検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 39 野間 宏 集

現代日本の文学 39 野間 宏 集から 451件ヒットしました。

現代日本の文学 39 野間 宏 集


分 の な か に あ る そ の 深 い 傷 に よ っ て 、 歪 ん で お り 、 そ れ ら の 本 質 的 な も の を 徹 底 的 に 究 明 し よ う と す そ の 傷 の た め に 自 分 で う め い て い た の で あ る 。 そ し る た め で あ る 。 戦 後 文 学 が 常 に 問 い を も っ て い た こ と 、 て む し ろ 私 達 の 眼 に み え て い た も の は 、 た だ そ の 傷 絶 え す 問 い つ づ け る こ と に よ っ て 、 問 い 自 体 を 創 造 の ば か り で あ っ た と 言 っ て よ い の で あ る 。 ( 「 未 来 の 光 エ ネ ル キ ー に し て き た こ と を 確 認 し て お こ う 。 こ の こ に て ら し て 」 ) と は 戦 後 文 学 、 同 時 に 野 間 氏 の 文 学 に つ い て 考 え る と 一 見 さ り げ な く 書 か れ て は い る も の の 、 戦 争 に よ っ き 、 絶 え す 立 ち 帰 っ て こ な け れ ば な ら な い 原 点 で あ る 。 リ ス ・ プ ラ ン シ ョ の 命 こ の 原 点 に 直 面 し て 私 は 、 モ ー て う け た 「 自 分 の な か に あ る 」 深 い 傷 が ど ん な に 深 、 決 定 的 で あ っ た か は 、 そ の 傷 が 簡 単 に 取 り の ぞ け る 題 を 想 起 せ す に は い ら れ な い よ う な 傷 で は な く 、 た だ そ の 傷 を み つ め る ば か り で あ 〈 書 く と い う こ と 〉 ( そ れ は 困 難 な 行 為 の 一 つ で す か な た っ た と い 、 フ よ 、 つ な と こ ろ か ら 相 像 し て み る こ と か で き が ) は 、 わ た し の 考 え か ら す れ ば 、 文 化 の 彼 方 に ゆ る で あ ろ う 。 深 い 傷 に う め い て い る も の 、 そ れ か は か く と い う こ と で す 。 文 化 と い う も の は 、 反 抗 的 な も は - フ か い カ ・ れ な ら ぬ 自 己 で あ っ た 。 野 間 氏 は こ の 深 い 傷 を 、 『 崩 解 感 の に 見 え よ う と も 、 結 局 既 成 権 力 の 共 犯 者 に な っ て 裳 で 徹 底 的 に 追 究 し て い る が 。 傷 つ い た 自 己 と は 、 し ま う の で す 。 〈 書 く と い う こ と 〉 は 、 わ た し が : 人 間 と し て は ~ 朋 解 し て い た の で あ る そ 、 つ い 、 つ 人 間 に : 了 解 し 提 案 し よ う と 努 め て き た 意 味 か ら す れ ば 、 と っ て 、 日 常 生 活 の 悲 哀 感 や 流 行 的 な 風 俗 へ の 関 心 を 時 代 の 根 源 的 変 革 と 、 ( 誇 張 し た 言 い 方 を す れ ば ) 無 縁 で あ る 。 傷 は 「 自 分 の な か 描 い た 文 学 は ま っ た く 《 歴 史 の 終 末 》 を 前 提 と す る も の で す 。 ( 若 林 真 訳 ) に あ る 」 の で あ り 、 自 己 の 存 在 に 深 く か か わ っ て い る こ こ に 引 用 し た の は 、 プ ラ ン シ ョ が 雑 誌 「 海 」 の 創 単 に 肉 体 的 な 傷 で な い 傷 と は 、 「 死 」 と い え よ う 。 「 自 刊 に あ た っ て 、 ア ン ケ ー ト に 寄 せ た 答 え の 一 部 で あ る 。 分 の な か に あ る 」 深 い 傷 を み つ め る と い う こ と は 、 「 死 」 プ ラ ン シ ョ は 〈 書 く と い う こ と 〉 に つ い て 答 え て い る を か か え こ ん だ 自 己 の 存 在 そ の も の を 追 究 す る こ と で の だ が 、 〈 書 く と い う こ と 〉 を 「 戦 後 文 学 」 に 置 き 換 あ り 、 存 在 の 研 究 が 文 学 に な る 。 戦 後 を 、 そ れ 以 前 の 時 え て み た い 誘 惑 を 感 し る の で あ る 。 置 き 換 え て み る こ 代 と き つ ば り 区 別 し よ う と し た の は 、 人 間 や 文 学 に つ と に よ っ て 、 戦 後 文 学 の ラ デ ィ カ ル な 問 題 が 、 ア ク チ い て の 観 念 を 修 正 し た り 非 難 し よ う と す る た め で は な ュ ア ル に わ れ わ れ に つ き つ け ら れ る の で は な い か 。

