検索 - みる会図書館

検索対象: 出雲神話の成立

出雲神話の成立から 229件ヒットしました。

出雲神話の成立


出 雲 神 話 の 成 立

出雲神話の成立


第 二 部 出 雲 神 話 成 立 の 秘 密

出雲神話の成立


第 一 部 出 雲 国 造 を め ぐ っ て 一 出 雲 族 の 発 祥 地 一 一 国 造 出 雲 臣 三 郡 領 と し て の 出 雲 臣 ・ : 四 氏 族 構 成 か ら 見 た 出 粲 五 国 造 系 譜 の 疑 点 第 二 部 出 雲 神 話 成 立 の 秘 密 一 出 雲 神 話 の 担 い 手 ・ :

出雲神話の成立


創 元 新 書 凵 出 雲 神 話 の 成 立 鳥 越 憲 三 郎 著 創 元 社

出雲神話の成立


第 三 部 出 雲 神 話 の 分 析

出雲神話の成立


一 一 杵 築 大 社 の 創 建 者 ・ : 一 一 一 出 雲 神 話 成 立 の 経 緯 ・ 第 三 部 出 雲 神 話 の 分 析 一 出 雲 の 大 神 た ち : ・ ニ 大 蛇 退 治 の 説 話 の 源 流 一 一 一 須 佐 之 男 命 の 出 自 ・ 四 大 国 主 神 の 説 話 の 分 析 五 三 輪 ・ 賀 茂 氏 と の 関 係 ・ : 六 黄 泉 国 の 説 話 一 六 四 : 一 九 四 一 袤

出雲神話の成立


一 出 雲 族 の 発 祥 地 出 雲 神 話 は 日 本 神 話 の な か で 重 要 な 地 位 を し め て い る 。 そ の こ と は 、 『 古 事 記 』 や 『 日 本 書 紀 』 の 神 代 巻 、 い わ ゆ る 記 紀 神 話 の 三 分 の 一 が 、 出 雲 神 話 で し め ら れ て い る こ と で も 明 ら か で あ る 。 と こ ろ が 、 記 紀 神 話 に み る 出 雲 神 話 の 内 容 は 、 出 雲 の 人 び と が 伝 え て い た 出 雲 神 話 と は 、 あ ま り に も 異 な る も の で あ っ た 。 天 平 五 年 ( 七 三 一 一 l) に 出 雲 国 造 広 嶋 が 編 さ ん 責 任 者 と し て ま と め た 『 出 雲 国 風 土 記 』 に み る 出 雲 神 話 こ そ 、 出 雲 び と の 手 に な る も の で あ る が 、 記 紀 神 話 の 作 者 は ど う し た こ と か 、 ま っ た く そ れ を 無 し た か の よ う に そ れ と は 異 質 の 出 雲 神 話 を つ く り あ げ 祥 て い る の で あ る 。 の も っ と も 大 き な 両 者 の 差 は 、 『 出 雲 国 風 土 記 』 の 神 話 が 、 出 雲 国 の 東 部 、 意 宇 川 が つ く る 意 宇 雲 郡 の 平 野 を 中 心 と す る 東 部 地 域 を 舞 台 と し て 、 神 話 を 展 開 し て ゆ く の に 対 し 、 記 紀 神 話 は 出 雲 国 の 西 部 、 す な わ ち 肥 河 ( 斐 伊 川 ) を 中 心 と し て 物 語 を 構 成 し て い る 。 東 と 西 の い ず れ の 神 話 が 本 当 の 出 雲 神 話 な の で あ ろ う か 。 ひ の か わ

出雲神話の成立


し い 神 が 出 雲 神 話 の 主 人 公 と な 「 て い る に に れ を 祐 . 「 に も 、 神 話 創 作 者 が 出 雲 国 の 神 話 伝 承 の 優 秀 さ を み と め た か ら だ と は い え な い 。 割 新 缶 関 者 ・ は 3 「 煢 0 主 ・ 権 ・ を 確 立 ず ・ を ど ・ 新 - 【 ア - -9 ( ぞ ね / の ・ 意 図 を ぎ プ て 、 そ れ に 適 す る 素 材 だ け を 出 雲 か ら 取 り 上 げ た の で あ る 。 何 も 出 雲 国 の 神 話 伝 承 を 記 紀 神 話 の 中 に 包 摂 し て 、 後 世 の た め に 伝 え 保 存 し よ う な ど と は 考 え て い な か 0 た の で あ る 。 そ う し た 考 え の も と に 記 記 .9 咄 雲 神 話 が 構 成 さ れ た の で 、 出 雲 族 の 信 仰 の 中 心 で あ 「 た 野 あ る 。 己 大 祕 や 、 そ れ に 因 む 意 宇 川 の 神 話 伝 承 は 取 り 上 ゲ 引 れ て い ・ な い の ・ で ー ・ ー 出 雲 神 話 は 、 朝 廷 の 神 話 創 作 者 が 自 分 の 意 に 岳 合 い よ い 素 材 だ け を 拾 い 上 げ 、 み ず 力 、 た も の で あ っ た 。 こ の 朝 廷 側 の 神 話 創 作 者 、 こ れ に は 語 部 が 考 え ら れ る で あ ろ う が 、 『 古 事 記 』 を 編 ん だ 太 安 経 万 侶 は も 「 と も 有 力 な 人 物 と し て 浮 か び 上 が る 。 彼 は の ち に 舎 人 親 王 の も と で 、 『 日 本 書 紀 』 立 の 編 さ ん に も 参 画 し た と い わ れ る 。 と こ ろ が 、 こ の 太 安 万 侶 の 一 族 で あ る 大 臣 が 、 出 雲 郡 の 少 話 領 の 地 位 に あ 「 た こ と を 想 起 さ れ る な ら ば 、 神 話 創 作 者 の 太 安 万 侶 が 大 臣 の 上 京 の 都 度 、 出 雲 雲 の 話 を 多 く 聞 き 知 「 た で あ ろ う こ と が 考 え ら れ る の で あ る 。 ま た 大 舎 人 を 出 す 御 名 代 で あ 0 た 日 置 部 臣 が 、 出 雲 郡 の 大 領 で あ 「 た こ と も 、 そ れ に つ い で 考 え ら れ る ル ー ト の 一 つ で あ ろ う 。 し か も 、 出 雲 郡 の 大 領 ・ 少 領 の 地 位 に あ 「 た 二 人 が 、 と も に 肥 河 の 流 域 に 居 住 す る も の で あ い 7

