検索 - みる会図書館

検索対象: リストカット : 自傷行為をのりこえる

リストカット : 自傷行為をのりこえるから 187件ヒットしました。

リストカット : 自傷行為をのりこえる


適 切 で 迅 速 な 対 応 の た め に 自 傷 行 為 が 発 生 す る と 、 自 傷 者 の 家 族 や 学 校 な ど の 現 場 の 関 係 者 に は 、 そ れ に 対 し て な ん ら か の 対 応 を す る こ と が 求 め ら れ る 。 し か し 自 傷 行 為 へ の 適 切 な 対 策 を 迅 速 に 実 施 す る こ と は 、 一 般 に 容 易 て は な い 。 自 傷 行 為 の 現 場 て は す て に 混 乱 が 生 じ て い る の が 通 例 て あ る し 、 対 応 者 は 危 険 な 状 態 に あ る 自 傷 者 の サ ポ ー ト 、 他 の 人 々 へ の そ の 影 響 を 食 い 止 め る こ と と い っ た さ ま ざ ま な 課 題 に 取 り 組 ま な く て は な ら な い か ら て あ る 。 本 章 以 降 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 ・ 治 療 の 方 法 を 呈 示 し て ゆ く こ こ て は 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 を 、 援 助 の ス タ ン ス を 保 つ こ と 、 自 傷 行 為 を 理 解 す る こ と 、 自 傷 者 を 支 え る こ と 、 周 囲 の 人 々 へ の 対 応 、 対 応 に あ た っ て 注 意 す る べ き 事 項 と い う 偵 」 午 、 て ノ - ん る こ と に し こ い 。 援 助 の ス タ ン ス 自 傷 行 為 へ の 対 応 の 前 提 と な る の は 、 自 傷 行 為 を お こ な っ た 人 に 必 要 な 援 助 の 手 を 差 し 伸 べ よ う と す る ス タ ン ス て あ る 。 こ れ は 、 自 傷 者 の 欠 点 を た だ そ う と す る の て も 、 ひ た す ら に 助 け よ う と す る の て も な い 、 節 度 あ る も の て な く て は な ら な い 。 116

リストカット : 自傷行為をのりこえる


自 傷 者 の 責 任 と は 援 助 す る 皆 さ ん も 自 傷 者 も 、 自 分 の 役 割 に 応 じ た 責 任 の あ る 存 在 と し て 関 わ る こ と が 重 要 だ と 先 に 記 し ま し た 。 し か し 、 こ こ て 注 意 し て い た だ き た い の は 、 「 責 任 」 と い う 語 が 使 わ れ て い る か ら と い っ て 、 自 傷 者 に 自 分 の 行 動 の 責 任 を と ら せ よ と い っ て い る の て は な 、 と い う こ と て す 。 責 任 を と る と い う こ と は 、 こ の 場 合 、 自 傷 者 本 人 が そ う す る こ と を 選 び 取 っ て は じ め て 意 味 が あ る も の て す 。 そ も そ も 責 任 を と れ と い っ て 追 及 し た リ 、 責 任 を 押 し つ け た リ す る の は 、 高 み に 立 っ 権 威 者 と し て 自 傷 者 と 関 わ っ て い る こ と て あ リ 、 援 助 者 の 役 割 を 逸 脱 す る こ と て す 。 そ の よ う な 関 わ リ は 、 自 傷 者 と 援 助 者 の 関 係 を 混 乱 さ せ 、 結 果 的 に 回 復 を 滞 、 ら せ る こ と に な る て し よ 、 つ 。 集 団 の 間 題 自 傷 行 為 を き っ か け と し て 明 ら か に な っ た 集 団 の 問 題 に 対 し て は 、 自 傷 者 個 人 へ の 対 応 と は 別 の 考 え 方 が 必 要 て す 。 集 団 の 問 題 は 、 自 傷 者 自 身 に 本 来 の 責 任 が あ る 自 傷 行 為 と 相 違 し て 、 関 係 者 て あ る 皆 さ ん に 責 任 の あ る 事 柄 だ か ら て す 。 自 傷 者 の 関 係 者 は 、 自 傷 行 為 1 7 9 工 ヒ 。 ロ ー グ 「 わ た し 」 の 回 復