現代日本の文学 39 野間 宏 集


西 宮 市 今 津 小 学 校 5 年 の こ ろ 第 一 列 左 か ら 三 人 目 野 間 幼 稚 園 の こ ろ 現 在 進 行 形 な の で あ る 。 『 さ い こ み の 空 』 や 『 青 年 の 環 』 を 読 み か え し 新 た な 文 か ん き 学 的 感 動 を 喚 起 さ れ た 私 は 、 野 間 宏 の 文 学 と い う よ う に 限 定 す る よ り も 、 戦 後 文 学 の 本 質 的 な 問 題 と の 結 節 点 を 究 明 す る 方 が 、 か え っ て 野 間 氏 の 進 行 中 の 文 学 の 全 体 性 を と ら え ら れ る の で は な い か 、 と 考 え つ づ け て い た 。 戦 後 文 学 は 、 野 間 氏 の 文 学 の 背 景 で は な い か ら で あ る 。 野 間 氏 の 文 学 と い う と き 、 小 説 は い う ま で も な く 、 詩 、 戯 曲 、 批 評 の す べ て を 含 む 。 も と も と 戦 後 文 学 運 動 は 、 小 説 ジ ャ ン ル の 変 革 だ け を 企 図 し た わ け で は な か っ た 。 文 学 そ の も の に 対 し て 根 元 的 な 問 い を も っ て い た 。 た と え ば 野 間 氏 は 、 こ う 書 い て い る 戦 後 私 達 が 日 本 文 学 の な か で 発 言 し は じ め た と き 、 も っ と も 強 調 し 主 張 し た こ と は 戦 後 と い 、 つ こ と で あ っ た 。 そ れ は 八 月 十 五 日 以 後 を そ れ 以 前 の 戦 争 及 び 戦 前 の 時 代 と 全 く 別 の も の と し て と ら え ま た 創 造 し よ う と い う 意 志 に よ っ て 強 調 さ れ た 。 私 達 は 戦 争 に よ っ て 傷 つ い た 世 代 と し て 自 分 を 認 め 自 分 の な か に あ る そ の 傷 の 内 容 、 姿 を ま ず 正 確 に 担 撼 す る こ と か ら は じ め て 、 そ の 正 確 に と ら え た 傷 を 自 分 の な か か ら 取 り 除 こ う と 考 え た の で あ る 。 し か し 私 達 は こ の 4 傷 を 自 分 の う ち か ら 取 り 除 こ う と す る 前 に 、 ま す 自

現代日本の文学 39 野間 宏 集


感 が あ る 。 そ し て 学 徒 出 陣 兵 の 誰 彼 よ り も こ の 人 物 が あ た た 温 か く 描 か れ て い る と こ ろ に 、 作 者 の そ れ ま で の 生 活 経 験 が 育 て た 、 人 間 的 関 心 、 あ る い は 共 感 の 方 向 性 が 秘 め ら れ て い る 。 「 真 空 地 帯 」 と は 、 作 中 に 曾 田 の 感 慨 と し て 、 一 切 の つ 人 間 的 要 素 が 抜 き 出 さ れ る 場 と し て の 兵 営 を 意 味 す る と し る さ れ て い る 「 兵 営 ハ 条 文 ト 柵 ト ニ ト リ マ カ レ タ 一 丁 四 方 ノ 空 間 ニ シ テ 、 強 力 ノ 圧 力 ニ ョ リ ッ ク ラ レ タ 抽 象 的 社 会 デ ア ル 。 内 人 間 ( コ ノ ナ カ ニ ア ッ テ 人 間 ノ 要 素 ヲ 取 リ 去 ラ レ タ 兵 隊 ニ ナ ル 」 そ し て こ の 兵 営 観 を め ぐ 「 て 、 麒 た 氏 や 佐 々 木 の 基 一 氏 の 批 判 が あ っ た 。 そ の 批 判 の 要 点 は 、 「 兵 営 な い し は 軍 隊 を 『 特 殊 の 境 涯 』 と 規 定 し 成 立 さ せ よ う と し た の は は か な ら ぬ 日 本 の 支 配 権 力 ・ 帝 国 主 義 者 で あ と う て 、 陸 っ て ( 中 略 ) 本 質 的 に 別 世 界 で あ り 得 す 、 到 底 資 本 制 ・ 」 ( 大 西 巨 人 駒 社 会 ・ 絶 対 主 義 国 家 の 部 分 で あ る : 「 俗 情 と の 結 託 」 ) あ る い は 、 「 軍 隊 は そ の 国 の 政 治 と 社 会 と 文 化 の 縮 図 で あ る と い う こ と を 知 っ て い る わ た し た ち に は 、 こ の 『 兵 隊 論 』 は 一 種 、 血 の 気 の 失 せ た 、 安 易 で 感 傷 的 な 抽 象 論 と し か 考 え ら れ な い の だ 」 ( 佐 々 木 基 一 「 真 空 地 帯 に つ い て 」 ) と い つ な 点 に あ

