検索 - みる会図書館

検索対象: まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論から 356件ヒットしました。

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


別 の 目 的 ? な せ な ら 日 本 が 憲 法 を 用 い た の に は 別 の 目 的 が あ っ た か ら な の で す そ れ は 諸 外 国 と 対 等 な 関 係 を 結 ぶ た め で す 0 6 え 」 い - っ 一 」 A 」 は 民 主 化 を 第 一 に 考 え て た わ け じ ゃ な い の ね : ・

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


そ し て 実 は し か し : こ の パ リ の 会 議 に て そ れ を 世 界 で は じ め て 日 本 が ア メ リ カ が て つ ば い 拒 否 ! 「 人 権 差 別 」 撤 廃 案 を も ち 出 し ま し た そ の イ メ ー ジ と は 裏 腹 に 当 時 の ア メ リ カ は 法 律 で 人 種 差 別 が 認 め ら れ て ) た の で す え 0 ア メ リ カ っ て 自 由 の 国 で し ょ ? ザ 平 等 を 美 徳 に 驪 し て る 国 の は ず よ さ ら に ひ へ い 疲 弊 し た 各 国 に か わ り ア メ リ カ が 主 導 権 を と る と ワ シ ン ト ン 会 議 . に よ り . 四 カ 国 条 約 が 結 ば れ 日 英 同 盟 は 破 棄 さ れ て し ま い ま す

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


日 本 国 憲 法 で は 次 第 9 章 憲 法 改 正 に つ い て で す 第 9 章 で は た だ ひ と っ 憲 法 改 正 に 必 要 な 手 続 き が 定 め ら れ て い ま す 第 96 条 こ の 憲 法 の 改 正 は 、 各 議 院 の 総 議 員 の 三 分 の ニ 以 上 の 質 成 で 、 国 会 が 、 こ れ を 発 議 し 、 国 民 に 提 案 し て そ の 承 認 を 経 な け れ ば な ら な い 。 こ の 承 認 に は 、 特 別 の 国 民 投 票 ま た は 国 会 の 定 め る 選 挙 の 際 行 わ れ る 投 票 に お い て 、 そ の 過 半 数 の 費 成 を 必 要 と す る 。 2 憲 法 改 正 に つ い て 前 項 の 承 認 を 経 た と き は 、 天 畠 は 、 国 民 の 名 で 、 こ の 憲 法 と 一 体 を 成 す も の と し て 、 直 ち に こ れ を 公 布 す る 。

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


じ ゃ あ こ れ っ て : そ う で す 天 皇 は 大 々 的 な 政 治 改 革 を 祭 祀 形 式 で 宣 言 し た の で す こ の 事 例 を 見 て も 日 本 国 民 に と っ て 天 皇 が 為 政 者 以 上 の 地 を 特 別 な 存 在 で 、 へ ~ , ・ 、 」 1 物 あ る こ と が を す を : 一 つ か が え ま す ぎ し き そ し て こ の 儀 式 は 為 政 者 た ち に 予 想 以 上 の 効 果 を 示 す こ と に な り ま し た こ れ に は そ ん の う 尊 皇 派 の 人 々 も 開 国 を 受 け 入 れ ざ る を え ま せ ん ま な た し か に 権 力 に 夢 中 に な っ て る 人 た ち の 言 葉 よ り は る か に 信 頼 で き る も の ね

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


ま た 憲 法 で は 議 会 の 手 続 き に 以 下 の 原 則 も 定 め て い ま す さ て 国 会 の 構 成 に つ い て は 以 上 で す が 実 際 の 活 動 内 容 は ど ん な も の で し ょ - つ か ? ノ 名 称 招 集 期 間 常 会 ( 通 常 国 会 ) 毎 年 1 回 ( 1 月 中 ) 150 日 臨 時 会 必 要 に 応 じ て 両 院 の 一 致 で 衆 議 員 総 選 挙 決 め る 特 別 会 か ら 30 日 以 内 活 会 こ わ 活 国 動 期 の け 動 会 し の 3 で し は て み 種 は て 年 い に 類 な い 中 ま の く る の 会 れ れ ン な つ で だ ト わ て ち け に け で や ー ? き ん ? る と し た ・ 定 足 数 ( 最 低 限 必 要 な 出 席 数 ) 総 調 員 の 1 / 3 ・ 表 決 数 ( 意 思 決 定 に 必 要 な 賛 成 者 数 ) 出 席 議 員 過 半 数 - 実 際 行 政 官 も 務 め る そ り や 議 員 た ち が こ れ は あ く ま で フ ル で 法 律 の 一 」 は か り ・ 最 低 限 の 原 則 議 論 す る ほ う が だ か ら な 無 理 が あ る だ ろ