出雲神話の成立


三 出 雲 神 話 成 立 の 経 緯 『 古 事 記 』 ・ 『 日 本 書 紀 』 と も に 出 雲 神 話 を 多 く 取 り 入 れ て い る が 、 中 で も 『 古 事 記 』 の 神 代 巻 は そ の 三 分 の 一 以 上 の 紙 面 を 出 雲 神 話 に さ い て 載 せ て い る 。 こ う し た 神 代 巻 の 構 成 は 、 そ の 投 影 と し て 、 神 武 以 後 の 人 皇 時 代 の 記 事 に も 及 び 、 出 雲 国 に 関 す る 記 事 が 他 に 比 し て 多 い 結 果 を も た ら し て い る 。 し か も 、 そ れ は 紙 面 か ら み る 分 量 だ け で は な い 。 神 話 の 内 容 面 か ら も 同 じ こ と が い え る の で あ る 。 う っ し く こ ざ な み 伊 邪 伎 ・ 伊 邪 那 美 命 の 説 話 に お い て も 、 出 雲 国 は 顕 風 に 対 す る 黄 泉 国 と し て 取 り 扱 わ れ て い る 。 そ の 子 の 天 照 大 神 は 皇 室 の 祖 神 と し て 高 天 原 を 治 め 、 須 佐 之 男 命 は そ の 弟 神 と い う 血 縁 関 係 で 結 ば れ て は い る が 、 大 蛇 を 切 っ た と き に 得 た 剣 を 天 照 大 神 に 献 上 し 、 最 後 に は 出 雲 な る 根 国 に 追 放 さ れ る 。 剣 は 主 権 を 表 徴 す る も の で あ り 、 根 国 の 須 佐 之 男 命 が 高 天 原 の 天 照 大 神 へ 服 属 す る こ と を 示 し た も の で あ る 。 に に ぎ こ の 投 影 が 大 国 主 神 の 国 譲 り の 説 話 で あ る 。 す な わ ち 、 降 臨 す る 天 孫 の 邇 々 芸 命 に 、 大 国 主 と よ あ し は ら な か っ く に 神 が 豊 葦 原 中 国 の 国 土 を 譲 与 す る の で あ る 。 こ れ は 天 っ 神 と 国 っ 神 と の 対 決 を 取 り 扱 「 た も の よ み の く に ー 20

出雲神話の成立


三 須 佐 之 男 命 の 出 自 記 紀 の 出 雲 神 話 で は 、 須 佐 之 男 命 は 出 雲 の 神 々 を 代 表 す る 最 高 の 祖 神 と し て 記 さ れ て い る 。 だ が 、 こ れ ま で 述 べ て き た こ と で 明 ら か な よ う に 、 須 佐 之 男 命 は 神 門 川 中 流 の 一 地 方 的 神 と し て 発 生 し た も の に す ぎ ず 、 出 雲 国 を 代 表 す る 光 栄 あ る 祖 神 と し て 、 優 遇 さ れ る 資 格 を も つ も の で は な か 「 た 。 そ れ な の に 、 ど う し て か く も 光 栄 あ る 地 位 を 与 え ら れ 、 さ ら に は 皇 室 の 祖 神 で あ る 天 照 大 神 の 弟 神 と い う 関 係 で 結 ば れ る ま で に な 「 た の で あ ろ う か 。 出 雲 国 が 神 話 の 裏 方 と し て 選 ば れ た こ と に つ い て は 、 す で に さ き に 述 べ た が 、 高 天 原 に 対 し て 根 国 、 顕 国 に 対 し て 黄 泉 国 、 善 霊 に 対 し て 悪 霊 、 こ う し た 陰 陽 の 二 原 の 理 は 、 神 話 構 成 の 上 で の 墓 本 的 思 想 で あ 「 た 。 し た が 0 て 、 陽 神 と 陰 神 の 和 合 に よ 0 て 国 土 が 修 固 さ れ 、 神 々 が 生 ま れ る が 、 古 い 形 と し て は 最 高 神 と し て 日 月 二 神 が 生 ま れ 、 日 の 神 は 高 天 原 を 、 月 の 神 は 夜 の 国 を 治 め る と い う 構 成 で あ っ た と 思 う 。 そ の 後 、 天 皇 を 中 心 と す る 中 央 集 権 の 確 立 を 計 る と い う 線 に 沿 「 て 編 さ ん さ れ た 神 話 に お い て は 、 天 皇 の も っ 統 治 権 の 尊 厳 と 神 聖 性 を し め す 必 要 か ら 、 政 治 的 思 想 の も と に 改 修 さ れ た 。