検索 - みる会図書館

検索対象: 写楽 仮名の悲劇

写楽 仮名の悲劇から 501件ヒットしました。

写楽 仮名の悲劇


写 楽 仮 名 の 悲 劇 代 斎 こ 己 が ば 画 ふ て か な な の 楽 い 問 つ 名 つ 大 ぬ 本 つ わ 写 仮 が 同 を 多 量 特 名 あ た れ 楽 名 及 誰 の 使 が か 代 、 ん ね カ ゞ の と 。 あ と 者 名 か ば A ム そ 十 事 し あ し そ し 沈 中 の 画 ら あ に 秘 3 き 写 な は 情 も 伏 ざ が か と い な に め 楽 な ら い 自 十 役 で あ よ 時 己 分 者 て 仮 客 を 世 に 絵 い 名 新 実 に 発 絵 な も 表 師 ぜ の 本 寛 の 作 名 欲 大 ど 術 明 つ 好 、 明 暗 を 百 か ロ れ 名 、 は が 年 さ に ね 四 で て で ば 隠 け 自 五 月 い な し れ 分 る 、 い 枚 作 す 力 、 ば の し 引 ら 鍵 を な わ な 作 が 隠 は す で 名 カ 月 ん れ 分 カ い 発 の て 間 の で 強 に お に 理 れ ' 役 あ 大 由 を 楽 た な 者 る 心 画 い 絵 こ 何 里 百 て ち 。 を 四 十 楽 い す 発 あ 何 さ 表 る し 事 の な れ た か せ ば 絵 た 情 し と の い で た け れ の 描 い 己 。 る の と は い か 東 こ へ 同 そ 、 し 、 い た ん 時 。 洲 ね る 者 写 ④ い っ 現 る 在 ー で れ て い な つ は つ し 、 て の 時 の と カ ゞ 若 そ 、 干 の 及 政 解 謎 者 を 写 と つ の の を 暗 す る 秘 か 隠 さ れ る で は い の 楽 名 な の い ど 画 に 自 真 分 自 の 小 る 建 を て い に い よ っ 家 と 、 て 、 か わ 写 て 殀 な も 小 す た 十 そ な と ら い が と 残 を な 彼 彼 が と 自 亡 月 を も も で る の っ に し 考 ぐ 自 着 た い 工 ( し 、 自 市 、 そ に わ ば な ら も の の 者 る と 小 っ の 欲 作 ら 仮 た か ぜ ら た の 、 カ ゞ 説 ら い な の 情 の 在 わ し る こ 作 さ 本 考 か 都 た 名 ス - な 名 写 す 使 が に A で れ ば 隠 A ま く の 術 の た く ら か の 自 の つ つ る 雇 頁 つ 合 な あ ざ ら 品 画 続 号 仮 家 尊 も な す 名 れ 表 合 絵 あ 豸 ミ を に さ 、 て ざ を を 。 表 自 る を る て 、 、 作 し ら い そ は 満 で 斎 こ 多 、 足 作 な を 本 ら 発 場 者 る す を の カ ゞ な ロ ロ 浮 ば の ば 多 楽 画 あ る の が か 、 が も ( 3 ) し で る 、 写 し 、 つ で 謎 42 か 百 別 、 四 家 事 枚 が わ を を て 。 わ な ざ 仮 つ て ば な 万 北 も ロ ロ ど の の く を

