検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽 よみがえる素顔

写楽 よみがえる素顔から 220件ヒットしました。

写楽 よみがえる素顔


主 な 参 考 文 献 野 口 米 次 郎 『 写 楽 』 ( 一 九 三 一 一 年 、 誠 文 堂 ) 吉 田 暎 一 一 『 写 楽 』 ( 一 九 五 七 年 、 美 術 出 版 社 ) 吉 田 暎 一 一 『 浮 世 絵 師 と 作 品 Ⅲ 』 ( 一 九 六 四 年 、 緑 園 書 房 ) 鈴 木 重 三 『 写 楽 』 浮 世 絵 美 人 画 ・ 役 者 絵 六 ( 一 九 六 六 年 、 講 談 社 ) 榎 本 雄 斎 『 写 楽 ー ー ・ ま ば ろ し の 天 才 』 ( 一 九 六 九 年 、 新 人 物 往 来 社 ) 谷 峯 蔵 『 写 楽 新 考 』 ( 一 九 八 一 年 、 文 藝 春 秋 ) 浮 世 絵 八 華 4 『 写 楽 』 ( 一 九 八 五 年 、 平 凡 社 ) 瀬 木 慎 一 『 写 楽 実 像 』 ( 一 九 八 五 年 、 美 術 公 論 社 ) 宗 谷 真 爾 『 写 楽 絵 考 』 ( 一 九 八 五 年 、 大 和 書 房 ) 中 右 瑛 『 写 楽 は 十 八 歳 だ っ た ! 』 ( 一 九 八 五 年 、 里 文 出 版 ) 渡 辺 保 「 東 洲 斎 写 楽 』 ( 一 九 八 七 年 、 講 談 社 ) 梅 原 猛 『 写 楽 仮 名 の 悲 劇 』 ( 一 九 八 七 年 、 新 潮 社 ) 松 木 寛 『 蔦 屋 重 三 郎 』 ( 一 九 八 八 年 、 日 本 経 済 新 聞 社 ) 田 村 善 昭 『 写 楽 と 相 撲 絵 』 ( 一 九 八 八 年 、 徳 島 県 出 版 文 化 協 会 ) 定 村 忠 士 『 写 楽 が 現 れ た 』 ( 一 九 八 九 年 、 一 一 見 書 房 ) 明 石 散 人 ・ 佐 々 木 幹 雄 『 東 洲 斎 写 楽 は も う い な い 』 ( 一 九 九 〇 年 、 講 談 社 ) 218

