 』 で 直 木 賞 受 賞 。 著 書 に 『 蒼 き 信 長 』 画 、 構 成 し た 本 に 『 昼 の 学 校 夜 の 学 校 』 、 『 レ オ ン 氏 郷 』 『 五 峰 の 鷹 』 ほ か 。 小 熊 英 ニ ◎ 年 生 ま れ 。 歴 史 社 会 学 者 、 監 督 映 像 作 品 に 『 森 山 大 道 in paris カ ル 慶 応 義 塾 大 学 教 授 。 年 『 単 一 民 族 神 話 テ ィ エ フ ァ ウ ン デ 1 シ ョ ン に て 』 。 石 井 光 太 ◎ 行 年 生 ま れ 。 作 家 。 著 書 に 『 物 乞 の 起 源 』 で サ ン ト リ 1 学 芸 賞 、 年 『 〈 民 う 仏 陀 』 『 飢 餓 浄 土 』 『 遺 体 ー 震 災 、 津 波 主 〉 と 〈 愛 国 〉 』 で 毎 日 出 版 文 化 賞 、 大 佛 あ さ の あ っ こ ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 の 果 て に 』 『 東 京 千 夜 』 『 世 界 の 美 し さ を ひ 次 郎 論 壇 賞 、 川 年 『 1968 』 ( 上 下 ) で 『 バ ッ テ リ ー 』 で 野 間 児 童 文 芸 賞 、 Ⅱ 年 と つ で も 多 く 見 つ け た い 』 『 蛍 の 森 』 ほ か 。 角 川 財 団 学 芸 賞 、 年 『 社 会 を 変 え る に 『 た ま ゆ ら 』 で 島 清 恋 愛 文 学 賞 受 賞 。 著 書 は 』 で 新 書 大 賞 受 賞 。 に 『 ガ ー ル ズ ・ プ ル 1 』 『 花 宴 』 『 花 や 咲 内 田 洋 子 ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 Ⅱ 年 『 ジ 1 く 咲 く 』 『 さ い と う 市 立 さ い と う 高 校 野 球 ノ の 家 イ タ リ ア 川 景 』 で 日 本 エ ッ セ イ 木 村 草 太 ◎ 年 生 ま れ 。 憲 法 学 者 、 首 都 部 』 ほ か 。 ス ト ・ ク ラ ブ 賞 、 講 談 社 ェ ッ セ イ 賞 受 賞 。 大 学 東 京 准 教 授 。 著 書 に 『 平 等 な き 平 等 著 書 に 『 イ タ リ ア の 引 き 出 し 』 『 カ テ リ 1 条 項 論 』 『 憲 法 の 急 所 』 『 キ ョ ミ ズ 准 教 授 麻 生 幾 ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 、 ジ ャ ー ナ リ ナ の 旅 支 度 』 『 皿 の 中 に 、 イ タ リ ア 』 ほ か 。 の 法 学 入 門 』 『 憲 法 の 創 造 カ 』 ほ か 。 ス ト 。 著 書 に 『 宣 戦 布 告 』 『 戦 慄 』 『 0 』 『 外 事 警 察 】 ジ ャ ス ミ ン 』 ほ 大 沢 在 昌 ◎ 浦 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 新 下 川 裕 治 ◎ 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 南 宿 鮫 無 間 人 形 』 で 直 木 賞 、 g 年 「 パ ン の 島 の 甲 子 園 』 で ミ ズ ノ ス ポ 1 ッ ラ イ タ ー ド ラ ア イ ラ ン ド 』 で 柴 田 錬 三 郎 賞 受 賞 。 賞 受 賞 。 著 書 に 『 万 円 で 世 界 を 歩 く 』 安 部 龍 太 郎 ◎ 浦 年 生 ま れ 。 作 家 。 年 『 天 著 書 に 『 鮫 島 の 貌 新 宿 鮫 短 編 集 』 「 海 と 『 週 末 台 湾 で ち ょ っ と 一 息 』 『 週 末 ベ ト ナ 馬 、 翔 け る 』 で 中 山 義 秀 文 学 賞 、 年 『 等 月 の 迷 路 』 ほ か 。 ム で ち ょ っ と 一 服 』 ほ か 。 執 筆 者 紹 介

小説トリッパー 2014年春季号


前 近 代 か ら 脱 し た 「 近 代 小 説 」 が ま だ ろ く に 存 在 し て い な い 明 侠 三 分 な り 。 粋 は 遊 廓 内 の 大 菩 薩 な り し 。 、 、 こ し へ よ り 元 禄 派 の 文 な に け ん り 治 二 十 年 代 の 前 半 に 、 尾 崎 紅 葉 は 「 新 し い 時 代 に 即 応 し た 作 品 」 士 の 本 尊 仏 は 則 ち 是 な り 、 侠 も 亦 た 遊 廓 内 に 何 権 理 と か 名 の 付 く を 書 か な け れ ば な ら な い と 思 っ て い て 、 自 分 の 書 く 『 伽 羅 枕 』 を 可 き 者 な り 。 》 ( 『 伽 羅 枕 及 び 新 葉 末 集 』 ) 「 こ ん な も の ち っ と も 新 し く な い 」 と 思 っ て い る 。 