リストカット : 自傷行為をのりこえる


彼 女 の 人 生 に は 、 自 ら の 能 力 を 生 か し な が ら も と も と の 弱 点 を 克 服 し 、 つ い に は 自 分 の 生 き 方 を 確 立 し た と い う 道 筋 を 見 出 す こ と が て き る 。 ダ イ ア ナ の 自 傷 行 為 に 関 与 す る も う 一 つ の 要 因 は 、 摂 食 障 害 や う つ 病 と い っ た 精 神 疾 患 の 存 在 て あ る 。 う つ 病 や 摂 食 障 害 は 、 精 神 的 な 負 担 を 増 大 さ せ 、 彼 女 を 自 傷 行 為 に 追 い や る 一 因 と な っ て い た 。 そ れ ゆ え 、 ダ イ ア ナ が こ れ ら の 精 神 疾 患 か ら 回 復 し よ う と す る 努 力 を 重 ね て い た こ と も 、 自 傷 行 為 の 再 発 を 防 ぐ こ と に 役 立 っ た は ず て あ る 。 こ の よ う に 、 自 傷 行 為 に 並 存 す る 精 神 疾 患 へ の 治 療 は 、 自 傷 行 為 か ら の 回 復 に 貢 献 す る も の て あ り 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 の 重 要 な 柱 と な る こ と が ま れ て は な い 。 自 傷 行 為 に は 、 ほ か に も さ ま ざ ま な タ イ プ が あ り 、 タ イ ア ナ 妃 の 自 傷 行 為 は 、 そ の 一 つ の タ イ プ を 代 表 す る も の に す ぎ な い 。 し か し 、 自 傷 行 為 の 理 解 の 方 法 は 、 本 章 て 取 り 上 げ た ダ イ ア ナ の 場 合 と 基 本 的 に 同 じ て あ る 。 本 章 て 示 さ れ て い る よ う に 自 傷 行 為 が 発 生 す る 状 況 や そ の 要 因 を 理 解 す る こ と は 、 自 傷 行 為 に 追 い や ら れ た 人 々 を 援 助 す る た め に 避 け る こ と の て き な い = = 課 題 な の て あ る 。 39 第 二 章 ダ イ ア ナ 妃 の 苦 悩

リストカット : 自傷行為をのりこえる


自 傷 行 為 が 不 合 理 な も の て あ る か ら と い っ て 自 傷 者 を 非 難 し て は な ら な い 。 そ れ は 、 そ こ に , 目 昜 傷 行 為 は 、 そ の 人 を 叱 っ た か ら と い っ て 止 ま る よ う な も の て は な い 。 者 の 窮 迫 し た 精 神 状 態 が あ る と 考 え る べ き だ か ら だ 。 し か し 過 度 に 同 情 的 に な る こ と も 有 害 て あ る 。 そ れ に よ っ て い っ そ う の 同 情 を 得 よ う と す る た め に 、 新 た な 自 傷 行 為 を 誘 発 す る こ し J が ↓ の る か ・ ら て ↓ の る 次 に 必 要 な の は 、 自 傷 者 の 訴 え に 耳 を 傾 け る こ と て あ る 。 自 傷 行 為 へ の 取 り 組 み の 糸 口 は 、 自 傷 者 本 人 の 内 面 に 見 出 さ れ る こ と が 多 い 。 し か し ほ と ん ど の 場 合 、 自 傷 者 は 、 そ れ こ こ て は 、 次 々 に 質 問 を 投 げ か け る よ り を 適 切 に 表 現 す る た め の 準 備 が て き て い な い 。 も 、 本 人 の 問 題 の 深 刻 さ を そ の ま ま に 受 け 止 め よ う と す る こ と の ほ う が 大 切 て あ る 。 さ ら に 、 自 傷 行 為 の 傷 に 対 し て 手 当 て を し た り 、 自 傷 者 を 病 院 に 連 れ て い っ た り し て 、 身 体 的 損 傷 に 対 し て 手 厚 く ケ ア す る こ と も 重 要 て あ る 。 自 傷 者 の 身 体 を 気 遣 い 、 大 切 に 扱 う こ と は 、 自 傷 者 が 自 分 の 身 体 を 傷 つ け て も 構 わ な い と い う 考 え 方 を 修 正 す る 契 機 と な る 可 能 性 が あ る 。 理 解 す る こ と 自 傷 行 為 へ の 対 応 の 第 一 歩 は 、 自 傷 者 の お か れ た 状 況 や 心 の あ り 方 ( 精 神 状 態 ) を 知 る 117 第 七 章 自 傷 行 為 へ の 対 応