写楽 よみがえる素顔


最 初 は 蔦 屋 重 三 郎 出 版 の 浮 世 絵 版 画 の お お よ そ の 数 す ら 見 当 が っ か な い ま ま 、 や み く も に 美 術 書 や カ タ ロ グ の ペ ー ジ を め く る と き が 過 ぎ た 。 写 楽 の 絵 が 、 歌 麿 や 清 長 、 長 喜 、 春 朗 な ど と こ も ご も に 現 れ て く る 。 そ こ で 、 あ る と き ふ と 改 め て 考 え は じ め た 。 写 楽 の 絵 の 特 徴 は 、 一 体 ど こ に あ る の だ ろ う か ? 真 の 鑑 定 に 肉 筆 画 と 同 様 に 「 落 款 」 の 筆 跡 を も っ て し よ う と し た こ と が あ る 。 が 、 版 画 と い う 作 品 の 性 格 上 、 も し も 落 款 の 筆 跡 を 問 題 に す る な ら 、 現 代 版 画 の よ う に 一 点 一 点 作 者 が 自 筆 で 落 款 を す る 以 外 に な い は ず だ 。 実 際 の 浮 世 絵 版 画 で は 、 落 款 も 印 刷 の う ち だ 。 落 款 を ハ ン コ の よ う に 版 下 絵 に 複 製 し て い く こ と も 可 能 な の だ か ら 、 す ぐ に 真 贋 の 決 め 手 に は な ら な い 。 や は り 、 版 下 絵 を 作 る 時 点 、 段 階 で 、 絵 師 の 手 が 刻 み つ け 、 以 後 の 彫 り 摺 り の 過 程 で は お い そ れ と 変 更 で き ず 、 真 似 で き な い よ う な 、 絵 そ の も の の 特 徴 で な け れ ば な ら な い 。 松 木 寛 『 蔦 屋 重 三 郎 — 江 戸 芸 術 の 演 出 者 』 ( 日 本 経 済 新 聞 社 ) で 展 開 さ れ た 「 写 楽 の 耳 の 線 に 対 す る モ レ ル リ の 説 」 が ま ず 頭 に 浮 か ん だ 。 こ れ に は 時 間 的 に あ い 前 後 す る が 、 石 田 泰 弘 氏 か ら は ま っ た く 逆 の 立 場 か ら ア プ ロ ー チ し た 新 説 も 出 さ れ た ( 「 写 楽 歌 麿 同 人 説 — 写 楽 の 耳 と 歌 麿 の 耳 」 一 九 九 四 年 十 月 「 写 楽 と 歌 麿 ・ 江 戸 の 浮 世 絵 展 」 図 録 ) 。 写 楽 の 耳 は 、 完 全 に 意 識 的 な 造 形 の 産 物 で あ っ て 、 そ の 点 で は 、 歌 麿 の 耳 も 同 様 で あ り 、 当 時 の 浮 世 絵 師 の な か で こ の 両 者 だ け が 、 耳 を ま っ た く 同 じ よ う に 描 い て い た 、 写 楽 は 、 じ つ は 歌 麿 の 隠 れ た 名 前 で は な い か 、 と い う 説 で あ る 。 174

写楽 よみがえる素顔


な も の と し て 生 き る 。 だ が 、 近 々 と 手 に と っ て み る 浮 世 絵 版 画 の 場 合 は 違 う 。 で は 、 浮 世 絵 版 画 の 上 で 本 物 の 役 者 の 目 を ど う 描 く か 。 か り に ク ル ト が い う よ う に 「 真 の 写 し 」 を 写 楽 が 目 指 し た と し た ら 、 彼 が 理 解 し た 「 真 の 写 し 」 の 内 容 は ど ん な も の だ っ た の だ ろ う 。 能 面 の リ ア リ テ ィ 1 で は な く 絵 画 と し て の リ ア リ テ ィ ー の 追 求 が 、 改 め て 始 ま っ て い た の で は な い だ ろ う か 。 以 上 は 、 写 楽 作 品 の 第 一 期 か ら 第 四 期 に 至 る 、 あ の 変 化 を 説 明 す る 一 つ の 素 人 風 の 仮 説 で あ る 。 能 役 者 絵 師 ・ 写 楽 を 本 当 に 追 求 す る 作 業 は 、 こ れ か ら 始 ま る べ き で あ ろ う 。 相 撲 版 下 絵 「 大 童 山 と 谷 風 」 に 対 す る 疑 問 と し て 、 顔 の 線 に 見 ら れ る 修 正 の 真 実 さ に 比 べ て 、 着 物 の 線 に 見 ら れ る あ ま り に も 素 人 っ ぱ す ぎ る 線 の 頼 り な さ は ど う し た こ と か と い う 矛 盾 が あ る 。 だ が 、 写 楽 に と っ て は あ の 顔 が す べ て で は な か っ た か 。 版 下 絵 を 最 終 的 に 相 撲 錦 絵 と し て 完 成 さ せ る こ と を 引 き 受 け て い た の は 蔦 屋 重 三 郎 で あ っ た 。 蔦 屋 重 三 郎 に は 、 そ れ を 間 違 い な く 実 現 す る だ け の 浮 世 絵 版 画 制 作 の 強 力 な チ ー ム が あ っ た 。 そ し て 、 こ の 蔦 屋 の 強 力 な チ ー ム の 存 在 に も か か わ ら ず 、 蔦 屋 重 三 郎 と 東 洲 斎 写 楽 の 間 に あ っ た 微 妙 な ず れ 、 す れ ち が い は 補 い よ う が な か っ た の で は な い だ ろ う か 。 写 楽 が な ぜ 、 そ し て い つ 、 浮 世 絵 版 画 の 世 界 か ら 身 を 引 い た の か 、 「 真 を 画 く 」 こ と に 疲 れ た の か 、 あ る い は 主 君 蜂 須 賀 侯 に 従 っ て 江 戸 を 離 れ た の か 、 は っ き り と し た こ と は ま だ わ か ら な い 。 い ず れ に せ よ 、 時 代 も ま た 、 次 の コ マ へ と 、 か た り と 動 い て い た よ う に 思 う 。 214

