検索 - みる会図書館

検索対象: 傷ついた日本人へ

傷ついた日本人へから 179件ヒットしました。

傷ついた日本人へ


傷 つ い た 日 本 人 へ 目 次

傷ついた日本人へ


⑧ 新 潮 新 書 ダ ラ イ ・ ラ マ 14 世 〃 名 G_ ッ 4 な 0 , ど な Da な / 4 襯 4 傷 つ い た 日 本 人 へ 462 新 潮 社

傷ついた日本人へ


ダ ラ イ ・ ラ マ 1 4 世 19 3 5 年 チ ベ ッ ト 東 北 部 生 ま れ 。 2 歳 で ダ ラ イ ・ ラ マ 13 世 の 転 生 者 と 認 め ら れ 、 15 歳 で 国 家 最 高 指 導 者 に 。 中 国 の 侵 略 を 受 け 、 19 5 9 年 イ ン ド に 亡 命 、 亡 命 政 府 を 樹 立 す る 。 1989 年 ノ 発 行 所 株 式 会 社 新 潮 社 発 行 者 佐 藤 隆 信 に ほ ん じ ん き ず 2012 年 4 月 20 日 発 行 著 者 ダ ラ イ ・ ラ マ 14 世 傷 つ い た 日 本 人 へ 462 ⑧ 新 潮 新 書 ー ベ ル 平 和 賞 受 賞 。 価 格 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 I S B N 978 -4 ー 1 0-61 04 6 2 -6 C 0 2 1 4 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 小 社 読 者 係 宛 お 送 り く だ さ い 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が ◎ The 14 [ h Dalai Lama 2012 , Printed ⅲ Japan 製 本 所 憲 専 堂 製 本 株 式 会 社 印 刷 所 株 式 会 社 光 邦 http ://www.shinchosha・ co ・ jp 編 集 部 ( 03 ) 3266-5430 読 者 係 ( 0 引 3266-5111 〒 162-8711 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 71 番 地

傷ついた日本人へ


疲 れ 、 傷 つ い て い る の で は な い か と 思 い ま す 。 し か し 、 震 災 が 起 き て し ま っ た と い う 事 実 を 変 え る こ と は で き ま せ ん 。 大 変 悲 し い 出 来 事 で し た が 、 い つ ま で も 悲 し み に 打 ち の め さ れ て い て は 、 前 を 向 い て 進 む こ と が で き ま せ ん 。 む し ろ こ の 逆 境 を 乗 り 越 え て 、 日 本 が よ り 豊 か に 変 わ る き っ か け に し て い た だ け た ら と 思 い ま す 。 そ し て 今 あ る 障 害 を 乗 り 越 え た 先 に 、 以 前 よ り 前 向 き に 、 自 信 を 持 っ て 生 き る こ と の で き る 日 本 人 が い る こ と で し よ う 」 来 日 中 、 ダ ラ イ ・ ラ マ 十 四 世 は 成 田 、 大 阪 、 高 野 山 、 石 巻 、 仙 台 、 福 島 と 様 々 な 場 所 を 訪 れ 、 行 く 先 々 で 多 く の 日 本 人 に 語 り か け 、 抱 き し め 、 叱 咤 と 激 励 を 繰 り 返 し た 。 そ し て 十 日 間 の 滞 在 を 終 え る と 「 復 興 の 折 に は 必 ず 再 訪 す る 」 と 誓 い 、 日 本 か ら 去 っ て い っ た 。 ( 新 潮 新 書 編 集 部 )