リストカット : 自傷行為をのりこえる


贈 る こ と ば 自 傷 行 為 へ の 取 り 組 み に お い て も っ と も 強 い 影 響 力 を 発 揮 す る の は 、 自 傷 者 自 身 て あ る 。 そ れ は 、 自 傷 行 為 が 自 分 の 意 思 て お こ な わ れ る 行 動 て あ る こ と か ら 明 ら か て あ ろ う 。 そ し て そ の 次 に 大 き な 力 と な る の は 、 家 族 や 友 人 、 教 師 な ど の 自 傷 者 と 身 近 て 関 わ る こ と の て き る 人 々 て あ る 。 そ れ に 対 し て 本 書 て 呈 示 し た 精 神 科 治 療 ス タ ッ フ の 働 き か け は 、 自 傷 者 や そ の 関 係 者 に 利 用 さ れ る こ と て は じ め て 有 効 性 を 発 揮 て き る と い う 性 質 の も の て あ る 。 本 書 の 終 わ り に あ た り 、 こ の 原 点 に 立 ち 返 っ て 、 問 題 の 解 決 に 大 き な 力 を 持 つ 自 傷 者 と そ の 援 助 を お こ な う 関 係 者 の 方 々 へ の 贈 る こ と ば を 記 す こ と に し た い 。 自 傷 行 為 を お こ な う あ な た へ 自 傷 す る に は 理 由 が あ る ご 自 分 の 身 体 を 傷 つ け る の に は 、 そ れ 相 応 の 理 由 が あ る は ず て す 。 た と え ば 、 あ な た が 自 ら の 価 値 を 認 め ら れ ず 、 ご 自 分 が 傷 つ く こ と を 当 然 だ と 感 じ て 自 17 2

リストカット : 自傷行為をのりこえる


た だ し 、 こ の よ う な 虐 待 や 養 育 環 境 の 不 十 分 さ と 自 傷 行 為 の 関 連 を 示 す 所 見 は 、 統 計 的 な 処 理 に よ っ て 得 ら れ た も の て あ り 、 個 々 の 症 例 に か な ら ず し も 当 て は ま る も の て な い 。 虐 待 を 経 験 し た 人 す べ て が 自 傷 行 為 を お こ な う わ け て は な い し 、 自 傷 者 は す べ て 虐 待 経 験 者 と い う わ け て も な い の て あ る 。 モ デ ル 症 例 の う ち 幼 少 期 の 虐 待 ( 言 葉 に よ る 性 的 い や が ら せ ) が 報 告 さ れ て い る の は 、 マ サ ミ の み て あ る 。 し ま さ ら そ れ は ど - フ に も て き な い こ と に な る 。 そ れ ゆ 過 去 の 出 来 事 が 原 因 て あ る な ら 、 え 、 自 傷 行 為 を 養 育 期 の 虐 待 と 直 接 結 び つ け る 考 え 方 は 、 そ れ を 回 復 困 難 と み る 悲 観 論 を 助 長 し 、 自 傷 者 を 養 育 期 に 守 っ て や れ な か っ た と い う 家 族 の 罪 悪 感 を 刺 激 し て 自 傷 者 を 支 え る 家 族 の 力 を そ ぐ な ど の 悪 影 響 を 生 じ か ね な い 。 自 傷 行 為 へ の 対 応 や 治 療 を お こ な う 者 は 、 家 族 が 自 傷 者 に 不 十 分 な 養 育 し か 提 供 て き な か っ た か ら 自 傷 行 為 が 起 き た と い っ た 単 純 な 見 解 を 一 方 的 に 当 て は め て は な ら な い 。 本 章 て 呈 示 し た モ デ ル 症 例 は 、 自 傷 行 為 の 治 療 を テ ー マ と す る 第 八 章 て 、 再 び 取 り 上 げ 97 第 五 章 三 つ の モ デ ル 症 例