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


関 す る 本 案 の 規 定 は 直 接 自 衛 権 を 第 駑 否 定 し て は い ま せ ん 」 「 し か し 近 年 の 戦 争 は ま さ に 自 衛 権 の 名 に お い て お こ な わ れ た も の で は な か っ た か ? 」 第 9 条 2 項 に お け る 交 戦 権 の 放 棄 を も っ て 世 界 平 和 に 貢 献 す る 決 意 を 表 明 し て い る の で す ー 」 と 「 ゆ え に 我 が 国 で は 第 2 章 戦 争 の 放 棄 こ の こ と か ら 憲 法 発 布 前 後 の 政 府 は 大 戦 時 の 反 省 を ど の 国 よ り も し ん し 真 摯 に 保 持 し て い た と 言 え る の で は な い で し ょ , つ か ? 第 9 条 日 本 国 民 は 、 正 義 と 秩 序 を 基 調 と す る 国 際 平 和 を 誠 実 に 国 権 の 発 動 た る 戦 争 と 、 武 力 に よ る 載 嚇 又 は 武 力 の 行 使 い / を ) 国 際 紛 争 を 解 決 す る 手 段 と し て は 、 永 久 に こ れ を 放 棄 す る ② 前 項 の 目 的 を 達 す る た め 、 陸 海 空 第 そ の 他 の 戦 力 は 、 こ れ 0 保 持 し な い 。 の 交 戦 権 は 、 こ れ を 認 め な い 。 そ れ に ミ サ イ ル な ど の 最 新 兵 器 は 自 衛 と 侵 略 の 区 別 を ま す ま す 難 し く し て い る も の ね : ・ : た し か に い っ た ん 自 衛 の た め の 戦 力 を 認 め て し ま - ん ば 防 衛 の た め の 侵 略 行 為 を 認 め る よ う な も の だ よ な : ・

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


そ う で す ね そ う い う 実 情 か ら も こ れ か ら は 地 方 性 を ′ 」 一 つ 活 か す - か か 大 事 に な っ て く る で し ょ 一 つ 過 去 何 度 か 地 方 自 治 の 改 正 ・ 実 現 化 が 進 め ら れ て き て い ま す む し ろ 国 家 の 改 革 を - っ た - つ よ り も 地 方 の 活 性 化 を 進 め る こ と が 国 民 が 豊 か に な る 近 道 か も し れ ま せ ん 最 後 に / / ノ , , 地 方 公 共 団 体 の み に 適 用 さ れ る 特 別 法 に つ い て 第 95 条 明 な な 過 地 制 国 団 体 の み に 適 用 さ れ る 特 別 法 は 、 文 ら け 半 方 定 会 と こ ろ に よ り 、 そ の 地 方 公 共 団 体 さ な れ 数 住 す が お い て そ の 過 半 数 の 同 意 を 得 な け れ い ば の 民 る こ こ れ を 制 定 す る こ と が で き な い 。 て こ 同 の に れ い と 意 投 は を ま も が 票 で 170

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


主 人 と 奴 隷 ム よ 信 仰 者 な の で い わ ば 神 に 服 従 し て い ま す あ ら ゆ る も の ′ 」 」 は 神 に よ っ て 引 き 起 こ さ れ る : ・ 病 気 の と き に 医 者 を 呼 ん だ か ら と い っ て 神 に 背 い た こ と に な る で し よ う か ? で す が ま と め る と 力 と は 権 利 を 生 み 出 さ ず 人 は 正 当 な 権 力 以 外 に 従 う 義 務 が な い 次 は 奴 隷 状 態 を 説 明 し ま す そ れ と こ れ と は 別 の 話 で す な り ま す

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


。 さ き ほ ど の 例 を 見 て も 実 は 日 本 は 非 常 に 海 外 の 動 向 に び ん か ん 敏 感 で し た こ れ ま で の 歴 史 観 か ら 日 本 は 常 に 海 外 情 勢 の 後 手 に 回 っ て い る よ う に 思 わ れ が ち で す が そ の た め 日 本 は 海 外 か ら の 危 機 の 流 入 を な る べ く 防 ぐ こ と を 優 先 し て 考 え て い ま し た そ れ が 1840 年 の ア ヘ ン 戦 争 で す し か し そ ん な 日 本 の 意 思 を ゆ る が す あ る 事 件 が お こ り ま す

まんがで読破 Remix 日本国憲法/社会契約論


人 日 本 帝 国 さ て 日 本 が 急 速 に 近 代 化 す る 一 方 で 隣 国 朝 鮮 で は 内 乱 が お き て い ま し た 西 欧 列 強 国 の 介 入 や し ん 清 と 日 本 の 動 乱 の 影 響 で 停 滞 す る 政 治 に 民 衆 の 不 満 が た ま っ て い た た め で す 0 て 、 、 つ 日 本 の 朝 鮮 政 府 は 清 と 日 本 に 派 兵 を 要 請 し て な ん と か 内 乱 を ち ん あ っ 鎮 圧 さ せ ま す が 清 と 共 同 で 朝 鮮 の 改 革 を 提 案 し た 日 本 に 清 は 国 境 侵 害 の 疑 い か ら 拒 否 物 立 さ 清 軍 を 追 い 出 し 日 本 主 導 で 朝 鮮 の 改 革 を 進 め る こ と を 決 意 し ま す で す が そ の 前 に ま す 日 本 は イ ギ リ ス と ロ シ ア に 合 意 を 求 め ま す こ れ に よ り 日 本 は 清 が 朝 鮮 の 独 立 を 侵 害 し て い る も の と し て