検索 - みる会図書館

検索対象: 増補改訂版 写楽は歌麿である

増補改訂版 写楽は歌麿であるから 298件ヒットしました。

増補改訂版 写楽は歌麿である


な で ″ 写 楽 〃 を 描 い て い た か ら で す よ 。 僕 は ね 、 中 心 に な っ て 元 絵 を 描 い た の は も ち ろ ん 歌 麿 だ け ど 北 斎 や 一 九 な ん か が 手 伝 っ て い る と 思 う 。 要 す る に 共 同 作 業 だ よ ね 」 「 写 楽 の 絵 は 、 あ と の 方 に な る と 初 期 と は 作 風 が や や 変 わ っ て く る と 言 わ れ る で し よ 。 あ れ も や つ ば り 共 同 作 業 だ か ら で す よ 」 「 僕 ら の や っ て い る 仕 事 も 、 い つ も 共 同 作 業 で し よ 。 だ か ら そ の 辺 の こ と は 非 常 に よ く 分 り ま す よ 」 石 森 宅 訪 問 後 の こ と を 、 川 竹 氏 は 次 の よ う に 記 し て い る 。 「 そ の 日 の 夜 、 私 た ち の 第 一 の 仕 事 は 、 写 楽 と 歌 麿 の ″ 指 の 描 き 方 〃 を 比 較 す る こ と で あ っ た 。 石 森 さ ん は こ う も 言 っ て い た 。 『 指 な ん て い う の は 普 通 あ ま り 意 識 し な い で 描 く 。 だ か ら つ い 日 頃 の パ タ ー ン と い う か 、 ク セ で 描 い し い つ も の と お り に な っ て し ま う 。 て し ま う も の な ん で す 。 歌 麿 も 、 名 を 伏 せ て 写 楽 を 描 い て も 、 つ 、 隠 そ う と し て 隠 せ な か っ た 。 そ れ が 写 楽 の 指 な ん で す よ : : : 』 私 た ち は 写 真 資 料 を も と に 、 可 能 な 限 り 多 く 、 二 人 の 指 の 比 較 を し て み た 。 似 て い る 。 全 部 で は な い が 確 か に 似 た も の が 相 当 あ る 。 指 だ け を 切 り 抜 い て 二 人 の も の を 混 ぜ て み 説 る と 、 な お さ ら 似 て い る こ と が よ く わ か る 。 こ れ で 、 も し 指 の ポ ー ズ が 同 じ な ら 、 写 楽 と 歌 麿 の 見 分 役 け は 困 難 か も し れ な い 、 と 思 え る ほ ど だ 。 こ れ で は 本 当 に 歌 麿 が 写 楽 に な っ て し ま う で は な い か : 章 し か し や が て 、 私 は 一 つ の 話 を 思 い 出 し た 。 北 斎 の 手 紙 の こ と で あ る 。 そ れ は 、 北 斎 が 自 分 の 描 い た 下 絵 を 彫 る 彫 師 の 人 達 に つ い て 、 版 元 に 注 文 を つ け た 手 紙 で あ る 。 手 紙 の 現 物 は 現 在 無 い が 、 そ の 内 容 を 伝 え る 話 に よ る と 、 北 斎 は 『 近 頃 は 、 ど の 彫 師 も み ん な 、 ど

