検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽 仮名の悲劇

写楽 仮名の悲劇から 500件ヒットしました。

写楽 仮名の悲劇


新 潮 文 庫 写 楽 仮 名 の 悲 劇 梅 新 原 猛 著 0 0 潮 社 46 の 版

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 「 按 記 」 よ り 以 前 、 つ ま り 写 楽 に よ り 近 い 時 期 に 書 か れ た 、 そ し て 他 の 浮 世 絵 師 に 対 し て も か な り 正 確 な 図 で あ る 「 倭 画 巧 名 尽 」 の 方 を 重 視 す べ き で は な い か と 思 う 。 三 馬 は 、 南 畝 や 京 伝 の よ う に 写 楽 が 誰 で あ る か 、 は っ き り 知 っ て い た か ど う か は 分 か ら な し か し 、 彼 は 写 楽 の 絵 の 性 質 と い う も の を 、 し つ か り 認 識 し て い た よ う に 田 5 わ れ る 。

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 し 写 楽 が 豊 国 で あ っ た と す れ ば 、 豊 国 が 寛 政 六 年 の 五 月 か ら 翌 年 の 一 月 に か け て 、 果 た し て か め い こ の よ う な 絵 を 描 く こ と が 出 来 た の か ど う か 。 そ し て な ぜ 彼 は そ の よ う な 仮 名 を 名 乗 っ て 絵 を 描 か な け れ ば な ら な か っ た の か 。 な ぜ 写 楽 絵 は 急 激 に そ の 形 式 を 変 え て 、 わ ず か 十 カ 月 で と ・ つ し ゅ ・ つ さ い 消 滅 し た の か 。 東 洲 斎 写 楽 と い う 名 は い か な る 意 味 を 秘 め て い る の か 。 そ し て 写 楽 が 豊 国 で あ っ た と す れ ば 、 い か に 見 事 に 今 ま で の 写 楽 に 関 す る 謎 が 解 明 さ れ る の か 。 そ し て 写 楽 が 豊 国 な ら ば 、 江 戸 の 浮 世 絵 史 、 ひ い て は 江 戸 の 文 化 史 が い か に 一 貫 し て 説 明 さ れ る の か 。 も し も そ の 説 が 可 能 で あ る と す れ ば 、 こ の 説 を お お っ て い た も の は 何 で あ ろ う か 。 こ れ ら の 問 い め い せ き を 明 晰 に 一 点 の 疑 点 も な い よ う 説 明 し な く て は な ら な い

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 248 之 の 世 舞 広 者 谷 嵶 ~ 役 大 国 代 姿 平 谷 之 又 大 又 台 世 目 佐 役 の 楽 次 国 亠 ~ , 写 広 朝 ぎ 、 第 豊 嵐 中 低 の 曲 が っ た 鼻 は 、 豊 国 絵 に も 一 一 点 の 写 楽 絵 に も 共 通 で あ る 。 写 楽 絵 の 右 手 と 豊 国 絵 の 左 手 も よ く 似 て い て 、 例 の 感 情 が 高 ぶ り 緊 張 し て 震 え て い る 様 子 を 示 し て い る 。 写 楽 絵 の 竜 蔵 の 着 物 は 、 彼 の 定 紋 ( 子 持 ち 分 銅 ) を 簡 略 に し た 分 銅 文 様 が 全 体 に 施 さ れ て い る が 、 同 じ 文 様 が 豊 国 絵 の 着 物 に も 現 れ て い る 。 大 谷 広 次 の 奴 土 佐 乂 平 も 、 と も に 左 向 き で 、 や は り 同 じ よ う な 表 情 を 見 せ る 。 ど こ と な く

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 272 知 し て い た の で あ ろ う 。 何 度 も 一 言 う が 、 写 楽 別 人 説 は 、 ま す 二 人 の 描 い た 役 者 絵 の 強 い 酷 似 を 前 提 に し て し か 成 り 立 た な い の で あ る 。 き よ な が 鳥 居 清 長 が 天 明 四 年 に 描 い た 宗 十 郎 の 絵 を 見 る と 、 そ の 宗 十 郎 は 春 章 の 描 い た 宗 十 郎 と も 写 楽 の 描 い た 宗 十 郎 と も か な り 違 う 。 顔 は 写 楽 や 春 章 よ り は る か に 面 長 に な り 、 目 も 細 く 鼻 も ス ラ リ と 通 り 、 背 も 高 く な り 、 い わ ゆ る 清 長 が 描 く 美 人 画 に 似 て く る 。 清 長 は 誰 よ り も 江 沢 村 宗 十 郎 ( 春 章 画 ) 沢 村 宗 十 郎 ( 春 英 画 ) お も な が 沢 村 宗 十 郎 ( 清 長 画 )