リストカット : 自傷行為をのりこえる


み す か ら を 傷 つ け る 苦 し み に 、 私 た ち は 何 が で き る の か 近 年 、 高 い 頻 度 で 生 じ 、 し か も 不 気 味 な 増 加 傾 向 を 見 せ る 「 自 傷 行 為 」 。 リ ス ト カ ッ ト を は じ め と す る 自 己 切 傷 、 過 量 服 薬 と い っ た 多 様 な か た ち で 現 れ 、 学 校 や 地 域 社 会 、 家 庭 な ど で 問 題 と な っ て い る こ の 病 理 は 、 な ぜ 起 き る の か そ し て 、 そ れ に ど う 対 処 す れ ば い い の か 本 書 は 現 場 に 立 っ 第 一 線 の 精 神 科 医 が 豊 富 な 症 例 を も と に 、 自 傷 行 為 へ の 理 解 と 対 策 を 平 易 か っ 具 体 的 に 解 説 す る み す か ら の 身 体 を 意 図 的 に 傷 つ け る 苦 し み に 悩 む 人 の 回 復 へ の 道 が こ こ に 開 か れ る

リストカット : 自傷行為をのりこえる


の 文 脈 の 中 て 、 お 互 い の 立 場 や 責 任 を 明 確 に し な が ら 、 自 傷 者 の 本 当 に 必 要 と し て い る こ と を 満 た す と い う 共 同 作 業 を 進 め よ , フ と す る 。 こ の よ う に 関 わ り を 仕 切 り 直 す こ と に よ っ て 、 対 応 者 は 、 本 来 の 対 応 、 援 助 の 作 業 に 復 帰 す る こ と が ぞ き る だ ろ う 。 そ し て こ の よ う な 対 応 は 、 対 人 関 係 の 歪 み を 修 正 す る こ と に 通 じ て ゆ く こ と は い う ま て も な い こ れ ま て 述 べ て き た こ と の 多 く は 、 自 傷 者 自 身 の 力 を 強 く す る た め の 援 助 て あ る 。 自 傷 行 為 は 、 本 書 て 紹 介 し た 多 く の ケ ー ス て 示 さ れ て い る よ う に 、 自 傷 者 自 身 の 行 動 ・ 判 断 の 積 み 重 ね の 結 果 て あ る 。 そ れ ゆ え 、 こ こ て は 、 自 傷 者 が 力 を つ け て 、 そ の 人 に ふ さ わ し い 方 法 て 状 况 に 対 処 て き る よ う に な る こ と こ そ が 本 質 的 な 解 決 へ の 道 て あ る 。 「 流 行 」 を く い と め る 現 場 の 状 況 や 周 囲 の 人 々 と の 対 人 関 係 に よ っ て 自 傷 行 為 が 発 生 し て い る こ と が 明 ら か な 場 合 、 自 傷 者 を 含 む 状 況 全 体 へ の 対 応 が 必 要 と な る 。 ま た 、 自 傷 行 為 が 周 囲 に 及 ば す 影 響 へ の 対 応 も 重 要 て あ る 。 自 傷 行 為 の た め に 家 族 や 学 校 な ど の 集 団 全 体 が 恐 怖 心 や 罪 悪 感 に 取 り つ か れ た り 、 身 動 き の と れ な い 一 種 の 麻 痺 の 状 態 に 陥 る こ と が あ る 。 自 傷 行 為 が 繰 り 返 さ れ た り 、 自 傷 行 為 か 多 数 の 人 に よ っ て お こ な わ れ る 「 流 行 」 の 事 態 に い た れ ば 、 そ の 影 響 は い っ そ う 強 烈 な 127 第 七 章 自 傷 行 為 へ の 対 応