写楽 よみがえる素顔


「 大 童 山 土 俵 入 」 三 枚 続 の 色 板 木 の 謎 に 始 ま っ て 、 「 写 楽 が 現 れ た 日 」 を 特 定 す る ま で 、 私 た ち の 写 楽 追 跡 は 、 相 撲 絵 と い う 土 俵 を 中 心 に し て 進 め ら れ て き た 。 い ま 一 つ の 仕 事 も 、 や は り 相 撲 に 関 係 し て い る 。 か っ て 明 治 か ら 大 正 に か け て の 浮 世 絵 商 で あ る と と も に 、 代 表 的 な コ レ ク タ ー で も あ っ た 小 林 文 七 の 手 元 に 、 写 楽 が 描 い た 相 撲 版 下 絵 九 枚 が あ っ た が 、 関 東 大 震 災 で 灰 に な っ て し ま っ た と い う こ と は 、 以 前 か ら 知 ら れ た こ と だ っ た 。 現 在 で は 、 そ の 版 下 絵 は 、 写 真 版 で 見 る こ と が で き る ば か り で あ る 。 楽 こ れ と は 別 に 、 一 九 七 四 年 ( 昭 和 四 九 年 ) 、 ロ ン ド ン の 競 売 会 に 有 名 な べ べ 1 ル ・ コ レ ク シ ョ 斎 ン の 一 部 が 出 品 さ れ 、 そ の 一 点 と し て 写 楽 の 版 下 絵 ( 正 確 に は 下 絵 ) 「 大 童 山 と 谷 風 」 が 出 さ れ 東 て 、 日 本 人 コ レ ク タ ー 坂 本 五 郎 氏 の 手 に 落 札 さ れ た こ と が 知 ら れ て い た 。 一 写 楽 の 時 代 の 力 士 た ち が 二 人 ず つ 着 物 姿 で 描 か れ た 、 都 合 一 〇 枚 の こ れ ら 版 下 絵 は 、 昭 和 十 年 第 代 の 研 究 が 基 礎 に な っ て 、 写 楽 の 真 筆 で あ る と は 必 ず し も 言 い 難 い と い う 通 説 が 成 立 し て い た 。 院 境 内 ま で 短 時 間 内 に 往 復 し な け れ ば な ら な い 。 木 挽 町 か ら 本 所 ま で の 道 の り を 具 体 的 に 検 討 し た う え で 、 こ れ は 不 可 能 だ と い う の が 、 私 た ち の 結 論 だ っ た 。 一 〇 枚 続 き の 相 撲 版 下 絵