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 代 斎 こ 己 が ば 画 ふ て か な な の 楽 い 問 つ 名 つ 大 ぬ 本 つ わ 写 仮 が 同 を 多 量 特 名 あ た れ 楽 名 及 誰 の 使 が か 代 、 ん ね カ ゞ の と 。 あ と 者 名 か ば A ム そ 十 事 し あ し そ し 沈 中 の 画 ら あ に 秘 3 き 写 な は 情 も 伏 ざ が か と い な に め 楽 な ら い 自 十 役 で あ よ 時 己 分 者 て 仮 客 を 世 に 絵 い 名 新 実 に 発 絵 な も 表 師 ぜ の 本 寛 の 作 名 欲 大 ど 術 明 つ 好 、 明 暗 を 百 か ロ れ 名 、 は が 年 さ に ね 四 で て で ば 隠 け 自 五 月 い な し れ 分 る 、 い 枚 作 す 力 、 ば の し 引 ら 鍵 を な わ な 作 が 隠 は す で 名 カ 月 ん れ 分 カ い 発 の て 間 の で 強 に お に 理 れ ' 役 あ 大 由 を 楽 た な 者 る 心 画 い 絵 こ 何 里 百 て ち 。 を 四 十 楽 い す 発 あ 何 さ 表 る し 事 の な れ た か せ ば 絵 た 情 し と の い で た け れ の 描 い 己 。 る の と は い か 東 こ へ 同 そ 、 し 、 い た ん 時 。 洲 ね る 者 写 ④ い っ 現 る 在 ー で れ て い な つ は つ し 、 て の 時 の と カ ゞ 若 そ 、 干 の 及 政 解 謎 者 を 写 と つ の の を 暗 す る 秘 か 隠 さ れ る で は い の 楽 名 な の い ど 画 に 自 真 分 自 の 小 る 建 を て い に い よ っ 家 と 、 て 、 か わ 写 て 殀 な も 小 す た 十 そ な と ら い が と 残 を な 彼 彼 が と 自 亡 月 を も も で る の っ に し 考 ぐ 自 着 た い 工 ( し 、 自 市 、 そ に わ ば な ら も の の 者 る と 小 っ の 欲 作 ら 仮 た か ぜ ら た の 、 カ ゞ 説 ら い な の 情 の 在 わ し る こ 作 さ 本 考 か 都 た 名 ス - な 名 写 す 使 が に A で れ ば 隠 A ま く の 術 の た く ら か の 自 の つ つ る 雇 頁 つ 合 な あ ざ ら 品 画 続 号 仮 家 尊 も な す 名 れ 表 合 絵 あ 豸 ミ を に さ 、 て ざ を を 。 表 自 る を る て 、 、 作 し ら い そ は 満 で 斎 こ 多 、 足 作 な を 本 ら 発 場 者 る す を の カ ゞ な ロ ロ 浮 ば の ば 多 楽 画 あ る の が か 、 が も ( 3 ) し で る 、 写 し 、 つ で 謎 42 か 百 別 、 四 家 事 枚 が わ を を て 。 わ な ざ 仮 つ て ば な 万 北 も ロ ロ ど の の く を

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 学 一 働 、 ヘ 2 者 が 口 上 書 を 読 ん で い る 。 芝 居 の 口 上 を 読 む の は 多 く 歳 を と っ た 役 者 で あ り 、 こ し の づ か う ら え の 人 物 は 当 時 の 都 座 の 頭 取 、 篠 塚 浦 右 衛 門 で あ る と も 言 わ れ る 。 し か し 、 こ の 坦 「 口 上 図 」 に は お か し な と こ ろ が あ る 。 ロ そ れ は 、 こ の 口 上 書 の 文 面 で あ る 。 「 ロ 上 自 是 一 一 番 目 新 板 似 顔 奉 入 御 覧 候 」 と 写 い う 文 字 が 、 裏 か ら か す か に 読 め る 。 裏 か ら 読 む の で 左 右 が 反 対 に な っ て い る が 、 て い ね い に 読 む と そ の 意 味 が わ か る 。 し か し 、 わ か っ て み れ ば 何 の こ と か と 言 い た く な る 。 そ こ に は 都 座 の 口 上 で は な く 、 写 楽 の 描 い た 第 一 一 期 の 浮 世 絵 を よ ろ し く 頼 む 、 と い う 意 味 の 文 句 が 書 か れ て い る の で あ る 。 こ の あ た り に 、 写 楽 の ユ ー モ ア が あ る 。 お そ ら く こ れ は 、 純 粋 な 役 者 分 部 舞 台 の 姿 絵 で は な い の で 、 豊 国 絵 と の 形 右 式 の 競 合 を 注 意 深 く 避 け た 写 楽 も 、 大 判 も ん