現代日本の文学 39 野間 宏 集


120 は ど う も 有 心 ら し い 顔 を し て い る じ ゃ な い か 。 毎 晩 家 を あ き て 山 仲 に 会 っ た が 、 俺 達 の 仲 間 は み ん な み じ め だ ね 。 」 山 仲 と い う の は 、 や は り 彼 等 の 復 員 仲 間 の 一 人 で あ っ た 。 け や が っ て 、 恋 愛 で も 始 め た か 。 」 「 あ 奴 ど う し て る ? 」 「 ふ ん ? 恋 愛 ね ? 」 北 山 年 夫 は 言 い 淀 ん だ 。 「 し か し 、 「 ど う し て る っ て 、 チ ョ コ レ ー ト 売 っ て る ん だ 。 例 の 板 チ 日 本 に 恋 愛 で き る よ う な 女 が い る だ ろ う か 。 」 ョ コ 。 あ れ を 仕 入 れ て 、 農 村 を 廻 る わ け だ よ 。 」 よ 、 別 に 問 題 で は な い じ ゃ な 「 そ ん な 女 が い る か い な い か を い か 、 や は り 男 は 女 を 愛 す る と い う わ け だ よ 。 戦 争 に ま け 「 ふ ん ? あ の 山 仲 が ? 」 「 そ う だ よ 。 し か し 、 板 チ ョ コ と 言 っ て も な か な か 馬 鹿 に て も 男 は 女 を 必 要 と し 女 は 男 を 必 要 と す る ! 」 な ら ん の だ ぜ 。 山 仲 の 奴 、 板 チ ョ コ で 、 俺 達 よ り は 、 ず つ 「 そ の か つ ぶ く の い い 体 で 恋 を す る わ け か 。 」 と 立 派 に や っ て や が る ん だ か ら な 。 一 枚 七 円 五 十 銭 に 仕 入 「 そ う だ 。 恋 を す れ ば 、 い ま に 俺 も や せ 細 る よ 。 」 れ て 八 円 五 十 銭 で 田 舎 の 雑 貨 屋 に 置 い て く る ん だ そ う だ 一 一 人 は 電 熱 器 で や を や い て 食 べ 始 め た 。 「 俺 も い よ い よ 食 え な く な っ て き た な あ 。 」 片 岡 一 二 郎 が 言 が 、 月 に 三 千 五 百 円 に な る と 言 っ て る か ら な 。 と こ ろ が 、 っ た 。 「 そ れ で 来 月 か ら 内 職 を 始 め る こ と に し た ん だ 。 」 山 仲 の 奴 、 は じ め て チ ョ コ レ ー ト 屋 に な っ た 日 、 先 ず ど こ こ う す い あ た み 「 ふ ん ? ー を ね ら っ た と 思 う ? 新 円 の 洪 水 の 熱 海 を あ て こ ん だ ん 「 お 前 の 方 に も 廻 し て や ろ う か 。 」 だ 。 そ れ が 全 然 は ず れ て 、 一 枚 も 売 れ ず 、 荷 物 を 背 負 っ 込 そ よ し な か 「 翻 訳 か い ? 」 て 、 駅 前 の 坂 を 上 っ た と き は 、 木 曾 義 仲 の 最 後 を 思 い 出 し た そ う だ よ 。 」 「 何 ? 闇 屋 だ よ 。 」 「 義 仲 ? 」 「 ふ ん ? ー い た で 「 い や 、 ま あ 、 薬 品 の 外 交 な ん だ が 、 仕 事 の 合 間 に も 出 来 「 そ う 。 義 仲 が 、 最 後 に 傷 手 を 負 う て 、 日 頃 、 何 と も 思 わ よ ろ い お 前 だ っ て 悲 鳴 を 上 げ て る ん じ ゃ な い る 仕 事 な ん だ : ・ な か っ た 鎧 の 金 が 、 身 に 応 え る と 家 来 に 言 う と こ ろ が あ る か ? 」 だ ろ う 。 山 仲 の 奴 、 背 に 負 う 板 チ ョ コ が 、 一 枚 一 枚 、 鋼 チ 「 う ん 、 俺 も 、 ほ ん と に 行 き づ ま っ て き た 。 で も 、 俺 に は ョ コ レ ー ト と 思 え た そ う だ よ 。 そ れ じ ゃ あ 、 噛 ん だ ら 歯 が 外 交 は 無 理 だ ね 。 」 折 れ る ね 。 売 れ な い 道 理 だ よ 。 」 「 そ う か ね え 。 」 「 そ り や 、 そ う か も 知 れ な い な 。 」 二 人 は 黙 っ た 。 し ば ら く し て 片 岡 三 郎 が 言 っ た 。 「 こ の 間 、 家 へ 帰 っ て 「 お 前 、 笑 わ な い な 。 俺 の ユ ー モ ア も 効 力 な し か 。 ・ や み や や っ : と