傷ついた日本人へ


苦 し み や 悩 み を ど う コ ン ト ロ ー ル す る か 、 こ の 世 界 の 成 り 立 ち や 生 命 ・ 字 宙 の し く み 等 々 、 非 常 に 多 岐 に わ た る 。 一 貫 し て い る の は 、 仏 教 の 教 え を 根 底 に し て 、 人 類 共 通 の 真 理 を 追 究 し 、 世 界 の 平 和 と 人 々 の 幸 福 を 実 現 し た い と い う 願 い だ っ た 。 ま た 、 震 災 を 通 じ て 傷 つ い た 日 本 人 の 心 を い た わ り 、 い か に し て こ の 苦 し み と 向 き 合 う べ き か を や さ し く 解 き 明 か し 、 そ し て 必 ず や 困 難 を 乗 り 越 え ら れ る と 強 く 励 ま し た 。 ダ ラ イ ・ ラ マ 十 四 世 は 、 こ の 高 野 山 で の 講 演 を 振 り 返 っ て こ う 語 っ て い る 。 「 こ れ ほ ど 長 い 時 間 、 日 本 の み な さ ん と お 話 し す る こ と は ほ と ん ど あ り ま せ ん で し た か ら 、 私 に と っ て も 非 常 に 充 実 し た 時 間 で し た し 、 様 々 な 刺 激 を 頂 き ま し た 。 日 本 仏 教 の 伝 統 に ふ れ る こ と で 、 共 に 仏 教 を 学 ぶ 者 同 士 の 絆 も 強 く 感 じ ま し た 。 ま た 、 今 回 特 に 特 別 だ っ た の は 、 高 野 山 と い う 講 演 場 所 で す 。 霊 場 で も あ る 非 常 に 神 聖 な 場 所 に 長 く 滞 在 し な が ら 講 演 が で き た こ と は 、 大 変 貴 重 な 機 会 で し た 。 み な さ ん に と っ て こ の 講 演 が 、 生 き る 意 味 を 見 つ め 直 す き っ か け と な り 、 『 心 の 平 和 』 を 築 く 手 立 て に な っ た ら と 願 っ て い ま す 」

傷ついた日本人へ


ま れ た り 、 原 発 事 故 に よ る 放 射 能 汚 染 が 日 本 中 に 広 が っ た り と 、 災 害 は 二 重 三 重 に 重 な り ま し た 。 多 く の 人 が 家 族 を 亡 く さ れ た り 、 家 を 失 っ た り 、 住 む 場 所 を 追 わ れ た り し ま し た 。 被 災 の 状 況 は 人 に よ っ て 様 々 で し よ う が 、 そ れ ぞ れ 色 々 な こ と で 傷 つ き 、 不 安 に な り 、 苦 労 を さ れ た こ と で し よ う 。 こ れ ほ ど の 震 災 と な る と 、 そ の 大 き さ と 複 雑 さ ゆ え 、 因 果 関 係 を 単 純 に 読 み 解 く こ と は 大 変 難 し い こ と で す 。 カ ル マ は 長 い 時 間 を か け て 積 み 重 な っ て 巨 大 化 し 、 因 や 縁 が 非 常 に 複 雑 に 絡 ま り あ い な が ら 、 様 々 な 条 件 が つ い に 揃 っ て し ま っ た 。 そ れ が あ の 三 月 十 一 日 だ っ た の で す 。 あ る 因 は 津 波 の 被 害 と な り 、 あ る 因 は 原 発 事 故 と な り 、 そ う や っ て 様 々 な 被 害 が 次 々 引 き 起 こ さ れ て し ま い ま し た 。 だ か ら と い っ て 、 被 災 者 の 方 が 特 別 に 悪 い カ ル マ を 抱 え て い た か と い う と 、 決 し て そ う で は あ り ま せ ん 。 こ の よ う に 強 大 で め っ た に 発 生 し な い 出 来 事 は 、 個 人 の カ ル マ で 引 き 起 こ さ れ る レ ベ ル で は な く 、 社 会 全 体 と し て の カ ル マ 、 世 界 共 通 の カ ル マ の レ ベ ル の 出 来 事 で す 。 大 勢 の 方 が 一 度 に 同 じ 類 の 苦 し み を 味 わ っ た と い う こ と が そ の 現 れ で し ょ 170