写楽 よみがえる素顔


ハ テ 地 あ る 。 脇 に は 奴 ( 凧 ) も い て 「 お い ら も 凧 な ら 貴 様 も た こ 、 合 わ せ て 二 た こ 三 た こ た こ 、 ロ で も 何 で も な い こ と で あ っ た よ な ア 」 「 何 の 事 は ね え 、 金 毘 羅 様 へ 入 っ た 泥 棒 が 金 縛 り と い う も ん だ 」 と い う 暗 示 的 な や り と り が 書 き こ ま れ て い る 。 一 九 は 写 楽 が 活 躍 し て い た 寛 政 六 年 秋 頃 は 、 版 元 蔦 屋 に 住 み こ ん で い た と さ れ 、 こ の 黄 表 紙 は ゝ 、 う ハ そ の 約 一 一 年 後 、 写 楽 が 姿 を 消 し た 翌 年 の 寛 政 八 年 の 出 ク リ 版 で あ る こ と か ら 、 右 の 絵 ・ 文 と も に 謎 を 含 ん だ も の り と し て 注 目 さ れ て い る わ け で あ る 。 ー 行 ~ ' ・ 冫 い ・ の 夕 、 い っ こ の ほ か に も 写 楽 の 消 息 を 伝 え る か と 思 わ せ る 資 料 い ム 一 一 方 は 皆 無 で は な い 。 シ カ ゴ 美 術 館 が 所 蔵 す る 扇 面 図 「 お ろ 亠 ー ら ( 一 山 多 福 」 ( 合 羽 摺 、 写 楽 画 の 落 款 入 り ) や 、 同 じ く 扇 面 図 初 「 老 人 図 」 ( 落 款 は や は り 写 楽 画 ) あ る い は 東 洲 写 楽 イ 5 少 へ 食 一 ち せ ら 伝 て / 、 絵 「 印 」 「 月 見 図 」 扇 面 な ど も 存 在 す る と 伝 え ら れ 、 論 者 ら れ り り を 々 , 再 7 い く ノ ー 、 ( の よ ◆ に よ っ て は そ の い ず れ か を 自 説 の 重 要 な 論 拠 と す る こ の ( 暫 と も あ る が 、 こ れ 以 上 立 ち 入 る こ と は 止 め て お く 。 蔵 写 楽 に 関 す る 直 接 情 報 の 源 は 、 以 上 の ほ か は 写 楽 の 作 品 一 四 〇 余 点 と 、 一 〇 点 に 満 た な い 版 下 絵 お よ び 関 東 大 震 災 で 焼 失 し た と 伝 え ら れ る 五 世 市 川 団 十 郎 「 暫 」 の 肉 筆 画 お よ び 九 枚 の 相 撲 版 下 絵 の 写 真 に 限 ら / す

写楽 よみがえる素顔


す で に 『 歌 麿 』 ( 一 九 〇 七 年 ) 、 『 春 信 』 ( 一 九 一 〇 年 ) を 出 版 し 浮 世 絵 と 浮 世 絵 師 の 研 究 を 着 実 に 進 め て い た ク ル ト は 、 写 楽 を そ れ 以 前 の 浮 世 絵 師 と は 異 次 元 の 世 界 か ら 「 役 者 絵 」 の 分 野 を 開 拓 し た 不 世 出 の 、 そ し て 悲 劇 の 肖 像 画 家 と し て 情 熱 的 に 紹 介 し た 。 一 九 一 〇 年 当 時 、 ク ル ト の 手 元 に は 、 今 日 現 在 わ か っ て い る 写 楽 の 作 品 一 四 二 点 の う ち お よ そ 九 〇 点 以 上 の 作 品 の 資 料 ( 現 物 ま た は 写 真 版 ) が あ り 、 一 〇 〇 点 を は る か に 越 え る 作 品 の 存 在 を 確 認 し て い た よ う だ ( ク ル ト 『 写 楽 』 一 九 一 〇 年 初 版 序 文 ) 。 世 界 的 な 肖 像 画 家 と し て 描 き だ し た ク ル ト の 『 写 楽 』 は 、 欧 米 の ジ ャ ポ ニ ス ム に 大 き な 反 響 を 生 み だ し た 。 こ の 本 の 出 現 で ヨ ー ロ ッ パ の 浮 世 絵 市 場 で の 写 楽 の 価 格 は 急 騰 し 、 写 楽 は 浮 世 絵 展 覧 会 に 欠 か せ な い 絵 師 の 一 人 と な っ た 。 こ の 新 し い 大 き な う ね り は 、 当 然 、 日 本 へ も 打 ち 寄 せ て き た 。 瀬 木 慎 一 氏 は 、 日 本 で 最 初 に ク ル ト の 『 写 楽 』 を 読 ん だ の は 、 野 口 米 次 郎 、 永 井 荷 風 あ た り と 推 定 し て い る 。 長 年 ア メ リ カ ( 野 ロ 米 次 郎 ) や フ ラ ン ス ( 永 井 荷 風 ) で の 生 活 体 験 を も っ た 人 間 の 視 野 の 広 さ を 感 じ さ せ る 事 実 だ 。 ク ル ト の 『 写 楽 』 を 読 ん で 最 初 に 書 か れ た 論 文 は 荷 風 の 「 浮 世 絵 と 江 戸 芸 術 」 ( 大 正 三 年 、 一 九 一 四 ) と い う こ と で 、 こ れ は 大 正 九 年 に 出 版 さ れ た 『 江 戸 芸 術 論 』 に 収 め ら れ て い る 。 お よ そ こ 楽 の あ た り か ら 、 日 本 で の い わ ゆ る 「 写 楽 捜 し 」 が そ ろ そ ろ 始 ま っ て く る 。 斎 な ぜ こ の 頃 か ら か 。 東 日 本 で も 欧 米 で も 、 ク ル ト の 『 写 楽 』 が 現 れ る ま で は 、 写 楽 は 誰 か ? と い う 問 い は そ れ ほ ど 一 重 要 な 疑 問 で は な か っ た と 考 え ら れ る 。 そ も そ も そ ん な 疑 問 が 生 ま れ る こ と 自 体 が な か っ た と い 第 っ て も よ か ろ う 。 か り に 写 楽 に つ い て 知 り た い と 考 え る 変 わ り 者 が い た と し て も 、 「 浮 世 絵 類 考 」