写楽 仮名の悲劇


こ の 初 学 者 向 き の 役 者 絵 入 門 書 と い う べ き 書 物 で 、 豊 国 自 ら が 語 っ た 画 論 が 、 豊 国 絵 ば か り か 写 楽 絵 を も 十 分 説 明 し う る 理 論 を 提 供 す る と す れ ば 、 そ れ は 前 章 に お い て 私 が 行 っ た 、 写 楽 を 豊 国 と 考 え た 場 合 に お け る さ ま ざ ま な 写 楽 に 関 す る 謎 の 解 明 と と も に 、 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 を さ ら に い っ そ う 強 め る も の で あ ろ う 。 以 上 の 論 証 で 、 私 は ほ ば 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 を 十 分 証 明 し え た と 思 う 。 も ち ろ ん こ の 仮 説 を 、 私 、 ま ま で の 学 者 お よ び 非 学 者 の 、 世 間 を 騒 が せ る に は 十 分 興 明 は 絶 対 と は 考 、 ん て は い な い 力 し 味 深 い 話 題 で あ っ た 写 楽 別 人 説 を 、 多 少 学 問 的 基 礎 の 上 に 立 た し め る こ と が で き た と 思 う 。 手 近 に あ っ た 「 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 」 レ 」 国 こ の 長 い 写 楽 論 の 途 中 で 、 し ば し ば 、 私 は 写 楽 論 が た だ の 推 理 遊 び に 尽 き る も の で は な く 、 一 そ れ は 江 戸 文 化 論 あ る い は 、 さ ら に 日 本 文 化 論 の 問 題 と 深 く 関 わ ら ね ば な ら な い と 論 じ た 。 第 そ れ は 次 の よ う な 意 味 で あ る 。 私 は 、 人 に 字 を 書 く よ う 求 め ら れ る と き に 、 し ば し ば 「 真 理 は 手 近 に 隠 れ て い る 」 と 書 く 。 ー の 上 に 立 て ら れ て い る 。 も ち ろ ん 、 私 の 日 本 古 代 に 関 す る 学 説 は す べ て そ の よ う な モ ッ ト 先 に 信 念 が あ っ て 、 そ こ か ら 学 説 が 発 見 さ れ た わ け で は な く 、 い ろ い ろ 考 え て 到 達 し た 説 が 、 実 は 最 も 手 近 に あ っ た と い う こ と で あ る 。 何 ら か の 偏 見 の た め に 、 人 は そ の 手 近 な も の を 見 よ う と し な い 。 真 理 は い つ も 手 近 に あ っ て 、 常 に 人 に 語 り か け て い る の に 、 人 は そ の 真 理 の 435 る 。

写楽 仮名の悲劇


家 た ち 、 特 に 役 者 絵 を 描 い て い る 画 家 た ち の 絵 と 写 楽 の 絵 を 一 枚 一 枚 較 べ て み た 。 そ し て ま た 写 楽 と そ の 人 に 関 す る 同 時 代 の 証 言 を 調 べ 、 そ の 人 の 作 品 を 錦 絵 や 黄 表 紙 ま で 調 べ て み た 。 そ の 結 果 、 意 外 な こ と が 分 か っ た の で あ る 。 私 が ま さ か そ の 人 で は あ る ま い と 思 っ た そ の 人 の 絵 と 写 楽 の 絵 と は 実 に 深 い 類 似 性 を 持 っ て い る の で あ る 。 写 楽 を 彼 で あ る と 百 パ ー セ ン ト 決 め つ け る こ と は で き な い に し て も 、 写 楽 を 彼 で な い と い う 証 拠 を 見 付 け る こ と は も っ と 困 難 な こ と で あ っ た 。 そ う で は な く て 写 楽 を 彼 で あ る と 考 え る と 、 写 楽 に 対 す る さ ま ざ ま な 謎 が ほ ば 全 て 解 け る 。 そ し て そ れ に よ っ て 江 戸 美 術 史 に お け る 写 楽 の 位 置 付 け も 、 よ り 深 く 挑 理 解 で き る 。 こ れ は 大 変 な こ と で あ る 。 そ う 思 っ て 私 は 今 、 こ の 著 書 を 書 き 始 め よ う と し て へ い る の で あ る 。 こ う し て 私 は 今 、 筆 を と り 始 め か け た わ け で あ る が 、 も 、 つ 一 度 こ こ で じ っ く り 自 己 反 省 を 一 , し て み よ う 。 本 当 に 私 は 自 分 の 意 志 に 反 し て 、 今 こ の 興 味 深 い 、 し か し 危 険 の 多 い 写 楽 の 謎 ち ょ う せ ん い 。 私 は 物 を に 挑 戦 し よ う と し て い る 。 確 か に そ こ で は な か な か 確 定 的 な 真 理 を 見 付 け に く 書 く と き 、 七 十 パ ー セ ン ト 見 え て き た と こ ろ で 書 く こ と に し て い る 。 『 隠 さ れ た 十 字 架 』 の と き も 『 水 底 の 歌 』 の と き も そ う で あ っ た 。 ま だ 多 少 不 明 の 部 分 が あ る が そ の 方 が 筆 に 力 が 入 る 。 も う 書 き 始 め て も よ い と 思 っ て 書 き 始 め た 。 今 そ う い う 状 態 に 私 は あ る 。 写 楽 に つ い て 書 き 始 め る こ と に し よ う そ の 挑 戦 に 私 は 成 功 す る で あ ろ う か 、 今 ま で の 全 て の 人 が 、 そ の 主 観 的 信 念 に も か か わ ら す 、 そ の 挑 戦 に 失 敗 し た と す れ ば 、 私 か そ の 失 敗 を 繰 り 返 さ な い 保 言 か ど こ に あ ろ う 。 私 の