増補改訂版 写楽は歌麿である


〈 補 論 一 〉 「 写 楽 は 歌 麿 で あ る 」 の 新 証 拠 は じ め に 写 楽 の 板 木 の 発 見 が 、 大 新 聞 や テ レ ビ で 大 き く 報 道 さ れ た の は 、 十 年 前 の 昭 和 六 十 一 一 年 だ っ た 。 そ の 写 楽 ブ ー ム は 今 も 続 い て い る 。 ・ フ ー ム は 、 写 楽 が 世 界 三 大 肖 像 画 家 の 一 人 で あ る の に 、 そ の 正 体 が ま っ た く 謎 と い う 特 別 の 事 情 か ら 起 こ っ て い る 。 従 来 、 外 国 か ら の 受 容 だ け だ っ た 日 本 文 化 が 、 は じ め て 海 外 に 大 衝 撃 を 与 え た 浮 世 絵 。 そ の 中 で も 超 一 流 の 写 楽 が 、 ド イ ツ 人 ク ル ト に よ っ て 発 掘 さ れ た の は 、 明 治 四 十 三 年 ( 一 九 一 〇 ) の こ と で あ る 。 爾 来 八 十 年 。 大 正 を 経 た 昭 和 の 後 半 は 、 文 化 国 家 を 国 是 と す る 戦 後 で あ る 。 だ が 、 写 楽 の 正 体 は 暗 中 模 索 、 百 家 争 鳴 。 い ま だ に 決 着 を 見 て い な い 。 最 近 、 「 写 楽 は 永 遠 に 見 つ か ら ぬ 」 と つ ぶ や く 、 写 楽 愛 好 の 有 名 大 学 美 術 史 教 授 さ え 現 れ た 。 こ れ は 、 ま る で 重 大 事 件 の 確 証 を つ か め ぬ 捜 査 当 局 の 姿 を 想 起 さ せ る 。 写 楽 は 本 当 に 確 証 を つ か め ぬ の で あ ろ う か 。 私 は さ き の 本 論 『 写 楽 は 歌 麿 で あ る 』 の 中 で 、 写 楽 絵 百 四 十 余 点 か ら 、 写 楽 の 「 人 相 ・ 特 徴 」 を 次 20 ィ

増補改訂版 写楽は歌麿である


第 八 章 梅 原 氏 の 写 楽 Ⅱ 豊 国 説 梅 原 氏 の 五 つ の 証 明 要 件 梅 原 氏 の 『 写 楽 仮 名 の 悲 劇 』 は 、 「 写 楽 が み つ か 0 た 4 」 の 第 二 章 以 下 と ほ ぼ 同 じ だ が 、 第 一 章 は 全 部 書 き か え ら れ た 、 と い う こ と は さ き に の べ た 。 そ の 新 し い 第 一 章 に は 、 「 写 楽 」 の た る 条 件 が 、 次 の 如 く 示 さ れ て い る 。 一 、 作 品 の 類 似 性 一 一 、 写 楽 絵 の 出 現 と 消 減 に 関 す る 謎 三 、 仮 名 の 謎 四 、 同 時 代 者 の 沈 黙 と 若 干 の 言 及 の 謎 五 、 写 楽 を 覆 い 隠 し て い た も の は 何 か こ の 説 明 は 、 多 岐 に 亘 り 、 煩 雑 で あ る 。 む し ろ 『 毎 日 新 聞 』 昭 和 五 十 九 年 三 月 十 九 日 、 二 十 日 の タ 刊 の = ッ セ ー 「 写 楽 が 豊 国 で あ る 理 由 、 国 」 の 方 が わ か り 易 い 。 そ れ で 、 こ れ を 紹 介 し 、 必 要 に 応 じ 、 『 写 楽 仮 名 の 悲 劇 』 を 参 照 、 考 察 す る こ と に し た 。 ま ず 、 そ の 田 で は 、 「 説 明 不 完 全 な 従 来 の 学 説 」 と 題 し て 、 従 来 の 研 究 の 成 果 の 不 備 を の べ て 、 次 の 五 要 件 を 説 く 。 「 多 少 の 自 信 が 私 に あ る の は 、 今 ま で の 試 み は 、 写 楽 が 誰 々 で あ る と い う こ と を 議 論 す る に 必 要 な 次 ー 64