写楽 よみがえる素顔


第 一 章 東 洲 斎 写 楽 写 楽 捜 し の 始 ま り 写 楽 の 板 木 が あ っ た ・ 写 楽 の 相 撲 絵 を め ぐ っ て : 写 楽 の 役 者 絵 と ク ル ト ・ 逆 転 の 真 因 、 ク ル ト 以 後 : 第 ニ 章 蔦 屋 重 三 郎 版 元 ・ 耕 書 堂 蔦 屋 の 経 営 規 模 『 海 国 兵 談 』 の 出 版 経 費 本 居 宣 長 の 本 造 り 蔦 屋 の 年 商 を 推 計 す る ・ 蔦 重 の 業 界 戦 略 81 66 56 30 8

写楽 よみがえる素顔


あ る い は 「 増 補 浮 世 絵 類 考 』 の 斎 藤 月 岑 の 記 述 を 読 め ば 、 も っ と 詳 し い こ と を 知 り た い と 思 う こ と は あ っ て も 、 月 岑 の 記 述 そ の も の を そ れ 以 上 疑 う も の は い な か っ た 。 だ が 、 ク ル ト の 『 写 楽 』 は 状 況 を 一 変 さ せ て し ま っ た 。 そ れ は 、 単 に ク ル ト に よ っ て 写 楽 の 評 価 が 大 き く 変 わ っ た と い う こ と を 意 味 し た の み で は な い 。 ク ル ト の 論 文 自 体 の な か に 「 写 楽 捜 し 」 の 炎 を 燃 え あ が ら せ る 火 種 が 見 え 隠 れ し て い た の で あ る 。 火 元 と な っ た 理 由 ク ル ト の 『 写 楽 』 は 、 一 九 一 〇 年 当 時 と し て は 資 料 の 蒐 集 ぶ り 、 そ の 整 理 の 仕 方 、 論 理 の 展 開 の ど こ を と っ て も 最 大 限 に 精 密 な も の で あ っ た 。 写 楽 の 作 品 そ の も の に つ い て は 、 前 記 の と お り ヨ ー ロ ッ パ で 集 め う る か ぎ り の 作 品 の デ ー タ を フ ル に 使 っ て い た 。 当 然 、 写 楽 は 何 者 か と い う こ と は 、 ク ル ト に と っ て 重 要 な ポ イ ン ト で あ っ た が 、 す で に 執 筆 当 時 、 私 が 冒 頭 に 紹 介 し た 写 楽 に 関 す る 「 浮 世 絵 類 考 」 関 連 の デ ー タ の ほ と ん ど を 完 全 に 掌 握 し て い た と 見 て よ い 。 ク ル ト は 明 治 一 一 一 一 年 ( 一 八 八 九 ) 出 版 の 『 増 補 浮 世 絵 類 考 』 ( お そ ら く は 畏 三 堂 版 ) を 読 み 、 斎 藤 月 岑 の 記 述 を き っ ち り 踏 ま え て い た の で あ る 。 「 浮 世 絵 類 考 」 関 連 以 外 の 写 楽 に つ い て の 情 報 、 式 亭 三 馬 の 「 稗 史 億 説 年 代 記 」 も 、 栄 松 斎 長 喜 の 「 高 島 屋 お ひ さ 」 の 柱 絵 も ち ゃ ん と ク ル ト の 視 野 の な か に あ っ た 。 そ れ ど こ ろ か 後 者 、 「 高 島 屋 お ひ さ 」 の 柱 絵 の こ と な ど は 、 こ の ク ル ト の 『 写 楽 』 で 初