現代日本の文学 39 野間 宏 集


に 、 今 度 は そ れ が ま だ き て な い か ら ね 。 」 曾 田 は 言 っ て お 「 そ う で つ し や ろ か : 。 そ や け ど な 、 炊 事 の 使 役 に 行 っ て る も ん が 、 し 、 う て る の は : : : 」 東 出 一 等 兵 は 横 の も の に い て 、 木 谷 一 等 兵 を ど こ か で み か け な か っ た か と き い た 。 「 木 谷 は ん だ す か ? あ の こ な い だ か え っ て き や は っ た ? 同 意 を も と め る た め に ふ り む い た 。 ほ う し よ う う ま や あ の 方 や っ た ら 、 砲 廠 か 厩 に い て は る の と ち が い ま っ か ? 「 そ ら 知 ら ん ぜ 、 炊 事 の 使 役 に 行 っ て る も ん が い く ら い う さ っ き あ っ ち の 方 へ あ る い て 行 か は る の を み ま し た け ど 。 」 た か て 、 そ ら わ か ら ん な 。 ー 曾 田 は 言 っ た 。 或 い は そ う 、 東 出 一 等 兵 は 黒 い 皮 の は っ た よ う な 指 で 便 所 の 方 を さ し う て い る の が ほ ん と う な の か も 知 れ な か っ た 。 食 糧 調 達 の た 。 あ す こ に 行 っ て い る の で あ ろ う か と 曾 田 は ポ プ ラ の 樹 関 係 で い つ も 炊 事 に は ど こ よ り も は や く 部 隊 情 報 が は い っ の と こ ろ を 思 い 浮 べ た が 、 そ こ へ す ぐ 行 っ て み る わ け に も て く る の だ 。 し か し い ま 曾 田 の ま わ り に あ つ ま っ て き て い い か な か っ た 。 そ こ へ で か け て 行 っ て 、 も し も そ こ で 木 谷 る 補 充 兵 た ち は 、 み な そ の き い て き た 悪 い ニ ュ ー ス を 否 定 に ば っ た り で あ っ た り す れ ば ど う す る の だ 。 し か し 一 方 そ し て も ら お う と 曾 田 に も と め て 、 さ さ や き 合 っ て い る の こ へ か け つ け て み た い と い う 欲 望 は か な り は げ し い も の が あ っ た 。 「 そ う で つ か な : : : 三 年 兵 殿 、 ま だ わ か ら し ま へ ん の で つ 「 三 年 兵 殿 、 そ や か て な 、 さ っ き 炊 事 の 使 役 に 行 っ て る も か 。 へ え 、 ま だ き ま っ た わ け や お ま へ ん の で つ か 。 」 東 出 ん が か え っ て き て 、 今 度 の 野 戦 行 き は 補 充 兵 が 中 心 で 、 そ 一 等 兵 は 納 得 が い か な い な が ら も 、 よ う や く 言 っ て そ ば を : ・ ハ ケ ツ が ヘ し や げ る が こ へ 古 年 次 兵 殿 が 一 一 人 ず つ つ い て 行 く の ん や い う て ま す ん は な れ た 。 「 お い ど い た れ や ・ : や け ど な 。 」 東 出 一 等 兵 は し わ が れ た 声 で 言 っ た 。 彼 は 以 な 。 」 彼 は 筋 の は っ た 手 の 甲 を 上 衣 で こ す り な が ら 、 仲 間 前 日 雇 大 工 を や っ て い た の で 補 充 兵 の な か で は 作 業 の 面 で た ち に さ さ や い た 。 頭 角 を あ ら わ し て 便 利 が ら れ て い た が 、 も う そ れ ほ ど 力 の 、 う て は る が な 、 三 年 兵 殿 「 ま だ 、 き ま っ た わ け や な い し 帯 あ ま っ て い る と い う 体 で も な く 、 そ の 日 焼 け し た 額 に は 幾 が 、 事 務 室 で し ら べ て は っ て な 、 ま だ き ま っ た わ け や な い ま ぶ た 地 筋 も の 皺 が あ っ た 。 曾 田 は そ の 相 手 が ま じ ま じ と み つ め る て 。 」 左 の 臉 の 上 に 傷 の あ る 佐 野 一 等 兵 も 言 っ て 、 そ れ を 眼 に 消 し と っ て や る こ と の で き な い 不 安 を み つ け て 、 そ れ 皆 に っ た え に 、 人 々 を わ け て 行 っ た 。 真 を じ っ と う け と め る こ と が で き な か っ た 。 「 俺 は き い て な 「 ま だ き ま っ た わ け や な い し 、 う て は る ぜ 。 」 な ら ん で い た い な 。 そ ん な 通 達 は ま だ 正 式 に は ど こ に も で て な い ・ せ 。 」 兵 隊 の 一 人 が 言 っ た 。 し か し 誰 も そ れ で 心 を 安 め て い る も の な ど は い な い 彼 は 言 っ た 。 し わ お れ