増補改訂版 写楽は歌麿である


た の は 昭 和 九 年 ご ろ で あ っ た 。 ・ : 一 老 人 の 上 半 身 が 右 む き に 描 か れ 、 そ の 右 側 に は 豊 国 え が く 役 者 絵 を ふ 面 ま え て 裸 童 が 一 人 立 っ て い る と い う 、 何 か 作 意 に 批 判 の め い た も の の 感 じ ら れ る 図 柄 で あ る 。 写 楽 画 と 署 名 し 福 : : : そ の 書 体 は 全 く 写 楽 に 相 違 な い 。 ・ ・ : 真 筆 ら し い 扇 面 で あ る 。 ・ : こ の 老 人 が 「 写 楽 そ の 」 か 「 芸 能 と 界 の 人 」 か 「 版 元 蔦 屋 」 か は 決 定 で き な い 。 ・ : 役 者 舞 台 之 姿 絵 : : : の 連 作 で 、 一 家 の 風 格 を 鮮 明 に う ち 出 ま と 面 し 、 や が て 人 気 の 的 に 成 長 し た 初 代 歌 川 豊 国 の 役 者 錦 の 絵 を 、 頑 是 な い 裸 童 が ふ み つ け る と こ ろ に 、 写 楽 芸 術 へ の 風 当 た り の 強 い 罵 倒 ・ 悪 評 へ の 自 己 弁 護 に ま わ っ 老 た 諷 刺 の 絵 で あ る と 解 す る の が 真 意 で は さ る ま い か 拠 証 新 の 私 は 氏 の 後 半 の 見 解 に つ き 、 次 の ご と く 愚 考 す る 。 遠 景 の 裸 童 の 堂 々 た る ポ ー ズ は 、 天 真 爛 な 未 来 の 良 識 ・ 理 性 ・ 叡 知 ・ 鑑 識 を 、 豊 国 絵 の 「 ふ み つ け 」 は 、 麿 そ の 否 定 ・ 敵 意 を 示 し て い る 。 つ ま り 、 流 俗 の 豊 国 絵 は の 評 価 は 、 将 来 下 落 す る と の 寓 意 を こ め て い る の で あ る 。 ま た 、 近 景 の 老 人 は 写 楽 で 、 憂 い 顔 は 、 超 一 流 が 二

増補改訂版 写楽は歌麿である


面 的 に 取 り 上 げ て い て 参 考 に な る 。 よ っ て 、 こ れ を 紹 介 、 検 討 し た 上 で 、 私 の 六 要 件 に 入 る こ と に し 諏 訪 氏 の 説 諏 訪 氏 は い う 。 「 本 人 説 た る と 、 別 人 説 た る と を 問 わ ず 、 写 楽 の 『 正 体 』 の 『 考 慮 』 『 条 項 』 は 次 の 通 り で あ る 。 第 一 に 寛 政 六 、 七 年 と い う 年 時 の 意 味 を 明 ら か に す る 必 要 が あ る 。 な ぜ 、 写 楽 の 作 品 は 寛 政 六 年 か ら 七 年 に か け て の 十 カ 月 間 に 百 四 十 六 点 も の 大 量 の 版 画 を 世 に 問 う た の か 。 そ の 前 後 の 蔦 屋 の 書 物 の 出 版 点 数 は 次 の よ う に な っ て お り 、 写 楽 作 版 行 の た め に 通 常 出 版 業 務 が 停 滞 し た 気 配 は 全 く な い 。 1 っ っ 4 LO ( し ー 8 ) 0 1 亠 ワ 〕 11 、 1 1 時 政 年 寛 版 数 0 一 わ っ 0 1 1 一 わ っ -0 一 0 t_n 〔 / 【 0 ワ 1 1 1 ワ 3 り 乙 ワ 〕 ワ 1 、 1 出 点 蔦 屋 は 写 楽 作 刊 行 の た め の 特 別 チ ー ム を 編 成 し た の で あ ろ う か 。 そ し て 、 寛 政 七 年 以 降 刊 行 を 中 止 し た 理 由 は な 。 せ か 。 第 二 に 蔦 屋 重 三 郎 と の 関 係 が 究 明 さ れ な け れ ば な ら な い 。 写 楽 の 作 品 は す べ て 蔦 屋 か ら 刊 行 さ れ た 。 写 楽 の 素 姓 が 何 人 で あ る に し て も 、 そ の 人 物 と 蔦 屋 と の 特 殊 な 関 係 が 究 明 さ れ な け れ ば な ら な い 。 第 三 に 、 『 あ ま り に 真 を 画 ん と し て あ ら ぬ さ ま に 書 な せ し か ば 長 く 世 に 行 れ ず 』 と 評 さ れ た 写 楽 の 描 法 は 、 評 者 に よ っ て 、 リ ア リ ズ ム と も ロ マ ン チ シ ズ ム と も 相 反 す る 評 価 が 与 え ら れ て い る が 、 い ず れ に し て も 日 本 の 浮 世 絵 史 の 上 に 独 歩 す る 写 楽 の 絵 の 秘 密 が 解 き ほ ぐ さ れ て い な け れ ば な ら な い 。 第 四 に 、 第 三 項 と 併 せ て 、 写 楽 の 署 名 と 筆 跡 の 同 一 性 も し く は 類 似 性 が 証 明 さ れ な け れ ば な ら な い 。 226