写楽 よみがえる素顔


こ の 写 楽 の 疑 問 を 解 く に は 、 写 楽 の 内 側 か ら と 外 か ら と 、 両 面 か ら 迫 る 必 要 が あ る と 思 う 。 そ の よ う に 出 現 し た 写 楽 自 身 の 内 面 的 な 必 然 性 が あ る は ず だ 。 同 時 に 一 方 で は 、 そ の よ う に 写 楽 を 導 い た 外 か ら の 要 請 も あ っ た に ち が い な い 。 内 か ら 、 写 楽 自 身 の 必 然 性 と い う 面 で い う な ら ば 、 写 楽 に は 、 ク ル ト が 考 え た よ う な 、 近 代 画 家 と し て の 成 長 の 過 程 を と る 必 然 性 が な か っ た と 考 え る べ き で は な い だ ろ う か 。 ク ル ト が 考 え た 画 家 と し て の 成 長 の 過 程 と は 、 西 欧 ル ネ ッ サ ン ス 絵 画 か ら 近 代 絵 画 へ の 成 長 発 展 の プ ロ セ ス を 下 敷 き に し て 、 そ の 中 で の 一 人 の 画 家 の 芸 術 的 完 成 を 構 想 し た も の だ っ た と 私 に は 思 わ れ る 。 そ こ に あ る の は 近 代 芸 術 家 の 誕 生 と 形 成 の イ メ ー ジ で あ る 。 だ が 、 写 楽 と い う 浮 世 絵 師 に は 、 こ う し た 近 代 画 家 と し て の 修 業 と 自 己 形 成 の 道 と は 別 の 、 造 形 的 表 現 力 獲 得 の 道 が あ っ た の で は な い だ ろ う か 。 考 え て み る と 、 こ れ ま で の 写 楽 論 議 は 、 み な 、 ク ル ト の 写 楽 観 を 否 定 し な が ら 、 「 芸 術 家 写 楽 」 の イ メ 1 ジ を 描 く 点 で は 、 ク ル ト と 同 じ よ う に 考 え て い た の で は な い だ ろ う か 。 「 写 楽 に も 、 修 業 時 代 が あ っ た に ち が い な い 。 そ の 修 業 時 代 、 写 楽 の 初 期 作 品 が ど こ か に な い か 。 そ れ が あ れ ば 、 も っ と 明 確 に 写 楽 の 像 を 描 く こ と が で き る の に : 成 長 過 程 を 説 明 で き な い 写 楽 は 、 い よ い よ ミ ス テ リ ア ス な 存 在 に な っ て い く 。 し か し 、 写 楽 の 成 長 過 程 は 、 近 代 的 な 画 家 の 誕 生 と は 別 の 場 所 に あ っ た 、 だ か ら 、 写 楽 だ と 考 え る べ き で は な い か と い う の が 、 い ま こ こ ま で 来 て 、 お ば ろ げ な が ら 私 が 到 達 し た 結 論 だ 。 こ れ 以 上 の 断 言 は い ま の 私 に は 早 す ぎ る 。 そ の 前 に 、 写 楽 の 制 作 を 大 き く リ ー ド し た 、 外 側 か ら の 要