写楽 仮名の悲劇


三 郎 と 写 楽 / 総 合 芸 術 と し て の 黄 表 紙 / 京 伝 Ⅱ 写 楽 説 へ の 疑 問 / 歌 麿 は 写 楽 で は あ り え な い / 歌 麿 の 異 常 な 嫉 妬 / 北 斎 に 写 楽 絵 は 描 け な か っ た 第 四 章 浮 世 絵 と 歌 舞 伎 の 相 関 関 係 ・ : 真 理 は 手 近 に あ る / 東 西 役 者 気 質 の 違 い / 黄 表 紙 は 民 衆 パ ワ ー の 結 実 / 内 な る 自 己 の 夢 と し て の 浮 世 絵 / 江 戸 町 民 の 夢 遊 廓 と 歌 舞 伎 / 「 彼 岸 劇 」 か ら 「 此 岸 劇 」 へ / 三 期 に 分 か れ る 浮 世 絵 の 歴 史 / 春 信 が 錦 絵 を つ く っ た / 表 現 主 義 の 台 頭 / 歌 舞 伎 の 変 遷 / 文 化 の 移 動 / 悪 の 美 の 支 配 第 五 章 写 楽 の デ ビ ュ ー 江 戸 三 座 の 危 機 の 背 景 / 役 者 絵 の ホ ッ ト な 役 割 / 勝 川 派 歌 川 派 / 写 楽 と 豊 国 は ラ イ バ ル か / 大 判 大 首 絵 出 現 の 意 味 / 解 明 の 手 掛 り 「 花 菖 蒲 文 禄 曾 我 」 / 「 花 菖 蒲 文 禄 曾 我 』 絵 番 付 / 写 楽 の 独 創 的 着 眼 / 写 楽 と 豊 国 の 共 通 イ メ ー ジ 第 , ハ 章 写 楽 Ⅱ 豊 国 の 証 明 の 可 能 性 : 第 一 期 写 楽 絵 の 頂 点 大 判 一 人 半 身 像 / 写 楽 ・ 豊 国 の 高 麗 蔵 を 重 ね る 写 楽 絵 ・ 豊 国 絵 の 類 似 1 / 第 二 期 大 首 絵 を 捨 て た の は な ぜ ? / 左 右 を 入 れ か え た 三 点 セ ッ ト 写 楽 絵 ・ 豊 国 絵 の 類 似 2 / 第

写楽 仮名の悲劇


第 一 章 謎 へ の 挑 戦 : 写 楽 の 謎 と 邪 馬 台 国 の 謎 の 類 似 性 / 根 本 的 な 問 題 点 / ス リ ル と サ ス ペ ン ス に 満 ち た 写 楽 と い う 存 在 / 写 楽 研 究 の 後 れ の 理 由 / 写 楽 絵 と の め ぐ り 合 い / 役 者 絵 の 新 し い 出 発 点 / 大 き な 謎 を 解 く 一 つ の 仮 説 / テ レ ビ に お け る 池 田 満 寿 夫 氏 の 新 説 / 池 田 説 の 難 点 / 五 つ の 論 証 の 必 要 性 第 二 章 第 一 標 的 写 楽 Ⅱ 阿 波 の 能 役 者 説 : ド イ ツ 人 ク ル ト 写 楽 を 発 見 す / 写 楽 Ⅱ 阿 波 の 能 役 者 説 の 展 開 / 複 雑 な 「 浮 世 絵 類 考 』 の 成 立 史 / 由 良 哲 次 氏 の 新 説 と そ の 論 考 / 三 人 の 筆 者 ー ー ー 大 田 南 畝 笹 屋 邦 教 山 東 京 伝 / さ ら に 式 亭 三 馬 が 筆 を 加 え る / 写 楽 は 阿 波 の 能 役 者 で は な か っ た / 写 楽 八 丁 堀 住 人 説 を 考 え る / 『 浮 世 絵 類 考 』 の 謎 を 解 く 鍵 神 宮 本 / 由 良 氏 の 解 釈 の 問 題 点 / 当 代 随 一 の 文 化 人 大 田 南 畝 の 証 言 / 写 楽 絵 消 失 に つ い て の 重 要 な 記 録 / 写 楽 を 知 っ て い た 山 東 京 伝 の 沈 黙 / 三 馬 の 描 い た 浮 世 絵 相 関 図 第 三 章 版 元 蔦 屋 を め ぐ る 三 人 の 天 才 : 信 頼 で き る 三 人 の 証 言 / め ま ぐ る し く 変 わ っ た 写 楽 絵 第 一 期 5 第 四 期 / 役 者 絵 が 語 る 写 楽 像 四 つ の 条 件 / 通 説 の 呪 縛 か ら 自 由 に な る こ と / こ れ ま で の 写 楽 Ⅱ 別 人 説 の 点 検 / 天 才 ジ ャ ー ナ リ ス ト 蔦 屋 重