増補改訂版 写楽は歌麿である


い え 、 完 全 に 切 れ て し ま う 筈 は な い 。 あ の 時 期 は 蔦 重 に と っ て は 、 経 済 的 に も 一 番 。 ヒ ン チ の 時 だ っ た わ け だ し 、 再 び 蔦 重 の た め に 腕 を ふ る っ て も 不 思 議 じ ゃ な い 。 事 実 、 蔦 重 が 死 ぬ 直 前 に も 蔦 重 か ら 出 し て い る ん で す よ ね 」 こ の 石 森 説 に 対 し て 、 川 竹 氏 は 「 歌 麿 が 蔦 屋 の た め に 一 肌 脱 ぐ こ と は 充 分 考 え ら れ る 」 と し な が ら も 「 で は 何 故 写 楽 と い う 仮 面 を 用 い た の か 」 と 質 問 し 、 石 森 氏 が 「 時 の 権 力 者 へ の 抗 議 、 抵 抗 」 と い う 回 答 を 行 な っ た 。 さ ら に 、 両 者 の 指 の 描 き 方 が 同 一 だ と の 石 森 説 を 、 の 写 真 資 料 で 比 較 検 討 し て 、 歌 麿 だ け で な く 「 ど の 絵 師 も 写 楽 と 似 て い る 」 と の 結 論 に 達 し 、 写 楽 Ⅱ 歌 麿 説 を 否 定 し て し ま 判 こ の 写 楽 と 歌 麿 の 指 の 描 き 方 の 問 題 に つ い て は 後 述 に ゆ ず る 。 石 森 氏 は 鋭 い 勘 で 、 よ く ボ イ ン ト を つ か ん で い た 。 た だ 惜 し い こ と に 、 歌 麿 が 一 度 は 蔦 屋 を と び 出 そ A 」 し た と い う こ と を 認 め て し ま っ た 。 そ の た め に 、 再 び 復 帰 し て 蔦 屋 の 。 ヒ ン チ を 救 っ た と い う 説 も 、 説 し 得 力 を 弱 め て し ま っ た の で あ る 。 出 こ の よ う に 、 最 近 の 資 料 に よ る 裏 づ け に 相 当 の 努 力 を 払 っ て い る 上 記 三 説 と も 、 一 致 し て 歌 麿 の 蔦 び 屋 「 と び 出 し 」 説 を 確 か な 証 拠 も な い の に 固 執 し て 、 真 相 を 見 あ や ま っ た の は 惜 し い こ と で あ る 。 以 下 、 し ば ら く 歌 麿 の 隠 さ れ た 実 像 を 掘 り 起 こ し て み よ う 。 歌 章 第