リストカット : 自傷行為をのりこえる


れ ら へ の 反 応 と し て お こ な わ れ て い る の て あ 6 —H -4 -0- 8- っ ー 11 -0 ワ 」 ワ 3 る 。 モ デ ル 症 例 て は 、 怒 り と 罪 悪 感 ( マ サ ミ ハ 0 尸 0 -4 画 4 ・ ・ 4 ・ -4- つ け 題 人 人 人 人 人 人 人 人 人 シ ン ゴ ) 、 空 虚 感 ( エ リ カ ) と い っ た 感 情 が 自 傷 行 為 の 発 生 要 因 の 一 つ と な っ て い た 。 こ こ て は ま た 、 悲 観 的 て 抑 う つ 的 な 認 知 が 支 酉 的 に な っ て い る こ と も 特 徴 て あ る 。 表 4 に 示 し た 調 査 て は 、 自 傷 者 の 六 六 。 ノ ー セ ン ト が 自 分 0 / 加 っ 題 の 問 題 を 解 決 が 困 難 だ と 認 識 し て い た と さ れ と の る 。 そ し て 、 自 分 の 問 題 を 解 決 困 難 と 感 じ て い 因 け 原 E か ナ た 串 5 者 は 、 悲 観 的 な 認 知 が 支 配 的 て 、 明 瞭 な 自 っ ト 飲 み 悩 殺 の 意 思 を 示 す こ と が 多 か っ た と い う 。 題 題 ル の Ⅶ の パ 題 題 日 円 日 円 日 ー ー 日 ー の 患 問 門 ら 為 行 者 の 的 上 疾 の の コ 疾 ン 傷 偶 族 済 事 神 居 人 ル 体 自 傷 行 為 の 意 図 自 配 家 経 仕 精 住 友 ア 身 自 傷 行 為 は 、 一 定 の 目 的 を 追 求 す る 意 図 的 な 行 動 と し て 実 行 さ れ る 。 そ の 行 動 を 理 解 す る た め に は 、 自 傷 者 の 意 図 を 知 る こ と が 必 要 て あ る 。 し か し こ の 自 傷 行 為 の 意 図 は 、 し ば し ば 不 合 理 て 矛 盾 を は ら ん だ も の ぞ あ り 、 そ の

リストカット : 自傷行為をのりこえる


基 本 的 な 注 意 点 自 傷 者 へ の 対 応 て は 、 注 意 す る べ き 点 が い く つ か あ る 。 第 一 の 注 意 点 は 、 自 傷 者 に 過 剰 に 反 応 し て 、 ふ り ま わ さ れ な い よ う に す る こ と て あ る 。 自 傷 者 の 家 族 や 身 近 に い る 人 々 は 、 自 傷 行 為 や 自 傷 者 の 態 度 に 反 応 し て 怒 り 、 む 配 、 不 央 感 、 絶 望 と い っ た 強 い 感 情 を 抱 き や す い 。 し か し 、 こ の よ う な 感 情 に 流 さ れ て は 、 適 切 な 対 応 が て き な く な る 。 さ ら に 、 自 傷 者 に 対 応 す る 人 々 に は 、 過 剰 に む 配 し て 自 傷 者 に 親 身 に な り す ぎ る と か 嫌 悪 感 を 抱 い て 拒 絶 的 な 態 度 を 取 る と か の 両 極 端 の 反 応 が 生 じ る こ と が あ る 。 し か し 対 応 者 が 、 こ の よ う な 状 態 に な る と 、 自 傷 者 と 適 切 に 関 わ る こ と か い っ そ う 難 し く な る 。 た と え ば 、 心 配 が 高 じ て 関 わ り が 過 保 護 に な る な ら 、 そ の 関 係 を つ な ぎ と め よ う と す る 自 傷 行 為 の 再 発 を 助 長 す る こ と に な り か ね な い 。 ま た 対 応 者 が 自 傷 者 へ の 批 判 的 な 気 持 ち を そ の ま ま 表 明 す れ ば 、 自 傷 者 は 自 分 が 無 価 値 て あ る と い う 考 え に 傾 き 、 自 分 を 傷 つ け た く な る 気 持 ち を 募 ら せ る こ と だ ろ う 。 こ こ て 重 要 な こ と は 、 対 応 者 が 自 ら の 立 場 や 本 来 の 関 わ り 方 に ふ さ わ し い 援 助 の ス タ ン ス を 保 つ こ と て あ る 。 そ れ は 、 け っ し て 容 易 な 課 題 て は な い 。 そ の た め に 対 応 者 は 、 自 分 が 感 情 的 に 極 端 な 反 応 が 生 じ て い な い か を 随 時 チ ェ ッ ク す る 必 要 が あ る し 、 ま た 、 周 囲 の 12 2