検索 - みる会図書館

検索対象: 影の中の都

影の中の都から 306件ヒットしました。

影の中の都


青 春 を 考 え る ヴ ィ ヴ ィ ッ ド な 文 庫 人 知 ら ず の 森 の ル ー ナ 広 大 な 、 、 人 知 ら ず の 森 ″ に 孤 独 に 暮 ら す 少 女 ・ ル ー ナ 。 あ る 日 幽 霊 の 騎 士 が 現 れ 、 あ る 手 助 け を 求 め ら れ る が 。 り つ い た ル ー ナ と グ ー リ ア ス 。 完 結 編 ! 世 界 の 果 て へ の 手 始 め く 楽 園 〉 の 島 に 辿 が 捜 索 を 拒 ん で る 間 に 、 姉 に 魔 の 手 が ・ ・ ・ ソ レ イ ユ が 夫 を 殺 害 、 失 踪 し た 。 ル ー ナ 世 界 の 果 て の 城 青 き 妖 魔 の 玩 具 り の 標 的 に さ れ 、 聖 女 ソ レ イ ユ と 対 面 す る 。 仲 間 と と も に 暮 ら し 始 め た ル ー ナ は 魔 女 狩 聖 女 ソ レ イ ユ

影の中の都


ゆ う き ・ り ん 1967 年 1 月 5 日 、 東 京 都 生 ま れ 。 山 羊 座 、 A B 型 。 「 夜 の 家 の 魔 女 」 で 、 第 19 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 受 賞 。 著 書 は 、 コ バ ル ト 文 庫 に 「 人 知 ら ず の 森 の ル ー ナ 」 「 鉛 姫 」 「 聖 女 ソ レ イ ユ 」 「 氷 の 王 」 「 狩 人 姫 」 「 青 き 妖 魔 の 玩 具 」 「 蒸 気 人 形 と ロ ン ド ン の 怪 」 「 世 界 の 果 て の 城 」 な ど が あ る 。 好 き な 作 家 は 、 タ ニ ス ・ リ ー 、 ジ ョ イ ン ・ ヨ ー レ ン 、 ジ ュ ー ル ・ ヴ ェ ル ヌ 等 。 最 近 、 海 外 の TV ゲ ー ム に 手 を 出 し 、 英 語 の 辞 書 を 片 手 に T V に 向 か っ て い る 。 フ ァ ン タ ジ ー の 世 界 を こ よ な 影 の 中 の 都 く 愛 し て い る 。 COBA LT-SE RIES 1995 年 10 月 10 日 ◎ RIN YÜKI 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す ゆ う き り ん 若 菜 正 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 50 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 1995 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 美 松 堂 Printed in Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 落 丁 ・ 乱 丁 の 本 は ご 面 倒 で も 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 I S B N 4 - 0 8 -6141 2 1 ー 3 C 01 9 5

影の中の都


庫 発 妖 魔 の 呪 い を 解 け ! 孤 独 と 勇 気 と 愛 の 少 女 ル ー ナ の 迫 力 冒 険 史 ! 〈 人 知 ら ず の 森 の ル ー ナ 〉 シ リ ー ズ ゅ う き り ん の 本 ア ド ベ ン チ ャ 。 ー - ・ フ ァ ン タ ジ ー イ ラ ス ト / 沖 麻 実 也

影の中の都


青 春 を 考 え る ヴ ィ ヴ ィ ッ ド な 文 庫 姫 蓐 王 姫 。 の 人 鉛 4 氷 ( な ま り ひ め ) 0 0 0 年 ア 有 一 た 森 で 狩 人 を し て 暮 ら す 少 女 工 リ ス は 、 飢 え の た め 父 母 の 形 見 の 指 輪 と 髪 飾 り を 売 り 払 う 。 そ れ を 見 た 貴 族 ジ ー ク は 彼 女 こ そ 王 家 の 娘 と 知 っ て ・ ・ ・ 0