現代日本の文学 39 野間 宏 集


い い か け た が 、 急 に 口 を と じ る と 、 向 う の 方 で 「 染 、 染 」 に 服 そ う と は し な か っ た 。 彼 は 三 年 兵 の 前 で は あ ら わ に 眼 、 ん し ん と し き り に よ ん で い る 用 水 兵 長 の 声 の 方 へ と ん で い っ た 。 を し ょ ・ ほ し ょ ぼ さ せ て 謹 慎 の 様 を し て み せ て い た が 、 弓 山 「 染 、 群 福 が 落 蹄 鉄 し た て ? お い 、 染 、 あ し た あ さ 、 す の 言 葉 に 対 し て は 全 く 黙 り こ ん で 返 事 を し な か っ た 。 ぐ た の む ぜ : : : 群 福 は う ち の 班 の 馬 ゃ な い か : 、 お 前 す 曾 田 は 夕 食 後 事 務 室 へ 週 番 士 官 が 安 西 一 一 等 兵 の 処 分 を ど ぐ 蹄 鉄 を う っ た れ よ ー ー お い 、 染 。 」 う す る だ ろ う か を う か が い に お り て 行 っ た が 、 週 番 士 官 は た す し げ き 安 西 の 事 件 は 班 内 に い つ ま で も 尾 を ひ い て 残 っ て い る よ む し ろ 安 西 を 徒 ら に 刺 戟 し て 逃 亡 さ せ る よ う な こ と に な っ う だ っ た 。 初 年 兵 た ち に 対 す る 古 い 兵 隊 の 反 感 は い ま や ば て は 、 最 初 の 学 徒 出 陣 に 傷 を つ け る こ と に な る の で た だ そ く は っ し そ う だ っ た 。 古 い 兵 隊 た ち は 外 出 後 の だ ら だ ら し れ を お そ れ て い る よ う だ っ た 。 週 番 士 官 は 週 番 下 士 官 に 安 た 身 体 と 心 を ひ き ず っ て 一 つ 一 つ の 動 作 に わ ざ と の ろ の ろ 西 二 等 兵 に 注 意 し て い る よ う に と い う 命 令 を あ た え た 。 曾 し た 調 子 を つ け て い た 。 三 年 兵 た ち は ご ろ ん ご ろ ん と 寝 台 田 は そ れ で 安 心 し て ま た 二 階 に あ が っ て き た が 、 彼 は 弓 山 く ち び る の 上 に ね こ ろ ん で 、 互 い に だ き 合 い く す ぐ り 合 い う め き 合 と ぐ ず ぐ ず 言 い 合 っ て 厚 い 唇 を む き 出 し て い る 安 西 を み っ た 。 初 年 兵 は み な 、 い ま に も 自 分 た ち の 上 に ふ り お ち て た 。 曾 田 は 安 西 の そ の 姿 に い か り を 感 じ た が 、 そ れ を 本 人 さ っ き き そ う な は げ し い 罵 声 を 予 感 し て 、 お ど お ど と 身 体 を 動 か に い う 気 に は な れ な か っ た 。 彼 は 先 刻 染 が 木 谷 の こ と に つ せ い と ん し 、 班 内 の 整 頓 を し た 。 弓 山 一 一 等 兵 は い つ も の よ う に は か い て 何 か 言 い か け て い て 言 い 残 し た の は 、 或 に ひ ょ っ と す ど ら な い 初 年 兵 の は た ら き ぶ り に 気 を も ん で 、 お い 佐 藤 お る と 直 接 山 海 楼 へ で か け て 行 っ て き た の で は な い だ ろ う 前 食 器 あ ら い に 行 け 、 お い 、 田 川 、 お 前 、 下 士 官 室 の 掃 除 か 、 と そ の こ と が ず っ と 気 に な っ て い た 。 し か し 夕 食 後 か て ん こ に 行 け と さ し ず し な が ら 、 自 分 は 先 頭 に た っ て 、 兵 器 の 手 ら 点 呼 ま で に 染 に は い ろ ん な 仕 事 が あ っ た 。 馬 具 の 手 入 入 れ を し た 。 い つ の 入 隊 兵 に も 、 い つ も 一 人 だ け こ う し た れ 、 手 入 れ 道 具 の 修 理 、 ひ き づ な の 修 理 な ど 外 出 後 の 仕 事 帯 指 揮 を す る 兵 隊 が で て き て 、 同 年 兵 を 統 率 し て 自 分 た ち を は 多 か っ た 。 そ し て 染 は 曾 田 の と こ ろ に や っ て は こ な か っ 地 ま も り 、 そ の う け る 打 撃 を 少 な く す る 役 割 を は た す も の で た 。 ら よ う ど 真 あ る が 、 弓 山 は 丁 度 い ま そ の 位 置 に あ っ た 。 し か し 彼 は そ 染 に 時 間 の 余 裕 が で き た の は 点 呼 後 の こ と で あ っ た 。 点 も ち ろ ん の た め に は 自 分 が 全 身 の 力 を し ・ ほ っ て 、 み な が 息 を ぬ い て 呼 の と き に は 週 番 士 官 の 注 意 が あ っ た 。 勿 論 安 西 の こ と に い る と き で も 、 た え ず 気 を く ば り 動 い て い な け れ ば な ら な つ い て で あ っ た 。 ・ : ・ : 安 西 二 等 兵 の 帰 隊 時 刻 が お そ く 、 ほ い の で 、 や せ 細 っ て い た 。 と こ ろ が 安 西 は こ の 弓 山 の 指 図 と ん ど お く れ そ う に な っ た こ と 、 そ し て そ れ は 本 人 が 外 出 か ら だ ら く て つ あ る 、