増補改訂版 写楽は歌麿である


大 違 い で あ る 。 歌 麿 が 写 楽 を 真 似 た の か も し れ ぬ 、 と の 見 方 も あ ろ う が 、 当 時 絶 頂 期 に あ っ た 歌 麿 が 、 何 も わ ざ わ ざ 意 識 的 に 写 楽 第 三 期 の 一 相 撲 絵 を 模 倣 す る は ず は な い で あ ろ う 。 さ き に の べ た 団 扇 絵 と 同 じ く 、 即 興 的 に 描 い た の が 、 同 一 の 筆 法 で あ っ た と い う こ と は 、 一 一 人 の 同 一 性 の 一 つ の 証 拠 で は あ る ま い か 。 な お 、 歌 麿 が 栃 木 で 描 い た 肉 筆 画 の 恵 比 寿 絵 と 、 写 楽 の 版 画 の 恵 比 寿 図 も 、 耳 、 鼻 、 腕 、 指 、 着 衣 の 襞 等 の 描 写 と 筆 勢 に 類 似 性 を 窺 う こ と が で き る 。 以 上 、 写 楽 と 歌 麿 の 類 似 性 、 同 一 性 へ の 手 が か り の 資 料 と し て 提 出 し た 。 し か し 、 こ れ だ け で は 、 豊 国 説 や 京 伝 説 を 主 張 す る 向 き 、 一 般 の 読 者 の 納 得 を 得 ら れ な い の も 、 明 白 で あ ろ う 。 そ こ で 、 自 信 満 々 の 他 説 の ア ラ 探 し の よ う な 行 為 は 、 ま こ と に 不 本 意 で は あ る が 、 世 界 的 に 注 目 の 的 で あ る 「 写 楽 の 謎 」 の 解 明 の た め に は 、 避 け る こ と は で き な い 。 梅 原 説 や 谷 説 の 基 本 的 な 論 点 、 特 に 写 楽 絵 と 豊 国 絵 や 京 伝 絵 の 類 似 性 や 同 一 性 の 問 題 に つ い て 、 私 る 掘 の 写 楽 で あ る べ き 六 要 件 と 照 合 さ せ 、 さ ら に 立 ち 入 っ た 考 察 に 進 む こ と に し よ う 。 発 を 像 の 章 七 第 3

増補改訂版 写楽は歌麿である


第 四 の 「 写 楽 の 署 名 と 筆 跡 の 類 似 性 同 一 性 」 と い う 観 点 で は 真 相 は つ か め な い 。 東 洲 斎 写 楽 と い う 仮 面 は 左 手 で 、 別 人 の 如 く カ モ フ ラ ー ジ 、 さ れ た か ら で あ る 。 第 五 の 「 写 楽 が 美 人 画 を 描 か な か っ た 」 理 由 は 、 写 楽 の 本 体 が 美 人 画 の 名 人 ゆ え 、 役 者 絵 画 家 の 仮 面 を か ぶ る 写 楽 は 美 人 画 を 描 く 要 が 、 な か っ た と い う こ と で あ る 。 な お 、 当 時 の 芝 居 は 不 人 気 で は な く 、 本 櫓 三 座 の 休 演 は 、 役 者 給 金 の 暴 騰 に よ る 大 赤 字 の た め で あ り 、 そ の 後 の 控 櫓 三 座 の 竸 演 は 活 況 だ っ た 。 第 六 の 写 楽 絵 第 三 、 第 四 期 の 衰 退 の 理 由 よ り も 、 写 楽 が 筆 を 絶 っ た 事 由 を 究 明 す べ き で あ る 。 こ れ は 、 諏 訪 氏 も 第 三 で ふ れ て い る が 、 こ れ こ そ キ ー ポ イ ン ト で あ る 。 第 七 の 、 当 時 の 記 録 に 写 楽 が 登 場 し な い 理 由 は 、 写 楽 説 の 検 証 と し て は 有 意 義 で あ る が 、 そ れ は 東 洲 斎 写 楽 と い う 仮 名 の 由 来 と 、 写 楽 の 投 筆 の 事 由 に 繋 が っ て い る の で 、 こ れ ら の 探 究 の 方 が 重 要 で あ る 。 な お 摺 師 が 「 版 元 に 所 属 」 と い う の も 、 一 般 的 に は 間 違 い で 、 彫 師 摺 師 は 独 立 専 業 だ っ た 。 要 す る に 、 諏 訪 説 は 、 従 来 主 観 的 な 見 解 が 多 か っ た 写 楽 論 に 、 客 観 性 を 与 え よ う と し た 意 図 は 評 価 件 で き る が 、 ま だ 過 渡 的 で 、 突 っ 込 み が 不 十 分 と 考 え ら れ る 。 の そ の た め 諏 訪 説 の 七 項 目 中 、 第 五 の 「 美 人 画 を 描 か な か 0 た 理 由 」 だ け が ぬ け て い る だ け で 、 諏 訪 説 の 六 項 目 を 満 足 し て い る 谷 説 で さ え 、 さ き に 検 討 し た 如 き 間 題 点 を ふ く む こ と と な っ た 。 諏 訪 説 は 昭 和 五 十 六 年 の 見 解 で あ る の で 無 理 も な い が 、 私 の 主 張 す る 六 要 件 と を 比 較 す れ ば 、 私 の 説 の 役 割 を 理 解 し て 頂 け る と 考 え る 。 ( 注 ) 私 は 蒔 絵 師 説 以 下 の 六 説 に つ い て は す で に 検 討 済 み で あ る が 、 片 山 写 楽 説 の み は ふ れ な か っ た 。 第 そ れ は 昭 和 四 十 八 年 、 白 川 神 道 を 研 究 し て い た 近 藤 喜 博 氏 が 、 そ の 「 門 人 帳 」 中 に 、 大 坂 天 満 板 橋 町 に 住 む 片 山 な み と い う 巫 女 が 寛 政 二 年 入 門 し 、 そ の 夫 が 片 山 写 楽 と い う 名 で あ る こ と を 知 り 、 発 表