影の中の都


132 こ こ に 招 か れ た の は 、 実 力 が あ り な が ら 、 い ず れ も 《 外 》 の 世 界 で は 、 様 々 な 要 因 に よ っ て い し あ た ま は っ き そ れ を 発 揮 す る こ と が 出 来 な い 人 た ち で あ る ら し い 。 経 済 的 な こ と 、 家 族 の 無 理 解 、 古 い 石 頭 ば う が い の 先 人 た ち の 妨 害 : : : 等 々 。 「 陛 下 は 彼 ら を 、 そ れ ら の し が ら み か ら 解 放 す べ く 、 こ こ を お 造 り に な ら れ た の で す 」 「 な ん の た め に ? 」 「 陛 下 は 芸 術 を 愛 し て お ら れ る 。 才 能 を む ざ む ざ 腐 ら せ る の は 罪 だ と 。 芸 術 家 の 義 務 に つ い て は お 聞 き に な ら れ ま し た ね ? そ の 義 務 を 果 た さ せ る た め で す 「 : : : 自 分 の た め に 、 芸 術 家 を 集 め て い る わ け で す ね 」 「 そ れ は 違 う 」 び し や り と ゴ ー は 言 っ た 。 「 そ れ な ら ば 、 い ま 現 在 い る 芸 術 家 た ち を 連 れ て く れ ま 、 、 。 し か し 、 彼 ら も や が て 死 ぬ 。 そ の 後 の こ と を 陛 下 は 考 え て お ら れ る の で す よ 」 む め い 「 こ の 街 の 者 た ち の ほ と ん ど は 無 名 で す 。 本 物 に な る か ど う か も わ か ら な い 。 だ が 、 皆 、 才 能 は あ る 。 王 が 見 抜 か れ た も の た ち で す 。 技 術 は っ た な く と も 、 才 能 が 、 感 性 が あ る 。 ー ー 無 論 、 あ な た に も 」 な に や ら む ず が ゆ か っ た 。 才 能 が あ る な ど と 言 わ れ る の は 。 ′ 」 う い 「 で 、 で は 、 街 の 人 達 は 、 み な 合 意 の 上 で こ こ に い る の で す か ? 」 「 そ う で す 」 く さ

影の中の都


114 青 く 、 高 い 空 が そ こ に は あ っ た の だ 。 雲 が た ゆ た い 、 鳥 か 飛 ぶ 。 こ れ の ど こ が 地 底 だ と 言 う の ? こ ん な 地 の 底 が あ る も の で す か ー だ が 、 リ リ ア は ふ と 、 前 に 図 書 館 で 読 ん だ あ る 学 説 を 思 い 出 し た 。 地 球 空 洞 説 。 実 は 地 球 の 中 は 空 洞 で 、 中 に は も う 一 つ の 世 界 が あ る と い う も の で あ る 。 地 球 の 中 心 が 空 で 、 天 地 逆 の 世 界 が あ る と い う の だ 。 ば か ・ は か し い リ リ ア は 苦 笑 し た ・ ー ・ ー そ ん な 事 あ る わ け な い わ 。 だ っ て 、 も し そ れ が 本 当 だ と し た ら 、 地 下 鉄 を 作 っ た と き に 、 わ か り そ う な も の で す も の 。 そ ろ 目 を 転 じ る と 、 空 の 果 て に は 崖 が 見 え た 。 頂 点 は ナ イ フ で 切 っ た よ う に 揃 え ら れ て い て 、 平 ら で あ る 。 高 い 。 と に か く 高 い 。 家 の 高 さ の 何 十 倍 と あ る 。 イ ギ リ ス と は 思 え な か っ た 。 い や 、 事 実 、 こ こ は イ ギ リ ス で は な い の か も 知 れ な い 。 馬 車 で 気 を 失 っ て 、 ど の く ら い た っ て い る の か 、 わ か ら な い の だ か ら 。 本 当 は 、 海 を 渡 り 、 ヨ ー ロ ッ パ 大 陸 の ど こ か に 連 れ て こ ら れ た の か も 知 れ な い 。 大 陸 に は ま だ ま だ 人 知 れ ぬ 場 所 が い ろ い ろ と あ る と 聞 く 。 : ・ あ あ 、 で も 、 そ う す る と イ ン グ マ ン さ ん が イ ー ス ト エ ン ド の 下 水 に 出 た と い う の は お か し く な っ て し ま う わ 。 そ れ に 、 怪 人 は こ こ を 『 ロ ン ド ン の 影 』 と い っ て い た 。 こ れ は ど う い う 意 味 な の か し ら ? が け