現代日本の文学 39 野間 宏 集


ら く ご し ゃ 闘 の 落 伍 者 で あ り 、 死 が 彼 に お そ い か か る の で あ っ た 。 部 そ の た め に 彼 女 に つ ら く 当 っ た の で あ る 。 『 す ま な い 、 す 隊 全 体 が 餓 え て い る と き 、 自 分 の 食 糧 を 他 人 に 与 え る こ と ま な い 。 』 と 彼 は 敵 を 前 に し て 心 の 中 で 言 っ た 。 そ し て 彼 は 自 分 の 死 を 意 味 し た 。 そ し て 戦 友 同 士 が 一 つ の 食 物 を 間 は 彼 に す べ て を 渡 し て 悔 い る こ と の な か っ た 自 分 の 恋 人 の に は さ ん で 、 に ら み 合 う の だ っ た 。 姿 を 胸 に も ち な が ら 、 戦 闘 の 苦 し み に 堪 え て き た の で あ っ 極 度 に 神 経 の 緊 張 を 強 い る 白 兵 戦 闘 の 合 間 彼 は ふ と 自 分 の 半 生 を ふ り か え っ て み た と き 、 ほ ん と う に 自 分 を 愛 し て 彼 は 支 那 か ら 南 方 の 戦 線 に 出 て 行 っ た 。 そ れ は 初 年 兵 の く れ た も の と 言 っ て は 、 彼 の 接 し て ぎ た 多 く の 人 間 、 親 友 彼 に と っ て は 敵 に 対 す る 闘 い で は な か っ た 。 そ れ は 日 本 兵 あ ん し よ う や 同 僚 な ど の な か に は い ず 、 彼 の 母 親 と 彼 の 死 ん だ 恋 人 以 に 対 す る 闘 い で あ っ た 。 馬 は 熱 暑 の た め に 鞍 傷 を 起 し 、 背 外 に は な い こ と を 彼 は 感 じ た 。 ・ ・ : 戦 闘 間 、 敵 の 散 兵 陣 地 の 皮 は ず る ず る に は ぐ れ 、 鞍 蒲 団 を 置 い て も 使 い も の に な ら ず 、 初 年 兵 が 馬 の 代 り を つ と め て 砲 車 を 引 い た 。 暑 さ は が 奇 妙 に 射 撃 を 中 止 し て 、 熱 苦 し い 沈 黙 が 、 戦 線 に 蔽 い か ぶ さ る と き 、 彼 は 自 分 の 操 作 す る 四 一 式 山 砲 の 眼 鏡 の 中 か 烈 し く 昼 間 行 軍 の 出 来 ぬ 軍 隊 は 夜 行 軍 を 主 と し た 。 午 前 一 ら 前 方 を の そ き 、 向 う に 拡 が る 広 い 草 原 の 後 に 、 新 し い 射 時 起 床 、 一 時 三 十 分 出 発 、 午 前 十 一 時 宿 営 。 し か し 宿 営 撃 目 標 に な る 立 木 を さ が し 求 め な が ら 、 そ の と き 彼 は 自 分 時 、 初 年 兵 は 馬 手 入 、 弾 薬 点 検 、 砲 修 理 、 食 糧 準 備 を し 、 の 過 去 の 人 生 の 内 か ら 、 真 に 自 分 を 愛 し て く れ た そ の 二 人 そ の た め に 彼 等 の 睡 眠 時 間 は 一 日 に 二 時 間 に す ぎ な か っ の 人 間 の 姿 だ け が 、 ひ ら ひ ら と 舞 上 り 、 自 分 の 身 元 に は せ た 。 疲 労 し た 初 年 兵 の 引 く 砲 車 は す す ま ず 、 四 年 兵 、 五 年 寄 っ て く る の を 感 じ た 。 彼 の 死 ん だ 恋 人 は 、 眼 鏡 の 中 に 展 兵 の 上 等 兵 達 は 、 馬 を つ と め る 初 年 兵 を し ば き 上 げ た 。 そ し て 初 年 兵 は よ う や く に し て 古 年 兵 の 攻 撃 か ら 自 分 の 身 を け た 風 景 の 中 か ら 、 彼 女 が ど う し て も 直 す こ と の で き な か 明 っ た 、 長 い 左 足 を 外 輪 に 向 け る 歩 き ぶ り の ま ま 、 近 づ い て 守 り 、 初 年 兵 の 敵 は 、 自 分 達 の 前 方 に い る 外 国 兵 で は な 赤 き た 。 そ し て 彼 は 彼 女 の そ の 姿 が 、 自 分 の 苦 し い 心 の 中 に く 、 自 分 達 の 傍 に い る 四 年 兵 、 五 年 兵 、 下 士 官 、 将 校 で あ 中 つ き 進 ん で く る の を 感 じ た 。 彼 は 彼 女 の そ の 品 の な い 歩 き っ た 。 の ぶ り を 、 心 の 中 で 再 現 し な が ら 、 彼 は 暑 さ と 疲 労 で 弱 り は 味 方 の 敵 兵 で あ る 四 年 兵 、 五 年 兵 に し ば か れ な が ら 、 北 て た 自 分 の 心 臓 を 烈 し く ゆ す ぶ ら れ る よ う に 思 う の だ っ 山 年 夫 は 、 砲 車 の 引 き 綱 を 肩 に か け 、 心 に 恋 人 の 姿 を 持 し げ Ⅱ た 。 と い う の は 、 彼 は 彼 女 の 生 前 彼 女 と 一 緒 に 歩 き な が ち 、 ト ッ ケ ー の 鳴 く 繁 み を 砲 を 引 い て 歩 い て 行 っ た 。 ら 、 彼 女 の そ の 左 足 の 歩 み を 、 心 の 中 で 見 下 げ の の し り 、 「 何 を 考 え て ら っ し や る の ? ま た あ の こ と を 考 え て ら っ こ 0 て い れ

現代日本の文学 39 野間 宏 集


3 昭 和 35 年 中 国 訪 問 の 日 本 文 学 代 ば う じ ゅ ん 表 団 の 一 員 と し て 茅 盾 と 会 見 日 本 文 学 代 表 団 が 工 場 見 学 し た 際 右 か ら 二 人 目 竹 内 実 野 間 亀 井 勝 一 郎 与 ) え る こ と も あ る 「 人 間 の 要 素 の 分 析 と 綜 合 」 で は 、 分 析 と 綜 合 の 方 法 を 同 時 に つ か っ て 『 青 年 の 環 』 第 三 部 を 書 く こ と を 、 新 し い 課 題 と し て 見 す え て い た が 、 一 九 五 五 ( 昭 和 三 十 ) 年 か ら 、 ま た 別 の 長 編 『 地 の 翼 』 が 二 年 に わ た っ て 連 載 さ れ は じ め る 。 こ の 『 地 の 翼 』 も 未 完 で 中 絶 し 、 一 九 五 八 年 か ら 新 し く 長 編 『 さ い こ ろ の 空 』 が 連 載 を 開 始 す る 。 そ し て 一 九 五 九 ( 昭 和 三 十 四 ) 年 に 出 版 さ れ た 。 『 地 の 翼 』 は 共 産 党 が 地 域 人 民 闘 争 か ら 一 転 し て か え ん 極 左 冒 険 主 義 を 打 ち だ し 、 火 焔 ビ ン 戦 術 を と る 時 期 の 地 区 細 胞 の 活 動 を 書 き 、 『 さ い こ ろ の 空 』 は 巨 大 な 四 大 証 券 会 社 に 対 す る 中 小 証 券 業 者 の た た か い を 書 い て い て 、 『 青 年 の 環 』 と は つ な が ら な い 。 『 真 空 地 帯 』 を 完 成 し た あ と 野 間 氏 は 、 軍 隊 を と ら え る 二 つ の 小 説 の 計 画 を 語 り 、 「 戦 闘 こ そ は 軍 隊 の 本 質 で あ り 、 資 本 主 義 、 帝 国 主 義 の 本 質 な の で あ る 」 と い っ た が 、 野 間 氏 の 関 心 は 、 こ の 資 本 主 義 の 本 質 の 問 題 の 方 へ 、 つ ま り 綜 合 の 方 へ 、 よ り 強 く 傾 い て い た よ う で あ る 。 そ し て 『 さ い こ ろ の 空 』 こ そ 、 新 し い 綜 合 の 方 法 に す す み 出 て き た 野 間 氏 の 文 学 を 、 わ れ わ れ に 実 証 す る の で あ る 『 さ い こ ろ の 空 』 の 連 載 を は し め て ま も な く 、 野 間 氏 は 「 感 覚 と 欲 望 と 物 に つ い て 」 と い う 論 文 を 書 い て い 458