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 小 に し き な ど に あ り 、 草 双 紙 も あ り こ れ は 明 ら か に 二 人 ず つ が セ ッ ト で 、 「 こ れ ま た 」 と い う 一 言 葉 で 結 ば れ て い る 。 歌 麿 と 栄 之 が 美 人 画 、 国 政 と 写 楽 が 歌 舞 伎 役 者 の 似 顔 絵 、 窪 俊 満 と 宗 理 が 狂 歌 摺 物 の 絵 、 そ し て 豊 国 し ゅ ん ま ん 窪 俊 満 か め ゐ ち ゃ う 亀 井 町 に 住 す 、 狂 歌 す り 物 の 絵 の み を か く 、 左 筆 也 、 左 堂 と 云 ( 朱 書 ) そ う り 二 代 目 寛 政 十 年 の 頃 、 北 斎 と 改 ム 三 代 目 宗 理 北 斎 門 人 理 す り こ れ ま た 狂 歌 摺 も の 画 に 名 高 し 、 浅 草 に 住 す 、 す べ て す り も の の 画 ハ 、 錦 に 似 ざ る を 貴 ぶ と ぞ 豊 か ぶ き 錦 絵 を よ く す 、 墨 と 紫 斗 に て 彩 色 の に し き 絵 を か き は じ む 、 歌 舞 妓 役 者 の 似 顔 を も よ く

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 414 豊 国 の 落 款 一 つ 一 つ の 字 を と っ て 、 写 楽 絵 と 豊 国 絵 の 比 較 を す れ ば 、 あ る い は 興 味 深 い 結 論 が 出 る か も し れ な 0 。 豊 国 が 一 陽 斎 豊 国 と い う 落 款 を 錦 絵 に 署 名 し た の は 、 享 和 の 初 「 鼠 子 婚 礼 塵 劫 記 」 め で あ る 。 こ の 字 の 書 き 方 も 、 や 寛 政 五 は り 「 東 洲 斎 写 楽 」 と い う 字 の 書 重 。 ソ 再 、 ・ 第 一 御 徳 用 物 語 」 寛 政 六 き 方 と 似 て い る 。 字 の 配 置 が だ い ぶ ア ン バ ラ ン ス な の で あ る 。 無 造 「 揚 屋 町 伊 達 豆 腐 屋 」 型 三 國 寛 政 六 作 な 字 で あ る が 、 な か な か 味 の あ 「 役 者 舞 台 之 姿 絵 」 寛 政 六 ・ 五 月 る 字 で あ る 。 ま た 「 斎 」 と い う 字 に つ い て い え ば 、 た と え ば 一 筆 斎 文 調 は 、 明 和 七 年 十 一 月 以 前 に は 「 一 有 」 と 書 い た が 、 明 和 七 文 化 元 ・ ニ 月 年 の 顔 見 世 興 行 以 後 、 「 - す と 書 い た 。 写 楽 は 豊 国 と 同 じ よ う 寛 政 六 ・ 八 月 に 、 「 斎 」 の 字 の 下 を と い う ふ う に 書 い て い る 。 こ う い う 精 密 な 噺 錦 絵 従 長 崎 強 飯 」 天 明 七 「 朝 日 奈 茶 番 曾 我 」 寛 政 五

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 264 我 』 の ほ う は 曾 我 対 面 の 場 面 の み 描 か れ く ど う す け つ わ て い る 。 お そ ら く 、 右 か ら 工 藤 祐 経 、 曾 我 十 郎 、 曾 我 五 郎 の 順 に な る の で あ ろ う 。 に ど の と こ ろ が 写 楽 は 、 同 じ 一 月 の 桐 座 『 再 か け か つ い ろ そ が 魁 罧 曾 我 』 で も 、 同 じ よ う な 舞 台 を 描 い て い る 。 同 じ く 右 か ら 工 藤 、 十 郎 、 五 郎 の 、 い わ ゆ る 曾 我 の 対 面 の 場 面 で あ る が 、 私 は こ の 二 組 の 絵 を 見 て 奇 妙 な 感 じ に 駆 ら れ ざ る を え な か っ た 。 な せ 写 楽 は 最 後 に 曾 我 の 対 面 の 舞 台 の 絵 を 、 し か も き - 都 座 と 桐 座 の ほ と ん ど 同 じ 舞 台 を 描 い た の だ ろ う か 。 舛 題 も 違 う の だ か ら 舞 台 も 違 う は す な の に 、 そ う い う 違 い を 一 切 捨 象 し て 、 同 じ 対 面 の 舞 台 の み を 描 い た の か 。 な に か こ の 絵 に は 、 隠 さ れ た 意 味 か 秘 め ら れ て い る の で は な い か 。 そ れ は ま 再 た 後 に 考 、 え る こ と に し よ 、 つ 楽 写