影の中の都


200 外 は ま だ 、 コ ー ト な し で は 少 し 寒 し も は や 夜 で あ り 、 頼 み は ゴ ー の 持 っ ラ ン 。 フ ひ と つ で あ っ た の で 、 な る べ く 彼 か ら 離 れ な い よ う に 歩 い た 。 「 こ ん な 所 に 別 館 が あ る の ? 」 る 屋 の こ と な の だ ろ う か 。 そ れ な ら 森 の 中 見 え る の は 、 木 ば か り で あ る 。 別 館 と い う の は 、 、 に あ っ て も 、 屋 敷 か ら は 見 え な い 。 や が て 、 闇 の 中 か ら 小 さ な 建 物 が 姿 を 現 し た 。 だ が 、 そ れ は と う て い 人 が 住 め る よ う な 大 き さ で は な い 。 べ ッ ド ひ と っ す ら 入 ら な い で あ ろ う 、 物 置 で あ っ た 。 不 審 が る リ リ ア を 余 所 に 、 ゴ ー は た め ら い も な く 近 づ く と 、 二 重 の 木 の 扉 を 開 け 、 中 の 明 か り を 点 け た 。 ラ ン プ で も ガ ス 灯 で も な い 。 電 灯 で あ る 。 「 さ あ 、 ど う そ 」 う な が ゴ ー は 中 へ 入 る よ う に 、 と 促 し た 。 小 屋 の 中 は か ら っ ぽ で あ る 。 エ レ ベ ー タ ー 「 昇 降 機 で す よ ー と ゴ ー は 言 っ た 。 「 御 存 知 で し よ う ? こ 昇 降 機 の こ と な ら 、 リ リ ア も 知 っ て い た 。 今 年 の 三 月 に 完 成 が 予 定 さ れ て い る 、 フ ラ ン ス は リ の エ ッ フ = ル 塔 に 取 り 付 け ら れ る は ず の 機 械 だ 。 多 く の 人 を 一 度 に 高 い と こ ろ へ 運 ぶ こ と ふ し ん

影の中の都


た の だ 。 第 澱 に れ 、 家 の こ と も 、 遺 骨 の こ と も 忘 れ 、 そ れ ど こ ろ か 、 抱 い て い た 夢 す ら 忘 れ て い た 自 分 に 。 し さ っ げ き ハ ッ シ ュ の 語 っ た 話 に 、 衝 撃 を 受 け た こ と も あ る 。 だ が 、 ス テ ィ ー マ と の こ の 一 か 月 を 思 う と 、 彼 が 世 界 を 溿 ほ そ う と し て い る な ど と い う の は 、 や は り 信 じ ら れ な か っ た 。 芸 術 に 対 す る 彼 の 言 葉 が 嘘 で あ る と は 、 思 え な か っ た の だ 。 さ り と て 、 男 の 話 が ま っ た く 嘘 と も 思 え な い 。 彼 が 知 っ て い た こ と は 、 リ リ ア の 知 る 事 実 と ふ ご う 符 合 し て い て 、 真 実 味 が あ っ た 。 リ リ ア の 出 し た 結 論 は 、 こ の 男 に も う 一 度 会 い 、 自 分 の 目 で 真 実 を 確 か め る こ と だ っ た 。 い つ も そ う し て ぎ た 。 そ し て 、 こ れ か ら も そ う し て い く 。 わ な 愚 か し い か も 知 れ な い 。 何 か の 罠 か も 。 王 の 言 葉 が 、 こ こ へ 来 る 途 中 、 何 度 も 思 い 返 さ れ た 。 過 き た 好 奇 心 は 、 身 を 溿 ほ す 。 そ な の 一 応 の 備 え は し て お い た 。 の 手 紙 を 残 し て き た の で あ る 。 ハ ッ シ 、 と い う 男 に 会 う 、 と 。 恐 ろ し い 秘 密 を 知 っ て い る と 彼 が 言 っ て い る か ら 、 と 。 そ れ を 確 か め に 行 く 、 と 。 そ の 手 紙 は 、 食 事 の 時 間 ま で に 戻 ら な け れ ば 、 メ イ ド が 見 つ け て く れ る は ず だ っ た 。