写楽 仮名の悲劇


第 八 章 写 楽 絵 の 方 法 的 特 徴 3 ( ) 9 ・ 明 れ な い 。 そ し て 毛 の 長 い 御 婦 人 や 、 帽 子 を か ぶ っ て い る 場 合 は 耳 は あ ら わ れ な い 。 そ れ ゆ え に 耳 は 鼻 ほ ど 目 立 た 鼻 顎 な い の で あ る 。 他 人 の 耳 を し げ し げ 眺 め る と い う こ と は 、 よ ほ ど 特 殊 な 場 合 し か あ り え な い こ と で あ ろ う 。 福 々 し ー し ニ な い 耳 だ と か 、 あ る い は 貧 相 な 耳 だ と か 、 耳 に つ い て の 形 容 詞 は 他 の 顔 の 部 分 に つ い て の 形 容 詞 よ り は は る か に 少 月 こ の よ う な 人 目 に つ き に く い 耳 を ど う 描 く か 。 ど う で 鼻 顎 も し い よ う な 問 題 で あ る が 、 そ の 耳 の 描 き 方 に む し ろ 画 蔵 家 の 特 徴 が よ く 出 て 、 耳 の 描 き 方 に よ っ て 真 作 と 偽 作 を 杣 一 な 区 別 す る こ と を 主 張 す る 美 術 史 家 が あ る 。 写 楽 の 耳 の 描 8 < き 方 を 見 る と 描 き 方 全 体 と し て は 特 徴 が あ る が 、 鼻 や ロ の よ う に 一 人 一 人 の 役 者 に あ ま り 区 別 は な い 。 し か し 写 又 線 楽 絵 の 耳 は 、 勝 川 派 の 絵 師 の 描 く 耳 よ り は 幅 が 広 く 、 ふ 鼻 顎 く よ か な 感 じ が す る 。 そ し て 耳 の 皺 の 描 き 方 も 、 概 し て の 単 純 で あ り 、 多 く は 四 本 の 線 か ら 成 り 立 っ て い る 。 女 形 の 場 合 、 髪 の 毛 の 中 に 耳 が 隠 れ て い る せ い も あ ろ う か 、 三 本 あ る い は 二 本 の 線 で 描 か れ て い る こ と も あ る 。 し わ

写楽 仮名の悲劇


と よ く ・ に せ ん い ち っ た や 豊 国 ・ 泉 市 ・ 蔦 屋 の 三 角 関 係 理 い よ い よ 私 の 写 楽 探 究 も 大 詰 め に き て い る 。 私 は 、 写 楽 と 豊 国 の 、 同 一 舞 台 の 同 一 役 者 を れ 描 い た 十 四 枚 の 絵 の 類 似 か ら 、 二 人 が 同 一 人 物 で は な い か と い う 疑 い を 抱 い た 。 さ ら に 写 楽 し ゅ ん し よ う し ゅ ん こ う し ゅ ん え い き よ な が 絵 と 、 同 一 役 者 を 描 い た 春 章 、 春 好 、 春 英 、 清 長 な ど 、 他 の 絵 師 の 役 者 絵 と を 比 較 し た 結 果 、 正 写 楽 絵 と 豊 国 絵 に は 強 い 類 似 が あ る が 、 他 の 絵 師 の 絵 と の 間 に は か な り の 差 が あ る こ と を 見 ひ と え ま ぶ た 楽 出 し た 。 そ し て 一 重 瞼 と 二 重 瞼 の 描 き 分 け と か 、 鼻 と 顔 の 輪 郭 線 の 関 係 な ど と い う 、 写 楽 絵 の 方 法 論 的 特 徴 が 豊 国 の 絵 に も 存 在 し 、 そ の 新 し い 方 法 が 、 写 楽 と 豊 国 と ほ ば 同 時 に は じ め 十 ら れ た こ と を 発 見 す る に お よ ん で 、 そ の 疑 い は ほ と ん ど 決 定 的 に な っ た 。 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 は 従 来 の ど の よ う な 別 人 説 も 持 た な い 真 理 可 能 性 を 十 二 分 に 所 有 し て い る の で あ る 。 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 が 成 立 す る 基 礎 条 件 で あ る 第 一 の 条 件 は 、 す で に 十 分 満 た さ れ て い る の で あ る 。 問 題 は 第 二 以 下 の 条 件 で あ る 。 も し 写 楽 が 豊 国 で あ る な ら ば 、 ② な ぜ 寛 政 , ハ 年 五 月 、 写 楽 は 突 然 に 出 現 し 、 お ど ろ く べ き 大 量 の 作 品 を 残 し て わ す か 十 カ 月 で 消 え て し ま っ た か 。 な ぜ 東 洲 斎 写 楽 と い う 仮 名 を 用 い な く て は な ら な か っ た か 。 あ の 南 畝 や 北 斎 や 三 馬 の 写 楽 に た い す る 態 387 第 十 章 写 楽 の 正 体 が 隠 れ て い た 理 由 な ん は