増補改訂版 写楽は歌麿である


の 五 点 が 、 十 分 に 証 明 さ れ て い な い が 、 私 の 論 で は 、 少 く も 従 来 の 説 よ り 、 は る か に 明 白 に そ の 五 点 が 証 明 さ れ る と 思 う か ら で あ る 。 、 写 楽 が >< の 仮 名 で あ り 、 >< に よ っ て 写 楽 絵 が か か れ た こ と を 証 明 す る の に 、 >< の 作 品 と 写 楽 の イ 品 が 類 似 し て い る こ と 、 が ま ず 最 低 の 条 件 で あ る 。 の 作 品 が 全 く な く 、 あ っ て も 異 っ た ジ ャ ン ル の 芸 術 で あ る 場 合 、 そ の 証 明 は た い へ ん む づ か し い 。 >< は 絵 を か い た に ち が い な い 。 か い た と す れ ば 、 あ の 写 楽 絵 で あ ろ う と い う 想 像 で は 学 問 的 証 明 に な ら な い 。 し か も 類 似 と い っ て も 、 役 者 絵 の 解 釈 、 そ の 技 法 ば か り か 、 個 々 の 役 者 絵 、 特 に 同 一 舞 台 の 同 一 役 者 を か い た 二 人 の 作 品 の 全 体 及 び 眼 や ロ や 手 や 足 の 部 分 の 、 詳 細 に し て 厳 密 な 比 較 研 究 の 上 に 立 っ た 類 似 の 指 摘 が 必 要 で あ る 。 つ ま り 、 写 楽 絵 は >< の 絵 に た い へ ん よ く 似 て い る が 、 及 び N の 絵 と 全 く ち が う と い う 証 明 が し つ か り 行 わ れ ね ば な ら な い 。 2 、 こ の よ う な 類 似 の 証 明 の み で は 十 分 で は な い 。 次 に 、 >< と 写 楽 は 別 人 で は あ り え な い 。 つ ま り 、 >< の 作 品 と 写 楽 の 作 品 が 決 し て 別 の 人 物 に よ っ て か か れ る こ と は あ り え な い こ と を 証 明 す る 必 要 が あ 説 る 。 3 、 そ れ ば か り で は 十 分 で は な い 。 >< が な ぜ 写 楽 と い う 仮 名 を つ か っ た か 、 当 時 の 江 戸 の 文 人 た ち 罕 は 言 葉 遊 び を 好 み 、 多 く の 仮 名 を つ か っ た が 、 こ の 仮 名 は 、 。 と こ か に 隠 さ れ た 自 己 告 白 が あ る 。 東 洲 氏 斎 写 楽 と い う 名 に 、 何 ら か の 形 で 画 家 の 本 名 か 、 あ る い は 本 名 へ の 暗 示 が 隠 さ れ て い る の で は な い か 。 梅 4 、 ま た 、 も し >< が 写 楽 で あ れ ば 、 な ぜ 彼 は 本 名 で は な く 、 写 楽 と い う 仮 名 を つ か っ た か 、 こ の 画 章 家 の 自 己 顕 示 欲 と 矛 盾 す る 行 為 を と ら せ た の は 、 そ れ 相 応 の 理 由 が あ る に ち が い な い が 、 そ れ は 何 か 。 第 そ し て な ぜ 写 楽 、 あ る い は 写 楽 と い う 仮 名 は わ ず か 十 カ 月 で 消 え た の か 。 5 、 も し も 、 写 楽 が >< で あ る と す れ ば 、 ど う し て 今 ま で 、 そ の よ う な こ と が 分 ら な か っ た の か 。 こ