影の中の都


の 管 理 者 が 愚 痴 を こ ・ ほ し て お り ま し た 。 空 の 樽 を ひ と つ 、 馬 車 に 載 せ て し ま っ た ら し い 、 と の こ と で す 」 う な ひ し っ し 「 な る ほ ど : : : 」 ス テ ィ ー マ は 唸 っ た 。 そ の 拍 子 に 、 鉄 の 腕 か ら 蒸 気 が 吹 き だ し 、 霧 が 渦 を 巻 い た 。 「 外 か 」 「 私 も そ う 思 い ま す 。 し か し 問 題 は 、 何 の た め に 外 へ 行 っ た の か 、 と い う こ と で す が : : : や は り 、 逃 げ だ そ う と し た の で し よ う か ? こ 「 そ れ は 、 本 人 に 訊 く し か あ る ま い 」 言 っ て 、 ス テ ィ ー マ は 立 ち 上 が っ た 。 マ ン ト が 椅 子 の 肘 掛 け か ら 滑 り 落 ち 、 ば さ り と 音 を 立 て る 。 「 ゴ ー 、 《 通 路 八 》 を 使 う 」 「 は 。 で は 用 意 い た し ま す 」 ゴ ー は 壁 に う め こ ま れ た 伝 颪 に 通 路 の 使 用 を 告 げ る と 、 一 足 先 に 部 屋 を 出 て 行 0 た 。 そ っ き ん 《 通 路 八 》 と は 、 屋 敷 と 外 を 直 接 繋 ぐ 、 王 専 用 の 隠 し 通 路 の こ と で あ る 。 そ の 存 在 は 、 側 近 の わ ず の 内 の 、 僅 か な 者 に し か 知 ら れ て い な い 。 の 古 い 城 な ど に あ る 脱 出 の 為 の も の と 同 じ よ う な 造 り で は あ る が 、 目 的 は 大 き く 異 な る 。 屋 敷 の こ れ は 、 王 が 迅 速 に 、 求 め に 応 じ て 移 動 す る た め の も の な の で あ る 。 ど こ か ら と も な い ぎ よ う ど く さ い と う ち ふ か け っ く 現 れ る 王 の 異 形 は 、 人 々 に 畏 怖 の 念 を 与 え る 。 そ れ は 独 裁 の 統 治 に は 不 可 欠 な の だ 。 じ ん そ く ひ じ

影の中の都


112 半 分 ほ ど 取 れ か か っ た 覆 い を 開 く と 、 昨 夜 は 見 え な か っ た 部 屋 の 全 て を 見 る こ と が 出 来 た 。 の 部 屋 が 四 つ は 入 り こ こ 一 部 屋 だ け で 、 バ ス 、 ト イ レ 、 キ ッ チ ン 付 き の 、 リ リ ア の ア パ ー ト そ う だ っ た 。 し か も 、 装 飾 は ま る で 城 の 一 室 を 思 わ せ 、 壁 に は 美 し い 絵 、 部 屋 の 隅 に は 動 き 出 し そ う な 彫 刻 な ど が 飾 ら れ て い る 。 壁 の ラ ン プ シ ェ ー ド は 咲 き か け の 花 の つ ・ ほ み の よ う で 、 火 は 消 え て い た 。 だ ん ろ 暖 炉 が な い の に も か か わ ら ず 、 部 屋 は 寒 く は な い 。 土 の 中 だ か ら だ ろ う か ? 冬 眠 す る 動 物 が 本 能 で 選 ぶ の だ か ら 、 そ う な の か も 知 れ な い 。 か ば ん べ ッ ド か ら さ ほ ど 遠 く な い 場 所 に 置 か れ た テ ー 。 フ ル の 上 に 、 彼 女 は 自 分 の 鞄 を 見 つ け た 。 中 を あ ら た め る と 、 い ず れ も 人 の 手 が 触 れ た 玖 が あ る 。 ほ と ん ど の も の は あ っ た が 、 た だ 、 一 つ 、 拳 銃 だ け は な く な っ て い た 。 あ の 怪 人 だ わ : : : 。 あ の 人 は 、 こ こ に 座 っ て い た ん だ わ 。 リ リ ア は 昨 夜 の 事 を 思 い 出 し た が 、 鳥 の 頭 蓋 の よ う な の ご と き 仮 面 よ り も 、 な せ か 、 ホ ル せ ん れ つ ス の 目 の 奥 の 、 濡 れ た 宝 石 の ご と き 緑 の 瞳 が 、 鮮 烈 な ま で に 思 い 起 こ さ れ た 。 知 ら ず 、 頬 に 手 が い っ た 。 そ こ は ゆ う べ 、 冷 た い 鉄 の 手 が 、 な そ る よ う に 触 れ た 場 所 で あ る 。 ひ ん や り と し た 感 じ が 、 残 っ て い る よ う な 気 が し た 。 そ う し よ く お お