傷ついた日本人へ


そ う な ら な い よ う 、 相 手 と そ の 行 為 を き ち ん と 分 け て 考 え る こ と を 心 が け て く だ さ い 。 も し 行 為 に 問 題 が あ る 場 合 、 純 粋 に そ れ だ け に 焦 点 を あ て て 、 過 ち ゃ 間 違 い を 追 及 す べ き で す 。 行 為 だ け を 問 題 に す る こ と で 、 情 に 流 さ れ る こ と な く 、 厳 し く 処 す る こ と が ら で き ま す 。 一 方 、 行 為 の み を 追 及 す る こ と は 、 す な わ ち そ の 人 自 身 を 許 す こ と に つ な が る の で す 。 こ れ こ そ が 本 当 の 愛 や 慈 悲 の あ り 方 だ と い え る で し よ う 。 行 為 と 人 格 が 一 体 化 し た ま ま そ で は 、 感 情 論 に な っ て 問 題 解 決 に も な ら ず 、 許 し は 単 な る 甘 や か し に な っ て し ま い ま す 。 負 こ れ は 、 他 人 だ け で な く 、 自 分 自 身 に 対 し て も 有 効 で す 。 み 悲 た と え ば 、 意 図 せ ず 相 手 を 傷 つ け て し ま っ た り 、 迷 惑 を か け た り し て し ま い 、 悩 む こ み と が あ る で し よ う 。 今 回 の 震 災 で も 、 原 発 事 故 で 日 本 中 に 迷 惑 を か け た こ と を 申 し 訳 な 苦 く 思 っ て い る 福 島 県 の 方 が い る と 伺 い ま し た 。 四 し か し 、 そ の 人 に 悪 意 や 故 意 が な か っ た の で あ れ ば 、 自 責 の 念 に 駆 ら れ る 必 要 は あ り ま せ ん 。 大 事 な の は 心 の 動 機 で す 。 た と え 自 分 の 意 図 し て い な い こ と が 発 生 し て し ま っ

傷ついた日本人へ


し み は 、 ま さ に 外 因 的 な も の で す 。 た ぐ い た だ し こ の 類 の 苦 し み は 、 そ の 原 因 さ え な く な れ ば 取 り 除 か れ る も の で す 。 薬 で 病 気 が 治 療 で き れ ば 問 題 な い で す し 、 人 間 関 係 が う ま く い く よ う に な れ ば そ の 苦 し み は 当 然 ら な く な り ま す 。 っ と こ ろ が 今 回 の 震 災 は ど う で し よ う 。 地 震 そ の も の は す ぐ に 収 ま り 、 津 波 も す で に 引 き 、 街 は 少 し ず つ き れ い に な っ て い る 。 震 災 そ の も の の 傷 跡 は 徐 々 に 消 え て い き つ つ あ そ け る の に 、 み な さ ん の 心 の 苦 し み や 悲 し み は な か な か 収 ま っ て い な い よ う に 思 い ま す 。 も ち ろ ん 復 興 の 道 の り が ま だ 遠 い 状 況 を 考 え ま す と 、 苦 し み の 原 因 が す ぐ な く な る と み し い づ ら い で し よ う 。 そ れ で も 、 今 日 も 被 災 者 の 方 が 、 「 悲 し い こ と は 少 し ず つ 忘 れ や み て い き た い け れ ど 、 時 々 ふ と 強 い 悲 し み が わ き 上 が っ て き て し ま う 。 そ れ を 乗 り 越 え て 苦 い く に は も の す ご い 時 間 が 必 要 だ と 思 う 」 と お っ し や っ た よ う に 、 苦 し み が む し ろ 強 く 四 な っ て い る と 感 じ る 人 さ え い る の で す 。 第 実 は 今 、 震 災 で 生 じ た 苦 し み が 、 外 因 的 な も の か ら 精 神 的 な も の ヘ 変 化 し て い る の で