増補改訂版 写楽は歌麿である


六 、 写 楽 が 十 カ 月 で 消 え た 事 由 写 楽 は 何 故 僅 か 十 カ 月 で 筆 を 絶 ち 消 え 去 っ た の か 。 超 一 流 の 画 家 と し て は 、 ま こ と に 異 常 、 か っ 不 可 解 で あ る 。 そ れ は ど ん な 事 由 に よ る の か 。 写 楽 の 仮 面 を か ぶ っ た >< は 、 以 上 の 六 要 件 に つ い て 、 す べ て 疑 問 の 余 地 な く 立 証 、 あ る い は 合 理 的 な 説 明 が で き る 人 物 で な け れ ば な ら ぬ 。 こ の う ち 一 つ で も 、 資 料 の 真 実 性 、 作 品 の 芸 術 性 、 推 理 の 論 理 性 あ る い は 人 間 性 に 証 明 の 難 点 が あ れ ば 、 そ れ だ け そ の X は 写 楽 候 補 者 と し て の 適 格 性 が 薄 く な る こ と に な る と 私 は 考 え る 。 以 上 の 六 要 件 の 最 適 格 者 は 誰 か 。 こ れ が 本 書 の 基 本 的 テ ー マ で あ る 。 「 写 楽 は 写 楽 説 は 」 論 外 こ こ で 「 写 楽 は 写 楽 」 説 に ふ れ て お く 。 こ の 写 楽 本 人 説 に し て も 、 前 記 一 ー 六 の 要 件 が 証 明 さ れ ね ば な ら な い 。 こ の よ う な 超 一 流 の 写 楽 と い う 画 家 が 、 突 然 に 出 現 し 、 一 四 五 点 の 役 者 絵 等 の 名 作 を 一 流 版 元 か ら 出 版 し 、 十 カ 月 で 消 え 去 っ て し ま う と い う こ と は 、 お 伽 話 な ら い ざ し ら ず 、 現 実 の 世 界 に は 、 あ り 得 べ か ら ざ る こ と と 考 え る 。 ど ん な 天 才 で も 有 名 に な る ま で に 修 業 時 代 の 習 作 品 が あ り 、 こ れ を 積 み 上 げ て よ う や く 一 流 、 超 一 流 に 到 達 す る の に 、 「 写 楽 は 写 楽 」 説 に は そ れ が な い 。 そ れ は 前 人 未 踏 の 処 女 峰 の 征 服 者 と 自 称 す る 者 が 、 登 頂 の 一 切 の 過 程 を 人 的 、 物 的 資 料 に よ り 説 明 で き な い の と 同 様 で 、 説 得 力 と 信 憑 性 を 欠 く 。