し か し 、 そ 、 つ は 《 勇 武 の 士 気 漸 く 袞 へ 、 儒 道 は 僅 に 一 流 の 人 心 を 抑 へ 、 滔 々 た る 思 っ て い て も 「 私 は こ う い う も の だ っ て 書 け ち ま う し ね 」 だ し 、 遊 蕩 の 気 風 世 に 流 る 、 に 当 っ て 粋 様 な る 文 学 上 の 理 想 世 に 出 で た 「 今 の 時 代 に 出 さ な く た っ て い い も の だ け ど 、 面 白 い か ら い い じ ゃ り 、 ( 中 略 ) 然 れ ど も 粋 様 と 相 照 応 し て 共 に 威 光 を 輝 か し た る 者 こ さ か ん け だ ね 工 か , く ら い の こ と は 思 っ て い る 。 『 伽 羅 枕 』 に 実 在 の モ デ ル が そ あ れ 、 そ を 何 と 言 ふ に 其 頃 盛 な り し 侠 客 道 な り 。 盖 し 粋 は 愛 情 あ る の な ら 、 そ の 時 代 背 景 は 精 々 幕 末 で 、 こ の 作 品 が 《 我 が 文 学 の 公 然 な ら ぬ よ り 其 障 子 外 に 発 生 せ し も の 、 侠 は 武 士 道 の 軟 弱 に を し て 再 び 元 禄 の 昔 に 返 ら し む る 》 か ど う か は 分 か ら な い 。 小 説 な り し よ り 其 屏 風 外 に 発 達 せ し も の 、 此 二 者 物 異 な れ ど も 其 原 因 作 品 と い う も の は 、 評 論 家 の 思 い 込 み に よ っ て 出 来 上 が る も の で は 同 様 に し て 姉 と 弟 と の 関 係 あ り 。 》 ( 『 粋 を 論 じ て 伽 羅 枕 に 及 ぶ 』 ) は な い の だ 。 「 恋 愛 の 自 由 が 公 然 と な ら な か っ た 江 戸 時 代 だ か ら 、 遊 廓 と い う 八 い た っ て 浪 漫 主 義 的 な 《 侠 》 狭 い 世 界 の 中 で 《 粋 》 は 発 達 し た 。 武 士 道 が 軟 弱 に な っ た か ら 《 侠 》 は 発 達 し た 」 と 北 村 透 谷 は 一 一 一 口 う 。 《 粋 》 と 《 侠 》 が 《 姉 と 弟 と の 関 先 に 私 は 、 北 村 透 谷 の 『 徳 川 氏 時 代 の 平 民 的 理 想 』 に 対 し て 「 言 係 》 か ど う か は 知 ら な い が 、 「 江 戸 時 代 に へ ん な 風 に 発 達 し た の が い た い こ と は 分 か ら な い わ け で も な い が 、 手 を 広 げ す ぎ て な に を 《 粋 》 と 《 侠 》 だ 」 と 透 谷 の 言 う そ の こ と は 確 か だ ろ う 。 言 っ て い る の か 分 か ら な く な っ た 難 儀 な 論 ー と 言 っ た 。 尾 崎 紅 葉 《 侠 》 を 訓 で 読 む と 「 お と こ ぎ 」 で 「 お と こ だ て 」 で あ る 。 「 侠 客 」 お と こ ぎ や 幸 田 露 伴 の 作 に 誘 発 さ れ た 北 村 透 谷 は 、 《 わ が 徳 川 時 代 平 民 の 理 と は 「 侠 の 人 ー で 、 「 強 き を 挫 き 弱 き を 助 け る 」 と い う 仁 侠 の 精 神 わ が く に で 生 き る 人 ー ・ 後 に な っ て は 、 博 徒 で ヤ ク ザ で 渡 世 人 で あ る 。 話 想 を 査 察 せ ん と す る は 我 邦 の 生 命 を 知 ら ん と の 切 望 あ れ ば な り 。 》 と し て 『 徳 川 氏 時 代 の 平 民 的 理 想 』 を 書 い た は ず な の だ が 、 《 我 邦 は あ ま り に も 唐 突 で 、 「 な ん で こ こ に ヤ ク ザ が 出 て 来 る ん だ ? ー と の 生 命 》 が ど ん な も の で 、 そ の 結 果 、 日 本 の 現 在 が ど う な っ て い は 思 う が 、 北 村 透 谷 が 《 粋 》 に 噛 み つ く 明 治 一 一 十 五 年 の 頃 は 侠 客 る の か は な ん だ か 分 か ら な い 。 分 か ら な い の は 北 村 透 谷 が 、 こ こ 論 プ 1 ム で も あ っ た ら し い 。 『 女 学 雑 誌 』 の 編 集 長 に も な り 、 後 に に 《 侠 》 と い う も の を 持 ち 出 し て 来 る か ら で あ る 。 は 北 村 透 谷 等 と 共 に 『 文 学 界 』 発 行 の 同 人 と な っ て こ の 雑 誌 を 経 ほ し の て ん ち 『 徳 川 氏 時 代 の 平 民 的 理 想 』 の 以 前 、 『 伽 羅 枕 及 び 新 葉 末 集 』 や 営 面 で 支 え た 星 野 天 知 は 、 北 村 透 谷 が 三 人 女 』 を 発 表 し た の と 同 じ 号 の 『 女 学 雑 誌 』 に 夜 客 論 』 を 発 表 し 、 翌 年 に な る と 友 人 「 粋 を 論 じ て 伽 羅 枕 に 及 ぶ 』 の 中 に も 、 《 侠 》 の 語 は 登 場 す る 北 村 透 谷 か ら 『 人 生 に 相 渉 る と は 何 の 謂 ぞ 』 と 喧 嘩 を 売 ら れ る 山 《 理 想 の 女 豪 な る 佐 太 夫 は 如 何 な る 特 美 を か 有 す る 。 日 く 粋 七 分 路 愛 山 も 、 四 月 の 国 民 新 聞 に 『 游 侠 を 論 ず 』 の 一 文 を 発 表 し て い と く び 橋 本 治 446