現代日本の文学 39 野間 宏 集


礼 式 に は 細 則 が 多 い 。 ふ く ら ま さ れ 、 さ ら に つ ぎ つ ぎ と 重 ね あ わ せ て い く 。 一 一 石 一 一 人 の 生 存 の 間 を : ・ : ・ 「 生 存 」 と い う よ う な や や 生 硬 で 重 一 = 0 古 い 兵 隊 兵 隊 の 間 で は 、 階 層 の ほ か に 、 入 営 の 新 し い 古 い い 哲 学 的 用 語 を 使 っ て も 、 決 し て 不 自 然 で は な く 、 む し ろ こ の に よ っ て 、 先 輩 風 を 吹 か す 場 合 が 多 い 。 刑 務 所 が え り の 四 年 次 最 後 の 一 句 は 、 こ の 小 説 を 読 ん だ 人 に と っ て は 、 い つ ま で も 忘 と し て の 「 木 谷 」 が 内 務 班 に も ど る 、 し か も 、 の ち に わ か っ て れ が た く 残 る こ と ば と も な る 。 く る よ う に 無 実 の 罪 だ っ た と い う 設 定 は 、 こ の 長 篇 小 説 の 冒 頭 か ら 読 者 を ひ き こ む 。 真 空 地 帯 一 三 三 軽 蔑 の 表 現 准 尉 は 、 陸 軍 士 官 学 校 出 身 の 将 校 や 幹 部 候 補 生 あ が り の 、 若 い 、 苦 労 知 ら ず の 士 官 に 対 し て 表 面 は 従 い つ つ 一 一 穴 使 役 兵 軍 隊 経 験 の あ る も の に は 、 こ の 軍 隊 用 語 は 忘 れ が た も 、 「 ふ ん 」 と い っ た 態 度 を よ く と る 。 い も の の ひ と つ 。 本 務 以 外 の 雑 用 を す る 兵 隊 。 一 一 穴 補 充 兵 現 役 兵 の 補 充 と し て 召 集 さ れ た 兵 隊 。 高 年 齢 の も の 一 三 三 襟 布 陸 軍 の 兵 隊 は 、 軍 服 を 着 て も い わ ゆ る 民 間 の カ ラ ー を つ け ず 、 こ の 「 襟 布 」 を つ け る 。 も 多 か っ た 。 一 一 穴 学 徒 出 陣 太 平 洋 戦 争 の 戦 局 の 悪 化 に 伴 い 、 徴 兵 猶 予 の 特 典 一 三 四 軍 曹 曹 長 の 下 位 。 伍 長 の 上 位 。 伍 長 と と も に 下 士 官 の 中 堅 。 旧 陸 軍 は 、 こ れ ら の 下 士 官 に よ っ て 掌 握 さ れ 、 さ さ え ら れ を 与 え ら れ て い た 学 生 に も 動 員 令 が 降 り 、 出 陣 す る こ と に な っ て い た と こ ろ が 多 い た 。 そ の 第 一 回 は 、 昭 和 十 八 年 の 秋 で 、 壮 行 会 が 明 治 神 宮 外 苑 一 三 六 軍 袴 ズ ボ ン の こ と 。 ズ ボ ン 下 の こ と を 「 袴 下 ー と い う 。 で 挙 行 さ れ た 。 ず れ も 、 外 来 語 、 民 間 用 語 を 退 け 、 わ ざ と む す か し い 漢 字 を あ 一 六 内 務 班 兵 営 内 で つ ね に 起 居 を と も に す る 用 員 で 構 成 さ れ て て て い っ た も の 。 い る 班 。 こ こ で い っ さ い の し つ け 、 訓 練 が 行 な わ れ る 。 軍 隊 生 一 夭 今 井 で ん が な こ の 作 品 に は ね ば っ こ い 大 阪 弁 が 有 効 に 使 わ 活 の 基 部 で あ り 、 軍 隊 制 度 を 底 辺 で 支 え て い る 。 れ て い て 、 そ れ が 内 務 班 の 閉 鎖 的 雰 囲 気 に マ ッ チ す る 。 一 一 穴 星 三 つ の 肩 章 陸 軍 上 等 兵 の し る し 。 一 一 穴 准 尉 下 士 官 か ら あ が っ て い っ た 人 の 最 高 位 。 少 尉 と 同 じ く 一 三 九 練 兵 休 病 気 や 軽 傷 の た め 、 毎 日 の 訓 練 を 休 ん で 休 養 す る こ と 。 将 校 待 遇 を 受 け る 。 そ の 際 の 主 的 存 在 で 、 小 隊 長 、 中 隊 長 以 上 に 、 兵 隊 の 状 態 を 知 悉 し 、 掌 握 し 、 人 事 に つ い て も 強 い 発 言 権 西 一 安 西 一 一 等 兵 大 学 出 の こ の 安 西 一 一 等 兵 の 存 在 は こ の 作 品 で は を 持 っ て い る 。 重 要 。 エ ゴ イ ス チ ッ ク で ず る く 、 し か も 使 い も の に な ら な い 。 こ の 「 安 西 」 を 、 同 じ 大 学 出 の し つ か り し た 考 え を 持 ち 思 い や 一 元 曹 長 下 士 官 の 上 位 。 こ の 曹 長 の う ち の 特 別 の も の が 「 特 務 り の 深 い 「 弓 山 」 と の 対 比 、 あ る い は 、 庶 民 出 身 の 率 直 で ・ ハ イ 曹 長 」 、 す な わ ち 「 准 尉 」 で あ る 。 タ リ テ ィ の あ る 正 義 派 の 「 染 」 と の 対 比 に お い て 描 か れ て い 一 元 軍 隊 礼 式 令 敬 礼 か ら は じ ま り 、 軍 隊 内 の い っ さ い の 礼 式 に く 。 さ ま ざ ま の 人 物 の 対 応 、 対 照 が こ の 作 品 の 特 色 の ひ と つ 。 関 す る 規 則 。 軍 隊 で は 上 下 の 関 係 が き び し い た め 、 と く に こ の こ し た