写楽 仮名の悲劇


は 目 を 通 す こ と が で き る 。 百 四 十 二 枚 の 写 楽 絵 も 少 な く と も 写 真 で 見 通 す の は 、 大 し て 困 難 な こ と で は な い 。 そ れ で 私 は 北 斎 に つ い て 調 べ な が ら 、 片 一 方 、 写 楽 に つ い て 調 べ 始 め た の で あ る 。 そ し て 写 楽 に つ い て の 本 を 読 ん で ゆ く 過 程 に お い て 私 は あ る 疑 問 に お そ わ れ た 。 多 く の 学 さ い と う じ ゅ う ろ べ え 者 が い う よ う に 、 写 楽 か 能 役 者 斎 藤 十 郎 兵 衛 で あ る と い う 説 は ま ち か い で あ ろ う 。 そ の 根 拠 と な る 『 浮 世 絵 類 考 』 の 文 章 も 写 楽 出 現 後 、 約 五 十 年 後 の も の で あ り 信 用 す る こ と は で き ず 、 と す る と 、 そ れ は 写 楽 は 、 そ の 絵 の 質 と 量 か ら み て も 、 決 し て 素 人 の 画 家 と は 思 わ れ な い 。 か め い 挑 誰 か 有 名 な 画 家 の 仮 名 に 違 い な い と 思 わ れ る が 、 そ れ は 誰 か 。 の へ 大 き な 謎 を 解 く 一 つ の 仮 説 章 こ う し て 私 は 知 ら な い う ち に 写 楽 に 関 す る 多 く の 書 物 の 作 者 と 同 じ よ う に 、 写 楽 探 し の 謎 に 夢 中 に な り 始 め た の で あ る 。 写 楽 の 謎 は 人 の 心 を 魅 惑 す る 魔 力 を 含 ん で い た の で あ る 。 そ し て 私 は 多 く の 謎 解 き の 先 駆 か ぎ と ・ つ し ゅ ・ つ さ い 者 と 同 じ よ う に 、 東 洲 斎 写 楽 と い う 名 の 中 に 、 写 楽 は 誰 で あ る か と い う 謎 を 解 く 何 ら か の 鍵 が 隠 さ れ て い る に 違 い な い と 田 5 っ た 。 彼 は お そ ら く す で に 名 あ る 画 家 で あ り 、 何 ら か の 事 情 で 仮 名 を 使 わ ね ば な ら な か っ た の で あ ろ う が 、 こ の 場 合 、 芸 術 家 の 自 然 な 感 情 と し て 、 ど こ か に 自 分 の 名 を 残 し た い と 思 、 つ に 違 い な い 。 写 楽 は あ の 見 事 な 役 者 絵 に 大 き な 誇 り を 持 っ た 、 と す で あ ろ う 。 自 分 は こ ん な 傑 作 を 作 っ た 、 し か る に 事 情 が あ っ て 自 分 の 名 が 名 乗 れ な い