傷ついた日本人へ


曽 野 綾 子 人 間 の 基 本 佐 伯 啓 思 反 ・ 幸 福 論 書 能 0 新 ・ 堕 落 論 石 原 慎 太 郎 新 我 欲 と 天 罰 生 物 学 的 文 明 論 本 川 達 雄 内 田 樹 日 本 辺 境 論 ル ー ル よ り 常 識 を 、 附 和 雷 同 は 道 を 閉 ざ す 、 運 に 向 き 合 う 訓 練 を : : : 常 時 に も 、 非 常 時 に も 生 き 抜 く た め に 、 確 か な 人 生 哲 学 と 豊 か な 見 聞 を も と に 語 り つ く す 全 八 章 。 「 人 は み な 幸 せ に な る べ き 」 な ん て 大 ウ ソ ! 豊 か さ と 便 利 さ を 追 求 し た 果 て に 、 不 幸 の 底 に 堕 ち た 日 本 人 。 稀 代 の 思 想 家 が 柔 ら か な 筆 致 で 「 こ の 国 の 偽 善 」 を 暴 き 、 禍 福 の 真 理 を 説 く 。 未 曾 有 の 震 災 と そ れ に 続 く 原 発 事 故 へ の 不 安 国 難 の 超 克 は 、 こ の 国 が 「 平 和 の 毒 」 と 「 我 欲 」 か ら 脱 す る こ と が で き る か ど う か に か か っ て い る 。 深 い 人 間 洞 察 を 湛 え た 痛 烈 な る 「 遺 書 」 。 生 態 系 、 技 術 、 環 境 、 エ ネ ル ギ ー 、 時 間 : : : 生 物 学 的 寿 命 を は る か に 超 え て 生 き る 人 間 は 、 何 を 間 違 え て い る の か 。 生 物 の 本 質 か ら 説 き 起 こ す 、 目 か ら ウ ロ コ の 現 代 批 評 。 日 本 人 は 辺 境 人 で あ る 。 常 に 他 に 「 世 界 の 中 心 」 を 必 要 と す る 辺 境 の 民 な の だ 。 歴 史 、 宗 教 、 武 士 道 か ら 水 戸 黄 門 、 マ ン ガ ま で 多 様 な 視 点 で 論 じ る 、 今 世 紀 最 強 の 日 本 論 登 場 !

傷ついた日本人へ


よ う に 思 い ま す 。 た と え ば 日 本 で は 、 そ れ は 自 殺 ゃ う つ 病 の 増 加 だ っ た り し ま す 。 こ の 背 景 の 一 つ に は 、 戦 後 教 育 が あ る よ う に 思 い ま す 。 こ れ が 個 人 主 義 や 自 我 の 尊 重 と い っ た 観 念 を 強 力 に 推 し 進 め て い き ま し た 。 一 方 で 、 他 者 へ の 思 い や り や 連 帯 感 と い っ た 考 え 方 は な お ざ り に さ れ て し ま っ た 。 こ の よ う な 教 育 を 受 け れ ば 、 自 分 の こ と し か 考 え な い 人 間 に な る の は 必 然 で す 。 そ う 考 え る と 、 こ の よ う な 教 育 を 子 ど も た ち に し て き た 、 私 た ち 大 人 の 責 任 で も あ る 。 そ う い っ た 反 省 を ま ず し な く て は い け な い と 思 っ て い ま す 。 ま た 、 か っ て 日 本 人 が 共 有 し て い た 仏 教 の 思 想 的 基 盤 が 失 わ れ た こ と も 原 因 で し よ う 。 た と え ば 「 輪 廻 転 生 」 。 死 ん だ 後 は ど ん な 生 き 物 に 生 ま れ る か わ か ら な い 。 だ か ら 人 間 と し て 生 ま れ た 命 を 大 事 に し よ う 。 そ れ と 同 時 に 他 の 命 も 大 事 に し よ う と い う も の で す 。 私 た ち が 子 ど も だ っ た 頃 に は 、 ご く 一 般 的 に こ の 観 念 が 信 じ ら れ て い て 、 両 親 な ど 大 人 は 子 ど も た ち に そ う 教 え て い ま し た 。 180