写楽 よみがえる素顔


み す る 。 こ れ ら の 細 判 は い ず れ も 役 者 の 全 身 像 の 周 囲 や 背 後 に 、 楓 や 梅 な ど の 樹 木 や 御 簾 、 障 子 あ る い は 墓 や 率 塔 婆 な ど の 舞 台 の 大 道 具 や 小 道 具 類 、 床 と 背 景 、 そ の 境 界 の 線 が 描 き こ ま れ た 作 品 で あ る 。 圧 倒 的 な 迫 力 を も っ 第 一 期 の 大 首 絵 で 始 ま っ た 写 楽 の 絵 が 、 「 呆 然 と す る ほ ど 実 感 を 欠 如 し て そ ら ぞ ら し く な っ て い る 」 ( 瀬 木 慎 一 『 写 楽 実 像 』 ) と 評 さ れ る よ う に な っ た 時 期 の も の だ 。 ク ル ト に よ れ ば 、 次 に 彼 が 一 七 九 〇 年 の 作 品 だ と 断 定 す る 4 、 大 童 山 を は さ ん で 、 以 下 「 東 洲 斎 写 楽 画 」 落 款 の 5 、 白 雲 母 摺 の 大 判 一 一 人 立 ち ( 今 日 で は 第 二 期 と さ れ て い る ) 、 続 い て お な じ く 「 東 洲 斎 写 楽 画 」 落 款 の 6 、 細 判 ( 第 二 期 お よ び 第 三 期 の 一 部 ) と 大 判 「 都 伝 内 」 ( 第 二 期 の 冒 頭 に 位 置 す る ) が 置 か れ 、 そ の 次 に 7 、 黒 雲 母 摺 大 首 絵 ( 第 一 期 ) が 来 る こ と に な っ て い る 。 カ ッ コ 内 は 今 日 の 分 類 だ 。 ク ル ト は さ ら に そ の 後 に 、 写 楽 の 版 下 絵 ( ク ル ト に よ れ ば 「 未 発 行 本 」 ) 、 そ し て 最 後 に 歌 舞 妓 堂 艶 鏡 の 作 品 が 、 写 楽 の 最 後 の 到 達 点 と し て あ る と し て い る 。 つ ま り 、 版 下 絵 と 歌 舞 妓 堂 艶 鏡 の 作 品 は 別 に 置 く と し て 、 今 日 私 た ち が 自 明 の こ と の よ う に も っ て い る 結 論 と は 、 ま っ た く 逆 の 順 序 を ク ル ト は 考 え た の で あ る 。 ク ル ト の 考 え は こ う だ っ た 。 ー ー 写 楽 の 芸 術 的 達 成 は と も か く 、 大 衆 の 間 で の 人 気 の 絶 頂 に あ る 偉 大 な 作 品 が 黒 雲 母 摺 大 首 絵 で あ る こ と は い う ま で も な い 。 そ れ は 写 楽 の 芸 術 的 成 熟 の 結 果 で あ る こ と も 確 か だ 。 役 者 絵 師 、 肖 像 画 家 と し て の 写 楽 は 、 最 初 は 勝 川 派 ( 春 章 ) の 影 響 を 強 く 受 け 、 独 自 の 造 形 感 覚 や 色 彩 感 は か す か な も の だ っ た 。 真 の 意 味 で の 写 実 主 義 に 目 覚 め た の は 、 歌 麿 の 師 匠 と し て 知 ら れ る 鳥 山 石