写楽 仮名の悲劇


第 十 章 写 楽 の 正 体 が 隠 れ て い た 理 由 4 ( ) 9 写 楽 絵 を 見 て 気 の つ く こ と は 、 「 木 瓜 」 ら し い 紋 か よ く 出 て く る こ と で あ る 。 と く に 目 立 き り え ど す な こ き ち れ い そ が つ の は 、 写 楽 が 最 後 の 別 れ と し て 残 し た 、 寛 政 七 年 一 月 の 都 座 『 江 戸 砂 子 慶 曾 我 』 と 、 桐 は そ ま ん ざ に ど の か け か つ い ろ そ が 座 『 再 魁 罧 曾 我 』 の 舞 台 を 描 い た 六 枚 の 細 の 役 者 絵 で あ る 。 両 座 と も に 「 曾 我 の 対 面 」 を 描 い た も の で あ り 、 工 藤 祐 経 と 曾 我 の 五 郎 ・ 十 郎 と が 睨 み あ っ て い る 場 面 な の で あ る 。 着 物 な ど に 「 木 瓜 」 の 紋 が 描 か れ て い る の は 、 当 然 の こ と で あ る が 、 そ れ が 少 し く ど す ぎ る よ う に 思 わ れ る 。 都 座 の 『 江 戸 砂 子 慶 曾 我 』 の ほ う は 、 背 後 の 壁 に 一 面 に 「 庵 木 瓜 」 の 紋 が 描 す た れ 」 か れ て い る し 、 桐 座 の 場 合 は 、 簾 イ に 一 面 に 「 木 瓜 .. の 紋 が あ る 。 も 分 部 と よ り そ こ に 、 豊 国 自 身 の 紋 を 描 脈 く わ ナ こ よ ) ー ( ー し 力 な い し か し 写 楽 は や は り 、 役 者 絵 の 約 束 を 守 り な を ' , を 子 が ら 、 そ こ に 真 の 作 者 を 示 そ う と し た の で は な い だ ろ う か 。 別 れ の 第 「 を . 横 し る し に 、 一 一 組 の 曾 我 の 対 面 図 を る 、 〕 3 ッ ~ 一 。 一 一 丸 描 く 。 こ の 二 つ の 芝 居 の な か か ら 、 と く に 対 面 図 の み を 選 び だ す 必 然 み 家 性 は な い 豊 国 は こ の 六 枚 の 対 面 図 を 二 つ の 曾 我 物 の 中 か ら ピ 「 ク

写楽 仮名の悲劇


こ の よ う に 艶 鏡 が 豊 国 を 真 似 た こ と は 、 間 接 け で あ る 。 も ち ろ ん 艶 鏡 は 写 楽 で あ り え な い 的 に 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 を 裏 付 け る こ と に な る で あ ろ う 。 す い ふ と よ は る 写 楽 の 影 響 を 受 け た と さ れ て い る 絵 師 が 艶 鏡 の 他 に い ま 一 人 い る 。 そ れ は 水 府 豊 春 ( 生 没 年 未 詳 ) を 名 乗 る 絵 師 で あ る 。 豊 国 の 師 歌 川 豊 春 と 同 名 の 絵 師 で あ る が 、 彼 は ま た 豊 国 よ り も 写 楽 に よ く 似 た 役 者 絵 を 描 い て い る 。 高 麗 蔵 を 描 い た 絵 は 、 先 に あ げ た 豊 国 の 描 い た 佐 々 が ん り ゅ う 木 巌 流 の 絵 に 似 て い る が 、 そ れ 以 上 に 写 楽 の 描 い た 志 賀 大 七 の 絵 に よ く 似 て い る 。 一 説 に よ れ ば 二 代 目 歌 川 豊 春 で あ る と も 言 わ れ る こ の 水 府 豊 春 が 、 な ぜ 写 楽 の 絵 を 真 似 し た の で あ ろ 絵 、 つ , 刀 き ょ ま さ う た ま ろ 写 楽 絵 と は 違 う 清 政 と 歌 麿 中 右 瑛 氏 は 、 写 楽 が 鳥 居 清 政 ( 一 七 処 と し て 、 鳥 居 七 七 ー ? ) で あ っ た 証 孑 清 政 の 描 い た 岩 井 半 四 郎 を 挙 げ て い る 。 こ の 図 は 寛 政 五 年 九 月 の 河 原 崎 座 「 江 戸 紫 娘 道 成 寺 』 に 扮 す る 岩 井 半 四 郎 を 描 い た も の で 、 写 楽 絵 よ り 一 年 前 の 絵 春 唸 豊 言 で あ る 。 こ の 清 政 の 絵 に は 大 判 の 半 身 太 像 も あ り 、 当 然 の こ と な が ら 半 身 像 の 295