現代日本の文学 39 野間 宏 集


埃 り が ま い 上 り 、 板 張 り の 橋 が 、 み し み し 鳴 っ て い た 。 二 が ら 、 黙 り 合 っ て い た 。 人 は 川 に 沿 う て 日 本 橋 の 方 へ 歩 い て 行 っ た 。 「 北 山 さ ん 。 」 と や が て 彼 女 は 、 い つ も の よ う に 自 分 の 顔 「 も う 、 足 は 癒 り ま し た か ? 」 し ば ら く し て 彼 が 言 っ た 。 を み つ め て い る 彼 の 眼 を は ず し な が ら 言 っ た 。 「 あ な た こ 「 足 ? 」 彼 女 が 髪 の 毛 の ふ り か か っ た 顔 を 向 け た 。 の 間 、 何 か を み つ け る と 言 っ て ら し っ た の 、 み つ か り そ う な ん で す の 。 」 「 え え 。 さ っ き 階 段 に つ ま ず い て 、 び つ こ 引 い て た で し ょ 「 さ あ 、 そ う 簡 単 に は ね 。 で も 、 僕 は ま た 勉 強 を は じ め ま 「 え え 、 す っ か り 。 あ た し こ の 頃 、 何 だ か 気 が め い っ て 。 し た 。 働 き な が ら 、 勉 強 す る 気 持 が で て き た の で す 。 い っ あ の と き も 、 何 か い ろ ん な こ と を 考 え て 、 。 ほ ー っ と し て た か 、 僕 の よ う な も の で も 、 い い 人 間 に な れ る で し よ う 。 い の よ 。 」 い 人 間 に な っ て 、 死 に た い 、 そ う 考 え て い る の で す 。 」 「 以 前 は こ ん な こ と は な か っ た ん で す の に 、 ど う し た も の 「 あ の 戦 争 を 通 っ て 生 き て い た ん で す か ら 。 そ う い う 生 き か 、 あ た し 、 こ の 頃 、 急 に 何 だ か 心 細 く な っ て 。 」 方 が で き な け れ ば 、 死 ん で い た 方 が よ か っ た よ う な も の で 「 ふ ん ? あ な た が ね 。 」 「 え え 。 変 で し よ う か ? 」 「 き っ と 、 い い 日 が く る と 私 も 思 い ま す わ 。 」 一 一 人 は 公 園 の 人 だ か り の 横 を 通 っ て 銀 座 の 方 へ 出 て 行 っ 「 誰 に で す ? 日 本 人 に で す か ? 」 よ ど 「 い い え : : : 」 彼 女 は 言 い 淀 ん だ 。 「 い つ も 、 あ な た に 何 し て 頂 い て 、 今 日 は 、 あ た し 、 な に 月 さ せ て 頂 き ま す わ 。 」 「 あ た し 、 こ の 間 か ら 北 山 さ ん に 、 だ れ か 、 い い 方 を み つ 赤 「 い つ も と 言 っ て も 、 コ ー ヒ 】 だ け じ ゃ あ り ま せ ん か 。 」 け て あ げ な く て は と 考 え て い ま す の よ 。 」 中 「 で も 、 何 で す も の 。 今 日 は あ た し 、 少 し は 、 お 金 が あ り 「 え え 、 」 北 山 年 夫 は 言 葉 を 切 っ た 。 彼 は し ば ら く 黙 っ て 彼 女 の 言 葉 の 意 味 を 考 え て い た 。 顔 ま す の よ 。 」 二 人 は 簡 単 な 食 事 を 取 り 、 お い し い コ 1 ヒ ー を 飲 も う と 「 あ り が と う 。 」 と 彼 は 冷 や か に 言 っ た 。 「 で も 、 あ な た の 、 こ 、 方 は ど う な ん で す ? 」 言 っ て 次 の 店 に は い っ た 。 二 人 は 互 い に 何 か 話 し 合 し こ と が あ り 、 話 し 合 わ ね ば な ら ぬ こ と が あ る よ う に 思 い な 「 あ た し の 方 ? ー 堀 川 倉 子 は か す か に 顔 を 後 に 引 い た い た だ な お